アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】吹雪過ぎ行く BI-5「狩場」行動後 翻訳

ノーシス
ノーシス

これから行動に移るが準備はできているか?

メンヒ
メンヒ

……はい。

メンヒ
メンヒ

……

メンヒ
メンヒ

あの、ノーシス様……!

メンヒ
メンヒ

……一つお聞きしてもいいでしょうか?

ノーシス
ノーシス

珍しいな、君から尋ねてきたのはこれが初めてではないか?

ノーシス
ノーシス

なんだ。

メンヒ
メンヒ

……僭越ながら。

メンヒ
メンヒ

私たちが計画通りに動けば、その後の調査でブラウンテイル家が巻き込まれる可能性があります。

メンヒ
メンヒ

それで……心配なんです、ノーシス様とブラウンテイル家が同盟を結ばれている今、もしブラウンテイル家になにかあったら、ノーシス様の計画に不利が生じるのではないかと……

ノーシス
ノーシス

私もそれについては考えたが心配はいらない、ブラウンテイル家がどうなろうと支障はない、今回のチャンスは千載一遇だ、逃したくはない。

ノーシス
ノーシス

だからと言って、君には自分の身を案じてほしい。

ノーシス
ノーシス

もし本当に最悪の事態になった場合、ブラウンテイル家よりも自分の安全を最優先にしろ。私はエンシオディスの人間性を理解している、君の証言が彼にとって不利に働いてる以上、向こうから君に手を上げることはないはずだ。

ノーシス
ノーシス

万が一の時は君の安全を確保するよう人を遣わそう。

メンヒ
メンヒ

ノーシス様!私は……

ノーシス
ノーシス

……どうした?

ノーシス
ノーシス

もし迷いがあるのなら、交代しても構わないぞ。

メンヒ
メンヒ

……いえ!どうか私に任せてください!

メンヒ
メンヒ

ノーシス様がお求めになる限り……

メンヒ
メンヒ

このメンヒ、最後までお供致します。

イェラグの戦士
年配のイェラグの戦士

これでようやく獣どもを全部片づけたな!

イェラグの戦士
年配のイェラグの戦士

若い連中が何人か怪我を負ってしまったが、大事にならずに済んだ……これも全部巫女様のおかげだ!

エンヤ
エンヤ

私は別に大したことはしておりません。皆様がご自分の勇敢さを見事に示してくれたおかげです、イェラガンドもきっとご自分の勇士であるあなたたちを誇りに思っておられますよ。

イェラグの戦士
年配のイェラグの戦士

きょ、恐縮でございます……!

イェラグの戦士
若いイェラグの戦士

巫女様!

エンヤ
エンヤ

はい?あなたは……さっきの……

イェラグの戦士
若いイェラグの戦士

ええ。さきほどは巫女様のおかげで命拾いしました。

アークトス
アークトス

巫女様!先ほどはあまりにも無茶がすぎます!

アークトス
アークトス

だが感謝致します、おかげでこのクソガキが救われました!

エンヤ
エンヤ

同じイェラガンドの民なら助け合いは至極当然、礼には及びませんよ。

イェラグの戦士
若いイェラグの戦士

……巫女様……

ラタトス
ラタトス

実に見事な一矢でした。しかし巫女様が弓の実力をお持ちだったとは初耳ですね……

エンヤ
エンヤ

巫女はもとより雪山の民を守る力を備えていなければなりません、特段話題にあげるほどのことでもありませんよ。

アークトス
アークトス

そんなご謙遜なさらず!さきほどの一矢、イェラグ最高の弓の名手とも並ぶ実力でした!

(イェラグの戦士が駆け寄ってくる)

イェラグの戦士
イェラグの戦士

巫女様!アークトス様、それにラタトス様!

イェラグの戦士
イェラグの戦士

た、大変です!

ラタトス
ラタトス

声を抑えなさい、はしたない。アタシらならなんともないわよ。

ラタトス
ラタトス

あなたシルバーアッシュの人間ね?なによ、またなにか起ったわけ?まさかアンタたちまで獣に襲われたせいで、あのエンシオディスが助けを求めてるとか?

イェラグの戦士
イェラグの戦士

け、獣ではありません!

アークトス
アークトス

なら一体なんだ、グズグズしないでさっさと言え!

イェラグの戦士
イェラグの戦士

は、はい!エンシオディス様が暗殺者に襲われております!

エンヤ
エンヤ

――!

ラタトス
ラタトス

……なんですって?

ラタトス
ラタトス

エンシオディスが襲われた?わざわざこの聖猟の場で彼に手を出す輩が現れたって?

アークトス
アークトス

……部隊の半分は巫女様の護衛に務めろ、警戒を怠るな。

アークトス
アークトス

そのほかの者は私について来い!

ラタトス
ラタトス

待ちなさい、アークトス!なにバカなことをしてるのよ?

ラタトス
ラタトス

もしかして助けにいくわけ?エンシオディスが本当に助けを求めてるかはさえおいて、この状況よ……ちゃんと考えてるの?

アークトス
アークトス

……考える必要などない、ラタトス、お前の言いたいことはわかる。

アークトス
アークトス

しかし、あのエンシオディスが本心で悔やんでようが、芝居を打っていようが知ったこっちゃない、この聖猟を妨げる者はこのアークトスが断じて許さん!

アークトス
アークトス

――我が一族は代々イェラグを守る誓いを立てているのだ、聖猟の秩序を守ることも含めてな!

ラタトス
ラタトス

ホントがさつな男ね……もういいわよ、その良心で一体なにを引き換えてくるのか見物ね。

エンヤ
エンヤ

……

エンヤ
エンヤ

エンシオディス……

イェラグの戦士
イェラグの戦士

エンシオディス様!血が……怪我を負われたのですか!?

エンシオディス
エンシオディス

問題ない、慌てるな。

イェラグの戦士
イェラグの戦士

しかし傷が……!

エンシオディス
エンシオディス

大したことはない。

エンシオディス
エンシオディス

見事に気配を消していた、それに不意を衝くことも……この聖猟が執り行われてる時に手を出す輩がいたとはな、油断した。

???
???

……

エンシオディス
エンシオディス

どうした、姿を見せないのか?

エンシオディス
エンシオディス

この場で手を出すということは、イェラガンドに対する不敬極まる行為だ、覚悟はできているはずだろう。

エンシオディス
エンシオディス

まさかそれを考えずに手を出したとは言わないだろうな?

???
???

……挑発は結構。

メンヒ
メンヒ

手を上げた時から、すでに覚悟はできている。

メンヒ
メンヒ

エンシオディス、私がこの狩場にいる限り、ここから無事に出られると思うな!

エンシオディス
エンシオディス

どうやら相当決心してるようだな。

メンヒ
メンヒ

言われなくとも!

メンヒ
メンヒ

エンシオディス、敬虔深いフリをしても無駄よ、あんたはちっともイェラガンドへ畏敬の念を抱いちゃいない、あんたがイェラグにもたらした傷もすでに周知されているんだから!

エンシオディス
エンシオディス

面と向かってそう言われるのは初めてだ。今のイェラグで私にそれほど敵意を剥き出しにしてる人はそう多くないからな。

エンシオディス
エンシオディス

私をそんな風に責めるということはつまり、利益を失ったか、あるいは本当に敬虔深い極端な信者のどちらかなのだろう……

エンシオディス
エンシオディス

お前はどっちなんだ?

メンヒ
メンヒ

……私が素直に教えてるとでも?

イェラグの戦士
イェラグの戦士

エンシオディス様、お気を付けて!

(メンヒがイェラグの戦士を射抜く)

メンヒ
メンヒ

邪魔しないで!

エンシオディス
エンシオディス

それは残念だ。

エンシオディス
エンシオディス

この突如と発狂した獣たちはお前が事前に用意したのだろう?聖猟での私の護衛はそう多くない、もし彼らを獣の対処に割けてしまえば、確かに千載一遇のチャンスと言えよう。

エンシオディス
エンシオディス

だが……そんなチャンスもここまでのようだな。

メンヒ
メンヒ

……なに、私を見くびってるの?

