アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー8章 M8-6「さよなら、またいつか」前半

レユニオン構成員
レユニオン構成員

……

盾衛兵
盾衛兵

コントロールタワーの前で道を阻む者よ、お前はどこのレユニオンだ?

盾衛兵
盾衛兵

加わるか、それとも逃げるか?

盾衛兵
盾衛兵

我らと共に戦いたいというのであれば、好きにしろ!だがそんなことは恥じるべきうえに意味もない!

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

ちょっと待て……あんたはこの小隊を見たことがあるのか?

盾衛兵
盾衛兵

ない。雪原を抜けてから、レユニオンは多くの新たな血を得たが、そんなものにはまったく興味はない。

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

でも、見た感じあいつらは……

アーミヤ
アーミヤ

Guardさん!危ない!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

(暗号を唱える)

盾衛兵
盾衛兵

――

盾衛兵
盾衛兵

ウルサス軍!

盾衛兵
盾衛兵

クソが……!

盾衛兵
盾衛兵

撤退だ!!ウルサス軍が現れたぞ!

レユニオン構成員
レユニオン構成員

……

盾衛兵
盾衛兵

貴様は死ぬまで一言も喋らないつもりなのだな、そうだろう?

盾衛兵
盾衛兵

心の中で私を裏切り者と思っているのか?

盾衛兵
盾衛兵

我らをあのウルサスの大軍を離脱した、下劣で卑しい感染者と思っているのだろう。

盾衛兵
盾衛兵

彼らの無価値な命のために戦ってる我らは、時勢も知らず栄誉もあらず、だから我らの名をこの世のすべてから抹消せねばならないというのか?

盾衛兵
盾衛兵

あるいは、貴様には夫か妻がいて、嫌なはずなのに上からここに送られてきて死を待っている、陰謀家の駒にされて、己の命を見ず知らずの他人なんかのために投げ捨てられている……

盾衛兵
盾衛兵

哀れだ!なんと哀れなことか!

盾衛兵
盾衛兵

貴様はウルサス人を殺したことがあるか?貴様が殺したのは感染者かそれとも市民か?己の手が血に染まり恐怖を覚えたか、それとも夜になってもぐっすりと眠れなくなったか?

盾衛兵
盾衛兵

先代の皇帝は崩御したというのに……それでも尚そこに留まり続ける貴様らなんぞ……貴様らなんぞ……甚だ哀れなことだ!

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

なにムキになってんだよ!あんたも早く撤退しろ!

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

気を付けろ!ウルサス軍がレユニオンの制服に袖を――

アーミヤ
アーミヤ

いけません、Guardさん!

アーミヤ
アーミヤ

そんなこと言ってはいけません……!

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

なぜ?

アーミヤ
アーミヤ

そんなことを言ってしまえば、敵も味方も自分の周囲の人を疑い始めてしまいます……戦局が混乱になればなるほど彼らが有利になってしまいます!

アーミヤ
アーミヤ

エリジウムさんの推測通りなら、私たちが先にやるべきことは……

アーミヤ
アーミヤ

全員ここで阻止することです。

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

だがもう時間がない、レユニオンがいつコントロールタワーに押し寄せてくるかも分からないんだぞ……そんな事になれば組織進攻がより困難になるだけだ!

アーミヤ
アーミヤ

ですので、全員この戦闘に参加させる必要はありません。タルラと対抗するために、軍隊編制されていない小隊で挑んでも無駄です。

アーミヤ
アーミヤ

私が行きます。

盾衛兵
盾衛兵

撤退、撤退だ!破城矛に気を付けろ!隠れる場所を探せ!

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

アーミヤ……君はまた……君はロドスのリーダーなんだぞ!

アーミヤ
アーミヤ

「ならなおさら私が行かなくてはなりません」とは言えません……ただ言えるのは、もし私にしかできないことがあれば、完遂する必要があることがあれば、私がやります、私が完遂させます。

ロドス前衛オペレーター?
ロドス前衛オペレーター?

じゃあ君たちを援護してくれる人はいるのか?

ロスモンティス
ロスモンティス

私が援護するよ。

ロスモンティス
ロスモンティス

盾衛兵さん、ケガ人も動いて、戦線を維持するよ。

盾衛兵
盾衛兵

フェリーン……!

ロスモンティス
ロスモンティス

あいつはまだあの特殊感染者、牧群を駆逐しているんだ。容赦がない。あいつらには慈悲の心はこれっぽっちもないんだね……

ロスモンティス
ロスモンティス

私があいつらの陣地と待ち伏せ地点を破壊しよう。

盾衛兵
盾衛兵

……分かった!

盾衛兵
盾衛兵

フェリーンよ、お前はウルサス盾衛兵と遊撃隊の戦士の支援を受けた、初めての部外者だ!

歳幼い術師が手を掲げた。戦場の騒音轟音が彼女に響いていないかのように、彼女はまったく目もくれない。彼女の目は灯のようだった。
先ほどまで、彼女は己の恐怖と痛みによって己の中で消え去っていく記憶を追いかけていた。
しかし今、彼女は友との約束と、彼女とこの鉄筋の壁を背負う責任により、歩みを止め、足元を踏みしめられるようになったのだ。

ロスモンティス
ロスモンティス

ううん、私はもう部外者なんかじゃないよ。

ロスモンティス
ロスモンティス

今の私たちは同じチームだよ。この都市を止めるための。

ロスモンティス
ロスモンティス

だから、もう部外者なんかじゃない!

盾衛兵
盾衛兵

盾衛兵!盾を構えろ!

タイトルとURLをコピーしました