アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】将進酒 IW-7「混沌とした局面」行動前 翻訳

……うぅん。
頭が……いてて……なんだか騒がしいね……ん?
あぁ……戯曲が始まっていたのか、チャンチャラチャンってね。
棋罷は人の世を換うるを知らず、夢から醒めてこれ何年になるや……何年……何年と……
あっ……
……また酒がなくなってしまった。
まったく悪運に尽きるね。

ショウは首に貼ってあった湿布を触る、彼の習慣だ。
十年もの間、毎日天秤棒を担いでは、山を上ったり下りたりを繰り返してきた、これも彼の習慣だ。
取江峰は高く、険しい。人煙すら見当たらなくなるほど高く、また山々を切る風の音が寂しく感じるほどに険しく。
彼にとってこれが何度目の春になったかは彼自身ですら分からなくなっていた、彼は顔を上げて遠くを眺める、人跡尽きた山道の向こう側に、ある人が立ってるのを見た。
あれは彼がずっと待ち続けていた人だ。

歩荷
歩荷

……ようやく会ったな。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ついこの間に会っただろうよ。

歩荷
歩荷

この間のお前は刀を持っていなかった、会ったとは言えねぇよ。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

お望み通り、刀は持ってきたぞ。

歩荷
歩荷

……先に話がある。

歩荷
歩荷

あれがお前のせいじゃないのは俺だって分かっている。あの雨の夜、死んだのは俺の息子だけじゃないってのもな。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

そうりゃそうさ。

歩荷
歩荷

お前はあいつの娘を引き取ったんだろ、その子は今どうなってるんだ?

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……跡を継がせるつもりだ。

歩荷
歩荷

それは鏢局の跡をか、それとも今のお前がやってるような、真っ当な店主をか?

ジェン総支配人
ジェン総支配人

どちらでも構わん、あの子の好きにすればいい。

歩荷
歩荷

意中の人はもう見つかってるのか?

ジェン総支配人
ジェン総支配人

まだだ。

歩荷
歩荷

そりゃ残念。

歩荷
歩荷

ならもうあの子が嫁いでいく日を生きて見守ってやれなくなったな。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……なにもこの日に殺し合う必要はないと思うが?

歩荷
歩荷

それは無理な話だな、お前の性格は分かっているんだ、お前が後悔を抱いていれば、俺だって恨みを抱いちゃいる。

歩荷
歩荷

十年ものの恨みをな。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……だからなんだ?

歩荷
歩荷

だから今日お前は俺に勝つつもりがないんだろ。旅館も茶館も酒屋も、全部娘のために残してやってるんだもんな?

歩荷
歩荷

鏢局は人から恨みを買われる仕事だ、お前はそれをよく知っている。自分がいなくなれば、鏢局がどうなるのかも分かっているんだろ。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

お前は刀を置いて去っただけでなく、規則も守らなかった、情けに免じてみんなはお前を許してやってるが、規則に則ればお前はまだ裏切者のままなのだぞ、それを忘れるでない。

歩荷
歩荷

あの夜の後、お前があの罪を背負い、鏢局をあのまま導いていれば、俺だって鏢局を裏切ることもなかっただろうが!?

歩荷
歩荷

俺の息子が鏢局に入ったのには、それなりの覚悟があったからだ、俺がそれを知らないとでも思ってんのか?なのにお前は、鏢局を離れて旅館なり飯屋なりに逃げた、あいつらの死を踏みにじる行為だと思わないのか?

歩荷
歩荷

お前が!なんの躊躇もなく、過去から逃げてるんだろうが!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

そうだな……分かっているさ、だが話はもうこれぐらいにしておこう。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

行裕鏢局総頭、問霜客、ジェン・チンイエー。

(ジェンが一歩引く)

歩荷
歩荷

……尚家棍、ショウチョウ。

(歩荷が一歩引く)

早春、夕暮れ時、樹影はばさばさと、落ちる雪は銀の如し。
風が一つ起き、そして刀が降り落とされた。

(戦闘音)

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……くっ。

歩荷
歩荷

息抜きが過ぎたようだな、ジェン。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……そうとは限らん、お前は長年山を上り下りしていたものだから、それで足取りがまた一歩極まったからなのかもしれんぞ。

歩荷
歩荷

それはどうだろうな。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

だがお前みたいな好漢が、残りの人生で歩くこともままならなくなると考えれば実に残念に思うよ。

歩荷
歩荷

……素早い太刀筋に、目の邪魔をしてくる雪の光、おかげでズボンに穴を開けられたが、そんなんで俺が歩けなくなるとでも?

ジェン総支配人
ジェン総支配人

なら次の一撃で終わらせてやる。お前が今持ってるそれは伝家の棍棒ではない、そこら辺にある天秤棒に過ぎないから防ぎようがないぞ。

歩荷
歩荷

……

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――父さんッ!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ヤオイェー!?なぜここに……

歩荷
歩荷

……やはりヤオイェーだったか。いつの間にか、随分と大きくなったな……

歩荷
歩荷

ん。

(リーが近寄ってくる)

リー
リー

お二人ともお暇なんですね、もう日が暮れそうって時にまだ……武を競い合える時間があるなんて。

歩荷
歩荷

お前もいるのか。何しに来た?

リー
リー

いやね、ショウさんの腰にぶら下げてるその盃、それって俺の友人から探してこいって頼まれた品なんです。庵探しとは切っても切り離せない品物でして。

リー
リー

刀剣の目はついちゃいないんですから、お二人が切磋してる間……盃に誤って当てて傷でもつけてしまったら、弁償じゃ済まされなくなりますよ。

歩荷
歩荷

……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

父さん、一体なにをやってるの――!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……ヤオイェー、これは……

歩荷
歩荷

十年前、行裕鏢局はある大仕事を受け持った。だが途中で暴雨に会い、おまけに荒野で野盗どもに襲われた。

歩荷
歩荷

ブツを守るために、ジェンは同行してくれた仲間たちを見捨て、それで十数人もの兄弟たちが犠牲になってしまった、その中には俺の息子と、お前の……実の父親が含まれていた。

歩荷
歩荷

それをジェンは見殺しにしたんだ。見殺しにしただけでなく、あろうことかブツと鏢局の名声さえ失いやがったんだ。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシは――

歩荷
歩荷

しかもそれから、こいつは鏢局の没落っぷりに目を背けただけでなく、現実から逃げる事にも失敗しやがった、お前はそれを知っているか?

歩荷
歩荷

そして、お前の母親はあれっきり尚蜀を出て、自分の実家に戻った。

歩荷
歩荷

ドゥ・ヤオイェー……これらすべて、初耳なんじゃないのか?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

……

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ヤオイェー。ここにお前の用はない、父さんはただ――

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アンタが……ショウさんなのね。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

いや。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

裏切者のショウなのね。

歩荷
歩荷

……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アンタはアタシをなんだと思ってるわけ?何も知らずに温室でぬくぬくと今日まで育ってきたバカだとでも思ってるの?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシの実の両親のことなら、全部知ってるわよ。ジェンがこれまで何をやってきたか、どうやってきたかも、アンタよりもよっぽど分かりきっているわ。

歩荷
歩荷

……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

だから、ここで二人に言っておく――

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――鏢局も旅館も、いずれは全部このドゥがもらい受ける。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

だからお二人とも、今は面倒事を持ち込まないでちょうだい。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……

歩荷
歩荷

……そこをどかなければ、お前も痛い目を見るぞ。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――!

(リーが間に割って入る)

リー
リー

まあまあ、ひとまず話でも聞きましょうよ……

歩荷
歩荷

銅銭剣?

歩荷
歩荷

ふざけやがって。俺の前で芸でもやるつもりなのか?

リー
リー

えっ、いやいやそんなことしませんよ、それに俺、戦いは不得意でして……ただ……

歩荷
歩荷

そんなにこんなものが欲しいのならくれてやるよ、ほら。

リー
リー

――!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

――そうはさせん!

歩荷
歩荷

ジェン!気を取られるとは衰えたな!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――父さんに手出しはさせない!

歩荷
歩荷

くそっ、邪魔だ!

(歩荷とドゥ嬢がぶつかる)

ドゥ嬢
ドゥ嬢

キャッ!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ヤオイェー!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ショウ、貴様気が狂ったか、よくも私の娘に手を出したな!

歩荷
歩荷

――!

ガチン。
振り落とされる天秤棒に従い、刀が押さえつけられ、切っ先がズレて盃に当たってしまった。
予想外なことにその盃が割れることはなかった、この世の中に、ジェンの一太刀を受けてもなお傷一つ付かない陶器などあるだろうか?
しかしその一太刀で、そのまるで夜のように漆黒な盃を飛ばしてしまった。

リー
リー

――盃が!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシたちのことはいいから!アンタは盃を拾いにいきなさい!

リー
リー

しかし……

ドゥ嬢
ドゥ嬢

個人の家庭事情に首を突っ込むんじゃないわよ!

リー
リー

……わかりました。

リー
リー

少しだけ辛抱してください、すぐ助っ人がやってきますので。

(リーが走り去る)

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ヤオイェー、そいつを行かせてはならん!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アンタこの歩荷に殺されそうになってんのよ、あんな骨董品なんか放っておきなさいよ!

歩荷
歩荷

ヤオイェーの言う通りだ。十年前、お前は崖の上であの盃を落しちまった。それが今やまた同じことが起こった、どんな気持ちか教えてくれよ?

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ショウ……!

歩荷
歩荷

俺をどかしたいのなら、方法は簡単だ。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

チッ。

(タイゴウが歩荷に駆け寄り斬りつける)

タイゴウ
タイゴウ

そこまでだ!

(サガクが駆け寄ってくる)

サガク
サガク

ジェンさん!

ジェン総支配人
ジェン総支配人

――盃が崖に落ちた、あの龍門人が探しに行ってる。お二人もはやく!

サガク
サガク

ありがとうございます。

サガク
サガク

タイゴウさん。

タイゴウ
タイゴウ

承知。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――チッ。

(ドゥ嬢がサガクの前に立ちふさがる)

サガク
サガク

……なんのつもりですか、ドゥさん?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アンタは行かせないわ。

サガク
サガク

……それはなぜ?

ドゥ嬢
ドゥ嬢

……リャン様とリー、それと見るからに血も涙もないような朝廷の使者のお二人さん。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

人ってのはいつだってどちら側に立たなきゃならないものなのよね、だから決めたの。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

それに、こっちはリーと約束してるのよ、シャバで生きる者にとって信用は一番大事、そういう掟でウチらは動いているからね。

サガク
サガク

……

ジェン総支配人
ジェン総支配人

ヤオイェー!今はふざけてる場合じゃないんだぞ!

歩荷
歩荷

……大所帯になっちまったな。

歩荷
歩荷

こんなに人が集まられりゃ困るんだが、まあいい……

歩荷
歩荷

ケジメをつけるだけなら、俺とお前だけで十分だ。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

――クソォ!

(斬撃音)

サガク
サガク

ドゥ嬢、これは公務執行妨害にあたります、あなたもご存じでしょう。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

アタシからすればそんなに“公務”ってほどには見えないけどね。

サガク
サガク

どいてください。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

イヤ。

サガク
サガク

ならこちらも容赦しません!

ドゥ嬢
ドゥ嬢

――

(ウユウが割って入る)

ウユウ
ウユウ

まあまあ待たれよ、堂々たるお偉い方が、可憐なお嬢さんに手を出すのはよろしくないかと思いますよ?

サガク
サガク

――廉家の陰陽扇か、さすがの腕前。

ウユウ
ウユウ

……!

タイゴウ
タイゴウ

身の程知らずめ。

(タイゴウが巨岩をウユウ目掛けて投げつける)

タイゴウ
タイゴウ

公子、大事ないな。

サガク
サガク

……平気です。

ウユウ
ウユウ

いッ、痛ててて、あんな大きな岩を難なくぶん投げてくるなんて……恐ろしや恐ろしや……

タイゴウ
タイゴウ

己から痛い目を被りに来たのだ、文句は言えん。

(クロスボウの射撃音)

ジェン総支配人
ジェン総支配人

クロスボウか!誰だ?

歩荷
歩荷

……

クルース
クルース

ここだよ。見る方向が違うってば。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

お前は……

歩荷
歩荷

邪魔をするな、子ウサギ。

サガク
サガク

ロドスは司歳台に協力するつもりはないんですね?

クルース
クルース

そうだよ。

クルース
クルース

君たちには君たちなりの理由があるのは分かる。でも私たちはニェンさんと長い付き合いで彼女がどういう人か分かっているから協力はできないかな。

サガク
サガク

獣心測り難し、人が分かったところで何になるんです?

クルース
クルース

何になるかは知らないけど、少なくとも私は彼女のことを信じてる。

ウユウ
ウユウ

私もです。シー殿が説法をしてくれたおかげで、私も少しばかり悟ることができました……私ってば結構面倒事を避けるクセがあるのですが、受けたご恩を返さないほどもの知らずではありませんよ。

タイゴウ
タイゴウ

……廉家の陰陽扇。

ウユウ
ウユウ

さっきは驚いてしまって手出しできませんでしたが、今度は色々とご教授願いましょうか。

タイゴウ
タイゴウ

……ふむ……

歩荷
歩荷

盃目当てならここに用はないだろ、とっととあっちに行きやがれ。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

あの盃は鏢局にとって大きな意味があるモノだ、それを放っておけば私は死んでるも同然ではないか?

歩荷
歩荷

今だって死んでるも同然じゃないか。

ジェン総支配人
ジェン総支配人

……

歩荷
歩荷

いいねいいね、ジェンの目つきはそうでなきゃな、娘がここにいるからか、それとも鏢局のメンツのためにか?

歩荷
歩荷

ようやく生にしがみつく人間になったじゃないか、それでこそケジメをつける意味がある。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

……ショウ。

ドゥ嬢
ドゥ嬢

もしアンタの息子が上でアンタの今の行いを見ていたら、喜ぶと思う?

歩荷
歩荷

それを持ちだして俺を誑かそうとするんじゃない、あいつがまだ生きてここに立っていようが、自分の親父を止めることなんざできねぇよ!

リャン
リャン

……シェン殿、なぜここにいる?

水夫
水夫

あの人たちを山の上まで送って、ついさっき下りてきたからですよ。すぐリャン様にも会えると思いましてね。

水夫
水夫

それでリャン様がこうして来てくれたじゃないですか。

リャン
リャン

それなりに時間が経ったからな、様子を見にきたんだ。

水夫
水夫

ネイさんのほうはどうなんです?

リャン
リャン

察していたさ、多分だが最初からずっと分かっていたのかもしれないな。

リャン
リャン

書斎でモノを失くしたのは、大方彼女の仕業なのだろう。

水夫
水夫

……ネイさんのこと、リャン様のほうからも何卒説得してやってください。

水夫
水夫

ほかの人ならともかく、あのハクという陶芸家には絶対手を出さないほうがよろしいかと。

リャン
リャン

ハク天師か……

水夫
水夫

彼が雷をここに落したおかげで、司歳台と礼部のメンツをズタズタ、天師府もどっちに就けばいいか分からずじまいですよ。

リャン
リャン

これはまたシェン殿に心配をかけてしまったな。

水夫
水夫

はぁ……私はただの船漕ぎです、心配もなにも。

水夫
水夫

以前北の辺境地で防衛に務めていた頃、寒い中なにもすることがなかったから、戦友たちと国についてあれこれ語ったことがあったんです。

水夫
水夫

みんな心は炎国にあるんですから、ちょっとした些細な過ちを犯したとしても、なにもかも台無しになる必要なんてないと思いますけどね。

リャン
リャン

すべては匹夫であるこの私の責任だ。

水夫
水夫

私は匹夫と言っても差し支えありませんが、リャン様も匹夫って言えるんですか?

リャン
リャン

大地は厚く広く、万物みな自由なり。この世を見渡せば、みな匹夫さ。

水夫
水夫

はぁ……それで私はなにをすればよろしいのですか?

リャン
リャン

シェン殿にはどうか尚蜀の太平を守って頂きたい。もし何かが起これば……あなたにはネイ殿やあの五人がことを起こす前に、事態の収拾も頼む。

水夫
水夫

人事を尽くして天命を待つって古い諺があるのはご存じですよね。

リャン
リャン

それは残念だ。

リャン
リャン

このリャンが炎国の朝堂で学んだ初めての言葉は、“天命は人にあり”だからな。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました