今後時間を掛けてブログに記載されている情報などを修正予定です。一時的に更新が滞ったりレイアウトなどが乱れるかもしれません。
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章2話「ゴーストハザード」行動前

(Outcastの足音)

Outcast
Outcast

モナハン町……

Outcast
Outcast

中型の移動都市で、ロンデニウムからそう遠くない距離にあり、農業と軽工業を主産業としていて、各都市との関係はそれほど緊密なものではない――

Outcast
Outcast

情報と完全に一致してるな。

(無線音)

ブレイズ
ブレイズ

Outcast、そっち着いた?

Outcast
Outcast

着いてまだ一分だ。君は私にGPSでもつけているのか?

ブレイズ
ブレイズ

一晩中十何回もコールしたんだけど!

Outcast
Outcast

荒野で急いでいたんだ、信号が悪くて当然だろ。

ブレイズ
ブレイズ

はぁ、そっか。先に言っておくけど、私が焦ってるんじゃなくて、Miseryにうるさく言われてかけてたんだからね。

ブレイズ
ブレイズ

彼の性格なんて君もよく知ってるでしょ、あれも心配これも心配で。心配してるのはともかく、君が任務に出るだけであの様子なのに、まったく皺が増えないなんてどうかしてるよ!?

Outcast
Outcast

――ああいう性格じゃなければ、Miseryとは呼ばないさ。

ブレイズ
ブレイズ

確かに。じゃあ真面目話に戻るけど、そっちの都市はどう?

Outcast
Outcast

至極普通だな。

ブレイズ
ブレイズ

じゃあ情報が間違ってるのかな、こういう規模の都市なら、ヴィクトリアでも少なくとも三四十個ぐらい――

Outcast
Outcast

ロンデニウムの太陽がいくら眩しかろうが、光が届かない場所はある。

Outcast
Outcast

君も資料を見て気付いてるだろ、モナハン町の管轄権限は今のところどの大貴族の手にも渡っていない。二人ぐらいこの移動都市に興味を示している伯爵はいるが、まだ行動には出ていない。

ブレイズ
ブレイズ

それって、手に入れても大して美味しくないからかな?

Outcast
Outcast

ああ、ここの普通さのせいでもあるのだろう。

Outcast
Outcast

普通な場所であればあるほど、容易く闇が潜むようになる。ロドスがいつ動こうが、道を探るにはいい機会になる。

ブレイズ
ブレイズ

わかった、じゃあ私に引き継いでほしかったら、いつでも言ってね。さっきコナー町に行こうとしてたから、そっちからも近いし。

Outcast
Outcast

感染者を安置する仕事はキツいぞ。君たちの仕事と比べて、私はただパシリにきただけだ、下手したら大半の時間は事務所でお茶するかもしれないぞ。

ブレイズ
ブレイズ

ウソおっしゃい、嵐が来てるのに、あなたみたいなサンクタがお茶を楽しむわけないでしょ!?

Outcast
Outcast

はぁ、いい加減引退してのんびり生活したいものだよ。

ブレイズ
ブレイズ

……全然そんな感じしないけど。

ブレイズ
ブレイズ

まあいいや、とりあえず自分たちの仕事に集中して、さっさと帰りましょう。Outcast、確かまだたくさんのサンクタの新人オペレーターたちが君の射撃授業を待ってるんだからね?

Outcast
Outcast

心配いらない、たまには自習時間も設けてやったほうがいい。

ブレイズ
ブレイズ

それと、必要ないと思うけど、Miseryがどうして伝えておけって言われたから言うけど――

ブレイズ
ブレイズ

気を付けてください、Outcast、向かう道に危機が及びませんように、だってさ。

(無線が切れる音)

Outcast
Outcast

危機か……ないように思うか?

 

Outcast
Outcast

はは、こういった場所は、あまり性に合わないな。

6:50a.m. 天気/曇り
モナハン町ヴィクトリア駐屯軍営尋問室、廊下

バグパイプ
バグパイプ

隊長、ここ空気が籠って息苦しくないですか、全然換気されてませんよね。

ホルン
ホルン

それ去年の連続爆発事件で容疑者に問いただしていた時も同じこと言ってたけど。

バグパイプ
バグパイプ

慣れないもんは慣れないんですって。隊長、チェロを呼んだらどうですか。あの2メートルもある図体なら、少なくとも相手の腰を抜かすぐらいならできますよ。

ホルン
ホルン

あなたが容疑者の前で鉄製の机を拳一発で殴り壊せば同じでしょうが。

バグパイプ
バグパイプ

あ、あはは……あれはちょっと暴走しちゃったと言いますか。アイツあの時子供を二人人質にして、亡くなった方の親族にわけわからんこと喚いてたんですよ、隊長だってあの時怒っていたんじゃないですか?

ホルン
ホルン

私ムカついてた?

バグパイプ
バグパイプ

アイツの首の禁固装置に手の跡がつくぐらいには。その場にチビるぐらい怯えちゃって、スラスラと仲間の名前と爆弾がある座標を教えてくれるほどでしたよ。

バグパイプ
バグパイプ

ほぼ隊長の功績みたいなものですよ?

ホルン
ホルン

あれは必要な尋問だったの。

バグパイプ
バグパイプ

はぁ、そういう手段とかウチは全くできないんですよね、尋問に関する基礎的な倫理の授業もギリギリ単位取れたぐらいですし、なんなら普段の宿題なんか友だちのを写していましたし。

ホルン
ホルン

ならちょうどいいわ、どうせ今日の私たちの主要任務は傍聴だからね。

バグパイプ
バグパイプ

そうだったべ!けど隊長、もうそろそろ時間じゃないですか?どうして誰も案内してくれないんでしょう?あの大尉から7時に尋問が始まるって言われてましたよね?

ホルン
ホルン

……あと4分よ。

(ホルンの足音)

ホルン
ホルン

すみません、ケリー大尉はいらっしゃいますか?ここで会う約束をしてるのですが。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

さあな。

ホルン
ホルン

7時にここで尋問が行われますよね?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

知らん。

ホルン
ホルン

今日午後に現地民の男性が非合法源石製品を密輸入した容疑で逮捕されています。彼がどこに拘禁されてるかご存じですか?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

ほかを当たってくれ。

バグパイプ
バグパイプ

口を開けば知らないとしか言いませんね……

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

多分だけど、モナハン町とロンデニウムでの時間の捉え方が違うんじゃないかしら。

バグパイプ
バグパイプ

え、そうなんですか?

ホルン
ホルン

少なくともケリー大尉はね。

バグパイプ
バグパイプ

ですね、あはは!

ホルン
ホルン

郷に入っては郷に従うしかなさそうね。

バグパイプ
バグパイプ

……

バグパイプ
バグパイプ

もう10分過ぎてますよ……

ホルン
ホルン

そんなに時間と睨めっこしても来ないものは来ないわよ。

ホルン
ホルン

ちょうどいい、昨日無断で突っ込んでいった件について話しましょうか。

バグパイプ
バグパイプ

え?隊長、あれは……

ホルン
ホルン

誤魔化そうと思わないことね。聞くけど、私が戻れと命令したのに、どうして突っ込んでいったの?

バグパイプ
バグパイプ

隊長、あの時はほかの人に戻れって命令してませんでした?

ホルン
ホルン

……

バグパイプ
バグパイプ

倉庫に入る前、隊長から必ず容疑者を生け捕りにしろって命令を受けましたよ。

ホルン
ホルン

あれは最初の命令よ。

バグパイプ
バグパイプ

でも、命令は命令ですよね?

バグパイプ
バグパイプ

隊長、あの時その場にいた全員は容疑者が爆弾を爆発させると思ってましたよね?けどウチはウチしかこの任務を遂行できないとあの時判断しました。

バグパイプ
バグパイプ

ウチが衝撃波を押さえておけば、容疑者を死なずに済みますし、隊長たちの安全も確保できたはずです。

バグパイプ
バグパイプ

もちろん、隊長のシールドを疑ってるわけじゃありませんよ……前回サルゴン傭兵の成形炸薬爆弾からウチを守ってくれたこと、忘れてませんから。

ホルン
ホルン

……私が言いたいのはそれじゃない。

ホルン
ホルン

もし、もしもの話よ、あの貨物の中身が本当に爆弾だったとしたら、あなたは重傷を負ってたかもしれないし、下手したら命を落としてたかもしれないのよ。

バグパイプ
バグパイプ

え?そんなことないですよ。盗まれた源石製品に高基準な爆発物はありませんでした、改造されたとしても、ウチらが実戦演習で使った破城弾より威力は低いはずですよ?

バグパイプ
バグパイプ

えへへ、それにウチの身体なら持ちこたえられますって。

ホルン
ホルン

作戦時は過度にヴィーヴルの身体素質に依存するな。何度も言ったでしょ?

バグパイプ
バグパイプ

えっとー……五回ぐらい?

ホルン
ホルン

十回は言ったはずよ。スリム先生からもそう教わったはずでしょ。

バグパイプ
バグパイプ

教わった……ことあったかな?あ、あはは……

ホルン
ホルン

ヘラヘラしても無駄。私はあなたの隊長なの。部下全員の安全責任を背負ってるんだから。

バグパイプ
バグパイプ

ごめんなさい、隊長……

ホルン
ホルン

帰ったら、分かってるわよね?

バグパイプ
バグパイプ

罰で走るのはいいですけど……でも隊長晩ご飯抜きは許して下さい。

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

はぁ。

ホルン
ホルン

たまにあなたがどうしようもなく思う時があるのよね。バグパイプ、あなたは私の部下で最も優秀な戦士だわ。作戦能力が秀でてる以外、命令遵守への執着も……いつも予想を上回る。

バグパイプ
バグパイプ

そりゃもちろんですよ!小さい頃お母ちゃんに教わりましたからね、「ヴィーヴルなら強くなり続けなきゃ」って!

バグパイプ
バグパイプ

大雨を凌げてもなんのその、麦が濡れる前に回収してやらないと、貴重な食料が腐っちゃいますからね!

ホルン
ホルン

……褒めてるわけじゃないんだけど。

ホルン
ホルン

もういいわ。私がいくら口酸っぱく言っても……

ホルン
ホルン

あなたがそう簡単に変わるわけないものね。

バグパイプ
バグパイプ

大丈夫です、隊長、隊長の顔なんてまだまだ生易しいほうですから……目をかっ開いて汚いヴィクトリア語の悪口を吐いてくる不気味な連中なんてもう見慣れましたからね!

ホルン
ホルン

はいはい、そんな無意味なこと言っても正真正銘のヴィクトリア軍人が揺らぐわけないから。

ケリー大尉
ケリー大尉

……つまり?

ケリー大尉
ケリー大尉

それは……本当にそうなさるおつもりですか?

ケリー大尉
ケリー大尉

ダミアンは……いえ、バリーのことです、彼は昔から誠実な子でした、私が保証致します、きっとなにか誤解が……

ケリー大尉
ケリー大尉

……

ケリー大尉
ケリー大尉

その通りでございます。

ケリー大尉
ケリー大尉

申し訳ございません。はい、命令には必ず遵守致します。

ケリー大尉
ケリー大尉

ええ、あのロンデニウムから来た人たちならまだここに……

ケリー大尉
ケリー大尉

承知致しました。お伝え致します、長官。

ケリー大尉
ケリー大尉

ご安心くださいませ。いついかなる時も、私は一人の……ヴィクトリア軍人ですから。

バグパイプ
バグパイプ

はぁ、隊長、また時間覗いてましたよ。

ホルン
ホルン

私はあなたと違って、所かまわずボーっとするわけにはいかないの。

バグパイプ
バグパイプ

隊長、実を言うと、ウチあのフェリーンのこと考えてました。彼が歌ってた歌結構好きなんですよね。

バグパイプ
バグパイプ

なんでか知りませんけど、想像してみたら、トラックを運転しながら歌ったら似合いそうなんですよね。

バグパイプ
バグパイプ

「冬眠する山が駄獣を背負って~」

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

……

バグパイプ
バグパイプ

なんかあの人に睨まれた。音外しちゃってたかな。

ホルン
ホルン

歌詞が間違えてるわよ。

バグパイプ
バグパイプ

そっか!牧獣だっけ?部屋だっけ?それか耕運機だっけ?

バグパイプ
バグパイプ

そこにいるモナハン町の兵士さん、この歌の歌詞知ってる?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

……その歌をここで歌うんじゃない。

バグパイプ
バグパイプ

ごめんなさい、もしかして規定違反だった?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

せめて私たちの前であの連中の歌を歌わないでくれ。

バグパイプ
バグパイプ

あの連中?どの連中?ちょっと何を言ってるのかよくわかんない。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

私をバカにしてるのか、ヴィーヴル?

バグパイプ
バグパイプ

え?なんで怒ってるのさ?

ホルン
ホルン

……バグパイプ。

バグパイプ
バグパイプ

おっかしいなぁ。

ホルン
ホルン

今はお話する時間じゃないでしょ。

バグパイプ
バグパイプ

あ、いやそうじゃなくて……隊長、なんか中からも歌声が聞こえてきましたよ!

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

そうね。

薄暗い廊下の奥から流れて来たその歌声は、より低く、より荒んでおり、時折強い咳によって途切れ途切れとなっていた。

バグパイプ
バグパイプ

もしかして奥にいるの?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

おい、勝手に入るんじゃない!

バグパイプ
バグパイプ

やあ!えっと――昨日郊外の倉庫で逮捕された人だべか?

???
弱りきった青年

ゴホッゴホッ……はぁ……それってダミアンのことか?可哀そうに……あいつならとっくに連れて行かれたよ……

バグパイプ
バグパイプ

えぇ!?それっていつ?なんでウチら知らされてないのさ!

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

どこに連れて行かれたの?

???
弱りきった青年

どこって……ははは……どこって……

???
弱りきった青年

あいつは……もう……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

黙れ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

貴様もあいつと同じ目に遭いたいのか!?

バグパイプ
バグパイプ

こら、なんで彼を脅かしてるの?昨日連れてこられた人はどこに行ったんだべ?

慌てている青年
弱りきった青年

はぁ……はぁ……あいつなら家に帰ったさ。

バグパイプ
バグパイプ

家に……帰った?

バグパイプ
バグパイプ

釈放されたってこと?まさか本当にゴースト部隊と関係がなかった?隊長――

ホルン
ホルン

……入らせてください。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

許可が下りていない、犯人と会話することは許可できない。

ホルン
ホルン

――

ホルン
ホルン

ケリー大尉に合わせて。そこをどきなさい、彼がここにいることは分かってるのよ。

(ヒール副官の足音)

ヒール副官
ヒール副官

大尉ならここにはいない。

バグパイプ
バグパイプ

おめーさんは?あ、あの時倉庫の口が悪かった副官だべ。それってどういう意味?

ヒール副官
ヒール副官

大尉は急用でここを離れた、だから言伝を伝えに来た――尋問は一時間前にすでに終了している。

バグパイプ
バグパイプ

なっ……!それって、わざとと間違った時間をウチらに教えたってこと!?

ヒール副官
ヒール副官

伝達ミスだ。なにも珍しいことじゃないだろ、違うか?

バグパイプ
バグパイプ

伝達ミスって……ウチらをバカにしてるべか?

バグパイプ
バグパイプ

隊長、こいつら偽情報を使って、ウチらをハメましたよ!

ホルン
ホルン

……重要な点はそこじゃない。

ホルン
ホルン

聞くけど、どうして今その情報を私たちに教えたの?こんなに時間を引き延ばしたのなら、もっと私たちの時間を無駄にすることもできたはずよ。

ヒール副官
ヒール副官

そちらの質問についてだが……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

(報告を耳打ちする)

ヒール副官
ヒール副官

そうか、わかった。

ヒール副官
ヒール副官

スキャマンダー中尉、私が受けた命令は中尉に以下の情報をお伝えすることだ――

ヒール副官
ヒール副官

犯人のダミアン・バリー、つまり中尉が気にしてらっしゃるヤツのことなら――十分前、護送途中で武器を奪い、兵士を襲おうとしたため銃殺された。

バグパイプ
バグパイプ

なっ……なんだって?

バグパイプ
バグパイプ

ウチらが見たあの青年は、いたって普通の人だった、あの時ウチらを見ただけで足をガクつかせてたのに、向こうから全身武装された兵士を襲うわけがないべ?

ホルン
ホルン

……つまり、あなたたちは裁判を待たずに、直接容疑者を処決したと。

ヒール副官
ヒール副官

事実はお伝えしたからな。

(ヒール長官が去る足音)

バグパイプ
バグパイプ

隊長、ハメられました。あいつらはなんでウチらに犯人と接触させなかったんですか?ウチらは同じ立場にいるんじゃないんですか?

ホルン
ホルン

今はまだ彼らの理由が分からないわ。

ホルン
ホルン

ただ確実なのは、引き続き調査したければ、自分たちを頼りにするしかないってことね。駐留軍の態度は今明らかになった、向こうが私たちに力を貸すことはないわ。

バグパイプ
バグパイプ

はぁ、ウチもバカじゃありませんからそれくらい分かってますよ、あいつらがウチらの足を引っかけなかっただけまだマシでしたね。

バグパイプ
バグパイプ

これからどうします?せっかくの手掛かりがまた途切れちゃいましたよ。

ホルン
ホルン

ほかの方法を探さないといけないわね。

バグパイプ
バグパイプ

あ、そうだ!思い出しましたけど、あのダミアンって青年、ジャガイモを練ってたって言ってましたよね。

バグパイプ
バグパイプ

各移動都市周辺の農地には、町まで作物を輸送する専門の通路があるんです!

バグパイプ
バグパイプ

そのまま道を辿っていけば、たぶん農家の集落に辿りつけるはずです、そこで彼の友人あるいは親族と接触したら、もしかしたら手がかりがつかめるかもしれません。

ホルン
ホルン

……あなたらしい思考回路ね。

バグパイプ
バグパイプ

では情報の探りはウチに任せてください!

ホルン
ホルン

よし、じゃあすぐ行動に移ろう。

バグパイプ
バグパイプ

隊長、一緒に来ます?

ホルン
ホルン

私は残って駐留軍と交渉を図るわ。たぶん、裁判を経ないで好き勝手処刑することはしないはずよ。裁判がされたのなら、必ず記録が残るのだから。

(無線音)

ホルン
ホルン

トライアングル?

???
トライアングル

隊長、今私たちは郊外――

(無線音と銃撃音)

ホルン
ホルン

襲撃されてるの!?

???
トライアングル

突然湧いてきて、見つかってしまいました……

???
トライアングル

こいつらの作戦手法と使用してる武器が情報と完全に一致してます……ドラムのアーツじゃこいつらに当てるのは困難です!クソッ!

(銃撃音と爆発音とバリスタによる射撃音)

ホルン
ホルン

よく聞いて、あなたの任務は生きて帰ることよ!

???
トライアングル

了解です、隊長!問題ありません!オーバー――

(無線が切れる音)

ホルン
ホルン

――

ホルン
ホルン

重要な情報を掴んだわ。私たちのターゲット、あの噂の幽霊みたいな部隊は、ここモナハン町にいる。

タイトルとURLをコピーしました