アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ドッソレス・ホリデー DH-8「ビーチの争奪」行動後

カンデラ
カンデラ

オホン、聞こえますか、聞こえますか?

カンデラ
カンデラ

市民の皆さん、観光客の皆さん、私です、カンデラです。

カンデラ
カンデラ

まず初めに、どうか落ち着いてください。

カンデラ
カンデラ

パンチョのことは完全に私の予想外でした、と言わざるを得ません。

カンデラ
カンデラ

私が信頼していた部下が実はずっと密かに私の街を奪おうと企んでいたなんて思いつくはずがないじゃないですか、なんて恐ろしい!

カンデラ
カンデラ

しかし、最初に言ったように、驚かれることではありません。

カンデラ
カンデラ

むしろ、パンチョに感謝したいぐらいです。

カンデラ
カンデラ

正直に言いますと、この二年間、私はずっと考えていました、どうすればグランプリをもっと盛り上げられるか、皆さんの注目を集められるか、もっと楽しんでもらえるのかと。

カンデラ
カンデラ

結果いい方法は見つかりませんでした。

カンデラ
カンデラ

だがパンチョが代わりに見つけてくれました、彼はより盛り上がるグランプリを自身の行為で私に示してくれたのですから!

カンデラ
カンデラ

グランプリはもう終わる?

カンデラ
カンデラ

いいえ、むしろその逆、この瞬間より、今大会は正真正銘の最高潮に突入しました!

カンデラ
カンデラ

全チームもこの瞬間に復活し、予想コーナーも新たに設けます。

カンデラ
カンデラ

街で暴れまわってる連中を可能な限り阻止してください、あなたたちならできると信じてますから。

カンデラ
カンデラ

ことが終えれば、私から相応の褒美を与えましょう。

スワイヤー
スワイヤー

……

ホシグマ
ホシグマ

……

カンデラ
カンデラ

あ、さっきの二人だね、私の部下が言ってたわ、さっき彼らと一緒に私の暗殺を防いでくれたって。

カンデラ
カンデラ

さあ、どうぞ座って、お礼として、あなたたちもこの特等席で私と一緒に試合を楽しみましょう。

スワイヤー
スワイヤー

あなた……正気なんですか?

カンデラ
カンデラ

もちろん正気よ。

カンデラ
カンデラ

私の目の前でちゃぶ台をひっくり返したら勝ち目はないって、パンチョも知ってのこと。

カンデラ
カンデラ

だから彼は私から預かった船で縮こまってるのよ。

カンデラ
カンデラ

もし間違っていなければ、私の知らない間で船に色んなモノを付け加えたんじゃないかな、大砲とか?

ホシグマ
ホシグマ

しかし、それだけでしたら、さして脅威にはなりませんよね?

カンデラ
カンデラ

そうね。

カンデラ
カンデラ

第二と第三ラウンドの間、各方面からいらっしゃった賓客たちを大勢船に招待してたのよ、ご自分の目で試合を楽しんで頂くためにね。

スワイヤー
スワイヤー

なるほど、その賓客たちの命がキーポイントなんですね。

スワイヤー
スワイヤー

この都市を運営するにはその人たちと付き合っていかなければならないから。

カンデラ
カンデラ

そそそ、だから今の私は彼を片付ける権利はない、あの権力者たちの手下たちが即刻彼を片付けてほしいか欲しくないか次第よ。

カンデラ
カンデラ

やれやれ、こんな大事にしておいて、結局やり方は陰湿なんだから。

カンデラ
カンデラ

大方エルネストが彼に教えたんでしょうね。

カンデラ
カンデラ

とにかく見ての通り、今私にできることはそう多くない、ただし、彼にできることもそう多くないのが現状よ。

カンデラ
カンデラ

であれば、もっと面白くしないなんてありえないじゃない?

スワイヤー
スワイヤー

しかしそれだと余計彼を刺激するのでは……

カンデラ
カンデラ

仮に彼が本当にあのお偉いさんたちを引きずり出して殺したとして、私が都市を譲ったところでどうにかなると思う?

ホシグマ
ホシグマ

分かってないですね、Missy、彼がもしこの都市を奪って戦争を引き起こすのであれば、どう転んでもあの権力者たちとやり合うハメになるんですよ。

ホシグマ
ホシグマ

じゃなきゃどっから戦争を仕掛ける資金と兵力を賄ってきたんですか?

ホシグマ
ホシグマ

小官が思うに、船にいる権力者たちの何人かは、すでに彼と話が通じてると思いますよ。

スワイヤー
スワイヤー

……

カンデラ
カンデラ

あら?二人とも若いながらも面白いわね、その恰好を見るに、ボリバルの人じゃないわね?

ホシグマ
ホシグマ

あはは、小官らは龍門から来ました、友人が二人いるんですけど今ちょうど船に上がってまして。

カンデラ
カンデラ

ん?二人はチェンさんとリンさんのご友人だったのね?彼女たちから何も聞いてないけど。

ホシグマ
ホシグマ

小官らがこっそり遊びに来たってことは、彼女たちに教えてませんので、市長さんが知らないのもおかしくはありません。

カンデラ
カンデラ

あははは、なるほどね。

カンデラ
カンデラ

であれば、もう少しだけ教えてあげてもいいかな――

カンデラ
カンデラ

この一件は私からチェンさんとリンさんに委託している事案でね、その他にも、文月さんに約束してあるのよ、ここでは絶対二人に危害を加えさせないって。

カンデラ
カンデラ

これがどういう意味か分かる?

ホシグマ
ホシグマ

時期尚早ってことですね。

カンデラ
カンデラ

分かってるじゃない、極東のお嬢さん。

カンデラ
カンデラ

もしあの二人になにかあれば、船にいるあの賓客たちもろとも、可哀そうなパンチョと一緒に墓に入ってもらわないといけなくなるわ。

スワイヤー
スワイヤー

……

ホシグマ
ホシグマ

Missy、大丈夫ですよ。

カンデラ
カンデラ

ささ、雨降って地固まるって言うじゃない、ほらほら、座って、色々お話しましょう。

(無線音)

ユーシャ
ユーシャ

終わった?

チェン
チェン

終わった。

チェン
チェン

だが状況がまずい。

ユーシャ
ユーシャ

どうやら、あなたにエルネストの相手をさせて、そのスキに私が調査するには遅すぎたわね。

チェン
チェン

……そうだな。

ユーシャ
ユーシャ

悔しい?

チェン
チェン

悔しい……だがもう仕方がない。

ユーシャ
ユーシャ

そんな単純な一件じゃないって、とっくに予測してたでしょ。

チェン
チェン

こんな大事になるとは思っていなかった。

ユーシャ
ユーシャ

ビビってるの?

チェン
チェン

まさか。

チェン
チェン

お前今どこにいる?

ユーシャ
ユーシャ

どっかの船室。

ユーシャ
ユーシャ

あなたがエルネストと話してる間、色々船内を回ってみたわ、パンチョが行動を起こす前の船内の雰囲気はまだ緩かった。

ユーシャ
ユーシャ

けどさっきの宣言をした直後、船内にいる船員や水兵がすぐさま動き出したわ。

ユーシャ
ユーシャ

今船内の警備は非常に厳重で、武装も補給もたんまりよ。

チェン
チェン

シーソーゲームの準備はできてるってことか。

ユーシャ
ユーシャ

まあ、まったく解決方法がないわけでもないわ。

チェン
チェン

というと?

ユーシャ
ユーシャ

あと、船内にいる権力者たちを一つの部屋に閉じ込めてあるわ。

チェン
チェン

強盗がよくするやり方だな……いやちょっと待て。

チェン
チェン

先に人質救出からやろう。

ユーシャ
ユーシャ

あなたも気付いたようね。

チェン
チェン

船内でどれだけ武器と補給を揃えようと、陸でどれだけ対応策を取ろうと、この都市を握ってるミス・カンデラと戦っても精々互角だ。

チェン
チェン

時間が長引けば、彼の勝算もどんどん低くなる。

チェン
チェン

あの権力者の人質は彼の盾になってるんだ。

ユーシャ
ユーシャ

フッ、その通り、あの権力者たちは三つの政府から来た大物たちよ。

ユーシャ
ユーシャ

人質として、最高の抑制力になるわ。

ユーシャ
ユーシャ

そんなに時間は必要ない、少しの間だけ、ミス・カンデラをその間だけ戸惑わせられれば。

ユーシャ
ユーシャ

彼はもっと動けるようになり、より多くの交渉材料を得られるわね。

ユーシャ
ユーシャ

けど、こっちは二人しかないのよ。

ユーシャ
ユーシャ

正直、私あまりあなたみたいな人が描いてるヒロイズム的な芝居を打つ趣味はないんだけど。

チェン
チェン

私がやる。

チェン
チェン

人質の救出はそっちに任せる、私が彼らの警戒を分散させよう。

ユーシャ
ユーシャ

まあそれでもいいわ。たぶん船には救命ボートがあるはず、ないなら海に飛び込めさせればいいだけの話ね。

ユーシャ
ユーシャ

その後は?

チェン
チェン

何がだ?

ユーシャ
ユーシャ

人質を救出しておしまいのつもり?

チェン
チェン

一人船に残って英雄気取りするつもりなら、止めはしないぞ。

ユーシャ
ユーシャ

フッ。ならそれでいいわ。

ユーシャ
ユーシャ

で、始める?

チェン
チェン

始めよう。そうだ、電話は切るな、通信はそのままにしろ。

エルネスト
エルネスト

ッ……ここは……

ラファエラ
ラファエラ

お兄ちゃん、大丈夫?

ラファエラ
ラファエラ

チェンって人にやられて気絶してたよ。

エルネスト
エルネスト

ああ、そうか、思い出した……

エルネスト
エルネスト

状況はどうなってる?

ラファエラ
ラファエラ

計画通りに進んでるよ、すでに何人かのお偉いさんがパパと協力するって。

エルネスト
エルネスト

待った、チェンさんは?

ラファエラ
ラファエラ

彼女ならお兄ちゃんを倒したあと、船であちこち暴れまわってるよ、パパから捕まえろって命令も出てる。

エルネスト
エルネスト

暴れまわってる……いや違う。

エルネスト
エルネスト

ラファエラ、はやく何人か連れて人質を抑えてる場所の状況を確認しに行け。

エルネスト
エルネスト

おそらくチェンさんはリンさんのためにスキを作ってるんだ。

エルネスト
エルネスト

彼女たちに人質を奪われたらヤバい。

ラファエラ
ラファエラ

でも、お兄ちゃんが……

ラファエラ
ラファエラ

俺なら平気だ、はやく行け。

ラファエラ
ラファエラ

わかった。

エルネスト
エルネスト

……

 

チェン
チェン

私の古い馴染がこんなことを言ってくれた、一度しこたま殴られないと、昔のそいつみたいに、私は自分の執念がいかに幼稚なただの妄執に過ぎないことに気付かないんだとな。

チェン
チェン

今でもはっきりと分かってないんだ、どれが貫いていい執念で、どれが現実を見ない妄執なのかを。

チェン
チェン

だがあいつも分かってると思う、そんなことで諦めるなんて、チェン・フェイゼじゃないとな。

 

エルネスト
エルネスト

いいなぁ、チェンさんは、自分が何をやってるのか、何をすべきなのかが分かってて。

エルネスト
エルネスト

それに対して俺はどうなんだか。

エルネストは悶えながら立ち上がり、フラフラと部屋から出ていった。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました