アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】己が導く行末へ GA-6「レクイエム」行動後 翻訳

鐘楼へ上がる道はとてもせまく、足元にある石階段は湿っていてすべりやすい。石の壁もゴツゴツしていて、触れるとヒンヤリしている……まるであの時の森の木々みたいに。
足音が響く回廊のさきには、なにがあるんだろう?
わたしはサンクタとサルカズのこども、みんなわたしはあるものを背負ってると言う……
あれは今まで聞いたことがなかったフレーズだった。
でもロッセラお姉ちゃんの表情はおぼえている。
まぶたを垂らし、わずかに微笑み、両手を重ねて、まるで手に宝物を包んでいるかのようだった。
あの人たちは……みんなは、わたしになにを望んでいるの?今になっても、わたしはそれをわかっていない。
でも、今なにをすべきなのか、自分はなにをしたいのかはようやくわかった。
サンクタだろうと、サルカズだろうと。
わたしはセシリア。
ただのセシリアだ。
……
ばいばい、ママ……これからも見守ってくれるよね?

(爆発音)

フェデリコ
フェデリコ

エイゼル、左前方。

エイゼル
エイゼル

うわッ!

(爆発音)

エイゼル
エイゼル

危なかった!

オーロン
オーロン

あのさ、ここで戦っても埒が明かないんだし、いっそやめないか?

(フェデリコがオーロンに斬りかかる)

オーロン
オーロン

……全然人の言うことを聞かねぇな。

オーロン
オーロン

エイゼル、お前は何よりもセシリアの安否が心配なんだろ?だったら俺がセシリアを預かったほうがあの子ももっと安全かもしれないぞ?

エイゼル
エイゼル

それを信じるとでも思ってるんですか?

オーロン
オーロン

俺は生まれてこのかたウソはついちゃいねぇんだ。

エイゼル
エイゼル

仮にその話が本当だったとしても、セシリアがイヤと言うのなら無理です!

オーロン
オーロン

……アンドーン、お前は俺に迷惑をかけすぎだ、たまにマジでそう思っちまうよ。

エイゼル
エイゼル

!!

フェデリコ
フェデリコ

集中してください、エイゼル。

エイゼル
エイゼル

違うんです……フェデリコ先輩!

エイゼル
エイゼル

感じませんか……

オーロン
オーロン

これは……

空気が震えている。
まるでナニかが虚空から現れてくるかのように。
とてつもなく強大で純粋な力だ、今まで知られてきたどのアーツにも似つかわない。
古の構造のナニかがまさに呼び覚まされている。
忘れられていた声のナニかが鳴り響こうとしているのだ。

フェデリコ
フェデリコ

エイゼル、作戦変更です、あなたは鐘楼に行って状況確認を。

フェデリコ
フェデリコ

この反逆者のトランスポーターは私に任せてください。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

猊下、これは!

教皇
教皇

シッ――

教皇
教皇

ヴァイエリーフ、メインホールを閉鎖、すべての会合を即刻中止するんだ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

一体なにが起こったんですか?

教皇
教皇

……

教皇
教皇

私の前任者、つまり先代の教皇は、とても歴史を研究することが好きだったんだ、これは聞いたことがあるかい?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……ございません。

教皇
教皇

彼はあまりにも雑な人だったからね、知らなくても気にすることはないさ。書いた文章は誤字脱字ばかり、お世辞にも読めたものじゃなかったよ。

教皇
教皇

歴史を研究してると言うよりかは、むしろ歴史をオカズに、自分の妄想を発揮していたと言ったほうが正しいかな。

教皇
教皇

彼はとても……ロマン主義的な比喩を書くことが好きだったんだ。歴史論文においては私情が挟まれた駄文が多すぎる節はあったが、それでも印象に残るような文章だったよ。

教皇
教皇

彼曰く、「歴史とは、姿なき巨人がこの大地に書き上げた無限のポリフォニーからなる楽譜のようなもの」らしい。

教皇
教皇

彼のその比喩に則れば、その音楽家の巨人が、今まさに新たな小節を書き上げたのかもしれないね。

(エイゼルの走る足音)

……
肺に溜まってた空気は尽く押し出され、また深く肺の中に吸い込まれていく。
躓いてしまったボクは、藻掻きながら立ち上がり、前へと突き進んでいく。
はっきりと感じ取った、ナニかが生まれようとしている。
この鐘楼の最上階で、この扉の向こうで、セシリアがいる場所のすぐこそで。
その扉を開けば――

あのか弱い女の子が歌を歌っていた。
とても古いサルカズの歌謡だ。
とても真摯に、か細い喉を震わせながら、すべての情緒を乗せながら歌っていた。
ボクはその場で立ち尽くし、なるべく息を殺すことしかできなかった、ボクの乱れた息遣いが流れる歌声をかき消してしまわないかと思ったからだ。
しかしいつの間にか、ボクはなにも聞こえなくなったことに気が付く。
ただ鐘の音が、まるで時を超えて伝ってきたかのように響いていた。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……鐘の音……啓示の石塔のほうから……まさか……!?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

今まで一度も鳴ったことがない鐘なのに!?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……あの時を除いて、鳴ったことなんて一度も……

教皇
教皇

数千年前、初代の聖徒がまだ大地を歩んでいた頃の時代を除いて、だね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……

教皇
教皇

「日中、サンクタは曇りゆく空と、消えていく太陽を見た。夜間、魔物の軍勢が襲来し、多くのサンクタが屠られた。サンクタは多くの輝きを失った。」

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……「聖徒たちはこう言った、“私についてきなさい”、と。そして石の塔が建てられた。また聖徒たちはこう言った、“私の声を聴きなさい”、と。そして鐘の音が鳴った。」

溌溂なラテラーノ市民
興奮する市民

「鐘の音は荒野に響き、サンクタは結束した。」

ラテラーノ市民?
敬虔深い市民

「これは啓示であり、箴言である。」

溌溂なラテラーノ市民
興奮する市民

「そしてまた日に光が戻り、二度と遮られることはなくなった。」

ラテラーノ市民?
敬虔深い市民

「聖徒たちはこう言った、“都市を建てなさい、そこがサンクタたちの楽園である”、と。」

アンドーン
アンドーン

「また使徒たちはこうも言った、“この都市をラテラーノと名付ける”、と。」

パディア
パディア

……一体なにが……

アンドーン
アンドーン

啓示の石塔はラテラーノに存在する最も古い建築物の一つだ。いや、聖書に則れば、啓示の石塔があって、それからラテラーノがあったと言ったほうが正しいかな。

パディア
パディア

聖鐘が再び奏でられたのは……

アンドーン
アンドーン

セシリアちゃんが原因だろうね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

だとしても、なぜ……

教皇
教皇

おそらくはその音楽家の巨人が幾つかフォルテを加える際、ラテラーノにある旧い鐘が目に留まり、それを選んだのだろう。

教皇
教皇

枢機卿ヴァイエリーフ、今この聖堂にいるのは私と君だけだね、いやはや幸か不幸か。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

……猊下、今すぐ聖鐘が鳴った原因を突き止めましょう……いえ、原因がどうであれ、その原因を見つけ出し、解析するのは……教皇庁でなければなりません。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

各国の使節たちがラテラーノにお越し頂いて、その見届け人となって頂いてる今こそが、絶好のチャンスでございます。

教皇
教皇

では行きなさい、ヴァイエリーフ、使節たちにお伝えするのだ、ラテラーノの鐘が数千年の時を経て再び奏でられたこと、これ即ち変革の予兆である、と。そのためにも我々は手を携え、来たる将来のために準備を行う必要がある、とな。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

では、啓示の石塔のほうは……?

教皇
教皇

我々はもう十二分に待ち続けた、こちらもそろそろ動くとしよう。

パディア
パディア

先導者様、とっくに……知ってたんですか?セシリアがどういう人なのかを……あ、あの子は混血児ですが、そのほかにも……何か秘密が隠されているんですか?

アンドーン
アンドーン

いいや、そんなまさか。あの子は私と君が知るセシリアなだけだ、少々出自は特殊かもしれないが、それでも隠された秘密なんぞは持ち合わせていないよ。

アンドーン
アンドーン

もしかすれば、ラテラーノ自身が変化を求める時期に、セシリアは……たまたま出くわしてしまっただけなのかもしれない。

アンドーン
アンドーン

あるいは、あの子は本当にサルカズとサンクタの間にある千年の亀裂を埋めてくれるのなのかもしれないね、あの子の下に啓示が降り、聖鐘があの子のために鳴ったぐらいなのだから。

アンドーン
アンドーン

当然だが、あれはただの誤解だったり、偶然だったり、歴史に埋もれたブラックジョークということもありえる。

アンドーン
アンドーン

けど真実が何よりも重要でないことは、みなもすでに理解しているはずだ。

パディア
パディア

ええ……どうであれば、私たちにはチャンスが降りてきた。私から言わせれば、これは我々も天に愛されている証拠なのでしょう。

パディア
パディア

教皇庁の勢力なら、今はおそらく使節たちが集っている区域と啓示の石塔のほうに配置されていると思いますので……

パディア
パディア

私たちで先導者様が進まれる道を敷きます。私たちには構わず、どうか進んでってください。

(無線音)

レミュアン
レミュアン

……アンドーン、鐘が鳴ったわ。

アンドーン
アンドーン

あの鐘の音は、間もなく旅路に出る子どものために鳴ったものだ。

レミュアン
レミュアン

そう。

レミュアン
レミュアン

口調がハキハキしてる、ようやく決心したのね。

アンドーン
アンドーン

決心が揺らいだことなど、一度もないさ。

レミュアン
レミュアン

すべてを差し出してでも?

アンドーン
アンドーン

すべてを差し出してでもだ。

レミュアン
レミュアン

……そんなことに意味なんてあるの?

アンドーン
アンドーン

意味か……無から意味が生まれることはない。私たちがこれまでしてきたすべての選択は、その意味とやらを構想し、形作り、叶える機会を与えるためにやってきたことに過ぎないのだ。

レミュアン
レミュアン

わかったわ。

レミュアン
レミュアン

あなたがいつか、安らかにならんことを。

(無線が切れる)

アンドーン
アンドーン

パディア、君が先ほど言ったことだが、我々の初志とたがう箇所があった。

アンドーン
アンドーン

道というのは後世に残すために、人々がみな礎となり、交わり重なってできたものだ。

教皇騎士
教皇騎士

今すぐ教皇猊下に合わせろ!

敬虔なシスター
シスター

銃騎士タルヴァトーレ様、教皇猊下は現在ご祈祷されてる最中でして、いかなる面会も受け付けておりません。

教皇騎士
教皇騎士

しかし!

敬虔なシスター
シスター

どうかご理解くださいませ。

(爆発音)

教皇騎士
教皇騎士

爆発音か?

敬虔なシスター
シスター

また市民たちによるイタズラではないでしょうか……

教皇騎士
教皇騎士

いいや違う!爆発音は使節区域からだ、そこでの爆発行為はすべて禁止しているはずだぞ!

(無線音)

???
護衛隊

じゅ……銃騎士のタルヴァトーレ様、使節区域が襲撃されました!ほかにも市内で多数の火災と爆発が発生しております!

教皇騎士
教皇騎士

ロストシープめ!聖なる鐘の響きを聞いて、ようやく動き出したか!

???
護衛隊

以前から使節区域に配置されてる銃騎士様はおられましたが、それでも……襲撃と爆発を受けてから、使節たちも不安に駆られて、もっと銃騎士の援護を強く求めておられます……

教皇騎士
教皇騎士

了解した。

(無線が切れる音)

教皇騎士
教皇騎士

クソッ、よりによってこのタイミングで!

教皇騎士
教皇騎士

ヴァイエリーフ枢機卿!

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

啓示の石塔の聖鐘が再び奏でられた、つまりラテラーノが高みへと至る時だわ、初回の“万国サミット”と各国の使節の方々も同じくその恩寵に預けられる、私たちはその喜びを覚えるべきだった。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

しかし異端者の残党どもがこれを機に混乱を生じさせ、会議の邪魔を企て、ラテラーノの栄光に泥を塗った。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

タルヴァトーレ殿、猊下の勅令が下ったわ、万国サミットが予定通り開催されるように、使節区域へと向かい、ほか銃騎士と共に各国使節の方々をお守りするのよ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

私も一緒に行くわ。

教皇騎士
教皇騎士

了解した。だが、枢機卿……

教皇騎士
教皇騎士

そちらも感じたはずだろう、あの啓示の石塔から伝わってくるあの力を……

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

そのことはどうかご内密に、タルヴァトーレ殿。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

あれは栄光そのものよ。

(フィアメッタがドアを力任せに開きながら部屋に入ってくる)

フィアメッタ
フィアメッタ

レミュアン、あれもあいつがやったことなの!?

レミュアン
レミュアン

……そうかもしれないわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

じゃあ、なんで今もあいつを庇おうとしているのよ!?

レミュアン
レミュアン

フィアメッタ、ちょっとこっちにおいで。

フィアメッタ
フィアメッタ

なによ。

レミュアン
レミュアン

いいからおいで。

フィアメッタ
フィアメッタ

……?

(近づいてきたフィアメッタにレミュアンが抱きつく)

フィアメッタ
フィアメッタ

……!?

レミュアン
レミュアン

ごめんなさい、フィアメッタ。

レミュアン
レミュアン

この前、あなたにあんなことを言うべきじゃなかったわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

……とりあえず離れて。

レミュアン
レミュアン

あなたが許してくれたら離れるわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

確かにあれにはムカついたわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

……けどそれよりも……

フィアメッタ
フィアメッタ

……私はそんな私自身にムカついていたのかも。

レミュアン
レミュアン

一点だけ、これだけは信じて、フィアメッタ。

レミュアン
レミュアン

もし彼が本当にラテラーノに危害を加えようとしてるのなら……私も彼のことは許さないわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

それであいつは一体なにを企んでいるのよ?

レミュアン
レミュアン

……たぶん、彼は一つだけどうしても尋ねたいことがあるんだと思う。

フィアメッタ
フィアメッタ

誰によ?

レミュアン
レミュアン

……教皇猊下に。

フィアメッタ
フィアメッタ

……何を?

レミュアン
レミュアン

サンクタが尋ねるべきじゃない問いを。

フィアメッタ
フィアメッタ

もっと分かりやすく言ってもらえる?

レミュアン
レミュアン

……私もよく分かってないのよ。あの問いはきっと彼の心の中で長い間埋まっていたものなんでしょうね……一度も彼の口から聞いたことはなかったわ。これは私の単なる憶測ってこともありえる。

レミュアン
レミュアン

けど八年前のあの事件は、確かにその問いと深く関わっていたんだわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

……ちょっと待って。じゃあモスティマ、あんたも知ってたの?

モスティマ
モスティマ

まさか、私はレミュアンとは違うよ、フィアメッタ。

モスティマ
モスティマ

レミュアンは彼を理解してたからなんじゃないかな、まあ私は……彼にそんな資格はない、って思ってるよ。

モスティマ
モスティマ

私からすれば、彼ってば結構可哀そうな人なんだよね。それと私まだとても大事なことがあるからさ、これぐらいで勘弁してよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

……あんたってばレミュアン以上にムカつくわね。

モスティマ
モスティマ

私たちは違うからね、フィアメッタ。私は私のできることを全部やった。そして君も……なによりも私であってほしかったと思ってる、そうでしょ?

フィアメッタ
フィアメッタ

……

フィアメッタ
フィアメッタ

レミュアン、ほかに何か知ってることがあれば、教えて。

レミュアン
レミュアン

てっきり聞きたくないと思いってたんだけど?

フィアメッタ
フィアメッタ

聞かなきゃ分からないでしょ。

教皇騎士
教皇騎士

……

教皇騎士
教皇騎士

セシリア・ラポルタ、教皇猊下の命により、君を保護しに参った。

セシリア
セシリア

わたしが鐘を鳴らしたから……?

セシリア
セシリア

鐘が鳴ったことと、わたしにはなにか関係があるの?

教皇騎士
教皇騎士

それは教えられない。

教皇騎士
教皇騎士

今すぐ私とともに大聖堂までついてきてもらいたい。

エイゼル
エイゼル

……

セシリア
セシリア

エイゼルお兄ちゃん、大丈夫だよ。

セシリア
セシリア

行こ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました