アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】己が導く行末へ GA-3「混血児」行動後 翻訳

エイゼル
エイゼル

ハァ……ハァ……

エイゼル
エイゼル

あの二人逃げようとしています!

フィアメッタ
フィアメッタ

そうはさせないわ!

(爆発音)

愉快な販売員
愉快な販売員

……!!

落ち着いた販売員
落ち着いた販売員

うぐッ……俺が援護するから、お前ははやく逃げろ!!

(販売員達が走り去る)

フィアメッタ
フィアメッタ

あのペッローがサルカズのために攻撃を防いだなんて……二人とも、逃がしはしないわよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

エイゼル、あなたはここで待機してて、無闇に……

エイゼル
エイゼル

無闇に動き回るのは許可できない。分かっていますよ、フィアメッタさん、デバイスもつけときました。

エイゼル
エイゼル

どうかボクを信用してください、ボクはただセシリアの安全を確保したいだけなんですから。

フィアメッタ
フィアメッタ

……考えが変わった。あなたをここに残すことはできない。今すぐセシリアを大聖堂まで連れて行って。

フィアメッタ
フィアメッタ

このまま街中に残ったら……なおさら危険だから。

(フィアメッタが走り去る)

エイゼル
エイゼル

……

エイゼル
エイゼル

行きましょう、セシリア。

セシリア
セシリア

え……?さっきまであの聖像に向かってなかった?聖像はあっちだよ、エイゼルお兄ちゃん。

エイゼル
エイゼル

……ちょっと遠回りしましょう。

セシリア
セシリア

とおまわり?

エイゼル
エイゼル

君が今行くべき場所は……

エイゼル
エイゼル

鎮魂教会です。

サルカズ。
本来なら大聖堂についた後、フィアメッタさんにお願いするつもりだった……
上級の執行人監察官でもいい、護衛隊に随行して貰ってもいい……
セシリアにとってラテラーノが一番安全だということを確認できれば……
セシリアに、フィリアが埋葬される前に、最後に母親に会わせることはできないかって。
でも、サルカズだ。
もしセシリアの父親がサルカズなら……セシリアもサルカズ扱いになる。
だがこの子にはヘイローがあるじゃないか……
……ボクは夢でも見ているのだろうか。
セシリアはただの“イレギュラー”だ……
だがこの子はサルカズでもある……
ヘイローを獲得したサルカズが、大聖堂から出られるわけがない……
たとえ、たとえ、酷い目に遭わなかったとしても……
大聖堂から抜け出すことなんて……
……
……公証人役場をクビになってもいい、やるしかない。
セシリアを鎮魂教会へ連れて行く。
せめて、さよならぐらい伝えてあげないと。

フィアメッタ
フィアメッタ

もう逃げられないわよ。

愉快な販売員
愉快な販売員

なんて足の速さなの……

落ち着いた販売員
落ち着いた販売員

どうすんだよ、全然振り撒く事が出来ないぞ……

(爆発音)

愉快な販売員
愉快な販売員

これも全部私の落ち度だわ……このリーベリが私たちを逃すはずもない、あなたたちだけでも逃げて!私が殿を務めるから!

落ち着いた販売員
落ち着いた販売員

お前……

愉快な販売員
愉快な販売員

行って!

???
???

下がりなさい。

フィアメッタ
フィアメッタ

……

フィアメッタ
フィアメッタ

ア・ン・ドー・ン……

フィアメッタ
フィアメッタ

もう絶対に逃がさない……

フィアメッタ
フィアメッタ

出てきなさいッッッ!!!!!

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

解せないわ、どうして教皇猊下はあの“ロストシープ”たちを……野放しにしているのかしら。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

モスティマ、面識があるのなら、私に教えてくれないかしら?

モスティマ
モスティマ

君とは話したくないかな、それについては。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

まだ根に持ってるの?

モスティマ
モスティマ

だってあの時、私は危うく君に殺されかけたんだよ、あいつじゃなくて。

モスティマ
モスティマ

忘れようにも忘れられないよ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それであなたはいつも私の前でフードを被ってるわけ?面倒臭くないの?

モスティマ
モスティマ

長い間ずっと万国トランスポーターをやってきてフードを被るクセがついただけだよ。

モスティマ
モスティマ

君についてなら、できることならなるべく関わりたくはないかな。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それ私への恨み言かしら、モスティマ?

モスティマ
モスティマ

ラテラーノにはラテラーノが守るべきものがあって、それをどうしても気にしなければならない人がいる。私にとってはどうでもいいけどね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

モスティマ、ちょっと誤解してないかしら。教皇庁に残れる堕天使はめったにいないの、教皇庁がどうだからではなく、堕天したサンクタたちにワケがあるからよ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

私の態度なら少しだけアレかもしれないけど……モスティマ、自分は至って普通の人間だとでも思っているのかしら?

モスティマ
モスティマ

そんな風に私と喋ってたら、私は君の言う“普通の堕天使”になっちゃうんだけど、それでもいいのかな?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

だとしたら、今こうして私と“会話”することだってできていないはずよ。

モスティマ
モスティマ

もういいよこの話は。それより現実的な話をしよう、いつフィアメッタを外してくれるの?

モスティマ
モスティマ

いっつも私についてきても、彼女になんのメリットもないよ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それは本人に言ったらどうかしら?

モスティマ
モスティマ

言ったよ、無駄だったけど。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

じゃあ私が言ったらところで意味があると思う?

モスティマ
モスティマ

権力の便利なところは他人の意向を無視できるところにある、私の観点から言えばね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

他人の意向を無視するにはそれなりのツケが纏ってくるものなのよ……どうしてフィアメッタを外してほしいのか、聞かせてもらえるかしら。

モスティマ
モスティマ

フィアメッタが言うには彼女は私の護衛らしいんだけど、私が護衛なんか必要とすると思う?

モスティマ
モスティマ

まあ当然、彼女は私という堕天使の監視役だと思ってる人もいるけどね。

モスティマ
モスティマ

きっとそう考えてる人はちっともフィアメッタのことを理解していないと思うな。

モスティマ
モスティマ

フィアメッタにとって私はただの餌だよ、アンドーンを釣るためのね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それを本人に聞かれると、すごく不機嫌になるかもね。

モスティマ
モスティマ

じゃあ言い換えよう……餌は私が持ってるこの錠と鍵だ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それで?フィアメッタに願いを叶えさせてなにが悪いの?もし彼女がアンドーンを大聖堂まで連れて来てくれるのなら、私は喜んでその経緯を見届けるのに。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それとも、あなたたち二人してでもアンドーンを捕らえられないのかしら?

モスティマ
モスティマ

それなら大丈夫。アンドーンがこの錠と鍵を気にしてる限り、逃げることはないよ。

モスティマ
モスティマ

ただ……一つだけ心配なんだ。

モスティマ
モスティマ

もしアンドーンが別の方法を見つけたら?

モスティマ
モスティマ

私は抜け出せた、レミュアンも抜け出せた、あのアンドーンでさえ抜け出せたけど……フィアメッタだけはまだあの八年前の雨の夜に囚われたまま、そんなところ私は見たくないよ。

モスティマ
モスティマ

こんなのフィアメッタに言えるわけがないし。

モスティマ
モスティマ

こういう時に限って、共感性のメリットが少しだけ恋しくなるよ……

モスティマ
モスティマ

あっ、そういえばフィアメッタってリーベリだった。じゃあ今までの言わなかったってことでお願いね。

教皇
教皇

若者らしい話題をしているね。

モスティマ
モスティマ

なにさ、“その道を歩んできた経験者からのお説教”でもするわけなのかな?

教皇
教皇

そういった年配者の些細な特権を君が許してくれるのならね。

モスティマ
モスティマ

ならどうぞ。

教皇
教皇

八年前、君が私に言ったことは憶えているかい?

モスティマ
モスティマ

……今の和やかな雰囲気を壊したくはないんだけど……

モスティマ
モスティマ

でもごめんね、猊下、忘れちゃった。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

「……私にはまだやるべきことと、守るべき人がいる」、そう言ったのよ。

モスティマ
モスティマ

……ヴァイエリーフが私の真似をするなんて鳥肌が立っちゃうよ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……

教皇
教皇

あの時、君は私に君自身の選択を委ねてくれはしなかった、なら今、どうして君がフィアメッタに代わって選択をすることができると思っているのかね?

教皇
教皇

人の道はその人自身が探して、選んで、歩まねばならないんだよ。

教皇
教皇

ヴァイエ、これは君への答えでもあるからね。

エイゼル
エイゼル

……もうすぐつきますからね、セシリア。

セシリア
セシリア

ごめんなさい、エイゼルお兄ちゃん、歩くのが遅くって……お日様ももう隠れちゃいそうだね。

エイゼル
エイゼル

セシリアならもう大したものですよ!交通機関は使えなくても……こうして移動都市の区画の外にまで歩いてこれたんですから。もしフィアメッタさんのご助力があれば、君が苦労しなくてもよかったんですけどね。

セシリア
セシリア

ううん、気にしないで!実際お家からすごく遠い場所までママに連れてってもらえたことはあったから平気だよ……ここと似たような場所にね。

セシリア
セシリア

でも、コッソリこんな場所まで来て、フィアメッタのお姉ちゃんにはバレないの?

エイゼル
エイゼル

彼女がデバイスの位置情報をチェックしてるだけなら……ボクの小細工が少しでも時間を稼いでくれるといいんですけどね。

エイゼル
エイゼル

でも教会まで到着できてよかったです。

セシリア
セシリア

ママはここにいるの?

エイゼル
エイゼル

……セシリア、君にどう説明すればいいか、ずっと考えていました。

エイゼル
エイゼル

フィリアさんは……君のママなら、ここにいますよ、でももういないんです。

エイゼル
エイゼル

ママに会わせてあげることはボクにもできません。ですのでここで、せめてママにお別れを伝えてあげましょう。

セシリア
セシリア

エイゼルお兄ちゃん……なに言ってるのか……よくわかんない……

セシリア
セシリア

ママはここにいるけど、いないって、ならママは……どこに行ったの?

セシリア
セシリア

ねえ、どこに行ったの?

エイゼル
エイゼル

……先に中へ入りましょうか。

溌溂なラテラーノ市民
ラテラーノ市民

……父は亡くなる前、ずっと自分の葬式では涙なんかいらないから、笑顔で見送ってくれって言ってたのに、なのに私……

敬虔なシスター
温厚なシスター

お父様が本心で願っておられたのは、きっとあなたに陥ってほしくなかったんでしょう、ご自身の逝去による抜け出せない悲しみに。

敬虔なシスター
温厚なシスター

涙であっても、笑顔であっても、もしそれがあなたのお別れの言葉だとしたら……お父様もきっと受け入れてくださいますよ。

溌溂なラテラーノ市民
ラテラーノ市民

ありがとうございます……シスターさん……

敬虔なシスター
温厚なシスター

外にあるお花畑で気晴らししましょうか、お供致します。

(ラテラーノ市民とシスターが立ち去る)

セシリア
セシリア

エイゼルお兄ちゃん、あのお姉ちゃん、自分のお父さんが“なくなった”って……

エイゼル
エイゼル

ええ……亡くなった人は、みんなここに来るんですよ。

エイゼル
エイゼル

生きてる人は、ここでその人たちとお別れを告げるんです……そして、亡くなった人たちの思いを背負って、自分の人生を歩むんですよ。

セシリア
セシリア

じゃあなくなった人は、なにをしてるの?

エイゼル
エイゼル

……空の上からボクたちを見守ってくれているんじゃないでしょうか。

セシリア
セシリア

空に行っちゃったから、もう会えないの?

エイゼル
エイゼル

……

エイゼル
エイゼル

セシリア、これを。

セシリア
セシリア

これは……ママの守護銃?

エイゼル
エイゼル

はい。

エイゼル
エイゼル

ボクの両親も、公証人役場の執行人でした。小さい頃はあんまり一緒にいられなかったので……ボクは自分のお爺さんに育てられたんです。

エイゼル
エイゼル

お爺さんはすごく自分の銃が好きでした、毎回銃を磨いてる時、いつもボクに若かった頃の話をしてくれていたんです……

エイゼル
エイゼル

参加した戦いとか、自分の戦友たちとか、どうやってお婆さんと出会ったのか、それとボクの父親が小さかった頃のやんちゃ話とか……

エイゼル
エイゼル

お爺さんの銃を見るたびに、ボクに話してくれた話を思い出すんです。

エイゼル
エイゼル

……それから、お爺さんは亡くなってしまいました。あの時のボクは今の君より少しだけ大きかったはずです。

エイゼル
エイゼル

お爺さんの銃は、公証人役場の執行人が持って行ってしまいました。

エイゼル
エイゼル

ボクが君のママの守護銃を持って行ったように。

エイゼルはゆっくりと膝をつき、フィリアの銃をセシリアに手渡した。
セシリアは顔を下げ、手に持っている母親の守護銃を見つめる。
そしてエイゼルが優しくセシリアの手を握った。
温かな水滴が守護銃に彫られた模様に滴り落ち、幼い女の子の掌に流れ、小さな小さな水たまりができあがるのだった。

セシリア
セシリア

エイゼルお兄ちゃん……なんでわたし泣いて……

エイゼル
エイゼル

ボクはお爺さんから教わった通り、毎週裏庭にある鉢植えに水をやっていました、そしたら花が開いて、嬉しいあまりにお爺さんを呼んだんです。

エイゼル
エイゼル

でも声が出た時に気づきました、お爺さんはもういないんだと。

エイゼル
エイゼル

もうお爺さんに会うことも、彼の銃を見ることもなくなってしまいました。

エイゼル
エイゼル

死というのはもう二度と会えないお別れという意味なんですよ。

セシリア
セシリア

……

???
???

だが別れというのは死に対する克服でもある。

???
???

生者がこの世に、死者があの世にいてこそ、“別れ”は存在する。

???
???

“別れ”とは生者が死者に対する恋しさであり、それゆえに死者が存在したという証でもある。

修道士
修道士

だからこそ、私たちには別れが必要なのだよ。

タイトルとURLをコピーしました