アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】己が導く行末へ GA-4「鎮魂教会」行動後 翻訳

セシリア
セシリア

ねぇねぇ、もっとお話して!

ロッセラ
ロッセラ

ちょっ、持ってるロウソクに気を付けて、火傷しちゃったら大変よ!

セシリア
セシリア

あっ!力を込めちゃダメだった……形がゆがんじゃったらカッコ悪いもんね。

セシリア
セシリア

ママのためにも……もっとキレイに作らないと。

ロッセラ
ロッセラ

さっ、私のお話ならもう十分聞いたでしょ。つまらない冒険話、そして普通の生活のお話。あとは伝説にあるカズデルのお話だったかな……

ロッセラ
ロッセラ

本当は行ったことなんかないんだけどね、話してるうちに情けなくなっちゃった。

セシリア
セシリア

サルカズのカズデルかぁ……きっとラテラーノみたいなところなんだよね!サルカズたちのお家だって言うんだし……

セシリア
セシリア

みんな嬉しそうにしてるんだったら、綿あめ売りの車もあるはずだよね?それとお菓子屋さんも……街には楽しそうなサルカズでいっぱいで、みんなお互いにあいさつしたりして!

ロッセラ
ロッセラ

……そうだね。

ロッセラ
ロッセラ

いつかはそうなるかもね。

ロッセラ
ロッセラ

じゃあ今度はあなたの番だよ、セシリアちゃん。パパとママはどういう人だったの?

セシリア
セシリア

……実は、あんまりよくわからないの……

セシリア
セシリア

パパに会ったのは何回かしかなくて……いつもパパに会う時はね、ママがすっごく出かける準備をするの、そして夜中にわたしと一緒にお出かけして、すごく遠いところに……森の中に行くんだ。

セシリア
セシリア

パパとはいつも森の中で会ってるの、パパはいっつも分厚いマントをはおってるんだよ、まるで遠い場所からかけつけてきたみたいに。

セシリア
セシリア

パパの顔はあんまりよく憶えていないけど、パパの角なら憶えているよ!真っ黒で真っすぐで、お月さまの下だとピカピカに光るの。

セシリア
セシリア

わたしと手を繋いで森の周りでお散歩してくれたり、この木はどういった種類で歳はいくつなのかを教えてくれたりしてくれたんだ……都市の外の夜はね、鳥の鳴き声も全然聞こえないぐらい静かなんだけど、わたしちっとも怖くなかったよ。

セシリア
セシリア

パパはいつもわたしの手をぎゅっと握っててくれるの、本当はちょっと痛いんだけど……悲しんじゃうかもしれないから教えてないんだ。

セシリア
セシリア

いつもパパに会うとね、パパったらわたしよりも嬉しそうにしてたんだよ……!それとなんだか……緊張もしてたような?

セシリア
セシリア

それでね、わたしが歩き疲れちゃったら、ママがおんぶしてくれてそのままお家に帰るの。振り向いたらね、パパが高い木の下に立って、ずっとわたしたちが帰るところを見守ってくれているんだよ、すごく遠くまで行ってもね、まだそこに立ってくれているの……

ロッセラ
ロッセラ

パパもママも立派な人なんだね。

セシリア
セシリア

ママは本当にすごい人なんだよ!ママはなんでも知ってるの!

ロッセラ
ロッセラ

そうだ、これ見て、これママの守護銃なの、エイゼルお兄ちゃんからもらったんだ。

セシリア
セシリア

ママが言うにはね、パパは全然ママに敵わないらしいの……いつもママがパパに手加減してたんだって!でもパパもきっとすごい人なんだと思うな、きっとそうだよ、うん!

ロッセラ
ロッセラ

あはは、セシリアちゃん、私が言ってる“立派”とあなたが言ってる“すごい”はきっと別の意味だと思うかな。

セシリア
セシリア

そうなの?じゃあパパとママはりっぱですごい人なんだろうね!

セシリア
セシリア

でも、ママってば全然わたしにママとパパが出会ったときの話をしてくれないの、いつもわたしから聞いても、ママは別の話に変えちゃうんだ……どうして教えてくれないんだろ?

ロッセラ
ロッセラ

……子供が知るにはまだはやいことだから、なんじゃないかな。お茶淹れを見るのは好き?小さい頃のお姉ちゃんはね、お茶淹れを見るのがすごく好きだったの、お茶の水の色がどんどん変わったりして……

セシリア
セシリア

……

セシリア
セシリア

……お姉ちゃんも話を変えた、ママと一緒……

セシリア
セシリア

……でも、わたし何も知らないわけじゃないんだよ。

セシリア
セシリア

昨日、都市の色んな場所に行ったの、お姉ちゃん以外、サルカズは一人もいなかった……サルカズはラテラーノに来ちゃいけないんでしょ?

セシリア
セシリア

だからパパとママも一緒にいられないんだ……ううん、もしかしたら、パパとママを一緒にしたくない人たちがいるってことなのかな?

ロッセラ
ロッセラ

一緒にいられないことなんてないよ……きっと変わる。そう遠くない未来に……いつかきっとね。

ロッセラ
ロッセラ

愛に罪はないんだもの。

セシリア
セシリア

……そうなんだ。

ロッセラ
ロッセラ

そのためにお姉ちゃんたちはここにいるんだよ。

セシリア
セシリア

じゃあそのいつかになったら、わたしもラテラーノの街をあちこち行っても大丈夫になるの?

ロッセラ
ロッセラ

そりゃあもちろん。

セシリア
セシリア

もうコッソリお部屋に隠れなくてもいいの?ラテラーノにあるどのお菓子屋さんにも一回は入ってもいいの?

ロッセラ
ロッセラ

一回じゃ足りないと思うかな、セシリアちゃんの気が済むまで好きなだけ入ればいいよ。

セシリア
セシリア

うぅ……はやくその日が来てほしいなぁ……それにはやく大人になりたいよ!

ロッセラ
ロッセラ

そうだね、大人になったら……

ロッセラ
ロッセラ

でもね、セシリアちゃん、そんなに焦らなくてもいいんだよ。お姉ちゃんも小さい頃はね、大きくなったら、悩みも全部なくなると思ってたの。でも、本当に大人になってから気付いたんだ……

ロッセラ
ロッセラ

大人になるってことはとっっっても大変ことなんだよ、セシリアちゃん、あなたにとってはなおさら、だって背負ってるものが……ううん、やめておこう。あなたはまだ子供なんだから、こういうことは大きくなってから考えようね。

セシリア
セシリア

でも誰だっていつかは大人になるんだよ?

ロッセラ
ロッセラ

……そうだね、誰だっていつかは大人になっちゃう。

いつも微笑んでたロッセラが少しばかり寂しい顔を現した。
彼女はこの小さな教会の窓から外を眺める、外には野花が咲き誇った墓地があり、そのさらに向こうでは、微かにラテラーノの中心に聳え立ってる聖像が見えた。
軽く歌を口ずさむロッセラ。悲しくも、希望が含まれている歌声だ。

セシリア
セシリア

あっ、あのお歌だ!昨日ロッセラお姉ちゃんと会ったときの……

セシリア
セシリア

ママがそのお歌をわたしに教えてくれたときはね、歌詞は憶えていなかったから、ラララって歌ってくれてたの。でも本当にいいお歌……もともとの歌詞はどういうものだったの?

ロッセラ
ロッセラ

これはサルカズの歌でね、とある英雄がとてもすごいことをするために旅に出るから、人々が歌を歌ってお別れを告げて、旅に送り出して、無事に戻ってくるようにって願った歌詞なんだよ。

ロッセラ
ロッセラ

英雄がもうすぐ出発する、彼は夢を叶えるために、遠い遠い彼方を目指すって歌っててね……

ロッセラ
ロッセラ

果てしない旅になるかもしれないけど、でもいつかはきっと、きっと……

セシリア
セシリア

あっ、エイゼルお兄ちゃん、修道士さん!

アンドーン
アンドーン

やあ、なにを話していたんだい?

ロッセラ
ロッセラ

こんにちは、先導者様――大した話はしてませんよ、サルカズのおとぎ話とか、日常の話とかをしただけでして……

セシリア
セシリア

でも面白かったぁ……こんなに人と話したのははじめて。

セシリア
セシリア

エイゼルお兄ちゃん、お花を摘みに行ってたの?

エイゼル
エイゼル

はい、抽出してロウソクに香りをつけられればなと思って……

アンドーン
アンドーン

香りは亡くなった人たちに方角を示してくれるんだよ。

セシリア
セシリア

そうなんだ、ありがとう、エイゼルお兄ちゃん!

セシリア
セシリア

あっ……でもエイゼルお兄ちゃん、わたし……本当は……ちょっと怖いの。

セシリア
セシリア

葬儀での……ママとのお別れは……本当に最後のお別れなんだよね?

セシリア
セシリア

本当にもう会えないの?祝日の日でも?それとも……パパみたいに、何年に一回しか会えない……とかじゃないの?頭を撫でてもらいたくても……もう会えない……?

セシリア
セシリア

それに……それに……

セシリア
セシリア

ママ……天使と駄獣のおとぎ話のつづきが、まだ残ってるのに……

エイゼル
エイゼル

セシリア……

アンドーン
アンドーン

今夜が最後の日なんだ、セシリア。

ロッセラ
ロッセラ

セシリアちゃん、今夜は私と一緒にママのいるお部屋で過ごそっか、ほかのみんなも一緒にいてくれるよ。ママもあなたも、独りにはさせないから。

エイゼル
エイゼル

……サンクタの親子のために、通夜を共に過ごすサルカズか。

アンドーン
アンドーン

蝋燭の灯火はか弱くとも、彼岸への道は照らしてくれるさ。

モスティマ
モスティマ

レミュアン、お見舞いに来たよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

スイーツ持ってきたから。

モスティマ
モスティマ

大聖堂からの途中で買ったフルーツタルト。

レミュアン
レミュアン

いらっしゃい。ついでに言うけど、その上に乗っかってるサボテンみたいなヤツ、まずそうね。

モスティマ
モスティマ

さすがレミュアン、いい鑑識眼だね。

レミュアン
レミュアン

それに、毎日お見舞いに来てるけど、そんなに私に会いたいのかしら?

モスティマ
モスティマ

一時間ごとに交代してお見舞いに来てもいいんだよ、君さえよければだけど。

レミュアン
レミュアン

モスティマ、それってご機嫌取りかしら?あとフィアメッタ……無理して笑わなくてもいいのよ?

レミュアン
レミュアン

何かあったの?

フィアメッタ
フィアメッタ

……アンドーンが現れた。

レミュアン
レミュアン

……

レミュアン
レミュアン

会ったんだね。

フィアメッタ
フィアメッタ

ラテラーノにサルカズが紛れ込んでた、そのサルカズを追いかけてた時……ちょうどあいつのアーツに出くわした。

レミュアン
レミュアン

そう、怪我をしてなくてよかったわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

レミュアン、ここにいて大丈夫なの?ここは普通の病院、万が一のことでも起きたら……

レミュアン
レミュアン

彼ならもうここに来たわよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

なッ――

モスティマ
モスティマ

……はぁ。

病室はしばらくの間、静寂になった。
レミュアンは机に置かれた花瓶の花に目をやる。

フィアメッタ
フィアメッタ

……

フィアメッタ
フィアメッタ

なんで二人してそいつを語る時に、まるで週末のピクニックに行くかのような穏やかな顔ができるのよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

レミュアン、ここで口論はしたくない、けど……

フィアメッタ
フィアメッタ

……いつもいつも私があの時のことを聞いても、あなたも、モスティマも、二人して同じ顔をする……

フィアメッタ
フィアメッタ

そんな顔を見たら……まるであの時狂ってたのはあいつではなく、私みたいじゃないの。

モスティマ
モスティマ

……私たちは感じ取っただけだよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

またサンクタの共感性ってヤツ?そう、なら共感したのなら、どうしてあの時あんたはあいつに銃を向けたの?

モスティマ
モスティマ

それとこれとは別の話だよ。あの時の彼がどれだけああだったとしても……錠と鍵を奪われるわけにはいかなかったんだ。

フィアメッタ
フィアメッタ

それでどうなった?あいつのせいであんたは堕天したのよ……!なんでそんな他人事のように思えるの?

フィアメッタ
フィアメッタ

レミュアン、あなたを五年間も昏睡状態にしたのはあいつのアーツなのよ……なのになんであなたまで他人事でいられるのよ?

レミュアン
レミュアン

フィアメッタ……

レミュアン
レミュアン

私たちはあなたの味方よ、どうか信じて。

レミュアン
レミュアン

ただ、感じ取ったのは事実で……

フィアメッタ
フィアメッタ

……もうその言葉は聞きたくない。

フィアメッタ
フィアメッタ

あんたは何を怒ってるんだって、二人ともそう思ってるんでしょ?

レミュアン
レミュアン

そんなことないわ、フィアメッタ、あなたの怒りなら私だってよく……

フィアメッタ
フィアメッタ

そうね、二人なら当然分かるはずよね。

フィアメッタ
フィアメッタ

分かっていないのは私だけだわ。

(フィアメッタが走り去る)

モスティマ
モスティマ

ちょっ、フィアメッタ!

(モスティマが追いかける)

レミュアン
レミュアン

フィアメッタ……

モスティマ
モスティマ

フィアメッタ、フィアメッタってば!

モスティマ
モスティマ

キラキラお通夜人!

フィアメッタ
フィアメッタ

殴るわよッ!

モスティマ
モスティマ

話を聞いてよ!

フィアメッタ
フィアメッタ

モスティマ、言っておくけどね!

フィアメッタ
フィアメッタ

いい?もうあんたらみたいなサンクタはウンザリなのよ!なにが共感性よ、なにが相互理解よ、そんなのこれっぽっちも理解したくないわ!

フィアメッタ
フィアメッタ

どういう神経してるのよ、あんたら天使の脳みそはそのヘイローにでも焼かれてしまったの?あんたもレミュアンも、危うくあの廃墟で殺されかけたのよ!

フィアメッタ
フィアメッタ

なんで怒らないの?なんでムカつかないの?なんで私だけが……私の怒りだけがこんな見当違いなの?

フィアメッタ
フィアメッタ

もうそんな意味深な笑みも、どうでもいいような態度はやめて!一体誰のせいで、あんたはラテラーノから追い出され、根無し草のように雨風に当たりながら彷徨うハメになったと思ってるのよ!?

フィアメッタ
フィアメッタ

私はずっとあんたと一緒に、ヴィクトリアに、リターニアに、サルゴンに、炎国についていったわ……

フィアメッタ
フィアメッタ

それがなんのためなのかあんたに分かる!?

フィアメッタ
フィアメッタ

あんたも、レミュアンも、アンドーンも……同じ所属だった。私たちは……あんなにも信頼しきった時間を過ごしたっていうのに。

フィアメッタ
フィアメッタ

なのになんであいつだけ苦しみから逃れられていいわけ?なんであいつの裏切りが許されていいわけ?なんであんたらはあいつを理解しようとしてるの?なんで私まであいつを理解しなきゃいけないのよ!

フィアメッタ
フィアメッタ

私がどれだけあの頃を大切にしていたかあんたに分かる……?波乱万丈に終えた任務の数々……レミュアンが飲みに誘って奢ってくれた日々……新しくオープンしたスイーツ店を一緒に回ったあの時間……

フィアメッタ
フィアメッタ

あいつが、みんなのために報告を直してくれていた時間だって……

フィアメッタ
フィアメッタ

そんなすべてを壊していい理由なんて、あいつのどこにあるって言うのよ……!?!?

フィアメッタ
フィアメッタ

私だって……

フィアメッタ
フィアメッタ

私だって気に入ってたのよ、あの頃の日々が……

モスティマ
モスティマ

……そう。

フィアメッタ
フィアメッタ

……

モスティマ
モスティマ

……

モスティマ
モスティマ

フィ……

フィアメッタ
フィアメッタ

ラテラーノのアヤメの花。

モスティマ
モスティマ

……

フィアメッタ
フィアメッタ

聖マルソー中央公園、それとトラモント礼拝堂とステファノ区の鎮魂教会といった場所にしか生えてない花よ。

モスティマ
モスティマ

うん。

モスティマ
モスティマ

じゃあ行こう、一緒に。

モスティマ
モスティマ

……君は私の監督役なんでしょ、私にケガを負わせちゃってもいいのかな?

フィアメッタ
フィアメッタ

……

タイトルとURLをコピーしました