メンヒ
メンヒ

私はすでにあんたに傷を負わせてやった、いくら飄々としてようが誤魔化せられないんだから!

メンヒ
メンヒ

それに動きも鈍くなってるでしょ。あと一回あんたに矢を射れば、それで……

エンシオディス
エンシオディス

こんな状況下でか?

エンシオディス
エンシオディス

真正面から私の要所に当てる自信があるようだが、はたしてどうだろうな?

メンヒ
メンヒ

……チッ……

メンヒ
メンヒ

そんなのやってみなければ分からないじゃない。

(メンヒが射た矢をエンシオディスが弾く)

メンヒ
メンヒ

くそっ……杖で矢を斬るなんて……

メンヒ
メンヒ

私をおちょくってんの!?

エンシオディス
エンシオディス

誤解しないでくれ、お前のことを舐めてるわけではない。

エンシオディス
エンシオディス

お前は事前に仕掛けなり計画なりを準備してきたようだが、計画を実行するには実践的な経験が必要だ。直接的な力に打ち破られてしまえばそれらもただの机上の空論になる。

エンシオディス
エンシオディス

何事も交渉によって解決できるのならそれに越したことはないが、私の追随者の中にも力で訴えようとする人がいる、彼女の名誉のために言うが、理由があって力を振るってるだけだ、私にはよくわかる。

イェラグの戦士
イェラグの戦士?

……

メンヒ
メンヒ

なにが言いたいのよ!?

エンシオディス
エンシオディス

そろそろ正体を見せたらどうだ?それとも私の見合違いだろうか?

イェラグの戦士
イェラグの戦士?

……

Sharp
Sharp

……

Sharp
Sharp

矢を斬るとは大したことだ。

メンヒ
メンヒ

あんたは――!

Sharp
Sharp

だが俺は仕事で来ただけだ、ミスター・エンシオディス。

Sharp
Sharp

それで、まだ続けるのかい?

エンシオディス
エンシオディス

彼女にも聞いてくれ、私だけでは決めかねる。

メンヒ
メンヒ

……

エンシオディス
エンシオディス

今における最善の選択は手を引くことだ、少なくとも死傷者は出なくなる。

メンヒ
メンヒ

……善人ぶらないで、気持ち悪い。

メンヒ
メンヒ

私から情報を探って誰があなたを襲わせたのかが知りたいんでしょ?

(回想)

ノーシス
ノーシス

私もそれについては考えたが心配はいらない、ブラウンテイル家がどうなろうと支障はきたさない、今回のチャンスは千載一遇だ、逃したくはない。

ノーシス
ノーシス

だが君にも自分の身を案じてほしい。

ノーシス
ノーシス

もし本当に最悪の事態になった場合、ブラウンテイル家よりも自分の安全を最優先にしろ。私はエンシオディスの人間性を理解している、君の証言が彼にとって不利に働いてる以上、向こうから君に手を上げることはないはずだ。

(回想終了)

メンヒ
メンヒ

私は……

(回想)

???
???

メンヒ、メンヒ!

???
???

またどこをほっつき歩いてたのよ!はやく今回の計画について意見をちょうだい、今度こそラタトスをギャフンと言わせてやるんだから!

???
???

メンヒ、やっぱりあなたが頼りね、ほかの連中はいっつも裏で私を馬鹿にしてるのよ、頭が悪いってね、ハッ、知らないとでも思ってるのかしら……

???
???

ねえメンヒ、私本当にブラウンテイル家のために何かしてやれるのかしら?私にもできるよね、ね?……そうね!あなたならそう言ってくれると思ってたわ!

???
???

メンヒ……!

(回想終了)

メンヒ
メンヒ

……

メンヒ
メンヒ

――そうはさせないわよ!

(メンヒが走り去る)

彼女の俊敏な動きは、まるで小川を飛び越えるように、また低い木からひょいっと飛び降りるようだった。
黒い姿は瞬く間にぴょんと飛び上がり、そして落ちていき、崖に消えていった。

Sharp
Sharp

……飛び降りやがった。

エンシオディス
エンシオディス

まさか飛び降りるとはな。

エンシオディス
エンシオディス

なぜ彼女を阻止しなかった?

Sharp
Sharp

任務に含まれていないからな。

Sharp
Sharp

そういうあんたはちっとも驚いたりしていないじゃないか。

エンシオディス
エンシオディス

事前に狩場で布石を打てる人間はそういない、証拠なら多少なりとも見つかるはずだ。

エンシオディス
エンシオディス

証人がいればもってこいだ……生きていようが死んでいようがな

Sharp
Sharp

……あんたの手下、何人かいないようだが。

エンシオディス
エンシオディス

おそらくあの発狂した獣に足を止められてるのだろう。

エンシオディス
エンシオディス

今回の件についてはどうかドクターに感謝を伝えてほしい。

Sharp
Sharp

……

ヤーカ
ヤーカ

旦那様!

エンシオディス
エンシオディス

状況は?

ヤーカ
ヤーカ

すべて終わりました。負傷者が出たこと以外、大したことはありません。

ヤーカ
ヤーカ

それとつい先ほどヴァイスのほうから――

ヤーカ
ヤーカ

Sharpさん、なぜこんなところに……?

Sharp
Sharp

任務でな。

ヤーカ
ヤーカ

ドクターの指示でですか?まさかこの事態を予測してた……?

Sharp
Sharp

……

Sharp
Sharp

どうやって俺だって分かった?

エンシオディス
エンシオディス

簡単なことだ。

エンシオディス
エンシオディス

言っただろう、存在自体が局面を変えられる戦士のことはとても理解していると。

アークトス
アークトス

エンシオディス!

アークトス
アークトス

大事ないか?暗殺者は!?

Sharp
Sharp

……

エンシオディス
エンシオディス

アークトス、お前が来てくれるとは驚いた、もしやこれはペルローチェ家とシルバーアッシュ家の関係が改善する兆しか?

アークトス
アークトス

ペッ!私が来たのは断じてお前のためなどではない!

アークトス
アークトス

イェラガンド様の祭典で姑息な真似をしようとする卑劣な輩をこの手で裁いてやるために来ただけだ!ヤツに相応の対価を払わせてやるためにな!

エンシオディス
エンシオディス

さすがイェラガンドの最も敬虔なる信者だ、アークトス。

エンシオディス
エンシオディス

だが、遅かったようだな。

アークトス
アークトス

それはどういう意味だ?暗殺者をそのまま野放しにするお前でもないだろ、どこに隠している?

アークトス
アークトス

待て、この崖……まさか!?

エンシオディス
エンシオディス

そのまさかだ、アークトス。部下に後を追わせる。

エンシオディス
エンシオディス

今は狩りを続けよう。

アークトス
アークトス

地面に血がある、傷を受けたのか?

エンシオディス
エンシオディス

大したことはない。

ヤーカ
ヤーカ

旦那様、すぐに傷の手当を!

ヤーカ
ヤーカ

どうかせめて……止血させてください!

エンシオディス
エンシオディス

狩りを続けるんだ。

エンシオディス
エンシオディス

これはイェラガンドの祭典だ、私個人の事情で中止していいはずがない。

ヤーカ
ヤーカ

……

エンシオディス
エンシオディス

ほかの者にも狩りを続行しろと伝えろ。

ヤーカ
ヤーカ

……承知致しました。

(辺りが吹雪始める)

皆が見守る中、シルバーアッシュの若き当主が歩を進める。
吹雪は彼の身に絡まりつき、また垂れた首を沿っては散っていく、どの経典にも描かれていない姿だ。
彼の背後には赤黒い斑模様が連なり、ついには純白な印と化し、山に溶け込む。
彼を阻める者などいない。
エンシオディスはただただ前へ進んでいくのだった。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました