アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章9話「無辜なる者たち」行動前

(ジェニーが駆け寄ってくる)

ジェニー
ジェニー

ただいま、パンとキレイな水を持ってきたよ、クレイグくんも夜ずっと走り回ってたから、たくさん食べてね……

ジェニー
ジェニー

あれ、みんなどうしたの?何か……起ったの?

悲しむ女性
悲しむ女性

……

苦しむ男性
苦しむ男性

……こいつだ!こいつがヴィクトリア軍に情報を流して……シアーシャを殺したんだ!

ジェニー
ジェニー

……な……なにを言ってるの!?!?

ジェニー
ジェニー

シアーシャ……シアーシャがどうしたの!?

苦しむ男性
苦しむ男性

彼女がどうしたかって?死んだんだよ!この性根が腐ったヴィクトリア兵が、彼女に近づいたのも、情報を聞き出そうとしたからだろ?

苦しむ男性
苦しむ男性

それが今じゃ彼女は殺された――これで満足か!?

ジェニー
ジェニー

私は……

ジェニー
ジェニー

そんなこと……

ジェニー
ジェニー

どうしてこんな……

ジェニー
ジェニー

ごめんなさい……ごめんなさい……シアーシャ……

苦しむ男性
苦しむ男性

そんな涙さっさとしまえよ、お前が彼女のために悲しむ資格なんかねぇんだよ!ここに……立っていることもな!

ジェニー
ジェニー

私はずっと誠実に彼女と……

苦しむ男性
苦しむ男性

誠実だぁ?ヴィクトリア兵が、俺たちタラト人に誠実を語るか?

苦しむ男性
苦しむ男性

笑えるジョークだなぁ!

ジェニー
ジェニー

私たちはみんな……同胞でしょ?

苦しむ男性
苦しむ男性

同胞?じゃあお前らは俺たちを一度でも同胞として扱ってくれたか?

苦しむ男性
苦しむ男性

俺たちの食料を食ったことがあるか、俺たちの言葉を話したことがあるか、俺たちの苦しみを受けたことがあるか?

ジェニー
ジェニー

でも私はずっとあなたたちの力になろうと……

苦しむ男性
苦しむ男性

これ以上近づいてくるんじゃねぇ!その旗を下ろせ、援軍を呼んでみろ、容赦しねぇぞ!

ジェニー
ジェニー

違う……そんなつもりは……

苦しむ男性
苦しむ男性

俺たちの土地から出ていけ!俺たちタラト人の故郷に、もうヴィクトリアの旗なんざ必要ねぇんだよ!

ジェニー
ジェニー

……

ジェニー
ジェニー

私を……追い出すの?

悲しむ女性
悲しむ女性

……仕方がないのよ。

悲しむ女性
悲しむ女性

あんたも見たでしょ……私はなにも間違ったことしてないのに、それでも……あんたたちは私を許してくれなかった……

悲しむ女性
悲しむ女性

今思うと、ローナンは正しかった、今の私たちにはチャンスがある、私たちが勝ちさえすれば、もう金輪際私やクレイグにちょっかいを出す人は出て来なくなるのよ……うぅ……

ジェニー
ジェニー

クレイグくん……君もなの……?

クレイグ
クレイグ

……

クレイグ
クレイグ

出てけ!

(ジェニーに石が当たる)

ジェニー
ジェニー

痛ッ……石?

“こいつらの目つきを見たことがあるか?”
“そいつらから見れば、お前がどう思いを示そうと……”

俺たちは同じ人間じゃねぇんだ。

ジェニー
ジェニー

私……全然わかってなかったんだ。

ジェニー
ジェニー

ここから出て行かなくちゃね。

(ジェニーが去る足音)

 

ホルン
ホルン

駐留軍が敗退してる。すぐに半数の街がゴースト部隊に下されたわ。

バグパイプ
バグパイプ

ウチらが予想してたよりもはやく敗退していませんか!?敵は組織としての練度が低いので、てっきり少なくとも今晩まではもちこたえられるだろうと。

ホルン
ホルン

……さっきの駐留軍の動きに気づいた?

バグパイプ
バグパイプ

はい、本来ならウチらと一緒にスタジアムを守ってましたが、敵が押し寄せてきた時、全員すぐさま後方へ撤退していきました、ウチが何を言っても聞き入れてくれませんでした。

ホルン
ホルン

どうやら完全に戦意を喪失してるわね。

バグパイプ
バグパイプ

そうかもしれません、なんせさっきみたいな状況で、敵が現れた瞬間、避難していた住民たちが屋内からドアを開けて歓声を上げてましたから。誰だってあれを見たら戦意喪失しますよ。

ホルン
ホルン

しかしハミルトン大佐は断じて簡単に諦めたりしない人よ、彼はとてもモナハン町を重視してるから。

ホルン
ホルン

今の駐留軍は勢いが落ちてる、でも撤退時の様子は敗走してるようにも見えなかった、まだ組織としてまとまっていたわ。

ホルン
ホルン

目下の状況がまだ大佐の計画の範疇に収まってて、戦局に打開策を持ってることを期待するしかないわね。

バグパイプ
バグパイプ

一番近くにケヴィン郡の駐留軍がいます、もし救難信号を出していたら、はやければ夕方には来てくれそうです。

ホルン
ホルン

……向こうが最初の信号をキャッチしていればの話だけどね。

バグパイプ
バグパイプ

それって、通信システムが問題を起こしてるってことですか?

ホルン
ホルン

私たちがここに来て三日、未だにロンデニウムから連絡が来ていない、今のモナハン町はもはや陸の孤島になってるわ。

(爆発音と建物が崩壊する音)

ホルン
ホルン

――

バグパイプ
バグパイプ

大丈夫です、榴弾数発と一個小隊程度の雑兵ですよ、ウチが片付けます、ここの市街地はまだしばらく安全ですから。

(爆発音)

ホルン
ホルン

バグパイプ……あなたが入隊したての頃の訓練で、私が二時間のウェイト倒立腕立て伏せの罰則を出したことをまだ憶えてるかしら。

バグパイプ
バグパイプ

忘れるわけないじゃないですか、隊長、ウチにとってああいう罰則はなんともないですけど、ホント隊長のこと嫌いだと思ってた時期がありましたよ。

ホルン
ホルン

なぜ罰則を与えたかはまだ話してなかったわね。

ホルン
ホルン

実を言うと、あの時あなたが報告してた時に言っていたわ、行軍リュックにこれでもかのジャーキープディングと毛布を入れていたって。

バグパイプ
バグパイプ

あれですか?隊長、あれは実家の特産品ですよ、しかも結構いいヤツでして。

ホルン
ホルン

当時もそう言ってたわね。

ホルン
ホルン

ソロでのトレイルランニングテスト当日、帰ってきたあなたはとても飢えていていた、リュックの中には食料が入っていたのに、あなたは一口も食べようとしなかったわ。

バグパイプ
バグパイプ

……だって勿体ないじゃないですか、訓練期間を終えたあと、自分のご褒美として一番幸せな時に食べようと思ってましたので。

ホルン
ホルン

私は昔、故郷にしがみつき過ぎていて、過去に勝てない人は、いい兵士になれないと思っていたわ。

ホルン
ホルン

だから、あなたが前衛学校を卒業した時の成績がずば抜けていたとしても、スリム先生が私に精一杯推薦された時は、まだあなたの素質に疑問を抱いていたの。

バグパイプ
バグパイプ

そうだったんですか!でも隊長、それから結構ウチへの接し方が丸くなりましたよね。

ホルン
ホルン

あなたは自分を証明してくれたからね。

ホルン
ホルン

徐々に分かってきたの、心のうちに決して擦り減らない執着を抱いていたからこそ、あなたは今日のあなたになれた、私を超えるかもしれない最も優秀なヴィクトリアの戦士にね。

(爆発音)

ホルン
ホルン

バグパイプ、これから話のことだけど、よく聞いて――

ホルン
ホルン

この市街地はもう放棄するしかないわ、すぐにチェロたちも連れて北東にある第一通信基地へ向かう、ゴースト部隊に占領されてなければいんだけれど。

ホルン
ホルン

そしてあなたは、今すぐ中継所に向かってトランスポーターを探して来て、そしてその人のために街からの脱出経路を確保しなさい。

ホルン
ホルン

もし道がないのなら、創りなさい。

ホルン
ホルン

バグパイプ、今より命令を与える、一切の代償を顧みず、必ずモナハン町で発生した現状を外部に伝達せよ。

忙しない成年
忙しない青年

めんどくさいなぁ、ほかのみんなはリーダーについていって有意義なことをしてるのに、俺は掃除だけかよ……

忙しない成年
忙しない青年

ていうか、どこもかしこも戦争してるのに、リーダーはなんで俺にこの彫像周りをキレイに掃除させるんだ?

(ジェニーが忙しない青年に近寄る)

忙しない成年
忙しない青年

ん?なんだお前……俺の手を掴んで何するつもりだ?

ジェニー
ジェニー

……

ジェニー
ジェニー

……ここはシアーシャが亡くなった場所?

忙しない成年
忙しない青年

シアーシャ?リーダーに処された裏切者のことか?そうだよ、全部あいつのせいだ、大人しく死んどけばいいのに、まだ俺にこの灰を掃除させやがって……

ジェニー
ジェニー

じゃあ、あなたが今掃いてるのって……

忙しない成年
忙しない青年

ただのゴミだよ。

ジェニー
ジェニー

……違う。

ジェニー
ジェニー

彼女は……彼女はいい子だった。家族にも、友だちにも……すごく親切だった、この町のために……すべてを捧げてきた。

ジェニー
ジェニー

ねぇどうして?彼女は一体……何を間違えたっていうの?恋愛小説を読んだだけで泣きそうになるような人が、人を傷つけるわけないのに……

忙しない成年
忙しない青年

お前……頭おかしくなったのか?

忙しない成年
忙しない青年

お前、この裏切者に同情してるのか?お前は一体なにモンだ!?

ジェニー
ジェニー

彼女は裏切者なんかじゃない。彼女の名前はシアーシャよ。

ジェニー
ジェニー

こんなとこで孤独に眠るべきじゃない。私が家に連れて帰る。

忙しない成年
忙しない青年

…………イカレてやがる、俺はもう行くからな。

(忙しない青年が立ち去る)

ダブリン兵
ダブリン兵

向こうでなにか起ったのか?

忙しない成年
忙しない青年

兵士さん!なんか変なヤツがいました、そこで跪いて、ずっとなんか裏切者を家に帰すとか言ってましたよ、あいつ絶対敵か裏切者ですよ!!

ダブリン兵
ダブリン兵

わかった、よく報告してくれた。

(ダブリン兵がジェニーに近寄る)

ダブリン兵
ダブリン兵

おい、何者だ?

ジェニー
ジェニー

……

ジェニー
ジェニー

(……シアーシャ、あなたも私も、間違ってたのかもしれない。)

ジェニー
ジェニー

(あたなは命をかけてこの人たちを守ってきた、けどその人たちはそんなこと構いなしに暴徒を喜んで受け入れた。この町がこんな風になったのも、彼らが一因だわ。)

ダブリン兵
ダブリン兵

……お前は向こう側の人か?

ジェニー
ジェニー

向こう側?もう自分がどっち側に立ってるかなんて、わからないわよ。

ダブリン兵
ダブリン兵

動くな!ピクリとも動いたらその脳みそを――

(ダブリン兵が斬られ倒れる)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

……これで何人片付けたっけな。

(爆発音)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

ゴミムシどもめ……フッ、まあ今は撤退してるんだ、片付けられるだけ片付ければいい。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

おい、そこのヴィーヴル、ゴミムシどもを見かけなかったか?

ジェニー
ジェニー

(……ゴミムシ。)

ジェニー
ジェニー

(あいつらはシアーシャをゴミと呼んだ、だからゴミムシ同然ね。)

ジェニー
ジェニー

……あっちのほうに逃げて行ったわ。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

よし、今すぐ向かおう――

(ヴィクトリア兵が走り去る)

私は住民たちの叫び声を聞こえていたが、聞こえないフリをした。
ただシアーシャを連れて帰りたい一心だった、けどどんなに指に力を込めても、灰はその隙間から零れ落ちるだけ。

ジェニー
ジェニー

シアーシャ……

一本の腕が私に差し出された。

Outcast
Outcast

そろそろここを離れよう、ジェニー。

Outcast
Outcast

さあ、レモンティーだ、まずは身体を温めよう。

ジェニー
ジェニー

うぅ……

Outcast
Outcast

泣きたければ泣くといい。

ジェニー
ジェニー

……泣けないの。

Outcast
Outcast

君から怒りを感じるよ、彼らを恨んでいるのかな?

ジェニー
ジェニー

たぶん……

Outcast
Outcast

君は暴徒を支持するタラト人を兵士に捕らえさせた。少しはスッとしたか?

ジェニー
ジェニー

……ううん。

ジェニー
ジェニー

たぶん、私は彼らより自分を憎んでるんだと思う。

ジェニー
ジェニー

もし……私があのメモ書きを置かなかったら、シアーシャは死なずに済んだのでしょうか?

ジェニー
ジェニー

私はただこれ以上大きな衝突を止めたかっただけなのに……一歩踏み出せば、変えられると思ってたのに……

Outcast
Outcast

人が願った分だけ運命をコロコロ変えられるのであれば、それはもはや運命とは呼ばないさ。

Outcast
Outcast

ジェニー、一つ昔話をしてあげようか?

ジェニー
ジェニー

どうぞ、頑張って聞きます。

Outcast
Outcast

では始めるよ。

Outcast
Outcast

数十年前、君と変わらない歳だった頃、いや、少しだけ年上だったかな、当時の私はまだ教会に務めていた――

ジェニー
ジェニー

全然あのラテラーノ修道士には見えませんけど。

Outcast
Outcast

歳月と経験はいつも簡単に人を変えられるからね。

Outcast
Outcast

あの頃、ある戦争の調停を命じられたんだ。双方が誰と誰で、どういう理由で争いが起ったかはもはや重要じゃなくなった、あの戦乱を引き起こした張本人もすでに土に還ってるかもしれないしね。

Outcast
Outcast

ただ憶えているのが、ある町が私の助けを求めていたことだ。私は彼らに武器を下ろすよう諭した、町を包囲していた向こう側の代表と講和させるように、私は仲介者として真ん中に立った。

Outcast
Outcast

けど町にいる人たちはそれをよしとしなかった、なぜなら暴政に屈することを意味するからね、だから私は少しだけ過激な方法で彼らを説得させた、けどそれでも意見は一致しなかった。

Outcast
Outcast

私は失望しながらその町を去った、抵抗を諦めた数人を連れてね、そして私が去った翌日、その町は攻め入られた。

Outcast
Outcast

町に残った人たちは、ほとんどが死んだよ。

Outcast
Outcast

彼らの中には、死ぬ間際になっても私が彼らを守ってくれると思っていた人たちがいたんだろうね、けど私は守らなかった。

Outcast
Outcast

結果から見るに、私はむしろ町を攻め入る側に立ってた、私は彼らにあたかも希望をもたらした悪意ある二枚舌の人間だったんだ。

ジェニー
ジェニー

そんなことありません!

Outcast
Outcast

どうだろうね。

Outcast
Outcast

その後、私は枢機卿の命を放棄し、ラテラーノを離れた。

ジェニー
ジェニー

あなたはもう十分力を尽くしたじゃないですか……

Outcast
Outcast

そうかい?じゃあもし私がそこに残り、力を尽くして虐殺を阻止していたとしたら?

ジェニー
ジェニー

一人も救えていなかったでしょう。

Outcast
Outcast

もしかしたら、最初から非現実的な希望を抱くべきじゃなかったのかもしれない、町を攻め入る命令を出した悪党に鉛玉を一発ぶち込めばよかったかもね。

ジェニー
ジェニー

それですと……別の結果をもたらしませんか?

Outcast
Outcast

銃を撃つまで、撃ったあとの結末を教えてくれる人なんていないさ。

Outcast
Outcast

では別の結末をもたらすのなら、終始傍観に徹し、再三起こる悪行を野放しにすればよかったのかな?

ジェニー
ジェニー

……そんなこと私にはできません。

 

ジェニー
ジェニー

あなたの言う通りです。どんなに自分を問いただしても……私はもう後悔しません。

ホルン
ホルン

バグパイプ……どうか間に合って。

(無線音)

ホルン
ホルン

トライアングル?

ホルン
ホルン

ちょうどよかった、今から第一通信基地に向かおうとしてたところよ、あそこならそっちからでも近いでしょ、だからそっちはもう町に来なくていい、直接郊外で落ち合えば――

(銃声と爆発音)

???
トライアングル

……隊長。

ホルン
ホルン

どうしたの!?なんか様子がおかしいわよ、負傷したの?

???
トライアングル

はぁ……問題……ありません……はぁ……いや、問題はあるんですけどね。けど私のことは一先ず……置いてください。

???
トライアングル

隊長、こっちはもう時間がありません、けど探してたモノを見つけました。

???
トライアングル

あの源石製品は、砲兵営に送られていたんです。

ホルン
ホルン

砲兵営!?それって駐留軍の砲兵営?

(銃声と爆発音と無線が途切れかける音)

???
トライアングル

はい、間違いありません、私たちも今そこにいますので。

ホルン
ホルン

駐留軍軍営はすでにゴースト部隊に攻められたの!?

???
トライアングル

正直言ってよくわかりません。

???
トライアングル

それともう一点、見つけた源石製品ですけど、全部改造を施されていました。

ホルン
ホルン

どんな風に?

???
トライアングル

一部に手に入れましたが、構造に欠陥がありました、活性源石の部分が取り除かれているんです……隊長、ウェアハウス町での連続爆破事件を憶えてますか?

ホルン
ホルン

犯罪組織の人間が政府に報復するため、大量の不完全燃焼爆弾を製造し、中枢区画で深刻な源石粉塵汚染を引き起こした事件のことね。

???
トライアングル

そうです……はぁはぁ……もうわかりますよね。

???
トライアングル

やばい、囲まれた……こりゃもう隠れられないな……

(無線が途切れかける音)

ホルン
ホルン

ドラムは?ほかのみんなは!

???
トライアングル

ドラムは……隣にいます。ボウガンの矢で心臓を貫かれたんです……まあ、苦しまずに逝けたんでよかったですよ。ベースとマンドリンはまだ倉庫の中にいます、申し訳ありません、一緒に連れ出せませんでした……

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

あなたは十分に尽力した。素晴らしい班長だったわ。

???
トライアングル

……そうですか?でも、隊長には敵いませんよ。

(クロスボウの射る音)

???
トライアングル

隊長、この敵……なんか変なんです。見た感じ私たちと同じ武器を使ってるようなんです。それに聞き覚えのある指令も……

???
トライアングル

私たちの敵って……一体誰なんですか?

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

それは重要じゃない、トライアングル、絶対に生きて帰ってきて、いい?これは命令よ!

???
トライアングル

はは……わかりました隊長、憶えておきます。

(砲弾が落ち、爆発する音)

タイトルとURLをコピーしました