アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー8章 R8-11「落雪、国土を黒に染める」前半

ファイギ:

雪は解けなかった。春も来なかった。

今年の春はどうあがいても来そうな気配はない。

いつも顔上げて焚き火を見るなり、火を揉み消したい衝動に駆られる、しかし暗闇でまた火を点け直さなければならない。

冬よ、早く過ぎ去ってくれ。早く過ぎ去ってくれなければ、私たちはこの雪に埋もれてしまう。

だから早く去ってくれ。

2月21日

感染者戦士
感染者

タルラ、どうかしたのか?

タルラ
タルラ

……

タルラ
タルラ

なんだ?

感染者戦士
感染者戦士

ここ数か月ずっと元気がないように見えたからさ。何かあったのか?

タルラ
タルラ

何でもない……何でもないさ。

感染者戦士
感染者戦士

俺はあんたらについて行って間もない、でも彼らが言うには、昔のあんたは……今よりずっと明るかったって聞いたぞ?

盾衛兵
盾衛兵

おい。彼女が調子乗ってないだけでもありがたいんだ。さっき言ったこと、大尉にでも話してみろ?

盾衛兵
盾衛兵

あまり言い過ぎるな。

感染者戦士
感染者

ならやめとくよ。

タルラ
タルラ

パトリオット殿は彼の言うほど怖い御仁ではないさ。盾衛兵はみんなこうなんだ、あまり気にしないでくれ。

タルラ
タルラ

ただ最近喉の調子が良くないらしく、あまり喋りたがらないんだ……だから君たちに無言の圧力をかけてしまっているのだろう。

タルラ
タルラ

私のことは……心配はいらない。

タルラ
タルラ

うん……ただ考え事をしていただけだ。私たちの隊もウルサス都市群にますます近づいてきた、だからさらに踏み込んだ議論がたくさん必要になってきたからね。黙って考え込んでいたから君にそういう印象を与えてしまったんじゃないかな。

感染者戦士
感染者

そうだな、水も食料も少ない上に、人手でも足りてない、このままだともたないもんな。

タルラ
タルラ

そうだ、だから、今以上に外部にいる各勢力の動向に注意しなければならない。

タルラ
タルラ

一つは、なるべく早く現地の感染者集落と団体に連絡を取ること。

タルラ
タルラ

もう一つは、私たちの足取りを捕らえようとする人が必ず現れる……もし一歩間違えて罠にかかってしまえば、全員この雪原とおさらばだ。

感染者戦士
感染者

なんかヤバそうだな。

タルラ
タルラ

もちろんまずい。しかし綿密にこれからのルートを計画すれば、踏み外すことはない。

タルラ
タルラ

……だから、損害をできるだけ少なくすることが現状の急務だ。

タルラ
タルラ

隊を分散すればより隠密に行動できるようにはなるが、そうすれば通信が問題になってしまう。

感染者戦士
感染者

あ、そうか、ウルサスから鹵獲してきた通信機も使えそうにないし、あいつらの発信機も手に入れられなかったもんな。

タルラ
タルラ

そうすればこちらの連絡員と偵察員が不必要な危険に遭ってしまう。

タルラ
タルラ

遊撃隊の暗号を習得するにしても学習コストが高すぎる、かといって連絡網を整えるにしてもプロトタイプ機を入手する必要がある……

スノーデビル隊員
スノーデビル隊員

タルラ……タルラ!偵察員が襲撃された!

感染者戦士
感染者

そんなこと、自分でなんとかすれば……

スノーデビル隊員
スノーデビル隊員

うるさい、前とは状況が違うんだ!敵を判別する前に、倒されてしまったんだよ!

スノーデビル隊員
スノーデビル隊員

直接発見し正確にこちらの偵察術師を襲撃したんだ、こりゃあただの治安維持隊ができる業じゃないぜ……!

タルラ
タルラ

戦友の命に関わることを、疎かにするわけにはいかない。

タルラ
タルラ

スノーデビル、現場に案内してくれ。

タルラ
タルラ

盾衛兵、おそらくウルサスの集団軍の直属部隊に遭遇したのかもしれない。ついて来てくれ。

盾衛兵
盾衛兵

分かった!

タルラ
タルラ

いいか、先遣隊だったとしても油断するな、処理をあやふやにすれば、たちまち大規模な報復に遭うからな。そんなことは万に一つもあってはならない!

盾衛兵
盾衛兵

了解!

タルラ
タルラ

伝令兵、パトリオット殿に連絡を!

スノーデビル隊員
スノーデビル隊員

フロストノヴァの姐さんを呼んで――うっ!あっ、ゴフッ……!

感染者戦士
感染者

コンドラーシャ!!

感染者戦士
感染者

お前!

盾衛兵
盾衛兵

スノーデビルの兄ちゃん!

スノーデビル隊員
スノーデビル隊員

あがっ!!

盾衛兵
盾衛兵

なっ……!なんだこれは!?は、はやく彼を下ろせ!このクソッたれの槍を抜くんだ!

盾衛兵
盾衛兵

(……黒い長槍が彼の身体から……生えただと!?)

盾衛兵
盾衛兵

(馬鹿な、ありえん……なぜここに!?帝国が飼いならした魔物がなぜこんなところに!?)

???
???

シュコー……

感染者戦士
感染者

チッ、クソ……クソォ!

感染者戦士
感染者

何なんだよあいつ!

感染者戦士
感染者

血も涙もない殺人鬼め!やれ、やっちまえ!

盾衛兵
盾衛兵

よせ……!

感染者戦士
感染者

何のつもりだ!邪魔すんじゃねぇ!

盾衛兵
盾衛兵

私たちが何に……何に遭遇しているのかがお前には分かっていないんだ!そいつの正体も知らずにみすみす死にに行ってどうする!

???
???

シュコー……シュコー……

感染者戦士
感染者

何ビビってんだ!?人数はこっちのほうが多いんだぞ!

盾衛兵
盾衛兵

(盾を強く地面に突き立てる)

感染者戦士
感染者

あ!?

盾衛兵
盾衛兵

死にたいのか!?

盾衛兵
盾衛兵

……あれは……

盾衛兵
盾衛兵

あれは※※のウルサスの皇帝親衛だ!!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

……軍の盾衛兵も今ではこうも落ちぶれてしまったとはな。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

貴様らに忠告を与える、即刻今ここで自害しろ。

盾衛兵
盾衛兵

盾衛兵、陣形を保て!ほかの戦士の保護に努めよ!

盾衛兵
盾衛兵

いいかよく聞け、よく聞いておけ!いかなるスキも奴に見せるな!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

シュコー……

皇帝親衛?
皇帝親衛?

空気に恐怖が溢れだしたか。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

そちらの感染者はまだ覚悟ができていないようだが。

感染者戦士
感染者

……俺は……

盾衛兵
盾衛兵

恐れるな!恐れれば恐れるほど、奴がお前を殺しに来るぞ!

盾衛兵
盾衛兵

奴はいつでも手が出せるんだ、目をしっかり開け、よそ見するな!!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

……

皇帝親衛?
皇帝親衛?

また手ぶらか。この三都市の通信網は遮断すべきだ。使いどころがない。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

感染者よ。

感染者戦士
感染者

ひっ、くっ……!偉そうになんだ!お前は……

皇帝親衛?
皇帝親衛?

現地の駐在軍に投降しろ、あるいは私が貴様らの口と鼻を削ぎ落して持ち帰ってやってもいいが。

感染者戦士
感染者

そ、削ぐって……口と鼻を削ぎ落すって、それってつまり……

感染者戦士
感染者

……巫妖……壊顔の巫妖じゃねぇか!あれは……あれはおとぎ話のはずでは……!

感染者戦士
感染者

こいつが!?こいつがそうなのか?殺した人の顔を持ち帰って、森には名の知れない死体しか残らないっていうあの!?

感染者戦士
感染者

こいつらは一体何年生きて……あの伝説は……あ……あれは巫妖かもしれねぇぞ!

盾衛兵
盾衛兵

違う、こいつらは伝説でもおとぎ話に登場する悪魔でもない!こいつらはただの殺し屋で人殺しにすぎない!

感染者戦士
感染者

巫妖に敵うわけがないだろ!?俺たちはどうしてこいつらと戦わなくちゃいけねぇんだ、俺たちはただの人だ!ただの一般人なのに!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

感染者が人と……一般人と自称するか。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

フッ……フフ。

感染者戦士
感染者

お、お前……

感染者戦士
感染者

た……助け……

盾衛兵
盾衛兵

逃げるな!

盾衛兵
盾衛兵

逃亡は許さんぞ!逃げれば、死あるのみだ!

感染者戦士
感染者

でもあれは、あれは人じゃないんだ!俺たちにどうやって――

盾衛兵
盾衛兵

ならば逃げたやつから殺していく!

感染者戦士
感染者

あ!?

盾衛兵
盾衛兵

お前たちの命はとうの昔にほかの奴と一蓮托生なんだ、防衛線が崩れればみな死ぬ!

盾衛兵
盾衛兵

奴らはお前たちが想像するほど恐ろしくはない、奴らも突き刺せば血は出る!いくら皇帝親衛だとしてもそう容易く我ら盾衛兵の分厚い防御を突破することはできん……

盾衛兵
盾衛兵

……しかしお前たちが恐れれば、お前たちが奴らの突破口になってしまう、奴らは真っ先にお前たちから仕留めに来るぞ!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

同じくウルサスの強大な武力なる者ども、その盾衛兵が我らに歯向かい、感染者側につくとは、つくづく愚かだ。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

誠に不幸な時代だ。

盾衛兵
盾衛兵

仕掛けてくるぞ!盾衛兵たち、盾を構えよ!!持ちこたえるんだ!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

……

盾衛兵
盾衛兵

……

皇帝親衛?
皇帝親衛?

シュコー……シュコー……

盾衛兵
盾衛兵

……攻めて……こないだと?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

……焦げた匂いがする。

感染者戦士
感染者

あ……体が温まってきたぞ……?

感染者戦士
感染者

――まさか、まさか、彼女が帰ってきたのか!

感染者戦士
感染者

彼女が帰ってきた!帰ってきたぞ!もう怖がるな、彼女が帰ってきたんだ!たとえ巫妖だろうと彼女がすべて灰にしてくれるぞ!

盾衛兵
盾衛兵

……油断するな!皇帝親衛はそんな容易く……

???
???

誰の何を持ち帰るって!?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

シュコー……

???
???

貴様は我らの同胞を殺した。暴力で問題を解決したいというのであれば、こちらもその暴力をもって――

(タルラの歩く足音)

タルラ
タルラ

暴力をもって――

タルラ
タルラ

……

皇帝親衛?
皇帝親衛?

見つけたぞ。

(無線音)

皇帝親衛?
皇帝親衛?

3、7、22、36。【暗号】、【暗号】。

タルラ
タルラ

……どうしてウルサスの皇帝親衛が……こんなところにいる!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

シュコー……

盾衛兵
盾衛兵

タルラ……お前が先に来るべきじゃなかった。お前は大尉を呼ぶべきだった……!

皇帝親衛?
皇帝親衛?

お前は我々がここに現れた理由が知りたいと。

皇帝親衛?
皇帝親衛?

理由は、お前を探していたのだ、公爵の娘よ。現状を再評価せねば。

雪が地に落ちる音がはっきりと聞こえてくる。

タルラ
タルラ

何だと?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

公爵の娘よ。肝に銘じておけ、お前はその身分にある以上、もっと文明的な言葉で我々を称するべきだ。

感染者戦士
感染者

あ?

タルラ
タルラ

……誰が誰の娘だって?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

事実を否定している節があるな。

タルラ
タルラ

私があの蛇の娘とでも!?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

憤怒か。懊悩からきた憤怒……それと現実逃避もか。

タルラ
タルラ

「皇帝の利刃」め……チッ!貴様が今日ここに来たのは私を嘲笑うためか?それとも私を殺しに来たのか!?

皇帝親衛?
皇帝親衛?

シュコー……

盾衛兵
盾衛兵

――タルラを守れ!

盾衛兵
盾衛兵

(お前たち!親衛がいくら強くても相手は一人だ、タルラが攻撃の要と指揮を務め、私たちは守りに徹する、あとはお前たちが支援してくれれば、必ず……)

盾衛兵
盾衛兵

(……どうしたんだ同胞たち?)

感染者戦士
感染者

……

感染者戦士
感染者

(公爵の娘ってどういうことだよ?)

皇帝親衛?
皇帝の利刃

シュコー。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

お前は奴らに本当の身分を教えなかったのだな。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

それもお前の計画の内というわけか?

感染者戦士
感染者

……なんだよ……計画って?

盾衛兵
盾衛兵

我らを侮辱するか!?

タルラ
タルラ

挑発するにもまずは相手をよく見てから挑発しろ、殺人鬼め。ここにいるすべての人が目指す目標と私の身分の間には何の関係もない。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

挑発という行為は信頼にしか使えない。お前と奴らとの間に信頼関係が存在するというが、甚だ疑わしい。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

仮説として……奴らがお前の身分を知ってもなお、お前を信頼してくれるとしよう、現時点でそう仮定するしかない。

タルラ
タルラ

ウルサス帝国の裏で屠殺を実行する仮面の悪党にか?貴様らに評価される必要などここにはない。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

激しい言言葉遣いだ……それに自信にも満ちている。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

それすらもお前の計画の内というのか……であれば、こちらも情勢を再評価せねばならん。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

ここらで失礼する。我々と奴らには共通点があることを、どうかお忘れなく。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

お前に不信任な態度を抱いてる点は、私とお前の傍にいる者どもの共通点だ。我らの信頼が微々たるものでも、お前は行動を示してそれを勝ち取るべきだ。

タルラ
タルラ

……

タルラ
タルラ

止まれ。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

シュコー……何か疑問でも。

タルラ
タルラ

お前は私の同胞を殺した。その上私たちの居場所も知ってる。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

ふむ……こちらの伝えたいことを誤解してしまったか。

タルラ
タルラ

誰に密告するつもりだ?

皇帝親衛?
皇帝の利刃

シュコー……

皇帝親衛?
皇帝の利刃

それはどの秘密をだ?

タルラ
タルラ

戦士たちよ、奴にこちらの居場所を暴露させるわけにはいかない。

盾衛兵
盾衛兵

(タルラ、親衛に勝てるのか……勝算はあるのか?)

タルラ
タルラ

(こうしなければさらに損害を被るだけだ……立て続けに治安維持隊もしくは帝国軍が来れば、甚大な被害になってしまう!)

タルラ
タルラ

(皇帝親衛はこちらの行動に反応を出したがっているがそれでも時間が必要だ。)

タルラ
タルラ

(迅速に目の前の敵を掌握しなければ、撤退かあるいか深入りするかの選択肢が無くなってしまう。選びたいのであれば、即決即断するしかない!)

タルラ
タルラ

それに、注意する必要はあれど、奴を恐れる必要などない。奴はただの恐怖の代言者にすぎない、その恐怖も不公平に対する怒りの前では矮小な存在にすぎないからな!

盾衛兵
盾衛兵

――ああ、遊撃隊がこんな帝国の殺人マシーンを恐れる理由などない!

盾衛兵
盾衛兵

感染者の盾と槍が怖気づいてどうする?たったの一人がどうあがいても団結した我らの相手ではない!奴はただの殺人鬼にすぎないのだ!

皇帝親衛?
皇帝の利刃

一人……ではない。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

貴様らの背後にもう一人いる。

盾衛兵
盾衛兵

……

タルラが来た道には、もう一人外套を着た「ヒト」が聳え立っていた。
灰色の空から白い破片がシンシンと降り注ぐ、雪はその人のコートに落ちた瞬間忽然と黒色へと変化し、破裂し、バラバラとなって地面に落ち、泥のように汚れ濁った。

タルラ
タルラ

二人いるだと……!?

盾衛兵
盾衛兵

それがどうした?たったの二人で我ら数十人の相手になるとでも?馬鹿馬鹿しい!

皇帝親衛?
皇帝の利刃

コシチェイの娘よ、お前がある判断を出したと仮定しよう、お前の身分が暴露したからといって奴らがお前を疑うことはないと。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

それが本当かどうか実証してやらんでもないぞ。もしお前の判断が誤っていたのであれば、お前の父君が我らに賜った承諾も、すべて取り消しとなる。

感染者戦士
感染者

なんだ……?

盾衛兵
盾衛兵

……

盾衛兵
盾衛兵

訳わからんことを考えてる暇なんてないぞ!

盾衛兵
盾衛兵

ぼさっとするな!奴らはタルラの命だけを欲しがってるわけではないぞ!

感染者戦士
感染者

……あ!?

盾衛兵
盾衛兵

彼女が殺されれば、あの二人の殺人鬼の手から逃れられるとでも思っているのか?

盾衛兵
盾衛兵

タルラを守れ!

タルラ
タルラ

いや……戦士たちを守れ!

タルラ
タルラ

まず一つ、奴らを押しのけろ!二つ、撤退ルートを確保せよ!三つ、自分の身は自分で守れ!

タルラ
タルラ

深追いは考えるな!生きる力を保て、自分の命を守るんだ!

タルラ
タルラ

なぜなら……生きてる限りなんとかなる、死ねばすべてがおしまいだからだ!

タルラ
タルラ

だから生き延びろ!

皇帝親衛?
皇帝の利刃

お前は父君が言っていたのと全く異なるな。

皇帝親衛?
皇帝の利刃

……我らを失望させてしまうかもしれないぞ、北原感染者の指導者よ。

タルラ
タルラ

私は指導者でもなんでもない。

タルラ
タルラ

私はただの……感染者だ。だから貴様らに期待される筋合いなど微塵もない。

タイトルとURLをコピーしました