アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】シナリオ翻訳「黒夜生誕 DM-5 旗印」

ケルシー
ケルシー

君が決めたことだろう。

ヘドリー
ヘドリー

疑問の口調では無いですよ、ケルシー先生…。いや最近知ったのですがケルシー卿と呼ぶべきでしょうか。

ケルシー
ケルシー

今更そんな話をしても意味は無いだろう。

ケルシー
ケルシー

お前達の決定は残念だと思っただけだ、テレジアの有能な助手になれたというのに。

ヘドリー
ヘドリー

殿下…彼女は任務の最後の時に一人で俺を見つけたんです。

ケルシー
ケルシー

彼女らしいな。

ヘドリー
ヘドリー

彼女は俺の出身を覚えてくれていました。かつてカズデルに滞在をしていた時のことです。

ヘドリー
ヘドリー

…そこは巨大な工業地区で、その周囲百里には犯罪と死が腐敗した都市が溢れている。

ヘドリー
ヘドリー

難民が増え続けていたせいで既に腐っているスラムが空高くまで積み上げられていました。

ヘドリー
ヘドリー

カズデルにはいわゆる「貴族」というものはどれだけいるのでしょうか?そして戦争で王様や家臣と呼ばれる馬鹿げた肩書を持つサルカズはどれくらいいるんでしょうね?

ケルシー
ケルシー

ごまんといるな。

ヘドリー
ヘドリー

確かに、ごまんといます。

ヘドリー
ヘドリー

…ですが、殿下は恐らく全てを覚えているのでしょう。

ヘドリー
ヘドリー

殿下の慈悲には感謝をしています。彼女はサルカズの末端でも人と呼ばれる部分があることを覚えておいてくれていたんです。

ヘドリー
ヘドリー

殿下だけがそうしてくれたんです。

ケルシー
ケルシー

では何故ここから逃げ出そうとする?

イネス
イネス

…そんなに難しく言わないでくれ、先生。

ヘドリー
ヘドリー

イネス、ケルシー先生はここ数日俺たちを良くしてくれたんだ。それくらい分かっているだろう。

イネス
イネス

ふん…。

ケルシー
ケルシー

…悪気は無かったんだが。

ケルシー
ケルシー

君たちは自由な傭兵として大地を放浪することを決めたのだろう。私にはそれを止める理由はない。

ケルシー
ケルシー

たくさんのことがあるだろうが私が言う必要もないだろう。

ヘドリー
ヘドリー

はい。

ケルシー
ケルシー

それでもうひとりのサルカズは?

ヘドリー
ヘドリー

Wには彼女なりの考えがあります。

ヘドリー
ヘドリー

それに傭兵一人に全ての軍規を守らせるような拘束力があるとも思えません。

ケルシー
ケルシー

規模が大きくはない傭兵はいつもそうだな。独立を除く勢力は一つの捻じ曲がった巨大な勢力に比べると常に脆弱極まりないが。

ケルシー
ケルシー

だが、君たちが求めているものは…いくらかの失われたサルカズの戦士からは学ぶ価値があるものだろう。

ケルシー
ケルシー

いずれにせよ、これは君たちが自分たちで選んだ道だ。

ケルシー
ケルシー

君たちに逃げ場が無かったとしてもだ。

ヘドリー
ヘドリー

傭兵は戦争の真っ只中へと逃げ込み、廃墟の中に立ち上る煙で身を隠すんです。

ケルシー
ケルシー

…それが出来るのであれば、君たちにはそうして欲しいところだな。

ヘドリー
ヘドリー

ありがとうございます。

 

イネス
イネス

…私達のようなサルカズも残っているのは僅かか。

ヘドリー
ヘドリー

多くの人はそこに留まることを選んだんだ。より多くの人は永遠に帰る場所を選ぶ権利すらも失っているのに。

イネス
イネス

キャンプサイトも無くなった。装備もバベルが提供する最低限の武装しかない。

イネス
イネス

傭兵というよりかはピクニックに行く登山客だな…。

ヘドリー
ヘドリー

…最初の頃、白樺の森で出会い、自立を決意した時のことだ。

ヘドリー
ヘドリー

ありがたいことにケルシー先生は特別契約を提供してくれた。少なくともまだ仕事はある。

イネス
イネス

このまま彼女からの仕事を続けるのと、バベルから離れないことに何の違いがある?

ヘドリー
ヘドリー

俺たちはただ利益のために戦っている傭兵部隊、価格の高い契約を受ける。

イネス
イネス

自分を欺いているだけだろう。

イネス
イネス

…待て、私達の旗は何処にある?

ヘドリー
ヘドリー

残してきた。全てを残してきた。どうせ自分を騙して人も騙すんだ、はっきりしておいたほうが良いだろう。

ヘドリー
ヘドリー

覚えているか?最初に旗手が倒れたのであれば、すぐに旗手は他のやつに挿げ替わるってこと。

ヘドリー
ヘドリー

西から東へ、傭兵となって、そこで折り返しても、旗は落ちることは無かった。

ヘドリー
ヘドリー

旗本が旗の元で死んだのは70番目から80番目まで。彼らは旗竿を自分の腹に刺してまで旗を倒れさせなかった。

ヘドリー
ヘドリー

俺たちがロドスの本艦を護衛している間、敵共は…カズデルから来た強敵はいとも簡単に俺たちの防衛戦を破ってしまった。

ヘドリー
ヘドリー

その時に旗を握っていたのは子供だった。

ヘドリー
ヘドリー

俺たちは坂の下、敵は坂の上で、アーツは土石流のように地面を洗い流した。

ヘドリー
ヘドリー

ケルシー先生が到着するまで、俺達はほとんど反撃することすら出来なかった。

イネス
イネス

そして旗は壊れた。

ヘドリー
ヘドリー

そうだ。

ヘドリー
ヘドリー

だが、実際のところ、俺が手を伸ばしてさえいれば旗竿を掴むことが出来ただろう。

イネス
イネス

…。

ヘドリー
ヘドリー

俺はずっと傭兵の旗が嫌いだった。

ヘドリー
ヘドリー

あれは倒れるべきなんだよ。

イネス
イネス

あの時からの老兵で生きているのは?

ヘドリー
ヘドリー

お前とそして俺。

イネス
イネス

…道を急ごう。

 

イネス
イネス

…。

イネス
イネス

おい、ヘドリー。

イネス
イネス

お前はわざとWを殿下の元に置いたのか?

ヘドリー
ヘドリー

殿下のことはどう思う?ケルシーとそれに――「ドクター」も。

イネス
イネス

お前も影で他人のことを議論するんだな。

ヘドリー
ヘドリー

単なる雑談さ。

ヘドリー
ヘドリー

お前はあそこで一回もアーツを使わなかった。それはお前にとっては珍しいことだ。それが心配でな――

イネス
イネス

…役に立たなかったのではなく勇気が出なかった。ケルシー先生は私にそれをほのめかしていたしな。

イネス
イネス

あそこには秘密が多すぎる。

ヘドリー
ヘドリー

俺たちは確かに深く追及するべきでは無いだろう。ケルシーだけでも十分だというのに…

イネス
イネス

だが、私は無意識に殿下を試してしまった。私のアーツは直接人の心を見るものではなく人の「影」を感知して察するだけのものではあるが…。

イネス
イネス

殿下は特殊だ。

ヘドリー
ヘドリー

殿下は…彼女は悲しすぎる。それなのにとても素晴らしく、そしてお優しい。

イネス
イネス

ケルシーは変わっているな、機械に近い部分もあるが、この機械には意外と人情味がある。

ヘドリー
ヘドリー

…あの先生が?

イネス
イネス

お前には感じることは出来ないだろうがな。

イネス
イネス

彼女は平等に全ての人を見ている。それに彼女は私達のことを「魔族」とは呼ばなかった。

ヘドリー
ヘドリー

それは殿下が側におられたからかもしれないだろう。

ヘドリー
ヘドリー

それでドクターは?

イネス
イネス

…よくある揶揄を使うとしようか。兵士は駒、指揮官は棋士だ。

イネス
イネス

あのひとに出会って、自分はいつまでも駒でしか無いと悟った。

ヘドリー
ヘドリー

彼は戦場を操っているのではない、戦争を操っているということか。

イネス
イネス

そういうことでは無いな。

イネス
イネス

駒と棋士の一番の大きな差は何だ?

ヘドリー
ヘドリー

なんというか…お前の話し方がWのようになったな。以前のお前は短気で遠回しなことは言わなかったのに。

イネス
イネス

棋士は最終的に注目しているのは絶対に駒ではないし、甚だしきに至っては全体の状況ですらない。別の棋士だ。あいつが勝ちたいと思っているのは引き分けている棋士だけだ。

イネス
イネス

帰ったら温かい飯を食えるのは棋士だけ、駒は箱に入れられる。

イネス
イネス

毎日眠りから覚めて、両足で歩くことが出来て、言葉で会話することは棋士だけだ。駒は常に戸棚の中で死んだようにじっとしているんだよ。

イネス
イネス

私達はみんなそうだ、死んだ物だ。戦争はあいつだけが人であり、唯一の人なんだ。

イネス
イネス

私達が自分を人して見ていたとしても、あいつからすればそれは異常だ。

ヘドリー
ヘドリー

なるほど、その点については俺たちは合意出来るな。

イネス
イネス

しかし殿下達はそれを見てみぬフリをしている。

ヘドリー
ヘドリー

ケルシー先生は常にとても警戒をしている。仕事をした時間は短いが、あの戦士達も多かれ少なかれいくつかの迷いを抱え込んでいる。

ヘドリー
ヘドリー

Wには注意をしておいたが、一部は捻れているのかもしれない。

イネス
イネス

…距離を置いたほうが良いのかもしれんな。

イネス
イネス

いや待て、私と同じ意見を持っているのであれば、ならば何故Wをあの場所に残したのか答えていないぞ。

ヘドリー
ヘドリー

あいつのことを心配しているのか?。

イネス
イネス

だから何だというんだ。答えろ。

ヘドリー
ヘドリー

…万一に備えてだ。いつの日にか本当に異なる種族とは同位にならなければならないからな。

ヘドリー
ヘドリー

それとも、摄政王や殿下の兄は俺たちを寛大に許してくれて、俺達が生活のためにこれからもラテラーノから略奪し続けることを許してくれると思うか。

ヘドリー
ヘドリー

俺はこの戦争から出来るだけ遠くに離れたいんだ。同胞との争いにはもう嫌気が指しているし…俺たちはひどい目にあった。

イネス
イネス

…ああ。

ヘドリー
ヘドリー

誤解はしないでくれ。Wを使って後ろ盾を守るという考えは最初からは無かったんだ…

ヘドリー
ヘドリー

あいつはそこに留まるということを聞いたら喜んでいたな。

イネス
イネス

イネス
イネス

ちっ…なんて恩知らずな奴だ。

Scout
Scout

君は想像以上にここの仕事をこなせるみたいだな。

Scout
Scout

君には友達が二人いたな。彼らはドクターの誘いを受けなかったけど、相変わらず仕事を上手くやり遂げているみたいだ。

W
W

ふーん。それでテレジアは何言っていた?

Scout
Scout

…殿下に褒められたいだけなのであれば、自分で功労を言ってみてはどうかな。

Scout
Scout

ケルシーさんを避けることが前提だけど。

W
W

そう出来れば良いんだけどね。あのケルシーっていうめんどくさい女、テレジアから少しでも滅多に離れようとしないのよね。

W
W

それであの人達は今は何処に?

Scout
Scout

知ってるけどまた行くのか?

W
W

行ってみましょう、叱られない程度にはね?

Scout
Scout

一体誰がめんどくさいやつなのやら。

W
W

私はあなた達のために生命を掛けて難民の中から7人のスパイを摘発したんだけどね!7人も!一人は術師だったけど!どれくらい大変なことか分かる?

Scout
Scout

声を小さく。君の存在と仕事内容は全て機密事項なんだからさ。

Scout
Scout

それは君自身の任務だろう。ドクターは少なくとも1人位は生きた人をとか言っていた気がするんだが…。

W
W

人を助けるのは苦手なのよ。彼の自殺するスピードは私より早かったのでどうしろっていうの?

Scout
Scout

…んー。

Scout
Scout

彼らは艦橋にいるはず。アーミヤもそこだろうね。

W
W

そんなにもたくさんの名前を覚えていようが他の人はどうだって良いわ。どうでもね。

Scout
Scout

どうぞご勝手に…

Scout
Scout

…ちょっと待て。手に何を持っているんだ?

W
W

うん?スパイから奪ってきた小型カメラ。珍しいでしょ?

Scout
Scout

それはちょっと…。

W
W

え?普通のサルカズならば殿下と写真を撮る機会を諦めると思う。

Scout
Scout

…はあ、もしケルシーさんにスパイ扱いされても、かばってやらないからな。

W
W

そうそう。

W
W

このスパイ達はどうやって紛れ込んだんでしょうね?

Scout
Scout

W
W

最近はとは思わないけど…私達の戦いってどうもおかしい感じがしない?

Scout
Scout

それは俺がどうこう言える範疇じゃないから、不満があるのであればドクターを探してくれ。

W
W

ドクター、ね。

W
W

これも計算の内か。

W
W

(あそこに――やっぱりみんないるわね、しばらくは隠れておいたほうが良さそう)

W
W

(あのウサギは何なのかしら?鬱陶しいわね、彼女が耳がテレジアを遮っちゃってるのよ!)

W
W

(――!あれはケルシー…)

W
W

(…)

W
W

(…来てない?見てなかったのかしら?)

W
W

(しまった、何でドクターもいるのよ…あの人が写真の中に入ったら、何か不吉な予兆みたいに感じるじゃない…)

W
W

(…)。

W
W

(あ、テレジアが笑った)

W
W

(彼にかまってちゃ、チャンスを逃してしまうわ!)

W
W

チーズ――!

…W、今の状況よく分かってるか?

ええ、私はあなたよりよく分かっているわ。戦場に行く回数が多いからね、「せんせー」

ケルシー、大丈夫だから、そんなに怒らなくてもいいわよ。

W
W

ちっ、あの女、だんだんと面倒になってきたわね…ただ写真を撮っただけだっていうのに!

W
W

それはそれとして、これからのあなたの仕事は辛いかもしれないわよ、捕虜さん?

???
サルカズ捕虜

んーんん!!

W
W

あら、そんなに緊張しないで。議長室にあんなにも大胆に近づいたのだから見つかる覚悟位出来ていたでしょ?

W
W

それに私、あまり気分が良くないの、だからあまり楽出来ないわよ。

???
サルカズ捕虜

――

W
W

ん、自殺したいの?

W
W

焦らないで。あなたは自分では出来ないわよ、そしたら、まず何を聞きましょうか。そうね…

W
W

先月の「ミル」での戦いでは何があったのかしら?

W
W

どうしてあそこに現れたの?どうして中心区域に近いところに現れたの?

W
W

何を探していたの?誰があなたを迎えに?そしてテレジアに何を持っていこうとしていたのかしら?

W
W

あ、急いで答える必要は無いわよ。私は早く知りたいという訳じゃないの。

W
W

先に教えて。もし鋭いオリジ二ウムの棘が毎秒3ミリずつゆっくりとした速度であなたの目に迫ってきているという状況――

W
W

あなたは怖い?

ヘドリーの予想に相違なく、戦局は捻れ始めた。

だが、私は実際のところ、それがカズデルの情勢にどう影響していくのかにはあまり関心が無かった。

心配なのは…テレジアだけだ。

あの忌々しい医者を見た時というのは鏡で自分の笑顔を見た時と同じくらいには気分が悪いものだが、彼女とはよく離しておかなければいけないのかもしれない。

彼女は私と同じタイプだ。いや、それはもし彼女が「人」だった場合のことだ。彼女のことについてはまだ多くの答えが明らかになっていない。

しかし彼女は私よりもずっと強い。彼女ならテレジアを守ることが出来るかもしれない――。

いや、彼女ならば出来るだろう。

さもなければ――。

タイトルとURLをコピーしました