アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】オペレーターレコード「エイヤフィヤトラ 学者の心」

エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……もう始めていいんでしょうか?録音ボタンがチカチカしてるように見えますが、見間違いなのかどうか……あ……触るとどんどん熱くなってきましたね……多分作動し始めたんでしょうか?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
オホン、えー……今日は外勤に出向いて三日目です、私たちは無事目標地点付近まで到着できました。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
今は午前10時30……えっと、これは数字の1でしょうか?ごめんなさい、私目があまり良くなくて……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……あ、2に変わりました!現在時刻は10時32分、ロドスとの合流時間まであと……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うん、あと12時間28分ありますね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
今のところは順調です、検出書類は来た道ですでに用意済み、サンプリング設備も、いま皆さんに組み立ててもらっています。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……あれ、なんでしょう?誰かが私を呼んだような……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うわとっと、ボイスレコーダーが危うく落ちそうになりました。ふぅ……ふぅ、落ち着かないと。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……あれは私に手を振っている?あのハンドサインは、組み立てが完了した合図でしょうか?データ取集開始……シンクロ分析も起動したって……わ、わかりました!
バティ
外勤オペレーター
エイヤフィヤトラさーん!
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あ、えっと……バティさんでしたよね?補聴器は……よし、補聴器は問題なさそうですね。
バティ
バティ
ちょいちょい、落ち着いてください!そう焦らずに、ゆっくりでいいんですよ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
だ、大丈夫です……バティさん、支えなくても大丈夫ですから。ここは視界も開けてますし、物にぶつかったりはしませんよ。
バティ
バティ
そうですか?でも風は大きいし、あちこちデコボコで石ころまみれだし、エイヤフィヤトラさん、やっぱり飛行装置に残ったほうがいいんじゃないですか?
バティ
バティ
それに出発する際、俺は来月の給料を担保にケルシー先生たちと約束しましたからね、あなたの安全を絶対確保するようにって。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
えっと……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……サラダ?が……ケルシー先生たちと?
バティ
バティ
え?いや給料ですよ、キューリョー!
バティ
バティ
(小声)ケルシー先生と一緒にサラダなんてごめんだぜ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あ、そ、そうですか……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うぅ……補聴器が……きっとさっきの風が強かったせいで、影響が出ちゃったのでしょうね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
すみません、さっきはご自分のお仕事について話していたんですよね?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
バティさんはやっぱり頼りになりますね。今回出向ができたのもバティさんのおかげです、もし私一人だけですと、この設備を組み立てるだけでも、午後の時間をまるまる使い果たしちゃいますからね。
バティ
バティ
え、一人だって?こんな重い設備、あなた一人だけじゃ……キツすぎやしませんか。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
以前一人でやったことがあるんですよ。あの頃はまだ在学していて、一部の研究は全部自分でこなさないといけませんでしたので。
バティ
バティ
え、同級生とかはどうしてたんですか?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あ……それが、皆さんそれそれペースがありますでの……こういった課題は、少しばかり経験が必要になってくるものでもありますので。
バティ
バティ
いやいや、何をおっしゃいますか、エイヤさんはもう十分立派な学者じゃないですか、ほかの同級生じゃきっと追いつけられませんよ。
バティ
バティ
じゃあ、学校にいた時も大変だったんですね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
それほどでもないですよ……だ、大丈夫ですよ、一人でも、遅いですけどいずれは組み立てられますから。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
でも、ロドスに来てから、艦の中でもたまに行く外勤でも、確かに色んなところが便利にはなりましたね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
新しい補聴器も前より聞き取りやすいですし、ケルシー先生と先輩もすごく私の研究を支持してくださいますし、クロージャさんなんか私のために宿舎を改修までしてくれて……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
バティさんみたいに、オペレーターの皆さんにはいつも温かく接してもらっています。はい……本当に皆さんには感謝しています。
バティ
バティ
ここに来る途中までエイヤさんに何回も感謝されちゃってますよ、なんて言うか、ますます気恥ずかしいです。
ガイド
ガイド
おーい!道の様子を見てきたぞ、歩けるが、道が狭い、あんたらのそのデカブツは、通れそうにないぞ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
えっと……ということは最後の採集ポイントには、行けないということでしょうか?
ガイド
ガイド
人だけなら進めるぞ。ヒ――ト――だ――け――な――ら!
バティ
バティ
おい、そんな大声出さなくてもいいじゃないか?
ガイド
ガイド
だって彼女いっつもボケーっとしてて、全然耳聞こえていないじゃないか。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
すみません……今聞こえました。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
では、バティさん、行きましょうか?
ガイド
ガイド
おい、ちょっと待て、あんたも行くのか?人だけなら通れるとは言ったが、あんたのその様子でも、大丈夫なのかよ?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
え?
ガイド
ガイド
この先はロクに歩けない道なんだぞ。ここ付近は地震もしょっちゅうだし、あちこちデコボコだし、いつ足を持ってかれるかわかんないんだぞ。あんたらが大金はたいてくれなきゃ、俺だってこんなところに来るのはゴメンだかぜ。
ガイド
ガイド
それにあんた、平地でもロクに歩けないのに、一緒に行ったら、足手まといになっちまうだろ?
バティ
バティ
お前……なんでそんな風にエイヤフィヤトラさんを言うんだよ?若いからってナメるなよ、彼女は火山学者の中じゃトップクラスなんだぞ!今回の任務だって彼女の指揮の元に動いてるんだ!
ガイド
ガイド
学者がどうこうなんざ知ったこっちゃないよ、この先の道は二本の足を頼りに進まなきゃならないんだからな。
バティ
バティ
確かにそうだが……その、エイヤさん……こいつが言ってることも正しい、もしこの先の道が悪いんだったら、やっぱりここに……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……そうですよね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
本当に申し訳ありません、バティさん、ガイドさん……ご迷惑をおかけして。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
でも、どうしても行かなきゃならないんです。
バティ
バティ
もし設備が心配なんでしたら、俺が代わりに――
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
いえ、わかっています、バティさんの言う通りなのは。でもここから向かった先はここ付近の源石異常反応地帯の中心地なんで、高精度な検査装置を使い必要があるんです、それには私のアーツも必要になります。
バティ
バティ
じゃあ、ここ付近のサンプルデータを使えばいいんじゃないですか?もう結構集まってるし。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ダメですよバティさん、精確な結果を求めるためには、どんな細部も見逃すわけにはいきません。もし私がここでサボっちゃったら、今回の任務は、九仞の功を一簣に欠くことになっちゃいますよ。
バティ
バティ
エイヤさんが急に厳しくなった……そう言うのであれば、出発するしかなさそうですね。
バティ
バティ
でも先に言っておきますけど、もしエイヤフィヤトラさんがツラいと感じようでしたら、いつでも中止しますからね。エイヤさんの仕事が研究するだったんなら、俺の仕事はこれですから。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい……私なら大丈夫です、バティさんの心配には及びませんよ。
バティ
バティ
はぁ。どっからどう見ても無理してるようにしか見えないんだけどなぁ!
ガイド
ガイド
チッ、言っても聞かないんじゃどうしようもないか。
ガイド
ガイド
俺は言ったからな、万が一何が起こっても、自分のことは自分で対処してくれ。
バティ
バティ
お前なぁ……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい、問題ありません。ガイドさん、道案内よろしくお願いします。
(無線音)
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
録音を続けますね……現在時刻は正午12時25分、今ちょうど最後のサンプル採取ポイントに向かっているところです。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
前の採取ポイントでのデータは現在分析中……うーん、私の予測と比較的近いですね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
旧火山が残した火成岩ですけど、深層部の源石活性状態は依然として活発、徐々に強くなってる傾向も……明確です。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
キーとなるのははやり異常地帯の中心部ですね……あそこのデータさえ取れれば、変化傾向の分析が可能になります……この後のロドスの任務に影響が出なければいいんで――キャッ!
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
か、肩を少しぶつけちゃいました……ごめんなさいバティさん……よそ見しちゃってました。
バティ
バティ
大丈夫ですか?もう一時間ぐらい歩き続けていますからね。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あ……はい……大丈夫です。
バティ
バティ
風も強いですね、さっきよりもっと強いや。俺たちみたいに、岩のスキマに入り込もうとしているようだ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ええ……寒いですね……足が疲れて……目も……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うぅ……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……私は、まだ大丈夫です。進みましょう。
バティ
バティ
はぁ、どうしても諦めないつもりなんですね。
バティ
バティ
じゃあこうしよう、エイヤフィヤトラさんは俺の後ろを歩いてください、俺背がでかいですから、風よけになります、石が落っこちてくれば俺が先に避けてみせますから。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい……わかりました。ありがとうございますバティさん。
ガイド
ガイド
チッ、だから言っただろ、この道は険しいって。
ガイド
ガイド
教えてくれよ、この先に一体どんなお宝が眠ってるんだ、あんたらを突き動かすほどのよ?
バティ
バティ
行動目的ならお前をあてた時に説明したじゃないか?俺たちはロドス、一介の製薬企業だ、今回ここに来たのはあくまで調査研究を――
ガイド
ガイド
おいおい、メンツを保つ話なら繰り返さなくても結構だぜ。
ガイド
ガイド
調査、研究?結局最後は金目当てなんだろ?
ガイド
ガイド
ヘッ、特にあんたらみたいな製薬会社ってのは、必死に寿命を伸ばそうとしてる金持ち連中の財布からごっそり金を頂いてるんだろ?
バティ
バティ
お前……はぁ、言ってもわかんねぇか。
バティ
バティ
金稼ぎなのは間違いない、だがこれは金なんかと釣り合うようなモンじゃねぇんだ。
ガイド
ガイド
あ?金稼ぎのためじゃないのかよ?じゃあ……金稼ぎじゃなかったら何のためにここで石拾いなんかしに来たんだよ。
ガイド
ガイド
あぁ、思い出した、一部の人、とりわけあの貴族の連中の手下には、アーツだの、実験だの、研究だのをいつも弄りまわすのが好きな連中がいたな……
ガイド
ガイド
そりゃまた――大変、大変だ。
バティ
バティ
おいお前、なにビビって青ざめてるんだ?だから俺たちはそんな人じゃないって言った……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
皆さん気を付けてください!
ガイド
ガイド
ふぅ……なっ……とんでもねぇでかい岩だったあああ!
ガイド
ガイド
俺の頭、頭が……あれ、頭が残ってる?
ガイド
ガイド
さっきの岩って俺の頭に目掛けて飛んできたんじゃなかったのか?てっきり頭がペシャンコにされちまったと思ってたぜ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うわっ、この赤いのって!それに地面に落ちてる破片……グツグツと泡立って……これは溶岩?火山か?火山が噴火したのか!?た、助けてくれ!死んじまう!
バティ
バティ
黙れ――!
バティ
バティ
やっと口に出せたぜ、随分と我慢させやがって。
バティ
バティ
エイヤフィヤトラさん……エイヤフィヤトラさん?大丈夫ですか?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
私をお探しですかバティさん?ここにいますよ、平気です。さっきの落石で、負傷とかは大丈夫ですか?
バティ
バティ
俺は大丈夫です、反応できた頃にゃもうおしまいかと――ちょっと待て、さっき岩を撃ち墜としたのってエイヤフィヤトラさんのアーツなんですか?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい、お二人とも無事で何よりです。
バティ
バティ
マジかよ……俺でさえ反応できなかったんだぞ、それにエイヤフィヤトラさんは目も耳も……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
バティさんの言う通りです、さっきは何も聞こえていませんでしたし、ボヤっとした影しか見えませんでした。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
でも私には感じるんです……熱の変化が。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ガイドさんも言ってました、ここの岩石構造はあまり安定していません、強い風の力を受ければ、地層が断裂を起こします、その時断層と岩石同士の摩擦で明確な熱が発生するんです。
バティ
バティ
マジか、そういうことだったんですか!エイヤフィヤトラさん……本当にすごいな。
ガイド
ガイド
本当に……すごいぜ、それはそれでビックリしたがよ……
ガイド
ガイド
あの一瞬で、あの一瞬でだぜ!あんなデカい岩を、一瞬で融かしてバラバラにしやがった!
ガイド
ガイド
チビっちまうぜ、もしあれが俺の脳天に直撃していたら――
バティ
バティ
……
ガイド
ガイド
はい、黙ります、うん、黙っとくから。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ふぅ、やっと到着しました。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
今は……あ、予定より十五分遅れちゃってますね、急がないと。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
設備を起動して……精度を15%ほど引き上げて……周波数を制御して、波動値を安定させて……よし……9%……3%……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
よし、ノイズも理想的な区間に落ち着きました。バティさん、もう手を放しても大丈夫ですよ。
ガイド
ガイド
これも……アーツなのか?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あ、確かにこれは私のアーツですね……これをアーツって認識してもいいんですけど、私としてはこれを科学的な研究手段として見てもらったほうが嬉しいです。
ガイド
ガイド
それでもすごいな。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ガイドさんもお疲れでしょう?今のうちに上で少し休憩しに行きましょうか。サンプル採取には時間が必要ですからね、五時間後に設備を回収しに戻りましょう。
ガイド
ガイド
科学者……科学者か。見るからに歳は若いが、今じゃますます科学者ってサマに見えてきたぜ。
ガイド
ガイド
はぁ、しかしさっきのあれで、俺はあんたに救われた。俺も恩知らずな人にはなりたくない。
ガイド
ガイド
こうしよう、前に交渉したガイド費用だが、前金だけ貰う、残りはチャラでいいよ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
え?
バティ
バティ
はぁ、だから何回も言っただろうが、俺たちロドスはそんな端金のことなんて気にしないって――
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うーん……その、バティさん……ガイドさんがこうも頑なに言ってくるんですから、彼の感謝のお気持ちを頂いておきましょう。
バティ
バティ
え?そ、そうか……エイヤフィヤトラさんがそう言うのであれば、もちろん構わないさ。
バティ
バティ
(小声)ちょっと驚くところはあったが……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
何か言いましたかバティさん?ごめんなさいまた聞き取れなくて。
バティ
バティ
あはは、何でもないよ。まさかエイヤフィヤトラさんもこんなことを察してくれるなんてな、って言っただけですよ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
え?そのぉ……こんなこと言うのは失礼なんですが……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
その、私完全にはガイドさんの言ってることがあまり聞きとれていなくて。
バティ
バティ
ええ?
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
そのですね……えっと、補聴器が時々上手くいかない時がありまして……それにガイドさんもすごく真面目な顔をされて、なんか感謝してるようなことを話しているのかなって思っていたんですけど……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
ま、まさか私また間違えちゃったのでしょうか?
バティ
バティ
そんなことはないですよ……あはは……エイヤフィヤトラさんにしかり、きっとこういう人こそが正真正銘のすごい学者なんでしょうね?
バティ
バティ
表面の小細工なんかに惑わされず、その中にある真理を一目で見破れるところが。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
うう……そ、そうですね……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
現在時刻は午後3時14分、データ収集と分析は滞りなく進んでいます。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
さっき最後のサンプル採取ポイントに向かう道中でちょっとした予想外の出来事が起こってしまいましたが、作業が影響だれるようなものではありません。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
……また道中でガイドさんとバティさんとの間で何やら興味深い対話がなされていたのですが……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
彼らが話していた内容を正確には聞き取れませんでした、ただバティさんは私のことを、正真正銘の学者だって言ってくれたような……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
その、こう言うのはアレですが……そのことで出発する前のことを思い出したんです。

医療オペレーター
医療オペレーター
ダメですよ!エイヤフィヤトラさんの今の身体状況じゃ、絶対に外勤に出向くことはもう許可できませんから!
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
で、でも……あそこの源石鉱脈の異常信号と火山にはきっと大きな関連性があるはずなんです、それにそこの周囲はロドスがこれから進む進路と近いですし。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
私は火山学者として、ロドスオペレーターとして、必ず今回の実地調査を完遂させる必要があるのです。
医療オペレーター
医療オペレーター
しかしもう身体が……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
信じてください、自分の世話は自分でできますから。
セイロン
セイロン
……
セイロン
セイロン
行かせてあげましょ。
医療オペレーター
医療オペレーター
え?セイロンさん、あなたも私たち医療部の一員じゃないですか!どうして病人の無茶を支持するんですか?
セイロン
セイロン
……無茶なのは承知してるわ。
セイロン
セイロン
わたくしも端くれではあるけどいち研究者よ、だからエイヤフィヤトラさんの気持ちはすごく理解できますわ。
セイロン
セイロン
もしも――もしもの話よ、源石をより一層理解を深められるチャンスが目の前にあったとすれば――わたくしもきっとなりふり構わずそれを掴もうとしますわ。
医療オペレーター
医療オペレーター
はぁ。私が心配しているのは、万が一その任務でエイヤさんの病状がさらに悪化してしまったらで……
セイロン
セイロン
……だから尚更行きたいんでしょうね。
医療オペレーター
医療オペレーター
何でですか!?
セイロン
セイロン
時間はもう残り僅か、しかし真相は未だ遥か遠くにある――だからこそ一回一回のチャンスを、一日一日を必死に掴み取ろうとするのよ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい……だから私がまだ……私の足がまだ歩けるうちに。私の両目が……まだ光が……光が見えるうちに。
セイロン
セイロン
そうね、その光は……わたくしみたいな半端者には、まだ見れないはずですわ、しかしエイヤフィヤトラさんなら見えるってわたくしは信じておりますもの。
セイロン
セイロン
エイヤフィヤトラさんみたいな学者は、とっくにこの世界の認識の境界線上に立っているんですのよ。彼女が一歩前に進めば、わたくしたちもまた一歩前についていける。
セイロン
セイロン
前に進むことは必ずしもいいことではない、怖気づいたり、挫折しまうこともあるかもしれない。しかしそういう傷を恐れているからエイヤさんの進みを止めることなんて、わたくしにはできないわ。
医療オペレーター
医療オペレーター
そうですか……
医療オペレーター
医療オペレーター
あなた方学者って人は……まったく、はぁ。
医療オペレーター
医療オペレーター
わかりましたよ。エイヤフィヤトラさんがそこまで譲らないのでしたら、私ももう止めはしません。ケルシー先生に申請を出してくださいね!
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
はい……ありがとうございます。本当にありがとうございます、セイロンさんもありがとうございます。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
あの時も、同じような話題を話していました。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
科学者とは、学者とは……一体何なのでしょうね?こういうことはあまり考えてきませんでしたので。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
セイロンさんが言ってたように、私はただ自分の残り僅かな時間があるうちに、頑張って火山に、この大地の最も深くに潜んでいる秘密に近づきたいだけなんです。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
正真正銘の学者と言えば、小さい頃の私でしたらお父さんやお母さんのことを思い出していました……
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
けど今は、もう一人増えたんですよ。
エイヤフィヤトラ
エイヤフィヤトラ
だから、この問いの答えは、私が帰ってきたら教えて頂けませんか――先輩?
この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました