アークナイツ ストーリー翻訳

【アークナイツ】シナリオ翻訳 ストーリー6章6話「過去はおろか」

???
???

イーノー、この本は何の話をしている?

???
イーノー

よし、僕が読んであげるからもってきてよ。

???
イーノー

サーシャは好きだろうね!この本は理想を語る本だ。

???
サーシャ

理想?

???
イーノー

ああ。

???
サーシャ

イーノーにはどういう理想があるの?

???
イーノー

…理想か。

???
イーノー

よく分からないね。僕にも理想はあるのかな。

???
サーシャ

もちろんあるさ、むしろ無いことなんて無いさ!

???
イーノー

あ、しまった。そろそろ帰らないと…。

???
サーシャ

行きたくないの?

???
イーノー

…家には帰りたくない。

???
サーシャ

でもイーノーは家に帰らないとお父さんが殴ってくるって…。

???
サーシャ

明日また会おう?また明日会えるからさ。

???
イーノー

分かったよ。パンと本はここに置いておくからね。

???
イーノー

…サーシャ、僕は行きたくないんだ。痛いんだ。今帰っても殴られてしまう。

???
サーシャ

…。

???
サーシャ

明日ここに来て、君が殴られたのであれば、僕を殴ってくれない?

???
イーノー

え?…ははは、サーシャ。あいつらと喧嘩をして頭が馬鹿にでもなった?

???
イーノー

君の体にはまだ傷がある。こんなにも。

???
サーシャ

そうすれば、誰かが君が傷ついてるってことに気付くはず。少なくとも誰かが気付いてくれる。

???
イーノー

まあ、君の考えは分かるよ。でも出来ないな。

???
サーシャ

あの子どもたちがまた道でいじめられていたら、教えてよ!あいつら全部ぶっ叩いてやるから!

???
イーノー

分かった!

???
イーノー

また明日!また歌を歌ってあげるから!

彼が何に遭遇したのかは全く分からない。

彼が俺に食べ物をくれたのは知っている。

彼は本を読むことが出来るのを知っているし、俺も読みたいから、彼は教えてくれた。

他の子供達は彼をいじめることが好きだと知っていた。でもパンをくれたから、力をこめてあいつらを殴ってやったら、あいつらにも殴られた。

彼が何をしていたのかは知らない。

???
イーノー

怖いよ、サーシャ。僕怖いよ。

???
イーノー

僕は…あの家の人じゃないらしいんだ。こっそり聞いたら、僕の母さんは…僕の母さんは家にはいないって。

???
イーノー

あいつらは僕の目を見てきた。全部怖い、帰りたくない。もう帰りたくない…。

???
サーシャ

でも、ここには食べ物も無いし、住むところも無い。ここは単なる下水道なんだよ。

???
イーノー

気にしないよ。

???
サーシャ

でも…。

???
イーノー

…。

???
イーノー

君も僕が嫌いなの?

???
サーシャ

何で?…どうして?

???
イーノー

僕を笑うことが好きなんでしょ?。

???
サーシャ

ちがう…違うよ。どうしてそうなるの?

???
イーノー

僕は笑っちゃいけないから。

???
サーシャ

そんなことないよ!イーノーは笑うべきだよ。

???
イーノー

そう?

???
サーシャ

そうだよ。

その日、彼が帰らなければ何か変わるのだろうか?

ここは汚いと思ったんだ。それに寒かった。彼を帰らせる?

彼が帰らなければ全てを変えることは出来るのか?

???
サーシャ

君の傷、お腹の傷は…何が、何が起きたの?!

???
イーノー

サーシャ…僕、ずっと笑ってたんだ。

???
イーノー

君が、君が僕は笑っても良いって言ってくれたから、ずっと笑ってたんだ。

???
イーノー

ずっと笑ってた…

???
イーノー

サーシャ、僕の歌を聞く?

その後も彼はいつも俺に会いに来ていた。

だが、彼の体の傷はますます多くなっていった…。

どんどん多くなっていった。

俺も自分の話が彼に影響を与えていることを分かっていたから、口を開く回数も少なくなっていった。

これで物事は良いことに進むのだろうか?

???
サーシャ

君の背中!

???
サーシャ

君の背中…。

???
イーノー

…。

???
サーシャ

…痛いよ?

???
イーノー

???
サーシャ

このままじゃだめだ。

???
サーシャ

一体だれがこんなことをした!どうしてこんなことをするんだよ!

???
サーシャ

何があろうと…こういうやつは全部壊すべきだ!どんなことだろうと、壊すべきだ!

???
サーシャ

イーノー、俺を連れて行け!

???
イーノー

…分かったんだ。

???
サーシャ

え?

???
イーノー

僕は出来るんだって。

自分が何を言ったのかは分からない。

自分が何を言えるのかも分からない。

何をしたんだろう?一体何をしたんだろうか?

俺はたくさんの本を呼んだ。でも、俺に教えをくれた本は無かった。

何も教えてはくれなかった。

???
イーノー

ほら、ほら見てサーシャ…。

???
イーノー

君は僕に言った。僕を傷つけるものは全て壊してあげるって?

???
サーシャ

…。

???
サーシャ

早く来て。

???
サーシャ

君の傷は…。

???
イーノー

大丈夫。大丈夫だから。

???
イーノー

ほら、軽く打たれただけ…全部大丈夫だから。全部大丈夫だからさ。

???
サーシャ

早く来て!巻いてあげるから!布、残りの布はどこにあったっけ…!

???
イーノー

あの男は僕の足を切って…軽く打っただけ。いいんだ。

???
イーノー

とあるお年寄りが僕の背中をなでてくれたんだ。

???
イーノー

これは全部あの太った女が僕の喉に詰め込んだオリジ二ウム!

???
サーシャ

もういい、イーノー、もういいんだ。

???
イーノー

僕はもう歌が歌えないんだ。でもね、見て。これもそのオリジ二ウムもおかげなんだ!

???
イーノー

今の僕は何でも出来るんだ!

???
サーシャ

イーノー!

???
イーノー

…君はとても嫌がっている。どうして?君の言ったとおりにしたのに。

???
イーノー

どうして君は楽しく無さそうなの?

???
イーノー

あいつらはみんな楽しいのに。あいつらの言うとおりにすればあいつらは喜ぶはずなんだから…。

???
サーシャ

…君の家族は全員馬鹿だ、全部馬鹿。

???
イーノー

そうだね!

???
イーノー

だから子どもたちがあいつらを殺したんだ。

???
サーシャ

…何だって?

???
イーノー

感染した子どもたち、まだ城外に追いやられていない子どもたちは…。

???
サーシャ

彼らをどうしたんだ?

???
イーノー

あいつらも僕を殴ったことがあるでしょ。それにあいつらは君をも傷つけたこともある。

???
イーノー

今のあいつらはまるで碁盤の駒のようだよ。駒。

???
イーノー

あいつらの体の傷を治して、あいつらに何をさせて、あいつらをどうしてやろう。

???
イーノー

僕はあの醜くて吐き気がする人たちを、全部…全部!

???
イーノー

サーシャ、僕がやったことどうかな?

???
イーノー

火で燃やし尽くすんだ!全部!

???
サーシャ

…。

???
イーノー

サーシャ、どうしたの?

???
サーシャ

もうこんなことをしてはいけない。

???
イーノー

でも君は…。

???
サーシャ

俺はこんなことになるとは思わなかった。

???
サーシャ

イーノー、本当にやりたいことをやるんだ。こういうことじゃなくて。

???
サーシャ

俺も手伝うから。もうこんなことはしないでくれ。

???
イーノー

でも、僕は…。

???
サーシャ

もう二度とこんなことをしないでくれ!それで本当にしたいことをするんだ!

???
サーシャ

何かをさせられるんじゃなくて、血も涙を流すんじゃなくて、復讐もするんじゃなくて!

???
サーシャ

そんなこと君は好きじゃなかった筈だ…!。

???
イーノー

…サーシャ…

???
イーノー

僕は…。

???
イーノー

僕は…歌いたいんだ…。

???
イーノー

うう…。

???
サーシャ

…。

俺は何も出来なかった。

本当に役立たずだ。

???
サーシャ

イーノー…。

???
イーノー

もう歌が歌えないんだ…。

???
サーシャ

一緒に行こう。俺たちは生きていくんだ。

???
イーノー

…生きていく?

???
イーノー

何か良いものもあるかな?

???
サーシャ

…。

???
サーシャ

無い。

???
サーシャ

でも一緒に生きていける。

???
イーノー

君は何をしているの?

???
サーシャ

これは俺が鉱場から盗んだオリジ二ウム。これを売って食べ物に変えるんだ。

???
イーノー

サーシャ!

???
サーシャ

そうだ!

???
サーシャ

これで俺たちは感染者だ、

???
サーシャ

一緒に生きよう!

???
???

そんなことが?聞いたこと無かったな。

???
???

お前がしたことに理由なんてものは無い。お前は何の理由があってこの地上で生きていいる?

???
???

いいや、誰も助けてくれなくても良い…。

???
???

お前の好きな名前を選ぶが良い。

???
???

これか?そうだな。

???
???

メフィスト…。

???
???

メフィスト。これからお前はメフィストだ。前のお前とは関係はない。

???
???

お前を信じない。お前を信じる権利も無い。お前を信じられるのはお前だけだ。

???
???

お前のしたことは全て無かったことにしてはいけない。お前がしたことはいつまでも背負わなければならない。お前が忘れ、お前が何をしているのか理解が出来なくても。

???
???

お前がした全ては、お前が経験した全ては、お前の糧となるべきだ。それらはお前を追い詰める。お前の心の中の炎は燃やし続けろ。

???
???

全ての大地が解放されるまで、お前は全ての人がお前に与えたものを捨てることでようやくお前は自身を理解することが出来る。

???
???

その時までお前はこの名前を捨てろ。生きるか死ぬか、自分で選べ。

???
???

メフィスト、お前の理想を変えることは出来ない。もしお前にないのであれば探してみろ。私達は自分で自分を救う。

???
???

私が誰かだと?それは重要ではない。

???
???

私の名前を知りたい?

???
???

…タルラ。

タルラ
タルラ

私はただの反抗者、普通の人だ。私は誰でもない。ただ、今はタルラと呼ぶが良い。

タルラは僕にたくさんの話はしてくれなかった。

彼女は僕を抱きしめた。そして3回背中を叩いた。

タルラは僕を信じている、エレナ、博卓卡斯替、リュドミラ、彼らは僕を信じている。

ただ事情はすぐに変わる。あの村のことから始めよう。

それは惨劇だった。でも、なぜこんな惨劇が彼女をこのようにさせたのだろうか。

なぜこうなったのだろうか?

メフィスト
メフィスト

あなたは僕に何をしてほしい、僕には何が出来るのだろうか…

タルラ
タルラ

大丈夫だ。お前がやりたいことをやるといい。

タルラ
タルラ

私が許可する。何しろお前はメフィストなのだから。

メフィスト
メフィスト

でも、あなたは以前に言っていた…

タルラ
タルラ

それは何年も前のことだ。

タルラ
タルラ

私達のやっていることが進むにつれて、自然に変わることだってある。

タルラ
タルラ

状況に合わせなければ、私達は淘汰される。

タルラ
タルラ

だからこそ、私達と私達感染者の同胞は未来を勝ち取らなければいけない。

タルラ
タルラ

全ての人はこの理想のために犠牲にすることも出来る。

メフィスト
メフィスト

あなたを信じても良いのかい?リーダー?

タルラ
タルラ

ああ。私はタルラなのだから。

メフィスト
メフィスト

僕はやるよ!

タルラ
タルラ

お前ならきっと出来る。信じているぞ。

タルラ
タルラ

お前なしでは出来ないことだ。お前は何でもすることが出来る。お前なら何でも出来る。

タルラ
タルラ

入れ。

ファウスト
ファウスト

…。

タルラ
タルラ

全て見ていたはずだ。

ファウスト
ファウスト

お前は誰だ?

タルラ
タルラ

もちろんタルラだ。

ファウスト
ファウスト

昔の彼女は…お前のような人では無かった。

タルラ
タルラ

タルラは名前だけ。タルラはタルラというだけだ。

タルラ
タルラ

彼を助けてやれ。メフィストにはお前の助けが必要だ。メフィストに、彼に価値を持たせるためにはお前が必要だ。彼はお前だけを信じている。

ファウスト
ファウスト

タルラはそんなことは絶対にしない、お前はあいつの信頼を利用しているだけだろ!

タルラ
タルラ

私達に選ぶ権利はない。

ファウスト
ファウスト

…。

タルラ
タルラ

お前は彼のためにやり遂げろ。全て。

タルラ
タルラ

それとも彼の死を見たいのか?

ファウスト
ファウスト

お前は意識していないのか?あの村を通ってからタルラはすっかり変わってしまった!完全にだ!

メフィスト
メフィスト

分かっているさ。

ファウスト
ファウスト

なら何故そんなことをしている?

メフィスト
メフィスト

君とタルラ姉さん以外は誰も信じないからだよ

メフィスト
メフィスト

僕も選びたくはないんだ。

ファウスト
ファウスト

メフィスト
メフィスト

僕たちは何処に行くの?

ファウスト
ファウスト

…俺は…。

メフィスト
メフィスト

ファウスト、教えてよ。僕はどうすれば良い?

ファウスト
ファウスト

…生きていくんだ。

メフィスト
メフィスト

生きることは辛くないかい?

ファウスト
ファウスト

辛いな。

ファウスト
ファウスト

だが俺たちは一緒に生きていける。

この本は理想を語るものだ。

俺の理想は…。

タイトルとURLをコピーしました