アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ニアーライト NL-5「流言飛語」行動後 翻訳

モニーク
モニーク

……以前から引っかかってた、なんでお前たちはそのまともに歩くことすらできないサルカズを引き連れているのかって。

モニーク
モニーク

そういうことだったんだな。

ロイ
ロイ

えっと……モニーク様、なんのこと俺さっぱり……

モニーク
モニーク

……なら少しは黙ってろ、情けない。

マーガレット
マーガレット

……無冑盟か、私になにか用か?

ロイ
ロイ

まず、耀騎士にお詫びしたい。

ロイ
ロイ

今日無冑盟がマリアを誘拐したことについてだが――

マーガレット
マーガレット

――

ロイ
ロイ

――ちょいちょい、落ち着いてくれ、俺がやったわけじゃないんだ。

マーガレット
マーガレット

……貴様ら……卑劣な殺人鬼どもめ!

ロイ
ロイ

今頃マリアも無事お家に戻ってると思うぞ、安心しな、あれからつっかかったりはしていない、したとしても、なるべく……完璧とまでにはいかないようにしたはずさ。

ロイ
ロイ

無冑盟だって金を頂いてから仕事にかかってるだけだ、俺たちがやりたくなくても、上の連中に見られてたら仕方ないだろ?

シャイニング
シャイニング

……あなたたちは感染者を襲っているではないですか。

ロイ
ロイ

それも上からの指示だ、俺たちは悪くない。

マーガレット
マーガレット

どんな理由であれ悪行が水に流される道理はない。

ロイ
ロイ

……そりゃそうだよな。

ロイ
ロイ

だから、今日こうして挨拶しに来たわけじゃないか……

マーガレット
マーガレット

なにも話すことはない、やるというのなら、とことん付き合ってやろう。

ロイ
ロイ

せっかちな人だなまったく、こうなったら率直に言おう、俺たちは商業連合会の支配下から抜け出したいんだ。

マーガレット
マーガレット

……なに?

ロイ
ロイ

今日来たのは、この話を伝えるためにな。お互い今はまだ対立する立場にいるだろ、それに今の俺たちはまだ連合会の人間だ……

ロイ
ロイ

だから水面下で和平交渉を結んでくれないか?

マーガレット
マーガレット

……

ロイ
ロイ

耀騎士、ニアール家とその従者、あと“ロドス”も。俺たちの計画の邪魔をしないでもらいたい。

ロイ
ロイ

その代わり、無冑盟はお前の試合の邪魔をしない、耀騎士と関りがある人間にも手は出さないようにする。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

……ではあの感染者たちは?

ロイ
ロイ

……それは残念だが、俺たちにもやれる限度があるんだ。

ロイ
ロイ

感染者は俺たちにとっても脅威と言える、けど安心してくれ、俺たちにもあの感染者騎士が必要なんだ――

マーガレット
マーガレット

貴様らの濡れ衣を着せるためにか?

ロイ
ロイ

……

マーガレット
マーガレット

要求には応えられない、無冑盟。

ロイ
ロイ

――無冑盟は一体なんなのか?

ロイ
ロイ

大昔、傍若無人な騎士貴族に抗うため、その地に住まう農民と従者たちが手を組み、百戦錬磨の殺し屋を雇った。

ロイ
ロイ

だがそいつらは――全員失敗しちまった。

ロイ
ロイ

騎士は裏切者の首を尽く絞め上げ、城に吊るして、見せしめにした。領地内の農民もそれで声を出すこと止め、耐え忍んで、抵抗を諦めるしかなかった。

ロイ
ロイ

けどその後、とある弓使いが名乗りを上げた、そん時はみんな弓使いなんかがクランタの騎士に敵うはずがないと思っていたから、期待していなかったんだが……

ロイ
ロイ

だが翌朝、その暴虐な騎士の家族が目を覚めたあとに見たものは、その騎士は突撃する姿勢を保ったまま、空を仰ぎ、一本の長槍によって広場で貫かれていた……

ロイ
ロイ

近くに寄って見てわかった、あれは長槍なんかじゃない、一本の矢だった、クロガネによって作られた鋭利な矢だった。

ロイ
ロイ

それが“クロガネ”、歴史上初めての無冑盟だ。

ロイ
ロイ

まあ俺は自分たちのことを雇われの殺し屋っていう自覚を持ってはいるが、しかしな……

ロイ
ロイ

あの伝説は、ウソなんかじゃない。

シャイニング
シャイニング

――ニアールさん!上ッ!

耀騎士は頭上を見上げた。
街灯が淡く光る中、今宵は星が輝いて見える。
その中にある一粒の流星が、キラキラと数回煌めいたあと、星々からその軌道を逸らした。
そしてそのまま大地へと墜ちてきた。

マーガレット
マーガレット

――矢だと!?

シャイニング
シャイニング

それを斬るのです!

マーガレット
マーガレット

了解した――!

(アーツ音と斬撃音と爆発音)

ナイチンゲール
ナイチンゲール

キャッ――!?

マーガレット
マーガレット

リズ、気を付けろ!

シャイニング
シャイニング

(ニアールさんと私が同時に剣を抜いたのに……それでも、斬れなかった?)

シャイニング
シャイニング

……

マーガレット
マーガレット

……二人とも、大丈夫か?

ナイチンゲール
ナイチンゲール

だ、大丈夫です……さ、さっきのは一体……

マーガレットは黙々と傍に目を配った。
漆黒の矢、まるで長矛のようなその矢は、コンクリートの地面に音もなく突き刺さっていた。

ロイ
ロイ

さすがだ……クロガネの一撃を避けた人なんて、初めて見たぜ。

モニーク
モニーク

……

ロイ
ロイ

耀騎士の剣はやっぱりすごいな、それとそこの贖罪師もだ、見識が広がるような技だった……矢が生き物じゃなくて幸いだったよ――

ロイ
ロイ

――それが魂の味ってやつかい?サルカズさん?

ロイ
ロイ

医者でありながらその剣術とアーツ……どこまで研ぎ澄まされているんだ?

シャイニング
シャイニング

黙りなさい……これがあなたがさっき言っていた……停戦協定というものですか?

ロイ
ロイ

お前たちも分かってると思うが、さっきの矢は急所を外していた。さもないと、そこに座ってるサルカズは……とっくに死んでたと思うぜ。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

……

ロイ
ロイ

挨拶はここまでだ、そんじゃお三方、さっき言ってた俺たちの提案をよくよく考えてくれよな。

モニーク
モニーク

……それと、さっきの矢で理解してもらいたい、無冑盟は決してお前らに首を垂れてるわけではない――

モニーク
モニーク

“クロガネ”は三人だ。

モニーク
モニーク

あと何回避けられるかな?

マーガレット
マーガレット

待て!

二人の無冑盟の姿がネオンライトと月光の間に溶け込む。
耳元にはジャズの音だけが残されていった。

マーガレット
マーガレット

……

シャイニング
シャイニング

……“クロガネ”は、黒曜石のような光沢を持ち、比重がとても重い金属です。

シャイニング
シャイニング

その名の通り……空から……落ちてきたようでした。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

空……から?

マーガレット
マーガレット

……空からだ。

耀騎士はまた空を見上げる。
星々はまるで機を窺ってるかのように煌めいていた。

マーガレット
マーガレット

この矢は……とても遠い距離から放たれたものだ、とてつもない高さから放物線を描き、まるで空から降ってきたかのように錯覚させる。

シャイニング
シャイニング

あまり現実味がありませんね。

マーガレット
マーガレット

……無冑盟、“クロガネ”、あのヘラヘラと喋っていた男が言っていたように、ヤツらこそが“無冑盟”という言葉の原点だ。

マーガレット
マーガレット

あの暗殺者たちは、今も私たちの首を狙っているのかもな。

シャイニング
シャイニング

もう少し警戒を高めるべきですね、ここはカジミエーシュ……

シャイニング
シャイニング

彼らの罪の根城なのですから。

代弁者マギー
代弁者マギー

……マルキェヴィッチ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

どうしました?マギーさん?

代弁者マギー
代弁者マギー

……ここ二日なにやら身軽になった感じがするな、なにかあったのか?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

いえ……自分のやるべきことを見つけただけですよ。

代弁者マギー
代弁者マギー

やるべきことか。

代弁者マギー
代弁者マギー

聞いた話によると、ロドス製薬と随分親密になってるようじゃないか、この前も、あちらの責任者とほか何軒かの企業との面会を設けたとか?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

そうですけど……それがなにか?

代弁者マギー
代弁者マギー

あなたも知っての通り、感染者に対する世論は日増しに圧力を強めている、こちらもそろそろ返事を出さなければならない頃合いだ。

代弁者マギー
代弁者マギー

ロドスはゼロ号地における数少ない国外企業だ、しかし監察会から多大な支持を受けてる企業でもある。

代弁者マギー
代弁者マギー

きちんとロドスへもてなしをしなければならない。それに、今日常務理事の何人かが言っていた、ロドスのことを調査して……対処しなければならいと。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

対処……ですか?

代弁者マギー
代弁者マギー

ゼロ号地には秘密がある、決して部外者に知られてはならない秘密だ。

代弁者マギー
代弁者マギー

この件で無冑盟が直接動員されている、“プラチナ”の指揮権もまたこの件の責任者に譲渡されるだろう。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……無冑盟まで動いたのですか……!?

代弁者マギー
代弁者マギー

だが……私から理事会に提言しておいたよ、この件の責任者はあなたに変更させておいた。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……!マギーさん!ありがとうございます!

代弁者マギー
代弁者マギー

礼には及ばん。

代弁者マギー
代弁者マギー

ただあなたとロドスとの個人的な交流で、この一件を簡潔にしてやってほしい。カジミエーシュで商売したければ、カジミエーシュのルールに従ってもらわなければな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

わかりました。

代弁者マギー
代弁者マギー

……それともう一つ。このことは絶対外に知らせるなよ、さもないと身の危険が及んでしまう。今のところプラチナとほとんどの無冑盟はまだ制御下にはあるとはいえるがな。

代弁者マギー
代弁者マギー

だが無冑盟内部で問題が、大問題が起こってしまった。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……!

グラベル
グラベル

……ドクター様。

グラベル
グラベル

またボーっとしてらしゃるのですか?もしかして手持ち無沙汰でしょうか?

グラベル
グラベル

最近の大騎士領各地で、感染者騎士のボイコット運動が行われていますが……

グラベル
グラベル

もしそちらが構わないのでしたら、ウフッ……街の散策に付き合って差し上げます。

ドクター
ドクター

私なんかより、アーミヤたちのほうがもっとプレッシャーを受けてる。

グラベル
グラベル

それは……そうでしょうね。

グラベル
グラベル

いつも思うんです、あなた方は、一体なにが目的で……カジミエーシュへやってきたのですか?

ドクター
ドクター

クロージャという人がいつも財政赤字に悩んでいる、それで方法を探ってるんだ。

グラベル
グラベル

……

ドクター
ドクター

ニアールも言っていた、カジミエーシュには助けを求めてる人たちがいると。

ドクター
ドクター

彼女に聞いたことがあるんだ、どうするつもりなんだって。

ドクター
ドクター

答えを聞いたあと、私は彼女を助けると決心したよ。アーミヤも同じだ。

ドクター
ドクター

だからここに来た。

グラベル
グラベル

……思ってた通りの答えですね。

グラベル
グラベル

昔の私でしたら、そんなのはただの大義名分でしかないって思ってたでしょうけど……耀騎士はロドスで高い地位についているのですか?

ドクター
ドクター

・“地位”なんて真面目に考えたこともない。
・ニアールさんのことは尊敬している、そこに地位なんてものはない。
・マーガレット・ニアールは私たちのオペレーターだ、耀騎士としては見てないよ。

“地位”なんて真面目に考えたこともない。ニアールさんのことは尊敬している、そこに地位なんてものはない。マーガレット・ニアールは私たちのオペレーターだ、耀騎士としては見てないよ。
グラベル
グラベル

今のカジミエーシュの企業たちはフラット化経営をよく謳ってると聞きますけど、あれって結局は下にいる労働者たちの警戒心を緩める言い訳にすぎません。

グラベル
グラベル

ただ、ドクター様がそうおっしゃるのでしたら……そうなんでしょうね。

グラベル
グラベル

ということはつまり、私もロドスで兼業すれば、あなたの……お傍にいられるということですか?

グラベル
グラベル

まあ、羨ましい限りです。

グラベル
グラベル

あなたは身分や地位を除いて、耀騎士を単純に一人の“人間”として見てるのですね……それだけじゃく尊敬までしていると?

グラベル
グラベル

ロドスのほかの方たちも……あなたから尊敬を得られているのですか?でしたら、私も少々気になってきました。

グラベル
グラベル

多くの騎士たちは耀騎士を尊敬していますが、その理由はたったの二つだけ。

グラベル
グラベル

彼女が“ニアール”であるから、もしくは彼女が“耀騎士”であるからというだけです。

グラベル
グラベル

ほかの答えが聞けることなんて、カジミエーシュ騎士の一人としては、とても新鮮に思います。

グラベル
グラベル

……ドクター様。

グラベル
グラベル

私はカジミエーシュへ売られた身なんです、その時から、いつでも他者のために身を捧げるようにと、お爺様にそう育てられました。

グラベル
グラベル

それが今だとしても、私はあなたのためなら死んでも構いませんよ?うふふ。

ドクター
ドクター

・私が君の護衛対象だからか?
・監察会からの命令だからか?

グラベル
グラベル

……征戦騎士とは、そう訓練された人たちなのです。

グラベル
グラベル

ですので、耀騎士の行いは、私から見れば、茫然としていて、遠くにあるもののように思えるんです。

グラベル
グラベル

あなたは、他者の理想のための自己犠牲を、とても素晴らしいことに思えますか?

ドクター
ドクター

・もちろん。
・ああ。

グラベル
グラベル

ではもしその人の理想も他者のための自己犠牲であれば、最終的に、私たちはなにを得られるのでしょうか?

ドクター
ドクター

より良い世界を得られる。

ドクター
ドクター

ほんの少しだけよかったとしても構わない。

グラベル
グラベル

……

グラベル
グラベル

純粋な考え方ですね、あなたが商業連合会の前で機敏に振舞ってた時とは大違いです……

ドクター
ドクター

そうだ、グラベルさん。

グラベル
グラベル

なんでしょうか。

ドクター
ドクター

私がもし君が犠牲になるほどの人間でないのなら、そんなことはしないでくれ。

グラベル
グラベル

……どうしてそのようなことをおっしゃるのですか、まさか私の忠誠心を疑って――

ドクター
ドクター

私がもし君が犠牲するほどの人間なのであれば、私たちのために生きてくれ。

グラベル
グラベル

……

ドクター
ドクター

君は優秀な騎士であり、ロドスのパートナーだ。

ドクター
ドクター

君は自由なんだ。

ロイ
ロイ

……

モニーク
モニーク

どうした?

ロイ
ロイ

いやね、ただ……クロガネが手を出すのは久しぶりに見たと思ってさ。

モニーク
モニーク

前回はいつ頃だ?

ロイ
ロイ

……お前がまだラズライトに上がっていなかった頃……前任のプラチナを処分した時だ。

ロイ
ロイ

あの時のプラチナはセントレアのお師匠さん……みたいなもんだったかな。

ロイ
ロイ

あの日は雨で、午後四時四十七分の頃だった、本当なら、俺はほかの街に出かけるつもりだったんだ。

ロイ
ロイ

あの時のラズライトは俺一人だけでね、急に電話が来たと思ったら、“プラチナ”が裏切ったから、即刻処分しろとさ。

モニーク
モニーク

……それで、お前は自ら自分の仲間を殺したのか?

ロイ
ロイ

いいや。もしそうなら、俺は毎晩悪い夢を見るだろうな。

ロイ
ロイ

実際俺たちが現場まで駆けつけた頃には……はは。ボロボロなビルだったよ。

ロイ
ロイ

三棟とも目もくれないほどボロボロで、裏切り者は……壁の高い場所で磔にされていて、胸にはクロガネでできた重い矢が刺さっていた。

ロイ
ロイ

俺の中途半端な現場推理から推察に……“プラチナ”はそこから逃げようとしていたが、空中でその矢に胸を貫かれて、そのまま壁に固定されちまったんだろう。

ロイ
ロイ

そん時俺はちょうどその壁の下にいた。あのターゲットを愛しちまって裏切ろうとした可哀そうな人は、そのまま上の壁で磔にされちまった。

ロイ
ロイ

今も覚えてるよ、すごく白い壁だった。あいつの死に様はまるで殉教者だったよ。

モニーク
モニーク

見識のないヤツだから自由や理想をペラペラと謳ってるヤツらに騙されるんだ。そいつらはまったく生きる本質を理解してない。

(無線音)

ロイ
ロイ

俺だ。

ロイ
ロイ

えっ……ようやく動いたって?

(無線が切れる)

モニーク
モニーク

……レッドパイン騎士団か。

ロイ
ロイ

ああ、ずっと慎重に動いてたが、ようやく……耐えきれなくなったみたいだ。

ロイ
ロイ

まあここ二日、感染者ボイコットのデモまで現れちまったからな……皮肉なこった、もうどっちが被害者なのかすら分からなくなっちまったよ。

ロイ
ロイ

チッ、また電話かよ、面倒くさいな。

(無線音)

ロイ
ロイ

もしもし――

???
電話からの声

なぜ指定通りに動かなかった?

???
電話からの声

そうすれば、贖罪師も耀騎士もあの矢を受けてたはずだ。

ロイ
ロイ

……

???
電話からの声

北の方角にヤツらを向かせて、あらかじめ私の矢を見れるように仕向けたな。

???
電話からの声

さもなければ、少なくとも車椅子に座ってたサルカズは殺せてたはずだ。

ロイ
ロイ

あはは、なんのことでしょうか――冗談言うにもキツイですよ。

ロイ
ロイ

あれは俺のその場での判断でしてね、ボス、どうしようもなく頑固な耀騎士からすれば、一人だけ殺しても、彼女を余計激化するだけですって。

???
電話からの声

耀騎士に理性を失わせることなら、願ってもないことだ。

ロイ
ロイ

それじゃあ危険すぎます、ボス。事後報告は申し訳ないですけど、今の脅威度はちょうどいいところまで来てるんですから、やりすぎはよくないですよ。

ロイ
ロイ

信じてください、耀騎士は絶対あなたの計画を邪魔しませんから……それと、今の状況を教えてもらってもいいですか?

???
電話からの声

……理事会にもうすぐ嗅ぎつかれる。だが問題ない、感染者たちがこの都市を陥落させた頃には……

???
電話からの声

私がこの手で最後の関係者を抹殺する。

???
電話からの声

そしてそれから、もう二度と、無冑盟高層部の正体を知る者は存在しなくなる。

ユスティナ
ユスティナ

……配置についた。

合成樹脂騎士
シェブチック

通信はクリアだ。

グレイナティ
グレイナティ

準備完了しました。

感染者騎士
感染者騎士

おうよ!俺たちなら成し遂げられるさ!

グレイナティ
グレイナティ

……ソーナ。予備電力の回復速度が予想よりも早いです。もしかしたらヤツらは応急措置を改良したのかもしれません。

グレイナティ
グレイナティ

絶対に……絶対に油断しないでくださいね。

イヴォナ
イヴォナ

ハッ、そんじゃもういっちょ騒ぐとするか?

感染者騎士
感染者騎士

おうよ、野鬣、無冑盟連中の脳みそをぐちゃぐちゃにしてやりな!

イヴォナ
イヴォナ

当然だ、こっちはいつでも動けるぜ。

ソーナ
ソーナ

……イヴォナは正面から無冑盟の巡回部隊を襲撃。

ソーナ
ソーナ

30分後、カイちゃんが動力区画を奇襲。計画通りなら、監察会の警備は“撤収”されてるはず。

ソーナ
ソーナ

そしたらアタシが連合会のビルに侵入して、欲しいものをちょろまかす、楽勝楽勝。

ソーナ
ソーナ

……それじゃ、作戦開始。

トーラン
トーラン

……ビルへの侵入は俺が手伝おう。

トーラン
トーラン

その後は、もうこちらから手を貸すことはできない、戻り道の安全も確保しなくちゃならないからな。

ソーナ
ソーナ

これで十分だよ、ありがとね、トーラン。

トーラン
トーラン

俺が言ってたこと忘れるんじゃないぞ、お前たちがやってることは、自分たちが想像してるよりもはるかに大きな意味を持ってる。

トーラン
トーラン

この街のみんなに見せつけてやりな、この都市の慟哭ってやつを。

タイトルとURLをコピーしました