アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-3「こうべを垂れよ」行動前 翻訳

9:09 a.m. 天気/曇り
ロンディニウム、サディオン区、第309号検問所

アーミヤ
アーミヤ

この先が……入口ですね。

ドクター
ドクター

何か心配事か?

アーミヤ
アーミヤ

はい……今のところはすべて順調に進んでいるのですが……

アーミヤ
アーミヤ

――あることを除いて。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、あなたとケルシー先生にずっと連絡を繋げていた例のトランスポーターですが、本来なら私たちがこの付属区画に到着した後、すぐさまこちらに連絡を入れるはずだったんです。

ドクター
ドクター

・あったな、そういう約束が。
・……
・何かあったのでは?

あったな、そういう約束が。……何かあったのでは?
アーミヤ
アーミヤ

ずっと待ってはいるんですけど……待つしかないと言ったほうがいいですね。

アーミヤ
アーミヤ

当初の予定なら直で彼女と会うはずでした、そうじゃなくても何かしらの方法で連絡が入るはずです。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、今の状況下では、ほかのオペレーターに余計なことを言えば却って士気が下がってしまいます。

アーミヤ
アーミヤ

ここに辿りついた以上、先へ進むしかありません。

アーミヤ
アーミヤ

連絡が繋がらない以上、確認のしようがありません。

アーミヤ
アーミヤ

無事でいてくれたらいいのですが……

アーミヤ
アーミヤ

予定通り、このまま入城しましょう。

アーミヤ
アーミヤ

わっ、この先すごい人だかりですね、皆さん市内のほうから出てきてるようですが……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

……本当にこれで逃げ出せるのか?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ここの道は安全よ、うちのお隣さんも先週この道から逃げ出したの。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

出国証明さえ申請できれば、兵隊からつつかれることもないわ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

いや……そういう意味じゃなくてだな。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

分かってるわよ。私とあなたと同じことを考えてるわ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

初めてサルカズ軍を新聞で見たのが確か四年前だったわね。あの時はあんまり深く考えていなかったけど。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

そうだな、俺もそうだった。陛下がご不在になった後、世の中は混乱するばかりだ、おまけにどっかの大公爵が意気になって、魔族共を軍に組み込みやがった。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

その二年後、サルカズの軍がロンデニウムの街中を闊歩するようになったわね。あれから仕事終わりはいつも同僚とその話で持ちきりよ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

俺も憶えている……まるで一夜にして、こっそりとナニかが変ってしまったようだったよ。まあその変化とやらも、カーデン区の公爵事務所付近に住んでる俺たちのところにはちょいと遅れてからやってきたが。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

それから半年前、サルカズの軍が私の勤めている銀行の入口にやってきたのよ。旦那さんが都市防衛軍での要職に就いているからと言って、そこの頭取が連れていかれたわ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

はぁ、そんでその後、そいつらとは会えていないんだよな?俺たちが住んでる地区にいる警備員たちも、まるっきり顔ぶれが変っちまった、ほとんどはおっかねぇ角を生やすようになっちまったよ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

それから……昨日。私の家の向かいにある街角でサルカズを見かけたんだけど、あの人たち……目についた家を片っ端からガサ入れしていたわ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

それで逃げ出してきたのか?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うちの両親は一先ず先に逃げ出していたんだけど、私は……どうしても銀行員の収入を手放したくなくて。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

誰だってそうさ。ロンディニウム……本当にこの都市から出て行っちまったら、もう二度と元の暮らしには戻れないもんな?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

この話はもうやめやめ。ほら、行きましょ、金稼ぎよりも生きることよ。

アーミヤ
アーミヤ

……

アーミヤ
アーミヤ

ここって毎日こんな感じなんですか?

シージ
シージ

……ある日からこうなった、いつもこんな感じではあるな。

アーミヤ
アーミヤ

テレシスの軍は……一般人の脱出を許しているんですか?

シージ
シージ

どうやらロンディニウムの外にいる者たちに、今のロンディニウムを真に支配しているのが誰なのかを知られても、ヤツはあまり意に介していないようだ。

ドクター
ドクター

・外にいる貴族たちはなんとも思っていないのか?
・ヴィクトリア議会の現状はどうなっているんだ?

外にいる貴族たちはなんとも思っていないのか?ヴィクトリア議会の現状はどうなっているんだ?
シージ
シージ

ヤツらなら今でもきっとロンディニウムの動向に注目しているはずだ。市外で屯っている兵たちがそれを説明している。

シージ
シージ

だがそれ以上にヤツらは互いの動向のほうに気を配っているのだろう。

シージ
シージ

ロンディニウムの主権を狙ってる各々の大公爵からすれば、市内のサルカズに進攻を仕掛けた者が、この二十数年も続く競争の機先を制すると考えている。

シージ
シージ

自分のものとなるはずだった王座が他人に奪われるかもしれない、そんなことを望むヤツなどいると思うか?

シージ
シージ

そんな状況下でもし進攻する意向を示すものなら、その人はたちまち通告を突きつけられ、パーティに招待されては自分の領土に流布された都合の悪い情報によって進攻は中断される。

シージ
シージ

仮に進軍を敢行したとしても、その先には必ず失敗が待っている、サルカズの摂政王が一兵卒すら動かす必要がないほどの失敗がな。

シージ
シージ

……私にも分からん。

シージ
シージ

我々がロンディニウムから逃げ出した日、その日のロンディニウムは至っていつもと変わりはなかった。

シージ
シージ

なにより、あの時の私の考えが甘かった、議会が動いている限り、ロンディニウムが混乱に陥ることはない、とな。そう考えていた。

シージ
シージ

市内の具体的な状況についてだが、こればかりは入った後でないと確認はできない。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

みんな、ここまで案内してやったが……その、あとは、自分たちで行ってくれないか?

アーミヤ
アーミヤ

はい。ありがとうございました、トーマスさん、本当に助かりました。

アーミヤ
アーミヤ

各隊に告ぐ、以前に決めた段取りに従い、それぞれ目の前にある人混みに混じっていってください――

アーミヤ
アーミヤ

先行はクロージャ隊です、前方の進路を確保したら、シージ隊が後に続いてください。私とドクターが殿を務めます。

アーミヤ
アーミヤ

偵察隊は引き続き周囲の状況に目を張ってください、異常が発生した場合は、すぐ連絡を入れるように。

アーミヤ
アーミヤ

ホワイトホールさん、あなたには来た道を戻ってトーマスさんを送り返して――

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

アーミヤさん!

アーミヤ
アーミヤ

どうしました?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

前方で騒動を確認、サルカズ兵が向かって来ている模様!

アーミヤ
アーミヤ

……!

アーミヤ
アーミヤ

総員、潜入行動を一時中止、身を潜めてください!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

――

サルカズの戦士
サルカズの戦士

前にいるその人を捕まえろ!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

そんな……なんでこんなことが?なんでこんなところにサルカズ兵がいるんだよ?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

お前さっきこの道は安全だって言ったよな!?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

お前のことを言っているんだ、逃げるんじゃない!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

はやく……はやく行くんだ、あともう少しで都市から……都市から出られる……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うわああああ――!

(ロンディニウム市民が倒される)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

こいつではない。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

へ、兵士さん、どうか……どうか痛い目だけはお許しください、ついていきますから……一体私が何をしたって言うんですか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ここでボーっと突っ立ってないでどこへなりにでも消えろ、邪魔をするな。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

いいかよく聞け、全員この場から動くな!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

その場で大人しくしているんだ。お前、お前、それとお前、顔をこっちに向けろ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

おいお前、その包みに何を入れている?武器の類じゃあるまいな?ここで中身を出せ、全部だ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

お前は顔に火傷の痕が残っているな?それにまだ新しい……お前で間違いないな、隊列から出てこい!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……パンを焼く際にできた火傷だと?バカにしているのか!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

チッ……どうやら本当にこちらの武器でやられた痕ではなさそうだ。お前、本当にレジスタンスではないんだな?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ビビッて気絶してしまったか。まあいい、こいつはとりあえず連れていけ。

ホルン
ホルン

……

ヴィクトリア兵
ロンデニウム市民?

中尉、これでは先へ進めませんね。

ホルン
ホルン

……私のせいだわ。あなたたちをここに送る前に、追っ手がいないか注意するべきだった。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

そんなこと仰らないでください。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

ダブリンに捕らえられた私たちや、サルカズ共にいたぶられてきたトムたち、みんなあなたに助け出される以前は、ただの屍同然でした。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

思い出しただけでもあの絶望感が蘇ってくる……いっそのこと戦場で死ぬほうがマシでした、あんな訳も分からないまま敵に閉じ込められているよりは。

ホルン
ホルン

ロンディニウムの陥落はあなたたちのせいじゃないわ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

ならなおさら中尉のせいでもありませんよ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

我々を絶望の淵から救い出してくれたのは中尉です。少なくとも、そのおかげで私は自分の足でここまで辿り着き、一時間は生き延びられたのですから。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

それに私はもう戦えないと言ったにも関わらず、中尉は私を責めなかったどころか、危険を犯してまで私たちをここまで送り届けてくださった。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

ですから中尉、あなただけでも行ってください。中尉一人だけなら、まだなんとか隠れられます、どうかあのサルカズ共の目から離れて、安全な場所に隠れてください。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

負傷した我々では、あなたの足手纏いにしかなりません。

ホルン
ホルン

あなたたちを見捨てろって言うの?そんなこと私にはできないわ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

ハッ……もしあの時、私の長官も同じようなことを言ってくれれば、今頃私は……こんな惨めに負けることもなかったと思います。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

あなたと出会って気付かされましたよ、私も中尉みたいに何かの役に立ちたいと……

ホルン
ホルン

まさかあなた……ダメよ、それは許可できない!

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

私たち何人かで突っ込んだら、少しはサルカズ共を巻き込めると思います。

ホルン
ホルン

……よく聞きなさい。

ホルン
ホルン

誰だろうと突撃は許可できない。これは命令よ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

命令……

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

分かりました。今の長官はあなたです、命令に従いましょう。

ホルン
ホルン

ここからサルカズのところまで行くには、あと数分間の猶予がある。

ホルン
ホルン

全員頭を低くしなさい。私が教えたことを思い出して、今のあなたたちは近くの市街地から来た無職、身体にできた傷は一切れのパンの奪い合いで殴られてできた傷よ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

それでサルカズに……通用するんですか?

ホルン
ホルン

今のサディオン区の混乱なら、彼らもきっと目にしてると思う。

ホルン
ホルン

通用しようがしまいが、たとえ尋問されたとしても……今はなるべく耐えて。

ホルン
ホルン

もし耐えられない人がいたのなら……

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

分かってます。サルカズにバレたとしても、ほかの者たちは決して巻き込みません。

ホルン
ホルン

もし耐えられない人がいたのなら、私がヤる。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

そんな、中尉……!?

ホルン
ホルン

だから今は様子見しておきましょ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

こっちにはいないな。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

あっちはどうだ?向こうにまだ何人か残ってる、それにエレベーターの後ろもだ、あそこの構造は隠れられやすいからな!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

おいお前たち、よーく調べてこい!

アーミヤ
アーミヤ

あの兵士たちはどうやら人を探してるようですね。

アーミヤ
アーミヤ

各隊、現在位置を報告してください。

アーミヤ
アーミヤ

……確認しました。

(無線音)

ドクター
ドクター

・どうやらこちらを探してるようではなさそうだ。
・こっちはまだバレていないようだな。

アーミヤ
アーミヤ

そうですね。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、出発する前にケルシー先生と行ったシチュエーション演算テストを憶えていますか?

アーミヤ
アーミヤ

そこで一つの可能性ですけど、ロンディニウムとヴィクトリアの各地に配置したこちらの隠密トランスポーターは失敗に終わってしまった。

アーミヤ
アーミヤ

彼らから正確な情報が届くことはなく、ロドスの動向はすべてテレシスによって掌握された、そういった可能性が見えてきました。

アーミヤ
アーミヤ

であれば、私たちがロンディニウムに入った途端、テレシスの親衛隊は私たちの目の前に現れるはずです。

アーミヤ
アーミヤ

ただ今の状況はそれとは違うようで……

ドクター
ドクター

・てっきり私たちを待っているのは聴罪師のほうだと思っていた。
・……
・そこまでズボラじゃないだろ、私たちは?

アーミヤ
アーミヤ

私もドクターと同じ考えです。

アーミヤ
アーミヤ

テレシスはまだ私たちがここに辿りついたことを知らない。でなければ、ここまで順調に来ることはありえません。

アーミヤ
アーミヤ

となれば、目の前にいるあのサルカズ兵たちが探しているのは、おそらくたまたまここで私たちと一緒にいる人たち……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

――!

アーミヤ
アーミヤ

えっ、トーマスさん……?

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

アーミヤさん、トーマスさんが急に走り出した、あとちょっとで逃げられるところでしたよ!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

は、離してくれ、ここに居ちゃまずい……

アーミヤ
アーミヤ

トーマスさん、勝手な行動はおやめください!とても危険ですので!

アーミヤ
アーミヤ

オペレーターに頼んでここから護送するとは約束しましたけど、ただ申し訳ありません、当面はまだ……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

いってッ!

アーミヤ
アーミヤ

ま、待ってください、オペレーターの武器を奪っては――!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

すまねぇ、だが俺は、まだ死にたくないんだ!

(ロンディニウム市民が走り去る)

アーミヤ
アーミヤ

一体なにが……

ドクター
ドクター

・答えは明らかだ。
・兵士が自分を探していると思っているんだ。

アーミヤ
アーミヤ

……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

俺だってこんなことはしたくないさ……俺はただ半年もの間サルカズのために道案内しただけの運転手なのに!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

俺のキャンディ工場を奪った上に、モノを運ぶように無理強いしやがって、おまけに都市の外にはまだ養わなきゃならねぇ両親と子供がいる……それでどうしろって言うんだよ!?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

あの日チラッと、チラッと見たんだ、それがさまかアイツら、あんなものを俺の工場で作りやがって……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

そっから俺は追われる身だ、俺には分かるよ、アイツらに捕まったら絶対に殺されるってな!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

なんでどいつもこいつも俺目当てなんだよ……そんなんじゃ俺はどこに行こうが死ぬしかねぇじゃねぇかよ!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

俺はもう……このままジッとしてるわけにはいかないんだ……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

トーマスさん!

アーミヤ
アーミヤ

やめてくださいホワイトホールさん!追いかけたら私たちもバレてしまいます。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

は……ハハ……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

そうだ……ロンデニウムから抜け出せば……もうこの際だ、外にいるダブリンの連中なんかも放っておけばいい……

???
???

へぇ~?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ぐあッ――!

ダブリン兵
ダブリン兵

……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

なッ……そんなまさか……お前たちは……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ダブリンはね、あんたが好き勝手放っておいていいもんじゃないのよ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

――そいつを捉えなさい。

タイトルとURLをコピーしました