アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー5章10話「長き夜の終わり」前編

当ページの動画サイトを含む無断転載及び無断転用を禁じます。利用する際は該当ページにリンクの明記をしてください。

メフィスト
メフィスト

君は手を出す。

メフィスト
メフィスト

ここで僕を殺せばここのレユニオンは全て潰れるだろう。

メフィスト
メフィスト

君と僕との会話を拒否するなんて本当に不幸だよ。そんなことより僕を殺してよ、君に出来るならだけど。

近衛局隊員
近衛局隊員

チェン殿!

近衛局隊員
近衛局隊員

敵の攻撃が凄まじいです!即戦即決をしてください、これ以上は耐えられません!

メフィスト
メフィスト

両陣営の指揮官はどちらか一人しか生き残れない、分かりやすい構図だね。

メフィスト
メフィスト

僕の遺言はあまり長くはない。長官。君さえ良ければ。

チェン
チェン

お前は何を考えている?殉道者か?

チェン
チェン

お前が死んだとして誰もお前を記念することは無い。死を受け入れることと尊重することは別だ。それは死ではなくお前の行動にかかっている。

メフィスト
メフィスト

僕は価値のある敵とゲームをしたいんだ。そして価値のある死を遂げる。

メフィスト
メフィスト

君は僕の願いを叶えてはくれないようだ。君が負けるから。長官。今は僕が君の立場を指摘する番なんだよ。

チェン
チェン

お前の自信はチェルノボーグの崩壊が基にあるようだな。

チェン
チェン

だがここはチェルノボーグではないし、ウルサス人の怠惰な悪土でもない。

チェン
チェン

強靭な龍門はお前のような下っ端程度の手では陥落しない。

メフィスト
メフィスト

お話がとても上手なようで。

メフィスト
メフィスト

ファウスト。

ファウスト
ファウスト

分かっている。

メフィストの護衛
メフィストの護衛

【咆哮】

メフィスト
メフィスト

斬撃?あ、ありえない!これは…アーツか?!

ファウスト
ファウスト

下がろう。

メフィスト
メフィスト

え…どうして?

メフィストの護衛
メフィストの護衛

【痛みに呻く声】

メフィスト
メフィスト

恐れるな!

メフィスト
メフィスト

痛くはない。恐れるな

メフィストの護衛
メフィストの護衛

【うめき声】

メフィストの護衛
メフィストの護衛

…。

チェン
チェン

おい。

チェン
チェン

(ここからじゃ遠すぎる、もっと前に進みたいが、それも難しい。消耗戦は私には不利だ)

メフィスト
メフィスト

すごい技だね。

メフィスト
メフィスト

君のアーツはファウストの攻撃に触れ、更に僕の布陣を貫き、初めて護衛の首の間から僕の前に到達した。

メフィスト
メフィスト

もう少し前に進まれていたら、僕は君に真っ二つに裂かれていただろう。ファウストですら君を止めることは出来ない。

チェン
チェン

次はそんな幸運は無いぞ。

メフィスト
メフィスト

残念だけど君はどうすることも出来ない。君の秘密はもう全て明るみに出ているんだからね、長官。

メフィスト
メフィスト

下手な手品は1回だけしかやってはいけない。何故なら公演が終わった後は秘密が残らないからだ。

メフィスト
メフィスト

僕たちの距離の間は君のアーツの範囲を超えている、だよね?

チェン
チェン

屋上はこの大きさしかない。お前はそう何歩も退くことは出来ないがな。

メフィスト
メフィスト

じゃあ君は後何歩進むのかな?

メフィスト
メフィスト

ファウスト、彼女に本当のマジックっていうやつを見せてやってよ。

チェン
チェン

私はお前の位置を分かっている。露出したスナイパーが設置されている場所は…。

チェン
チェン

お前…。

メフィスト
メフィスト

すごいよ、チェン長官。どんなボウガンの弾でも切り刻むことが出来るの?さっきと同じで全然見えなかった。

チェン
チェン

――

チェン
チェン

スナイパーは同時にお前と3時の方向から狙撃したようだが、その方向に敵はいない。

チェン
チェン

お前がそのような術師であるはずもない。

メフィスト
メフィスト

気にする必要はないよ、長官。君には見当も付けないだろうから。

チェン
チェン

はっ。

メフィスト
メフィスト

次は何発のボウガンの弾を止めることが出来るかな?10発、40発?それとも100発?

メフィスト
メフィスト

でも、破片はどう?衝撃はどうかな?ボウガンの弾に込められているアーツはどうだろう?

メフィスト
メフィスト

そういうものも全部防ぐことは出来るのかな?

チェン
チェン

無駄口を。

メフィスト
メフィスト

また来るよ!

メフィスト
メフィスト

長官、僕は君が何かを知っている。僕のアーツは感染者だけに効果があるものだ。

チェン
チェン

気にすることではない。

メフィスト
メフィスト

君は彼らの駒になるだけということは知っているだろうけど、彼らに捨てられるということは?

チェン
チェン

その言葉、そっくりそのまま返してやる。

メフィスト
メフィスト

僕たちは君にチャンスをあげるけど、龍門はそうしてはくれない。

近衛局隊員
近衛局隊員

チェン長官、私達は下に移動することを余儀なくされています!敵の攻撃がとても激しいです!

チェン
チェン

(ふむ、移動しようとすると、ボウガンの弾は四方から発射されるだろう。敵のスナイパーは一体どうやっているんだ?)

チェン
チェン

(鞘から半分出すことでスナイパーの攻撃は一掃出来るが、このまま消耗していくだけであれば遅かれ早かれ息切れすることになる)

チェン
チェン

(一瞬の内に勝負を分ける必要がある…!)

チェン
チェン

お前が何を言おうが、もう聞く時間は無い。

ファウスト
ファウスト

(赤い光があの女の周囲で凝縮されていっている。これはアーツの前兆だ)

ファウスト
ファウスト

(メフィスト、計画によれば今あの女を射撃しアーツを中断させなければいけない。それか彼女を爆発させて死なせなければ)

メフィスト
メフィスト

でもこのタイミングが彼女の鋭気をくじく一番良い機会じゃない?ちょっと待ってみようよ。

ファウスト
ファウスト

それだと機会を逃すことになる。

メフィスト
メフィスト

戦略的目標は戦術よりも重要だよ、ファウスト。

ファウスト
ファウスト

…。

???
???

私と一緒に来い!ここにいてはいけない!

???
???

ここから離れたくないだと。

???
???

お前は知らないのか?大人たちがお前と私をこんな風に扱うのはあいつのせいだ!全部あいつのせいなんだ!

???
???

…。

???
???

こんな街嫌いだ。あいつは憎い。私には嫌われるな。

チェン
チェン

赤霄――

チェン
チェン

――抜刀!

メフィスト
メフィスト

全護衛、並べ!彼女を遮れ!

メフィストの護衛
メフィストの護衛

【甲高い声】

チェン
チェン

ぐっ…!

チェン
チェン

(ま、まずい!赤霄が暴走している?どうしてこんな時に!)

ファウスト
ファウスト

アーツが停滞している。あの女はアーツに成功しなかった。

メフィスト
メフィスト

ファウスト、今だ。

ファウスト
ファウスト

命令、射撃。

チェン
チェン

くそ…散れ!

メフィスト
メフィスト

強い武器だねえ。

メフィスト
メフィスト

きちんと発動しなくても、矢や弾を全て弾き飛ばすことが出来て、護衛の行動能力を3つも奪ってしまった。

メフィスト
メフィスト

でも君はショックを受けているんだよね?

チェン
チェン

はあ、はあ…。

チェン
チェン

(一本、いや肋骨を二本か?まだ我慢は出来る。だが、こんな強力な火力とアーツを私は…)

メフィスト
メフィスト

リーダーの言うとおりだ。

メフィスト
メフィスト

長官、君は僕を殺したくは無いんじゃなくて、その剣の力を引き出すことが出来ないんだ。

チェン
チェン

もう一度言え。それは誰だ、何を言った?

メフィスト
メフィスト

君はその名前を知っている、チェン長官。この剣は君が言っているように、僕に対抗するためのものじゃないという君の衝動がその剣の働きを損なわせた。

メフィスト
メフィスト

完全に無防備な君を使えることが出来れば、君は粉々になる

彼女は君の弱点を完全に知っているからね。

チェン
チェン

上手いことを言うな。

メフィスト
メフィスト

僕たちは今のこの大地を破壊する。

メフィスト
メフィスト

腐敗を放置し成長が続いてしまうと大地は陥落してしまう。

メフィスト
メフィスト

これら全てを壊すだけで無数の錆びた都市は鎖を千切って生まれ変わることが出来る。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

(枯れた声)

チェン
チェン

邪魔だ。

 

メフィスト
メフィスト

さあ、チェン長官。龍門にもがっかりしたでしょ?

チェン
チェン

…。

メフィスト
メフィスト

僕たちのリーダーが待っている。もう龍門に奉仕する立場じゃないでしょ?

チェン
チェン

私には仕事がある。

メフィスト
メフィスト

それは立場とは関係ない。君が言っているのは世俗雑務だ。彼らが僕たちの同胞にどう接しているか知ってる?

メフィスト
メフィスト

君が少しでも合図をしてくれれば、すぐにでも手を止める。さあ、僕たちに参加してもっと大きな目標のために働こうよ。

チェン
チェン

お前に渡せるのはこの口の血だけだ。

チェン
チェン

お前たちのようなレユニオンの奴らは何か高尚なことでもやっているのか?私は信じることは出来ない!

メフィスト
メフィスト

そう、君が信じないのであればもうやめよう。

メフィスト
メフィスト

せいぜいあがいて見せてよ。僕の護衛と彼のボウガンが感染者の本当の力を証明してくれるから。

メフィスト
メフィスト

君は一人、僕たちは団結していて強い、君は死を得るだけだろうね。

チェン
チェン

腐るのはお前が死んでからで良い。

メフィスト
メフィスト

それか、その剣に宿っているオリジ二ウムアーツを強制的に触媒にすることも出来るよ。恐ろしいことが起こるだろうけどね?君の運命は自分で決めてよ。

チェン
チェン

お前は英雄のように死にたいのか?

チェン
チェン

坊や、死んだら何も残らないんだ。

チェン
チェン

お前を殺すためなら、私はお前と一緒に死ぬことは出来る…。

チェン
チェン

それはつまらないことだが、することは出来る。

メフィスト
メフィスト

ふん。

メフィスト
メフィスト

僕たちの会話はこれで終わりだ。さようなら、チェン長官。ファウスト。

ファウスト
ファウスト

命令、射――

チェン
チェン

はっ。

???
???

そこまでする必要はないぞ、チェン長官!

 

チェン
チェン

…?

チェン
チェン

何だこれは?

チェン
チェン

ヘリコプターか?いやヘリコプターじゃない。これは…

 

???
???

ホムラ、飛べ!

???
ホムラ

着地姿勢に注意しろ、熱流から離れるな!

近衛局隊員
近衛局隊員

あれは何ですか?上から飛び降りた人がいるようですが?!

???
???

“恐怖心が湧き上がり、彼女は最終的に盲目となる――”

メフィスト
メフィスト

ごほ、ロドス?空から?!。

メフィスト
メフィスト

この黒い線は…どういうことだ、まさかお前が――

???
???

“――涙が乾いてもなお、彼女は声なく泣き叫ぶ。”

メフィストの護衛
メフィストの護衛

…あ。

メフィストの護衛
メフィストの護衛

あ、うう…。

メフィストの護衛
メフィストの護衛

う…う!う!

メフィスト
メフィスト

どうした?僕の護衛はどうしてそんな悲しい声を出すんだ?

メフィスト
メフィスト

何で、僕のアーツでとっくに彼らの感情は消したはずなのに。どうして、どうして!

メフィスト
メフィスト

お前だな!!お前だろ!!

メフィスト
メフィスト

ロドスのウサギめ!!

???
???

彼らの行動は制限しましたが、これは一度に十数秒程度しか持ちません!

???
???

十分、セーフエリアを作るには十分だ!

???
???

始めましょう、ホムラ!

???
???

大仕事の準備は出来ている!

???
???

はい!

???
ホムラ

もうすぐ着く。お尻が痛くなるぞ!

???
???

はい!お願いします!

???
ホムラ

もちろん!

ファウスト
ファウスト

命令、射撃!

???
???

見くびらないでください!

ファウスト
ファウスト

――ボウガンの弾が風でずれた?まさか――

???
???

屋根を切り、他のレユニオンを全て落としましょう!

???
ホムラ

いいだろう、でもお前は落ち着け!数ヶ月に1回しか使えないからな!

メフィストの護衛
メフィストの護衛

あ、ああ?

 

メフィストの護衛
メフィストの護衛

がああああ!!

近衛局隊員
近衛局隊員

近衛局の屋上に大きなヒビが入っています!

チェン
チェン

分かっている、崩壊に注意しろ!

近衛局隊員
近衛局隊員

どうしましたか?どうかしたのですか?何が起きているんですか?!

近衛局隊員
近衛局隊員

ええっと、大量のレユニオンも落ちていっています!

近衛局隊員
近衛局隊員

みんなしっかりしてください!

スワイヤー
スワイヤー

もし、もし。

スワイヤー
スワイヤー

あなた、そんなにも死に急ぐ必要はないわよ。

チェン
チェン

…。

チェン
チェン

お前、こんな肝心な時に通信チャンネルで何をしているんだ?

スワイヤー
スワイヤー

ええと、私の任務は完了したわ。それを教えに来たの。

スワイヤー
スワイヤー

ロドスにすごいものがあったのよ、頼りにしなさい、もうすぐ着くから。

チェン
チェン

もう着いてるぞ。それでお前の仕事とは?

スワイヤー
スワイヤー

ロドスに会うこと。

???
ホムラ

安全に着地!

???
???

ホムラ、下におろして下さい。

チェン
チェン

お…お前たち…。

???
???

チェン長官!

チェン
チェン

アーミヤ…!

アーミヤ
アーミヤ

すみません、チェン長官、遅れてしまって。

アーミヤ
アーミヤ

合意に則り、ロドスがあなた達を支援するときが来ました。

数分前

AM 04:21 天気/曇り

龍門上城区、バッドガイ号、近衛局ビル上空40m

プレイヤー
プレイヤー

・さあ、お前たちが活躍する時だ!
・…いこう。
・あの狼狐の姿を見て。彼女を助けに行こう、アーミヤ

ホムラ
ホムラ

お前は何を熱くなってるんだ、彼女は以前にアーミヤを廃墟都市に捨てたんだぞ、今こそ孤立無援の味を味合わせるべきなんじゃないのか?。

アーミヤ
アーミヤ

ホムラ、そうではありません。Dr.○○○が正しいです。私達はまずは龍門の問題を解決しなくてはいけません。

アーミヤ
アーミヤ

そうしなければ、ロドスの今までの貢献は無駄となってしまいます。

ホムラ
ホムラ

いいぜ。それが命令なのであれば受け入れるさ。

メフィスト
メフィスト

どうしてここにいるんだ?

アーミヤ
アーミヤ

私たちはここにいなければならないからです、メフィスト。

メフィスト
メフィスト

フロストノヴァは何をしている!あいつはいったい何をやっているんだ、また気でも失ったのか!

メフィスト
メフィスト

お前のようなウサギとお前たちロドスは廃墟としてで凍死しているべきだろ!

アーミヤ
アーミヤ

私はまだ死ぬことは出来ません。

アーミヤ
アーミヤ

この大地にオリパシーがもたらした災害がある限り、私達の戦いは永遠に止まることはありません。

アーミヤ
アーミヤ

それがあなたのような狂人であろうと感染者の境遇の不公平であろうと、私達は排除していきます!

メフィスト
メフィスト

は、はは…。

メフィスト
メフィスト

来いよ、仔ウサギ!もしお前の敵が僕なのであれば、僕を殺せよ!今すぐに!殺せ!

アーミヤ
アーミヤ

いいえ。あなたは私の敵ではありません。

メフィスト
メフィスト

それなら僕がお前を殺す!

アーミヤ
アーミヤ

あなたは名誉ある死を望んでいるのでしょうが、それは叶いません。私が消したいのはあなたの恨みと毒だけですから。

アーミヤ
アーミヤ

どうであろうと私には関係ありません。あの感染者を見て下さい。あなたの死では何も持ってくることは出来ません。

メフィスト
メフィスト

お前――

アーミヤ
アーミヤ

私はあなたのような人に感情を浪費することはありません。少なくとも、今は。

メフィスト
メフィスト

お前は徹底的にレユニオンを敵に回したいのか?感染者の本当の怒りを味わいたいのか?

アーミヤ
アーミヤ

感染者のというのは違います。フロストノヴァさんはあなたと似ている所なんてありません。レユニオン全てがあなたのような人ではありません。

メフィスト
メフィスト

あいつはお前に何を言ったんだ?あの女…!

メフィスト
メフィスト

お前、何か勘違いしていないか?

メフィスト
メフィスト

僕こそが都市を支配出来る人なんだ、僕が一般人共を制御することができるんだ!あの女じゃない!

アーミヤ
アーミヤ

ならば、もし誰かがあなたとあなたの悪行を罰する必要があるのであれば私は当然辞退は出来ません!

ホムラ
ホムラ

なあ、敵対とかそんなの、私達はとっくに敵対しているだろ?

アーミヤ
アーミヤ

はい!

アーミヤ
アーミヤ

あなたが恐怖と惨劇を作り始めた時から私達はもう敵同士です!

チェン
チェン

――。

チェン
チェン

アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

チェン長官、もうしばらくの辛抱です。ロドスの支援チームもこちらに向かっていますので。

チェン
チェン

すまない。

アーミヤ
アーミヤ

え?

アーミヤ
アーミヤ

…戦場はとても複雑で、作戦計画を聞き取れませんでした、チェン長官。

チェン
チェン

ああ。分かった。

アーミヤ
アーミヤ

どうぞ、チェン長官。

チェン
チェン

炎国の古い言葉に”擒賊先擒王”というものがある。

チェン
チェン

敵を虜にしたければ、その王を捕らえるべきであるという意味だ。

チェン
チェン

気をつけろ、奴の理性の無い手下はやつの手によっていくらでも戻ってくる。

チェン
チェン

出来ればやつらをこの苦痛から解放してやってくれ。

アーミヤ
アーミヤ

…分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター。

プレイヤー
プレイヤー

・分かっている。君とホムラは戦いに行け。私が指揮する。

アーミヤ
アーミヤ

はい!

アーミヤ
アーミヤ

ホムラ、私がアーツで敵の陣形を破壊します!彼らの攻撃を退けて下さい!

アーミヤ
アーミヤ

私達はチェン長官のテリトリーを勝ち取らなければいけません!

ホムラ
ホムラ

彼女は強いんだろうけど、そんなにも強いのか?直接二人であの子供を取るのか?危ないと思うぞ。

アーミヤ
アーミヤ

ドクターの指揮があれば彼女を助けることは出来ると信じています。

チェン
チェン

――。

チェン
チェン

ロドスのDr.○○○。

チェン
チェン

これから敵の指揮官に襲撃を行う。

プレイヤー
プレイヤー

・通路を開く、大丈夫だ!
・….
・相手の指揮官を捉えるきっかけが必要だな。

チェン
チェン

ああ。

チェン
チェン

いずれにせよ、一度お前を信じてみる。

プレイヤー
プレイヤー

・私も君を信じる

メフィスト
メフィスト

――。

メフィスト
メフィスト

龍門と手を組むのか?ロドス。

メフィスト
メフィスト

僕はこの目で見て、感染者に与えられた恥の重さを感じたよ。

ホムラ
ホムラ

たった4人でここまで追い詰められるお前のほうが恥ずかしいと思うぞ?

アーミヤ
アーミヤ

メフィスト、私達はここであなたの悪行を断ち切ります!

メフィスト
メフィスト

ファウスト、こいつら全て僕の前から消し去ってくれ!

ファウスト
ファウスト

…分かった。

チェン
チェン

この戦いはもう終わりだ。

チェン
チェン

それでこそ、次の悪戦が始まる。

チェン
チェン

命令を、Dr.○○○。

プレイヤー
プレイヤー

・ロドス、私の指揮を聞け。

プレイヤー
プレイヤー

・チェン長官に協力し、近衛局ビルを奪還しろ!

タイトルとURLをコピーしました