アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】10章 破砕日輪 10-12「怨恨の果ては」行動後 翻訳

アーミヤ
アーミヤ

ドクター、様子がおかしいです、さきほどのサルカズ兵たちはまいたはずですよね……

ドクター
ドクター

・続々とやってきているな。
・まるでこちらの居場所がバレてるようだな。

アーミヤ
アーミヤ

クロージャさん、こちらの通信回線がジャックされてる可能性は?

クロージャ
クロージャ

アタシがわざわざ回線装置に防止処置を三重も施してるからそれはありえないよ、アーミヤちゃん!サルカズ側にそんなテクがあったら、ロドスはとっくにテレシスに百回は攻め落されているってば!

アーミヤ
アーミヤ

……クロージャさんの言う通りかもしれませんね、ドクター。

アーミヤ
アーミヤ

だとしたら向こう側は、きっとなんらかの方法でこちらの居場所を特定してるのかもしれません……

フェスト
フェスト

アーミヤ、もうすぐ合流地点に到着だ!

フェスト
フェスト

六番隊と合流できりゃ、地下で待機してくれてる引き継ぎ部隊と連絡が取れる。それに地下に潜れば、これ以上サルカズたちに追われることも……

シージ
シージ

……そこの中継地点にはもう行かないほうがいい。

フェスト
フェスト

え?そりゃなんで……って待て、シージ!?なんでここにいるんだ?

シージ
シージ

……

シージ
シージ

六番隊は……

フェスト
フェスト

六番隊がどうした?それになんだよその顔は……おい、インドラ、お前手に血が!?

インドラ
インドラ

六番隊は……全滅した。

フェスト
フェスト

全滅って……そんなバカな!六番隊は後方で待機してくれてるんだろ、なんでサルカズとかち合ってんだよ?

シージ
シージ

今はそれを考えてる暇はない。

シージ
シージ

ドクター、六番隊が全滅した原因だが……我々が見てきたあのサルカズ兵たちの仕業ではなかった。

アーミヤ
アーミヤ

それはつまり……

シージ
シージ

六番隊を全滅させた者は、とても恐ろしいアーツを使用していた。亡くなった現場は……さながら屠殺場だ。多くの戦士たちは武器すら手に持っていなかった。

インドラ
インドラ

それは本当にアーツの仕業なのか?

インドラ
インドラ

にわかには信じられねえ!

インドラ
インドラ

俺が見たのは赤いムシみたいなものがそいつらの胸元を引き裂いたとこだ。ヴィーナ、お前だって見ただろ、ありゃアーツじゃねえ、バケモノだぜ!

シージ
シージ

……

アーミヤ
アーミヤ

……只者のサルカズではないことだけは確かですね。

アーミヤ
アーミヤ

撤退するルートを変更しましょう。フェストさん、ほかに撤退できる道はありますか?

フェスト
フェスト

ある。だがあそこに俺たちの仲間は待機しちゃいねえ、万が一サルカズ兵にでも遭ったら……

シージ
シージ

また苦戦を強いられるだろうな。

(爆発音)

ホルン
ホルン

遮蔽物に隠れて!

ヴィクトリア兵
ロッベン

ホルンさん、ありゃ何なんですか!?

ヴィクトリア兵
ロッベン

あのサルカズは爆弾でも投げ込んでるんですか?爆弾らしき物体なんか確認できていませんよ――

ホルン
ホルン

……あれはアーツよ。

ホルン
ホルン

上だ、気を付けて!

ヴィクトリア兵
ロッベン

あれは……見えたぞ……頭上で赤いナニかが一瞬だけ煌めいた!

ホルン
ホルン

後退ッ!退けッ!

(ホルン達の前に雷が降り注ぐ)

ヴィクトリア兵
ロッベン

この落雷みたいなモンがアーツだって言うんですか!?

ヴィクトリア兵
ロッベン

なんて恐ろしいんだ、魔族め……!

マンフレッド
マンフレッド

まだ隠れたままでいるつもりか?

マンフレッド
マンフレッド

お前が言う戦いとは、そんな風に地面を這いつくばることではないはずだろ、白狼?

(マンフレッドが空に赤い光を生み出す)

ヴィクトリア兵
ロッベン

今度は上空に赤い光が五本も現れたぞ!?

ヴィクトリア兵
ロッベン

ホルンさん、このままじゃ反撃なんて――

ホルン
ホルン

いいえ、できるわ。

ホルン
ホルン

いくら強力なアーツを使えど……所詮彼も人よ。

ホルン
ホルン

過去のヴィクトリアは、どうやって次々とサルカズに打ち勝ててきたと思う?

ヴィクトリア兵
ロッベン

それって……

ホルン
ホルン

弾薬ははまだ残ってるわよね?

ホルン
ホルン

じゃあ私が行く、援護して。

ヴィクトリア兵
ロッベン

了解!

マンフレッド
マンフレッド

抵抗と言うには名ばかりだな、取るに足らない――

ホルン
ホルン

今だ……チャンス!

(ホルンが走り去る)

マンフレッド
マンフレッド

アーツが発した衝撃の余波に紛れて逃げるつもりか?

マンフレッド
マンフレッド

そうはさせんぞ。

(爆発音)

マンフレッド
マンフレッド

――!

(ホルンがマンフレッドに突っ込む)

ホルン
ホルン

……言ったでしょ、兵士たちが生きてる限り、私は倒れるわけにはいかないって。

マンフレッド
マンフレッド

やはり私の見る目に狂いはなかった、白狼。よもや逃げずに突っ込んでくるとは。

マンフレッド
マンフレッド

しかし惜しかったな……

(斬撃音)

ホルン
ホルン

――がはッ!

マンフレッド
マンフレッド

サルカズは、なにもアーツだけを武器にしてるわけではないぞ?

マンフレッド
マンフレッド

この剣一本でも――お前たち全員を屠ることは可能だ。

ホルン
ホルン

私に勝つことは……簡単かも、しれない……

ホルン
ホルン

けど私を倒したければ……そう簡単には、いかないわよ……

マンフレッド
マンフレッド

勇敢だな。

マンフレッド
マンフレッド

だが感謝しよう、その勇敢さのおかげで、私も早急にこの戦いを終わらせられるのだからな――

(斬撃音)

直剣が刺さんとするその瞬間、マンフレッドの目の前にいた兵士たちが忽然と姿を消した。
ホルンもまた、まるで身体が溶けたかのように彼女の背後にある壁へ溶け込んでいった、僅かな痕跡すら残さずに。

マンフレッド
マンフレッド

見ないアーツだ……

マンフレッド
マンフレッド

周囲を警戒しろ!

(アーツ音)

マンフレッド
マンフレッド

……何もないところから短刀が現れただと?

マンフレッド
マンフレッド

いや違う、これは“何もないところ”から現れたのではない……

(短刀がマンフレッドを襲いかかる)

???
???

いい反応だな。

マンフレッド
マンフレッド

反応できていなければ、胸にまた穴を一つ開けることになるからな。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

目標を捕捉した!ヤツを狙え!

(サルカズの戦士が斬られ倒れる)

サルカズの戦士
サルカズの戦士

は、速すぎる!撃っても当たらないぞ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

盾だ、とりあえず盾を構えろ、※スラング※、こいつ瞬間移動でもしてるのか!?

(サルカズの戦士が斬られ倒れる)

マンフレッド
マンフレッド

瞬間移動?アーツを発動する際の痕跡すら見えないとは……そんなアーツがあるものか!

マンフレッド
マンフレッド

それとも……ただの目くらましか?

マンフレッド
マンフレッド

ヤツに惑わされるな!全員、一斉射撃だ、狙っていようがいまいが構わず撃て!

マンフレッド
マンフレッド

目の前でこれだけの数に狙われていれば、逃げられるはずもない!

(マンフレッドがアーツを放つ)

マンフレッド
マンフレッド

当たった……のか?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

死体は確認できていません、将軍。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ただ地面がすでにズタボロですので……これ以上どこかに隠れられるはずもないかと。

マンフレッド
マンフレッド

……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍、後ろです!

(斬撃音)

マンフレッド
マンフレッド

私ではお前を殺せないとでも思ったか?貴様が近づいてくるのであれば、こちらとて刃は届くぞ!

???
???

そうかい?

???
???

マンフレッド、さっきはいいことを言ったじゃないか、だが……半分不正解だ。

マンフレッド
マンフレッド

半分?

???
???

サルカズは、なにもアーツだけを武器にしちゃいない――

???
???

――が、得物だけを武器にしちゃいないのも、またサルカズだ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

ぎゃあああ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

地面があり得ないぐらい柔らかくなってる!それに――く、空気が人を食ってやがる!刀が、刀が握れねえ!

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍も、地面に沈んでいますよ!?

マンフレッド
マンフレッド

……全員無闇に動くな、慌てるんじゃない。

マンフレッド
マンフレッド

これはヤツの短刀が産み出したアーツの現象だ、ただのアーツに過ぎない。

???
???

冷静な判断だ、部下を救う……いい将軍じゃないか。

???
???

だが……

(マンフレッドが剣を振り回す)

マンフレッド
マンフレッド

……うぐッ!

マンフレッド
マンフレッド

地面が……胸元まで……

マンフレッド
マンフレッド

剣が……

???
???

お前の剣術なら、俺の攻撃を止めることなど造作もないだろ。

???
???

だが力めば力むほど、地面に飲み込まれちまうぜ。

???
???

こんな結末は……イヤだよな?こんな自滅するような結末は。

マンフレッド
マンフレッド

ごふッ……ゲホゲホッ……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

マンフレッド将軍――!

マンフレッド
マンフレッド

来るなッ!全員その場でいろ!

???
???

イヤならお前の部下みたいに、動かなきゃいい。

マンフレッド
マンフレッド

……それでみすみす貴様に心臓を貫かれるのを待てと言うのか?

???
???

そう簡単にお前は殺せないさ。

マンフレッド
マンフレッド

ごふッ……フッ……

マンフレッド
マンフレッド

なるほど、私を殺すつもりはないのだな?

マンフレッド
マンフレッド

まさかアスカロン以外にも、ロドスにまだ腕利きのサルカズのアサシンがいたことはな。

???
???

俺はアサシンなんかじゃないさ。

???
???

必要がなければ、俺だってサルカズなんかに刃は向けたくないもんでね。

マンフレッド
マンフレッド

ならなぜ我らサルカズの敵に肩入れしているのだ!

???
???

ヴィクトリア人は全員敵……とでも言いたいのかい?

???
???

そうは言うがな……俺は、自分ん家の土地で生き残るために必死に藻掻き苦しんでる、満身創痍な兵士たちしか目に入っちゃいねえよ。

???
???

むしろサルカズを全世界の敵に仕立ててるのは、お前とテレシスのほうじゃないか。

マンフレッド
マンフレッド

以前からつくづく貴様らと話してみたかったと思っていたんだが……

マンフレッド
マンフレッド

その初対面が戦場になってしまったとはな、誠に遺憾だ――

マンフレッド
マンフレッド

――ロドスのエリートオペレーターよ。

マンフレッド
マンフレッド

……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

また消えた?なっ、地面も元通りになったぞ!

マンフレッド
マンフレッド

あと少し……

マンフレッド
マンフレッド

あと少しでヤツを捕らえられた。なんとも奇怪だ……我々の神経を弄くって幻覚を見せる類のアーツではなかった。

マンフレッド
マンフレッド

地面に残ってるこれは、エネルギーが変化させられた後の痕跡か?だとすればまさか……

サルカズの戦士
サルカズの戦士

将軍、全員いなくなっています!あのヴィクトリア兵たちも――

マンフレッド
マンフレッド

フッ……私とゆっくりお喋りして時間稼ぎしていたのは、あの重傷の兵士たちを一人ひとり救出するためだった、というわけか。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

それで……どうしますか?追いましょうか?

マンフレッド
マンフレッド

追いつくと思うか?

マンフレッド
マンフレッド

あと少し――あのような実力を持つ術師からすれば、“あと少し”とは絶対的な失敗を意味する言葉だ。

サルカズの戦士
サルカズの戦士

畜生!本当なら今日ここであの反抗勢力を一網打尽にできたはずなのに、傭兵共の裏切りとワケ分かんねえ術師に邪魔されて全部失敗に終わっちまった!

マンフレッド
マンフレッド

ロドスがこの戦局に……加わったからだろうな。

マンフレッド
マンフレッド

我々は敵対勢力を一網打尽にするチャンスを失ってしまったが、それは向こう側も同じこと、ヤツらもどれだけの損失を蒙ったのだろうな?

マンフレッド
マンフレッド

本来なら潜伏できていたはずだっただが、日の目に晒されるハメになってしまった。戦力が露になったことを言えば、ヤツらにとっても戦術的な大損害だろう。

マンフレッド
マンフレッド

アサシン、空間の幻術を操る術師、そして未だに顔を見せないバンシィ……ロドスはあと、どれくらいの手札を握っているのだろうな?

サルカズの戦士
サルカズの戦士

なにか策がついたのですか、将軍?

マンフレッド
マンフレッド

……行くぞ。ロドスを相手する前に、まずはあの落ち着きのないピエロたちを片付けよう。

(マンフレッドが立ち去る)

Misery
???

一先ずここまで来れば安全だ。

ホルン
ホルン

……ここは、工場団地の外にある街道?

ホルン
ホルン

ナイフで空間を……切り開いた?

Misery
???

あんまり目を過信するんじゃないぞ。目は空間以上に騙されやすいからな。

ホルン
ホルン

……

ホルン
ホルン

またあなたに、助けられてしまいましたね。はっきりとは目では憶えていませんが、それでも私の直感があなただと教えてくれます。

ホルン
ホルン

一体、あなたは誰なんですか?

Misery
???

Miseryだ。ロドスのMisery。

ホルン
ホルン

ロドス?

ホルン
ホルン

ごめんなさい、あまりロドスのことは……

Misery
Misery

いいさ、いつかはあのバグパイプから教えてもらえるかもしれないからな。

ホルン
ホルン

バグパイプ?

Misery
Misery

彼女は今じゃ俺たちの同僚みたいなもんでな。

Misery
Misery

それに……俺の親友の、最期にできた友だちらしいじゃないか。

ホルン
ホルン

聞く限り、こちらは色々と情報を逃してるようですね。

ホルン
ホルン

バグパイプの名を聞けて嬉しく思いますが、その前にもう一度あなたとロドスに感謝を述べさせてください。

Misery
Misery

それはここを離れてからにしな。これからいくらでも会えるんだからよ。

Misery
Misery

おそらくマンフレッドは俺のアーツの本質をほぼ見抜いてるはずだ。いつでも追ってこられる。

ホルン
ホルン

……いや、あいつならきっと今は別の用事で大忙しのはずですよ。

Misery
Misery

ダブリンのことか。

Misery
Misery

ならヒロック郡のマンドラゴラは……もうこの工場団地から出られそうにないな。

ホルン
ホルン

……

Misery
Misery

]戦友たちに直接復讐してやれなかったって後悔してるのか?

ホルン
ホルン

いいえ……ただちょっと、悲しく思えただけです。

ホルン
ホルン

彼女を殺しきれず、ここで悔やんでる自分に対して……

ホルン
ホルン

そしてもうとっくに救いようのない……彼女に対してもね。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

おっかしいわね、あんたあいつらと約束したんでしょ?ここで待ち合わせだって。

ダブリン兵
ダブリン兵

確かにそう――ごはッ!

(矢がダブリン兵に当たりダブリン兵が倒れる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なっ――

ダブリン兵
ダブリン兵

サルカズ!サルカズです!はやく逃げ――

(矢がダブリン兵に当たりダブリン兵が倒れる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……まさか私たちの居場所が、バレた?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

これじゃダメだ、“スパイ”、逃げるわよ――!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

あの10m先にある扉からここを脱出しなさい!たかが10mなんだから、すぐに……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

わかっ……分かった、逃げよう……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

また昔みたいに一緒に逃げましょ、あんたが私の手を引っ張って、あの貴族のボンボン共から逃げた時のように。私たちは足が速いんだから、きっと逃げ切れるわよ……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

立ち上がれ石像!あいつらの攻撃を防ぐのよ!

(岩像が攻撃を防ぐもすぐに崩れる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

クソッ!こんな時に限って役立たずね、あんたたちも!

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

マンドラゴラ……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なによ、喋らないでって言ったでしょ!

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

俺はもう無理だ。お前だけでも逃げろ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なに言ってるの……?私がこれまでこんなに働いてきたのは、全部……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

……俺を助けるため、それともリーダーに功績を認めてもらうためか?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そんなのどっちも一緒よ!いいから“スパイ”のあんたは黙ってて!あと5mだから、外に仲間たちが待機してくれてるから!

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

そいつらならいねえよ。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

へ?

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

マンドラゴラ……俺たちはとっくに……リーダーに見捨てられたんだ……

(複数の矢が襲いかかる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

“スパイ”!!!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

クソ、クソォ――!おい石ころ、あいつらを貫け、あのサルカズたちを貫け!

(岩像が攻撃を防ぐ)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

大丈夫よ“スパイ”、ちょっと矢を一発受けただけだから……あと3mよ、死んでもあんたを――

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

……俺のことはもういい。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

そんなこと……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

もし逃げきれたら……

ターラー人の密偵
ターラー人の密偵

リーダーのところには……絶対に行くな。

(ターラー人の密偵が倒れる)

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……“スパイ”?

マンドラゴラ
マンドラゴラ

なにコロッと死んじゃってんのよ……ちょっとぉ……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

キリアン、ねえキリアン……このクソ野郎!ここで死ぬなんて許さないわよ!いいから起きて、目を覚ましてよ!

マンフレッド
マンフレッド

そう喚くな。

マンフレッド
マンフレッド

万事休したな、マンドラゴラ。お前にもすぐそのターラー人の友人に会わせてやろう。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

……

マンドラゴラ
マンドラゴラ

はっ……アハハハハハ!

マンドラゴラ
マンドラゴラ

マンフレッドォ……これで十一人分の命の借りができたわね。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

せっかく……せっかくあんなにたくさんのサルカズを殺してやったのに!

マンフレッド
マンフレッド

……そういうところだぞマンドラゴラ、お前はここで死なねばならん。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

フンッ、ちょうどいい……自分たちから墓穴を掘りに来てくれるなんて。

マンドラゴラ
マンドラゴラ

一人残らず……すり潰してミンチにしてくれるわ!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました