今後時間を掛けてブログに記載されている情報などを修正予定です。一時的に更新が滞ったりレイアウトなどが乱れるかもしれません。
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章1話「嵐の突撃」

“冬眠する山が高い煙突を背負って”
“ガラガラと履帯が我が家を引きずりながら走っていく”
“排水溝で錆びた釘が打たれたドングリを見つけた”

(部隊の足音)

ホルン
ホルン

こちら倉庫に侵入した。偵察班、状況報告を。

(無線音)

???
トライアングル

隊長、南東方向に生命体の痕跡あり。そちらから棚七つ分先の距離にあります、活動範囲は一メートル。

ホルン
ホルン

数は?

???
トライアングル

一人です。

ホルン
ホルン

源石反応は?

???
トライアングル

まだ発見してません。

ホルン
ホルン

よし、各自ポジションに就け。

(無線音)

ホルン
ホルン

バグパイプ?

バグパイプ
バグパイプ

ラジャー!

ホルン
ホルン

なにを探してるの?

バグパイプ
バグパイプ

隊長、なんか歌声が聞こえませんか?

ホルン
ホルン

ちゃんと集中して。それはターゲットが油断してるってことよ。

ホルン
ホルン

作戦プラン通りに行くわよ、私が合図を出したら、あなたが突入して。それじゃ、行くわよ。

ホルン
ホルン

5、4、3……

ホルン
ホルン

よーい――

(爆発音)

バグパイプ
バグパイプ

遮蔽物を破壊!

慌てている青年
慌てている青年

うわ――

慌てている青年
慌てている青年

ゴホッゴホッ……な、なんだ?急にすげー煙が出てきた!

ホルン
ホルン

動くな!その場で両手を上げて!

慌てている青年
慌てている青年

なっ……なっ……お前ら……ヴィクトリア兵か?

バグパイプ
バグパイプ

なんでウチらをそう呼ぶんだべ?あなただってヴィクトリア人でしょ?

慌てている青年
慌てている青年

くっ……

ホルン
ホルン

逃げるつもりだわ。チェロ、取り押さえて!

バグパイプ
バグパイプ

隊長、あの人出口に向かわないで、逆の方向に走っていきましたよ――

ホルン
ホルン

!!

ホルン
ホルン

トライアングル!ターゲットが後ろの棚に突っ込んでいった!源石反応を探知したら、すぐにクロスボウを撃て!

ホルン
ホルン

そのほかは、私の盾の後ろに集合して!

ホルン
ホルン

はやく!!

(部隊の足音)

ホルン
ホルン

バグパイプ、なにしてるの!?

バグパイプ
バグパイプ

(バグパイプが青年を取り押さえる)

バグパイプ
バグパイプ

取り押さえた!みんなはやく逃げて!

ホルン
ホルン

あなた――

バグパイプ
バグパイプ

――!

???
トライアングル

隊長、源石反応はなし、バグパイプが抑えているあれは爆弾じゃありません。

バグパイプ
バグパイプ

ふぅ!ビックリしたぁ。

ホルン
ホルン

……ターゲットは?

バグパイプ
バグパイプ

すいません、ちょっとタックルが強すぎました。しばらく起き上がれないみたいです。

ホルン
ホルン

じゃあここにある箱って……

バグパイプ
バグパイプ

見てみますね、全部ジャガイモにニンジン、それにカリフラワーまでありますよ!でもウチのせいで潰れちゃった。勿体ないなぁ、みんな美味しそうだったのに。

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

引き続き警戒して。

バグパイプ
バグパイプ

これと、これと、それとこれ……全部一緒だ。隊長、この倉庫内にあるの全部食料ですよ。

ホルン
ホルン

トライアングル、ほかに接近してくる人がいるか周囲を警戒しておいて。

ホルン
ホルン

オーボエ、バグパイプと一緒に倉庫を調べて。なにかあったら連絡を。

ホルン
ホルン

チェロ、地面に倒れてる人を縄で拘束して。

慌てている青年
慌てている青年

うう……

ホルン
ホルン

ちょっといいですか、少し聞きたいことがあります。

慌てている青年
慌てている青年

お、俺はなにも知らねぇよ、毎日ここでジャガイモを摺りつぶしてただけだ。

ホルン
ホルン

あなたはモナハン町の住民ですか?

慌てている青年
慌てている青年

そうだ……

ホルン
ホルン

じゃあゴースト部隊を聞いたことはありますか?

慌てている青年
慌てている青年

ゴースト……なんだ?は、はは……部隊ってお前らのことだろ?

慌てている青年
慌てている青年

ローリーを、ジュリアとクリスたちを連れ去っていったのも……今度は、俺の番だってか?

ホルン
ホルン

落ち着いてください。

ホルン
ホルン

聞いてください。昨晩この倉庫に源石製品が送られて来たという目撃情報があるんです。しかし今それらしきモノが見当たりません。それについてお聞きしたんです。

慌てている青年
慌てている青年

聞く?俺の首に縄をかけるんじゃなく、本当にただそれを?そ、それは……ペッ。

バグパイプ
バグパイプ

こら!なんでツバ吐いた?地面を汚したらダメだべ!

ホルン
ホルン

なにか見つかった?

バグパイプ
バグパイプ

いいや隊長、どこもジャガイモだらけでした。もし情報に間違いがなければ、アイツらもかなりはやくから動いてましたよ。

ホルン
ホルン

わかった。

ホルン
ホルン

彼を連行するわ。きっとなにか知ってるはずよ、まだ話したくないみたいだけど。

慌てている青年
慌てている青年

だから……お前らも同類だって言ってんだよ!俺たちの落ち度を見つけ出すことばかりに脳みそを回して、俺たちを痛めつけやがって……このヴィクトリアの人食いどもが!

バグパイプ
バグパイプ

なに?また?この人はヴィクトリアの同胞をヴィクトリア人って言えば侮辱になるとでも思ってるの?よく分からないべ。

(無線音)

???
トライアングル

隊長、誰か来ました。

ホルン
ホルン

人数は?

ホルン
ホルン

(散開するわよ。)

バグパイプ
バグパイプ

(了解です、隊長。)

???
慌てている青年

それが隊長、身内のようです。

(足音)

ケリー大尉
???

ここにいたか。

(部隊の足音)

???
ヴィクトリア兵

……

バグパイプ
バグパイプ

(隊長、囲まれましたよ。)

ホルン
ホルン

(頭数で言えば、ね。)

バグパイプ
バグパイプ

(話し声を聞くに、外で待機してる人はそう多くないみたいです。私が壁を壊せば、まだチャンスがあるかもしれませんよ!)

ホルン
ホルン

(いいから静かにして。)

ケリー大尉
???

どうやら先ほどまで熾烈な戦いがここで起こっていたようだな。

(ホルンの足音)

ホルン
ホルン

第七前線歩兵連隊、第二ストーム突撃部隊隊長のリタ・スキャマンダーです。

ケリー大尉
???

御機嫌よう、スキャマン……スキャマンダー中尉。

ホルン
ホルン

覚えづらい名前をしておりますので、ホルンとお呼び頂いて結構です、大尉。

ケリー大尉
???

そうしよう、ミス・ホルン。私はケリー、ルイス・ケリーだ。申し訳ない、こちらはあまりコードネームでの呼び合いに慣れていなくてね。

ホルン
ホルン

ケリー大尉、大尉たちもこの倉庫を調査するためにやってきたのでしょうか。

ケリー大尉
ケリー大尉

そうだ、こちらも情報を掴んでいたのでね。

ホルン
ホルン

では事の重大さにお気づきかと思います。多数の非合法源石製品が、何者かによって二か月前に軍用輸送通路で窃盗され、ここら一帯で消息を絶ちました。

ケリー大尉
ケリー大尉

オホン……

ホルン
ホルン

こちらが言わなくともお分かりでしょう、大尉。あれだけの武器と、近頃周囲の町から窃盗されたモノも加えて、もしすべて犯罪者の手に渡ってしまえば、モナハン町が受けた以上の脅威を受けることになります。

ケリー大尉
ケリー大尉

……なるほど、説明してくれたありがとう。理解したよ。

ホルン
ホルン

ご協力頂ければ幸いです。

ケリー大尉
ケリー大尉

ヒール!

ヒール副官
ヒール副官

ここに。

ケリー大尉
ケリー大尉

この若者……容疑者を軍営に連行しろ。

バグパイプ
バグパイプ

え?その人はウチらがせっかく見つけた手がかりなんですよ!

ヒール副官
ヒール副官

長官、彼女が我々の任務を妨害しておりますが。

ケリー大尉
ケリー大尉

ふむ……

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

バグパイプ、手を放しなさい。

バグパイプ
バグパイプ

けどウチらの任務は――

ホルン
ホルン

――今私たちがいる場所はモナハン町なのよ。

ケリー大尉はポケットからハンカチを取り出し、額の汗を拭きだした。

ケリー大尉
ケリー大尉

協力してくれて感謝するよ、中尉。あなたとそちらの若いヴィーヴルのレディ、それとほかの方たちも……

ケリー大尉
ケリー大尉

オホン、わざわざロンデニウムから駆けつけてくれたのだ、さぞかし困難な道のりにお疲れなのだろう。

ホルン
ホルン

ヴィクトリア軍人として当然の責務を全うしただけです。

ケリー大尉
ケリー大尉

そうだな。では、もしまだモナハン町で活動を続けたいのであれば……

ホルン
ホルン

引き続き源石製品が窃盗された案件の調査にあたります、これはロンデニウムからの命令でもありますので。ハミルトン大佐もご理解頂けるでしょう。

ケリー大尉
ケリー大尉

もちろん、もちろんだとも。私たちと一緒に軍営に戻ることも可能さ。

バグパイプ
バグパイプ

隊長、本当にターゲットをコイツらに渡すんですか?コイツら絶対わざとですよ!ウチらが町内に入ってからつけられてましたって!

バグパイプ
バグパイプ

そんでウチらがとっ捕まえた今――

ホルン
ホルン

「帝国駐留軍は駐留地で発生した公共安全に危機を及ぼす事件に対して責任を持って対応する。」

ホルン
ホルン

彼らは規定を違反していないわ。

バグパイプ
バグパイプ

はぁ……わかりました。

ホルン
ホルン

大尉、その人はそちらに引き渡します。規定に従って、こちらにはまだ尋問に参加する権利が残されています――どうかお忘れなきよう。

ケリー大尉
ケリー大尉

あ、あはは……もちろん規定通りに。

慌てている青年
慌てている青年

い、いやだ……放せ!やめてくれ!

ヒール副官
ヒール副官

フッ……

慌てている青年
慌てている青年

た……助けてくれ!俺はなにもしてねぇ……なにも知らねぇんだ……

慌てている青年
慌てている青年

あああああ!

(ヒールが青年を殴る)

ケリー大尉
ケリー大尉

ヒール……

ヒール副官
ヒール副官

どいつもこいつも騒がしい連中だ、タラトのクズどもは。

ケリー大尉
ケリー大尉

……連れて行け。

バグパイプ
バグパイプ

えぇ、なんだべさあの仕打ち!

バグパイプ
バグパイプ

(隊長、なんか……あのフェリーンの若者、ウチらに助けを求めていたようでした。アイツらに連行されていく事を怖がっていたような。)

ホルン
ホルン

(……)

ホルン
ホルン

(トライアングル?)

???
トライアングル

はい、隊長。今外の樹上のいつもの位置にいます、気付かれていません。

ホルン
ホルン

(結構。偵察班を連れて、引き続き輸送通路沿いに付近を調査して。なにかあればすぐに報告。)

???
トライアングル

了解。隊長、軍に通報を入れますか?

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

いい。

ホルン
ホルン

……自分の安全を最優先にしなさい。

タイトルとURLをコピーしました