アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー6章1話「デッドロック」

937年

エリック勲爵とピッツバーグ議会大学のリールラント・D教授は都市史標準論誌にて(《私達は何処から来た花の香?》、44号)を共著論文として発表した。

論文には風化した遺骸の鑑定結果に基づいたものだとの主張があった。

サルゴン4号での埋め立て穴の考察は既に誕生的な意味においても結論は得られている、これらはつまり感染者の隔離と処決は確実に同源だったと。

つまり、感染者の受難の歴史は、法律が出来た時から始まっていたのだ。

龍門、基礎支持層、出口

プレイヤー
プレイヤー

フロストノヴァ!

フロストノヴァ
フロストノヴァ

今は、お前たちは私と戦わねばならない。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

もしお前たちが私に勝ち、生き残る者がいれば――。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

私はロドスに入りたい。お前たちの考えで感染者の共通の敵に抗いたい。

フロストノヴァ
フロストノヴァ

それが私の責任でもある。

8:50 AM 龍門近衛局ビル奪還4時間後、鐘の近くの出口

龍門近衛局及びロドスアイランド製薬会社

龍門方位討伐作戦最終フェーズ

1:レユニオンの龍門での行動範囲をコントロール。龍門近衛局主導により完遂

2:龍門内の残りのレユニオンチームの排除。龍門近衛局主導により完遂

3:レユニオンの指揮官の撲滅及び、影響力の完全喪失を保証。龍門近衛局主導により完遂

4:レユニオンがスラム街に入る前に、レユニオンを消滅させる。龍門近衛局とロドスの協力によって完遂

…市民の皆様ご注意下さい…避難訓練は継続中です…。

…指示従い避難していない市民はドアや窓、カーテンを閉めて、勝手に家からは出ないようにして下さい…。

???
???

うるさいなあ

???
???

あのドローンを撃ち落せ!

(ボウガンの発射音)

メフィスト
メフィスト

僕たちがただの演習目標だって?こんなまやかしを使って僕たちが苦労して作った恐怖を覆い隠したいのかな?

メフィスト
メフィスト

龍門語でも、ウルサスでも同じことを放送して、再放送かよ!

メフィスト
メフィスト

ドローンに邪魔されないように、歩け、さっさと!主道路は避けろ!

レユニオン構成員
幻影射手

偵察チーム3からの消息がありません!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ア、アタッカーからの信号も消えました…。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

外郭保安チームの連絡チャンネルも次々に断線しています!

メフィスト
メフィスト

くそっ、くそ!

メフィスト
メフィスト

こんな侮辱…これはレユニオンに対しての恥辱だ!

メフィスト
メフィスト

どうして、どうしてこんなことするんだよ!くそ龍門人め!忌々しい非感染者ども!

レユニオン構成員
幻影射手

(あんな彼には会ったことがない、動揺しているようです)

レユニオン構成員
幻影射手

(ファウスト、俺達にはまだ撤退をするチャンスはありますか?)

ファウスト
ファウスト

ファウスト
ファウスト

(俺がお前たちのスペースを作ってやる)

ファウスト
ファウスト

(相手が普通の警察力と龍門近衛局とロドスだけなのであれば、恐らくは安全に撤退出来るだろう)

レユニオン構成員
幻影射手

(どういう意味です?それら以外にも何かが?)

メフィスト
メフィスト

うるさい…うるさい!そんなの全然意味が無いだろ!

メフィスト
メフィスト

僕の指揮するチームだとついていけないだろうし、どうすれば勝てる?

ファウスト
ファウスト

(誰かが俺たちを監視している。この都市にはその他もいるようだ)

ファウスト
ファウスト

(生きるための準備をしろ)

レユニオン構成員
幻影射手

(分かりました)

レユニオン構成員
幻影射手

(…ファウスト)

ファウスト
ファウスト

(何だ?)

レユニオン構成員
幻影射手

(俺たちはあなたを信じています)

ファウスト
ファウスト

(…)

9:20AM 龍門近衛局某所、ロドス作戦チームパトロール予定ポイント

ブレイズ
ブレイズ

感染者がこんなことをするなんてね?ロドスは今回は本当に悪辣な仕事を引き受けたもんだ。

ブレイズ
ブレイズ

龍門、ふーむ、龍門ね。こんなに大きな都市が侵入勢力に対抗する手段が無いはずが無いとは思うんだけど?

ブレイズ
ブレイズ

感染者が一般人に協力をして感染者に対抗をする…。

ブレイズ
ブレイズ

まあいいや、こんなこと初めてじゃないし。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

早く仕留めろ!後ろはともかく、やつらの防御を突破するだけで良い!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

このルートを通りさえすれば、俺達は第二大隊と合流するチャンスがある!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

奴らに反撃をさせるチャンスを与えるな、俺達にはもう何人も残っていない――。

???
???

今は何人も残っていないだろうけど、すぐに何一つ残らなくなるよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

え?!

(打撃音)

レユニオン構成員
レユニオン構成員

だ…誰だ!空から落ちてきた?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

退け、全員退け!あいつは…飛べるのかもしれない!

ブレイズ
ブレイズ

…そんな訳無いでしょ!

近衛局隊員
警官

識別コード!

ブレイズ
ブレイズ

あなたも機械で掃除してよ!

ブレイズ
ブレイズ

(ごめんね、まずはこの人達と話をするから!)

レユニオン構成員
レユニオン構成員

え?

ブレイズ
ブレイズ

龍門警官、よく聞け!私はロドスだ。

ブレイズ
ブレイズ

撃たないでよ。喧嘩しながら流れ弾を処理する気なんて無いんだから。

ブレイズ
ブレイズ

ここは私一人に任せて、早く下の所に行ってあげてよ。

ブレイズ
ブレイズ

さて、今からこっちの件を解決するか。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

あの女どういう意味だ?

ブレイズ
ブレイズ

説明すれば分かると思うよ、大体はね?

ブレイズ
ブレイズ

(深呼吸)

ブレイズ
ブレイズ

私はロドスから来たエリートオペレーター、ブレイズ。私の作戦目標は皆さんの戦闘能力を失わせること。

ブレイズ
ブレイズ

皆さんがどのような心境で他国の都市に侵略をしていようが、武装解除が私の第一目標です。

ブレイズ
ブレイズ

皆さんが他人に与えた傷が被害及び事後の懲罰については、少なくとも、皆さんの今の抵抗では何の意味も持ちません。あなた達には武器を捨てるチャンスはまだあります。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

え?何?お前…。

ブレイズ
ブレイズ

同じ感染者同士、道を選ばせてあげます。

ブレイズ
ブレイズ

すぐに降伏をするのであればあなた達をロドスに連行する権利もあります。感染者にはある程度寛容なところです。

(斬撃音)

レユニオン構成員
レユニオン構成員

素手で受け止めた?!

ブレイズ
ブレイズ

あなたが抵抗を示した以上、私にはもう何を言うことはないね。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺たちは大人しくお前に捕まったほうが良いのか?何かあるんじゃないのか?

ブレイズ
ブレイズ

いいや!抵抗は正当なものだし、逃げるのも、全くもって賛成だよ。

ブレイズ
ブレイズ

でもあなた達が反抗を始めるのであれば、私は暴力で応えなければいけない。

ブレイズ
ブレイズ

そうすれば、私はこのチェーンソーを使わない。

ブレイズ
ブレイズ

ごめんなさい、私は同胞に手を出したくはないんだ、

ブレイズ
ブレイズ

…龍門の天気は湿っぽいね。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

このバカネコめ…アーツだ!あの女の体から湯気が立っている!

ブレイズ
ブレイズ

私の体から湯気が立っているって?間違いだよ。ちゃんと当ててみて。私の周りの空気が熱いのか、それともあなたの周りの空気が熱いのかね?

ブレイズ
ブレイズ

一緒にサーミ風呂に入ろうよ。ご招待するよ。

(戦闘)

ブレイズ
ブレイズ

ふう…。

ブレイズ
ブレイズ

廃墟でよく準備運動してて良かった。お前達じゃ朝飯前どころか、ご飯のカスにすらならないよ。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

お前!ロドスの感染者の敗北者は、どうして龍門を助けて同胞を陥れようとする?!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

俺たちを龍門に残しておいて、自分の手を汚さないためか?偽善め!感染者の恥晒しが!

ブレイズ
ブレイズ

え?

ブレイズ
ブレイズ

地面に押し付けて拳二つで殴られたのにまだ余力あるんだ。

ブレイズ
ブレイズ

でもお前はまた間違えたね。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぐ!

ブレイズ
ブレイズ

息苦しい?肺まで燃えてそうな感じがするんじゃないの?

レユニオン構成員
レユニオン構成員

ぐっ、がっ…。

ブレイズ
ブレイズ

まずは鼻腔、それから気管、最後に胸腔、この指をもう少しだけ動かせば…。

ブレイズ
ブレイズ

高温の気流がすぐにあなたの体に流れ込み、膨張して、あなたの器官に火を付けて、そして毛穴からそれらが噴出する。

ブレイズ
ブレイズ

実際のところ龍門はまだお前たちの命だけは許してくれるかもしれない。でも私が本当に手を出せば――

レユニオン構成員
レユニオン構成員

はあ、はあ…があ!ぐぁ!

ブレイズ
ブレイズ

お前たちは誰も生き残ることは出来ない。

レユニオン構成員
レユニオン構成員

やややややめてくれ!は、離せ!助けてくれ!

ブレイズ
ブレイズ

分かった。私だってそんなに行き過ぎたことはしないよ。

ブレイズ
ブレイズ

警官!来て、あなたにお任せするよ。

ブレイズ
ブレイズ

そうだ、ウルサス人、さっきは手を出さなかったね。良いことだ。

ブレイズ
ブレイズ

あ、やっと来た。

ブレイズ
ブレイズ

Dr.◯◯◯、こっち!

プレイヤー
プレイヤー

・さっきの本当に鮮やかだったね!

・…

・大騒ぎだな。

ブレイズ
ブレイズ

はは、まあちょっとね。

ブレイズ
ブレイズ

今度はもっとすごいのを見せてあげるよ。”骨をおらずに腕を90度に折り曲げる”とかどうかな?

アーミヤ
アーミヤ

そういうのはドクターに教えないで下さい…。

ブレイズ
ブレイズ

子うさぎ!!

アーミヤ
アーミヤ

会うなり私を抱き上げないで下さい!!

ブレイズ
ブレイズ

どうしいてこんなにも顔が柔らかいの…まさか!もがかないで、もっと触らせて、肉が減るわけじゃあるまいし!

アーミヤ
アーミヤ

ブレイズ…口をつぐんで舌を戻して下さい!

ブレイズ
ブレイズ

あ。

アーミヤ
アーミヤ

私達はまだ1時間も離れていないのですよ。どういう反応なんですか!厳粛にしてください!

ブレイズ
ブレイズ

本当にかわいくない子供なんだから。

アーミヤ
アーミヤ

…。

アーミヤ
アーミヤ

もういいです…!

ブレイズ
ブレイズ

いや、冗談を言っただけだから!もう私の頭の中に変な感情を詰め込めさせないでよ、その罰は一度に食らうには多すぎるんだから!

ブレイズ
ブレイズ

ちょっとちょっと。

ブレイズ
ブレイズ

あなたの周りにいるのはどなた?

グレイスロート
グレイスロート

こんにちは、私は…。

ブレイズ
ブレイズ

あなたが誰かは分かってる。

ブレイズ
ブレイズ

今度感染者の同胞にそういう話をするのであれば、顔の半分を引き裂いてやるから。

アーミヤ
アーミヤ

ブレイズ!

ブレイズ
ブレイズ

ごめんね、アーミヤ。

ブレイズ
ブレイズ

でも私は彼女に警告しておく。その口を変えるつもりが無いのであれば。

グレイスロート
グレイスロート

…。

ブレイズ
ブレイズ

先に行くね。目標地点で落ち合おうね。

アーミヤ
アーミヤ

グレイスロート、ブレイズはあなたを誤解しているのかもしれません。

グレイスロート
グレイスロート

大丈夫。本当にそういうこと言ってたし。

アーミヤ
アーミヤ

彼女がその時のことで今のあなたを批判する理由にはなりません。

グレイスロート
グレイスロート

私が本当に見方を変えたのか誰が知ってるの?自分でもよく分かってないのに。

アーミヤ
アーミヤ

…。

プレイヤー
プレイヤー

・それで君はより何をするっていうんだ?

・…

・君は今から行動に参加する、それで本当に良いの?。

グレイスロート
グレイスロート

私は何かをしたいからここに来たの。あのブレイズが何を言おうと、どうしようとね。

アーミヤ
アーミヤ

はあ…。

プレイヤー
プレイヤー

・(アーミヤ…)

アーミヤ
アーミヤ

(ええ…非感染者にとって、今のロドスは、グレイスロートにとっても戸惑わせているのかもしれません)

アーミヤ
アーミヤ

(今回の行動は彼女の決断をさせるのかもしれません….。去ることになるにせよ、残ることになるにせよ)

アーミヤ
アーミヤ

(しかし彼女は命令に従うことには慣れています。自分の考えをあまり表に出さないので時々口から驚くようなことが出てきますが…)

アーミヤ
アーミヤ

(彼女の感情には悪意というものはありません。彼女は自分を知るという機会が必要なだけです)

アーミヤ
アーミヤ

(ですが彼女の実力はとても信頼が出来るものですので、ドクターは彼女を信頼してやって下さい。彼女を助けることが出来るとは限りませんが、彼女はきっとあなたを助けてくれます)

アーミヤ
アーミヤ

ええっと…ガヴィルは何処に行きましたか?

プレイヤー
プレイヤー

・衝動に負けて敵を殴ったとか?

・…

・彼女はいらない破壊を起こしたいのかも。

アーミヤ
アーミヤ

それはいけません!

アーミヤ
アーミヤ

違いますよ、誰がドクターの彼女の評価をこのようなものにしたのですか?ひどいですよ、実際は確かにそうですけれども…。

アーミヤ
アーミヤ

ですが、この時間に間違いがあってはいけません。次の巡回ポイントに向かい彼女に連絡信号を送りましょう。

アーミヤ
アーミヤ

彼女の行動が計画内にあったとしても、誰も監督をしていないのであれば恐ろしい結果に…。

プレイヤー
プレイヤー

・他のチームは?

アーミヤ
アーミヤ

他のチームにはエリートオペレーターがいますし、彼らも戦況を報告してくれていますのでご安心を。

アーミヤ
アーミヤ

今、私達は共同作戦の中で最も重要なフェーズに入っています。これは龍門を決める戦いでもあります。

プレイヤー
プレイヤー

・チェン警司は?

アーミヤ
アーミヤ

彼女は自身の指揮任務を持っています。

アーミヤ
アーミヤ

私達と近衛局の計画に従って、特別監査チームのリーダーとして、チェン警司は近衛局の精鋭部隊を率いて、できるだけレユニオンの攻撃力を阻んでいます。

アーミヤ
アーミヤ

彼女はレユニオンの主動部隊の行動方向の「誘導」を行い、指定した位置に向かわせる。そして他のレユニオンのチームがスラム街に入るのも阻止しようと努力をしています。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスは各巡回ポイントに沿って前進をし、進行中に近衛局の他のチームと残りのレユニオンを消滅させることを助け、レユニオンに戦闘を放棄することを促します。

アーミヤ
アーミヤ

最後に私達は予定の場所に到着。スラム街で近衛局と一緒にレユニオンの主力部隊を攻撃します。

アーミヤ
アーミヤ

このような規模の行動の中ではロドスが出来ることは多くはありませんが、契約の内容は出来るだけ完遂させます。

アーミヤ
アーミヤ

私達と近衛局との協力の問題については…Dr.◯◯◯、ロドスの皆さんには必ず返事はします。

アーミヤ
アーミヤ

ですがドクターには、あなたにしか出来ないことがあるかもしれません。

プレイヤー
プレイヤー

・任せとけ!

・…

・それって真面目に応えるべき?

アーミヤ
アーミヤ

はは、はい。

アーミヤ
アーミヤ

はい…ですが、あなたには無理をして自分を表現してほしいという訳ではありません。

アーミヤ
アーミヤ

…ブレイズと連絡をし、彼女にあなたを守らせます。合流する前の時間まではブレイズの面倒を見てやって下さい。

プレイヤー
プレイヤー

・彼女の面倒を見る?私のこと誤解してない?

・…

・エリートオペレーターには守る能力もあるなんて初めて知ったよ。

アーミヤ
アーミヤ

あ…武力でのことじゃないですよ!心理的なケアって意味です。

アーミヤ
アーミヤ

時にはロドスは感染者と戦わなければいけません。

アーミヤ
アーミヤ

特に今は。私達と龍門での協力の間には溝が出来ています。

アーミヤ
アーミヤ

ブレイズはロドスの信頼出来るエリートオペレーターの一人ですが、心理的要素もある程度は彼女が発揮出来る力に影響を与えています。

アーミヤ
アーミヤ

彼女はしっかりと私達の側に立ってくれているからこそ、感染者の境遇が彼女の感情の状態を左右させてしまう可能性があります。

アーミヤ
アーミヤ

この機会でドクターも彼女をよく知ることが出来るでしょう。

アーミヤ
アーミヤ

彼女はもっと感謝の言葉を言ってやって下さい。例えば「廃墟では助けてくれてありがとう」など。彼女はとても役に立つのですから!

プレイヤー
プレイヤー

・分かったよ!

・…

・本当に必要?

アーミヤ
アーミヤ

私はドクターの能力を信じていますので!さあ、行きましょう!

スワイヤー
スワイヤー

奴らの主力部隊は今は他のチームと戦っているわ!

スワイヤー
スワイヤー

私達はレユニオンよりも早くに目標地点に到達し、包囲網の構築に参加するわよ!

チェン
チェン

あいつらにこう言っておけ「だが、今はまず他の主力部隊と合流していないレユニオンを消滅させるべきだ」とな。

スワイヤー
スワイヤー

ええ、分かっているわよ!

スワイヤー
スワイヤー

さっきの通信でチェン警司が言ったとおりにしなさい!通信完了!

スワイヤー
スワイヤー

私達が肩を並べて戦ったのはいつだったかしらね?

チェン
チェン

これは「肩を並べて戦う」とは言わない。「やむおえず協力している」だ。廃墟からどうやって戻ってきた?

スワイヤー
スワイヤー

もちろん自分用の機動配給があるのよ。じゃないとロドスをどうやって助けるっていうのかしら。それで何顔を膨らませてるのよ。

チェン
チェン

ああ、少し考えさせてくれ。

スワイヤー
スワイヤー

理由を探すなんてあなたには縁が無いでしょうに…。

チェン
チェン

ああ、そうだな。私を背負ってロドスに救出してくれたことは内密に教えてくれたな。

スワイヤー
スワイヤー

肩身が狭いとか思ってるんじゃないの。それともだまされたとか思ってる?

チェン
チェン

両方だ。

スワイヤー
スワイヤー

…どういうことかしら。あなたいつからこんなに素直になったの?私が以前から知っているチェン警官は口を何回もぐるぐると――

チェン
チェン

来たぞ!

スワイヤー
スワイヤー

近衛局防御小隊、盾を挙げて!安心しなさい、これまでの戦いと同じよ。後ろにはいつもチームメイトが応援してくれているわ!最高ね!

チェン
チェン

10歩!

スワイヤー
スワイヤー

ボウガン、構え!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

この道も封鎖されているっていうのか?だめだ…俺たちには行くところが無いんだ!ここから行くしか無いんだぞ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

恐れるな!俺たちは突き進む!俺についてこい!

チェン
チェン

5歩!

スワイヤー
スワイヤー

攻撃手、位置について!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

奴らを追い散らせ!

チェン
チェン

――今だ!

スワイヤー
スワイヤー

クロスボウ一射手、撃て!

チェン
チェン

長槍隊、槍を挙げろ!

チェン
チェン

レユニオンを一つ残らず龍門から脱出させるな!

 

ウェイ
ウェイ

お主達はもう席に着いたか?

ウェイ
ウェイ

ああ、そうじゃ。近衛局には彼らのすべきことがあるし、お前たちにはお前たちのすべきことがある。それは越俎之罪というものじゃ。

ウェイ
ウェイ

確かにな。リンの奴なら反対するじゃろう。

ウェイ
ウェイ

しかし、このことについて彼を放っておくわけにはいかん。

ウェイ
ウェイ

…。

ウェイ
ウェイ

各方面からの意見は全て受け取っておる。私達には選択の余地は無い。これも仕方がないのじゃ。

ウェイ
ウェイ

リンの娘に連絡をしよう。それから3週間の間は絶対に渡しに連絡をするな。全ての情報は彼女に預けるのじゃ。

ウェイ
ウェイ

お前たちに任せた。後ろを心配することはない。私はずっと見ているのだから。

ウェイ
ウェイ

…その呼び名を使う必要はない。昔のことは昔のことだ。もう関係はない。

ウェイ
ウェイ

ああ、龍門は長く治まるのが望みだ。

???
???

ウェイ、私達はどう…お前はどう言っていたか、義兄弟だったか?

???
???

だから、彼女と娘をお願いするぞ。

???
???

ふん、こういうのは余計なことだとお前は言っていたな。自分の妹の面倒も見られないのにか?

???
???

娘の名前はもう付けてある、こう呼べば良い…。

???
???

…タルラとな。

???
???

あまり気にするな。全部分かっている。

???
???

私は全て理解している。

タイトルとURLをコピーしました