アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-2「情熱、あるいは悲愴」行動後 翻訳

アンダンテが全力を尽くしてハイビスカスのために人の波を防ごうとするが、一人の力だけではあまりにも弱々しく、防ぎきることはできない。
やがて人の波はアンダンテを呑み込んでいき、ハイビスカスを逃さんとばかりに囲っていった。

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

二度も言わせるな、さっさと消えろ!

アンダンテ
アンダンテ

一体何を言ってるんですか!?彼女はあなたたちを助けるためにやってきたんですよ、どうしてそんな仕打ちをするんです!?

怪しい感染者
怪しい感染者

お前には関係ない、アンダンテ!この魔族を守ってやりたければ、さっさとアーベントロートから追い出すんだな!

クライデ
クライデ

なっ――一体何が起こってるの?

アンダンテ
アンダンテ

クライデさんですか!?ハイビスカスさんが危険です!囲まれて襲われそうなんです!

クライデ
クライデ

どいて、どいてください――道を開けてください!

(クライデが人混みを押しのけハイビスカスの前に立つ)

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

なんだお前は!どっから湧いてきやがった!

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

ははぁ~、思い出したぞ、この前アーベントロートに流れ着いたあのガキだな?余計なことに手出しするんじゃない、さっさと爺さんのお世話に戻んな!

クライデ
クライデ

ハイビスカスさんはみんなを助けるために来てくれたのに、どうしてこんなことをするんですか!

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

お前にゃ分からねえさ、俺たちはこの魔族から自分たちの家々を守ってやってるんだよ!いいからそこをどけ!

クライデ
クライデ

ハイビスカスさんはみんなが思ってるような人じゃありません!

クライデ
クライデ

ハイビスカスさんはただ鉱石病を治療しに来てくれただけです!彼女は全身全霊で取り組んでくれているのに、なぜそれが分からないのですか!

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

鉱石病の治療だと?じゃあそいつは誰かを治してもらったのか?いないだろ!

クライデ
クライデ

いいんです、クライデさん。ここはヴィシェハイムですから、皆さんが手荒な真似をすることはないとおも――

情熱的な感染者
情熱的な感染者

ハッ、そいつはどうかな!?

(アーツがチェロを破壊する)

クライデ
クライデ

ち、チェロが!?

ハイビスカス
ハイビスカス

何を考えてるんですか!?

ハイビスカス
ハイビスカス

原因は私にあるはずです!なぜ彼にアーツを向けるのですか!やめてください、彼はまったく関係ありません!

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

いやちがっ……そんなつもりは――

怪しい感染者
怪しい感染者

もういい!さっさと消えろ!さもなければお前たちもそのチェロと同じように、身体に穴が開くことになるぞ!

(フルートの音)

怪しい感染者
怪しい感染者

笛の音?誰だ!?

怪しい感染者
怪しい感染者

次から次へと邪魔しに来やがって……誰だ!さっさと出てこい!

礼儀正しい感染者
物好きな感染者

……

礼儀正しい感染者
物好きな感染者

なんだ――動悸が、急に激しく……

怪しい感染者
怪しい感染者

※リターニアスラング※、なんであいつがここで出て来るんだよ……

(怪しい感染者が走り去る)

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

おいお前ら、なんで逃げるんだよ?逃げんなって……

礼儀正しい感染者
物好きな感染者

聞こえていないのか?あの音色だよ……

(物好きな感染者が走り去る)

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

……そんな、まさか、まさかあのお方が――ウソだ……

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

どうかお許しを……お許しください……私はただ酔っていただけで、決して貴方様に不敬を働く意志などは……

情熱的な感染者
酔いどれ感染者

――ありません!ありませんからァ!

(酔いどれ感染者が走り去る)

ハイビスカス
ハイビスカス

皆さん……逃げて行っちゃいました。

ハイビスカス
ハイビスカス

はっ!?そうだクライデさん!大丈夫ですか?お怪我のほうは!?

クライデ
クライデ

ボクなら平気だよ、でもチェロが……

ハイビスカス
ハイビスカス

チェロ……表板の損傷がひどいですね、これ……直せるんですか?

クライデ
クライデ

どうだろう……

ハイビスカス
ハイビスカス

助けて頂き本当にありがとうございます。

(エーベンホルツが近寄ってくる)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

礼には及ばないさ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

お初お目にかかる――わけでもないのだが、まあ、しっかりと初対面の挨拶を交わせていなかったからな、ここで改めてご挨拶を申し上げる。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

正直言って、さっきは本当に危なかったぞ。アーベントロートはヴィシェハイムの一画ではあるが、保安官が来たがらないせいでここの治安はあまり良くはないんだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

危険な目に遭ってしまっても、すぐ誰かに助けてもらえるとは限らない場所だぞ。

ハイビスカス
ハイビスカス

本当にありがとうございました。あの、お名前を伺っても?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

エーベンホルツだ、そう呼んでくれ。

ハイビスカス
ハイビスカス

では、エーベンホルツさん、皆さんが言っていた予言とやらだけど、聞いたことはありますか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まったくない。私もつい先ほどあの者たちの口から聞いたばかりでな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

つまり、予言はまだホッホガルテン区には伝わっていない、と……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ホッホガルテン?

ハイビスカス
ハイビスカス

ヴィシェハイムの貴族の方はみんなホッホガルテンにお住まいになられているはずですよね?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私をヤツらと一括りにしないで頂きたい。

ハイビスカス
ハイビスカス

え?でもエーベンホルツさんはヴィシェハイムの貴族なんじゃ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ヴィシェハイムの者ではないのだよ、私は。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それと、あまり勝手に貴族の身分を推し量るものじゃない、はっきり言って失礼だぞ。

ハイビスカス
ハイビスカス

……

ハイビスカス
ハイビスカス

ではあなたもわざわざアーベントロートまでやってきて、ツェルニーさんのコンサートに参加する感染者の方なのですか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや、私は非感染者だ。

ハイビスカス
ハイビスカス

しかし、コンサートに参加される方たちは全員感染者と聞きましたが――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

話はこれぐらいにしてもらえないか?

ハイビスカス
ハイビスカス

あっ、すみません。もしかして急いでました?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ、大急ぎだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本来ならクライデと一緒にツェルニー殿のお宅まで行って、今日の練習成果を見てもらうはずだったんだが、結果こんな目に遭ってしまった。

ハイビスカス
ハイビスカス

本当にごめんなさい、巻き込んでしまって……

ハイビスカス
ハイビスカス

じゃあその、事務所に戻らせて頂きますね……

(ハイビスカスが立ち去る)

クライデ
クライデ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

さあ、悲しんでる暇はないぞ、まずはツェルニー殿のところまで向かわなくてはな。貴殿は彼のお気に入りなんだ、きっと新しいチェロを用意してくれるさ。

クライデ
クライデ

エーベン……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あっいや、そういう意味で言ったわけじゃないんだ……

クライデ
クライデ

……ううん、ありがとう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

しかし奇妙なことも起こるものだ、その“陛下の予言”とやらだが、まったく聞き覚えがない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(まさか……ゲルトルート殿の仕業なのか?)

クライデ
クライデ

ボクならちょっとだけ聞いたことがあるよ……全部しっかり聞いたわけじゃないんだけど、サルカズのことは確か言われていなかったような……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ふむ……まあいい、とりあえず今はコンサートのほうに集中しておこう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まったく度し難い連中だ。そんなに“先の陛下”が好きなら、女帝の声の前で“先の陛下”“先の陛下”と喚いていればいいじゃないか。そっちのほうがよほど見物だ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ともかく、はやくツェルニー殿のところまで急ぐぞ。

クライデ
クライデ

でも、チェロが……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

言っただろ、きっと新しいのを用意してくれるさ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そもそも、貴殿は何も悪くないんだ。もしツェルニーがチェロのことでケチ付けてきたら、私が弁解してやる、いいな?

クライデ
クライデ

うん。

ツェルニー
ツェルニー

チェロが壊れた?

ツェルニー
ツェルニー

まさか……君たちもあの奏者二人と同じことをしでかしたのか!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

違うんだ、実は――

ツェルニー
ツェルニー

君は静かにしたまえ。クライデ君、一体何があったのだ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

クライデ
クライデ

ツェルニーさんのお宅に向かう途中、ハイビスカスさんと会ったんです。

ツェルニー
ツェルニー

ハイビスカスに?

クライデ
クライデ

すごい人たちに囲まれてて、アーベントロートに災いをもたらす魔族みたいな酷いことを言われてて、それで……

ツェルニー
ツェルニー

そんなもの出鱈目に決まっているだろ。

クライデ
クライデ

助けようとしたんですけど……アーツでチェロを壊されてしまって……

ツェルニー
ツェルニー

街中でアーツだと!?一体何を考えているんだ、その連中は!

ツェルニー
ツェルニー

それで?君がその連中を退けたのか?

クライデ
クライデ

いえ、ボクもハイビスカスさんも囲まれてしまっていたんで、エーベンホルツがその……アーツで撃退してくれたんです。

ツェルニー
ツェルニー

エーベンホルツが?

クライデ
クライデ

はい。

ツェルニー
ツェルニー

そうか、事情は分かった。

ツェルニー
ツェルニー

だが、チェロが壊れてしまったことはどうにもならないな……まともなチェロはあの一丁だけだったんだ。

クライデ
クライデ

本当にごめんなさい……

ツェルニー
ツェルニー

謝らなくていい、君は何も悪くないのだから。むしろ謝るべきなのはこちらのほうだ、あのアーベントロートの愚か者たちに代わって謝らせてくれ、申し訳ないことをした。

ツェルニー
ツェルニー

とにかくその壊れたチェロはここに置いていきなさい。まだ代用できるチェロがないか、探してみよう。

(ツェルニーがチェロ探しから戻ってくる)

ツェルニー
ツェルニー

探してはみたんだが、この量産品のものしかなかった。

ツェルニー
ツェルニー

すまないが、今はこれで我慢してくれ。予定通り、君たちの練習成果をチェックさせてもらう。

ツェルニー
ツェルニー

よし、では始めてくれ。

ツェルニー
ツェルニー

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ど、どうだろうか……?

ツェルニー
ツェルニー

……

ツェルニー
ツェルニー

進歩はしている。

ツェルニー
ツェルニー

まったくの新しい曲、そして練習時間はたったの一日だけ、君たちからすれば酷なものだっただろう、私も厳しくし過ぎた面もある。

ツェルニー
ツェルニー

だがそれ以前に、まったく一つたりとも問題を解決できていない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

一つも解決できていないだと?そんなことは――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

まずはエーベンホルツ。テンポに追いついてくるようにはなったが、それでも自分のパートでまた元に戻っている、まるで何かを見せびらかしているような印象だ、そのせいで結局はまたクライデ君が君に合わせざるを得なくなっている。

ツェルニー
ツェルニー

曲すらしっかりと把握できていないのに、何を見せびらかすものがあるというのだ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

トリルについてはしっかりと表現できている。だがそこでブレスの息継ぎができていなくてはまったくの無意味だ。

ツェルニー
ツェルニー

クライデ君、君はしっかりと安定しているな。あとはしっかりと練習を重ねれば問題はないだろう。

ツェルニー
ツェルニー

とはいえ、『朝と夕暮れ』は二重奏の曲だ、片方がもう片方の足を引っ張るなど言語道断。

ツェルニー
ツェルニー

正直に言って、今すぐにでもプログラムからこの曲を下ろしたい気分だ。

クライデ
クライデ

あの、ツェルニーさん、そのぉ……

ツェルニー
ツェルニー

なんだね?はっきりしなさい。

クライデ
クライデ

その、もう一度エーベンホルツに吹かせてもらえませんか?今度はツェルニーさんのピアノ伴奏と一緒に。

ツェルニー
ツェルニー

いいのかね?

ツェルニー
ツェルニー

私は彼に合わせるつもりは毛頭ないぞ?恥をかいても悪く思わないことだな。

クライデ
クライデ

はい、彼ならきっとできます。ご心配なく。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

クライデ
クライデ

(小声)頑張ってね、ここが勝負の決め所だよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(頷く)

ツェルニー
ツェルニー

準備はできたか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(深呼吸)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

――どうだ!

クライデ
クライデ

どうですか、ツェルニーさん?

ツェルニー
ツェルニー

さっきと同じように、見せびらかしているだけだった。フルートをなんだと思っているのだ?君を目立たせるためのおもちゃではないのだぞ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

だがしかし。

ツェルニー
ツェルニー

君に合わせるつもりは毛頭ないと言ったが、今回は比較的安定してフルートのパートをやりきってくれた

ツェルニー
ツェルニー

これで一つはっきりしたことがある。クライデ君は君の癖に合わせていたんだ、君の実力にではなく。

ツェルニー
ツェルニー

まだまだ一人前とは到底言えたものではないが、最低限の要求にギリギリ達したことにはなる。

クライデ
クライデ

じゃあ……?

ツェルニー
ツェルニー

合格だ。

クライデ
クライデ

やったぁ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(大きく一息を吐く)

ツェルニー
ツェルニー

喜ぶにはまだ早いぞ、今日のチェックはあくまで合格ラインの確認だ。

ツェルニー
ツェルニー

これからは遂次、君たちの練習成果をチェックしておく。もし開演前になってもまだ今のような水準のままだったら、コンサート出演の話は無しだ、分かったな?

クライデ
クライデ

はい、ありがとうございます!絶対ご期待にお応えしますので!

ツェルニー
ツェルニー

それと、クライデ君が今使ってるそれは緊急時用の量産品に過ぎない、まともに作られたものに変えておきなさい。

クライデ
クライデ

でもツェルニーさんがくれた最初のチェロはもう……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

心配するな、私がいるじゃないか。

ツェルニー
ツェルニー

ほう?君が?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

明日一緒にチェロを見に行こう、一番いいものを買ってやる。

朗らかな感染者
流されやすい感染者

つまりどういうことよ?

怪しい感染者
怪しい感染者

だから先の陛下、陛下の予言のことを言っているんだ!

朗らかな感染者
流されやすい感染者

予言ですって!?こりゃ大変なことになったわ……その、歩きながら教えてちょうだい、一字一句はっきりとね……

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました