アークナイツ ストーリー翻訳

【明日方舟】R6Sコラボ OD-3「セーフハウス攻防戦」前半

ドラッジ
ドラッジ

銃?傭兵だぁ?

ドラッジ
ドラッジ

なにバカなことを言ってやがんだ。

傭兵
傭兵

全部マジなんだって、ボス!連中は大型の銃器を持っていた、ジャーマンもやられちまったんだ!

ドラッジ
ドラッジ

大型の銃器を所持した傭兵ねぇ?サンクタか?

ドラッジ
ドラッジ

俺たちは任務を失敗した、あの四人のサンクタのせいでって、俺にそう言いたいのか?

傭兵
傭兵

……ッ……

傭兵
傭兵

あいつらはサンクタじゃなかった……たぶん?

ドラッジ
ドラッジ

サンクタじゃないのに大型銃器を持った傭兵ねぇ?

ドラッジ
ドラッジ

ウソをつくんなら、もう少しリアリティを増してから言え。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

こいつが言ってることは全部本当だ。

ドラッジ
ドラッジ

どういう意味だ?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

全部本当だと言ったんだ、あの武装してた連中はサンクタではない。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ジャーマンはキレイに頭を吹っ飛ばされた、だが弓やクロスボウの矢ではなかった、サルカズはあんなモノにやられるほどやわじゃない。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

あいつらはお前の計画内にはなかった対象だ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

この前結んだ契約にはあんな全身武装して銃火器を所持した傭兵を相手にするとは書いてなかった、旦那、上乗せしてくれ。

ドラッジ
ドラッジ

その傭兵は今どこにいる?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

もう感染者区域にはいない、俺たちの人が今調べている、大きな動きは見せなかったから、きっとまだ町周辺に潜んでいるはずだ。

ドラッジ
ドラッジ

……

ドラッジ
ドラッジ

あのクソジジイの状況はどうなっている?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前の親父の手下はみな手強い、特にお前の妹がな。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

こっちも衛兵を数人ヤったが、邸宅の防衛線を突破するには至らなかった。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前んとこの科学者のバケモノはいい仕事をしてくれている、だがお前が集めた術師連中はてんで役立たずだ、バケモノ共の多くが無意味な損害を被っている。

ドラッジ
ドラッジ

あいつらは俺が雇える術師の中じゃ一番マシな部類だ。

ドラッジ
ドラッジ

そっちのボスに術師を寄越してもらうんだな、ダメなら文句を言っても無駄だ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ならそっちの科学者にもっとバケモノを作らせてくれ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

あるいは戦術は替えるのはどうだ、強行突破で邸宅を攻略するのは無理だ。お前ん家はもはや要塞そのもの、妹も楽な相手じゃないからな。

ドラッジ
ドラッジ

クソジジイはどうしてる?まだ家に引きこもってるのか?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前の親父なんざ見てもいない、終始表には出てこなかったぞ。

ドラッジ
ドラッジ

ははは……だろうな。

ドラッジ
ドラッジ

そうだろうなァッ!

ドラッジ
ドラッジ

このまま邸宅を見張ってろ、何かあったら俺に知らせるんだ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

さっき俺が言った「戦術を替える」についてなんだが、するなら早めに頼むぜ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

サルカズの直感が訴えているんだ。引きずればするほど、どんどん綻びが出てくるってな。

ドラッジ
ドラッジ

予備プランならある、だがそれを実行するには時間が必要だ。

レヴィ
レヴィ

私は自分の実験結果には非常に自信を持っている、だがその表情を見るに、君にそんな類似体験はないようだね。

レヴィ
レヴィ

さあ、言ってくれ、またどのフェーズに不満があるのかね?

ドラッジ
ドラッジ

もっと進捗を早めろ。

レヴィ
レヴィ

無意味な催促以外に、もう少し建設的な意見を出してくれないかね?

ドラッジ
ドラッジ

死体は十分に寄越しただろうが、あと少なくとも二十体のバケモノが必要なんだよこっちは。

レヴィ
レヴィ

変異体。

ドラッジ
ドラッジ

あ?

レヴィ
レヴィ

この「バケモノ」は源石変異体と言う、この子らにも名前があるのだよ。

ドラッジ
ドラッジ

激変体だろうが、変異体だろうが、そんなことはどうだっていい。

ドラッジ
ドラッジ

こっちはもっとバケモノが必要だって言ってんだ。

レヴィ
レヴィ

この前たくさんやっただろう、もう全部死なせたのか?

レヴィ
レヴィ

気になるのだが……君の部下たちはどうやって変異体を操っているのだ?君たちの「アーツ」とやらで?

レヴィ
レヴィ

それは何だね?超能力か?神秘学的なものか?魔法か?原理は一体どうなってるんだ?

レヴィ
レヴィ

さあ、私の好奇心を満たしてくれ、君の手下のその「術師」とやらと話がしたい。

ドラッジ
ドラッジ

自分の仕事に集中しろ、先生よ。

ドラッジ
ドラッジ

今はアーツによそ見してる時じゃねぇんだ。

ドラッジ
ドラッジ

ことを終えれば、好きなだけ自分の研究をすればいい。

レヴィ
レヴィ

(ロシア語)君のやっていることはあまり賛同できないがね。

レヴィ
レヴィ

しかし時間と言えば、君に言ってやったかな?君も時間は残されていないぞ。

ドラッジ
ドラッジ

どういう意味だ?

レヴィ
レヴィ

この源石変異体の寿命は一週間ももたない。何をするにしても、早めに行動したほうがいいぞ。

ドラッジ
ドラッジ

またなんか仕掛けやがったのかッ!

レヴィ
レヴィ

これは代償だよ、まったく辛抱がない君への代償だ。

レヴィ
レヴィ

君はこの変異体たちを迅速に製造したいのか、それともパワーを強めたいのか、はたまた完全無欠でいたいのかのどれだね?

レヴィ
レヴィ

世の中そんないいこと尽くめだと本気で信じているのかい?

ドラッジ
ドラッジ

……

ドラッジ
ドラッジ

言ったはずだ、俺に小細工はするなと、先生よ。

レヴィ
レヴィ

私は忙しいんだ、君とふざけ合う時間などないさ。

レヴィ
レヴィ

そんなに不満があるのなら、君が作ればいいじゃないか、君の聡明な頭脳を働かせて、私みたいな専門員でも短時間で解決できない遺伝子工学の問題を解決してみたまえ。

レヴィ
レヴィ

だがもちろん、私にもっと材料を、時間を寄越し、君のつまらん「お家騒動」に華を添えてやってもいいんだぞ。

レヴィ
レヴィ

科学とは常に公平なのだよ、君はそのどれかを選ぶしかない。

ドラッジ
ドラッジ

口先ばかり言ってんじゃあない。

ドラッジ
ドラッジ

仕事を続けろ、学者。もし失敗したら、絶対許さねぇからな。

ドラッジ
ドラッジ

失敗の代償は惨い死だ、それもとてつもないヤツのな。俺はやるつったらやるからな。

レヴィ
レヴィ

ははは、そう言われてしまえば、もうこちらに返す口もないじゃないか?

レヴィ
レヴィ

幸運を祈ってるよ、わが友よ。

リスカム
リスカム

あちこちで煙が立ち込めて、そこら中で狼藉が働かされている、近づかなくてもおおよその状況はわかるね。

フランカ
フランカ

まさか現地の騒動がこんな規模だったなんて……

リスカム
リスカム

やみくもに介入したら一大事だね。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ただいま戻りました。

レンジャー
レンジャー

おお、状況はどうじゃった?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……何もかもめちゃくちゃでした、町の北側の邸宅付近でずっと乱闘が続いています、その片方がどうやら傭兵のようでした。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

ほかの場所はもっとひどかったです、どこを見ても血しぶきと半壊した家屋ばかりでした。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……感染した砂地獣が街中で暴れまわっていたんです、それなりの数で。

リスカム
リスカム

こんな事態まで発展してるのに、サルゴンの政府武装組織は何をしてるんですか?酋長の軍隊は?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

北側の邸宅で統一された装備を纏った衛兵がいましたが、ほかのサルゴン兵は見かけませんでした。

フランカ
フランカ

この規模の騒乱が二日も続いたら、あのセーフハウスのオペレーターももう……

リスカム
リスカム

望みは薄いだろうね。

レンジャー
レンジャー

結論を下すにはまだ早い。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……それともう一つ、セーフハウスを見つけました。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

何者かがセーフハウスを防衛していました、しかしロドスの人じゃありません。

レンジャー
レンジャー

セーフハウスは傭兵に占領されたのか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

いえ……おそらく違うかと、一般の傭兵には見えませんでした。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

彼らは非常に専門的な防衛陣地を展開していました、待ち伏せの火力ポイントも、トラップも、惹きつける餌のどれも揃っています。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

それに一番重要なのが、セーフハウス内は町民で占めていたことです。

リスカム
リスカム

町民?じゃあ陣地防衛してる人たちは何者なんですか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

見たところあなたのご同僚かと、銃器を持っていましたので。

リスカム
リスカム

銃器?BSWの傭兵ですか?

シュヴァルツ
シュヴァルツ

彼らの明確な識別ロゴは見かけませんでしたので、BSWの傭兵とはまだ断定できませんが。

フランカ
フランカ

身分識別を抹消された専門武装員……それに銃器を携えていたと。

フランカ
フランカ

うっ……頭が。

レンジャー
レンジャー

町には各種異なる勢力が混在しておる。

レンジャー
レンジャー

じゃが強盗などの類は除いていいじゃろう。

レンジャー
レンジャー

酋長の軍隊もいないとすれば、戦争ということでもなかろう。

レンジャー
レンジャー

ここの状況はわしが思っていた以上に……複雑じゃな。

リスカム
リスカム

騒乱のさなかで町民を保護してた人たちが悪党じゃなければいいのですが。

フランカ
フランカ

もしかしたら交渉の余地もあるかもしれないわよ?

レンジャー
レンジャー

慎重に行こう、ヤツらが町民を保護していた点のみで判断したとしても、様々な異なる可能性があるからのう。

レンジャー
レンジャー

わしも話が通じるような相手でいてほしいわい。

フロスト
フロスト

どう?

タチャンカ
タチャンカ

ダメだ、まったくわからん。

タチャンカ
タチャンカ

こいつ、ただのプリント基板に見るが、俺の知ってる基板とあまりにもかけ離れている。

タチャンカ
タチャンカ

俺に一か月の時間と、説明書を持たせてくれれば、もしかすると解明できるかもしれんがな。

タチャンカ
タチャンカ

まあいい、俺はやはり屋上で見張りを続ける、ずっとしゃがんでて腰が痛いのなんの。

フロスト
フロスト

お疲れ様、Lord。

アッシュ
アッシュ

終わった?

フロスト
フロスト

この通信機の内部構造はどれも見たことがない技術ばかりだったよ。

フロスト
フロスト

修理は諦めていいと思うわ。

アッシュ
アッシュ

見た目からじゃそうは見えないけどね、ただの発信機にしか見えないわ。

フロスト
フロスト

この前のバン同様、この世界のエネルギー基盤はすごく特殊、どんな技術でもその基礎はこの源石ってものらら来てるらしい。

オックフェン
オックフェン

アンタらまだその発信機を研究してたのか。

オックフェン
オックフェン

源石通信設備はとても複雑な技術を使っているんだ、今までずっとロドスから派遣されたエンジニア術師がメンテナンスしてくれたからな、直せないのも無理はない。

アッシュ
アッシュ

以前この機械で救援の連絡が取れたって言ってたわよね?

オックフェン
オックフェン

まあな……だが本当に取れたかどうかはわからねぇ。

オックフェン
オックフェン

あの暴徒たちがセーフハウスに攻めてきた時、慌てふためいて通信機を起動したんだが、喋る間もなく連中に侵入されちまった。

オックフェン
オックフェン

当時は状況があまりにも緊迫してたからな、俺もはっきりと喋れなくて……もしかすると通信を受け取ったロドス側はまるっきり何を言ってたのかわかってないのかもしれないな。

アッシュ
アッシュ

それで援軍が来なかったのね。

ブリッツ
ブリッツ

俺は最初から援軍なんて期待していなかったけどね。

オックフェン
オックフェン

アンタらは全然緊張してないんだな。

アッシュ
アッシュ

緊張していないというより、支援のない作戦なんて、私たちは慣れているから。

オックフェン
オックフェン

はぁ、思い返すと、アンタらがもし一歩でも遅れていたら、俺の余生はずっと車椅子での生活だったかもしれないな。

オックフェン
オックフェン

もしかしたら直接棺桶に寝かされてたかもな、車椅子すら必要ねぇや。

オックフェン
オックフェン

だからアンタらには感謝してるよ。

アッシュ
アッシュ

遠慮しないで、あなたも街の人たちは助けたじゃない。

オックフェン
オックフェン

いや、そう言うのはちょっと違うな、なんせ感染者の救治はロドスの本業だからな、ははは……

オックフェン
オックフェン

……俺はただ門番してるだけの後方勤務予備オペレーターなだけだ。

アッシュ
アッシュ

救治……だからここには医療物資が置かれているの?

アッシュ
アッシュ

けどここにある武器は何に使うの?

オックフェン
オックフェン

あー、それはだな……

オックフェン
オックフェン

ロドスの本業は製薬だが、実はセーフハウスの役割は医療や救護の提供じゃないんだ。

オックフェン
オックフェン

セーフハウスの役割は主に外勤戦闘人員への物資補給、予備武器の提供とかなんだ。

フロスト
フロスト

ふーん……

フロスト
フロスト

ねぇ?これは何?

ブリッツ
ブリッツ

グレネードランチャーか何かか?

アッシュ
アッシュ

グレネード?

アッシュ
アッシュ

見せてちょうだい。

ブリッツ
ブリッツ

いいねぇ、これは地雷か?

ブリッツ
ブリッツ

種類もたくさんあるな。

アッシュ
アッシュ

……最初はここの人たちって火器は扱えないって思っていたわ。

アッシュ
アッシュ

このグレネードランチャーの構造もちょっと変わってるわね。

ブリッツ
ブリッツ

薬嚢がないグレネードか、まさか空気圧縮で発射するタイプか?

アッシュ
アッシュ

これを見て、油圧バネのタイプもあるわ。

オックフェン
オックフェン

気を付けてくれ!その箱の中身は全部源石爆発物なんだ、危ないぞ!

アッシュ
アッシュ

オックフェンさん、ここに銃の弾薬はあるかしら?

オックフェン
オックフェン

じゅう……銃器のことか?あー、つまりエッチング弾薬はないかってか?

オックフェン
オックフェン

そんな高価なモノ、セーフハウスにゃ普通用意されてないよ、ロドスで銃を扱う人はかなり少数だからな。

アッシュ
アッシュ

この爆薬だけど、使っていいかしら?

オックフェン
オックフェン

……はぁ……

オックフェン
オックフェン

なら気を付けてくれよ、源石爆薬はどれもすげー危ないからな。

オックフェン
オックフェン

今までなら、それらは戦闘専門のオペレーターしか扱っちゃいけない品物なんだ。

オックフェン
オックフェン

しかしアンタらは見るからにこれらを扱いなれているっぽいし、俺もとやかくは言わねぇよ。

アッシュ
アッシュ

感謝するわ。

ブリッツ
ブリッツ

これはなんだ?変なパーツがゴロゴロしてるけど?

オックフェン
オックフェン

それはアーツユニット用の予備パーツだ、壊さないでくれよ。

アッシュ
アッシュ

アーツユニット……

ブリッツ
ブリッツ

きっとあの「アーツ」って呼ばれてるものだよ。

アッシュ
アッシュ

アーツって、火の玉とか投げてきた技術のこと?

オックフェン
オックフェン

それを説明し出すと複雑だなぁ、俺は術師じゃないからな。

オックフェン
オックフェン

それとアーツの種類は千差万別だ、術師たちもそれぞれ得意分野が違う。

アッシュ
アッシュ

じゃあさっき話してたエンジニア術師ってものその一種かしら?

オックフェン
オックフェン

なんだ?アンタらアーツを知らないのか?

フロスト
フロスト

それはぁ……私たちちょっと世間を知らな過ぎてね。

オックフェン
オックフェン

そんなことあるかよ?アンタらは銃を持ってるじゃないか、なら術師だろ?

オックフェン
オックフェン

アーツを扱えない銃火器使用者だって?へっ、こりゃ珍しいこともあるもんだな。

ミアーロ
ミアーロ

あ、オックフェンさん、足はまだ治ってませんよ、まだ歩いちゃダメですって。

オックフェン
オックフェン

大丈夫大丈夫、松葉杖があるんだ、二三歩程度なら平気だよ。

アッシュ
アッシュ

先生、下の病人たちの様子はどうだった?

ミアーロ
ミアーロ

ほとんどの人の怪我の状態は安定してきました、ここの医療設備のおかげですね。

アッシュ
アッシュ

顔色が悪いわね、大丈夫?

ミアーロ
ミアーロ

一晩徹夜しただけなんで、問題ありません。

アッシュ
アッシュ

もっと休んだほうがいいわ、この中の唯一の医者が倒れてしまったら、それこそ本末転倒よ。

ミアーロ
ミアーロ

安心してください、気を付けますから。

ブリッツ
ブリッツ

アーツの話に戻るんだが。

ブリッツ
ブリッツ

その、まじないを唱えて、それからパァって光った後に病気が治るアーツとかはないのか?

ミアーロ
ミアーロ

プッ……

ミアーロ
ミアーロ

何言ってるんですか、あははは……

ブリッツ
ブリッツ

ないのか?じゃあ飲んだら傷口が癒えるような治療薬とかは?それもないのか?

オックフェン
オックフェン

そんなモンSF小説にしかないよ。

ミアーロ
ミアーロ

傷を治療できるアーツはあるにはありますが、そういったアーツは極めて習得が難しいんです。

ミアーロ
ミアーロ

そのアーツを習得したいのであれば、使用者はまず全面的な医学知識の習得と、各種族の身体構造への理解などが必要になります……

ミアーロ
ミアーロ

そのため、ほとんどの医療アーツの使用者は止血かあるいは傷口の癒着加速程度のことしかできません。

ミアーロ
ミアーロ

こういったアーツは手術台ではすごく重宝するんですが、ぼくの経験からすると、本当の治療の代用には使えませんけどね。

オックフェン
オックフェン

先生、アンタもアーツが使えるのか?

ミアーロ
ミアーロ

少しぐらいなら……でも大したものでもありませんよ。

ブリッツ
ブリッツ

そこはリアリティなくてもいいんだがなぁ……はぁ。

ブリッツ
ブリッツ

魔法がある世界なのにこんなに不便だなんて。

ブリッツ
ブリッツ

ちょっと待て、お前さっきSF小説って言ったか?

ブリッツ
ブリッツ

ちょっとお前たちの世界のSF小説がどんなモンなのか気になっちまったよ。

ブリッツ
ブリッツ

もっと大きい町なら書店はあるよな?歴史本は?値段は高いか?

ブリッツ
ブリッツ

こりゃワクワクしてきたぜ。

オックフェン
オックフェン

アンタら本当に変なヤツらだな。

オックフェン
オックフェン

どっから来たんだ?クルビアか?それともヴィクトリア?

オックフェン
オックフェン

言葉の訛りからして数十年前のヴィクトリア人に聞こえるが……

ブリッツ
ブリッツ

これは……俺もどう答えてやっていいかわからないな。

ミアーロ
ミアーロ

コーエンさんたちはすごく遠いところから来たらしいんですよ、そこは鉱石病すらないんですって。

オックフェン
オックフェン

なんだって??

アッシュ
アッシュ

……そうね。

オックフェン
オックフェン

鉱石病がない国って、それホントか?

オックフェン
オックフェン

鉱石病がなければ、感染者もいない、ってことは感染者に対する差別もないってことじゃねぇか、大地にいる人々は皆平等、恨み憎しみも最初からないってことかよ?

オックフェン
オックフェン

ウッソだろ、なんちゅーパラダイスだよ?

ブリッツ
ブリッツ

……

フロスト
フロスト

……

アッシュ
アッシュ

はぁ……

オックフェン
オックフェン

……そうか、アンタらの表情を見ればわかる、聞かなかったことにしてくれ……

(銃撃音)

アッシュ
アッシュ

フロスト
フロスト

敵襲!

アッシュ
アッシュ

状況を報告!

タチャンカ
タチャンカ

これはまだ第一波だ、連中が囲ってくるぞ。

タチャンカ
タチャンカ

この前の進攻はただの斥候だったんだ。

フロスト
フロスト

さらに多くの敵が接近!

アッシュ
アッシュ

トラップは?

フロスト
フロスト

作動に問題なし!

アッシュ
アッシュ

爆発物を詰め込んどいて。

アッシュ
アッシュ

ブリッツ、左翼に警戒、連中に包囲を許さないで。

ブリッツ
ブリッツ

了解。

アッシュ
アッシュ

Lord、弾薬を節約して!

タチャンカ
タチャンカ

問題ない、あっちから来させる。

アッシュ
アッシュ

四方を警戒、奇襲をさせないように!

アッシュ
アッシュ

そいつらの実力を見させてもらうわよ。

タチャンカ
タチャンカ

来るぞ!

アッシュ
アッシュ

発砲は控えて……もっと近づけさせるのよ。

(爆発音)

フロスト
フロスト

九時の方向!

(銃撃音)

フロスト
フロスト

Lord、真正面、敵がまた起き上がったわ!

(発砲音)

アッシュ
アッシュ

エネミーダウン!

アッシュ
アッシュ

あの角が生えたデカブツは厄介よ、頭を狙って!

フロスト
フロスト

アッシュ!あっちを見て!

アッシュ
アッシュ

!?

アッシュ
アッシュ

なんなのアレ!

アッシュ
アッシュ

Lord、危ないッ!

(爆発音)

タチャンカ
タチャンカ

※ロシアスラング※!

アッシュ
アッシュ

アレキサンドルッ!!

タチャンカ
タチャンカ

平気だ!

タチャンカ
タチャンカ

俺のことはいい!防衛線を死守しろ!

アッシュ
アッシュ

何なんのよアレ……

アッシュ
アッシュ

あの奇形の人型生物に警戒!軽量の遮蔽物には隠れないでッ!!

レンジャー
レンジャー

専門的な陣地展開、あの四人は只者じゃないな。

レンジャー
レンジャー

銃器の音も……いや……この激しい爆裂音、速射型の大型銃器か。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……包囲されていますね。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

襲撃してる連中と邸宅を襲った傭兵は同一集団です、間違いありません。

リスカム
リスカム

……あのバケモノ、龍門での戦闘を思い出します。

フランカ
フランカ

「宿主」と「牧群」のことね。

フランカ
フランカ

けどそれとは違うわね。

レンジャー
レンジャー

大型銃器を扱う傭兵と見たこともない獣を操って戦う傭兵か……

レンジャー
レンジャー

形勢が変化しておる、パワーバランスがもうすぐ崩れてしまうな。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……どうしますか?

レンジャー
レンジャー

悩む必要はない、戦闘準備じゃ。

レンジャー
レンジャー

あのバケモノを操ってる輩は見るからに善の類ではない、手加減は無用じゃ。

シュヴァルツ
シュヴァルツ

……了解しました。

タイトルとURLをコピーしました