アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】阿呆船 SN-1「中央広場」行動前 翻訳

エリジウム
エリジウム

Altyさん!あの『Obsession Refactoring』めっちゃ好きです!

Alty
Alty

あらそう?意外ね、サルゴンのジャングルで閃いたネタなんだけど、案外世間には間に合ってるのかしら?

Alty
Alty

でもあの医者があなたのような部下を持っていたとはね?あなたたちも彼女みたいにつまらない人なんじゃないかと思ってたわ。

エリジウム
エリジウム

あはは……えっと、ほかのメンバーはどうされたんですか?

Alty
Alty

Danなら海辺に行ったわ、興奮してたし。AyaとFrostは宿泊する場所に行ってる、オンボロだけど、まあ趣はあるかな。

エリジウム
エリジウム

趣……ですか?

Alty
Alty

ケルシーから私たちのことは聞かされてる?

エリジウム
エリジウム

少しだけなら……何やら皆さんは大事なものを持ってるとか。

エリジウム
エリジウム

あの超有名なAUSがプライベートでケルシー先生と交流があったと知った時は、仰天しちゃいましたよ……

Alty
Alty

正直言って、私もよ。

Alty
Alty

でも……ここで自分たちのファンに会えてよかった、この旅にも少し彩が増えた感じがするわ。

エリジウム
エリジウム

皆さんに会えて、ボクもここに一か月も滞在した甲斐がありました。あっ、よろしければこのポスターにサインを……

Alty
Alty

……あなた、どういう心境でイベリアに戻ってきたのか聞いてもいい?

エリジウム
エリジウム

いざ言葉にすると複雑な気持ちですね、それよりまさかAUSのAltyにそんなことを聞かれるなんて。

Alty
Alty

私たちのバンド名が好きなの?

エリジウム
エリジウム

愛してるぐらいには。

Alty
Alty

ふふ、どーも。

Alty
Alty

それで、彼女はどこかしら?てっきりここで待ってくれてると思ってたわ、“私は何も知らない、だから君たちに教えるものはない”ってな顔をしながらね。

エリジウム
エリジウム

実はボクもケルシー先生からの連絡を待っていまして。多分そろそろ来る頃じゃないかな。

Alty
Alty

なるはやで来てほしいわね……そろそろ潮が満ちそうだし。

男性の町民
男性の町民

……よそ者、この頃はよそ者ばかりだ。最近の裁判所はどうしちまったんだ、まるで警戒心がない、そこまで落ちぶれたのか?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

ああ、よそ者、とめどないよそ者たち。彼女たちは特殊だ、海の匂いがする。

男性の町民
男性の町民

エーギル人か?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

そうとも言えるし、そうとも言えない。こちらの兄弟と姉妹たちも怯えを感じている。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

このチャンスは必ずものにしよう、裁判所がこうも疎かになるのは珍しい……怪しく思うだろうが、それでもこの海域の緩みが裁判所の罠だったとしても、大義を全うせねば。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

我らの兄弟と姉妹たちのために、そして使者と陸を再び繋げるために、先んじてイベリアの眼を掌握……あるいは破壊せねばなるまい!

怪しげな信徒
怪しげな信徒

無用な殺しはしないさ、君たちとてかつては私の家族だったからね。

男性の町民
男性の町民

……

怪しげな信徒
怪しげな信徒

さあ、より多くの人々を我らに加えようじゃないか、我らにはより広々としした活路を選べる、イベリアが許したすべてを、この大地を遥かに勝る道があるのだから。

男性の町民
男性の町民

俺たちの……あの兄弟たちが、ザワついてるのは、よそ者が入ってきたからなのか?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

恐らくは、しかしまだ確証はない。我らは弱い、兄弟と姉妹たちもまた弱い、下手に動くべきではないよ、さもなければ裁判所に根絶やしにされかねない。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

もっと……慎重にならねば……さもないと陸で多くの血を流すことになる、彼女を流血を好まないのでね……無論我々も、我々の兄弟と姉妹たちも、無為な死を遂げる必要はないさ。

物音)

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……!誰だ!?

(金属音と物が壊れる音)

Alty
Alty

やっぱりね、邪教徒、深海の教徒……何年もイベリアに戻ってないってのに、あっちらこっちらでそいつらの気配がする。

Alty
Alty

うーん……こっちっもそろそろ彼女との再会が待ち遠しくなったのだけれど、まだ来ないの?

エリジウム
エリジウム

ケルシー先生なら、裁判所の監視を受けてるって言われたので……

Alty
Alty

おかしいわね、彼女ってばイベリアの栄枯盛衰を見てきたんでしょ、だったら彼らのボスとも面識があるはずよね?なんでそんなまどろっこしいことをするのよ?

エリジウム
エリジウム

あはは、イベリアの栄枯盛衰ってもう何百年も前のことじゃないですか、いくらケルシー先生が……

Alty
Alty

どうやらここ最近は彼女もそれなりの処世術を身に着けたってことね……まあ、私はあんまりよくそういうのは知らないわ、だってまだ若いんだし。

エリジウム
エリジウム

あはは、冗談がお上手で……

エリジウム
エリジウム

……もしケルシー先生に何かあったら、手伝ってくれますよね?

Alty
Alty

うーん……あなたが彼女にお願いしてくれたら考えてあげる。

Alty
Alty

彼女ってばあなたたち、えっと、ロドス?にとって大事な存在なんでしょ?

エリジウム
エリジウム

……これは本心なんですけど、実はボクも全然理解できていないんですよ、なんでわざわざケルシー先生があんなリスクを冒してまでイベリアにやってきたのか。

エリジウム
エリジウム

けどあれはケルシー先生が自ら選んだ責務なんだって、ボクは信じますよ。ケルシー先生すらイベリアのために危険を犯してくれたんだから、ボクみたいなイベリア人が縮こまってちゃダメでしょ。

Alty
Alty

……そういうことね。

Alty
Alty

じゃあ外の様子でも見たほうがいいわね。もう少し待てば、誰かがあれこれ喚きながらここに来るはずだから。

エリジウム
エリジウム

えっ、それってどういう――

(慌てた町民が扉を開けて入ってくる)

慌てた町民
慌てた町民

だ、誰かいないか!?ば、バケモノだ――広場に――バケモノ!バケモノが現れやがった!

エリジウム
エリジウム

――!Altyさん、あなたはここで待っててください、様子を見てきますんで!

(エリジウムが走り去る)

Alty
Alty

……ひどい匂い。

Alty
Alty

けどDanの言ってた通りだわ、逆さの滝に落ちた脳裏の花、ウロコの旋律、根茎の歌……呼ばれて全部出てきちゃったわね。

Alty
Alty

けどまあ、いいネタが手に入るかもって考えたら、この旅も悪くはないか。

???
野次馬の群衆

なんなんだ……ありゃ……

???
野次馬の群衆

ペドロの言ってた通りだ……祖父の日記でコイツを見たことがある!海のバケモノってヤツだ!

???
野次馬の群衆

でもコイツ……死んでるのか?動かないぞ?

エリジウム
エリジウム

すいません!ちょっと、道を開けてください――

エリジウム
エリジウム

――

残存の日差しは雲を突き抜く、しかし灯台の彫刻によってほとんほが遮られた。人々が灯台のために払った血の代償も、また影を為すかのように。
瀕死になった一匹の恐魚は、静かにその彫刻の影に横たわる。それはまるで夕暮れ時の老人が、樹に寄りかかって眠っているかのようだった。

海のバケモノ
瀕死の恐魚

……

海のバケモノ
瀕死の恐魚

…………

エリジウム
エリジウム

……死んで……いるのか?

慌てた町民
慌てた町民

ペドロが言ってたことはウソじゃなかったんだ!バケモノ、本当に海のバケモノだ、海のバケモノがグラン・ファロに現れたんだ……!

慌てた町民
慌てた町民

コイツがなんて呼ばれてるかは知ってる、昔見たことがあるぞ!

エリジウム
エリジウム

(これが、恐魚?)

エリジウム
エリジウム

(でも海岸は落ち着いていたし、なにより裁判所が見逃すはずが……)

ソレは生気を失くした眼差しで周囲を見渡す、陸とは乾燥した海だ。
しかしエリジウムが僅かばかりに息があると思った矢先、微動だにせず、しかし恐魚は深い死を覗き込むように視線を向けた。

エリジウム
エリジウム

(コイツ……ボクを見てるのか?それとも、ほかのナニかを……)

???
野次馬の群衆

誰かこの死体を片付けてくれよ!

???
野次馬の群衆

見ろよあれ、なんて気持ち悪いんだ、もし生きてたらどれだけおぞましかったことか、もしかして人を食うのか?

海のバケモノ
瀕死の恐魚

……

恐魚は言葉を発さない、しかし異形な外殻は美しい輝きを放つ。
大勢の群衆がソレを囲う。恐れ、疑い、すべてがソレに吸われていく、まるで花火に火をつけるかのように。
花火、そう、ソレの死はまるで花火だ。傷痕も、あるいはハンドガンによる弾痕も見当たらない。
死がソレを選んだのではない、ソレが自ら死を選んだのだ。

エリジウム
エリジウム

……いやいや、そんなことないだろ、ボクは何を考えているんだ。

エリジウム
エリジウム

もしこれが報告書にあった恐魚だとしたら……予想よりもアビサル教会は近くにいるってことだね。

???
瀕死の恐魚

アマヤさん!はやく見てくれ、コイツが一体何なのかを――

(アマヤが近づいてくる)

アマヤ
アマヤ

まずは落ち着いてください……

慌てた町民
慌てた町民

アマヤさん!まさかコイツが……例の海の……

アマヤ
アマヤ

その通り、これが……海にいるバケモノです。ウソはつきません。

慌てた町民
慌てた町民

じゃ、じゃあ!はやく裁判所に知らせないと!バケモノだから、懲罰軍を呼んで――!いや、もう審問官直々に来てもらおう!

慌てた町民
慌てた町民

さもないと俺たちがおしまいだ!

(町民達が走り去る)

ジョディ
ジョディ

なんだかみんな礼拝堂に向かってるようですね?

ティアゴ
ティアゴ

おいちょっと待ってくれ、なにがあったんだ?

慌てた町民
慌てた町民

広場でバケモノの死体が見つかったんだよ!

ティアゴ
ティアゴ

バケモノ……ペドロが言ってたヤツか?

慌てた町民
慌てた町民

そうだ、だからみんなトランスポーターを裁判所まで送って知らせるって慌ててるんだ……

慌てた町民
慌てた町民

知ってるか、あのバケモノの見た目を?聞いた話じゃ1メートルもある牙が生えてて、目も八つ――っておい、どこに行くんだティアゴ!?

(ティアゴが走り去る)

ティアゴ
ティアゴ

ジョディ、俺が戻ってくるまでここにいるんだ、いいか、何があっても外に出るんじゃないぞ!

ジョディ
ジョディ

でも――

ジョディ
ジョディ

――わ、分かりました……

男性の町民
慎重な町民

なあ、もう野次るのはやめようぜ、あんなバケモノ……病を持ってるのかどうかも分かったもんじゃない。

ジョディ
ジョディ

……バケモノ……

ジョディ
ジョディ

……一体何が?

ジョディ
ジョディ

――!誰……?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……!

(怪しげな信徒が走り去る)

ジョディ
ジョディ

待って!

(ジョディが追いかける)

怪しげな信徒
怪しげな信徒

クソ、エーギル人!あのエーギル人め!ついでと言わんばかりに我々の同胞を殺すなど!

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……ぐあッ、傷が……

ジョディ
ジョディ

あの……

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……ジョディ?

ジョディ
ジョディ

ボクを知ってるんですか?あなたは一体……?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……私を知る必要はないさ、君は私を知らないのでね。だが私が君を知ってるのは、君がエーギル人というだけのことだ。

ジョディ
ジョディ

け、怪我をされてるんですか?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……ああ、手当てをしてくれるのかい?君は礼拝堂で看護をしているのだろう?

ジョディ
ジョディ

……

ジョディ
ジョディ

手当てはします、けどその代わりに教えてくください、なぜ怪我を負ったのかを。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……いいだろう。

ジョディ
ジョディ

じゃあまずは座りましょうか。

ジョディ
ジョディ

我慢してくださいね。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

……くっ……

ジョディ
ジョディ

動かないでください!幸い骨や内臓までは届いていない……これは斬り傷でしょうか?でも木屑が皮膚にめり込んでる、どういうことだ?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

あるエーギル人が、私の兄弟を殺したんだ。私も巻き込まれて、だから逃げ出した。

ジョディ
ジョディ

こ、殺された!?ここでですか?じゃあはやくティアゴさんに知らせないと――

怪しげな信徒
怪しげな信徒

フッ、フフッ、あのエーギル人、ティアゴじゃどうにもできないさ。滑稽かな、今では彼を裁けるのは裁判所のみだ。

ジョディ
ジョディ

で、でもその人はあなたの家族を殺したんじゃ……

怪しげな信徒
怪しげな信徒

我々はいつだって殺されてきたさ、無知、恐怖、そして今にも残るあの災いへの怒りがゆえにね……ありがとう、かなり楽になったよ。

ジョディ
ジョディ

……あなた、もしかしてフアンさんですか?

怪しげな信徒
怪しげな信徒

私の顔を憶えていたのか、ジョディ。なら海を見てみたいとは……思わないかい?

ジョディ
ジョディ

海……ですか?海辺ならティアゴさんに連れて行ってもらったことが……

あれは漆黒な海だった。風が髪をなびかせ、波は吠える。
“故郷”の定義は人ぞれぞれだ、小麦の香、あるいは街角の陰影、またあるいは雪泥がきしむ音にあるのかもしれない。
だがあの時、ジョディは知ったのだ、グラン・ファロにいながらも、自分はとうに故郷を懐旧していたのだと。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

この大地はすでに海の真の姿を忘れてしまっている、けれど我々は遅かれ早かれ……海へと戻る。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

(片言なエーギル語)ありがとう、ジョディ、君の善意に感謝を。いつかすれば、無限の利他が生存の巣窟をひしめくことだろう。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

(片言なエーギル語)ジョディよ、もし君がまだ一人のエーギル人としているのであれば、我々のことは構わないくれたまえ。自分の暮らしに戻るといいさ、きっとそのほうがいい。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

(片言なエーギル語)あるいは、君もまた君の両親みたいに、あの灯台を求めに行くことだろうね。

ジョディ
ジョディ

な、何を言ってるんですか?全然分かんないですよ!

怪しげな信徒
怪しげな信徒

(片言なエーギル語)逃げ惑う家族たちが私を迎えにきたようだ。だが問題ない、グラン・ファロは元よりただの踏み台、我々もいずれ深海へと飛び込んでいくさ。

ジョディ
ジョディ

――!

(蠢く恐魚が近寄ってくる)

海のバケモノ
蠢く恐魚

(軽快な鳴き声)

怪しげな信徒
怪しげな信徒

ジョディ、ああジョディ。エーギル人よ。

怪しげな信徒
怪しげな信徒

また会おう。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました