【アークナイツ】基建(インフラ)システムのそれぞれの施設の仕様やオススメの配置

スポンサーリンク

基建(インフラ)システムとは

基建(インフラ)システムとはメイン戦役0-8をクリアすることで解放されるシステムで素材の生産や素材を複数消費しての上位素材の生産、龍門幣の獲得、オペレーターのスキル訓練等が出来る複合的なシステム。

オペレーターの精英化2やスキルレベルを8以上にするためにはインフラを使用しなければ出来ませんので非常に重要となるものでもあります。

インフラシステムのレベル

インフラシステムにもレベルがあり、最大レベルまで開放するには龙骨(竜骨)と呼ばれるアイテムが必要となり、メイン戦役それらを全て入手するには4-7までクリアすることが必要となります。

インフラレベルが解放される段階は以下の通り

竜骨が入手戦役 解放されるインフラレベル 解放される施設など
メイン戦役0-8 1 インフラシステム解放
メイン戦役1-1 2 インフラ2層目
メイン戦役1-8 3 インフラ3層目
貿易、製造、発電所レベル2
宿舎レベル2&3
接客室レベル2
加工室レベル1
執務室レベル1
メイン戦役3-4 4 インフラ4層目
貿易、製造、発電所レベル3
宿舎レベル4
接客室レベル3
加工室レベル2&3
執務室レベル2&3
メイン戦役4-7 5 インフラ5層目
宿舎レベル5

インフラの施設

インフラには9種類の施設が存在していますが、インフラシステムレベルが低い時は一部使用できない施設も存在しています。それぞれの施設にはそれぞれの役割があり、どれもオペレーターの収集や育成等においてはかかせないものです。

控制中枢(コントロールセンター)

インフラシステムの中枢とも言える施設。コントロールセンターのレベルを上げることでインフラの施設の設置出来る数や設備も増加していきます。コントロールセンターでは、コントロールセンターに関するインフラスキルを持つオペレーターを最大5人配置することでインフラシステム全体の最適化(アイテム生成速度の高速化等)を図ることが出来ます。

また、コントロールセンター独自の仕様として基建副手システムが存在します。基建副手に配置されたオペレーターはそれぞれの階層ごとの雰囲気に応じた信頼(上記画像のイフリータが配置されている場所はインフラ施設全体の雰囲気)を5:00と17:00に獲得することができ、更には疲れることもありません。優先して信頼度を上げたいオペレーターを配置すると良いでしょう。

なお、右側の副手简报の部分はインフラが1日で生成出来るアイテムの数や龍門幣、それぞれの宿舎の快適度をまとめたものとなっています。

贸易站(貿易ステーション)

貿易ステーションではオペレーターを配置することで他勢力との取引が可能となり、オペレーターの性能に応じて一定時間ごとに取引を行うことが出来ます。貿易ステーションは最初のレベルとなる1ではオペレーターは最大1人しか配置することは出来ませんが、最大レベルとなる3にすることで3人を配置することが可能となります。

 

取引は製造ステーションとは異なり、自動で処理されないため取引は取引内容をタップし、自分で処理をしていく必要があります。

 

取引の内容は赤金を消費して龍門幣を入手する取引か源石破片を消費して合成玉を入手する取引となりますが、源石破片を消費して合成玉を入手する取引はかなり効率が悪いのであまり使うことはないでしょう。

制造站(製造ステーション)

製造ステーションでは貿易ステーションで使用する赤金や源石破片、オペレーターの精英化2時に使用する双芯片、オペレーターのレベル上げに必要な作戦記録などを作成することが出来ます。

 

アイテムの作成数は一度に最大99まで設定することは出来ますが画面右下付近にある仓库容量を超えてアイテムをストックさせておくことは出来ず、仓库容量を超えた場合は生産が中断されてしまうので定期的に回収するようにしましょう。

なお、仓库容量の数値の右側に書かれている早送りマークをタップすることでドローンを使用することで生産時間をショートカットすることも可能となっています。

 

製造ステーションで作成出来るものは製造ステーションのレベルが1や2だった場合、中級作戦記録や双芯片、源石破片を作成することは出来ません。

发电站(発電ステーション)

インフラシステムの設備は稼働には電力が必要となっており、発電所が生産出来る以上の電力を消費しての施設設置は出来ません。そのため必然的にレベルは3まで上げる必要があります。

また、発電ステーション関連のオペレーターを配置することで製造ステーションのアイテム生存時間を短縮や施設設置時に必要となるドローンの生産速度を早めることが出来ます。

宿舎

オペレーター達はインフラの施設に配置していると徐々にスタミナが減っていき、最終的には疲労状態となります。そうなるとインフラスキルが発動しないうえに効率が悪くなってしまうので、疲労状態となったオペレーターは宿舎に配置してスタミナを回復させましょう。

スタミナの回復速度は宿舎に配置されているオペレーターのインフラスキルと家具を配置することで上昇する雰囲気が関係しています。雰囲気が高ければ高いほどオペレーターのスタミナ回復速度が上がっていき、信用交易所でアイテムと交換することが出来る信用ポイントも増えていくので積極的に宿舎の雰囲気を上げていきましょう。

なお、家具の配置が苦手という場合は「装扮模式>主题>快速布置」で家具をテンプレ配置してくれます。

会客室(接客室)

接客室はレベルを上げることでフレンドに貸し出すことが出来るオペレーターの数が増加します。レベル1では1体までしかフレンドに貸し出すオペレーターを設定することは出来ませんがレベル3にすることで3体まで設定することが可能となります。

また手がかりと呼ばれる資料を収集する要素もあり、No.1~7の手がかりを集め、上記画像のように配置することで「手がかり交流」を開催することが出来ます。「手がかり交流」は24時間開催され、終了後に開催中に訪問してくれたフレンド数によって信用ポイントを入手することが出来ます。

 

なお、手がかりはフレンドに贈ることも可能となっています。フレンドから贈られた手がかりに所持数の限界はありませんが、自分で入手した手がかりは最大で10枚しか所持しておくことが出来ず、所持枚数が10枚になった時点で追加で入手することができなくなるので、余っている番号の手がかりはフレンドに渡してしまいましょう。

手がかりを渡すことで贈ったプレイヤーも贈られたプレイヤーも信用ポイントを獲得することが可能となっています。

办公室(執務室)

公开招募(公募)に関係する施設で執務室のレベルを上げることで一度に応募することが出来るオペレーターの数が増加します。執務室のレベルが1の状態だと同時に公募出来る数は2つしかありませんが、レベル3にすることで同時に公募出来る数が4つまで増加するので優先的に上げたい施設と言えるでしょう。

またオペレーターを執務室に配置することで公募でのタグをチェンジすることが出来る人脉(人脈)ポイントが時間経過で回復するようになるので執務室には常にオペレーターを配置しておくようにしましょう。

加工站(加工ステーション)

名前通り素材を加工して新たな素材を入手することが出来る施設。インフラをレベルアップさせるための素材や複数の下位素材を消費し新たな上位素材、狙击芯片を术师芯片に変換、家具の作成等を行うことが出来ます。

 

特に精英材料の作成に関してはD32钢等の通常ドロップでは入手出来ない素材を作成することが可能となっており施設の中でも非常に重要な施設と言えます。インフラ施設の素材作成も加工ステーションで行うため、インフラレベルを上げた際は基本的には真っ先にレベルを上げてしまいましょう。

 

素材を加工して入手する際には最低でも材料となる素材が必要となり、上位素材になればなるほど多くの龍門幣も消費します。

また、加工ステーションにオペレーターを配置することで副産物として素材を確率で入手することも可能です。ただしオペレーターを配置した場合は加工した回数分だけ一定のスタミナを消費します。

上記画像であれ研磨石x1、全新装置x1、异铁组x1、龍門幣x300を消費して五水研磨石を1つ作成、アズリュースを加工ステーションに配置しているため17.5%の確率で副産物を入手でき、1回の加工につきアズリュースのスタミナを4消費するということとなります。

训练室(訓練室)

訓練室はオペレーターの戦闘スキルをレベル8以上にすることが出来る施設で現状では戦闘スキルのレベル8以上にするには訓練室で訓練させるしかありません。

 

戦闘スキルをレベルアップさせるには上スロットにスキルレベルを上げたいオペレーター、下スロットに訓練に付き合うオペレーターを配置し、レベルアップさせたいスキルを選択後します。

 

レベルアップさせたいスキル選択後は上記画面のようにスキルレベルが上昇することでどのような能力になるのかと消費する素材が表示されるので画面右下にあるチェックマークをタップすることで訓練が開始されます。

 

訓練はスキルレベル7までとは異なり、レベルアップするまで一定時間が必要となりますが訓練室に関するオペレーターを配置することで訓練時間を短縮することは可能となっています。

それぞれのスキルごとに素材と時間を消費させられるので現状ではオペレーターのスキルレベル上げは一つのエンドコンテンツとなっていると言えるでしょう。

オススメのインフラ施設配置

インフラシステムは最終的にはコントロールセンター、接客、加工、執務、訓練室がそれぞれ1つずつ、宿舎が4つ、貿易、発電、製造を合計で9個作成することが出来ます。

コントロールセンター、接客、加工、執務、訓練、宿舎に関しては数を変えることは出来ませんが、貿易、発電、製造は数を合計で9個という枠組みの中では自由に変えることが出来ます。ただ発電所は3つ無ければ電力が足りないので最低でも3つは必要という点には注意。

そうなると残り6枠を製造ステーションと貿易ステーションで分けるということになりますが、私のオススメとしては上記の画像のように貿易ステーションx2と製造ステーションx4がオススメとなります。

理由としては至って簡単で製造ステーションで素材を作成しなければ貿易ステーションで取引が出来ないから。貿易ステーションにて赤金を消費して龍門幣を入手するという方法だけでは終盤になればなるほど貿易ステーションからの龍門幣の入手では間に合わなくなってしまい、相対的に効率が悪くなるためです。

そのため、私の場合とはなりますが基本的には製造で赤金を数日間掛けて大量に作成して貿易ステーションである程度赤金のストックが出来れば中級作戦記録を作成するという形を取っています。

中には製造ステーションを5つ、貿易ステーションを1つしか作成していないユーザーもいるとのこと。何を配置するかは最終的には個人の自由ですが個人的には貿易ステーションx2、製造ステーションx4が効率的にもオススメです。

タイトルとURLをコピーしました