アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ドッソレス・ホリデーDH-ST-2「ハーフタイム」

(ラファエラの足音)

ラファエラ
ラファエラ

……

(ユーシャの走る足音)

ユーシャ
ユーシャ

……

(ユーシャの走る足音)

(ラファエラの足音)

ラファエラ
ラファエラ

……

(ユーシャの走る足音)

ユーシャ
ユーシャ

(消えた!?)

ユーシャ
ユーシャ

(あっちは私に気づいていないはずなのに。)

ユーシャ
ユーシャ

(普段から偵察対策の訓練でも受けてるのかしら?)

ユーシャ
ユーシャ

(それとも、コソコソしてないと入れない場所でもあるのかしら?)

ユーシャ
ユーシャ

(……まあいいわ、先にフェイゼを探しましょう。)

D.D.D
D.D.D

まず、第一戦を突破したチームたちをご紹介。

D.D.D
D.D.D

今大会の第一ラウンドは、全部で十五チームが突破したよ。

D.D.D
D.D.D

チームLUNG wRATh、言わずとも一番熱い的だね。

D.D.D
D.D.D

それとチームグレイフェザー、チームパックマン、チームハニーサマー、チームお問い合わせは5453-46235まで……

???
マネージャー

お疲れ様です、D.D.D.。

???
マネージャー

慣れない仕事をさせて本当にごめんなさい。

D.D.D
D.D.D

平気だよ、大物のメンツが掛かってるんだ、とっくに慣れてるよ。

D.D.D
D.D.D

最初は確かに不慣れではあったよ、でもやってみたら、DJやってる時とそう変わらない。

D.D.D
D.D.D

音楽で盛り上げるか、言葉で盛り上げるかの違いだけだよ。

???
マネージャー

それならいいだけど、もしこれ以上続けられそうになかったら、私がすぐに全部キャンセルしてあげますからね。

D.D.D
D.D.D

ぶっちゃけ、その場の勢いでやってるんだけど、たまに過去の自分じゃ絶対に言わないようなことを口にしちゃう時があるんだよね。

D.D.D
D.D.D

危なっかしい。

D.D.D
D.D.D

だけど、それより、君もあのLUNG wRAThってチームは見たでしょ。

D.D.D
D.D.D

あのチームにいる二人の女性選手は本当にすごい。

???
マネージャー

ええ、確かにそうですね。

D.D.D
D.D.D

あの二人を見てると、こっちまで思わず身体がウズウズしちゃうよ。

D.D.D
D.D.D

彼女たちに一曲歌ってやりたい気分。

D.D.D
D.D.D

今は特等席で彼女たちの試合を見れる、だからこっちももうしばらく持ちそうだけどね。

???
マネージャー

あはは、それはよかったわ。

(ホシグマとスワイヤーの足音)

ホシグマ
ホシグマ

あの、Missy、どうしたんですか、試合が終わったっていうのに余計元気になっちゃって。

ホシグマ
ホシグマ

ここ数日ウキウキしながらあちこち散策なんかして、ただの街ブラには見えませんね、何があなたをこうまで引き寄せてるんですか?

スワイヤー
スワイヤー

街ブラならしてるわ、ただ、別の目的があるのよ。

ホシグマ
ホシグマ

別の目的ですか?

スワイヤー
スワイヤー

この都市のことを知りたいの。

ホシグマ
ホシグマ

この都市を知る?そりゃまたなぜ?

スワイヤー
スワイヤー

この街を囲ってる壁の外は、ボリバル、三つの政府に分割支配されてる国家でしょ。

スワイヤー
スワイヤー

リターニアのツァインゼッセ政府、クルビアの連邦政府、それとその二つの政府に反抗するために立ち上がったシエルト・ボリビアン。

スワイヤー
スワイヤー

三つの政府の間では大小様々な摩擦を起こしている、おそらくアタシたちが今ここでのんびりしてる時も絶えずにね。

スワイヤー
スワイヤー

しかしこの都市は、アタシたちがここに向かう途中で経由したボリバルの都市たちとは似ても似つかないわ。

スワイヤー
スワイヤー

この都市はもうただ栄えてるって言葉だけじゃ形容しきれない、このアタシでも、こんな贅沢で娯楽に満ちた都市なんて見たことがないんだもの。

スワイヤー
スワイヤー

あんな国家の中に、どうしてこんな都市があるのか、アンタは気にならないわけ?

ホシグマ
ホシグマ

正直に言いますと、興味はありますよ、しかしここは龍門じゃありませんので、踏み込むのも野暮です。

スワイヤー
スワイヤー

アンタね、何でも知ってるくせに、いざ龍門あるいはチェンと関係ないと知ったら、すぐ関心を失くすんだから。

ホシグマ
ホシグマ

ずっとそうして生きてきたものですので。つまり、Missy、そう説明してくれたということは、何か企んでるはずですね。

スワイヤー
スワイヤー

もしこの都市に暗い一面があったら、アタシも疑問には思わなかったわ。ただ事実はその逆で、ここは不気味なほど活力に満ちている。

スワイヤー
スワイヤー

もしどの都市にも心臓というものがあれば、龍門の心臓は生き生きとしていて、紅く健康的な血液が絶えず心臓に送られてきていて、心臓の鼓動を維持してくれている。

スワイヤー
スワイヤー

しかしこのドッソレスの心臓は、すごく怪しい気配がするの。どす黒くて汚い血液が絶え間なく心臓に流れてきてるのに、ちっとも衰えをみせない。むしろ健康な龍門以上に激しく鼓動しているわ。

スワイヤー
スワイヤー

あたかも龍門よりも生命力に満ち溢れてるように見える。

スワイヤー
スワイヤー

これまで龍門は外部勢力の攻撃を受けたことは極僅かというものの、この都市は複雑怪奇な情勢に陥ってるボリバル国内に位置してるのよ。

スワイヤー
スワイヤー

あまりにもおかしすぎるわ。

ホシグマ
ホシグマ

おお、それいい例えですね、すごい分かりやすいです。

ホシグマ
ホシグマ

つまりあなたが気になってる箇所は、本来あるべき姿じゃなく、それに反した姿になった理由、ですね?

スワイヤー
スワイヤー

ここは犯罪に寛容で、賭博を奨励している、ここでの生活は贅沢三昧で、淫らに乱れきっている、毎日誰かが一夜で巨万の富を築いたり破産したりしている。

スワイヤー
スワイヤー

それによって人々はある幻覚を見るようになる――この都市は観光業と娯楽業だけで観光客を誘い招いて都市の主要収入にしているんだってね。

スワイヤー
スワイヤー

しかし一般的な娯楽業だけじゃ都市を運営することは不可能、だからここはやむを得ず娯楽業へ伸びる犯罪の手を手放し、ロクでもない連中をも誘き寄せた。

スワイヤー
スワイヤー

結果として、この都市は偽りの、不安定な繁栄を手に入れたわけ。

スワイヤー
スワイヤー

これで筋が通るはずよ。

スワイヤー
スワイヤー

でも本当にそれだけかしら?

ホシグマ
ホシグマ

うーん……ちょっと疑いすぎじゃないですかね。

スワイヤー
スワイヤー

なんですって!?

ホシグマ
ホシグマ

でも確かに、あなたみたいなお嬢様からすれば、この都市の運営形式は普通じゃないし、かなり野蛮に見えるんでしょう。

ホシグマ
ホシグマ

けど小官からすれば結構親しみやすい感じがしますよ。

ホシグマ
ホシグマ

あなたも知っての通り、極東もボリバルとどっこいどっこいです、外はドンパチ騒いでるのに中に引き籠もってるお偉い方はちっとも見向きもしない、そんなこと日常茶飯事です。

ホシグマ
ホシグマ

この都市と小官が知るあの都市とでは本質上区別はありません。

ホシグマ
ホシグマ

あ、でも言われてみれば、娯楽業と観光業だけで支えられてる都市は確かにありえませんね。

ホシグマ
ホシグマ

極東だってそんな都市ありませんよ。

ホシグマ
ホシグマ

だからやっぱり教えてください、Missy、あなたの発見を。

スワイヤー
スワイヤー

もうそんな気分じゃないわ。

ホシグマ
ホシグマ

お願いしますよ、Missy、小官が悪かったですから。

ホシグマ
ホシグマ

すいませーん、えっとこの、夏限定かき氷を一つ、こちらのお嬢さんに。

???
店員

かしこまりました。

ホシグマ
ホシグマ

ほらほら、Missy、機嫌直してくださいよ。

スワイヤー
スワイヤー

ふん。アタシたちが街に入った時のことまだ憶えてる?

ホシグマ
ホシグマ

あなたが持ってたカードをチラッと見せただけで街に入れたことですか?

スワイヤー
スワイヤー

あれはこっちが事前に用意したものよ、この都市は龍門と貿易協定を結んでいる、だから直接自分のカードを使って入れたのよ。

スワイヤー
スワイヤー

いや、アタシのことじゃなくて、ほかの人よ。

ホシグマ
ホシグマ

あ、確か見ずぼらしい人たちが数人街に入ろうとして、警備員に止められたあと、入っていきましたね。

ホシグマ
ホシグマ

しかも警備員もご親切に、道案内までしていました。

スワイヤー
スワイヤー

それからダウンタウンの郊外、工場とかたくさん見なかった?

ホシグマ
ホシグマ

見ましたね。

スワイヤー
スワイヤー

あれがそうよ。

ホシグマ
ホシグマ

おお、なるほど、ボリバルみたいなところの政治情勢は、毎日コロコロ変わってる、貿易だけで生活必需品を賄うにはあまりにもリスクが高い。

ホシグマ
ホシグマ

だからこの都市は自分のライフラインを必ず自分で握る必要がある。

ホシグマ
ホシグマ

そしてあそこの工場で働いてる人たちは、その見ずぼらしい人たちだったってことですね。

スワイヤー
スワイヤー

その通り、数日前バーでチラッと聞いてみたんだけど、そこの工場で働いてる人たちの給料はとても高いらしいのよ。

スワイヤー
スワイヤー

だからほかの都市から遠路はるばる、戦火を潜り抜けてでもここに来て稼ぎに来る人たちはたくさんいる。

ホシグマ
ホシグマ

そしてこの都市で安定して暮らせるようになったら、外と比べて金持ちになったとも言えるってわけですね。

スワイヤー
スワイヤー

ええ、ただ連邦政府やリターニア政府の下での稼ぎとは比べ物にならないけど、それでもここでの仕事は安全性で勝ってる。

ホシグマ
ホシグマ

あはは、路地裏でリンチされることと戦場で死ぬことを比べても、どっちが安全かなんて言えませんよ。

スワイヤー
スワイヤー

話を逸らさないで。そのあと過去のニュースとか調べたんだけど、この都市の娯楽産業はボリバルでも有名だった、しかも酒類、コーヒー、砂糖に関しては、全ボリバルでトップに位置していたわ。

スワイヤー
スワイヤー

ボリバル全土よ、連邦政府だろうが、リターニア政府だろうが、ましてはシエルト・ボリビアンだろうが、あそこの大物たちはみんなこぞってドッソレスでこれらを買いこんでいる。

スワイヤー
スワイヤー

ボリバル内だけの話じゃない、アタシもよく実家でボリバル産のテキーラやコーヒーを見る、産出地がどこだったかは憶えてないけど、でもここの工場のマークだけは絶対見たことがあるわ。

ホシグマ
ホシグマ

警備員たちの装備も新しいし、気力に満ちていましたもんね……

ホシグマ
ホシグマ

つまり、娯楽業と観光業以外にも、この都市は無視できないほどの嗜好品産業をぎっちりと掌握してるってことですね。

ホシグマ
ホシグマ

あなたの言いたいことは分かりました、この街は表面では混乱してるように見えるが、実際基盤は非常に安定している、龍門のような秩序ある都市になれるポテンシャルをここは持ってるんですね。

ホシグマ
ホシグマ

面白い、小官も興味が湧いてきました。

スワイヤー
スワイヤー

それでよく疑い過ぎって言ってくれたわね。

ホシグマ
ホシグマ

スーお嬢様はさすがいい目利きをしてらっしゃる、小官みたいな無名の一兵卒なんかと比べて物にならないような慧眼をお持ちじゃないですか?だから気に留めないでくださいませ。

スワイヤー
スワイヤー

口だけは達者なんだから。

ホシグマ
ホシグマ

しかし、Missy、小官の経験に言わせると、あなたが求めてる答えはもっと簡単なものだと思いますよ。

ホシグマ
ホシグマ

どんな人であれ、自分の制御から超えた混乱要素を許す支配者なんてこの世にはいませんよ。

ホシグマ
ホシグマ
[この都市が今の状態を維持できている、ということは小官らが思う混乱は支配者からすれば取るに足らないものに過ぎません。
ホシグマ
ホシグマ

つまり、この街には強大でクレイジーな支配者がいるということです。

スワイヤー
スワイヤー

アタシも同じ結論よ。

スワイヤー
スワイヤー

この都市の市長は、カンデラ・サンチェス。

スワイヤー
スワイヤー

龍門とドッソレスの貿易はアタシん家も一枚噛んでるけど、あの人に関してはこちらも完全に理解しきってない、この街のこともね。

スワイヤー
スワイヤー

だから気になるの、一体どういう人なのか、なぜ自分の都市をこんな姿にしたのか。

ホシグマ
ホシグマ

じゃあ直接聞いてみたらいいじゃないですか、ご自分の正体を明かしたら、きっと手厚くもてなしてくれるはずですよ。

スワイヤー
スワイヤー

いやよ、言葉じゃ人を騙せても、行った事実はそうじゃないもの。

スワイヤー
スワイヤー

もう行きましょう、まだまだたくさん回りたいところがあるんだから。

スワイヤー
スワイヤー

今日は郊外にある工場を見に行きたいの、だから急ぐわよ。

(スワイヤーの歩く足音)

???
店員

お待たせしました、ご注文のかき氷です。

ホシグマ
ホシグマ

ちょっと待ってください、Missy、かき氷来ちゃいましたよ。

ホシグマ
ホシグマ

まったく、あの人ったら、たまにチェンとそっくり、せっかちなんだから。

ホシグマ
ホシグマ

まあいい、私が頂くとしよう。

ホシグマ
ホシグマ

Missy、待ってくださいよ!

(ホシグマの走る足音)

チェン
チェン

……

チェン
チェン

(あの緑色の髪、それに角……ホシグマか?)

ユーシャ
ユーシャ

なにボーっとしてるのよ。

チェン
チェン

いや、旧友を見かけたようでな。

ユーシャ
ユーシャ

龍門人?どこよ?

チェン
チェン

人が多すぎて、すぐに見えなくなった。気にするな、あいつがここにいるはずもない、きっと私の見間違いだろう。

チェン
チェン

それよりお前、自分から会う時間を決めておいて、肝心な本人が現れないとはどういうことだ?

ユーシャ
ユーシャ

ちょっと遠回りしたのよ。とりあえず入りましょう。

チェン
チェン

ここのバーってお前があの時騒いでたところじゃないか?

ユーシャ
ユーシャ

今はもう私のシマよ、いいから入って。

護衛
カジノのオーナー

姐さんじゃないですか、なにかご用でも?

チェン
チェン

……

ユーシャ
ユーシャ

ひとまず二人っきりにさせて、こいつと相談したいことがあるから。

カジノスタッフ
カジノスタッフ

かしこまりました!

ユーシャ
ユーシャ

あとウィスキーを一杯頂戴。

チェン
チェン

私は炭酸水でいい。

護衛
カジノのオーナー

かしこまりました。

チェン
チェン

で、話ってなんだ。

チェン
チェン

まさかただ私と酒を飲みたいとは言わないだろうな。

ユーシャ
ユーシャ

試合中にあるチームを追跡した、アイツら試合中にあの住宅地に結構な量の爆弾を仕込んでたみたい。

ユーシャ
ユーシャ

アイツらの会話を聞くに、あと少なくとも三から四つのチームに分かれて同じことをしてるわ。

チェン
チェン

さっきと話が……

チェン
チェン

なるほど、エルネストを疑ってるんだな。

ユーシャ
ユーシャ

あなたは違うの?

チェン
チェン

同じだ、向こうの行動規模は小さくない、ミス・カンデラの耳に届いたのも一度っきりじゃないはずだ。

チェン
チェン

きっと誰かが情報操作を仲介しているんだろう、エルネストの疑いは小さくない、それに彼じゃなくとも、ほかにいるはずだ。

ユーシャ
ユーシャ

私一人だけじゃ全部確認しきれなかったけど、一個だけ爆弾を手に入れたわ。

ユーシャ
ユーシャ

見てみる?

チェン
チェン

……遠慮しておく。

チェン
チェン

どのチームだ?

ユーシャ
ユーシャ

グレイフェザー。

チェン
チェン

そこだったのか?

ユーシャ
ユーシャ

私も予想外だったわ。

チェン
チェン

……つまり、彼女らは組織的に、計画的にとある計画を進めているということか。

チェン
チェン

しかも爆弾まで持ち出したとなれば、もはや一般的な計画ではないな。

ユーシャ
ユーシャ

どうするつもり?

チェン
チェン

先にミス・カンデラに知らせたほうがいい。

ユーシャ
ユーシャ

本当にそれでいいの?

チェン
チェン

どういう意味だ。

ユーシャ
ユーシャ

まさか知らないわけじゃないでしょうね、チェン・フェイゼ、この街の煌びやかな外見がどのようにして支えられてるのかを。

ユーシャ
ユーシャ

ミス・カンデラはここの市長として、ここで起こってる何もかもを野放しにしてるのよ。

ユーシャ
ユーシャ

こんな街に、あんな人々、本当にあなたが救うに値すると思ってるの?

チェン
チェン

……爆弾を設置してる連中を見て見ぬフリをすれば、私たちはもうひと試合参加できる、見なかったことにすればいい、とでも言いたいのか。

ユーシャ
ユーシャ

いいえその逆よ、チェン・フェイゼ。

ユーシャ
ユーシャ

私はここがどんな街なのか、どう変わっていくのかなんてどうでもいい。

ユーシャ
ユーシャ

けど私はウェイ長官の代表としてここに来た、私が気にしてるのはウェイ長官へのイメージだけ。

ユーシャ
ユーシャ

だから私からすれば、初めっからミス・カンデラの委任を完遂することしか眼中にないわ。

ユーシャ
ユーシャ

それよりもこっちは、あなたのそのパンパンに膨れ上がった正義感が溢れ出ていずれ私と対峙するんじゃないかが心配だわ。

チェンは咄嗟に顔を上げ、真っすぐユーシャを見た。

チェン
チェン

なにが言いたい?

ユーシャも動じず、同様に真っすぐ目線を彼女に返した。

ユーシャ
ユーシャ

私が言いたいのは、会ったこともない人たちにあたかも感情を抱いてるように偽るのはやめなさいって言ってるのよ、チェン・フェイゼ。

ユーシャ
ユーシャ

あなたはこの街のいざこざに首を突っ込む資格なんてない、ましてや私を責める資格すらもね。

“パリン”とひと鳴り、拳と掌が交わさった音が静かなバーで響き渡った。
チェンの拳はユーシャの顔で紙一重に止まった、ユーシャの手にキツく防がれたのだ。

チェン
チェン

……

ユーシャ
ユーシャ

……

二人の顔は止水のように平静だった、しかし眼の底にあった気迫はそれぞれの決意を露にしていた。
近くにいたカジノのオーナーからすれば、二人の沈黙はまるで無形の炎が燃えてるように見えた、その炎はますます激しさを増し、いつでも周囲の人たちを巻き込めるほどであった。
彼は思わず自分がこの店を改装するにあたってどれだけの費用を費やしたか、またどこの改装費用のほうが安かったか思い出し始めたのだ。
しかし、その炎は彼が思っていた火山噴火のような炸裂を起こすことはなかった。
しばらくの沈黙の後、チェンは拳を引っ込み、ユーシャも手を引いた。

チェン
チェン

それで罪から逃れられる理由にはならん。

ユーシャ
ユーシャ

罪から逃れるつもりなんてない。

チェン
チェン

いつか必ずお前を逮捕してやる。

ユーシャ
ユーシャ

フッ。

ユーシャ
ユーシャ

なにを以て私を逮捕するのですか、元、龍門特別督察隊隊長の、チェン・フェイゼさん?

チェン
チェン

大義だ。

ユーシャ
ユーシャ

正義よりはマシに聞こえるわね、もし本当にその日が来るのなら、大人しく首を洗って待ってるわ。

チェン
チェン

ほかに何かあるか?

ユーシャ
ユーシャ

ないわ、あなたが何をしようがこっちは手出ししない、私は私のやり方で進めてもらうわ、用件はさっき言ったヤツだけ。

チェン
チェン

この件を知ってる人は少なければ少ないほうがいい、だがどうであれ、せめてミス・カンデラに一声かけるべきだ。

ユーシャ
ユーシャ

ミス・カンデラに伝えても、彼女にできることはそうないわよ。

ユーシャ
ユーシャ

相手の目的はまだ分からない、今直接捜査や逮捕に出るにしても、相手を驚かせるだけだわ。

ユーシャ
ユーシャ

それと、携帯は使わないでちょうだい。

チェン
チェン

お前に言われる必要などあると思うか?

ユーシャ
ユーシャ

フッ、それもそうね、サツの一番得意としてることは盗聴だもの。

チェン
チェン

どうやらもう一回やりたいらしいな。

ユーシャ
ユーシャ

そんな気分じゃない。

ユーシャ
ユーシャ

ということで、あなたはミス・カンデラに伝えるといいわ、私はまだ別件があるから。

チェン
チェン

いいだろう。

ユーシャ
ユーシャ

……まさかあなたと協力する日がやってくるとはね。

チェン
チェン

こっちのセリフだ。

エルネスト
エルネスト

 大して力もないくせに、いつもあの見てくれを維持して誰に見せようとしてる、か……フッ。

(ノック音)

エルネスト
エルネスト

今日はもう店じまいですよ。

???
???

釣り竿を買いに来ました。

エルネスト
エルネスト

入ってくれ。

???
???

お兄ちゃん、毎日合言葉を変えないでもらえるかな、憶えるの面倒臭いんだけど。

エルネスト
エルネスト

それは無理な相談だな。

エルネスト
エルネスト

ラファエラ、警戒心を緩めちゃダメだ、前回のあの過失をただの軍備品の密輸入にでっち上げるのにどれだけ大変な思いをしたか分かるか?

エルネスト
エルネスト

もしミス・カンデラに少しでも嗅ぎつけられていたら、俺たちはとっくにゲームオーバーだったんだぞ。

エルネスト
エルネスト

やると決めたからには、最後までやり通さないと。

ラファエラ
ラファエラ

はぁ、わかったよ。

エルネスト
エルネスト

別に叱ってるわけじゃないんだ。お前はよくボケっとしてるけど、やるべきことはちゃんとこなしてくれてる。

エルネスト
エルネスト

俺が叱ってるのはあの事の重大さをよくわかってないバカたちだよ。

エルネスト
エルネスト

この街は愉快だよ、だが愉快だけで、どうやってボリバルで安定するって言うんだ。

ラファエラ
ラファエラ

でも結局私のことボケっとしてるって言ってるじゃん……

エルネスト
エルネスト

まさか違うって言うのかい、俺のかわいい妹ちゃん。

ラファエラ
ラファエラ

フン。

ラファエラ
ラファエラ

実を言うと、さっきまで後をつけられてたみたい。

エルネスト
エルネスト

本当か?

ラファエラ
ラファエラ

わからない、けどそんな感じする。

エルネスト
エルネスト

参加してるほかの連中にも言っておこう、普段も気を付けろって。

エルネスト
エルネスト

……いやいいや、あの連中は任務以外ならここに住んでる人たちと大差ない、調べられることもないだろう。

エルネスト
エルネスト

とにかく、任務の進捗具合はどうだ?

ラファエラ
ラファエラ

住宅地の爆弾設置はもう完了したよ。

エルネスト
エルネスト

見つかってない?

ラファエラ
ラファエラ

途中お兄ちゃんのチームの紫色した髪の毛の人に見つかったけど、お兄ちゃんの言う通り衝突はせず、回避したよ。

エルネスト
エルネスト

……相手の反応は?

ラファエラ
ラファエラ

向こうもつき纏ってこなかったよ。

エルネスト
エルネスト

俺のところにも来なかったし、まだ気づかれていないようだな……

エルネスト
エルネスト

いや、確信はできない、彼女はチェンさんより明らかに俺を信用してない、発覚してもあえて俺に隠してる可能性もある。

エルネスト
エルネスト

だがバレたとしても、あっちも迂闊には動けないはず……

エルネスト
エルネスト

はぁ、あの二人ったら一緒に行動してくれないから一度に二人とも監視できないんだよな、面倒くさい。

(無線音)

エルネスト
エルネスト

俺だ。

どんなご用件で。

エルネスト
エルネスト

もし市長が試合区域に対して捜査の動きを見せたら、すぐ俺の親父に知らせろ。

了解。

エルネスト
エルネスト

ふぅ、ひとまずはこれでいいか。

エルネスト
エルネスト

試合結果を見たぞ、計四十チームのうち俺たちの仲間は十二チーム、突破したのは九チーム、想定内だな。

ラファエラ
ラファエラ

うん、もしあの青い髪の毛のヤツが邪魔しなかったら、もう二チームぐらい片付けられたのに。

エルネスト
エルネスト

比較的あからさまな銅金を餌にほかのチームを釣って片付ける、それで俺たちのチームの突破確率を上げるなんてもとから安定した方法じゃないんだ、今のこの結果だけでも十分だよ。

エルネスト
エルネスト

第一ラウンドを突破できたのなら、第二ラウンドはほかチームの妨害に徹すればいい。

エルネスト
エルネスト

なんせ第二ラウンドはミス・カンデラの手下があちこちの近道に潜伏してるからな、元から爆弾を設置するには適さないステージだよ。

エルネスト
エルネスト

それに第二ラウンド後に船に上がったチームの中で、俺たちの身内じゃない連中は少なければ少ないほどいい、これが俺たちの第二ラウンドにあたっての目的だ、忘れてないだろうな。

ラファエラ
ラファエラ

もう、バカ扱いしないでってば、お兄ちゃん。

エルネスト
エルネスト

念には念を、だよ。

エルネスト
エルネスト

そうだ、せっかく来たんだ、今の内に伝えておこう、計画変更だ。

ラファエラ
ラファエラ

どうしたの、あの外国人二人がそんなにすごいの?

エルネスト
エルネスト

そう、あの二人、予想以上に手強くてね。

ラファエラ
ラファエラ

あの二人も片付ける?

エルネスト
エルネスト

いやいい。

エルネスト
エルネスト

一つ目、コストに対してリターンが低すぎる。

エルネスト
エルネスト

二つ目……彼女たちはいい人だ。

ラファエラ
ラファエラ

いい人?

エルネスト
エルネスト

そう、いい人だ。

エルネスト
エルネスト

もし今彼女らと知り合っていなかったら、説得してまで俺たちの味方につけさせたいと思うほどにね。

エルネスト
エルネスト

してくれるの?

エルネスト
エルネスト

さあな。だがもう今じゃ不可能だ。

エルネスト
エルネスト

だから彼女らが船に上がったら親父がリスクに晒されると俺は判断した、なるべく余計なことを起こして彼女らを引き留める必要がある。

エルネスト
エルネスト

結果から言うと、俺は船に上がれないかもしれない、そん時は陸からお前たちをサポートするよ。

ラファエラ
ラファエラ

私も手伝おうか?

エルネスト
エルネスト

必要になったら声をかけるよ、とりあえず今はそれだけ知っていればいい。

ラファエラ
ラファエラ

わかった。

エルネスト
エルネスト

少し軽い話でもしようか。

エルネスト
エルネスト

そういえば、ラファエラ、お前もこの街で何年も過ごしてきたが、ドッソレスって名前の由来はもう知ってるか?

ラファエラ
ラファエラ

うん?聞いたことないかな……でも、双日の町って言われてるんだし、二つの太陽からなんじゃないかな。

エルネスト
エルネスト

その通り。じゃあもういっちょ、二つの太陽ってどーれだ?

ラファエラ
ラファエラ

うーん……空にある太陽?

エルネスト
エルネスト

これは分かりやすいね、顔を上げれば見えるしな。

ラファエラ
ラファエラ

二つ目は……水に映った太陽?

エルネスト
エルネスト

いいね、てっきり分からないって言うと思ってたよ。

エルネスト
エルネスト

この街の海は、空にある太陽を懐に収めたんだ。

ラファエラ
ラファエラ

だってパパから聞いたことあるもん。

エルネスト
エルネスト

じゃあ、この街はもう少しでトレッソレス、三つ日の町って名前になりそうなったことは知ってるかな?

ラファエラ
ラファエラ

え?三つ日の町?

エルネスト
エルネスト

そう、もういっちょ考えてみて、三つ目の太陽ってなんだろう?

ラファエラ
ラファエラ

三つ目……

ラファエラ
ラファエラ

もしかして市長?

エルネスト
エルネスト

あははは、確かにそういう説もあるね、ミス・カンデラはこの街の太陽みたいな人だ、この街がこうでいられるのも、彼女のおかげだしね。

エルネスト
エルネスト

けど外れだ。

ラファエラ
ラファエラ

え?違うの?

エルネスト
エルネスト

市長はすごくプライドが高い人だけど、太陽と比べたりはしない、太陽の上に自分を置いてるからね。

エルネスト
エルネスト

あの人が自分とほか二つの太陽を同列に並べることなんてすると思う?三つの太陽はすべて私のものだって、彼女は言うだろうね。

ラファエラ
ラファエラ

じゃあ三つ目の太陽ってなんなの?

エルネスト
エルネスト

答えは簡単だよ、お前の親父の船にある。

ラファエラ
ラファエラ

あの人は私の養父、お兄ちゃんのお父さんでしょ……え、もしかしてあの純金でできたかわいい彫像のこと?

エルネスト
エルネスト

あはは、正解。あれがこの街の三つ目の太陽だ。

エルネスト
エルネスト

噂によると、みんなあの手この手でミス・カンデラを説得させたらしいよ。

ラファエラ
ラファエラ

……

ラファエラ
ラファエラ

なんかつまんないー。

エルネスト
エルネスト

この街に面白いものなんてあるわけないだろ。

ラファエラ
ラファエラ

でも、お兄ちゃんはここの生活を満喫してるように見えるけど。

エルネスト
エルネスト

満喫してるように見えるの?

ラファエラ
ラファエラ

違うの?

ラファエラ
ラファエラ

ここ数年市長の手伝いをしてて楽しそうに見えるけど。

エルネスト
エルネスト

もし俺がそうだとしたら、なんでまた親父に協力なんかしたんだよ?

ラファエラ
ラファエラ

さあ。私はずっとしないと思ってたよ。

エルネスト
エルネスト

……はぁ、お前の直感はいつも当たるもんだな。

ラファエラ
ラファエラ

さっきボケっとしてるって言ったくせに。

エルネスト
エルネスト

あははは。

エルネスト
エルネスト

まあとにかく、試合の準備をしてきな。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました