アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】己が導く行末へ GA-7「光と影」行動前 翻訳

落ち着いたラテラーノ市民
ウキウキなラテラーノ市民

なんか市内が騒がしいな、会議がもうそろそろ始まるからなのか?

溌溂なラテラーノ市民
悠長なラテラーノ市民

そうかもね、いろんな場所で爆発が起こってるし、みんな興奮してるんでしょ。

(オーロンとウキウキなラテラーノ市民がぶつかる)

落ち着いたラテラーノ市民
ウキウキなラテラーノ市民

いてッ、誰だよ!

フェデリコ
フェデリコ

……

(フェデリコが走り去る)

溌溂なラテラーノ市民
悠長なラテラーノ市民

あれって……執行人と、万国トランスポーター!?

落ち着いたラテラーノ市民
ウキウキなラテラーノ市民

何やってんだあいつら、パルクールでも競ってんのか?

溌溂なラテラーノ市民
悠長なラテラーノ市民

盛り上がってるわね?参加する?

落ち着いたラテラーノ市民
ウキウキなラテラーノ市民

行こうぜ!追いかけてみよう!

(オーロンがフェデリコが放った弾を弾く)

オーロン
オーロン

ここならいいだろ……

オーロン
オーロン

はぁ、まったく諦めが悪いヤツだな、フェデリコ。

フェデリコ
フェデリコ

そちらこそ。

オーロン
オーロン

調べたんだが、お前確か今はほかに任務を抱えていないんだろ……本当は非番で休暇中のはずだよな!?

オーロン
オーロン

まったく分からねぇヤツだ、こんなしつこく俺を追い掛け回してなにがしたんだ?なんかお前の恨みを買うことでもしたのかよ?

フェデリコ
フェデリコ

私の前の任務は、シラクーザにいるサンクタの遺品をラテラーノに回収することでした。

フェデリコ
フェデリコ

その遺品の中にはあるノートがありまして、とあるサンクタの女性とサルカズが接触してる場面が記載さていました。

オーロン
オーロン

そうかい、ならお前が調査するのも当然の話だな、だが俺になんの関係がある?俺ァ男だぜ?

フェデリコ
フェデリコ

各種手がかりを遡ったところ、その女性の住所がラテラーノ市のステファノ区セルヴァンティウス街7-265号であることを突き止めたんです。

オーロン
オーロン

……

オーロン
オーロン

んでお前がそこに行った時、その女性はすでに亡くなっていたと。

フェデリコ
フェデリコ

その通り。

オーロン
オーロン

……だからお前は彼女の外出記録を調べるしかなかった、そしたら疑わしい外出記録が出てきて、彼女は外出した際、いつも万国トランスポーターである俺と連絡を取っていたことが分かったと……

オーロン
オーロン

あははははは!面白れぇ、面白れぇじゃねぇか!

オーロン
オーロン

てっきりヴィクトリアでヘマをかいたんじゃないかって思ってたぜ、それかアンドーンとの連絡に痕跡を残してしまったんじゃないかって。それがまさか良かれと思ってフィリアにちょいと手を貸したあの時だったとはな……

オーロン
オーロン

これも運命ってヤツなんかね。

フェデリコ
フェデリコ

感心は済みましたか?

オーロン
オーロン

なぁ、フェデリコ、もし俺の予想が正しければ、今のお前は俺の情緒を感じ取れていないはずだよな?

フェデリコ
フェデリコ

はい、けど気にしてはおりません。

フェデリコ
フェデリコ

逮捕する際の相手の情緒がどうであれ、私には一切関係はありませんので。

オーロン
オーロン

それはお前がしょっ引く相手じゃなければ、気にするってことか?

フェデリコ
フェデリコ

……いいえ。

オーロン
オーロン

お前は俺と同じだな、形は違えど共感性を拒否している……俺からすれば、俺たちはもしかしたら友だちになれるかもしれねぇな。

オーロン
オーロン

実を言うとな、ラテラーノにはお前みたいな人も多少は必要なんだと思ってるんだ。

オーロン
オーロン

情緒に流されず、法に則り行動するような人が。

フェデリコ
フェデリコ

その観点は否定しませんよ。そちらの裁判を終えたら、監獄で話相手になってあげても構いません。

???
???

それがあなたの言い分なのね、オーロン?

オーロン
オーロン

……一番厄介なヤツが現れちまったか。なんで俺みたいな一日一善してるようなヤツに限ってこんな面倒なことに……

フェデリコ
フェデリコ

ご機嫌よう、ヴァイエリーフ枢機卿。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

こんにちは、執行人フェデリコ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

反逆者オーロンの処置はこれから第七庁が取り仕切ることになったから、公証人役場はもうこのヤマから降りていいわよ、その際本件の報告は第七庁と第一庁までコピーを送ってちょうだい。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

はいこれ、私の認証コードね。

フェデリコ
フェデリコ

正規のコードであることを確認しました。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

それと、このまま休暇を続けるか、それとも臨時的にロストシープの逮捕に加わるかは、そちらの好きにしてちょうだい。

(フェデリコが立ち去る)

オーロン
オーロン

なぁヴァイエ、フェデリコが別れの挨拶を言ったところを見たことはあるか?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

近寄らないで。

オーロン
オーロン

俺を助けにきたんじゃないのかよ?

オーロン
オーロン

俺をお縄につかせたければ、このままフェデリコに俺を捕まえさせればよかったんだろ?

オーロン
オーロン

まあ当然だが、フェデリコが俺に敵わない可能性もありえたが……それでもお前はあいつを追いやる必要性はなかった、そうなんだろ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

あなたにまだ有用価値があることを見出しただけよ、私が思ってたのよりもほんの少しだけね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

フェデリコの報告で、てっきりあなたはただのアンドーンに手を貸すだけの下っ端かと思ってたけど……そうでもないみたい、少なくとも無能ではなさそうね。

オーロン
オーロン

ありがたいお言葉。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

ラテラーノにとってセシリアという存在は脅威そのもの、あなたはその脅威が抹消されてほしくないと思っていた……その脅威を実現したいからではなく、その脅威で交渉したいと思っていたがために。

オーロン
オーロン

誰も天が賜ってくれた金を使おうとしないからな、見ていて心が痛んじまうよ。

オーロン
オーロン

こんなこと言ってるが俺のラテラーノへの忠誠心は一級品だ、お前なら知ってるだろ。

オーロン
オーロン

一番教皇猊下の理想を支持してるのは俺なんだぜ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

けど猊下のやり方には賛同できない、でしょ?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

例えば今回の会議、あなたは心底これが一体なんの役に立つのかと考えている。

オーロン
オーロン

……

オーロン
オーロン

お前はあんなモンが役に立つとでも思ってるのかよ?

オーロン
オーロン

ヴァイエリーフ、お前はヴィクトリアの現状をどこまで理解している?

オーロン
オーロン

お前に分かるはずもねぇさ。俺たちがどれだけ戦争に近づいているのかを。

オーロン
オーロン

猊下はそんな時期に、数十年仕込んでおいたモノを動かそうとしている、それでほとんど国を動かせたとしても、一部の人たちには……なんも響かねぇよ。

オーロン
オーロン

もっと平和な時期でなら、あるいはそれを元手に、ゆっくりと仕込むことはできかもしれねぇ。

オーロン
オーロン

だが現実はそうはいかなかった。もし猊下の理想を実現するのなら、俺たちにはこんなのほほんとしてる時間なんざねぇぞ。

オーロン
オーロン

俺はヴィクトリアでこれでもかと言うほどの汚ねぇ手段を見てきた、あれが正しいとは言わねぇ、だがその正しさのせいで目的を果たせないっていうのなら――

オーロン
オーロン

教えてくれ、ヴァイエリーフ、お前はそんな正しさのために目的を捨てるような崇高な人になりたいか?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

オーロン、いつもより口数が多いわね。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

なにを待ち続けているの?

オーロン
オーロン

さっきので考えが変わったんだ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

あら?

オーロン
オーロン

長い間外を歩き回ってきたおかげで、ますますサンクタが特別だとは思えなくなってきた。

オーロン
オーロン

俺たちはただお互いに感情を読み取ることができる、それだけのことだ。

オーロン
オーロン

だとしても今しがた、そんな俺でも感じとっちまったんだ……とても古いナニかが、果てしないナニかが、俺の心の奥から湧き上がってきているのを。

オーロン
オーロン

それに、俺たちは切り札を一枚手に入れた。

オーロン
オーロン

各国の使節がラテラーノに集った日に、ラテラーノに神の奇跡が降りた……

オーロン
オーロン

これが何を意味するのか、何を意味しているのか、俺たちはこれから色んな事を起こすことができる、違うか?

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

一点だけ、間違っているわ。あなたは万国サミットがこんな事件が連発してる時期に開かれるべきじゃないって考えているけど……逆に考えてみることをオススメするわ。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

まあ、あなたもそれなりに考えているってことね。教皇猊下じゃ手が出せないこともあるかもしれない。だから私に言わせれば、両方の用意を済ませたほうが何かと融通は利く。

ヴァイエリーフ
ヴァイエリーフ

運がよかったわね、オーロン、私がまだあなたに価値を見出せていて。

フィアメッタ
フィアメッタ

出てきなさい、パディア。

フィアメッタ
フィアメッタ

まだ自分たちにオツムが残っていたことに感謝することね、自分たちのサルカズの仲間たちを市内の騒動に関与させなくて……

フィアメッタ
フィアメッタ

もし使節たちがラテラーノ市内で“万国サミットを破壊しに来たサルカズ”を目撃することになったら……この事件は収拾がつかなくなっていたかもしれないし。

(パディアが姿を現す)

パディア
パディア

……何が言いたいの、フィアメッタ。

フィアメッタ
フィアメッタ

アンドーンはもう大聖堂に向かっているんでしょ。

パディア
パディア

何を掴んだ!?

フィアメッタ
フィアメッタ

それを教える義理はないわ、パディア。

フィアメッタ
フィアメッタ

けどあいつをコテンパンにする前に、あなたを止めないといけないわ、これ以上馬鹿馬鹿しくてウザったい小細工をするのはやめてちょうだい。

フィアメッタ
フィアメッタ

もしかしたら本当にまだオツムが、万国サミットに手を出さない程度のほんの僅かなオツムがあなたたちに残ってるかもしれないけど……

フィアメッタ
フィアメッタ

それでもそこまでしてリスクを冒すことはオススメしないわ、自分たちが期待してるように事が進むことはないんだから。

パディア
パディア

へぇ……?今度はそっちがアタシを“説得”しにきたってわけ?

フィアメッタ
フィアメッタ

ほんの少しだけ忠告しにきただけよ、聞きたくないのなら、別に構わないけど……

パディア
パディア

……

パディア
パディア

フィアメッタ、そう言うアンタはどう思ってるのよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

どう思ってるってなに?私は自分の仕事を全うしてるだけ……自分のケリをつけてるだけよ、そんなに分かりにくい?

パディア
パディア

……八年前、なんで護衛隊から抜けたの?

フィアメッタ
フィアメッタ

……護衛隊は外部派遣ができない、外部で活動するには公証人役場の下につかないといけなかったからよ。それがなに?そんなことが気になってたの?

パディア
パディア

…………

フィアメッタ
フィアメッタ

パディア、あなたが何を気に掛けているのかは知らないし、もしかしたら私に何か根に持っているかもしれないけど、あなたが言ってるリーベリはどうこうとかいう大それた理屈なんか知ったこっちゃないわ。

フィアメッタ
フィアメッタ

そんなこと私にはどうでもいいの、パディア。

フィアメッタ
フィアメッタ

私が信頼していた隊員が仲間を裏切った、私の友だちはそのせいで傷を負い、追放された、もしかしたら裏切者どもに狙われていた可能性だってあった。

フィアメッタ
フィアメッタ

私はもう過ちを一回起こしてしまった……だからそれを二度も起こさせるわけにはいかない。

フィアメッタ
フィアメッタ

彼女たちは私が守る、考えれば簡単なことよ。

フィアメッタ
フィアメッタ

それがあなたの抱いてる幻想に合っていなかったとしても、謝ったりはしないから。

モスティマ
モスティマ

……プッ。

フィアメッタ
フィアメッタ

……調子に乗らないで、モスティマ。あんたに代わっても、同じことは考えるはずでしょ?

モスティマ
モスティマ

その通りだね。

パディア
パディア

……アンタの言う通り、あれはただの幻想。

パディア
パディア

でも幻想だからなに?幻想にしろ、理想にしろ、もし今まで信じてきたものを追いかけていなかったら、アタシは今日まで走り抜くことはできなかった。

パディア
パディア

他人にその理想を預けられるって考えてた自分は甘かったかもしれないけど、後悔はしていないわ、フィアメッタ。

フィアメッタ
フィアメッタ

ホント理解に苦しむわ、あなたのその思考回路。

パディア
パディア

だから今、アタシは退かない。たとえアタシがやってることが……アンタからしたら“馬鹿馬鹿しくてウザったい”おままごとに見えたとしてもよ。これはアタシが請け負った任務、ならその任務を全うするまで。

パディア
パディア

アタシと止めたければ、アタシを倒すことね。

フィアメッタ
フィアメッタ

……

フィアメッタ
フィアメッタ

なら手加減はしないわよ、パディア。

タイトルとURLをコピーしました