アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-4「銃声の警告」行動後 翻訳

ダブリン兵
ダブリン兵

うわあああ!エレベーターが落ちて――

ダブリン兵
ダブリン兵

も、もうちょっとで、お、俺の足が……

(マンドラゴラが石柱を浮かす)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……掴んでなさい。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

私にじゃなくて、私の柱に掴んでなさいって言ったのよ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

このグズが……私まで巻き込まないでよね!あんたらを乗せたせいで、こっちは浮くことすらギリギリなんだから!

ダブリン兵
ダブリン兵

ちょ、長官……ありがとうございます……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

次はもっとキビキビと避けなさいな、面倒をかけるんじゃないわよ。

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、危ない!

(砲撃音)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

これは……砲撃?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

いや、一般的な榴弾砲より威力が段違いだわ……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……それに、狙ってるのはここの小さな範囲だけ?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

マンフレッドぉ……最初からそのつもりだったのね!?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

魔族のクソヤロウが、汚い手を使って!

(砲撃音)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

全員、今すぐ手を止めなさい!あのサルカズならもう追わなくていい、それにあのドライバーは……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……もう死んだわ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ツいてないわね、まったく……

ホルン
ホルン

……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア市民?

中尉、あ、あれは一体……

(砲撃音)

ホルン
ホルン

…………

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア市民?

どうして都市防衛用の砲台が……

ホルン
ホルン

……ロンディニウムの防衛城壁はすでに建てられて七十年は経つ。

ホルン
ホルン

初めて見たわ……

ホルン
ホルン

壁にある防衛砲台が、市内に……狙いを定めたのは。

マンフレッド
マンフレッド

悪くない威力だ。

マンフレッド
マンフレッド

1割程度の火力だけで、こうもあっさりと一般的な構造を融解させられるとは。

ヘドリー
ヘドリー

……ロンディニウムの都市防衛兵器だからな。

マンフレッド
マンフレッド

だがこれはまだ副砲にすぎない。

マンフレッド
マンフレッド

こちらの兵器類のスペシャリストが言うには、仮に主砲であれば、どの高速戦艦の装甲であろうといとも簡単に貫くことができるとのことだ。

ヘドリー
ヘドリー

兵器類のスペシャリスト……あの都市防衛軍所属の工兵部隊の人か?

マンフレッド
マンフレッド

お前がヤツとヤツの妻と娘を捕らえてくれたおかげだな。

ヘドリー
ヘドリー

……彼はまだ生きていたのか?

マンフレッド
マンフレッド

サルカズの役に立つのであれば、死にはしないさ。

マンフレッド
マンフレッド

砲手、11号エレベーターを狙え。

(チャージ音と砲撃音)

マンフレッド
マンフレッド

……外したか。

マンフレッド
マンフレッド

惜しい、まだまだ精度は改善しなければならないな。

ヘドリー
ヘドリー

この砲台は本来、外に向けられて作られたものだから仕方がない。

マンフレッド
マンフレッド

外、か……確かに、我々がロンディニウムに入る前、この砲台は市外にいる大公爵の軍に狙いを定めていた。

マンフレッド
マンフレッド

我々が公爵同士の諍いを鎮める大義名分を掲げて市内に入った時、砲台は一度たりとも我々に照準を向けることはなかったんだが――

マンフレッド
マンフレッド

そんなものが外に向けられていると言えるのか?

ヘドリー
ヘドリー

ガリアは敗れ、イベリアが沈黙した後、ヴィクトリアはもう長い間、外敵と向き合わなくて済むようになったもんだからな。

マンフレッド
マンフレッド

ああ、そのために殿下は我々にこのチャンスを設けてくれた。

マンフレッド
マンフレッド

これほど立派に作られた兵器なのだ、ここで門の装飾品として飾られるのではなく、本領を存分に発揮しなくては宝の持ち腐れだ。

マンフレッド
マンフレッド

砲手、ターゲットの追跡モードを起動しろ。

マンフレッド
マンフレッド

よろしい、今度は上手くいったな。

(チャージ音と砲撃音)

マンフレッド
マンフレッド

この砲台たちの向きを揃えるだけでも、我々は一か月もの時間を費やしてしまった……

マンフレッド
マンフレッド

だがその努力も大方は報われた。

マンフレッド
マンフレッド

この兵器を手中に収めたということは、我々は正真正銘ロンディニウムの玄関口を掌握したということになる。

マンフレッド
マンフレッド

今後すべての砲台も調整し終えたら……もはや鉄筋コンクリートの草陰に隠れられる者などいまい。

ホルン
ホルン

どうやら砲撃はダブリンに引きつけられているらしいわね。

ホルン
ホルン

じゃあさっきのは……ただの試し撃ちだった?まさかあいつらの目的はただ単に検証したかっただけなんじゃ……

ホルン
ホルン

いや、あいつらの本当の目的はきっとここの出入り口じゃないはず。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア市民?

中尉、どうしましょう?

ホルン
ホルン

……引き続き市内に向かって撤退しましょう。

ホルン
ホルン

ただ……サディオン区のほかの場所も、もう安全とは言えなくなったわね。

ホルン
ホルン

サルカズたちはロンディニウム市の掌握に急いでいる。あの砲台の照準が市内に向けられるようになったら、生きるも死ぬもあいつらの思うがままにされてしまうわ。

ホルン
ホルン

ただ……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

何かお考えですか、中尉?

ホルン
ホルン

なんでもない。行きましょう、話はここを脱出してからよ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ああもう!壁も大砲も鬱陶しいわね!

(マンドラゴラが石柱を生やし、砲撃によって破壊される)

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、岩の柱がまた壊されてしまいました……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

もう……速度が追いつかない!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なにボーっとしてんのよ、さっさと逃げなさい、足が動かなくなるまで逃げるのよ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……私たちをここから追い出そうって魂胆?マンフレッド、よくも私を弄んでくれたわね、いつか見てなさい……

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、見覚えのある人影を見かけました、私たちとは逆の方向に走っていきましたけど……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あいつ……あの茶髪のループスは……あいつだ!?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

ヤツを止めなさ――ギャッ!

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、危ないッ!!

(砲撃音)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あんたなにバカなことしてんのよ!?

ダブリン兵
ダブリン兵

長官、ここは私が盾になりますので、どうか、はやくお逃げください……あなたはまだリーダーに代わって……探し出す重要な任務が……

(ダブリン兵が倒れる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……分かった。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あんたで十三人よ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

十三人目のターラー人の命。リーダーに代わって私が憶えておくわ、いつか必ず、この手で、あのサルカズに倍返ししてやる。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍、ダブリンの部隊が完全に瓦解しました。

マンフレッド
マンフレッド

こちらも確認した。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

しかしまだレジスタンス共は発見できておりません……あのズル賢いクソ虫共め!ひょっこり顔を出したと思えば、砲台が起動した後にまたすぐさま姿を消しやがった。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

まさか、もうすでにやられていたとか?

マンフレッド
マンフレッド

お前はそう思うのか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

いえ……あの連中がそう易々とやられるとは思いません。

マンフレッド
マンフレッド

分かればいい。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ではヤツらは人混みに混じったのでしょうか?巡査部隊に連絡し、引き続き一般人たちを止めて捜査に当たらせますか?

マンフレッド
マンフレッド

必要ない。

マンフレッド
マンフレッド

このまま検問所を砲撃し続けろ。そうだ、威力も上げておけ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

威力を上げるのですか?しかし検問所はすでにほとんど粉々ですよ、あそこにまだ誰かが隠れているとは到底……

マンフレッド
マンフレッド

ヤツらならもうここにはいないはずだ。それに、剣を半ばまで抜いて鞘に収めるサルカズなど見たことがあるか?

マンフレッド
マンフレッド

この際だ、やったからにはヤツらに見せてやろうじゃないか、我々はどこまでやれるのかを。

ヘドリー
ヘドリー

……わざとあいつらの前で力を誇示しているんだな。あいつらの退路を断ち、陰から追い出すために。

マンフレッド
マンフレッド

かくれんぼにしては時間がかかり過ぎたもんでな。私はまだ遊んでやれるが、いかんせん両殿下と諸王宮はもう待っていられないご様子だ。

マンフレッド
マンフレッド

誰でも構わんが、何か企んでいるのなら早めに手を打ち出してもらいたいものだよ。

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、もうここに安全な場所はありません!

アーミヤ
アーミヤ

私たち全員がこの区画の下層に潜ったとしても……

(砲撃音)

クロージャ
クロージャ

……いつでも穴ボコにされちゃうよ!

クロージャ
クロージャ

軽く計算してみたんだけど、あの砲台が本気を出したら、アタシ達の頭上にあるこの外壁の基盤どころか、まともな移動都市の区画だって貫いちゃうよ!

クロージャ
クロージャ

シージ、キミたちロンディニウムの大砲はホントクレイジー極まりないよ!

シージ
シージ

……私もあれほど大規模に稼働したのは初めて見た。

クロージャ
クロージャ

じゃあアタシらってそれなりに歓迎されてるってことかな?

シージ
シージ

もっと熱烈な歓迎を受ければ、城壁から50km外にいても木端微塵になるだろうな。

クロージャ
クロージャ

うっ……

(砲撃音)

クロージャ
クロージャ

ああああもういい加減にしてよ――!

クロージャ
クロージャ

アーミヤ、この基盤を支えてるウチのドローンたちもそろそろ限界だ、このまま撃たれ続ければ、遅かれ早かれみんな仲良く木端微塵だよー!

アーミヤ
アーミヤ

どうにかしてここから脱出しないと。

アーミヤ
アーミヤ

ダブリンたちも最速で撤退していますね……けど彼らはアーツでの被造物で身を守っています、負傷した兵士は見捨てていますけど……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うぅ……ひっく……どうして私たちがこんな目に……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

もしかして私たちはここで死ぬの?

シージ
シージ

ここにいるロンディニウムの市民たちを放っておくわけにはいかん。

(無線音)

アーミヤ
アーミヤ

偵察隊、砲手は見つけましたか?

アーミヤ
アーミヤ

見つからない、そうですか……

(砲撃音)

シージ
シージ

砲手ならおそらく見つからないだろう。

シージ
シージ

ロンディニウムの都市防衛砲台といま目の前にあるこの城壁は一体だからな。

アーミヤ
アーミヤ

……つまり、城壁に登ったり、あるいは内部に入らない限り、この砲撃を止めることはできない、ということですか?

ドクター
ドクター

・この砲撃に耐えながら登るのは無理だ。
・城壁内のルートがまだ見つかっていない。

インドラ
インドラ

でもここに隠れて続けて死ぬのを待つわけにもいかねぇだろ!

インドラ
インドラ

なんなら俺が砲撃を惹きつけてやろうか?俺なら少なくとも数分間は惹きつけられると思うが……

シージ
シージ

ダメだ。

ダグダ
ダグダ

……こいつ一人でダメなら、私も一緒に行く。

モーガン
モーガン

ふざけたこと言わないでくれる?ダグダ、インドラとつるみ過ぎて、あんたまでの脳みそが筋肉になってしまったわけ?

ダグダ
ダグダ

そんなことは……

モーガン
モーガン

誰かが餌になることなんて簡単な話よ、あんたらが今更ここで言い争ってる必要もない。

モーガン
モーガン

吾輩たちが持ってる今の防具じゃ、せいぜい軍が使用してるクロスボウの矢を多くて二発防ぐことしかできない、これでもエンジニア部の仲間たちが数か月頑張って作ってくれた防具なんだからね……

モーガン
モーガン

二人ともそんなに死に急ぎたいのなら、わざわざロンディニウムに来るまでもないわよ!

インドラ
インドラ

……

インドラ
インドラ

わかったわかった、言うことを聞きゃいいんだろ、だがこんなとこでヴィーナがやられるのはゴメンだ、俺は絶対イヤだかんな!

インドラ
インドラ

俺たちはまだ……我が家の玄関すら踏んでいないんだぞ!

(砲撃音)

ドクター
ドクター

・確かに君たちが出て行っても無駄だ。
・そういう話をするにはまだ早い。

シージ
シージ

ドクター、何か思いついたのか?

ドクター
ドクター

ドローンだよ。

クロージャ
クロージャ

ドローン……ほほ~う、なるほどねぇ……ふむふむ、やっぱりそういう理論で行くっきゃないよね~。

インドラ
インドラ

お前なに言ってんだよクロージャ?ドクターは確かに口数は少ないが、それでもかき消すんじゃねぇ、お前のさっきので全部持っていかれちまっただろうが!

クロージャ
クロージャ

ゴメンゴメン、策を練っていたんだよ。

クロージャ
クロージャ

この防衛砲台は中々なスマートな機能だね、こんな広大な射程範囲を持ってるんだから、完全に手動でいちいち狙いを定めてるわけがない、だからきっと何かしらの方法で地面付近を動いてるターゲットにロックオンしているはずだ。

クロージャ
クロージャ

一人や二人が惹きつけたところで、そりゃ照準をウチらの頭上から退けることはできないさ。

クロージャ
クロージャ

けどアタシのドローンを全部飛ばしたら、エイム機能は一般人の頭数も加わったアタシ達の小隊以上にドローンたちを脅威として判断するかもしれない……

インドラ
インドラ

結局もしもの話かよ。

クロージャ
クロージャ

そりゃ保証できる人なんていないからね!

(砲撃音)

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

クロージャさん、固定が外れてしまいました、ドローンたちが受け止められる重量の数値がオーバーしています!

ロドスオペレーター
ロドスオペレーター

このままだと30秒もしないうちに、基盤が崩れるかと……

アーミヤ
アーミヤ

もう試してみるしかありませんね。

アーミヤ
アーミヤ

全員ドクターの指示に待機して、脱出する準備をしておいてください。

クロージャ
クロージャ

5、4、3――

クロージャ
クロージャ

2――

ドクター
ドクター

今だ!

(ドローンが大量に飛んでいく)

クロージャ
クロージャ

ドローン発射ァ!

アーミヤ
アーミヤ

みなさん走ってください!

(砲撃音)

アーミヤ
アーミヤ

……成功、した?

シージ
シージ

これはまだ序の口だ、私たちは元いた場所からほんの少し移動しただけに過ぎない……ここの基盤構造も長くは持たないぞ。

クロージャ
クロージャ

それにもう次のチャンスなんてモンはなくなっちゃった、アタシの可愛いドローンたちはみんなペシャンコだ、いくらアタシでも一個一個元通りには直せないよ……

アーミヤ
アーミヤ

前も後ろも安全ではありませんので、砲撃されてる区域から脱出するには、相変わらず大きなリスクが伴いますね。

アーミヤ
アーミヤ

ここから回り道があればいいのですが……

???
???

道をお探しかい?

アーミヤ
アーミヤ

え?

シージ
シージ

誰だ!?

フェスト
???

そこのコータスさん、ちょいと話をしましょうよ。

フェスト
???

でもその前に、できればそっちの部下たちに武器を下ろしてくれねぇかな。

アーミヤ
アーミヤ

あなた――一体何者ですか?

フェスト
???

自己紹介なら後してくれ。

フェスト
???

鉤爪の、刀持ちの、それからその……えっと、ハンマーを持ってるレディのお方?かっこいい武器なんだが、今はオレの頭からそれをどけてくれないか?

シージ
シージ

……

フェスト
???

さもないと、お前らのそのお友だちが危ない目に遭うかもしれないぞ。

アーミヤ
アーミヤ

――ドクターが!?

ドクター
ドクター

・え?なにが?
・……
・私のことか?

フェスト
???

おっと、全員そいつに近づくんじゃないぞ。

フェスト
???

一歩でも近づいたら、お友だちの後頭部がその場でキレイな花を咲かせることになるぜ。

クロージャ
クロージャ

あ、アーミヤ、ドローンだよ……!

クロージャ
クロージャ

みんな気付かないうちに、一機のドローンがコッソリとドクターの後頭部に回っていたんだ!

フェスト
???

尖がり耳のお嬢さん、よく分かってるじゃないか。

フェスト
???

実を言うとな、お前たちのことがかなり気になっているんだ。

アーミヤ
アーミヤ

……

アーミヤ
アーミヤ

みなさん、武器を下ろしてください。

フェスト
???

うんうん、そう来なくちゃな。あと隅っこから狙ってるクロスボウも忘れずに頼むよ。オレがお前らの前に現れてから、そっちの狙撃手は一瞬たりとも瞬きしていないんじゃねぇのかな。

アーミヤ
アーミヤ

……彼の言う通りにしてください。

フェスト
???

助かるよ。

アーミヤ
アーミヤ

――あの。

アーミヤ
アーミヤ

私たちは決して見知らぬ人に危害を加える者ではありません、どうか信じてください。ただし――

アーミヤ
アーミヤ

ただし今あなたの目の前にいるその人に危害を加えるものなら、武器に頼らずとも、私は今ここで、すぐさまあなたを半身不随にしてやれることもお忘れなく。

フェスト
???

オホン……

クロージャ
クロージャ

うわあああ!もう危なっかしすぎるよここ!手を出す前にみんな吹っ飛ばされる可能性のほうが大だってば!

フェスト
???

その通りだ、サルカズたちの汚ねぇ花火にされたくなければ、こんなところでお互いの眉間に指を差すヒマなんざないと思うぞ。

フェスト
???

だからここは穏便に、抵抗を諦めて、オレと一緒に来てもらいたい。

フェスト
???

ただ目的地に到着するまで、このお友だちは借りておくぜ――

ドクター
ドクター

・そりゃないだろ。
・……
・拒否権は?

フェスト
???

すまなねぇな、しばらくお前に選べる権利はない。大人しくついて来てもらうぜ、顔無しさん。

タイトルとURLをコピーしました