未分類

【アークナイツ大陸版】イル・シラクザーノ IS-2「誉れある者」行動前 翻訳

ソラ
ソラ

テキサス。

ソラ
ソラ

サルヴァトーレ・テキサス、私はどうあなたと向き合えばいいの?私はどうあなたを信じればいいの?

ソラ
ソラ

あなたはシラクーザ人、みんなあなたは根っから暴力と野心に染まりきってると言っているわ。あなたとあなたのファミリーはいずれここを……クルビアを呑み込んでしまうんだって。

ソラ
ソラ

私の前で見せてるあなたは、本当のあなたなの?あなたはこんなにも優雅で、こんなにも紳士的なのに……

ソラ
ソラ

でも、あなたが拳を振り下ろす際の姿も、指の隙間から血を滴らせるところも私は見たわ。それであなたの相手は、あれからもう二度と怒声を上げることはなくなってしまった。

ソラ
ソラ

あぁ、一体どっちが本当のあなたなの、サルヴァトーレ?

ソラ
ソラ

もしかしたらいつか、この両面は決して相容れないとあなたは気付いてしまうのかしら?もしかしたらいつか、あなたの背後に潜む血の跡が迫り寄ってきてしまうのかしら?

ソラ
ソラ

その時になれば、あなたはどんな選択を下すの?

ソラ
ソラ

その時になっても……あなたはそれでも、私の傍にいてくれるの?

ベルナルド
ベルナルド

素晴らしい演技だった、スィニョリータ。

ベルナルド
ベルナルド

またもや君に驚かされてしまったよ。

ソラ
ソラ

ありがとうございます、ベルナルドさん。これも劇団にいるベンさんって方のおかげですよ、もし彼のご指導がなければ、あたしもこんなすぐに役に嵌れませんでした。

ベルナルド
ベルナルド

ん?ベン?

ベルナルド
ベルナルド

はて、このミラノ劇場にそんな人はいたかな。

ソラ
ソラ

え?

ソラ
ソラ

すごくミュージカルに対する知見が豊富な方でしたよ。とても適切なご指導をしてくれたものでしたので、てっきり劇団のすごいお方かなと。

ベルナルド
ベルナルド

……あまり覚えがないね。ただ、ミュージカルを心得てる人ならたくさんいる、もしかしたら彼もそんな人なのかもしれないね。

ベルナルド
ベルナルド

それよりもソラ殿、君の履歴書を読ませてもらったんだが、その際一つ気になるところがあったのでね、それについて少し訊ねてもいいかな?

ソラ
ソラ

あっ、はい。

ベルナルド
ベルナルド

君は龍門で、アイドルをやっていたそうだね。

ベルナルド
ベルナルド

こちらも龍門とは上手くやらせてもらっているんだが、緊密になればなるほど、双方の演芸事業に対する考えにズレが生じてしまって、ライバル関係に陥ってしまっていたんだ。

ベルナルド
ベルナルド

そういった背景がある中、MSRは君のオーディション用の映像を私に寄越してきた。おまけに君がミュージカル方面でも相応しい実力があるのを証明しながらね。

ベルナルド
ベルナルド

つまりこれは、君の野心は龍門に限らないという意味じゃないだろうか。

ベルナルド
ベルナルド

一体何が君をこんなにもひたむきにさせているのかな?

ソラ
ソラ

……理由は、色々あります。

ソラ
ソラ

ただ最初の頃、あたしもそんなに複雑なことは考えていませんでした。あたしはただ、ある人に追いつきたかっただけだったんです。

ベルナルド
ベルナルド

ほう?

ソラ
ソラ

あっ、まさにこの脚本に書かれてる内容と一緒ですね。

ソラ
ソラ

その人が時折、空を、窓の外を、外に広がる街並みを見てる時の目つき……

ソラ
ソラ

それを見ていると、その人はいつかあたしたちから、龍門から離れて行っちゃうんだって、そう思ってしまうんです。

 

ソラ
ソラ

「その時になれば、あなたはどんな選択を下すの?」、このセリフと同じように。

 

テキサス
テキサス

……

ラップランド
ラップランド

まあ待ってよ、二人こうしてシラクーザで再会できたんだ、ある種の奇跡だとは思わないかい?

テキサス
テキサス

私はいま用事があるんだ。

ラップランド
ラップランド

奇遇だね、それはこっちもだよ。

ラップランド
ラップランド

用事って、あの人を守ること?

ガードマン
ベッローネのガードマン

テメェ一体なに……

(テキサスとラップランドがぶつかり合う)

ガードマン
ベッローネのガードマン

ひ、ひぃ……!

ラップランド
ラップランド

まったく空気が読めないヤツだ、ねぇテキサス?

テキサス
テキサス

お前たちはターゲットの警護に回れ、こいつは私に任せろ。

ガードマン
ベッローネのガードマン

は、はい!

(ガードマンが走り去る)

ラップランド
ラップランド

あっ、ミルフィーユ食べる?

テキサス
テキサス

……貰おう。

ラップランド
ラップランド

アハッ、そうこなくっちゃ!

ラップランド
ラップランド

ねえテキサス、あイヤ、ここではチェッリーニアって呼んだほうがいい?

テキサス
テキサス

いい。

ラップランド
ラップランド

そっ、まあ正直、こっちもテキサスで呼び慣れているからそうするよ。慣れって怖いね~、そう思わない?

ラップランド
ラップランド

龍門で悠々自適に暮らして、たまにロドスで顔を合わせて、一緒に任務にも行って。

ラップランド
ラップランド

おかげでもう剣が錆びつきそうだよ。

ラップランド
ラップランド

だからやっぱりここの雨に打たれたほうがいいね、馴染み深いから元気が出る。

テキサス
テキサス

雨に濡れるから錆びるんだろ。

ラップランド
ラップランド

いやいや、シラクーザの雨は血を流すためにあるんだよ。

ラップランド
ラップランド

そっちこそ、剣をかざすだけでまったく使おうとしないから錆びるんじゃないの?

テキサス
テキサス

……

テキサス
テキサス

何故ここにいる?

ラップランド
ラップランド

簡単な話じゃないか、キミがここにいるからだよ。

ラップランド
ラップランド

ねえテキサス、もうどのくらいシラクーザに帰ってきていないの?

テキサス
テキサス

十年はあるかもな。

ラップランド
ラップランド

七年と五か月ね。

ラップランド
ラップランド

テキサス家の幸運児が、七年余りもシラクーザの土を踏まなくなったなんて。

ラップランド
ラップランド

まだ憶えてるよ、キミがキミの爺さんに人質としてシラクーザに連れ戻された時のこと。サルッツォ家でもしばらく預けられていたもんね……

ラップランド
ラップランド

短かったけど、ボクたちって結構仲良く過ごしていたよね?

テキサス
テキサス

あれが“過ごせた”なんて言えればの話だが。

ラップランド
ラップランド

キミはクルビア人でありながらも、シラクーザにいるどのファミリーからも認められていた。

ラップランド
ラップランド

けど、最後にあんなことが起こってしまったなんてね、まったく痛ましいよ。

ラップランド
ラップランド

ボクから言わせればさ、テキサス、今度こそここに残りなよ。色々と見て回ったほうがいい。

テキサス
テキサス

やることが終わったら帰る。

ラップランド
ラップランド

フフッ、そう、帰るね。

ラップランド
ラップランド

ねえテキサス、ボクずっと気になってることがあったんだ。

ラップランド
ラップランド

キミはテキサス家を裏切って、自分からはぐれオオカミに成り下がった。

ラップランド
ラップランド

テキサス家がクルビアに残したすべてをも捨て去ったっていうのに、どうしてキミは龍門でもテキサスを名乗っているんだい?

テキサス
テキサス

……

テキサス
テキサス

お前には関係ない。

テキサス
テキサス

言っておくがラップランド。

テキサス
テキサス

私はこれっぽっちもシラクーザに残るつもりはない。

テキサス
テキサス

私は龍門に帰る、みんなが待っているんだ。

ラップランド
ラップランド

……

ラップランド
ラップランド

いいよ、じゃあボクも手伝ってあげる。

テキサス
テキサス

お前の手伝いなど必要ない。

ラップランド
ラップランド

何さ、まさか一人でやっていくつもりなのかい?

ラップランド
ラップランド

龍門でお仲間はたくさんできたんでしょ?ロドスでの経験でも、他人には頼らないなんてことを学んだわけじゃないだろ?

テキサス
テキサス

やはりシラクーザは観光するような場所じゃないな。

テキサス
テキサス

もしロドスがここに事務所を建てようなんて考えていたら、帰ってよく考えておくように言っておかなくては。

テキサス
テキサス

あとはお前だ、お前だけは信用ならない。

ラップランド
ラップランド

あぁ、信用ね。

ラップランド
ラップランド

テキサスってば、ボクがどういうファミリーネームをしてるのか知ってるくせに。

テキサス
テキサス

サルッツォだろ。

ラップランド
ラップランド

そっ、決して簡単に賭けには出ないサルッツォだ。

ラップランド
ラップランド

ボクを信用しないのはいいよ、でもサルッツォの力は必要なんじゃないかな?

ラップランド
ラップランド

それとも、本当にこのままベッローネのペットとして続けるつもりなのかい?

テキサス
テキサス

……

(爆発音と炎が広がる音)

突如とそう遠くない場所から大きな爆発音が聞こえてきた。カラッチはいとも容易く、爆発の炎に呑み込まれてしまったのである。

テキサス
テキサス

車の爆発か!?

 

ラップランド
ラップランド

わ~お、古典的だね。

ガードマン
ベッローネのガードマン

か、カラッチ部長!

(無線音)

ガードマン
ベッローネのガードマン

パーティ会場が襲われた!近くにいるヤツらは今すぐ救援に来い!

テキサス
テキサス

チッ!

ラップランド
ラップランド

両方を同時に襲うなんて。アハハ、面白いね!

 

ラップランド
ラップランド

一体誰がこんな大胆なことをしでかしたんだろう、ねえ、テキサス?

テキサス
テキサス

出てこい。

(複数のヒットマンが姿を現す)

テキサス
テキサス

……やっぱりか。

龍門へ帰るのは、何をすればいいのだろうか?
この街へ足を踏み入れてから、テキサスはずっとそのことを考えていた。
ザーロとの約束によれば、ベッローネの命令に従うのが一番の方法らしい。
だがしかし、この時テキサスは薄々勘付いていたのだ――
今この街で起こってることはそう単純なものではないのだと。

テキサス
テキサス

どこのものだ?

ガードマン
ヒットマン

知る必要はない。

テキサス
テキサス

……

だが、それを懸念する彼女ではなかった。
彼女はシラクーザを理解しているからだ、ここでこういった出来事に終わりが来ることはないのを分かっていたからだ。
しかし彼女は少しだけ虚しさを感じた、自分でも予想だにしなかった虚しさを。なぜならば――
今の彼女は、誰にも背中を預けられないでいるから。
戦いが終わっても、ケガはなかったかと聞かれることはないし、ましてや無理やりパーティを開かれることもないからだ。
彼女にとってこういったことは、もはや当たり前と化してしまっていた。
そして今、龍門を離れて少ししか経っていないにも関わらず、彼女はすでに龍門がああも懐かしい場所であることに思えてしまっていたのだ。
「そこをどけ。」
「私は帰るんだ、邪魔をするな。」

ラップランド
ラップランド

だけどね、テキサス。

ラップランド
ラップランド

帰りたいって思えば思えるほど、関係を断ち切りたいと思えば思えるほど。

ラップランド
ラップランド

キミはどんどん、ずぶずぶと沈んでってしまうのさ。

ラップランド
ラップランド

それで全身が泥まみれになってしまった時、キミは一体どうするんだろうね?

洗車スタッフ
洗車スタッフ

おや裁判官さん、また来たのかい。

ラヴィニア
ラヴィニア

ダンブラウンさん、よかった、今日はツいてるみたい。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

あんたの車、確か先週洗ったばっかりのはずだったんだが?

ラヴィニア
ラヴィニア

仕方ないですよ、仕事柄どうしても恨みは買われやすいんで。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

まあいいさ、またピカピカにしてやるよ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

洗ってる間はまたブラブラしてもいいんだぜ、裁判官さん。

ラヴィニア
ラヴィニア

いえ、今日はここで待ってます。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

……

ラヴィニア
ラヴィニア

……

洗車スタッフ
洗車スタッフ

裁判官さん、聞いた話じゃ裁判官は美味しい仕事らしいじゃないか。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

いい車に乗って、テレビに出て、市長からお礼されて。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

なんせ裁判官ってのはスィニョーラのご意志を背負ってるモンだからな。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

ラヴィニアさんみたいな、いつも車にペンキをぶっかけられてる裁判官のほうが、珍しいんじゃないのかい?

ラヴィニア
ラヴィニア

そうかもしれませんね。

ラヴィニア
ラヴィニア

ただ、いい車に乗ったりテレビに出たりするよりも、今はあなたのお店で会員カードが作りたい気分です。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

ウチみたいな小さい店じゃご期待するようなサービスは提供できねえかもしれねえぜ?

ラヴィニア
ラヴィニア

いいんです。それより昔と比べて顔つきがよくなりましたね、あれからあのファミリーも絡みに来なくなったんじゃないんです?

洗車スタッフ
洗車スタッフ

あんたのおかげでね。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

昨日大通りでそいつらとばったり出会っちまったんだが、向こうから俺を避けていきやがったよ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

にしても、まさかシラクーザにまだあんたみたいな正義を重んじる裁判官がいるとはな。

ラヴィニア
ラヴィニア

正義ね……あの人たちは私の後ろにいる人を恐れてるだけですよ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

でもよ、いくらバックにベッローネがついてるとは言え、あんたはベッローネに近しいファミリーを処罰してやったじゃないか。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

シラクーザにあらせられるスィニョーラ・シチリアは正義の化身だそうだが、あの方の意志を背負ってその正義を貫き通してる裁判官なんざどのくらいいるのやら。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

俺から見りゃ、あんたこそが正義の化身だぜ。

ラヴィニア
ラヴィニア

そんなこと、冗談でも言うもんじゃないですよ。

ラヴィニア
ラヴィニア

そうだ、確か前にあまりよく眠れないと言っていたじゃないですか。あの後ちゃんと医者に診てもらいましたか?

洗車スタッフ
洗車スタッフ

診てもらったさ、そしたら精神上の問題だってよ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

ちょっと頭がバグちまっただけだ。

ラヴィニア
ラヴィニア

あら、お悩みでも?

洗車スタッフ
洗車スタッフ

……悩み、とまではいかないな。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

実は今のこの仕事なんだが、ただの暇つぶしでね。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

別に金持ちってわけでもねえんだが、それでもあんま金は必要ねえんだ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

俺ァ一体なにをすりゃいいのかが分からねえのさ、裁判官さん、さっぱり分からねえ。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

なああんた、あんたはいつもどうやって時間を潰してるんだい?

ラヴィニア
ラヴィニア

……

(携帯の着信音)

ラヴィニア
ラヴィニア

はい、ラヴィニアです。

ラヴィニア
ラヴィニア

えッ!?カラッチ部長がッ!?

ラヴィニア
ラヴィニア

分かりました、すぐ向かいます。

(携帯が切れる)

ラヴィニア
ラヴィニア

ダンさん、申し訳ありませんが、話はまた今度にしましょう。

ラヴィニア
ラヴィニア

それと今の質問ですけれど――

ラヴィニア
ラヴィニア

劇場に足を運んでみては如何ですか?私も暇さえあればよくそこに行ってミュージカルを楽しんだりしているんで。

(ラヴィニアが車のエンジンを掛ける)

店から出て来たダンブラウン。
彼は尊敬して止まないこの裁判官が雨の中を駆けていくのを目で見送るが、彼女はすぐ雨の中へ消えていった。
「いつも慌ただしいねぇ。」と、ダンブラウンはそう思いながら、作業着に濡れた手袋を拭く。
けどあんたがやってることは、何もかも無意味なんだよ。
いや、あるいは今でも希望を抱き続けているからこそ、次から次へと失望に襲われるのかもしれない。
昔はこんな日々じゃなかったさ。ダンブラウンは店の外で降りしきる雨を見ながら、ふと数年前の午後に起った出来事を思い出していた。

洗車スタッフ
洗車スタッフ

もうちょい雨が続くといいなぁ。そうすりゃ、朝は掃除しなくて済むようになるのに。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

伏せろ!

ルビオ
ルビオ

ひぃ――!

(マフィア達がそこかしこで戦闘を続ける)

カポネ
カポネ

チッ……ただのボンボンかと思いきや、こうも手強い相手だったとは……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

……チッ、手強い相手だな。ルビオ、お前は下がってろ。

(マフィアがレオントゥッツォに襲いかかるもアーツを受けて倒れる)

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

こいつらは明らかに俺狙いだ!

ルビオ
ルビオ

わ、分かった!

(ルビオが去ろうとするもマフィアに足止めされる)

ルビオ
ルビオ

ヒィ――

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

チッ、向こうにもいるのか!

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

さっさと失せろ!

(レオントゥッツォがマフィアを殴り飛ばし走り出す)

カポネ
カポネ

チッ、まったくやりづれぇ相手だ。

(テキサスがルビオを襲うマフィアを切り倒す)

ガンビーノ
ガンビーノ

なッ、あいつペンギンんとこの――

テキサス
テキサス

ん?

(テキサスがガンビーノに遅いかかる)

テキサス
テキサス

伏せてろ。

ルビオ
ルビオ

は、はいぃ!

(テキサスがルビオを抱え逃げた後に爆発音が鳴る)

カポネ
カポネ

おいガンビーノ、お前死んじまったか?

ガンビーノ
ガンビーノ

俺がそう簡単に死ぬタマかよ?チッ、まさかこうもはやく出くわすとはな……

カポネ
カポネ

無駄口はいい。

 

カポネ
カポネ

任務は失敗だ、今のうちにズラかるぞ。

(カポネ達が走り去る)

テキサス
テキサス

さっきの二人は確か……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

ぜぇ、ぜぇ……ゲホゲホッ……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

全員……退いたのか?

テキサス
テキサス

大丈夫だな。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

ああ、だい……つッ……

テキサス
テキサス

ケガをしてるのか。動くな、傷口が広がってしまうぞ。

テキサス
テキサス

すでに応援は呼んでおいた、すぐ来てくれるはずだ。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

俺は大丈夫だ、しかしなぜ……

テキサス
テキサス

今日のパーティはどこまで知られている?

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

それって……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

いや確かに、こんな組織的で大規模な襲撃が無計画のはずがない。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

それに俺の身分だって知れ渡っている、行方を探るにもそう難しくないはずだが……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

まあともかく、お前が間に合ってくれて助かった。

テキサス
テキサス

カラッチが死んでしまった。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

なんだってッ!?

ウォーラック
ウォーラック

※クルビアスラング※、ウソだろ!?

ルビオ
ルビオ

カラッチが……死んだ?

テキサス
テキサス

車に爆弾が仕掛けられていたんだ、カラッチがそこを通り過ぎるジャストのタイミングで起爆させられた、とてつもない威力だった。

テキサス
テキサス

カラッチ含め、彼の近くにいたガードマンも三人死んでしまった。

テキサス
テキサス

……現場に残された遺体を見るに、病院に運ぶ必要もないだろうな。

テキサス
テキサス

本当にすまない。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

……

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

俺たちを襲った連中とカラッチを殺害した連中はきっと同じだ、一体何が目的なんだ……

(ラヴィニアが車から降りてくる)

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

ラヴィニア、なんでこんなとこに?それに裁判所のとこの車両もこんなに――

ラヴィニア
ラヴィニア

……ベッローネが彼女を連れて来ていたのなら、私にも知らせてください。

(ラヴィニアがテキサスに近づいてくる)

ラヴィニア
ラヴィニア

チェッリーニア・テキサス、今のあなたはカラッチ部長が死亡した際の第一目撃者にして、同時に犯人としての容疑がかけられています。

ラヴィニア
ラヴィニア

ですので、あなたをここで逮捕させてもらいますよ。

ラヴィニア
ラヴィニア

もし抵抗を見せれば、シラクーザの法を犯す行為と見なし、相応の処罰を課します。

(ラヴィニアがテキサスに手錠を掛ける)

テキサスは抵抗を見せなかった、彼女はこの裁判官が向けてくる目つきを理解していたからだ。

ラヴィニア
ラヴィニア

それと……

ラヴィニア
ラヴィニア

ここにおられる政府要員とファミリーの皆様、ヴォルシーニにおけるカラッチ部長の重要性は言わずとも理解しておられるはずです。

ラヴィニア
ラヴィニア

皆様が襲撃された一件も、カラッチの件と一緒に調査して参ります。

ラヴィニア
ラヴィニア

このラヴィニアが自らの誇りをもって誓いましょう、必ずや総力を挙げて犯人を突き止めてみせます!

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

おい、正気か?

ラヴィニア
ラヴィニア

もちろん。

レオントゥッツォ
レオントゥッツォ

……そうか。

一連の事件が立て続けに発生したことにより、レオントゥッツォは些か疲労を覚えた。
そしてそう思ったその時、彼は文字通り天地がひっくり返る感覚に襲われた。

(レオントゥッツォが倒れる)

ラヴィニア
ラヴィニア

レオン!

振り続ける雨は、いつまで経っても止む気配を見せてはくれない。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました