タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】覆潮の下で SV-3「よそ者」行動前

???
司教

自分を見てみろ、未だに彷徨い続けている、まるで大海に迷う魚ではないか。

???
グレイディーア

(一瞥する)

???
司教

私が彼女をどこに連れて行ったのかを知りたいのか。とても気になるのだね。我々の集会に、君が参加する資格はない、だが君の目が私に訴えかけている、我々が彼女に何をするのかが知りたいのだね。

???
司教

君は君たちの間にあった手足の愛を取り戻せたか?君の心は旧知との遭遇でブズタボロに引き裂かれてしまったのか?不公平を、怒りを感じているか?

???
グレイディーア

あなたは己の見えないものを探ろうとしているのですね。

???
司教

もちろんだとも、そう答えてもらっても構わない。

???
司教

私は彼女を傷つけようとしているとそう君は思っているのだな。それは違う、私は彼女を助けたいのだよ。

???
司教

彼女の――君たちの苦痛の源を把握しなければ、私もしっかりと君たちの問題を解決してやれん、違うか?

???
司教

そう、君とて同じだ。君は自ら我々に参入しようとした。真なる海に溶け込もうとした。この任務を終えれば、君の汚れた本質は浄化されると。海が君へ与えたの恩賜としてね。

???
司教

そしてその恩賜は、同様に君の旧知たちにももたらされる、彼女たちも君と同様に、過去の敵と見なしていた偏見を捨て去ればの話だが。

???
司教

第一歩は、君たちを団結させる。第二歩は、君たちのことを理解する。そして最後、君たちも私を理解するようになる。

???
グレイディーア

……

???
グレイディーア

そちらが無駄話を減らして頂けるのでしたら、お互いの協力も少しはスムーズになれるかと思いますよ。

???
司教

なら君の興味がある話をしよう。君の旧知――目が覚めてるほうだ、彼女がすでに到着した。

???
グレイディーア

スカジが?

???
グレイディーア

彼女はここにはいませんが。

???
司教

もちろんいないとも。私の招待がなければ、誰だろうとここには入れんからな。

???
グレイディーア

彼女は町に来たのですね。

???
司教

意外という顔をしたな、これは面白いものを見た。この町にある音や声は、すべて私の耳に届いているのだよ。

???
司教

あの方は私の為すことをすべて褒めて頂き、私に力を与えてくださった、私の命をより長引くようにと。私の知覚も、私の心も、もはや君が今見ているこの身体に縛られることはない。

???
司教

私は完全に近づいているのだよ。そしていずれ君の憎しみも私が請け負うことになろう。

???
グレイディーア

フッ。

???
司教

君の旧知の話に戻るが――彼女の到来は予想よりも早かった。

???
司教

“アビサルハンターは一蓮托生”。

???
司教

彼女は自身を待ち望んでいるモノが何なのか分かっておらん。ただただ君がもう一人を連れて行ったため、彼女もここへと追いかけてきた、休むことなくな。

???
司教

なんて驚嘆すべき友情なのだろう。彼女は今の君を知っているのだろうか?裏切者と対面すれば、彼女はまた何をするのだろうな?お互いの関係を、同僚の旧情を信じるのだろうか、それとも君の身体を剣で一刺しするのだろうか?

???
司教

大変楽しみだ。

???
グレイディーア

(身を翻してこの場を去る)

???
司教

そう急いで彼女を探さんでもよい。君はよくやってくれた。君は彼女をあるべきところへと連れ戻てくれた、そしてもう一人を町へ誘い入れてくれたのだからな。

???
司教

彼も満足してくれよう。

???
グレイディーア

彼?

???
司教

君が知る必要はない。

???
司教

今は待てばよい。時が来れば、その旧知のもとへ行き、我々の招待を伝えるといい。

???
グレイディーア

彼女が来るとは限りませんよ。

???
司教

来るさ。自ずと私の元へな。

(アニータの駆け寄る足音)

アニータ
アニータ

ただいま!

アニータ
アニータ

私が住んでる部屋は一番北にある一番いい部屋なんだよ、ほら、このドアなんかまだ閉められるんだ。閉められるドアがあれば、雨の日とかかなり助かるからね。

スカジ
スカジ

近くに人がいるわ、二人も。

アニータ
アニータ

彼らのことね、いつもここにいるんだよ。

男性住民
男性住民

百三十、百三十一、百三十二……

アニータ
アニータ

やっほー、ラドリージョ、元気?

男性住民
男性住民

……

男性住民
男性住民

一、二、三……

アニータ
アニータ

邪魔しちゃった、ごめんね!

アニータ
アニータ

可哀そうに、また最初から数え直しだよ。彼っていっつもここに座って、街のレンガを数えてるんだよ。こっそり教えてあげるけど、数えても毎日違う結果が出るんだよ。

アニータ
アニータ

それと、あそこにいるのはピラール、街にある柱を回りながら散歩するのが好きなんだよ。雨の日とかはさすがに散歩しないけどね、彼もそこそこ歳だし、水に浸かっちゃったら足が痛むからね。

アニータ
アニータ

彼らのことなら放っておけばいいよ、あっちもあなたのことなんか気にしてないんだし、私を気にしてないようにね。

アニータ
アニータ

さあいらっしゃい、詩人さん。改めて紹介するよ、ここが私のお家ね。

(ドアの開く音)

男性住民
男性住民A

……

男性住民B
男性住民B

……

アニータ
アニータ

やっほー、プランチャ。やっほー、セニーザ、目が覚めたのね!

スカジ
スカジ

](箱に手をかざす)

男性住民
男性住民A

痛い……

男性住民
男性住民A

おい、フエゴ。お前またこのよそ者を家に入れたのか。

アニータ
アニータ

彼女は悪い人じゃないよ。

アニータ
アニータ

バンコも彼女のことを気に入ってるじゃない、そうだよね、バンコ?

???
幼い住民

うっ……あむ……

アニータ
アニータ

か、かじっちゃダメだよ!詩人さんのスカートがボロボロになっちゃうじゃない!

スカジ
スカジ

オホン。

スカジ
スカジ

……ボロボロにはならないと思うけど。

アニータ
アニータ

よだれまみれになっちゃったら、綺麗なスカートが台無しだよ。

???
幼い住民

あむ、あむあむ……

アニータ
アニータ

この子にモテモテだね、詩人さん。

スカジ
スカジ

……

アニータ
アニータ

ほら、バンコだって彼女と居たいって言ってるじゃん。

男性住民
男性住民A

お前また何か企んでいるな。俺には分からない、とでも思うなよ。

アニータ
アニータ

え……

男性住民
男性住民A

ロクなことが、ない。

アニータ
アニータ

そんなことないよ、何も企んでなんかないって。

男性住民
男性住民A

どうとでも、言え。

男性住民
男性住民A

規則は、破ってはいけないものだ。

男性住民
男性住民A

お前だろうと、そいつだろうと。

男性住民
男性住民A

俺は見ているからな。

男性住民
男性住民A

行くぞ。

(男性住民たちが去っていく足音)

アニータ
アニータ

ふぅ……やっと行った。

アニータ
アニータ

詩人さん、大丈夫だよ。プランチャはああいう人だから。口ではああ言ってるけど、別に私に何かしてくるわけじゃないから。

スカジ
スカジ

そう?

アニータ
アニータ

まあそうだよね、あなたが彼らのことを何とも思ってないものね、だって彼らよりずっと強いもんね。

アニータ
アニータ

私が言いたいのは、もし本当に何かしてきたら、フン、私だって容赦しないんだから。

スカジ
スカジ

そうね。

アニータ
アニータ

はぁ。

スカジ
スカジ

どうしたのその溜息。

アニータ
アニータ

この筒は空っぽ。このお皿も空っぽ。

アニータ
アニータ

えーっと……確かベッドの下に食べ物がまだ残ってたはず。

スカジ
スカジ

これが、ベッド?

アニータ
アニータ

そうだよ、そんなに変かな?あなたのベッドも鉄で出来てるんじゃないの?

スカジ
スカジ

あまり気にしたことないわ。

アニータ
アニータ

木で出来たベッドが置いてある部屋もあるんだけどね。木は色んなことに使えるんだよ。木を燃やせば、部屋を明るく暖かくしてくるんだ。もし病気にでもなっちゃったら、冬なんか大変だよ。

アニータ
アニータ

よいしょ――見て見て、これは私の宝箱なんだ。朝起きる時ちょっと置くまで詰め込み過ぎちゃったかな。

アニータ
アニータ

この乾燥しちゃった海藻を取っ払ってくれるのを手伝ってくれないかな。いや、地面には捨てないで、食べられなくても、せめてベッドに敷くことはできるから。

スカジ
スカジ

色々あるのね。

アニータ
アニータ

そうだよ、使えそうなものは全部ここに隠してあるんだ。

アニータ
アニータ

これを見て、これは今縫ってる服なの。最近の貝殻を削ってできた針って、数年前のより使えやすくなったの。

アニータ
アニータ

けど生地が足りないんだよね、やっぱり町の南に行ってしっかり探したほうが良さそうかな、もしかしたら奥まで埋もれてまだ持ってかれていないモノとか残ってそうだし。

アニータ
アニータ

もうすぐ冷える時期になるから、急がないと。

???
幼い住民

……

アニータ
アニータ

ちょ、ダメだよ、バンコ、この服は弄っちゃダメ!これはペトラお婆さんにあげるモノなの、最近ますます咳が酷くなってるんだから。

???
幼い住民

……

アニータ
アニータ

これもダメ!はやく手を放しなさい!

???
幼い住民

フエゴ。

アニータ
アニータ

だから、フエゴ(木枠)じゃなくて、マルコ(額縁)だってば!

アニータ
アニータ

それと、これは食べられないものだから、あげても無駄だよ!

スカジ
スカジ

フエゴ……マルコ?

アニータ
アニータ

この子が私をそう呼んでる名前が気になる?

スカジ
スカジ

アニータって名前しか知らないから。

アニータ
アニータ

アニータは自分でつけた名前なの……ペトラお婆さんが話してくれた物語で知ったんだ、その女の子もあなたの同じ、すごく歌が歌えるんだよ。フエゴなんかよりよっぽど響きがいいでしょ?

アニータ
アニータ

ここにいる人たちはね、ほとんど名前を持たないの。だから馴染みやすいもので呼び合ってるんだ。いつもレンガを数えているからラドリージョ、家の外がブリキ板で囲まれているからプランチャ。

アニータ
アニータ

彼らはみんな私のことをフエゴって呼ぶんだ。ペトラお婆さんが額縁の下で私を見つけたのがその理由。

スカジ
スカジ

以前自分の母親について話していたわね。

アニータ
アニータ

お母さんは私を他人には預けなかったんだ、それだけでもすごいことだったよ。私が生まれた頃って、ここには子供はいなかったの、子供は生きていけないからね。

アニータ
アニータ

それにあの頃のペトラお婆さんは誰も歯向かえないぐらいの人だったんだ……お婆さんは私に食べ物をいつも分けてくれたの。今じゃ身体はあんまり良くないけど、当時はこの町で一番すごい人だったんだからね。

スカジ
スカジ

へぇ?

アニータ
アニータ

プランチャだってお婆さんにビビってたからね。

スカジ
スカジ

へぇ。

アニータ
アニータ

今は昔と比べて大分マシになったよ。あの司教様が私たちに生きる術を教えてくれたからね。バンコとか、ほかの子たちを見ればわかると思うよ。たぶんここもこれからどんどん賑やかになってくると思うなぁ。

???
幼い住民

ああ……あ……

アニータ
アニータ

あんまり私のモノを弄らなければ、まだまだいい子でいられるのに、聞いてるの、バンコ?

アニータ
アニータ

ほかのモノが取られてもそんなに気にしないよ。夜寝る時、この宝箱を隠すからね。この子たちじゃ見つかりっこないよ。

アニータ
アニータ

はぁ、ここは自分のモノとか他人のモノとかいう概念はないんだ。モノを隠す行為は良くないってって分かってるんだけどね。詩人さん、チクったりしないよね?詩人さんは私のモノにそんな興味なんものね。

スカジ
スカジ

私を警戒しないの?

アニータ
アニータ

詩人さんはお客人だからね、ペトラお婆さんに教わったことがあるの、お客人はちゃんともてなせって。

アニータ
アニータ

あった!やっぱりあると思ってたよ。ほら、ここに鱗がまだ残ってたよ。

スカジ
スカジ

この匂い……

アニータ
アニータ

半月前のものだね、それなりにまだ新鮮かな。

アニータ
アニータ

引きちぎって、この半分は……バンコにあげよう。ほら、バンコ、ここにご飯があったよ!

???
幼い住民

あ……ああ……(ごくん)

アニータ
アニータ

はい、じゃあこの半分は詩人さんにあげる、骨は残しておいてね、まだスープに使えるから。

スカジ
スカジ

食べ物なら、自分で探すからいいわ。

アニータ
アニータ

まだその日になってないよ!今外で探しても、何も見つからないって。

スカジ
スカジ

ものは試しよ。

アニータ
アニータ

あれ?

アニータ
アニータ

言ってるそばからもう居なくなっちゃった、本当に変わった人ね!

赤いスカートの吟遊詩人は、巨大な箱を携えながら、ゆっくりと街を歩いていた。
相変わらず彼女を見ている人は誰もいない。静止した石灰色の街道には、一抹の赤色だけが動いていた。

スカジ
スカジ

……まだついて来ている。

スカジは突如と歩みを速めた。
朧げな影が街道を掠める、まるで暴風に滾る波のように。
彼女はそのまま海へ突っ込むかと思われたが――音を立てて急に立ち止まった。
赤いスカートの詩人は手にハープを抱えながら、もう片方の腕で移動都市の残骸をよじ登った、目は断崖絶壁に聳え立つ教会を横切り、漆黒な海面へと落としていった。
なんて静かな海。
そして彼女は十数メートルある断崖から飛び降りた。

男性住民
男性住民

海だ。あいつは海に行ったんだ。

男性住民B
男性住民B

そうだな、プランチャ、お前の予想通りだった。あいつは海に行く。海の中に行くつもりなんだ。

男性住民
男性住民

まだ、時ではないのに。

男性住民
男性住民

司教様が言った。潮が百回繰り返した後でないと、海に行くことは、許されない。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、俺たちも行っちゃダメだ。海辺に、行っちゃダメだ。

男性住民
男性住民

……そんなことを言ってなんの意味がある。私たちで、あいつを阻止せねば。

男性住民B
男性住民B

阻止?俺たちがあいつに敵うとでも思ってるのか?

男性住民
男性住民

司教様が言ってた、百回を待たないと、行けない。今はまだ、九十九回。

男性住民B
男性住民B

あいつは何も手に入らんさ。今日の海辺は、何もない。

男性住民
男性住民

ならあいつは何を探しているんだ?

男性住民B
男性住民B

プランチャ、ここは寒い、腹も減った、あそこに行っちゃダメだ、お前もこれ以上のことは聞くな。

男性住民
男性住民

海の中に何があるんだ?

男性住民B
男性住民B

知らん。

男性住民
男性住民

知っていたら、何があるんだ?

男性住民B
男性住民B

……俺に聞くな。プランチャ、お前が何を言ってるか、俺には分からん。理解できん。

男性住民
男性住民

昔、私たちはどこまで遠くへ行けた?

男性住民
男性住民

西のさらに西だ。もう随分の昔だ。あの時、俺たちの背丈は、これぐらいしかなかった。町の中も、まだ食い物が拾えてた。

男性住民
男性住民

境界線。この言葉、あまり使われていない。私たちは見たんだ、この町の、縁を。

男性住民B
男性住民B

それはお前だけだ、プランチャ、俺たちじゃない。

男性住民B
男性住民B

俺はあの時、飢えで意識を失っていたからな。

男性住民B
男性住民B

お前、まだ行くつもりなのか。なら、運“だまし”だな。

男性住民
男性住民

……運“だめし”だ。

男性住民
男性住民

チッ、お前はいつも、バカなままだ。司教様が何年もお前に学ばせてやったというのに。ちっとも上達していない。

男性住民B
男性住民B

へへ、プランチャ、お前がいるじゃないか。お前なら理解できるだろ。

男性住民
男性住民

あの時も、お前はそう言ってた。

男性住民
男性住民

お前はずっと私を信じていた。私にお前の缶詰を譲ってくれた。だから私はもう一日先へ進めた。

男性住民B
男性住民B

そしてお前は戻ってきた。

男性住民B
男性住民B

戻ってきた後、お前は何日もモノを食べなかった。てっきり、餓死したいのかと思ってたぞ。

男性住民
男性住民

考えてはいたさ。だが自分を餓死させて、なんの意味がある?

男性住民
男性住民

どうせそんなに経たないうちに、みんな死ぬんだからな。

男性住民B
男性住民B

脅かさないでくれ。お前はあの時もそんなことを言ってた。何を言ってるのかさっぱり理解できん。

男性住民
男性住民

それから……司教様が来た。彼が来たからこそ、私は変化を感じれた、私たちはみんな変化したんだ。

男性住民B
男性住民B

司教様、いい暮らし。俺たちにはみんなそれを送る資格があると言った。彼は本当のことを言ってるんだよな。

男性住民
男性住民

本当のことだ。なぜなら……真理だからな。彼は私たちにそれを見せてくれた。

男性住民
男性住民

司教様がいたおかげで、私は生き延びれた。みんな生き延びれた。彼の、おかげだ。

男性住民
男性住民

線を越えられる人など、いない。

男性住民B
男性住民B

それは、海の線のことか?

男性住民
男性住民

すべての線だ。フエゴが作った罠みたいにな。外から来たモノは、すべて阻まれる。

男性住民
男性住民

私たちも出てはいけない。それが一番いい。

男性住民B
男性住民B

プランチャ……お前足が、海水に浸かりそうになってるぞ!

男性住民
男性住民

海水……そうだな。超えてはダメだ。

男性住民
男性住民

超えたとしても……たとえ超えたとしても、あそこは何もないかもしれないからな。

男性住民B
男性住民B

ふぅ……プランチャ、やっと止まってくれたか。驚かしやがって。

男性住民B
男性住民B

そんなに、考えすぎるな。ずっと考えてちゃ、まるでフエゴのようじゃないか。あいつは昔から変わっている、司教様も考え過ぎてはダメだって言ってた、そうだろ?

男性住民
男性住民

考え込んでも……私たちの助けにはならない。

男性住民
男性住民

答えのみ意味があるからな。

男性住民B
男性住民B

さすがだな、プランチャ。司教様が言ってたこと、お前が一番憶えている。

男性住民
男性住民

……

男性住民
男性住民

見ろ、あいつずっと海岸を歩いているぞ。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、どこに行くんだ?まさかお前もついて行くのか?よせ、それは間違っている、俺たちは、あいつについて行ってはダメなんだ!

男性住民B
男性住民B

俺たちではあいつには敵わない、こんな俺でも分かる、俺たちではあいつを追い出せない。

男性住民
男性住民

あいつはもう戻ってこれないさ。

男性住民B
男性住民B

そ……それならいいんだが。

男性住民B
男性住民B

俺はあいつが持ってる大きな箱が欲しい、きっと中にたくさん美味いものが入ってる違いない。

男性住民
男性住民

箱はない。あいつが持って行ったからな。

男性住民
男性住民

代わりにコレしか置いてなかった……コレ、あいつが石の上に置いてあった。何なのかは知らないが。

男性住民
男性住民

あいつがずっと持ってたものだ、いいものなんじゃないのか?

男性住民B
男性住民B

一口だけ……一口だけ食ってもいいか、プランチャ?本当に腹が減ったんだ。

男性住民
男性住民

(ポロロン)

男性住民B
男性住民B

な、なんだこれは?こんな音今まで聞いたことがない。

男性住民
男性住民

(ポロロン、ポロロン)

男性住民B
男性住民B

やめてくれ、プランチャ、その音を聞くと胸の奥と歯が震えて止まらないんだ。それが欲しけりゃ持っておけばいい、俺はもう戻るぞ。

男性住民
男性住民

意味はない。これも意味なんてない。

男性住民
男性住民

こんな使えそうにないもの。地面に捨てておけばいい。腐り果てればいい。

(スカジの足音)

スカジ
スカジ

ずっと誰かがつてきていると思えば、あなたたちだったのね。

男性住民B
男性住民B

も、戻ってきたのか!そんなバカな?この時期に、海に行ったヤツは、誰も戻ってこなかったのに。

男性住民
男性住民

お前、海に行こうとしていたな。

スカジ
スカジ

この付近を散歩してただけよ。

男性住民
男性住民

海に何があった?

スカジ
スカジ

何もなかったわ。

男性住民
男性住民

ありえない。

男性住民B
男性住民B

お前もどんどんおかしくなってるぞ、プランチャ。また俺にはわけ分からないことを聞いてる、こいつを止めに来たんじゃなかったのか?

男性住民B
男性住民B

こいつは今引き返そうとしてる。俺たちも戻ろう。

男性住民
男性住民

お前見たのだろ。すべて見たのだろ。

男性住民B
男性住民B

プランチャ、お前震えてるぞ。病気でも移ったか?

男性住民
男性住民

……

(男性住民の足音)

スカジ
スカジ

近寄らないで。

男性住民
男性住民

だったらなんだ?さっきみたいに、私たちを打ちのめすのか?

スカジ
スカジ

……

男性住民
男性住民

海には何かがあった、そうなんだろ?

スカジ
スカジ

近寄らないで。

(殴打音)

男性住民B
男性住民B

ああああ――!!

男性住民
男性住民

セニーザ!

男性住民
男性住民

この石……この女動きが、速い。

男性住民B
男性住民B

これは俺が発した声なのか?プランチャ、俺声を出しちまった。心臓がバクバクと止まらない。俺も病気になっちまったのか?

男性住民
男性住民

お前の頭が、破裂するのかと思ったぞ。投げ捨てられた貝殻のように、中から白くてグチャグチャな何かが飛び出てくるだろうな。

男性住民B
男性住民B

そしたら俺は死ぬのか?

男性住民
男性住民

今度試してみるといい。今砕けたのは別の何かなのだろう。見たことがない。

男性住民
男性住民

なんでコレ……動けるんだ!?

スカジ
スカジ

逃げるといいわ、町に。即刻。

スカジ
スカジ

――あとハープは取っといて。

タイトルとURLをコピーしました