アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】吹雪過ぎ行く BI-ST-3「一手の過ち」 翻訳

老年の領民
イェラグの庶民A

なんだって?昨日エンシオディス様が山で人に襲われただと!?

お隣さん
イェラグの庶民B

え?ホントに?

イェラグの戦士
イェラグの戦士

本当さ、アークトス様がグロ将軍にはやく大長老に知らせてこいって言ってたからな。

イェラグの戦士
イェラグの戦士

俺の叔父の姪っ子がそん時グロ将軍と一緒に戻ってきたんだが。

イェラグの戦士
イェラグの戦士

ちょうどこっちに来た時、そいつからこの話を聞いたんだから間違いない。

老年の領民
イェラグの庶民A

よくぞ知らせてくれた、これはビッグニュースになるぞ!

イェラグの戦士
イェラグの戦士

へへっ!

お隣さん
イェラグの庶民B

それにしても、エンシオディス様を襲うなんてなんて大胆なの!?しかも聖猟の真っ最中に!

老年の領民
イェラグの庶民A

まさかイェティの仕業じゃないだろうな?

若い領民
イェラグの庶民C

さっき人って言っただろ、イェティなわけあるか。

若い領民
イェラグの庶民C

俺からしてみれば、きっとペルローチェ家かブラウンテイル家の人間の仕業だろう。

若い領民
イェラグの庶民C

過去にもあの両家は随分とシルバーアッシュ家を抑圧してたからな、エンシオディス様がしてることは信仰を踏みにじる行為とかぬかしやがって。

若い領民
イェラグの庶民C

どうせ本心ではシルバーアッシュ家の土地でも狙ってるんだろ。

イェラグの戦士
イェラグの戦士

そういうデタラメは思ってても言っちゃいけねぇ。

若い領民
イェラグの庶民C

デタラメだぁ?エンシオディス様がイェラグを離れて留学へ行かれた時、ブラウンテイル家がどれだけシルバーアッシュ家の土地を奪ったかはお前だって知ってるだろ?

お隣さん
イェラグの庶民B

……

若い領民
イェラグの庶民C

それが今じゃエンシオディス様は改心して、自分から巫女様と関係改善を計ってる、これじゃあもうシルバーアッシュ家を虐げられなくなったから両家は焦り始めたんだ。

老年の領民
イェラグの庶民A

それは……

イェラグの戦士
イェラグの戦士

ど、どこの家の者なんだよお前は!?

若い領民
イェラグの庶民C

ブラウンテイル家の者だ、それがどうした?

イェラグの戦士
イェラグの戦士

ブラウンテイル家だと?なんでブラウンテイル家の人間が自分んとこの領主の悪口を言ってるんだ!

若い領民
イェラグの庶民C

俺は窪地で長い間仕事してきた、だからエンシオディス様が不公平に扱われてるって感じてるからだよ!

若い領民
イェラグの庶民C

エンシオディス様はイェラグにたくさんの便利をもたらしてくれたのに、ずっと三族議会で責められてばかりだ。

若い領民
イェラグの庶民C

しかもご自分から執政権の返還を、曼珠院と巫女様との関係修復を言い出したのに、それでもあんなぞんざいな扱いを受けている

若い領民
イェラグの庶民C

お前はペルローチェ家の人間だが、それでも良心が痛まないのかよ!

イェラグの戦士
イェラグの戦士

お……俺は……

老年の領民
イェラグの庶民A

それは……そうかもしれんな。

お隣さん
イェラグの庶民B

そうよ、何はともあれ、エンシオディス様を襲うなんて言語道断よ。

老年の領民
イェラグの庶民A

しかもよりによって聖猟という重要な儀式を狙って襲った、イェラガンドに対する不敬極まれる行為だ。

若い領民
イェラグの庶民C

そうだ、今回の一件は何を言おうがはっきりと釈明してもらわなきゃならん!

お隣さん
イェラグの庶民B

そうよそうよ。

老年の領民
イェラグの庶民A

そうだ、必ず犯人を見つけ出さなくてはならん!

ヤール
ヤール

どうしたの、昨日あんまり眠れなかった?顔色が良くないわよ。

ドクター
ドクター

やはりエンシオディスは厄介に巻き込まれたか。

ヤール
ヤール

ええ、すでに周りにも伝わっているわ、みんなその話題でひっきりなしよ。

ヤール
ヤール

もう多くの人がこの件に対して釈明を求めてるようね。

ヤール
ヤール

その表情、もしかして想定外だったとか?

ドクター
ドクター

想定内だったからだ。

ヤール
ヤール

え?じゃあなにをそんな悩んでいるの?

ヤール
ヤール

ノーシスはエンシオディスと仲たがいして、袂を分けてからずっとエンシオディスに復讐しようと企んでいるわ。

ヤール
ヤール

けどエンシオディスがなんら策を講じていないわけがないとあなたは思っているから、御三家の事情に手を突っ込まないためにも、ここで悠々自適に祭典を楽しむことにしたのね。

ヤール
ヤール

今表に見えてる状況はこんな感じかしら?

ドクター
ドクター

・どの勢力も偏った状況しか把握できていない。
・そうとは限らない。

ヤール
ヤール

あなたってホント毎日なにを考えてるのかしらね。

ヤール
ヤール

でもあなたのせいで私もそういう思考に染まっちゃったわ、私も考えてみましょう。

ヤール
ヤール

うーん……エンシオディスは昔ノーシスと親友だった、それに彼は遠謀深慮な人よね、なら最初からノーシスの裏切りには備えていたかもしれないわ。

ヤール
ヤール

けどそれでも襲われて、しかも大事までに発展させてしまった……

ヤール
ヤール

ということはつまり、彼はわざと大衆が自分を同情してる現状を仕向けたってこと?

ヤール
ヤール

でも一体なにが目的なのかしら?

ヤール
ヤール

それより、聖猟の部隊が今ちょうど引き返しているはずだわ。

ヤール
ヤール

祭典における最後の儀式、同時に巫女様への戴冠式がもうすぐ行われるわね。

ヤール
ヤール

エンシオディスはただ、儀式で犯人を連れ出して自分に人望を集めさせようとしてる……だけなのよね?

ドクター
ドクター

実際には、まだもう一つの可能性がある。

ヤール
ヤール

それはなに?

ドクター
ドクター

・今はまだただの可能性にすぎない。
・すぐにわかるさ。

大長老
大長老

……つまり、巫女が聖猟で自ら獲物を狩ったと。

???
長老A

はい。

大長老
大長老

しかも、エンシオディスが襲われたことも、すでに大衆に伝わっていると。

???
長老B

はい。

???
長老A

それだけではありません、すでに一部の人たちが戴冠式を行う前に犯人を処罰するように要求しております。

???
長老C

聖猟で同胞を傷つけたことはイェラガンドに対する不敬だ、処罰して当然だろう!

???
長老B

しかし今回は巫女様の戴冠式も兼ねているのだぞ……

???
???

二人とも一理ある……大長老、どうされますか?

大長老
大長老

……

大長老
大長老

エンシオディスは聡い、黒幕を暴けられないはずもなかろう――

大長老
大長老

しかし、今回の一件はそれだけで終えるほど簡単なことではなさそうじゃな。

???
長老A

えっと……ご明示頂けないでしょうか。

大長老
大長老

巫女の行いはますます通例から逸脱しておる、エンシオディスも普段と違ってコロッと態度を変えよった……

大長老
大長老

あの兄妹、一体なにを企んでおるのかのう?

???
長老A

それはつまり……あの兄妹はなにかを……?

大長老
大長老

いや、あの兄妹が結託してる可能性は皆無じゃな。

大長老
大長老

ただ、どう転んでもシルバーアッシュの血縁というものか――

イェラグの戦士
イェラグの戦士

長老の方々、そして大長老様、巫女様の部隊が間もなくご到着されます。

大長老
大長老

……まあよい。では行こうか、巫女を迎えに。

(エンヤと御三家が帰ってくる)

老年の領民
イェラグの庶民A

おい見ろ、聖猟の部隊だ!

お隣さん
イェラグの庶民B

見て、エンシオディス様が包帯を巻かれているわ!

若い領民
イェラグの庶民C

噂はやっぱり本当だったんだ!

老年の領民
イェラグの庶民A

巫女様、どうかエンシオディス様のために公正なご決断を!

お隣さん
イェラグの庶民B

聖猟を妨げた犯人を引きずり出してください!

老年の領民
イェラグの庶民A

ラタトス様とアークトス様の顔色も良くないようだぞ。

お隣さん
イェラグの庶民B

もしかして本当に彼らが関わっているの?

(大長老が近寄ってくる)

老年の領民
イェラグの庶民A

見ろ、大長老がいらした!

お隣さん
イェラグの庶民B

曼珠院もどうかエンシオディス様のために公正なご決断を!

若い領民
イェラグの庶民C

このまま蔑ろにして祭典を進めても俺たちは認めませんからね!

エンシオディス
エンシオディス

私に寄せてくれた皆の関心には感謝する。

エンシオディス
エンシオディス

犯人はまだ見つかっていない、だがそれも時間の問題だろう。

エンシオディス
エンシオディス

今はどうか儀式のほうを優先させてもらいたい。

エンシオディス
エンシオディス

巫女様のほうは如何でしょう?

エンヤ
エンヤ

エンシオディス様がそれほどイェラガンドに心を寄せられているのでしたら、当然異議はありません。

大長老
大長老

イェラガンドの民たちよ、これより祭典を執り行いが、諸君らも知っての通り、今年の祭典は例年とは意味合いが異なる。

大長老
大長老

シルバーアッシュ家当主のエンシオディス様がご提示頂いた巫女様への執政権限譲渡の案は先日三族議会で可決され、すでにイェラグ全土へ通告しておる。

大長老
大長老

では今日送られるこのイェラグ最大の祝日を用いて――巫女様への戴冠儀式を執り行う。

大長老
大長老

わしが執り行う最後の祭典でもある。

大長老
大長老

イェラガンドはご自分の血肉をペルローチェ家へ賜り、土地を肥やし、イェラグの民を飢えから救ってくださった。

アークトス
アークトス

ヴァレス。

ヴァレス
ヴァレス

ここに。

(回想)

???
???

私は研究者だ。たとえ私がデタラメを連ねようが、自分の研究にはウソをつくことはない、断じてな。

???
???

私の分析結果を信じないのは構わないが、君が当時のあのサンプルを保留していたのは事実だ。

???
???

それを実験に使い、私が言ったことが真実かどうか確かめてみるといい。

???
???

それとも、君はこの“事実”を受け止めるのか?

???
???

本当に君の父親は“イェラガンドの祟り”で死んだと思っているのか?

ヴァレス
ヴァレス

……

(回想終了)

ヴァレスは恭しく一杯の酒を手渡した。
この酒は、五穀豊穣を象徴する。

アークトス
アークトス

この穀物で醸造した酒をイェラガンドへ捧げ、次なる一年の豊穣を祈らん。

大長老は目の前に置かれた酒を受け取り、グイッと一気に飲み干した。

アークトス
アークトス

ペルローチェ家現当主、アークトス・ペルローチェ、イェラガンドへ崇高なる敬意を。

エンヤ
エンヤ

その祈り、必ずやイェラガンドへと届きましょう。

大長老
大長老

イェラガンドはご自分の毛皮をブラウンテイル家へ賜り、森を生み獣たちを住まわせ、イェラグの民から寒さを遠ざけられた。

ラタトス
ラタトス

ユカタン。

ユカタン
ユカタン

ここに。

ユカタンは恭しく襟巻を手渡した。
この襟巻は、健康安泰を象徴する。

ラタトス
ラタトス

この毛皮で編まれた衣をイェラガンドへ捧げ、次なる一年の安泰を祈らん。

大長老は襟巻を受け取り、巫女に包ませた。

ラタトス
ラタトス

ブラウンテイル家現当主、ラタトス・ブラウンテイル、イェラガンドへ至高なる敬意を。

エンヤ
エンヤ

その祈り、必ずやイェラガンドへ届きましょう。

大長老
大長老

最後に、イェラガンドはご自分の骨格をシルバーアッシュ家へ賜り、山々の奥深くから金属を生やされ、イェラグの民たちに工具と兵器を授けられた。

エンシオディス
エンシオディス

マッターホルン。

ヤーカ
ヤーカ

ここに。

ヤーカは恭しく小刀を手渡した。
この小刀は、平和を象徴する。

エンシオディス
エンシオディス

この金属より鋳造された小刀をイェラガンドへ捧げ、次なる一年の平和を祈らん。

大長老は小刀を受け取り、両手をもって巫女へと手渡した。

エンシオディス
エンシオディス

シルバーアッシュ家現当主、エンシオディス・シルバーアッシュ、イェラガンドへ至高なる敬意を。

エンヤ
エンヤ

その祈り、必ずやイェラガンドへ届きましょう。

大長老
大長老

では――

(ヴァイスが駆け寄ってくる)

ヴァイス
ヴァイス

旦那様、襲撃犯を見つけました。

エンシオディス
エンシオディス

……大長老、先の襲撃を行った犯人を見つけた、このまま儀式を続行されるか?それとも先に犯人の尋問をされるか?

老年の領民
イェラグの庶民A

襲撃した犯人をここに連れ出せ!

お隣さん
イェラグの庶民B

そうよ!今ここで罰を受けてもらうわ!

大長老
大長老

大衆がこのことに強く関心を寄せられてる、連れてくるがよい。

エンシオディス
エンシオディス

承知した。

エンシオディス
エンシオディス

連れてこい。

(メンヒとイェラグの戦士が近づいてくる)

ラタトス
ラタトス

……!

スキウース
スキウース

(メンヒ!?)

スキウース
スキウース

(どういうこと?なんでメンヒが捕まえられてるのよ!ま、まさかあの時言ってた計画って襲撃だったの!?)

スキウース
スキウース

(……ッ、あのバカ!)

ユカタン
ユカタン

(待て、ルース、なにをするつもりだ!?)

大長老
大長老

聖猟を妨げた刺客よ、名を名乗れ。

メンヒ
メンヒ

……

大長老
大長老

なぜ……オホン、エンシオディス様に暗殺を企てた?

メンヒ
メンヒ

……

メンヒ
メンヒ

処刑するならさっさとして、多言無用よ。

大長老
大長老

……

大長老
大長老

刺客よ、沈黙しても己を救えぬぞ。

大長老
大長老

神聖なる儀式でイェラガンドへ対する不敬を行えば相応の罰を受けてもらわねばならん。

大長老
大長老

お前がそう望むのなら、戒律に従い、今ここでお前を処罰して構わんのだぞ!

メンヒ
メンヒ

……

大長老
大長老

はぁ、やはり戒律に従って刑に処すしかなさそうじゃな。

大長老
大長老

……お前の正体についてだが、口に出さぬとも自ずと調べられるはずじゃ……

メンヒ
メンヒ

……

スキウース
スキウース

待って!

メンヒ
メンヒ

――!

ユカタン
ユカタン

ルース!

スキウース
スキウース

ユカタン、なにすんのよ……放して!

スキウース
スキウース

メンヒは私の部下なのよ、他人が好き勝手彼女を処罰するなんて許さないんだから!

大長老
大長老

スキウース夫人、その話は真か?

ラタトス
ラタトス

……スキウース!こっちに来なさい!

ラタトス
ラタトス

ここはアンタが好き勝手暴れていい場所じゃないのよ。ユカタン、自分の嫁ぐらいしっかり躾けておきなさい!

ユカタン
ユカタン

……君はまだ状況を理解していないだけなんだ、スキウース、もうふざけないでくれ、な?

ユカタン
ユカタン

ほら、こっちに来て。

スキウース
スキウース

ふざけてなんていないわよ!状況を理解してないはずがないでしょ?

スキウース
スキウース

あっちはもうあんな有様なのよ、これ以上私が出ないと、本当にメンヒが謂れもないまま刺客にされちゃうじゃない!

スキウース
スキウース

だから――

ラタトス
ラタトス

お黙りッ!!

スキウース
スキウース

――!

スキウース
スキウース

ラタトス……

メンヒ
メンヒ

……

大長老
大長老

……どうやら正体を探る手間が省けたようじゃな。

大長老
大長老

者ども、スキウース夫人を取り押さえよ。

スキウース
スキウース

待ちなさい、あなたたちになんの権利があって私を捕らえるのよ!?

スキウース
スキウース

メンヒに襲わせるような指示はしてないって言ってるでしょ、きっとほかの誰かが私たちを陥れたのよ!

ラタトス
ラタトス

……

ラタトス
ラタトス

大長老、素性も分からない者が現れたからって直接ブラウンテイル家の人間に手をかけるのは不適切なんじゃないかしら?

ラタトス
ラタトス

みんなも知っての通り、私の妹はバカよ、エンシオディス様を襲う魂胆なんてはなっから備えちゃいない、それにこんな姑息な真似をできるほどの脳みそもないわ。

スキウース
スキウース

なんですって!?

ラタトス
ラタトス

だから――黙りなさいって言ってるのよッ!

ラタトス
ラタトス

(……スキウース、自分の身分をよく弁えなさい。)

スキウース
スキウース

……

大長老
大長老

ふむ、つまり妹君はただ仄めかされただけで、真犯人は別にいると、そう申されたいのですな?

ラタトス
ラタトス

ご明察。

大長老
大長老

ゴホゴホッ……では、エンシオディス様……オホン、どうされますかな?

エンシオディス
エンシオディス

ラタトスには恩義がある、我ら両家がどう袂を分かちようが、最悪の一歩までたどり着くことはないと信じている。

ラタトス
ラタトス

……

エンシオディス
エンシオディス

ラタトス、お前はイェラガンドの祭典でこんなことをするような信仰を蔑ろにする人間ではないはずだ。

エンシオディス
エンシオディス

私の安否は小事にすぎないが、イェラガンドへの不敬を軽んじることは断じて許されない……

ラタトス
ラタトス

……それってつまり?

エンシオディス
エンシオディス

刺客がブラウンテイル家の人間と判明した以上、いくらブラウンテイル家は関係ないと言おうが、信じられるものではない。

エンシオディス
エンシオディス

もし確実なる証拠もなく、真犯人も引き渡さず、いくら私が穏便に済ませようとしても……おそらくブラウンテイル家が大衆を納得させるのは困難だろう?

ラタトス
ラタトス

……

ラタトスはこの人の言ってる真意を理解したように思えた、しかし彼の言葉は耳元で繰り返し反芻し実に騒がしかった。
祭典の一連の騒動で、周囲にいる群衆の視線は未だかつて、彼女が背にナイフを突きつけられてるように感じるほど、不信感と敵意に満ち溢れてるものではなかった。

スキウースが彼女に向かってなにかを言っている、しかし彼女はいつものように声を荒げるのではなく、微かに唇を震わせながら訴えかけていた。
ラタトスは一目で彼女の声なき声を理解した。なぜなら彼女二人がまだ幼かった頃、大人たちに内緒でそういった遊びをしていたからだ。

彼女の妹が訴えかけてくる。
「私はただ、ブラウンテイル家のために何かしてあげたかっただけだ!」と。

ラタトス
ラタトス

……

エンシオディス
エンシオディス

大長老、そちらはどうお考えかな?

大長老
大長老

オホン……エンシオディス様も一理ある……ゴホッゴホッ……

エンシオディス
エンシオディス

大長老、身体の具合が悪いのか?

大長老
大長老

問題はない……うっ……

僧侶
僧侶

大長老、どうなさいましたか!?

大長老
大長老

……

僧侶
僧侶

大長老の口元に緑色の液体が……これは毒だ!

僧侶
僧侶

何者かが大長老に毒を盛った!

エンヤ
エンヤ

見せてください。

僧侶
僧侶

巫女様、近づいてはいけません、もしかしたらまだほかの毒があるかもしれません!

エンヤ
エンヤ

平気です。

エンヤ
エンヤ

……まずい、毒が強すぎて私の治療アーツが効かない、しばらく大長老のバイタルを強制的に維持するしかありません。

僧侶
僧侶

一体誰が大長老を毒殺した!?よりによってこんな時に……

僧侶
僧侶

酒だ、きっとさっきアークトス様から手渡されたあの酒がそうだ!

エンヤ
エンヤ

杯を持ってきなさい!

僧侶
僧侶

こ、ここに!

エンヤ
エンヤ

……これは、確かに毒の痕跡が残っています。

アークトス
アークトス

そんな事ありえん!

エンシオディス
エンシオディス

……そういうことか。

エンシオディス
エンシオディス

アークトス、まさかイェラグを掌握するために大長老に毒を盛ったとはな!

アークトス
アークトス

貴様何を言う!私が大長老を毒殺する理由などあるものかッ!

エンシオディス
エンシオディス

フンッ、ペルローチェ家と曼珠院は良好な関係にある、だが、お前たちが握てる諸々の特権はその曼珠院との関係からもたらされたものでもある。この場にいる大衆が証人だ。

エンシオディス
エンシオディス

この場にいる諸君も知っての通り、これまでの数年間、お前は自身の特権を利用して絶えず私を虐げ、私はそれに耐えるしかなかった。

エンシオディス
エンシオディス

こちらが巫女へ執政権を返還し妥協したにも関わらず、それでもシルバーアッシュ家を見逃してはくれなかった。

エンシオディス
エンシオディス

執政権が巫女に手渡されたら、三家は共に巫女の管理下に入る、その時ペルローチェ家は今まで得ていた特権を失ってしまうからな。

エンシオディス
エンシオディス

おそらく大長老もお前を支持しなくなったため、スキウース夫人と結託し、今日の局面を画策していたのだろう。

エンシオディス
エンシオディス

スキウース夫人は私の暗殺を、お前は大長老の毒殺をそれぞれ担当し、一気に両家でイェラグの執政権を奪い取る……考えたな、アークトス。

アークトス
アークトス

エンシオディス、そんなガセで私を貶すとはいい度胸だなッ!

エンシオディス
エンシオディス

貶す?

エンシオディス
エンシオディス

ペルローチェ家と曼珠院の関係が良好なのは事実、ブラウンテイル家とペルローチェ家が手を結んでいるのも、大長老が執政権返還に同意したのも事実だ。

エンシオディス
エンシオディス

そして今、お前が大長老を殺害したことも事実となった。

エンシオディス
エンシオディス

この場にいる諸君に聞きたい、私が貶してるのか、それともアークトスが詭弁を弄しているのかを!

老年の領民
イェラグの庶民A

そんな……アークトス様はそんなことをするようなお方ではない……

お隣さん
イェラグの庶民B

エンシオディス様は聖猟で怪我を負われた、彼を襲ったのはブラウンテイル家の人間、それに今アークトスは大長老を殺害した、火を見るよりも明らかよ!

若い領民
イェラグの庶民C

見損なったぞアークトス!長年敬虔だったのもフリだったんだな!

老年の領民
イェラグの庶民A

……そ、そんなのありえん!

お隣さん
イェラグの庶民B

いい加減目を覚ましてちょうだい!

エンシオディス
エンシオディス

襲撃犯とスキウース夫人を取り押さえろ。

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

はっ。

スキウース
スキウース

私に触るな、このクソ野郎!

ユカタン
ユカタン

ルース!

ユカタン
ユカタン

大奥様……!

ラタトス
ラタトス

待ち――

(氷のアーツが飛んでくる)

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

ぐはっ……

ヤーカ
ヤーカ

誰だ!

ヴァイス
ヴァイス

氷のアーツです、しかもこの遠い距離から、まさか――

イェラグの貴族
イェラグの貴族A

今度はなんだ!?

一言多い女貴族
イェラグの貴族B

そこを見て!

???
???

戦士たちよ、今こそ君たちの主人を救うべき時が来た。

イェラグの貴族
イェラグの貴族A

あれは――ノーシスじゃないか!なぜヤツがここにいる、それになぜブラウンテイル家の人間を従えているのだ!?

一言多い女貴族
イェラグの貴族B

……カランド貿易から除名されたあと消息を絶ったと思ったら、ブラウンテイル家に寝返っていたのね!?

ノーシス
ノーシス

エンシオディス、自分を哀れな被害者と偽り、堂々と衆目の前でウソを連ねて恥ずかしいと思わないのか?

エンシオディス
エンシオディス

……

エンシオディス
エンシオディス

ノーシス、今までどこに隠れていたと思えば、ラタトスのところに隠れていたのだな。

ノーシス
ノーシス

隠れる?私はただ準備をしていただけだ。

ノーシス
ノーシス

ラタトス、なにをぼさっとしている?

ラタトス
ラタトス

ノーシス、アンタ――

(ノーシスが近寄ってくる)

ノーシス
ノーシス

台の下にいる群衆を、君を見ている不信感に染まりきった目をよく見ろ!

老年の領民
イェラグの庶民A

ラタトスはイェラガンドを裏切った!ヤツを裁け!

お隣さん
イェラグの庶民B

アークトス、見損なったわ!

若い領民
イェラグの庶民C

エンシオディス様、ヤツらを倒せ、ヤツらを倒せ!!

ノーシス
ノーシス

君の妹にも目を向けてみろ、今にもエンシオディスの人間に連れていかれそうなんだぞ!

スキウース
スキウース

放して、放してよ!

ユカタン
ユカタン

……ぼくの妻から手を放せ!

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

フンッ。

(シルバーアッシュ家の戦士がユカタンを斬りつける)

ユカタン
ユカタン

うぐっ……

スキウース
スキウース

ユカタン!

ラタトス
ラタトス

スキウース!ユカタン!

ノーシス
ノーシス

君に与えられたチャンスは今しかない。

ノーシス
ノーシス

エンシオディスは君を信じてると言ったが、はたしてそれは本当だろうか?

ノーシス
ノーシス

君ならとっくに分かってるはずだ、彼は君に選択を迫っているだけだ。まさか彼が求めている“犯人”を引き渡せば、本当にブラウンテイル家を守れるとでも思っているのか?

ノーシス
ノーシス

周りを見てみろ。君に注がれている周りの人たちの目をよく見ろ……

ノーシス
ノーシス

エンシオディスがイェラグを掌握したら、君たち両家がどんな結末を迎えるわかっているのか?

ラタトス
ラタトス

アタシは……

ユカタン
ユカタン

大奥様ッ!

ラタトス
ラタトス

……

ノーシス
ノーシス

ラタトス、まさか家族を、領地を、君自身の持論を、握ってる実権を見捨てるつもりか?

ノーシス
ノーシス

もしそれでも動かないのであれば……

ノーシス
ノーシス

私が手を貸してやろう。

ノーシスはクルっとエンシオディスのほうに目を向けた。
青い氷のアーツが彼の手の中で凝淑していくが、エンシオディスは微動だにしない。

エンシオディス
エンシオディス

ノーシス、お前には本当に失望した。

ノーシス
ノーシス

奇遇だな、エンシオディス、私もちょうどそう思っていた。

エンシオディス
エンシオディス

――デーゲンブレヒャー。

(デーゲンブレヒャーがノーシスの氷のアーツを叩き割る)

ノーシス
ノーシス

がはッ……

(ノーシスが氷のアーツを用いる)

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

そんなアーツ、私には通用しないのは知っているだろ。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

私の時間を無駄にするな。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

そろそろ休め、ノーシス。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

哀れだな、ノーシス。

ノーシス
ノーシス

哀れ?

ノーシス
ノーシス

今ここで私を殺してもなんの意味もないぞ。

ノーシス
ノーシス

私一人を、あるいはほか百人止められるかもしれないが、一千人、一万人になればどうだ?

ノーシス
ノーシス

私の後ろを見てみろ。

ノーシス
ノーシス

火は、すでに灯されたのだ。

ラタトス
ラタトス

……

ラタトス
ラタトス

チッ。

ラタトス
ラタトス

アークトス。

アークトス
アークトス

なんだ?

ラタトス
ラタトス

アタシかエンシオディス、どっちを信じる!?

アークトス
アークトス

貴様らなんぞ、どっちだろうが信用できるものか!

ラタトス
ラタトス

ならせめて、今は誰が敵なのかはっきり知っておくべきよ!

ラタトス
ラタトス

ブラウンテイルの戦士たち、戦闘用意!

ラタトス
ラタトス

まずはスキウースの救出が最優先、それからエンシオディスを取り押さえなさい!

ブラウンテイル家の戦士
ブラウンテイル家の戦士

はっ!

アークトス
アークトス

……※イェラグスラング※、ペルローチェ家の戦士たちよ、隊列を組め!

アークトス
アークトス

エンシオディスの逆賊を捕らえろ!ヤツこそが裏切者だとみなに知らしめるのだ!

グロ
グロ

はっ!

戦士たちのボス
ペルローチェ家の戦士

了解しました!

エンシオディス
エンシオディス

デーゲンブレヒャー。

エンシオディス
エンシオディス

ノーシスを連れていけ。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

ここはいいのか?

エンシオディス
エンシオディス

いい。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

わかった。

エンシオディス
エンシオディス

マッターホルン。

ヤーカ
ヤーカ

ここに。

エンシオディス
エンシオディス

大長老と巫女様を頼む。

ヤーカ
ヤーカ

承知。

エンシオディス
エンシオディス

ヴァイス。

ヴァイス
ヴァイス

ここに。

エンシオディス
エンシオディス

アークトスとラタトスを取り押さえろ。

エンシオディス
エンシオディス

なるべく死傷者は出すな、今はまだその時ではない

ヴァイス
ヴァイス

承知致しました。

(イェティ部隊が集まってくる)

ヴァイス
ヴァイス

行こう。

ヤール
ヤール

……

ドクター
ドクター

もう一つの可能性が実現したようだな。

ヤール
ヤール

だからそれって何よ?

ドクター
ドクター

最初からエンシオディスは何もかも企てていたことだ。

ヤール
ヤール

……それは最初から全部わかってたんじゃないの?

ドクター
ドクター

ノーシスの出現も含めてだぞ。

ヤール
ヤール

え?

ヤール
ヤール

まさか――

ドクター
ドクター

Sharp。

Sharp
Sharp

ドクター、命令か?

ドクター
ドクター

エンシオディスは最初からやるつもりだった。

ドクター
ドクター

だから君にはアークトスとラタトスを救出してもらいたい。

Sharp
Sharp

……理解できん。

Sharp
Sharp

……行動の理由がほしい、ドクター、その命令はもうあんたの護衛から逸脱してる。

ドクター
ドクター

今はもうエンシオディスの一人勝ちの状況になった。

ドクター
ドクター

アークトスとラタトスが危ない。

ドクター
ドクター

イェラグもいずれ必ず大きな変化を迎えるからだ。

Sharp
Sharp

……

Sharp
Sharp

俺の任務はロドスの立場と、あんたの安全を守ることだ。

Sharp
Sharp

現実的な観点から見て、ここで起こったことはあんたと一切関係ない、ドクター。

Sharp
Sharp

もしエンシオディスが一人勝ちしようが、あんたがあいつの客であることに変わりはない、だからあんたは安全のままだ。

Sharp
Sharp

それに、ロドスとビジネス契約を結んでいるのはほかの両家じゃなく、ましてやイェラグではあいつ一人だ。

Sharp
Sharp

もしエンシオディスの計画に首を突っ込もうとしてるのなら、あんたの安全は保証できない、ロドスの立場も脅かされる。

ドクター
ドクター

私が今しようとしてるのは、戦争を阻止し、多くの命を救うことなんだ。

Sharp
Sharp

……

Sharp
Sharp

ドクター、今だってこの大地のどこかで人は死んでる。

Sharp
Sharp

自分に他人を救える力があると過信してそれに没頭しちまえば、一番起こりえるのは己の力不足から生じた後悔によって押しつぶされることだ。

Sharp
Sharp

ロドスのほかの連中とは違って、救うことと守ることは同義じゃないって俺は考えてる。

Sharp
Sharp

あんたが勝利をもたらしてくれるのは信じているが、勝利にもそれぞれ異なる価値がある。

Sharp
Sharp

イェラグの人口はおよそ数百万だ、お前が言ってる多くってのは、数人でも、数十人でも、数百人でもない、数千人数万人って規模だぞ。

Sharp
Sharp

……それでもあんたはそれを勝利だって言うのか?

ドクター
ドクター

・信じてくれ、Sharp。
・残業だって思ってくれれば。

Sharp
Sharp

了解した、直ちに実行に移る。

(ユカタンがシルバーアッシュ家の戦士に斬りかかる)

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

ぐはッ……

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

チッ、混乱に乗じて襲ってくるとは……ヤツを逃がすな!

ユカタン
ユカタン

ルース!

スキウース
スキウース

ユカタン!

ユカタン
ユカタン

逃げるぞ!

(ヴァイスがユカタンに襲いかかる)

ヴァイス
ヴァイス

させません!

ユカタン
ユカタン

そこをどけ!

(戦闘音)

ヴァイス
ヴァイス

そこまでです、ブラウンテイル家のユカタン。

ヴァイス
ヴァイス

投降してくれれば悪いようにはしません、こちらも血は流したくないので。

ユカタン
ユカタン

(せめてルースだけでも――)

(戦闘音)

ユカタン
ユカタン

がはッ……

ユカタン
ユカタン

ゴホッ……ルース、逃げろ……

ヴァイス
ヴァイス

申し訳ありません。

(ヴァイスがユカタンを倒す)

ブラウンテイル家の戦士
ブラウンテイル家の戦士

スキウース夫人、はやくお逃げください!

スキウース
スキウース

まだユカタンが残ってるのよ!それに、メンヒだって!

ラタトス
ラタトス

まだあの襲撃犯を構ってどうするのよ?バカなこと言わないでちょうだい!

スキウース
スキウース

……襲撃犯なんかじゃない!

スキウース
スキウース

……

スキウース
スキウース

ならユカタンは……ユカタンはどうするの!?彼は私の夫なのよ!

ラタトス
ラタトス

周りをよく見なさい、ユカタンは命懸けでアンタを救い出したのよ、彼と添い遂げるつもり!?

スキウース
スキウース

じゃあこのまま彼を見捨てろって言うの!?

ラタトス
ラタトス

アタシが見捨てようとしてたら、こうして反撃なんかしてないわよ!

ラタトス
ラタトス

もういい加減にしなさい!

スキウース
スキウース

……わかったわよ、逃げればいいんでしょ!

スキウース
スキウース

(ユカタン……)

(イェティがグロに斬り掛かる)

グロ
グロ

チッ、この変な甲冑を着た連中はどこから出てきやがったんだ!

グロ
グロ

旦那様、エンシオディス側の数が多すぎます、もう抑えきれません!

グロ
グロ

どう致しますか?

アークトス
アークトス

……我らペルローチェ家に臆病者などいないッ!

ラタトス
ラタトス

アークトス、ヒーロー気取りはそこまでにしなさい!まずは協力してここを突破するわよ!

アークトス
アークトス

……この怒りを呑み込めと言うのか!?

ラタトス
ラタトス

もしここで死んだら、吐き出したくとも吐き出せなくなるわよ!

アークトス
アークトス

……おのれ、おのれェ!

アークトス
アークトス

グロ、兵を私のところに集結させろ、ここを突破する!

グロ
グロ

はっ!

ヴァイス
ヴァイス

(小声)申し訳ありません。

ヴァイス
ヴァイス

ここはすでに“イェティ”によって包囲されています、諦めてください。

ヴァイス
ヴァイス

取り返しがつかなくなる前に、あなた方にはまだ投降の余地があります。

アークトス
アークトス

エンシオディスの犬め!多勢に無勢だからといって調子になるなよ!

ヴァイス
ヴァイス

どうか落ち着いてください、あなた方にはもうチャンスはありません。

ヴァイス
ヴァイス

もう逃げられませんよ。

???
???

いいや、逃げられるさ。

ヴァイス
ヴァイス

誰です?

屋根の影に隠れた廊下の出入り口の中、一人の大男が壁際に立っていた。
彼の背後には、本来なら命令に従って包囲を遂行していた “イェティ”たちが乱雑に廊下の中で倒れている。
まだロドスで働き始めて短いクーリエだが、彼が一番よく知るロドスオペレーターの一人が、ゆっくりと陰から姿を見せ、彼の前に立ちはだかった。
それが何を意味するのか、彼ははっきりと理解した。

ラタトス
ラタトス

アンタ……何者?

アークトス
アークトス

お前たちは……あのドクターの……

ラタトス
ラタトス

……アタシらに味方するの?

Sharp
Sharp

それの説明は俺の仕事じゃない。

Sharp
Sharp

出口はあっちにある、外の連中ならすでに片付けておいた。

Sharp
Sharp

オーロラ、二人を逃げさせろ。

オーロラ
オーロラ

わかった!

“イェティ”
“イェティ”

逃がすか!

(Sharpがイエティを倒す)

“イェティ”
“イェティ”

ぐはッ……

Sharp
Sharp

次、相手してやってもいいぞ。

ヴァイス
ヴァイス

挑発に乗るな!隊列を組み直せ!

“イェティ”
“イェティ”

隊列を組み直す?相手は一人だぞ!

ヴァイス
ヴァイス

指示に従え!!

“イェティ”
“イェティ”

……了解した。

Sharp
Sharp

いい子だ。

ヴァイス
ヴァイス

Sharp……隊長。

ヴァイス
ヴァイス

本当に申し訳ありません。

Sharp
Sharp

俺に謝るな、私怨は持ち込んじゃあいない、クーリエ。

Sharp
Sharp

俺はただ仕事を全うしてるだけだ。

十五分後

オーロラ
オーロラ

隊長!えっ……怪我したの?

Sharp
Sharp

数も多い上クーリエにも斬られた、手が早い野郎だぜ。

オーロラ
オーロラ

隊長……クーリエさんは……

Sharp
Sharp

手加減はしてやった、安心しろ。

オーロラ
オーロラ

これからどうするの?

Sharp
Sharp

こっちでの仕事は終わった。

Sharp
Sharp

次の場所に行くぞ。

ヤーカ
ヤーカ

大長老の容態は?

???
曼珠院の医師

……あまりよろしくありません。

ヤーカ
ヤーカ

大長老を曼珠院まで運んでくれ、エンシオディス様が専門の医者を呼んでくれている。

ヤーカ
ヤーカ

それと巫女様、あなたにも曼珠院にお戻り頂きたいとエンシオディス様が仰せです、事が収まったあと、改めて戴冠式を執り行います。

エンヤ
エンヤ

……わかりました。

エンヤは言い返さなかった、今の状況において自分に反抗する余地はないと理解していたからだ。
いつからか、目の前に起こったすべては計画されていた茶番にすぎないと彼女はすでに気づいていた。
そしてその茶番を引き起こしたのは、紛れもなく自分の兄だということも。

彼女がこの時のために決めていた覚悟と未来への願望は、すべて彼によって容赦なく打ち砕かれた。
仮に彼女が今ここで目の前に人たちを全員倒そうが、民衆は依然と彼女に、あのエンシオディスが彼女のために用意した結果を受け入れるように求めてくるはずだ。

エンヤは周囲を見渡す。
その場にいたヤーカと視線が合った、が彼はすぐにわざとらしく目を逸らした。
現代的な装備を身に着けた戦士たちがシルバーアッシュの部隊の隊列を退けて、アークトスとラタトスを連れて行こうとしていた。
民衆の視線がエンシオディスに注がれている、まるで彼こそがこの舞台の主人公であるかのように。

そんな視線にはどれも希望と熱狂を孕んでいる。
その民衆の中で彼女はヤールと、ヤールの傍に立っていたあなたを見つけた。
お互いの視線が交わされ、あなたは彼女の目から悲しみと、悔しさと――怒りが見えた。

しかしそんな感情はすぐさま消えてなくなっていく。
そして彼女はようやく視線を逸らし、台上から消えていった。

イェラグの戦士
シルバーアッシュ家の戦士

旦那様!ロドスの人間が突然現れてはアークトスとラタトスの逃亡に協力してきました!

エンシオディス
エンシオディス

……

エンシオディス
エンシオディス

ドクター。

エンシオディス
エンシオディス

お前にはいつもいつも……驚かされるばかりだ。

(デーゲンブレヒャーが近寄ってくる)

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

私がノーシスを連れて行った途端このザマか?

エンシオディス
エンシオディス

ロドスが手を出してくるのは予想外だった、関与してくるだろうとは考えていたが、あそこまで実力があったとはな。今回、計画を破綻させられたのは私のほうだった。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

追うか?

エンシオディス
エンシオディス

必要ない、手は打ってある。

エンシオディス
エンシオディス

それに、あの二人がここで死んでいようがいまいが、これからの計画の邪魔にはならん。

エンシオディス
エンシオディス

ドクターもその点に気づいていたため、手を出したんだろう。

エンシオディス
エンシオディス

彼は一体なにをしようとしてるとお前は思う?

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

もしただの衝動的なバカでなければ、あの二人に何かかけているのだろう。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

何をしようとしてることについてだが……

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

そんなにヤツの凄さを理解しているのであれば、あの二人の勢力をこの機に借りてお前と張り合おうとしてるのかもしれないな。

エンシオディス
エンシオディス

彼がそんな単純な野心家には思えん。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

お前は本当にヤツのことを“理解”しているのだな。

エンシオディス
エンシオディス

直感だ、棋士としてのな。

エンシオディス
エンシオディス

しかし、部外者がペルローチェ家とブラウンテイル家の当主を救出したとはな……

エンシオディス
エンシオディス

あの局面であんなことをするとは私でも予想外だった。

エンシオディス
エンシオディス

だから彼がこれから何をしようとしてるのか、とても興味深い。

エンシオディス
エンシオディス

当然だが、仮にお前が言ったようにただ張り合おうとしてるだけなのであれば、喜んで付き合おう。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

なら一先ずそのようにしておけ、今日起こった混乱の勝者は間違いなくお前だ。

デーゲンブレヒャー
デーゲンブレヒャー

皆その勝者のお言葉を待ちわびているぞ。

エンシオディス
エンシオディス

わかっている。

(エンシオディスが立ち去る)

混乱が残していった場面は未だ収拾はついておらず、人々はさきほど起こった出来事について激しく論争している。
しかしエンシオディスがゆっくりと中央まで歩いて行くにつれ、誰もが口を止め、エンシオディスに視線を向けた。
誰もが待っていたのだ、彼がこの混乱に終止符を打つことを。

エンシオディス
エンシオディス

……

エンシオディス
エンシオディス

イェラグの民よ、誠に遺憾な事態が起こった。

エンシオディス
エンシオディス

この神聖の日に、痛恨極まる出来事が発生してしまったのだ。

エンシオディス
エンシオディス

しかしこれを機に、我々は一体誰がこのイェラグの裏切者なのかはっきりとわかった。

エンシオディス
エンシオディス

それは即ち、アークトスとラタトスだ!

エンシオディス
エンシオディス

ヤツらは権限譲渡によりクーデターを企てたにも関わらず、あまつさえ大長老を毒殺しようとし、このイェラグを奪い取ろうとした。

エンシオディス
エンシオディス

これは紛れもなくイェラガンドに対する最大の冒涜と言えよう。

エンシオディス
エンシオディス

ヤツらをこの場で法に裁くことは叶わなかったが、それだけではこの蟠りが収まることはない。

エンシオディス
エンシオディス

アークトスとラタトスには必ず正当な判決を受けてもらう!

裁け!裁け!!ヤツらを裁け!!!

エンシオディス
エンシオディス

しかし、私はただあの二人の裏切者を捕らえたいだけであり、争いを引き起こすつもりは毛頭ない。

エンシオディス
エンシオディス

イェラグはイェラガンドのイェラグであり、ここにいる雪山の民のイェラグであり、私個人のイェラグではない。

エンシオディス
エンシオディス

よって、ペルローチェ家とブラウンテイル家の領民はどうか安心してほしい、皆が恐れている内戦は――決して起こさせはしない。

エンシオディス
エンシオディス

今後、シルバーアッシュ家は保護を理由として曼珠院に派兵する、そこで大長老が目を覚まされた後、もう一度大長老と巫女様と共にイェラグの未来について話し合うつもりだ。

エンシオディス
エンシオディス

その場合、ペルローチェ家とブラウンテイル家の領民にはぜひともイェラグの本当の敵が誰なのかはっきりと理解してもらいたい。

エンシオディス
エンシオディス

我々が目標を同じくした時、必ずより良い道を歩めると私は信じている。

エンシオディス
エンシオディス

その時になれば、我々は必ずより良いイェラグを迎えられるだろう。

エンシオディス!エンシオディス!!エンシオディス!!!
シルバーアッシュ!シルバーアッシュ!!シルバーアッシュ!!!

人々は高らかにエンシオディスの名を謳う、本来なら巫女に権限を譲渡する祭典だったが、そんなことはもはや誰も気にしてはいなかった。
山の頂、曼珠院の方角から、鐘の音が伝わってくる。
ゴーン、ゴーン、ゴーンと――
巫女の戴冠を祝う鐘の音だったが、今はまるで変革の到来を告げているようだった。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました