アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ドッソレス・ホリデー DH-9「鼠胆龍威」行動後

ホシグマ
ホシグマ

見てください、あっち、追いかけられてるのってチェンとリンさんですよね?

カンデラ
カンデラ

あら、あの二人、すごいわ、本当に大したものね……

ホシグマ
ホシグマ

はやく助けに……

(爆発音)

突如、海岸から少しだけ離れた場所にあった客船から巨大な爆発音が鳴った。

チェン
チェン

お前なにをやったんだ?

ユーシャ
ユーシャ

ちょっとしたサプライズ。

ユーシャ
ユーシャ

言ってたじゃない、人質を救助したあと何をしているんだって?

ユーシャ
ユーシャ

あれで離脱すればいいって私も思ってたけど、そういえばまだ爆弾を持ってたことを思い出してね。

ユーシャ
ユーシャ

だからちょっとしたサプライズを残してあげたってわけ。

チェン
チェン

……

ユーシャ
ユーシャ

一杯どう?

チェン
チェン

優雅に楽しみやがって。

ユーシャ
ユーシャ

ボートを動かした時に見つけたから、ちょっと飾ってみたの。

チェン
チェン

しょうもない。

ユーシャ
ユーシャ

しょうもないわね。

チェン
チェン

……

ユーシャ
ユーシャ

……

チェン
チェン

お前あの時わざと切らなかったんじゃないのか。

ユーシャ
ユーシャ

なんの話?

チェン
チェン

忘れたのか?「自分が彼らの跡を継いだ時、彼らの道だけを歩んではいけない」って言ってただろ。

チェン
チェン

お前がそれを言ってた時、通信繋がったままだったぞ。

ユーシャ
ユーシャ

……

チェン
チェン

だから、正直に答えろ、この一件で、こっちが危惧してるようなことはしていないよな?

ユーシャ
ユーシャ

……岸についたわ。

ユーシャ
ユーシャ

あなたの負けよ、爺さん。

パンチョ
パンチョ

……

パンチョ
パンチョ

カンデラに手を貸すとは、お嬢さんたち、お前たちは自分がなにをしてるのか理解できてない。

カンデラ
カンデラ

よくやってくれた、パンチョ。

パンチョの手下
パンチョの手下

カンデラ!

パンチョ
パンチョ

やめろ。こちらは負けたんだ。

カンデラ
カンデラ

賢明な判断ね、パンチョ。

カンデラ
カンデラ

さあ、座って。

パンチョ
パンチョ

カンデラ、何のつもりだ?

カンデラ
カンデラ

見て分からない?一緒に食事しましょう、こっちの奢り。

パンチョはフンと鼻を鳴らしたが、それでもカンデラの向かい側に腰を下ろした。

カンデラ
カンデラ

ほかの人なら今頃小鹿のように腰を抜かしてるはずね、その点あなたは違って気に入ってるわ、パンチョ。

パンチョ
パンチョ

気に入られる筋合いはない。

パンチョ
パンチョ

私は負けた、なのに貴様は捕らえないどころか、私をここに座らせた、なにを企んでいる?私に辱めを受けさせるためか?

カンデラ
カンデラ

少しお話をしましょう、パンチョ。

カンデラ
カンデラ

エルネストを使って私の気を逸らして、手下たちを試合に参加させ、試合を通じて市内各地に爆弾を仕込んだ。

カンデラ
カンデラ

最後には第三ラウンド開始直前に蜂起し、船にいた富豪たちと権力者を盾に私を抑制した。

カンデラ
カンデラ

さすがね、おそらく今回の一件で、私はもう少しでこの都市を失うところだったわ。

パンチョ
パンチョ

※ボリバルスラング※、理解できん、カンデラ、今回の計画のために、私と部下たちがどれだけ心血を注いできたことか。

パンチョ
パンチョ

なのに貴様は、偶然知り合ったどこの馬の骨もわからぬ異邦人に、この事件を彼女たちに委ねた。

パンチョ
パンチョ

そして彼女たちは、あろうことか私の計画を壊した!!!

パンチョ
パンチョ

なぜ貴様のような人が勝つのだ?

カンデラ
カンデラ

私が勝った?

カンデラ
カンデラ

何を言ってるの、パンチョ、どうやら私の街に長年居座るあまり、私がどういう人間なのかすら忘れてしまったようね。

カンデラ
カンデラ

それとも、今まで一度も私を理解していなかったのかしら。

カンデラ
カンデラ

あなたの相手が私だったことは一度もない、ましてや私に負けたことすらない。

カンデラ
カンデラ

あなたはただ失敗しただけ、単純な話よ。

カンデラ
カンデラ

忌み嫌う街で生活して十数年、三つの政府を罵倒しておきながら、私を下ろすためにそのうちの一つの手を借りざるを得なかった。

カンデラ
カンデラ

当ててあげましょうか、リターニアの人でしょ、あ、誰なのかもうおおよそ分かったかも。

カンデラ
カンデラ

教えて、パンチョ、あなたが何を考えているのかを、なぜあの骨の髄までしゃぶりつくすような連中の手を借りたのかを。

パンチョ
パンチョ

……

カンデラ
カンデラ

あ、なるほど、屈辱を忍ぶことを学んだのね。

カンデラ
カンデラ

なぜ私に尻尾を振らなかったの?

カンデラ
カンデラ

どうして私はあなたを助けないって分かったの?

カンデラ
カンデラ

正直ね、パンチョ、もし私に助けを求めてきたら、あなたに人と金を渡してあなたが一番愛してやまない戦争を本当にしてあげられたかもしれないのよ。

カンデラ
カンデラ

そして仮にあなたが勝ったら、この街もあなたを寄り縋るようになる。

カンデラ
カンデラ

これ以上美味しい方法はないと思んだけど。

カンデラ
カンデラ

貴様に首を垂れるなんぞ死んでもするものか。

カンデラ
カンデラ

はぁ、そういうところ、あなた頑固過ぎるのよ。

カンデラ
カンデラ

あなたみたいな人たちって、完璧とか、独立とかって言葉にいつも非現実的な期待を抱いている。

カンデラ
カンデラ

自分たちを繋ぎ合わせてくれるような風潮を妄想して、自分たちを団結させてくれる象徴をずっと追い求めている。

カンデラ
カンデラ

しかし事実として、ボリバルは最初から独立したことはないし、歴史すら持たない、ましてや風潮や、象徴なんてあると思う?

カンデラ
カンデラ

仮にあなたが成功したところで、あなたが建てたボリバルは本当に自分が想像していたボリバルなの?私にそんなビジョンは見えないわ。

パンチョ
パンチョ

貴様が何を言おうが、私が憂いているのは最初から戦争を終結させ、ボリバルに平和をもたらすことだけだ。

パンチョ
パンチョ

私は今日で敗れた、煮るなり焼くなり好きにしろ、カンデラ。

パンチョ
パンチョ

だが覚えておけ、私がやったことは正義ではないかもしれんが、少なくとも貴様よりは正義だ!

カンデラ
カンデラ

あ、ごめんなさい、いやだ私、またあなたの後ろに潜んでいる人たちとあなたをごちゃ混ぜにしちゃったわ。

カンデラ
カンデラ

あなたは私が思い描いているあの類の人じゃない、心の底からこの国を救おうと考えているもの、だから今ここに座れている。

カンデラ
カンデラ

しかし、失敗した罰として、あなたを彼らの代表として見なすことにするわ、そっちのほうが楽だしね。

カンデラ
カンデラ

私は一度も正義を名乗ったことはないわ、パンチョ。

カンデラ
カンデラ

私は三政府が何を企んでいようがどうでもいいし、あなたたちのボリバルにも興味はない。

カンデラ
カンデラ

実際、私はこの都市に無我夢中になっているってあなた言ってたけど、それも誤解よ、この都市のことも私にはどうでもいいの。

カンデラ
カンデラ

私が気にしてるのはこの都市が表してる意味よ。

パンチョ
パンチョ

意味だと?死ぬまで娯楽に耽ることが貴様が気にしている意味というのか?

カンデラ
カンデラ

はぁ、その頑固具合だと、一生お金の意味を理解できそうにないわね。

カンデラ
カンデラ

まあいいや、この爺さんを連れてってちょうだい、あとでまたじっくりお話してあげるから。

カンデラ
カンデラ

残りの抵抗しようとする連中のことは、どう処理するか分かってるわよね。

護衛
護衛

承知しております。

ユーシャ
ユーシャ

……

チェン
チェン

……

ホシグマ
ホシグマ

やれやれ、さっきの場面、鴻門の会と言ったところでしょうか。

ホシグマ
ホシグマ

隣で見てただけでも鳥肌立ちましたよ。

スワイヤー
スワイヤー

昔お父様とお爺様が一緒に会食していたような雰囲気だったわ、正直キツい。

チェン
チェン

確かにな。

チェン
チェン

ホシグマ!?

ユーシャ
ユーシャ

スワイヤー!?

ホシグマ
ホシグマ

よお。

スワイヤー
スワイヤー

二人ともびしょ濡れじゃない、はやくタオルか何かで拭きなさい。

チェン
チェン

なんでこんなところにいるんだ!?

ホシグマ
ホシグマ

あははは、話せば長くなります、あとでメシの時にゆっくり話しますよ。

スワイヤー
スワイヤー

はぁ、こんな状況でご飯食う食欲なんてないわよ。

カンデラ
カンデラ

お二人とも、いやね私、パンチョと話してばっかりで、最大の功労者をすっかり忘れていたわ。

カンデラ
カンデラ

ちょっと、そこの、至急ドローンをこっちに寄越して、あとライトアップも忘れないように!

カンデラ
カンデラ

二人ともお見事だったわ、それしか言葉が出ないぐらいに。

カンデラ
カンデラ

ウェイはこんなにも素晴らしい若者を二人も紹介してくれた。

カンデラ
カンデラ

そして二人は今回のグランプリに見事なクライマックスを飾ってくれた。

チェン
チェン

グランプリ?クライマックス?

カンデラ
カンデラ

そ、いつも通りなら、今もたくさんの人がテレビの前で私たちのことを見てると思うわ。

カンデラ
カンデラ

船内で起こったことは撮り損ねちゃったけど、チェンさんが甲板でパンチョと対峙してたあのシーンは、きっとみんなの心に深く刻まれているはずよ。

カンデラ
カンデラ

たぶん、みんなあなたたちのために歓声を上げてるんじゃないかしら。

チェン
チェン

……以前言ってましたよね、自分がいれば、誰だろうとこの街を脅威に晒させはしないと。

カンデラ
カンデラ

ええ、そうよ、何か問題でも?

チェン
チェン

さっきまで起きていた出来事は脅威として見ていないのですか?

カンデラ
カンデラ

あははは、チェンさん、あなたはやっぱりまだまだ若いわね。

カンデラ
カンデラ

脅威とは何か?この都市が更地にされること?ここの住民たちが皆殺しにされること?

カンデラ
カンデラ

どれも違う、違うのよ、チェンさん。

カンデラ
カンデラ

本当の脅威というのは人々が欲望を抱かなくなること、享楽を追い求めなくなることよ。

カンデラ
カンデラ

あなたは長年警察を務めていたわね、そうなる可能性はあると思うかしら、チェンさん?

チェン
チェン

……

カンデラ
カンデラ

あ、その表情が答えを言ってくれてるわね。

カンデラ
カンデラ

ほら、あなたも分かっての通り、答えは不可能なのよ。

カンデラ
カンデラ

つまり答えが不可能である限り、この都市は永遠に存在し続ける、ドッソレスがなくなろうと、ドッソレスはあり続ける。

カンデラ
カンデラ

 私が幾らでも、創り出してあげるから。

チェン
チェン

……

カンデラ
カンデラ

ただし、それであなたたちがこの都市の英雄であるという事実を覆い隠すことはできないわね。

カンデラ
カンデラ

おっと、いやだね、私ったらまた忘れていたわ。

カンデラ
カンデラ

パーティの準備はできてる?

護衛
護衛

ほぼ完了しております。

カンデラ
カンデラ

私のマイクはどこに……お、あった。

カンデラ
カンデラ

オホン、えー市民の皆さん、観光客の皆さん、今皆さんがテレビの前にいようが、ビーチにいようが構いません。

カンデラ
カンデラ

謹んで今回の極限トライアスロングランプリ大会の優勝者を、同時この都市を救ってくださったヒーローたちをご紹介致しましょう。

カンデラ
カンデラ

龍門からいらした二人のヒロイン――チェン・フェイゼさんと、リン・ユーシャさんです!

カンデラ
カンデラ

そしてパンチョさんにも自身の献身的な行動で素晴らしいショーを見せてくれたことに感謝を申し上げます!

カンデラ
カンデラ

ではこれより、ビーチでパーティを執り行うので、皆さんもぜひこぞって参加ください!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました