アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-3「魔弾の射手」行動後 翻訳

ツェルニー
ツェルニー

ダメだ。

ツェルニー
ツェルニー

三連符のところ……いや、曲全体がダメだ。

ツェルニー
ツェルニー

以前はただ目立ちたがって吹いていたと思っていたのだが、ここ数回の練習を聞いてやっと分かった。君はただ目立ちたがろうとしているわけではない、わざと難所を派手に吹いているな?逆にそれほど技量を要しないパートはそれで誤魔化してる。

ツェルニー
ツェルニー

本来なら、君はもうすでにこの曲は熟達しているはずだ、なのになぜあえて簡単なパートをそう誤魔化している?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

誤魔化すもなにも……単調なパートは反復練習してるだけだが?これで満足か?

ツェルニー
ツェルニー

なんだ、ムキにでもなったか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

先ほどから目立とうとしているだの誤魔化しているだの……こじ付けはよして頂きたい。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ただ繰り返し同じ曲を吹いてもなんの面白みもないだろ。

ツェルニー
ツェルニー

今私の言ってることが分からなくとも結構だが、私のコンサートに出る以上、私がダメだと言えばダメなものはダメだ。

ツェルニー
ツェルニー

とにかくひたすら練習を重ねなさい、私が言ったことの意味を理解するまでな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ちょうどよかった、私も知りたがっていたのだよ、私は一体どんなありもしないモノから逃げているのかとな。

ツェルニー
ツェルニー

では第十七小節から始める、アインス、ツヴァイ、ドライ、フィーア……

ツェルニー
ツェルニー

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どうした?

ツェルニー
ツェルニー

……先ほどの箇所だが、どういう感情で吹いていた?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

感情も何も……ただ吹いていただけだが?

ツェルニー
ツェルニー

いいや、そんなことはない。

ツェルニー
ツェルニー

私に腹を立てながら吹いていたな、エーベンホルツ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……わざわざ貴殿に言われるまでもない。

ツェルニー
ツェルニー

では単刀直入に言おう、今日で一番の出来だったぞ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

冗談じゃない。

ツェルニー
ツェルニー

君に冗談を言う私か?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

君はずっと私に盾突いていた、違うかね?

ツェルニー
ツェルニー

それでいいのだよ。私もこの曲を作成した際は、常に私に盾突いている人物を思い描いていたものだからな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

だんまりか……まだムキになっているようだな。

ツェルニー
ツェルニー

それとも、もはや私に構いたくなくなるほど、言いたいことで頭がいっぱいになってしまったのかな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんなことじゃない、ただ……

ツェルニー
ツェルニー

ただ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(深呼吸)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

――私に、思うところがあると思っていたんだ。

ツェルニー
ツェルニー

……確かに君には色々と思うところはあるさ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それは……私が貴族だからか?

ツェルニー
ツェルニー

それも理由の一つだが、一番ではない。

ツェルニー
ツェルニー

確かに貴族は気に入らんが、だからといってヤツらが産み出した音楽をも疎むことはしない。

ツェルニー
ツェルニー

貴族どもが私を穢れた者と見なす傍ら、家で私の曲を使って練習に励んでいるのと同じように。

ツェルニー
ツェルニー

生まれが良く、世間の苦痛のなんたるかをすら知らぬ温室育ちの幸運児とて、音楽に敬意と探究心を持てば、あるいは生の喜びを理解してくれるやもしれんからな。

ツェルニー
ツェルニー

だが君の演奏は、目立つために張り切ったかと思えば違う箇所で手を抜き始める、まるで……

ツェルニー
ツェルニー

出来ないのではなく、やりたくないのだと、そういう印象を抱かせる。不真面目に仕事を片付けている傍らに、見えないところで内職に勤しむ者のように。

ツェルニー
ツェルニー

あえて言おう、それは音楽に対する冒涜だ。そんな態度が許されるはずもない。

ツェルニー
ツェルニー

だが、君はそれををわざとやっているわけではなかったのだと、私に証明してくれた。

ツェルニー
ツェルニー

少なくとも、君にはそのあやふやな状態から抜け出せる実力が備わっている。

ツェルニー
ツェルニー

もしや以前、凄腕ではあるが、学生に対してまったく責任を負わないような教師に師事していたのではないか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……その通り、私の音楽教師はまさにそういう人だった。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ヤツのおかげで、私はどの楽器もそれなりに扱えるようにはなったが、心底嫌いな人だったよ。

ツェルニー
ツェルニー

であれば、その教師の音楽もおそらくは尋常ならざるものであっただろうな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まさに貴殿の言う通りだ、だがもうヤツのことは思い出したくもない、ヤツの話はこれぐらいにしてくれ。

ツェルニー
ツェルニー

そうか。

ツェルニー
ツェルニー

では本題に戻ろう、君には今日の感覚を確実に掴んでもらう。

ツェルニー
ツェルニー

一気にこの曲を吹き続けろと言っているわけではないが、今日のリズムと感情表現、そして諸々の段落と連続してる箇所を必ず身体に叩きこめ、いいね?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

分かった。

ツェルニー
ツェルニー

よし、では今日のレッスンはここまでとする、君も疲れただろう。

ツェルニー
ツェルニー

私はまだ夜にコンサート会場に行って、スポンサーの方と顔を合わせなくてはならなくてな、遅れてはならないからここで切り上げてもらう。

ツェルニー
ツェルニー

では引き続き精進するように。ウルスラに頼んで君とクライデ君に何か飲み物を届けよう。

ツェルニー
ツェルニー

ウルスラ――

ツェルニー
ツェルニー

ウルスラ、どこに行ったんだ?

(クライデが近寄ってくる)

ツェルニー
ツェルニー

クライデ君?ウルスラを見なかったかね?

クライデ
クライデ

ウルスラさんならロドスに行ってお薬をもらいに行きましたよ、もう出かけてから30分以上は経ちますけど。

ツェルニー
ツェルニー

そんなに経つのか?あの事務所はそう遠くにはなかったはずだが……

ツェルニー
ツェルニー

私はロドスに行って様子を見てこよう、今日はもうとりあえず帰りたまえ。

クライデ
クライデ

あっ、ボクもちょうどお爺ちゃんのお見舞いに行こうと思っていたので、ご一緒しますよ。

クライデ
クライデ

エーベンホルツは?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まあ、別にやることもないしな。

ハイビスカス
ハイビスカス

エーベンホルツさん、クライデさん、それにツェルニーさんまで!

ハイビスカス
ハイビスカス

ちょうどよかった、今からご飯なんですが、ご一緒にいかがですか?

ツェルニー
ツェルニー

ハイビスカス殿、ウルスラを見かけませんでしたか?

ハイビスカス
ハイビスカス

ウルスラさんなら厨房でお手伝いして頂いてますが――

ウルスラ
ウルスラ

あら先生~、いらっしゃったのですね。

ツェルニー
ツェルニー

薬を貰いに来ただけだろ、なぜ厨房の手伝いなんかしているのだ?

ウルスラ
ウルスラ

いやね、最初は先生のお薬を貰おうと思っていたんですけれど、ハイビスカスちゃんがこれから夕食を作るって言い出したものですから、アンダンテちゃんも出掛けちゃってるところだったし、ついね。先生の夕食もここで作っちゃおうと思いまして。

ハイビスカス
ハイビスカス

エーベンホルツさんとクライデさんもいらしたことですし、もっとたくさん作らないといけませんね。

クライデ
クライデ

お爺ちゃんの分もお願いします。

ハイビスカス
ハイビスカス

お爺さんならずっと寝ているので、ご飯は一緒に食べれないんじゃないかと……

クライデ
クライデ

ずっと寝てるって……容態が悪化したんですか?

ハイビスカス
ハイビスカス

いえ、ただの薬の副反応だと思いますよ、こういうことはよくありますからね。しばらくしたら元気になりますよ。

クライデ
クライデ

そっか……

ウルスラ
ウルスラ

ハイビスカスちゃん、このリンゴに似た果物だけれど、何かしら?

ハイビスカス
ハイビスカス

身体にいい芋ですよ、まだ味付けしてませんから、私が調理しておきますね……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

この後コンサート会場でスポンサーと顔合わせするんじゃなかったのか?

ツェルニー
ツェルニー

腹を空かせたまま向かうわけにもいかないだろ。

クライデ
クライデ

ツェルニーさんのスポンサーってことは、その人も音楽に精通してるんですか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ツェルニー
ツェルニー

音楽に精通してる、か……フッ、生憎その真逆な人だよ。

クライデ
クライデ

え?

ツェルニー
ツェルニー

最初はそのスポンサーも私と同じ道を進む同志だと思っていたんだが、すぐに察したよ、彼女はまったく違う人種だとな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

確か、あの『朝と夕暮れ』を作曲した方が貴殿の知己だったのでは?曲が完成する前に亡くなられてしまったと聞くが。

ツェルニー
ツェルニー

ああ、その通りだ。

ツェルニー
ツェルニー

今こうして冷静になってみると、もしかすれば、私がずっと君に思うところがあったのは、その曲の来歴と関係していたからなのかもしれない。

ツェルニー
ツェルニー

以前までは私も多かれ少なかれ不快に思っていたものだよ、君があんな風に『朝と夕暮れ』を表現するものからな。

ツェルニー
ツェルニー

だが今、ようやく君に突破口が見えた、私も心の中で抱えていた重りをようやく降ろせる。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿が数時間に渡って私をしごき上げてくれたおかげでもあるさ、さもないと――

ツェルニー
ツェルニー

いちいち言葉に針を仕込むのも君の癖なのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……まあな。

ツェルニー
ツェルニー

まあいい、気にはしないさ。

ツェルニー
ツェルニー

音楽を奏でる者にとって、何よりも重要なのが正直さだ、それが私の持論でな。

ツェルニー
ツェルニー

言葉の針を仕込むにしろ、たとえ骨に刻み込むほどの深い憎悪を抱いていたとしても、必ず適切な技法でそれを表現できるはずだ、無意味な感情などはないでね。

ハイビスカス
ハイビスカス

最後のおかずも出来上がったことですし、頂きましょう!

ハイビスカス
ハイビスカス

ウルスラさんがいなかったら、こんな大量には作れませんでしたよ、本当に感謝してます。

クライデ
クライデ

こうしてテーブルを囲ってると、なんだか家族みたいですね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(小声)家族か……

ハイビスカス
ハイビスカス

家族で思い出したのだけれど、本艦にいるラヴァちゃんはどうしているのかしら……

クライデ
クライデ

どなたなんですか、そのラヴァちゃんって?

ハイビスカス
ハイビスカス

私の妹なんです、感染者でして。いつも心配させられてばかりなんですけど、とってもいい子なんですよ。

クライデ
クライデ

妹さんのことになるとすぐ目つきが変わりましたね。

ハイビスカス
ハイビスカス

えっ、そうですか?あはは……

ハイビスカス
ハイビスカス

ラヴァちゃんったら、本人はちゃんと分かっているのに、人から良くされたらいっつも口には出さないし、なんなら調子を崩しちゃうんですよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

あの子は感染者なんですけど、私と違って自分のアーツを磨き上げることがすごく好きでして、だから飲食のほうではいつも私が見てあげてるんです。

ハイビスカス
ハイビスカス

よく寝食を忘れちゃうぐらい練習に没頭しちゃいますから、毎回私から注意してあげないと――

ハイビスカス
ハイビスカス

あっ、ごめんなさい、ラヴァちゃんのことになると口が止まらなくて……

ハイビスカス
ハイビスカス

ささ、冷めないうちに先に食べちゃってください!私はクライデさんのお爺さんにお薬を交換してから食べますね。

(ハイビスカスが立ち去る)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

妹が大好きなんだな。

クライデ
クライデ

だって姉妹だもん。

ウルスラ
ウルスラ

先生にも兄弟とかがいたら、今よりも楽しく暮らせていたんじゃないかって、いつも思っちゃうのよね……

ツェルニー
ツェルニー

やめないかウルスラ!

ウルスラ
ウルスラ

あらごめんなさいね、ウフフ。

クライデ
クライデ

ハイビスカスさーん、まだですかー?

ハイビスカス
ハイビスカス

もうすぐ終わります――

(ハイビスカスが駆け寄ってくる)

ハイビスカス
ハイビスカス

今交換し終えました!待っててくれてありがとうございます!

ハイビスカス
ハイビスカス

――じゃあ、頂きましょうか!

露店の店主
露店の店主

ほいよ、揚げザワークラウトね、落さないようにな。

クライデ
クライデ

ありがとうございます。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

やっとまともな飯にありつける……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ちょっと待て、なぜあの健康食とやらを持ち帰ろうとしているのだ貴殿は!?

クライデ
クライデ

確かに味は変だったけど、食べないと勿体ないじゃん……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私は絶対に食わんぞ!食うなら自分で食ってくれ!!

ウルスラ
ウルスラ

先生、スープのおかわりは如何です?

ツェルニー
ツェルニー

いや、結構だ……もう腹いっぱいなのでな。

ツェルニー
ツェルニー

ウルスラ、厨房で手伝っていたんだろ?彼女が変な料理を作ってて気づかなかったのか?

ウルスラ
ウルスラ

他人様の料理なんですから、指摘するにも失礼じゃないですか。

ウルスラ
ウルスラ

それに、味はああでしたけど身体にいいのは本当じゃありませんか、あたしには見たら分かりますからね。

ウルスラ
ウルスラ

なんならウチもハイビスカスちゃんの製法でレシピを変えてみようかしら……

(ツェルニーが立ち去る)

ウルスラ
ウルスラ

ちょっと先生、冗談ですよ、席を立たないでください――

(アンダンテが戻ってくる)

アンダンテ
アンダンテ

ただいま戻りましたー!

ハイビスカス
ハイビスカス

お帰りなさい、ご飯は食べました?よかったら――

アンダンテ
アンダンテ

――いえありがとうございます!外でもう食べちゃったんで!

ハイビスカス
ハイビスカス

えー、アンダンテさんの分まで残しておいたのに……

ハイビスカス
ハイビスカス

でもありがとうございます、私の代わりに色々と調査してくれて。ほら、今はしばらく外には出歩けない身ですから。

アンダンテ
アンダンテ

いいんですよ、私もアーベントロートの一員ですから。好転する異常現象を解明できれば、こっちも万々歳ですし。

ハイビスカス
ハイビスカス

サンプルは揃いましたし、これからは集めたデータの分析作業ですね……

ツェルニー
ツェルニー

コンサート会場の仕上がり具合だが、想像以上によくできているな。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

恐縮です。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

なんせツェルニー殿の告別コンサートですからね、豪華に仕上げて当然ですよ。

ツェルニー
ツェルニー

音楽機材のことを言っているんだ。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

あっ、そうでしたか……まあ、ゲルトルート様が機材方面に莫大なコストをかけて頂けましたからね。こちらも会場と機材に関するツェルニー殿と奏者たちのご意見を可能な限り満たしておきましたので、ご満足頂けるかと。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

では、一通りチェックを済ませたことですし……

ツェルニー
ツェルニー

休憩室のチェックはまだだが?

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

そうだ休憩室、これは失礼しました。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ではこちらへどうぞ。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

あれ、おかしいな、ドアが開きませんね。

ツェルニー
ツェルニー

中に人がいるんじゃないのか?

???
???

ええ、中に人がございますよ。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ゲルトルート様ですか?

ゲルトルート
ゲルトルート

今回のコンサートはとても重要な行事だからね、こうして直々に会場の取り付けを検査しにきたのよ。

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

ゲルトルート様のお手を煩わせてしまって、誠に申し訳ございません!こちらの配慮が至らないばかりに……

ゲルトルート
ゲルトルート

構わないわ。

ゲルトルート
ゲルトルート

ツェルニー殿もそちらのいらっしゃるのですか?声が聞こえましたよ。

ツェルニー
ツェルニー

ああ、私だ。中で何をしている?

ゲルトルート
ゲルトルート

休憩室内部の取り付けをチェックしてまして。

ゲルトルート
ゲルトルート

ツェルニー殿と奏者たちの大まかな要求は満たしておりますけど、私からすればまだまだ杜撰な箇所が多々ありましてね。

ツェルニー
ツェルニー

(ため息)

ゲルトルート
ゲルトルート

鏡には水垢、タンスの取っ手には錆がついていて、絨毯からは何箇所も小さな穴が見つかっております。些細なことではありますけれど……

ツェルニー
ツェルニー

今回のコンサートにそんな大がかりな内装は必要ない、物は使えるものでいい、最初からそう言ったではないか。

ゲルトルート
ゲルトルート

それはなりません。私はあなたのスポンサーです、あなたとあなたの手下たちがきちんと演奏して頂かなければ、こちらの名声にも影響が出てしまいます。

ツェルニー
ツェルニー

何度言えば分かるのだ、彼らは自ら私のコンサートに志願した奏者たちだ、私の手下などではない!

ゲルトルート
ゲルトルート

ツェルニー殿が招待した方たちからすれば、どれも同じですよ。

ツェルニー
ツェルニー

……もう好きにしろ。

ゲルトルート
ゲルトルート

今ドアを開けますので、ご自身からも中身のチェックをお願い致します。

ツェルニー
ツェルニー

いや結構だ、もう君が見てくれているだろ。

ゲルトルート
ゲルトルート

本当にチェックしなくてもよろしいのですか?

ツェルニー
ツェルニー

内装など微塵も興味はない。いい加減君も本音を言ったらどうなのだ?

ツェルニー
ツェルニー

そちらだって私の顔を見たくはないのだろう。お互いほどほどの距離感でいたほうが、今後の関係のためにもなる、違うか?

軽はずみな貴族
軽はずみな貴族

(小声)ツェルニー殿、少々お言葉遣いが……

ツェルニー
ツェルニー

いい、私はずっと彼女とこうして話してきたのだ。

ゲルトルート
ゲルトルート

ではお構いなく。こちらで引き続きこの部屋のチェックを済ませておきますので。

ゲルトルート
ゲルトルート

私はただ当日のコンサートで心置きなく演奏して頂くために、こういった雑務をこなしているだけですよ。決して邪魔立てするつもりではございませんとも。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました