アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-3「こうべを垂れよ」行動後 翻訳

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

アーミヤさん、このままだとトーマスさんがまたダブリンの手に渡っちまいますよ!

アーミヤ
アーミヤ

……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

いっそ助けにいったほうが……

インドラ
インドラ

面倒臭ぇ野郎だな!

インドラ
インドラ

俺がとっとと連れ戻してくる。

ダグダ
ダグダ

……ダメだ。

インドラ
インドラ

手ぇ放せよ?あの人は俺たちが救出してきた人だろうが?

ダグダ
ダグダ

状況が変わった。敵がいる前でシージの存在をバラすわけにはいかないだろ。

インドラ
インドラ

じゃああいつは放っておけって言うのかよ?そんなの俺たちグラスゴーギャングのやり方じゃねぇぜ!

モーガン
モーガン

二人共、ここでケンカはやめなさい。

モーガン
モーガン

ヴィーナ、どうする……?

シージ
シージ

……ドクターとアーミヤの指示に従う。

アーミヤ
アーミヤ

――

アーミヤ
アーミヤ

狙撃オペレーター、ターゲットを捕縛している敵を狙ってください!

ドクター
ドクター

あの術師がカギだ。

アーミヤ
アーミヤ

術師……

アーミヤ
アーミヤ

術師……そうだドクター、思い出しました。

アーミヤ
アーミヤ

Miseryさんからの情報とバグパイプさんの報告によれば、彼女がロンディニウムにいるダブリン部隊の頭領のはずです。

アーミヤ
アーミヤ

……つまりヒロック郡で起きた事件の首謀者の一人でもあります。

アーミヤ
アーミヤ

ロドスはOutcastさんの犠牲をすべて彼女一人になすりつけるつもりはありませんが、Miseryさんもバグパイプさんも、こちらのオペレーターたちの多くは彼女に猛烈な敵意を抱いているのも事実です。

ドクター
ドクター

マンドラゴラか。

アーミヤ
アーミヤ

バグパイプさんが言うには、とても厄介な相手とのことです。

アーミヤ
アーミヤ

今ここでダブリンと交戦し、トーマスさんを救助した上で、マンドラゴラという今後の行動に甚大な影響を及ぼす強敵を排除することならできます。

アーミヤ
アーミヤ

しかし……

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

サルカズ兵が寄ってきました!

アーミヤ
アーミヤ

……もう間に合いませんね。

アーミヤ
アーミヤ

各隊、引き続き身を潜めてください――

アーミヤ
アーミヤ

それからいつでも戦闘できるよう準備もしておいてください。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……こっちで何かあったのか?騒がしいぞ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ッ……

ダブリン兵
ダブリン兵

……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ほほう、誰かと思えば、売国奴じゃないか。

ダブリン兵
ダブリン兵

その名で我らを呼ぶな。

ダブリン兵
ダブリン兵

我々は一切ヴィクトリアとは無関係だ、魔族め。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

なら――テメェは誰の許しを経てその呼称で俺たちを呼んでいるんだ?

ダブリン兵
ダブリン兵

フッ……追い立てられた有象無象風情が、たかが混乱に乗じて他人の都市を奪っただけなのに、さも自分がロンディニウムの主人とでも勘違いしているのか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

フフ、俺たちがテメェら同様、ロンディニウムを気に掛けている、とでも思っているらしい。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

そりゃここはキレイだし整備もされているもんな?死の匂いだってない。だが言わせておくが、こんな都市も廃墟になったほうがまだサマになるってもんだ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

サルカズがここにいるのはな、あくまで魔王がここにいるからに過ぎないんだよ。

アーミヤ
アーミヤ

……魔王?

ドクター
ドクター

・テレシスのことか?
・摂政王も堪らず自分に名を冠するようにしたのか?

アーミヤ
アーミヤ

……まだ関連する情報を入手していないのでなんとも言えませんね。

アーミヤ
アーミヤ

ただ、数々の情報はどれもある既存の事実を指し示しています、かつてテラの至るところに分布していたサルカズたちが今ロンディニウムへ集ってきているという事実を、私たちがよく知る一般の傭兵だけが引き寄せられているのではありません。

アーミヤ
アーミヤ

さらに古く……強大な力が今、この都市の中心に居座っています。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、感じるんです。

アーミヤ
アーミヤ

この辺りに来た後、私たちが一歩一歩進んでいくにつれ、私の心の中に流れ込んでくる……私の思考に纏わる付いてくる情緒が躍起になり、さらに激しさを増していくのを感じるんです。

ドクター
ドクター

・アーミヤ!
・平気なのか?

アーミヤ
アーミヤ

平気です、ドクター。

アーミヤ
アーミヤ

ただ……あの一瞬……私なんだか……

アーミヤ
アーミヤ

あのサルカズたちが“君主”を呼んだ時、私の中に流れ込んでいた情緒……その中のほんの一部が、弾け飛び、そっと私を掴んだように感じました。

アーミヤ
アーミヤ

ごめんなさい、どうやって言葉にすればいいか……

ドクター
ドクター

それについては少し話し合ったほうがいいな。

アーミヤ
アーミヤ

私も時間をかけてドクターと話し合いたいとは思っていますよ……けど今じゃありません。

アーミヤ
アーミヤ

もし本当に……サルカズの君主が今のロンディニウムを掌握していたとしても、私たちの使命に変わりはありません。

アーミヤ
アーミヤ

戦争を阻止する、そのために私たちはここに来たんですから。

アーミヤ
アーミヤ

彼らが今なにをしようとしているのか、何を企んでいるのかをはっきりと見定めましょう。

アーミヤ
アーミヤ

――テレシスが自分にどんな名を付けようが、関係はありません。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

つまり、死体を包む打覆いみたいに臭くて長ったらしい俺たちの協力関係は終わりということでいいんだな、ダブリン?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ならさっさとそいつをこっちに渡せ。

ダブリン兵
ダブリン兵

なぜお前たちに渡さなきゃならないんだ?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

俺たちがテメェら先祖代々伝わってきた土地を管理してやっているからだ。

ダブリン兵
ダブリン兵

貴様――!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

やめなさい。

ダブリン兵
ダブリン兵

マンドラゴラ長官……!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あんたもよ。サルカズ、あんたもそこまでにして。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

テメェのことは知っているぞ、フェリーン、そいつらの指揮官だな。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

だがなんでテメェの指図に従わなきゃならねぇんだ?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

私が聖王会の西方大聖堂に行ったことがあるからよ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ハハハ、聞いたことあるぜ、お前殿下に会おうとしたが、追い出されちまったんだよな。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

サルカズからすれば自分はナニかしらの価値があるとでも勘違いしてやがんのか?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、あのまま魔族に侮辱されていいのですか?

ダブリン兵
ダブリン兵

私はもう耐えられません、ロンディニウムに来てから、我々は毎日毎日この薄汚い劣等種族に……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あんたはもう黙ってて。

ダブリン兵
ダブリン兵

本来ならリーダーをお呼びすることだって……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

黙っててって言ったでしょッ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

いいかしらサルカズ、あんたがどれだけ煽ったところで、私はここから離れるつもりはないわ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ダブリンはサルカズの客人、あんたらの殿下、そしてその殿下の側近たちから直々に言われたことよ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

俺たちサルカズが礼儀を弁えない“客人”をどうもてなすのか、どうして知りたいようだな?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

じゃあ私たちの中には少なくとも礼儀を弁えてる人もいるってことね。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そっちの王様と将軍とは約束してるの、ダブリンがロンディニウムの中央に足を踏み入れることはないって。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

けどそれは、あんたらがここで私たちを足止めにする理由にはならないわよ、サルカズ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

それともあんたら魔族は最初から信義に背くことを是としたり、“約束を守る”って言葉も知らないのかしら?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

フッ、威勢だけはいいフェリーンめ……テメェらとお友だちになれって命令さえなければ、とっくに今ここでぶった斬ってやってたぜ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ケンカに夢中で本来の目的を忘れていたのなら、そのサルカズはとっくに戦場以外のバーで死んでいたさ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

俺たちがここに来たのは言うことを聞かない虫けら共を探しにきたためだ、コソコソと周りに隠れたクソ虫共が調子に乗って、そこら中で俺たちの妨害をしてくるもんでな――

アーミヤ
アーミヤ

どうやら、サルカズたちはトーマスさんを探していたようじゃありませんね。

アーミヤ
アーミヤ

まさかトランスポーターが言っていた、私たちの任務を手助けしてくれる仲間を探しているのでしょうか?

アーミヤ
アーミヤ

もしその人たちなら、確かにサルカズから目の敵にされてもおかしくはありませんね。

アーミヤ
アーミヤ

仮にここにいるのなら、私たちで助け出さないと……

ホルン
ホルン

……人の流れが止まった。

ホルン
ホルン

争いの騒ぎが聞こえるけど、サルカズたちが誰かと衝突を起こしたらしいわね。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉、例の制服を着た連中が見えました……ダブリンです!

ホルン
ホルン

……あいつだわ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉が言ってた例のダブリンの術師ですか!?

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

なっ……なんであいつがここに……

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

何人もの仲間があいつに殺されました。あいつはどこからか湧いて出てきた石柱に人を串刺しにするんです、サルカズよりも惨い!

ホルン
ホルン

知ってるわ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉も相手したことがあるんですか?なら……あなたはダブリンからこんなにも多くの仲間を助けてくださったのですから、きっとあいつを倒したことだって……

ホルン
ホルン

負けたわ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

……それでも、あなたはあいつの魔の手から生き延びた、それだけでも大したことですよ。

ホルン
ホルン

あいつがなんであの時、私をすぐに殺さなかったのかは分からないけど……少しだけ見当はつく。

ホルン
ホルン

ロンディニウム外にある駐屯地で、あいつらはとある伯爵のトランスポーターと数度に渡り秘密裏に顔を合わせたことがある。

ホルン
ホルン

多分だけど、あいつはわざとその情報を私にバラしたんだわ。

ホルン
ホルン

……それかあいつじゃないのかもしれないわね。私の祖父とその伯爵の父君がかつての親密な戦友だったって情報を、あいつが知るはずもないもの。

ホルン
ホルン

それとその伯爵……記憶が正しければ、彼は昔、とある公爵の従者だったはず。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

中尉……

ホルン
ホルン

ごめんなさい、あなたたちの前で言うような話題じゃなかったわね。

ホルン
ホルン

ずっと長い間都市の……暗いところに隠れていたの、そこの下水道にいるカニたちと話し相手するのに、慣れちゃって。

ホルン
ホルン

あの頃は、他人が気を落とすような話をしても気にする必要がなかったから。

ホルン
ホルン

だから忘れないようにしていたの、繰り返し口に出すことで。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

いやいや中尉、別に聞きたくないって意味じゃありませんよ!

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

むしろもっと教えてほしいです、はやく知りたいんですよ、一体誰がこの惨状のすべてを操って、私たちをこんな目に遭わせているのかを!

ホルン
ホルン

私の記憶にあるその公爵だけど、彼は今ロンディニウムにはいないわ。むしろ……彼は一度もこの空白の王位を気にしたことはないのかもしれないわね。

ホルン
ホルン

もし彼が裏でダブリンを支えてる支持者だとしたら、色々と辻褄が合う、けどそれは同時に、いま私たちの目の前にある危機がさらに難解なものになることを意味する……

ホルン
ホルン

よく聞いて。私がこれまでに何を話していようが、あれはただの憶測にすぎない。それでもまだ聞きたいというのであれば、一先ずは場所を変えてからにしましょ。

ホルン
ホルン

……その時にまだ、あなたたちが私と一緒に陰へ足を踏み入れてくれさえすればの話だけど。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

今じゃダメなんですか?

ホルン
ホルン

今は――どうにかしてここから脱出するのが先決よ。

ホルン
ホルン

ダブリンはずっとサルカズからナニかを奪おうと、あるいは人を取り返そうとしている、だからサディオン区のあちこちに拠点を築いているのよ。

ホルン
ホルン

あなたたちみたいなサルカズに囚われた兵士以外にも、ヤツらはサルカズと関わったことにある平民たちをも連れていったことがあるわ。

ホルン
ホルン

マンドラゴラがどういう目的を持っているかは知らないけど……

ホルン
ホルン

ダブリンとサルカズが衝突を起こせば、チャンスよ。

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

どうやらすでに策があるようですね。

ホルン
ホルン

ロッベン、渡したハンドボウガンはちゃんと袖に仕込んでおいた?

ヴィクトリア兵
ロンディニウム市民?

もちろんです、中尉!

ホルン
ホルン

よし、ではあのダブリン兵を狙って、あのサルカズの隣にいるヤツよ。

アーミヤ
アーミヤ

どうやらダブリンも譲歩しない様子ですね。

アーミヤ
アーミヤ

サルカズだっていつまでも堪えられるわけではありません、このままでは一触即発です。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、こちらもそろそろプランに移りましょう。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

おい、さっさとそいつをこっちに寄越せ、でなければ大人しくここで死ね――お互いスッキリさせようぜ、なあ?

ダブリン兵
ダブリン兵

……長官、もういっそのこと……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ダメよ。

ダブリン兵
ダブリン兵

なぜですか……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ダメったらダメ。

ダブリン兵
ダブリン兵

これでサルカズとの関係が決裂になってもですか?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

向こうの言い分はあんたも聞いたでしょ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

私たち……いつからお友だちになったわけ?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

そう来なくっちゃな、お前から言い始めたことなんだから恨むんじゃねぇぞ?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

――このダブリンの弱腰どもを囲め!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ダブリンにとって、この人は必要不可欠よ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ここでこいつを連れていけないのなら、こいつをここで始末するしかない。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うわあああああ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

黙ってて、うっさいのよ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なんならこのサルカズ共も巻き添えにしてやろうかしら……

???
???

そろそろオレたちの出番か?

???
???

待って待って、ドローンがまだ調整してるから。

???
???

いやでも見ろよ、動かないとあの人もう殺されちまうぞ。

???
???

もうすぐだから……直線距離からして17m……16m……15m……

???
???

もうちょい近づけたほうがいい、でないと狙いづらいだろ?

???
???

いやダメだよ、これ以上近づけたらバレちゃうって!

???
???

信じろ、絶対大丈夫だって、失敗したらオレの頭を釘みたいにぶっ叩いてもいいからさ――もうちょいドローンを東にズラせ、それでちょうど日差しでドローンの羽が反射されて見えなくなるから……

???
???

ロック5 号、アタックシークエンス起動!

ホルン
ホルン

頃合いね。

ホルン
ホルン

ロッベン、やって!

(クロスボウの射る音)

(クロスボウの射る音とドローンの攻撃音)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ぐぐぐ――ぐはッ!

(サルカズの戦士が倒れる)

ダブリン兵
ダブリン兵

うぐッ……

(ダブリン兵が倒れる)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

この野郎、不意打ちしやがったな!?

ダブリン兵
ダブリン兵

なに言ってるんだ?先に仕掛けてきたのは貴様らのほう――

サルカズの戦士
サルカズの戦士

反撃だ!撃ち返せ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

サルカズの血に染まった野郎は、それ以上の血をもって償わせてやる!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ここにいる連中は一人残らず殺せ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

言っておくけど、先に手を出したのはそっちだからね。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

――やれ、この場にいるサルカズは皆殺しよ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

絶対に生きて返すな。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

魔族共のボスに今日ここで起こったことを知られるわけにはいかないわ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ぎゃあああああ――!

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

た、助けてェ!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

アーミヤさん、サルカズとダブリンの交戦範囲内で多くの一般人が巻き込まれています!トーマスさんだけじゃない……みんなどこにも逃げ場がありません!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

サルカズもダブリンも一般人が死んでいようが眼中にありませんよ!

シージ
シージ

……

シージ
シージ

ドクター、アーミヤ、すまないがこのまま見てるだけではいられん。

シージ
シージ

……私にはできない。

ドクター
ドクター

もうほかに選択肢はない。

アーミヤ
アーミヤ

分かりました。

アーミヤ
アーミヤ

全オペレーター、これより作戦目標を――変更します!

アーミヤ
アーミヤ

非戦闘員は引き続き身を潜めてください、戦闘員は安全を確保した上で、人員救助を!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

……背後から矢が飛んできただと?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

あの平民の恰好をしてる野郎……違反武器を所持していやがる!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

何かがおかしい、いや、エレベーターのとこにも敵がわんさか隠れていやがったな!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ハッ……シッポを捕まえたぞ、このクソ虫共が。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

やはりここにもレジスタンス共がいたか――

サルカズの戦士
サルカズの戦士

今すぐマンフレッド将軍に報告しろ!

タイトルとURLをコピーしました