アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー8章 M8-2「失言、多言より生まれる」

中央区
時を少し遡る

プレイヤー
プレイヤー

アーミヤたちがコントロールタワーで……

プレイヤー
プレイヤー

タルラの精鋭部隊に遭遇しないとなぜ断定できるんだ?

ケルシー
ケルシー

それについては正しく陰謀家と対峙するにあたっての難所と言える。

ケルシー
ケルシー

軍閥、あるいは暴虐かつ狡猾な君主の要塞は、従来から守りは易し攻めは難しいものとなっている。

ケルシー
ケルシー

彼らは自分たちが行ってきた行為が必ず激しい報復に遭うと知っているからだ、そのため彼らは優勢な兵力と先進的な武器を使って、堅牢な守りを敷く。

ケルシー
ケルシー

しかし、タルラに関してはたとえ彼女の暴君的行為がただの芝居と証明されたとしても、彼女はそんなことはしないだろう。

プレイヤー
プレイヤー

・どこから来た自信なんだ?
・……
・理由を聞きたい。

どこから来た自信なんだ?……理由を聞きたい。
ケルシー
ケルシー

経験、理論、現象から分かる。

ケルシー
ケルシー

自信など持ち合わせてない、私はただ事実を推察しただけだ。

ケルシー
ケルシー

……君自身の意見も期待していたのだが。

ケルシー
ケルシー

もしくは、その沈黙が君の意見なのか?

ケルシー
ケルシー

そうならば理解感謝する。

ケルシー
ケルシー

私の考えが君の同意を得られれば……

ケルシー
ケルシー

私がそれで喜ぶ、とでも思っているのか?

ケルシー
ケルシー

尊重というのは双方的なものだ。君が私の観点を尊重してくれて、かつ有益な結論を得ていてくれれば、私も君の観点を考慮してやらなくもない。

ケルシー
ケルシー

タルラは自分の形を維持している。彼女には一般感染者からの尊重、サルカズ傭兵からの服従、遊撃隊からの信頼、熱狂者からの崇拝が彼女には必要なんだ……

ケルシー
ケルシー

そのため彼女は自身と彼らとの間の距離感をはっきりさせねばならない、お互いを念入りに監視させるためにな。

ケルシー
ケルシー

今までのレユニオンの動きを見るに、確実に分かってきたのが、レユニオンの他の指導者はタルラの行為をあまり深く理解していないということだ。

ケルシー
ケルシー

たとえ彼女の陰謀を察知したパトリオットでさえも、急激な変化の中で情勢を覆すことは叶わなかった。仮にタルラを殺せたとしても、レユニオンが傾く勢いを変えることはできなかっただろう。

ケルシー
ケルシー

何より、タルラの脳内にある感染者を利用する陰謀は……それを描き出すのに必要とした時間は、おそらくレユニオンが存続していた時間よりも遥かに長かっただろう。

ケルシー
ケルシー

私の推測ではレユニオンの今日までのすべての行為は、ある一つの前提のために行っていると思われる……

ケルシー
ケルシー

「レユニオンはこの事件後に滅ぶ」という前提だ。

ケルシー
ケルシー

タルラはおそらく彼女の鋭く形のない力を各地に分散させ、必要なときに彼らを召集し、時期がきたときに彼らを出現させると思われる。

ケルシー
ケルシー

ドクター、私が思うに、ウルサス帝国の第三軍集団は感染者のいかなる自由行動を許さないはずだ。

ケルシー
ケルシー

ただしかし、レユニオンの現在の行為は、まだ彼らの許容範囲内に収まっているのだろう。このような表面的な暴力は、規律が欠如あるいは散漫としている様は、第三軍集団の好みとも言えるからだ。

ケルシー
ケルシー

だがよく考えてほしい、彼らは本当にただ傍観しているだけなのか?そのようなリスクを背負ってまで、タルラ一人が一都市あるいは一国の情勢を操ることを甘んじて受けるのか?

ケルシー
ケルシー

それとも、それすらもタルラの、ウルサス軍の力を削ぐための……彼女すらも収拾がつかない事態になるまで、彼らを眠らせる賭けというのだろうか。

ケルシー
ケルシー

その時になれば、彼女は正当な理由で……彼女すら手に余る力を使えるようになる。彼女の思うがままにな。

ケルシー
ケルシー

しかしそれにはまだ時間が必要だ。

プレイヤー
プレイヤー

そう言うのであれば、なぜ彼女はまだ暴君にはなっていないんだ?

ケルシー
ケルシー

今のレユニオンにはああいう指導者がまだ必要だが、本当はああいう指導者を必要としていないからだ。

ケルシー
ケルシー

暴君は己の羽を大事にする、たとえ目先が利かずあるいは身勝手にそれを壊してしまってとしても、心の底から心を痛めて涙を流す。

ケルシー
ケルシー

しかし陰謀家はそうしない。暴君には駒がある、それは陰謀家も同じだ、しかし暴君は駒と同じ盤上に立っているが、陰謀家はその盤外に座っている。

ケルシー
ケルシー

仮に彼女に人間性が備わっているとしよう、であれば彼女も間違いを犯す。しかし正真正銘の陰謀家からすれば、その策略が軌道に乗りさえすれば、たとえ自身が死のうと、彼女の陰謀が途切れることはないということだ。

プレイヤー
プレイヤー

じゃあ我々の行動は無意味なのか?

ケルシー
ケルシー

もしそうであれば、ロドスの人員たちをこんな生死の瀬戸際に連れてくるはずがないだろう。

ケルシー
ケルシー

彼女を殺害しただけでは無駄だ。そのため、我々はそれそれの部分それぞれの場所で、彼女の策略を分解し、彼女の指令に対抗し、彼女の陰謀を失効させている。

ケルシー
ケルシー

もし船の進みを止めることができないのであれば、船を細かく分解して、目的地に到達する頃合いにただの抜け殻にしてやればいい。

ケルシー
ケルシー

……あ、この例えだと君が誤解してしまうかもな。こうは言ったがチェルノボーグの中心都市は何としてでも止めなければならないことは確かだ。

ケルシー
ケルシー

ドクター、君はアーミヤたちが突発的な事態に遭遇しないか心配していたが……

ケルシー
ケルシー

我々の目の前にあるのが、その突発的な事態だと、私は思うが。

牧群化したサルカズの戦士
牧群化したサルカズの戦士

W、W。Wハドコダ?Wハモット強イ。

牧群化したサルカズの戦士
牧群化したサルカズの戦士

ダメダ、入ッテハダメダ……

プレイヤー
プレイヤー

彼らと話が通じるか?

ケルシー
ケルシー

(とあるサルカズ部族の言語)

牧群化したサルカズの戦士
牧群化したサルカズの戦士

地下ハ闇デ満チ溢レテイル。暗黒ハ邪悪ヲ産ミ出ス。邪悪ハ苦痛ヲモタラス。

牧群化したサルカズの戦士
牧群化したサルカズの戦士

アマリニ多クノ苦痛ヲ。

ケルシー
ケルシー

(とあるサルカズ部族の言語)

牧群化したサルカズの戦士
牧群化したサルカズの戦士

オ前タチハ、我々ノ苦痛ヲ分カチ合ッテクレルノカ?

ケルシー
ケルシー

駄目だ。彼らがカズデルの出身ではないにしろ、母語の暗号の類には少なからず反応を示すはずだ。彼らの思考能力はもう破壊されている。

プレイヤー
プレイヤー

さっき喋ってた言葉は彼らに影響を与えられるのか?

ケルシー
ケルシー

本来ならそのはずだ。

ケルシー
ケルシー

待て……今のは常識的な手段とは言えないものだ。興味は持つな。

ケルシー
ケルシー

しかしこの手段でも彼らの意識を呼び起こすことができないのであれば、彼らは確実に伝達能力ではなく思考能力を失っていることが分かる。

ケルシー
ケルシー

彼らの脳の活動が封じられているのか、それとも神経系統が感染器官に邪魔されているのだろうか……この問題を解くには時間が不足過ぎるな。

ケルシー
ケルシー

事実に基づいた判断ではあるが、いいことではなさそうだ。

プレイヤー
プレイヤー

こっちには攻撃してこないようだぞ。

ケルシー
ケルシー

彼らは我々の侵入を阻止しているんだ。深度感染したサルカズ傭兵なら、ここの区域だけでも、おそらく六人ぐらいはいるだろう、ほとんど時間は無意識的な漫遊行為を行っていると思われる。

ケルシー
ケルシー

彼らの活動範囲はこの通路の外までには及んでいない、あそこにいる深度感染者もこちらの行動に気づいてここに集まったんだろう。

ケルシー
ケルシー

それに、こちらが一定ラインを超えなければ、あちらも行動は起こさない。

ケルシー
ケルシー

偵察オペレーター、こちらと石棺との直線距離を推測できるか?私が送った波形データで位置を割り出してくれ。

ケルシー
ケルシー

……1.4km。もっと詳細な数字はあるか?

ケルシー
ケルシー

1453mだな。

ケルシー
ケルシー

……私の間違いでなければ、以前レユニオンとサルカズの特殊感染者が衝突した位置と、市政庁からの距離もちょうど1.4km前後だった。

ケルシー
ケルシー

我々は本来ならその市政庁の下にある避難通路から石棺区に入るつもりだったが、現在は、あの出口はおそらくあそこにいるサルカズの特殊感染者に占領されてしまっているかもしれない。

ケルシー
ケルシー

まだ実証していない予想があるのだが、ドクター……

プレイヤー
プレイヤー

どういう予想だ?

ケルシー
ケルシー

目的が何なのかは知らないが、あそこにいるサルカズの特殊感染者は何者かの石棺の侵入を阻止していると思われる、それにこの区域の広さも、ちょうど1.4kmほどだ。

プレイヤー
プレイヤー

そうかもしれないが、しかし何のために?

ケルシー
ケルシー

(頭を振る)

ケルシー
ケルシー

少なくともサルカズ本来の目的ではないのは確かだ。

ケルシー
ケルシー

……

ケルシー
ケルシー

カズデルを源とした、哀れなサルカズ人たちよ、どこに行こうと道具としか扱われないとは。

ケルシー
ケルシー

私が思うに、感染者の今の境遇はサルカズと似ている、今ここにいるサルカズも憎しみとすべてを失う選択しか残されていない。

ケルシー
ケルシー

……本来であれば、変わるはずだった。我々なら変えられるはずだった。

ケルシー
ケルシー

故郷を失いしティルカズは、流浪するサルカズへと変わってしまった。

ケルシー
ケルシー

そして今、我々が直面しているこれらのサルカズは、もはや人ですらなくなってしまった。

プレイヤー
プレイヤー

どうするつもりだ?

ケルシー
ケルシー

オペレーター各員、化学防護装備をチェック。

ケルシー
ケルシー

今後第二級緊急感染事態に直面する可能性が発生した。

ケルシー
ケルシー

ドクター、なるべくこちらの消耗を最小限にとどめ、特殊感染者の行動を最大限停止させねばならなくなった。

ケルシー
ケルシー

……長い間緊急感染事態には遭遇しなかった、この装備も、まるでウルサスの感染者治安維持隊みたいだ。

プレイヤー
プレイヤー

感染者治安維持隊?

ケルシー
ケルシー

否定できない点は、我々が配備した化学防護装備とウルサスの感染者に対する暴虐的な統治の象徴は……同じ設計ルーツを持つ。

ケルシー
ケルシー

確かに、我々の行為は本質上その治安維持隊とは異なる、私にできることはその本質をいつまでも保ち続け、外的圧力によってあられもないものに変えられないことを祈ることだけだ。

ケルシー
ケルシー

その他多くのことへの期待でもあるんだ。少し前私が君に話したことのように。そして君もそうであってほしい。

(アーツは発動する音)

アーミヤ
アーミヤ

――――――!

アーミヤ
アーミヤ

――――これは、チェンさんの?

ウェイ
ウェイ

奴はどこへ向かった?

???
影守

西のほうへ。輝蹄城の禁区へ早々到着されるかと。

ウェイ
ウェイ

……すべて奴の計画通りということか。協議調印区域の安保状況を確認するために、リターニアは禁区へまで勢力を拡大し、こちらの禁区と重なってしまったとは。

???
影守

我らであれば潜入して、コシチェイを殺し、お嬢様を取り戻すことが可能ですが。

ウェイ
ウェイ

ならん。奴はすでに準備を終えている。

ウェイ
ウェイ

……此度の会談で、双子の女皇が直接女皇の口舌を遣わしてきた、随行してきた軍事力も少なくない。

ウェイ
ウェイ

女皇が即位して間もない間、コシチェイに外交衝突でも起こされたら、こちらの一切の越法行為が女皇たちの己の権威を示す大義名分になってしまう。

ウェイ
ウェイ

これ以上コシチェイに龍門及び炎に被害を与えさせるわけにはいかん。

???
チェンファイギ

伯父さん!

ウェイ
ウェイ

……

ウェイ
ウェイ

ファイギ……

???
チェンファイギ

伯父さん……タルちゃんを責めないであげて!

ウェイ
ウェイ

責めてなどいないさ。

???
チェンファイギ

……だったら私を怒って。

ウェイ
ウェイ

君は何も悪くないじゃないか。

???
チェンファイギ

私タルちゃんとどんな時でも一緒にいるって約束したの。でも怖かったから……私……手を放しちゃった。一緒にいてあげられなかった……

???
チェンファイギ

タルちゃんの目、すごく怖かった。私も怖かったし、タルちゃんも怖がってた。きっと……きっと私のせいなんだ。

ウェイ
ウェイ

……ファイギ、それはあの子の誤りだ、君のせいじゃない。

???
チェンファイギ

え?で、でも伯父さんタルちゃんを責めないって言ってた!

ウェイ
ウェイ

ああ、しないさ。

???
チェンファイギ

でもタルちゃんは……タルちゃんは間違っちゃったんじゃないの?間違っちゃっても……怒られないの?

ウェイ
ウェイ

――

ウェイ
ウェイ

あの子はまだ本当のことを知らないんだ。この本当のことは誰だろうと知られてはならないからね、だからあの子は間違いを犯してしまうんだ、今でなくとも、未来でも。

ウェイ
ウェイ

……生きていく上で色んなことが起こる、そこで間違いを犯しても責められる道理はないんだ。私たちは間違いを犯すだけでなく、これからもたくさん間違いを犯す。そしてある間違いは、どうあがいても犯してしまうんだ、避けることもできないんだよ。

ウェイ
ウェイ

タルラはきっとあの子が犯さざるを得ない間違いを犯してしまったにすぎないんだ。

???
チェンファイギ

でもそれって間違いって言えるの?

ウェイ
ウェイ

ああ、言えるさ。この土地では必ず起きてしまう出来事に対して寛容ではないからね。

ウェイ
ウェイ

厳格な地に、厳格な人民、そして厳格な統治。是非以外、それらはどうでもよく思っている、まるで是非こそがそれらの命であって、呼吸や嚥下ではないように……!

???
チェンファイギ

……

???
???

何を言ってるか分からないよ、伯父さん。

???
チェンファイギ

じゃあ……タルちゃんは戻ってくるの?

ウェイ
ウェイ

――分からない、ファイギ。私にも分からないんだ。

???
チェンファイギ

……うぅ……じゃあタルちゃんは私のせいで……戻ってこなくなっちゃったの?私のせいだ……全部私のせいだ……タルちゃん……

ウェイ
ウェイ

ファイギ!

???
チェンファイギ

うぅ……!

ウェイ
ウェイ

さあ涙をぬぐって。

???
チェンファイギ

うぅ、私の……

ウェイ
ウェイ

それか、ここでたくさん泣くといい。五分あげよう、それで泣き止んだあと、もしもう涙を流さないようになったら、君にタルラが戻ってくる方法を教えよう。

???
チェンファイギ

うぅ……!

???
チェンファイギ

……うわああ……!タルちゃん……!

ウェイは空を見上げた。本来であれば身をかがめこの小さな女の子を慰めてやりたかったが、少し躊躇したあと、ウェイは自分にそんな資格はないと思ったのだった。

ウェイ
ウェイ

泣き止んだか。

???
チェンファイギ

……うん。タルちゃんに帰ってきてほしいから。私はどうすればいいの?

ウェイ
ウェイ

これから君に色々教えてあげよう、都市の管理の仕方や、悪党どもの懲らしめ方、友との接し方を。

ウェイ
ウェイ

私の教えた通りにすれば、きっとタルラは帰ってくるはずだ。

???
チェンファイギ

ど、どうすればいいの?タルちゃんは本当に戻ってくるの?伯父さんウソつかない?

???
チェンファイギ

……お母さん……お母さんは、伯父さんは嘘つきだって、ほ……本当に伯父さんを信じてもいいの?

ウェイ
ウェイ

そうかもな。

ウェイ
ウェイ

私もかつて大きな過ちを犯してしまい、、君の母親から一生憎まれるようになってしまった、死してもなお許してくれなかった。彼女には申し訳ないことをしてしまった。

ウェイ
ウェイ

しかし過ちは補える。

ウェイ
ウェイ

ファイギ、よく聞くんだ。正しいことは一生をかけて努力する価値がある、過ちを正すことは、命を押し上げる価値がある。

ウェイ
ウェイ

タルラが去ってしまったことは一つの過ちだ。この過ちがもたらすすべての結果は、私が受け持つ。

ウェイ
ウェイ

だから君は、ファイギ。はやく大きくなっておくれ。

???
チェンファイギ

大きくなったらどうなるの?

ウェイ
ウェイ

君なら、大きくなった君なら……すべてを変えられるようになるさ。

???
チェンファイギ

ホントに!?

ウェイ
ウェイ

おそらくな。もしくは、君が信じてさえいれば、本当のことになる。

ウェイ
ウェイ

君に剣術も教えよう、ファイギ。

ウェイ
ウェイ

赤霄の剣術を。

「抜刀の業、破を当て即破らん。」

タイトルとURLをコピーしました