アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-ST-10「船長室」 翻訳

(最後の騎士が近寄ってくる)

ウルピアヌス
ウルピアヌス

チャンスを無駄にしたな。

グレイディーア
グレイディーア

なに?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

もし俺がサルヴィエントであの喋れるシーボーンを捕らえたら、エーギルに関する情報を知ってる限り全部吐かせてたはずだ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

お前は陸に上がって数年にはなる、エーギルがどうなったかなど一度も耳に入ってきていないだろ?だが海は違うさ、海はどこだって繋がっているからな。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

お前はあのままヤツを殺した、なんの価値も生み出さないまま。極めて効率の悪いやり方だぞ、グレイディーア。

グレイディーア
グレイディーア

ゴミのような情報など必要ありませんわ。獲物が吐く情報など所詮すべては低俗な思考なだけですもの。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

どうやら陸で相当信頼できる協力者を得たようだ。

(グレイディーアとウルピアヌスが最後の騎士に斬り掛かる)

最後の騎士
最後の騎士

(甲高い叫び声)星々の……墓場……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

グレイディーア、お前手加減したな。こいつまだ立っているられるぞ。

グレイディーア
グレイディーア

……いいえ。

グレイディーア
グレイディーア

思ってた以上に頑丈だっただけよ。

最後の騎士
最後の騎士

……

騎士は反撃しなかった。忽然とその場で立ち尽くし、そして顔を上げ、よろめきながら、ぐるぐると回りながら、上を見上げていた。
グレイディーアもこの機に乗じてこの追走劇を終わらせようと考えていたが、次の瞬間、彼女もまた微かにイヤな予感がしたのだ。

グレイディーア
グレイディーア

……シーボーンの匂いが、変化した。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

ヤツの変化すら嗅ぎ取れるほど鼻が利いてきたとはな。

グレイディーア
グレイディーア

……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

それでいいのだ、グレイディーア。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

お前がどう自分と他者を慰めようと、遅かれ早かれ俺たちはこの難題と直面せねばならんのだ――俺たち自身とな。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……ガルシア!

副官ガルシア
副官ガルシア

(嗚咽のような鳴き声)

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

よしよし……ヤツに重傷を負わせてやったのだな、よくやった!血の跡を辿ろう、なあに、すぐに戻るさ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

待て、この焼き爛れた痕跡はなんだ?ヤツは私の船に何をしたのだ!?

スカジ
スカジ

……これはあのバケモノの仕業じゃないわ。

スペクター
スペクター

その通り。これはわたくしたちの可愛い小鳥ちゃんが残していったものね。こんな短時間でこれほどまで成長しただなんて、大した子だわ。

スペクター
スペクター

シーボーンとどっちがおっかないのかしらね~?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……あの旧イベリア人の仕業だと?ヤツが?ありえない、この船にいた歴戦の水兵たちのどれを取ってもヤツが敵う相手ではない。ヤツは一体どうやって……?

副官ガルシア
副官ガルシア

(船長の袖を甘噛みする)

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

……そうか。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

あの旧イベリア人がか……だが何をしようが今はどうだっていい、我々も急がねば。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

数か月も続いたこの狩りを、そろそろ終いにしよう。

スペクター
スペクター

なんだか嬉しそうね、船長さん?

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

嬉しそう?ハッ!

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

長い狩りがようやく終わるのだ、嬉しくないはずがなかろう!

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

貴様らはこのまま後を追え、私は別の道から向かう。ヤツはここの壁をこじ開けられなかった……であればきっと海に近い場所に向かったはずだ。

船長アルフォンソ
船長アルフォンソ

ガルシアよ……お前の傷はそう大したものではない、踏ん張るのだ、すぐに戻る!

副官ガルシア
副官ガルシア

……

負傷したガルシアは回復するための時間を要した。この者は静かに船長の顔を見やる。
喜び。隠しがたい喜び。これほど感情が湧き上がったのは久しぶりだ。
そしてこの者は安心したようにしばしの微睡みに落ちた。負傷した箇所の回復に集中するために、我が愛する人がこのまま狩りを全うするために。

あれは僅かばかりの短い夢だった。短く、朧気で。肉体が変わり果ててしまった後、こうして夢を見ることもめったになくなってしまっていた。
夢の中は、イベリアの海岸であった。満天を飾る祝賀花火と鳴り響く船の汽笛。意気揚々とした船長が私の傍に立ち、私に一つ訊ねてきた。
ガルシアよ。
岸にいるあの子供たちが見えるか?我々は皆、子供が好きだ。
子供たちはイベリアの未来である。我々の栄誉も、功績も、この身が習得した業の数々も、いずれは命と共に消え果ていく。
だが子供たちたちというのは、新たな命なのだ。イベリアが共に育んだこれらの命が、我々のすべてを受け継いでくれる。
なあ、ガルシアよ。
我々のいずれかの冠を戴くのは、どの子になるのだろうな?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

(傷を負ったのにまだすばしっこいだなんて……追いつけない!)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

(それに……無理してハンドガンを活性化させたせいで……腕が……)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

うわッ!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

溟痕が……この船に……そんな!?さっきまでこんな広がっていなかったのに!

蛍光を発する溟痕がイベリアの黄金の大広間を呑み込んでいく。
精巧に作られたドーム天井が深い紺色の光を反射している。その光の中央には、不釣り合いな女性が立っていた。
彼女は両手を交差し、ただただ黙し、細やかに目の前の玉座を推し量っている。溟痕は彼女の足元から広がっており、黄金も彼女のせいで彩を失っていた。
振り向く彼女。その目には慈愛と期待が見て取れた。

アマヤ
アマヤ

……こんばんは、アイリーニさん。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

(アビサル教徒!)

(アイリー二がアマヤに斬り掛かる)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

斬ったのに手応えがない――!?いや違う!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

まさかアーツ!?

アマヤ
アマヤ

ご名答です、アイリーニさん。ダリオさんが今のあなたの姿を見たら、きっと大喜びするでしょうね。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

――なぜ私と長官の名前を知っているの?あなたは誰!?

アマヤ
アマヤ

私はただのしがいない翻訳家ですよ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

そんなウソが通用するとでも?

アマヤ
アマヤ

ウソなんかつきませんよ、アイリーニさん、一度もね。色々と著作を翻訳してきたものです、もしかしたらあなたの本棚に置かれてあるガリア批判の現実主義的な著作も、私が手掛けたものかもしれませんよ?翻訳者の名前には注目したことがありますか?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

足元を見なさいよ!どう見てもあなたが溟痕を寄越してきてるじゃない!?

アマヤ
アマヤ

それは語弊ですね、私が溟痕をもたらしてきてるだなんて……私はただ、光を放つ海と繋がっただけです。

アマヤ
アマヤ

その一部となれて、私は至極光栄に思いました。ええ、本当です。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……どうやってこの船に?

アマヤ
アマヤ

それはどうでもいいことです、アイリーニさん。

アマヤ
アマヤ

あなたがシーボーンを殺せるのか、私はここで命を落とすのか、この船は果たしてエーギルと繋ぐ手がかりになり得るのかどうかなど、すべてどうだってよいのです。

アマヤ
アマヤ

ええ……ダリオさんと懲罰軍の犠牲も、グラン・ファロの崩壊も、イベリアの眼も、長い長い果てしない歳月も……

アマヤ
アマヤ

進化という大いなる過程からすれば、これら全てはたかだか命が跳ねた水滴のような些細なものに過ぎません。

アマヤ
アマヤ

私がこれらを尊重しているのは、あくまで私たちがそのうちに一部だからです。しかし“全”からすれば、どれも取るに足らないちっぽけな存在。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

――待って。長官が、どうしたって……?

アマヤ
アマヤ

あぁ、可哀そうなアイリーニ……知りたいですか?私なら教えて差し上げても構いませんが……本当に今それを知りたがっているのですか?敵と対峙してるさなかに?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

先生がどうしたのよ!?

アマヤ
アマヤ

彼の犠牲はまったく意味を成し得ませんでした、アイリーニさん。

アマヤ
アマヤ

海風が彼の死を伝えてきたのです。残念ながら。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

そんな……そんなのありえない……

アマヤ
アマヤ

……あり得ない話ではありません、アイリーニさん。

アマヤ
アマヤ

神勅が降りた時より、この大地の数ある未来はすべて決定づけられているのですから。

アマヤ
アマヤ

即ち私たちは地を這うムシ、であれば運命に従うべきです。隔たりも、差異もなく、国や形によって分け隔てられない命を選ぶべきだというのに、何がありえないと言うのですか?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

アマヤ
アマヤ

……抵抗を諦めてくれるのでしたら何よりなんですが、もしそれでも抵抗するものなら……

(スペクターがアマヤに襲いかかる)

スペクター
スペクター

――そんなに何もかもどうでいいって言うのなら、あの傷ついた小動物の時間稼ぎなんかする必要はなくてよ、アマヤ?

アマヤ
アマヤ

……くっ。

アマヤ
アマヤ

ローレンティーナ、目が覚めたのですね。

スペクター
スペクター

完璧に、ではないけどね。けど少なくともあなたの名前を思い出せるほどには目が覚めたわ、アマヤ。失礼に思ったのならごめんあそばせ。

スカジ
スカジ

アイリーニ!

(スカジが駆け寄ってくる)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……

スカジ
スカジ

……なにかされた?

アマヤ
アマヤ

いいえ、少々雑談をしただけですよ。

スペクター
スペクター

スカジ、あなたは獲物を追ってちょうだい。

スカジ
スカジ

横取りはしないでって言ってなかった?

スペクター
スペクター

懐かしい人と出会ったのだから仕方がないでしょ。

スカジ
スカジ

……わかった、気を付けて。

スカジ
スカジ

アイリーニ?

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

……ウソつき。

アマヤ
アマヤ

海風は嘘をつきませんよ。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

ウソよ。さっきも言った、そんなのはありえない。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

死んだとしても先生の死は有意義な死だった、裁判所の辞書に“無意味な犠牲”なんて言葉はない。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

それをないと思っているのなら……私たちがその意味を示してあげるわ、アビサル教徒。

アマヤ
アマヤ

……

アマヤ
アマヤ

そう……強かな子ですね。

アマヤ
アマヤ

くッ!

(アイリー二がハンドキャノンを放つ)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

狩人、行きますよ!

(アイリー二とスカジが走り去る)

アマヤ
アマヤ

アイリーニったら……裁判所のハンドガンを扱えるようになったからって、そんなに見せびらかしちゃって。

アマヤ
アマヤ

あのまま乱雑に溟痕を焼き払っていったら、アルフォンソ船長もご立腹でしょうね。

アマヤ
アマヤ

はぁ……まあいいでしょう。

スペクター
スペクター

あのまま彼女らを行かせちゃってよかったの?

アマヤ
アマヤ

フフッ……私はクイントゥスほどせっかちではありませんからね。同時に狩人二人を相手取れば、私の命も一瞬にして終わってしまいましょう。

スペクター
スペクター

一瞬と刹那に違いはないと思うけど?

アマヤ
アマヤ

その通りです。けど昔のあなたと会えてとても懐かしく思いますよ、ローレンティーナ。だって一回目の実験が始まるまで、あなたはずっと昏睡状態に陥っていましたから。

アマヤ
アマヤ

私たちの前から消えた後、元気に過ごしていましたか?

スペクターが僅かに微笑む。
彼女の今晩で最も美しい笑みだ。

スカジ
スカジ

ヤツの動きが早まってる!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

もう……ぜぇ……身体に穴を二つも開けたのに、なんで……血液すら無尽蔵なんですか!?

スカジ
スカジ

穴を二つって……あなたどうやって……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

それは後で教えます、今はもう体力が――

(アイリー二が恐魚の死体を見る)

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

――アイツ逃げながら同類を食ってたんだわ!道理で!

スカジ
スカジ

気を付けて、ヤツがこっちに来る!

(シーボーンがスカジに襲いかかる)

スカジ
スカジ

――うぐッ!

シーボーン
シーボーン

Ishar-mla、あのお方はドコだ?

シーボーン
シーボーン

答えガ、知りたい。

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

バケモノめ!

(アイリー二がハンドキャノンを放つ)

アイリーニが発砲するも、それ以前にシーボーンはすでに身体を伏せていた。
壁が崩れる音と共に、スカジはほぼ一瞬にしてシーボーンの目の前へ迫っていく。
しかし込められた一撃は、空振りに終わった。

スカジ
スカジ

なっ……

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

(全部避けられた!?)

シーボーン
シーボーン

……足りなイ。

シーボーン
シーボーン

栄養も、時間も、全部足りなイ。

シーボーン
シーボーン

Ishar-mla、答えヲ出してくれ。あのお方の存在が感じ取れるノダ。

シーボーン
シーボーン

言葉ダ、語ろう。

シーボーン
シーボーン

Ishar-mla、答えを出さなくトモ、あのお方ガ存在しえないワケではないゾ。

シーボーン
シーボーン

あのお方ガ存在しえないことは、血族ガ向かう道を見失ったことを意味しナイ。

シーボーン
シーボーン

向かう道ナラ、把握している。しっかりト、分かっているトモ。

シーボーン
シーボーン

生存、それが唯一ノ目標ダ。

(スカジがシーボーンに斬り掛かる)

スカジ
スカジ

あなたたちってどいつもこいつも、ブツブツ言いながらの殺し合いが好きなわけ?

スカジ
スカジ

そんなまどろっこしいことなんか考えなくていい、海には行かせないから!

シーボーン
シーボーン

――マダ足りない。

シーボーン
シーボーン

でも、もうスグだ。

スカジ
スカジ

――!耳を伏せて!アイリーニ!

審問官アイリーニ
審問官アイリーニ

えっ、きゃッ!

シーボーン
シーボーン

(甲高い咆哮)――

最後の騎士
最後の騎士

(かすれた唸り声)ロシ――ナンテ――

ロシナンテ
ロシナンテ

(嘶き)

最後の騎士
最後の騎士

大波が来る、待とう、外で待とう、得物で、引き裂きに――ハァッ!

ロシナンテ
ロシナンテ

(呼応する嘶き)

遠くからシーボーンの悲鳴が聞こえてきた。グレイディーアが僅かに眉をひそめる。
陸の者が軽率に海に触れ、そして永遠に狂ってしまったことなど、容易に理解できることだ。
しかし彼に付き従っているもう一匹のシーボーンはなんだ?
グレイディーアは深く考えないようにした。なぜならとても悪寒がする予感が彼女の神経を刺激し――
――首元に痒みを引き起こしていたからだ。

グレイディーア
グレイディーア

上で一体何が……?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

この船は六十年余り、海を漂ってきた。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

ヤツらがこの船を求めていなければ、あるいは執拗にこの船を沈ませようと、船にいる者どもを敵と見なしていなければ、この“阿呆船”はとっくに海の藻屑になっていた。

グレイディーア
グレイディーア

……しかしヤツらは船を受け入れたのね。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

ヤツらはこの船すらも環境の一部として見做していたのさ。どういう目的かは不明だが、それでもヤツらはこの船が自分らのテリトリーを漂うことを許した。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

だが今は、状況が変わってしまったな。

グレイディーア
グレイディーア

それはつまり……

グレイディーア
グレイディーア

なっ。

グレイディーア
グレイディーア

溟痕?いつの間に……それにこの広がりの速さは……

ウルピアヌス
ウルピアヌス

この船はいずれ必ず沈む、誰にも変えられない運命さ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

グレイディーア。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

なぜブレオガンのようなエーギルの天才が、最期の時にその鍵を“そのような形”に作ったのかと、考えたことはあるか?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

それはエーギルが夢にまで追い求めた秘密の鍵、彼の心血そのものだ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

なのになぜ誰の血を浴びせても鍵が開く仕様になっている?なぜその鍵が脆弱な騎士の手に渡ってしまったのだ?

ウルピアヌス
ウルピアヌス

俺たちはアレを黙らせたが、ヤツらは最初から神なんざ必要としてなかったかもしれない。両手を合わせ、海に向かって多くを祈り、余りある慰めを得ようとするのはヒトだけだ。

ウルピアヌス
ウルピアヌス

俺たちにはもう時間がないのだよ、グレイディーア。

ケルシー
ケルシー

まだティアゴのことを考えているのか。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

少々な。私は数多くの悲劇を目の当たりにしてきた、彼のそれもそのうちの一部に過ぎない、至極普通のことだ。砂浜にある砂一粒のように。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

砂浜にある砂粒とは、果てしないものだ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

この船は懲罰軍が用意したものではない。ほとんどの船舶は懲罰軍の管理下にある、極々僅かに残された船も……岸に忘れ去られたものだけだ。

ケルシー
ケルシー

だが今は、とある懲罰軍の幕僚の不注意でかなり手間が省けたように思えるが。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

我々が忘れ去れば、どれだけのモノを置き去りにしてしまうのだろうか。それが言いたかったのだよ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

ケルシーよ、もしテラの大地が一隻の大船だとすれば、君はどういう船を想像するのかね?

ケルシー
ケルシー

……

ケルシー
ケルシー

……もうすぐイベリアの眼に到着だ。

聖徒カルメン
聖徒カルメン

……そうだな、もうすぐだ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました