アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】メインストーリー9章20話「押し寄せる嵐」

Misery
Misery

……全部俺が預かろう。彼女を連れて帰るために、お前はひとっ走りしてくれたんだ、大変だったろ。

Misery
Misery

あとのことは、俺がやる。

ケルシー
ケルシー

遺骨と骨壺か。

ケルシー
ケルシー

チェルノボーグ事件終結後、似たような緊急連絡はすでに十一か月と二十七日もの間ロドスの甲板で鳴り響くことはなかった。

ケルシー
ケルシー

――今度は誰が犠牲になった?

Misery
Misery

Outcastだ。

ケルシー
ケルシー

……

ケルシー
ケルシー

そうか、君の手には彼女のリボルバーが握られているな。

ケルシー
ケルシー

認めたくはないが、来る道の途中、すでに答えは出ていた。

ケルシー
ケルシー

私は以前彼女と一つ賭けをしていたんだが――

ケルシー
ケルシー

どうやら、彼女の勝ちだな。

Misery
Misery

ケルシー、次の会議だが、俺は欠席させてもらうぜ。

Misery
Misery

慣例通り、エリートオペレーターの葬儀はお前が取り仕切ることになってるが……

Misery
Misery

今回ばかりは、俺に別れを告げさせてほしい。

ケルシー
ケルシー

私個人として異論はない、無論彼女も同じことだろう。

Misery
Misery

会議を欠席する以上、今ここで俺の選択の答えを――

ケルシー
ケルシー

Misery、君の答えならもう知っているさ。

Misery
Misery

じゃあほかの連中の答えも知ってるんだろう。

Misery
Misery

状況は変わった。誰だってこんな変化なんざ好まねぇさ、みんなこれを選ぶっきゃないって分かってる。

Misery
Misery

――いちはやくロンデニウムに行かなきゃならねぇってな。

ケルシー
ケルシー

君たちならよく理解してると思うが、私の立場は終始変わらない――

ケルシー
ケルシー

だが君たちが私の提案に乗ろうが乗らまいが、それでも言わせてもらう、ロドスはいかなる個人的な私情を発散するために未来へ向かう航路を変えることはない。

Misery
Misery

Outcastのために敵討ちはするなって、そう言いたいのか?

Misery
Misery

安心してくれ、俺の心は今悲しみと怒りで一杯だが、自分の職務まで忘れちゃいねぇよ。

Misery
Misery

ただ、この目でOutcastを殺したモノが何なのかが見たいってだけだ――

Misery
Misery

一人なのか、それとも複数人なのかを。

Misery
Misery

なあケルシー……仮に俺たちが真実を探らなければ、ロンデニウムかヴィクトリア全土に覆い被さってる雲はさらに好き勝手暴れるようになるだけだ。

Misery
Misery

その時にゃ、Outcastだけでなく……

Misery
Misery

俺も死ぬ、みんな死んじまう。誰も逃られやしねぇ。

Misery
Misery

お前が言った通り、ロドスは死者のために復讐なんぞはしないだろうが……

Misery
Misery

でもよ、俺たちはみんな今生きてる連中のために生き続ける機会を作ってやりてぇんだ。

ジェニー
ジェニー

うぅ……ここは一体どこなの?もしかして道を間違えちゃったかな?

ジェニー
ジェニー

まずい、もうすぐ待ち合わせの時間だ、急がないと……はぁ、なんでオリバーさん言ってくれなかったのよ、この船めちゃくちゃデカいじゃない!

(リードの足音)

リード
リード

……

ジェニー
ジェニー

えっ、あなたは……!?

ジェニー
ジェニー

ちょっと、ま、待って!

リード
リード

……ん。

ジェニー
ジェニー

あの……

ジェニー
ジェニー

(なんか全然私のことを憶えていない?)

ジェニー
ジェニー

(いや、絶対人違いなわけないよ。)

ジェニー
ジェニー

(船に上がったあと、何人にもこの子がどうしてるか聞いてみたけど、みんな知らないか、教えてくれなかった。)

ジェニー
ジェニー

(うーん……この子の身の安全のため、あえてそれを避けてたのかな?)

ジェニー
ジェニー

……こんにちは。

ジェニー
ジェニー

あなたは……ここで本を読んでるの?その『アイヴァンホー』……私も読んだことあるんだ、それに結構好きなの。

ジェニー
ジェニー

本に書かれてるヴィクトリアの歴史って結構面白いよね?

リード
リード

面白い……のか?まあそれなりには……けど史実ではない。

リード
リード

小説……これはただの小説だ。

ジェニー
ジェニー

うーん……まあそうなんだけどね。ほかにも興味ある本とかある?私ほかにもたくさん持ってるんだ……あっ、ごめんなさい、持ってくるのすっかり忘れちゃってた。

リード
リード

この小説が好きなら……あげよう。

ジェニー
ジェニー

えっ、いいの?あ、ありがとう……

リード
リード

……では。

ジェニー
ジェニー

あ、うん、またね!

(リードが立ち去る)

ジェニー
ジェニー

(……また会えるのかな?)

ジェニー
ジェニー

(彼女が持ってたもう一冊は……詩集?)

ジェニー
ジェニー

サイモン・ウィリアムズ……作者名も表紙もすごく見覚えがあるわ。

(ジェニーの足音)

ジェニー
ジェニー

待ち合わせの場所は……ここでいいのかな?

ジェニー
ジェニー

し、識別番号?なんだろ?『新規オペレーター指南書』に書いてあったっけ?

ジェニー
ジェニー

うぅ、もう遅れちゃう、とりあえずノックしてみるか!

(ジェニーが扉をノックする)

アーミヤ
アーミヤ

どうぞー!

アーミヤ
アーミヤ

こんにちは、ウィローさん……それともコードネームのサイラッハで呼んだほうがいいですか?

ジェニー
ジェニー

あ、どうも……アーミヤさん!

アーミヤ
アーミヤ

みなさんと同じようにアーミヤでいいですよ。

サイラッハ
サイラッハ

ごめんなさい……忙しいのに、会って頂いて。二日前の検査の時にフォリニックさんから聞きましたけど、一日五時間しか休憩を取られてないとか……

アーミヤ
アーミヤ

フォリニックさんはいつも私の身体を気にしてますからね。でもご安心ください、最近の健康状態は結構いいほうなんです、それにずっと会いたいと思っていましたよ。

サイラッハ
サイラッハ

……ここがOutcastさんが使ってた執務室ですか?

アーミヤ
アーミヤ

はい。実は全然使われていないんですよね、事件の二か月前、彼女に人事異動を納得させたばかりですので。

サイラッハ
サイラッハ

本人からも言われました、モナハン町に来る前は、そろそろ引退時だって……

アーミヤ
アーミヤ

けどそれでも今回の任務を執行しに行かれました。

サイラッハ
サイラッハ

あの数日間彼女に言われたことをよく思い出すんです……あの人はきっととっくに準備はできていたんだと思います。

アーミヤ
アーミヤ

Outcastさんはそういう人ですからね。

アーミヤ
アーミヤ

エリートオペレーターの中でも、Outcastさんの性格は少々特殊とも言えまして――いつも平気で普通の人から見れば難しい決断をされるんですよ。

サイラッハ
サイラッハ

そうですね、それに……とある戦争で調停に失敗したから、教会の高い地位を捨てたとも聞かされています。

アーミヤ
アーミヤ

うーん……ラテラーノ教会を離れたことなら聞いていますけど、調停に失敗したこととは?

アーミヤ
アーミヤ

Outcastさんのプロファイルにそんな記載はあったでしょうか、むしろMiseryさんの一件のように聞こえますね。

サイラッハ
サイラッハ

……

サイラッハ
サイラッハ

あ……あはは……なんでかな、彼女らしいですね。

アーミヤ
アーミヤ

そのせいでOutcastさんは不誠実だって思う人もいちゃったりしますけどね……

サイラッハ
サイラッハ

いえ、彼女が話したことがすべて真実でないにしても、それでも彼女は私の知る一番誠実な人ですから。

アーミヤ
アーミヤ

本当ですか?うーん……まあ意外とは思いませんけど、なんせOutcastさんの人を見る目は一度も間違ったことありませんので。

サイラッハ
サイラッハ

アーミヤ、忙しいとは思ってますけど……もう少し彼女のことを教えてくれませんか?

アーミヤ
アーミヤ

もちろん。

アーミヤ
アーミヤ

ただ、結構長いお話になりますよ――

サイラッハ
サイラッハ

そちらにお時間があれば、いつでも。

アーミヤ
アーミヤ

わかりました、きっと……ロンデニウムまでの道のり、たくさんの時間があると思います。

数か月後

チェン
チェン

おい、いい加減修理はどうなったんだ?

バグパイプ
バグパイプ

そう焦んないでよ、ここの町は荒んでるんだべ、発信機の取り換え用の配線を見つけるだけで大変なんだからさ……

チェン
チェン

もう私に貸せ。お前の軽く機械に触れただけで煙を吐き出させるアレ、まったく治ってないな。

バグパイプ
バグパイプ

もとからここのセーフハウスは長い間使われてないからだよ……

チェン
チェン

やっぱりお前が言った道に行くんじゃなかった。

チェン
チェン

数か月も同じ場所をグルグルと、まったく人影が見当たらないじゃないか!

バグパイプ
バグパイプ

数年ぶりだと言うのに、チェンちゃん余計目つきがおっかなくなったべ……

チェン
チェン

……文句言うな、お前は元から声が大きいんだ、丸聞こえだぞ。

チェン
チェン

私がなんで焦ってるかって?逆に聞くがお前はなんでそんな平然といられるんだ!

チェン
チェン

一体出動してどれぐらい経ってると思ってるんだ、ゴースト部隊どころか、まともな手がかりすら掴めていないじゃないか!

チェン
チェン

私がまだ龍門で警察をやっている中、こんな状況になったら、さっさと諦めろと言ってたところだぞ……こんな長い間耐えられる人質なんて存在しないんだからな。

バグパイプ
バグパイプ

……いいや。

バグパイプ
バグパイプ

隊長ならきっとまだ生きてるべ。

バグパイプ
バグパイプ

それに、向こうもウチが助けに行くってことを知ってるはず、だからどうにかして合流しようともしてるはずだよ。

チェン
チェン

はぁ。もういい、好きにしろ。

チェン
チェン

お前を説得できていれば、こんなあちこち連れまわされることなんかあるか?

バグパイプ
バグパイプ

だってそりゃ……チャンちゃんはいっつもウチに優しくしてくれてるからだべ!

チェン
チェン

わかったわかった、お前が執着してることなら、私も分からんでもない。あの時、私が必死こいてあの人を探してた時、お前は私を応援してくれてた……まあいい、今はこんな話をしてる場合じゃない。

チェン
チェン

――とにかく、お前も聞いただろ。

チェン
チェン

モナハン町事件における対外的の発表はすでに結論付けている、軍事演習の事故扱いだ。

チェン
チェン

全負傷者と罹患した一般市民には定住地と手当が与えれれた――少なくとも政府の公式文書ではそう書かれている。

チェン
チェン

ダブリン、あるいはゴースト部隊か、お前が脱出した時ヤツらがモナハン町を占領していたかはさておき、今じゃ音もなく身を潜めた。

チェン
チェン

この点については、私たちがこの目で確かめに行ったところで、変わりようはない。

バグパイプ
バグパイプ

そうだよね。

バグパイプ
バグパイプ

けどウチはこの目で見たすべてを憶えているべ。どんなに平静さを見繕っても、モナハン町の内部……それと周りの多くの都市は、とてつもなく大きな変化を迎えたって、ウチはそう思う。

バグパイプ
バグパイプ

それに……衆目が及んでる下でその変化がこんなキレイに隠蔽されたんだ、チャンちゃんは恐ろしく思わない?

バグパイプ
バグパイプ

もし敵がこんな大きな騒ぎを起こしたあとに身を潜めたということことは、あいつらはもっと大きな企みを潜めてるってこと!

バグパイプ
バグパイプ

それってつまりヴィクトリアで……いつでもモナハン町以上にデカい危機が引き起こされることって意味だから。

チェン
チェン

私はお前を信じてる。

チェン
チェン

……だから私はここにいるんだ。

チェン
チェン

だがほかにどれくらいの人がお前を信じてるかまでは把握していないけどな。

バグパイプ
バグパイプ

じゃあウチらでもっともっと頑張らないとだめだね!

チェン
チェン

となると、やはりどうにかして都市部に入らなければならないな。

チェン
チェン

ヒューズを憶えてるか?

バグパイプ
バグパイプ

あれだよね……訓練の時いっつもコブだからけになるまでコケまくってた太っちょの男の同級生だっけ?

チェン
チェン

……そいつならすでにトレード市の商業連合の副主席になってる。

チェン
チェン

彼なら、私たち同級生の中で、故意に隠された情報を一番掴んでるはずだ。

バグパイプ
バグパイプ

ぶっちゃけると、チャンちゃんが言う前から、ウチはとっくにヒューズを訪ねようと思っていたよ……いや、ヒューズだけじゃない、デカブツのグリムとか、赤髪のビルとか……みんなの手を借りようと考えてたんだよ!

バグパイプ
バグパイプ

こういうの、一人で色々やってみたんだけど、難しくて……

バグパイプ
バグパイプ

でも今は、チェンちゃんが傍にいてくれてる、それにロドスのみんなもずっと惜しみなく物資と情報を提供してくれている――

バグパイプ
バグパイプ

だから今は希望で満ち満ちてるべ!

チェン
チェン

それでも言っておくぞ、あいつらを説得できるかは保証しかね――うわっ!?

チェン
チェン

いきなり引っ張ってなんのつもりだこの※ヴィクトリア挨拶用語※!

バグパイプ
バグパイプ

チェンちゃん、発信機が動いた!

チェン
チェン

……ロドスからの緊急連絡だと?

チェン
チェン

発信機が壊れる前、向こうはついさっき私たちが送った位置情報をキャッチしたばかりのはずだろ?まさかロドスはずっと私たちをコールしていたのか……

チェン
チェン

……

チェン
チェン

…………

バグパイプ
バグパイプ

どしたの?まるでさっき情報を受けとった時のような顔色しちゃって……

バグパイプ
バグパイプ

あー、わかった……また彼女関連の情報でしょ?

チェン
チェン

……その通りだ。

チェン
チェン

――

チェン
チェン

これからのことだが、頭を整理したい。

(無線音)

リスカム
リスカム

ジェシカ、任務は順調そう?

ジェシカ
ジェシカ

はい、今向かっているところです。

リスカム
リスカム

警戒を緩めないでね。

ジェシカ
ジェシカ

大丈夫ですよ、リスカム先輩……私あんまりヴィクトリアには戻ってませんけど、飛行装置はすでに出入国許可を得ています、ナビゲーションシステムも正常に稼働していますよ。

リスカム
リスカム

今回の居留民をクルビアまで護送する任務なら難しくないと言えば難しくないけど、それでも状況はいつでも変化するから。

ジェシカ
ジェシカ

居留民から情報を受け取った時は、驚きましたけど……

ジェシカ
ジェシカ

今は何事もなく目的地まで進めていますよ、ほ、本当にそんなひどい状況なんでしょうか?

ジェシカ
ジェシカ

ふぅ……すみません、隊長と隊員の前ではビクビクしちゃいけないのは分かってますけど、それでもやっぱり緊張しちゃうんです。

リスカム
リスカム

……そっちの隊長は不在なの?

ジェシカ
ジェシカ

あ、はい、ヴィクトリアに到着して間もなく、一部の人間を連れて行っちゃいました。

ジェシカ
ジェシカ

もしかして……別の任務でしょうか?

リスカム
リスカム

……エクスパット任務をあなたたち装備と応用技術を扱う部門に任せたってことは、明らかに別の理由があるからだろうね。

ジェシカ
ジェシカ

あ、明らかになんですか?

リスカム
リスカム

気づかないのも、無理はないね。

ジェシカ
ジェシカ

まさか……ほかとも契約を結ぼうとしてるのでしょうか?

ジェシカ
ジェシカ

けどこちらはまだヴィクトリアから公式の依頼を受けたことは一度も……

リスカム
リスカム

……私には守秘義務があるから、部門の情報を跨いででも評価や憶測をすることはできない。

リスカム
リスカム

この話は忘れて。

リスカム
リスカム

とりあえず今は任務に集中して、なにかあれば、すぐ私に知らせて。

リスカム
リスカム

いい、今回はBSWとして受けた任務ではあるけど、ロドスとの提携もまだまだ有効であることを忘れないで。

ジェシカ
ジェシカ

はい、わかりました。

ジェシカ
ジェシカ

ロドスの小隊たちも無事ロンデニウムに着いたら、必要な時にこちらが対応しますね。

シージ
シージ

……ますます近づいてきたな。

ドクター
ドクター

・ヴィーナ、緊張してるのか?
・……
・私たちはずっとこの日を待ち望んできた。

ヴィーナ、緊張してるのか?……私たちはずっとこの日を待ち望んできた。
シージ
シージ

数か月前、ケルシー医師から準備はできたかと聞かれた。

シージ
シージ

……まだわからない、それがあの時の私の答えだった。

シージ
シージ

だが今になっても……未だに分からないままだ。

シージ
シージ

だから、緊張していないとは言い難い。

シージ
シージ

ドクター、傍にいてくれて感謝する。

シージ
シージ

もし私がまだ貴様が持つ静けさに縋っているようであるのなら……やはり逃げているように見えるのだろうか?

シージ
シージ

ああ、私が逃げ出したあの日から、帰ってくるこの日を待ち続けていた。

 

シージ
シージ

ドクター、どうしても考えてしまうのだ、もしその人が本来いるべき場所から長い間離れてしまったら、その人にはまだ帰れる家が残されているのだろうか?

ドクター
ドクター

・目が覚めた時、私はどれくらい離れたかさえ覚えていなかったけどね。
・アーミヤとみんなが私を受け入れてくれた。

目が覚めた時、私はどれくらい離れたかさえ覚えていなかったけどね。アーミヤとみんなが私を受け入れてくれた。
シージ
シージ

あの時の話なら貴様から聞かされた。

シージ
シージ

アーミヤか……ドクター、貴様にとってアーミヤとは、本物の家族なんだな。

 

シージ
シージ

ロドスは貴様を必要としている、私たちオペレーターも貴様を必要としている、疑いようのない事実だ。

ドクター
ドクター

ロンデニウムには、君を待ってる人たちがいる。

シージ
シージ

グラスゴーギャングか。ヤツらならきっと新しいボスでも見つけているだろう、でなければ、ロンデニウムでは暮らしていけないからな。

シージ
シージ

それとほかの者だが……

シージ
シージ

私がこうも長い間離れたんだ、ロンデニウムなら新しい釘を見つけているはずだろう。

ドクター
ドクター

答えを知りたければ、共に進もう。

シージ
シージ

ドクター、言っていたな……貴様もロンデニウムに行って真実を確かめたいと。

シージ
シージ

共に進む、か。

シージ
シージ

そうだな、貴様らの同伴があると知れば、私も少しは元気になれた。

シージ
シージ

この先私たちを待ってる答えがあまりまずいものでなければいいのだが……

 

シージ
シージ

ただ少なくとも、どんな状況であれ、私がこのハンマーでそいつをそれらしい形にまで叩き直してやろう。

摂政王
摂政王

全員揃ったか?

聴罪師
聴罪師

もうじきです、殿下、腐食者の王とブラッドブルードの大君も三日以内にロンデニウムへご到着されます。

摂政王
摂政王

王宮が新たに首を揃えてから、我々サルカズも内戦勃発から最も統一に近しい段階へとやってきた。

摂政王
摂政王

いかなる勢力にも我々が阻まれるわけにはいかん。

聴罪師
聴罪師

ほかの勢力と言えば、殿下、モナハン町から来たあの使者は未だロンデニウムにおります。

摂政王
摂政王

あの件ならすでに結論づいたはずだが。

聴罪師
聴罪師

殿下が以前おっしゃったように、どうやら彼らは本心から同盟を結ぶつもりはないようです。

聴罪師
聴罪師

誠実な盟友であれば、己を幕の下に隠すことはありません、ましてや顔を少しも覗かせることもなく、ただ狂った下僕を我々の面前に置いておくことしか致しません。

聴罪師
聴罪師

彼女は自身が求めているものを得られるはずもございません、ただそれで退散するつもりもございませんが。彼女が率いる部隊は、ロンデニウムの外周で貴族の残党と現地住民と何度も衝突を起こしておりますので。

摂政王
摂政王

探っているのだろう。ロンデニウムの現状を、同時に我々の実力もな。

聴罪師
聴罪師

その通りです、殿下、もし我々が軟弱な一面を見せれば、彼女の背後に潜んでいる者たちが想定よりはやく割り込んでくるでしょう。

聴罪師
聴罪師

もし我々が強硬な態度を取れば、彼女は価値を失った捨て子と化します、剪定されたとて惜しくもありません。

摂政王
摂政王

カズデルをナイフとして扱う陰謀家どもは、どの道その刃によって死ぬのだ。

摂政王
摂政王

彼女なんぞタルラほどでもない。

聴罪師
聴罪師

近しい血は流れておりますが、ダブリンの首領とタルラは別物と言っても差し支えないでしょう。

聴罪師
聴罪師

レユニオンと比べて、ダブリンが南部で起こした波は、十分彼らが力を持ってる証拠になり得ます、ヴィクトリアを引き裂く準備をしてる、あるいはできているとも捉えることが出来るかと。

摂政王
摂政王

火事場泥棒の輩というのは、混乱がピークに達した時でなければ、姿を現さん。

摂政王
摂政王

現段階において、我々の目下の目標及びサルカズと無関係であるのなら、ヤツらが外でどう騒ごうが、私が関心を寄せるにも値しない。

摂政王
摂政王

だがロンデニウムにいるのなら、いかなる身勝手も許しはせん。

摂政王
摂政王

ついでとしてマンフレッドにこの件の処理をあたらせた。あの貴族どもの相手など彼にとって容易すぎるだろう、なるべくはやく成長してもらわねばならないからな。

聴罪師
聴罪師

マンフレッドはいつだって殿下のお考えを熟知しております、彼ならとっくに用意できておりますよ。

摂政王
摂政王

それだけでは足りん。ロドスの新たな動きは?

聴罪師
聴罪師

この数か月、あの者たちなら一般的で、表面的な“ビジネス”を継続しておりました。

聴罪師
聴罪師

あの陸上艦船が去年年末にカジミエーシュを去ってから、すでに何度もヴィクトリアに接近しております、私たちの目から長時間逃れたことはありませんが。

摂政王
摂政王

ヤツらがロンデニウムに近づいて来た際は……いや、あの連中がヴィクトリアに入ってきた際は、すぐ私に報告しろ。

摂政王
摂政王

それか、お前が彼女に直接報告しに行っても構わんぞ。

聴罪師
聴罪師

当然ながら、殿下――サルカズの王よ、いかにして彼女の冠を回収すべきかなど自ずと存じております。

タイトルとURLをコピーしました