タイムライン風サイトがとりあえず完成しました
アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】ニアーライトNL-ST-4「未知と未来」翻訳

「みな立ち上がれ。」
「すべてを静寂に帰そう。」
「もし騒がしい波があれば、静まり返った海にしてやればいい。」
「文明は栄え、都市は轟々と進む、ヤツらを滅ぼせるのはヤツら自身だ。」
「時間を与えるな、ヤツらは時間すら打ち破ることができるからだ。時間を己の手に、己に携えよ。」
「すべての人々に携えてやるのだ。」

???
テレビからの声

二人のチャンピオンが展示会場に向かった出来事はメジャーリーグで起こった数々の珍事を振り返っても、前代未聞の出来事です!

???
テレビからの声

それに加えて、今大会のチャンピオン耀騎士が――なんと騎士協会からの受賞を拒否し、その場から立ち去ってしまわれました!

???
テレビからの声

これは間違いなく冒涜と受け取ってもよろしいでしょう。

老騎士
老騎士

いてててて……

老工匠
老工匠

爺さんよ、敵わないのなら無理して出しゃばるな、マリアとゾフィアに任せておけばよかっただろ!

老騎士
老騎士

お前だけには言われたくないわい!あだッ――いててて――

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

……

老騎士
老騎士

さっきからなにジッと自分のハンマーを見つめてるんだ、マーティン、一晩のウォーミングアップで、懐かしくなっちまったか?

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

……少しな。

ハゲのマーティン
ハゲのマーティン

それよりマーガレットたちはどうなったんだろうな……

マリア
マリア

え?

マリア
マリア

……叔父さん……しばらく大騎士領を出るの?

ムリナール
ムリナール

お前たちもニアールの名を背負ってる以上、いつまでゾフィア家に引き籠もってるんじゃない、情けないぞ。

ムリナール
ムリナール

……私はしばらくの間出掛ける、それまでの間は……マーガレット。

ムリナール
ムリナール

……本当にカジミエーシュに残るのだな?

マーガレット
マーガレット

ああ。

ムリナール
ムリナール

……ならこの先なにと直面するのかもわかってるはずだ。

ムリナール
ムリナール

お前は決して周りの理解を得られることはない。

マーガレット
マーガレット

……最初から重々承知の上だ。

ムリナール
ムリナール

……

ムリナール
ムリナール

なら好きにしろ、それだけだ。

(ムリナールが立ち去る)

トーラン
トーラン

……急に考えが変わってどうしたんだい?

ムリナール
ムリナール

……トーランか……

トーラン
トーラン

突然大騎士領を離れる、ねぇ?一体どうして?

ムリナール
ムリナール

……お前の目に、私はどう映ってる?

トーラン
トーラン

映るもなにも、自分じゃわからんのかい?

トーラン
トーラン

――ならはっきり言わせてもらうが、俺たち全員お前にはガッカリだよ。

トーラン
トーラン

監察会の上層部でなくとも、国民院を変えるような人じゃなくてもいい、だがよ、少なくとも俺たちのヒーロー、俺たちのニアールであってほしかったよ。

トーラン
トーラン

ここを出てどこに行くかは知らねぇが、それでも言わせてもらう――俺以外、みんな大いに失望しちまったぜ。あいつらがお前の顔を見たら、お前を殺しちまうぐらいにはな。

ムリナール
ムリナール

それは彼らが私に敵う前提での話か?

トーラン
トーラン

ちぇッ。

ムリナール
ムリナール

私はあまりにも多くのものを諦めてきた、トーラン。

ムリナール
ムリナール

……それでも、現実味のない考えだけはいつまでも諦めきれなかった。

ムリナール
ムリナール

彼らならきっとまだどこかにいるはずだと。

トーラン
トーラン

……

ムリナール
ムリナール

彼は戦争の英雄の長男、このムリナールの兄弟、一族で最も強い戦士だった。

ムリナール
ムリナール

そして彼女は……このカジミエーシュで最も美しい人だった、優雅で、端正で、まるで宝石のように……

ムリナール
ムリナール

あの二人は私からしたら天の寵児だったよ、ああやって……訳も分からないまま消息不明になるような人たちじゃない。

ムリナール
ムリナール

もう十数年だ。

ムリナール
ムリナール

私はずっとそんなことを考えていた。

トーラン
トーラン

十五年だよ。あんなに苦労したくせに成果なしだったろ、なのにまだ――

ムリナール
ムリナール

……今回は……ただの有給休暇だ。

トーラン
トーラン

一人でかい?

ムリナール
ムリナール

希望があるのかどうかすら定かでない休暇旅行だぞ、一人じゃ足りないとでも?

トーラン
トーラン

お前は……耀騎士で感情的になるような人じゃないはずだ、なんで急にここを出るかは聞かないおこう――

トーラン
トーラン

俺を……“俺たち”を探しに行くんだな。

ムリナール
ムリナール

……ただの自分探しさ。

ソーナ
ソーナ

……ロドスかぁ。

マーガレット
マーガレット

そこなら治療も受けられるし、なによりもうお前たちは誰かの指図に従う必要もなくなる。

ソーナ
ソーナ

あの耀騎士がずっと所属していた組織だったら……少しは、信用してもよさそうですね?

マーガレット
マーガレット

……ああ。

マーガレット
マーガレット

彼らの理想はいずれこの大地を照らしてくれる、今でも私はそう信じている。

ソーナ
ソーナ

またそのロドスに戻るんですか?

マーガレット
マーガレット

……いずれな。

イヴォナ
イヴォナ

じゃあそん時はアタシと手合わせしてくれねぇか?

ユスティナ
ユスティナ

……い、イヴォナ!

イヴォナ
イヴォナ

なんだよ、チャンピオンに挑みたいのは誰だって一緒だろ!

グレイナティ
グレイナティ

わ、私も。

グレイナティ
グレイナティ

なにせ伝説の騎士一族ですから……好奇心を掻き立てられないほうがおかしくないですか?

マーガレット
マーガレット

……約束だ、いつか必ず相手になろう。

ソーナ
ソーナ

あはは、まったくこいつら気が緩んだと思ったらすーぐ興奮し出すんだから……

ソーナ
ソーナ

それで、あなたは最初から自分は感染者じゃないって気づいてたんですか?

マーガレット
マーガレット

……ああ。

ソーナ
ソーナ

なのにそれでも感染者のために戦ってくれると?

マーガレット
マーガレット

私はただ苦難に強いられている人々のために戦ってるだけさ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

代弁者マギー
代弁者マギー

……理事会はご立腹だ。

代弁者マギー
代弁者マギー

どうやら、この先数か月分のボーナスはカットだな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……ボーナス。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あんなにたくさんの感染者の、騎士の、ましてや無冑盟の命すら翻弄してきたのに、その影響が及んだのが、ボーナスだけと?

代弁者マギー
代弁者マギー

……その件について話があるんだが……

代弁者マギー
代弁者マギー

ついてきてくれ、マルキェヴィッチ。そろそろあなたの在籍について話し合わなければならなくなった。

代弁者マギー
代弁者マギー

……以前あなたは電話で討論をしていただろ、私もその内容をあとで色々と考えてみてんだが、確かにそうかもしれないと思ったよ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

あの、電話でも待ってるのですか?

代弁者マギー
代弁者マギー

……記者からの電話を待っている。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……えっ……記者、ですか?これからインタビューでしょうか?

代弁者マギー
代弁者マギー

みんな彼を記者と呼んでいるだけだ。ただの名称だよ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……待ってください……記者って……まさか……

(電話が鳴る音)

???
電話からの声

マギーか。

代弁者マギー
代弁者マギー

……はい。紹介しよう、今電話を出ておられるのは、ローズ新聞連合出版社理事長……“記者”のケインさんだ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……!

???
電話からの声

マルキェヴィッチ君もいるのだな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

はい、こうしてお話できて光栄に存じます……

???
電話からの声

マルキェヴィッチ君は私が大金をはたいてミェシェンコからスカウトした人材だ、私の右腕と言ってもいい。

???
電話からの声

それとここに部外者はいない、マギー、父と呼んでも構わん。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

――

代弁者マギー
代弁者マギー

……はい、父さん。

???
電話からの声

ふむ、母は元気か?

代弁者マギー
代弁者マギー

元気です、父さん。いつも会いたいと言っていましたよ。

???
電話からの声

お前はどうなんだ?もう結婚はしたのか?

代弁者マギー
代弁者マギー

……いえ……まだです。

代弁者マギー
代弁者マギー

そっちはどうですか、父さん?今は……どちらに?

???
電話からの声

……クルビアだ。

代弁者マギー
代弁者マギー

……いつごろカジミエーシュに戻られますか?

???
電話からの声

ふふ……まだまだ先だよ、マギー。

???
電話からの声

カジミエーシュにとって本当の脅威はクルビアだった、あの目先しか考えていない連中は未だそれを理解しておらん。

???
電話からの声

我々の新聞はまだ彼らの都市を覆い隠せていない、それに我々の声も未だクルビア人たちの耳には届いていない。

???
電話からの声

彼らの市場は驚異的な速さで成長を遂げている、必ずそこを抑え……彼らの市場を奪ってやらんとな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

???
???

国同士の駆け引きは実に魅力的だよ、マギー。

???
電話からの声

しかしあの貴族どもは……ペッ。なんともまあ封建的な連中だ……ヴィクトリアも、ウルサスも、強大な国家であるがゆえにその愚かさには心を痛むばかりだ……

???
電話からの声

マルキェヴィッチ君。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

は、はいッ!

???
電話からの声

商業連合会にすべてを捧げてくれるつもりはないかね?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

???
電話からの声

君は優秀だ。あの片言な報告書を見ても、そう感じ取れたよ。

???
電話からの声

まさか、まだあの騎士たちを……憐れんでいるのかい?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……

???
電話からの声

あたりか。

???
電話からの声

若いの、一つ考えてみよう。

???
電話からの声

仮にカジミエーシュの高速戦艦の数がウルサスが保有する数を越えた時、クルビアにカジミエーシュの商人と商品で溢れかえった時、辺境の要塞の数が今の倍になった時――

???
電話からの声

戦争はまだ存在すると思うかい?ウルサスははたして脅威になり得るのだろうか?カジミエーシュは軟弱なままなのだろうか?

???
電話からの声

当然、違うとも。

???
電話からの声

カジミエーシュを貪ってる蛆虫どもはあの騎士たちなのだよ。愚かな貴族が栄誉を謳うなど……フッ。

???
電話からの声

メジャーリーグで起こった出来事は耳に入れた、監察会はもしやあれで“メンツを取り戻した”とでも思っているのかね?

???
電話からの?

栄誉もメンツも、欲しければいくらでも与えてやればいい。

???
電話からの声

こちら側には時間と民衆がついている。試合を数回見せてやれば、民衆はすぐさま耀騎士がもたらした衝撃を忘れて、また次の消費と娯楽に没頭してくれる。

???
電話からの声

彼らにとって、「どの騎士が最強か」や「騎士のグッズの値段は割に合ってるかどうか」を討論するほうが重要なのだ、我々が残したどんな悪事に目を向けることよりもな。

???
電話からの声

それに国もこちら側に立っている。カジミエーシュはもはや商業連合会の経済基盤から抜け出せなくなった。あの哀れな征戦騎士も……どれだけ我々に首を垂れたものか。

???
電話からの声

マルキェヴィッチ君。

???
電話からの声

今回ばかりは、君に選択権はないぞ。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……こちらがお応えする前に、一つ聞いてもよろしいでしょうか?

???
電話からの声

なんだね。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……チャルニーさんは……耀騎士による試合乱入を阻止できなかったため、追放されてしまわれました……私から見れば、罪に対して罰が重すぎるように思います。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

一体なぜなのですか?

???
電話からの声

なぜ……ふむ、チャルニー、彼は君の人生におけるターニングポイントだったな、マルキェヴィッチ君。彼には感謝しているよ。

???
電話からの声

しかし、もしチャルニーの消失が――耀騎士とまったくの無関係と言ったら君はどう思うのかね?

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

――

???
電話からの声

彼がただの陳腐な権力闘争の中で、たまたま見つけた言い訳の口実として追放されたと言ったら?

???
電話からの声

――チャルニーは数年前に暴露した賄賂事件で、政敵に利用されて追放されたのだよ。

???
電話からの声

耀騎士とはこれっぽっちの関係もない……君の運命とはなんの関わりもなかったのだよ。これが事件の真相だ、現代の真相とは実に冷酷なものだな。

代弁者マルキェヴィッチ
代弁者マルキェヴィッチ

……!

???
電話からの声

さあ、マルキェヴィッチ君。

???
電話からの声

我々はいずれこの大地の口舌になるのだ。

プラチナ
プラチナ

……は?

ロイ
ロイ

なんだ、俺たちの新しいお店はお気に召さなかったか?

プラチナ
プラチナ

お店って……店を開いたんですか?

モニーク
モニーク

……お前の目は節穴か?

プラチナ
プラチナ

いえ……しかも……ハンドソープの専門店?

ロイ
ロイ

“オリジニウムクラウド”の日用品はここ数年で一番人気のあるブランドだ――

ロイ
ロイ

――そんなブランドの日用品を販売してる会社には、社長が“三人”いる。

プラチナ
プラチナ

……

ロイ
ロイ

そしてその三人の社長さんは、もうじき商業連合会の一員になる。

プラチナ
プラチナ

……もしかして……

ロイ
ロイ

……そう、あそこに取り込んでもらうためだけのお店さ。

ロイ
ロイ

内側の事情を知れば知るほど、将来の行き先も察知しやすくなる。

ロイ
ロイ

傭兵とか殺し屋なんてのはいずれ廃れていく、なぜならもう必要とされなくなるからな、それに結局のところ殺し屋ってのは人の命を取るだけだ……だがあいつらは、富で国をも取れてしまう。

ロイ
ロイ

これも時代による選別だよ。プラチナ。

プラチナ
プラチナ

……

ロイ
ロイ

そうだ、俺たちの看板娘になってくれよ、ちょうどそこのポジが空いてたんだ。お前って結構美人さんだし、イけるイける。

モニーク
モニーク

……チッ。

ロイ
ロイ

近いうちに俺たちから無冑盟に任務を出すんだが、それが終わったら俺たちはおさらばして人間蒸発する、そんで最高の整形医師を呼んで整形してもらったら、お仕事にせっせと勤しむ販売員に晴れてクラスチェンジだ。

プラチナ
プラチナ

つまり……お二人は感染者が引き起こしたあの大規模停電を利用して……理事会と無冑盟に癒着してた人たち全員始末していたと……

ロイ
ロイ

……そう簡単にやれたのも、あいつらのおかげだ。

ロイ
ロイ

理事会内部だって色んな諍いを抱え込んでいるからな。

ロイ
ロイ

無冑盟を動かせる者が、圧倒的な優位性を得られる――どの理事長もそれを知ってたから誰もあからさまに無冑盟を動かそうとしなかったし、させなかった。

ロイ
ロイ

そういうこともあって、お互い牽制し合ってるうちに無冑盟への影響力を失ってしまったんだ。

ロイ
ロイ

はは、面白い話をしてやろう、カジミエーシュ人はもう自分が雇った殺し屋組織のボスの名前も居場所も分からなくなっちまったんだよ。

プラチナ
プラチナ

……じゃあクロガネたちは……本当に存在するんですか?

ロイ
ロイ

……さあね。

ロイ
ロイ

一人しかいないのかもしれないし、二人かもしれない、もしかしたらクロガネってのはただのハリボテかもしれないし、俺たちラズライト二人が一緒に動いた時に使用する暗号なのかもしれない。

ロイ
ロイ

けど今朝街中ですれ違ってたかもしれないし、今も理事会で会議を開いてたり、サーミの別荘で優雅に休暇を楽しんでいるのかもしれないな。

ロイ
ロイ

誰にもわかりゃしないさ。だからこそ彼らは恐れられているんだ。

ロイ
ロイ

……最後に一つだけ、お前は本来死ぬべきだった、スケープゴートとして、どう足掻いてもな。

ロイ
ロイ

お前のことはこれからも随時監視しておく、仮にも無冑盟なんだ、俺たちを敵に回したくはないだろ?

プラチナ
プラチナ

……

プラチナ
プラチナ

(もう……逃げよう……)

マーガレット
マーガレット

……ドクター、アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

あっ……ニアールさん。

マーガレット
マーガレット

わざわざ呼び出してすまない、実は……

ドクター
ドクター

・別れの話ならもう聞いた。
・きっとまた会える、そうだろう?

マーガレット
マーガレット

あっ……

マーガレット
マーガレット

……ああ。

マーガレット
マーガレット

もしロドスが声をかければ、必ずあなたの傍へと赴こう、ドクター、アーミヤ。

アーミヤ
アーミヤ

……はい!

マーガレット
マーガレット

……もう長い間流浪してきた、だから今のうちに私は……故郷の土を踏んでおきたいんだ。

マーガレット
マーガレット

それに、いい加減祖父の墓参りにも行かないとな……

(シャイニングとナイチンゲールが近づいてくる)

シャイニング
シャイニング

ニアールさん。

アーミヤ
アーミヤ

あっ……ドクター、ちょっと外を歩きましょうか。

アーミヤ
アーミヤ

ではニアールさん!お元気で!

ドクター
ドクター

・またいつか会おう。
・達者でな。
・またすぐ会えるさ。

(アーミヤが立ち去る)

マーガレット
マーガレット

……ああ、そちらも達者でな。

シャイニング
シャイニング

そろそろお別れですね、ニアールさん。

マーガレット
マーガレット

……シャイニング。

マーガレット
マーガレット

実は……

シャイニング
シャイニング

いえ、言いたいことなら分かりますよ。

シャイニング
シャイニング

ロンデニウムは、私たちが向かいます。あなたがここへ戻って来たように。

シャイニング
シャイニング

あの罪の数々は……あの過去は、私たちが断ち切ります。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

……シャイニング?

シャイニング
シャイニング

リズ……もしその時が来たら、あなたはきっと私を酷く恨むでしょうね。

シャイニング
シャイニング

けど信じてください、私はずっとあなたの傍にいますから。

ナイチンゲール
ナイチンゲール

そんな……恨むわけないじゃないですか?

シャイニング
シャイニング

……

マーガレット
マーガレット

もしその時、私を必要としているのなら――

マーガレット
マーガレット

今ここで誓いを立てよう――

マーガレット
マーガレット

――耀騎士マーガレット・ニアールは、いつでもあなたたちの力になると。

カヴァレルエルキの灯火はまた燦燦と、連合会ビルのライトもまた煌々と。
それはまるで人類が都市に塗りたくった答えのようだった。
夜の帳がゆっくりと昇っていく。
文明も今なお栄えていく。

三日後、大騎士領外、とある村

ソーナ
ソーナ

……ここがそうなの?

トーラン
トーラン

いい村だろ?

ソーナ
ソーナ

あなたたちっていつもこういう場所に潜んでいるの?

トーラン
トーラン

最初のころは賊の連中と同じようなねぐらに潜んでいたさ、色んな都市に行っても、よくて闇市や地下で活動していたんだ。

トーラン
トーラン

しかし後から……ある人と出会って、考えを変えさせられた。

トーラン
トーラン

要点だけ言うと、それからまたしばらくして、俺たちは錆槌とドンパチやりあったんだ。錆槌は知ってるか?狂った連中でな……

トーラン
トーラン

ほとんどの人は錆槌をただの野盗連中だと思っているが、実はそうじゃない。十何歳ぐらいの子供ですら鉄パイプを持って戦ってたんだぜ、あのドンパチ騒ぎでしっかり見たから間違いない。

トーラン
トーラン

イカレてるとは思わないかい?

ソーナ
ソーナ

へぇ……おっかないね。

トーラン
トーラン

……そこがあいつらの恐ろしいところなんだよ。

トーラン
トーラン

錆槌ってのは文明に抗うために生まれたもんじゃない。文明の発展によって生まれたもんなんだ。

トーラン
トーラン

あいつらにどんな目的や理由があるのか探したって無駄だ、理性的な集団として見ること自体間違いなんだからよ――

トーラン
トーラン

あいつらは文明の遺児だ。発展した文明が全員の世話をしきれなくなった時、あいつらは誕生する。

トーラン
トーラン

帰る場所もなく、行く宛てもなく、源石まみれな痩せこけた荒野で生き長らえていく。あいつらは天災みたいなもんだ。

トーラン
トーラン

だがあいつらのおかげで、俺たちは一つにまとまった。そんで、一つだけ気付かされた……

トーラン
トーラン

俺たちはあんな頭のおかしい連中にはなりたくない、ってな。

ソーナ
ソーナ

……それで?アタシたちはなにしにここへ?

トーラン
トーラン

あんたに合わせてやりたい人たちがいるんだ。

ソーナ
ソーナ

それって誰?

トーラン
トーラン

感染者たちだよ。

ソーナ
ソーナ

感染者?

トーラン
トーラン

農民とか騎士とかな。

ソーナ
ソーナ

色々いるのね。

トーラン
トーラン

労働者やバウンティハンターもいるぜ。

トーラン
トーラン

お命カラカラな村長も、疲労困憊した貴族だっている。

トーラン
トーラン

大学生も、読み書きできない人だってな。

トーラン
トーラン

あとはカジミエーシュを変えようとした人、カジミエーシュに変えられた人も。

ソーナ
ソーナ

……

トーラン
トーラン

驚くにはまだ早いぜ。

トーラン
トーラン

ソーナ、以前俺に聞いたよな、商業連合会を挫いてなんの意味があるのか、騎士にはどんな意味があるのかって。

トーラン
トーラン

逆に聞きたいんだが、商売人どもが名を上げ、カジミエーシュが商業連合会に首をくくり付けられるよりも前――

トーラン
トーラン

――貧乏人や庶民たちをイジメてた連中は誰だと思う?感染者を吊るし上げ、権力で築き上げた高いビルに引き籠もってるのはどこのどいつだい?

トーラン
トーラン

騎士だよ。

ソーナ
ソーナ

……

トーラン
トーラン

新しい悪が生まれたら、その逆の道理を掲げる必要なんてないのさ、そんなことをしちゃ損しちまうのはいつだって自分たちだからな。

トーラン
トーラン

まあ正直な話、商業連合会は名前からして悪臭がプンプン漂ってくるのは確かだが……それでも使えるところは一応まだ残っている。

トーラン
トーラン

都市に軽視されてる人間は、手を携えたなくっちゃな。

憔悴した少女
憔悴した少女

……トーラン、そちらの方が……

トーラン
トーラン

大騎士領の感染者騎士だ、すでに協力を得ている。

トーラン
トーラン

ほかのみんなは?

憔悴した少女
憔悴した少女

皆さんなら、全員中に……

トーラン
トーラン

よし、ならあんたもこっちに来な、キャロル。

トーラン
トーラン

夜明けはすぐそこだ。

タイトルとURLをコピーしました