アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-5「月光」行動前 翻訳

クライデ
クライデ

具合はどう?大丈夫?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああそうさ、大丈夫だ。私も貴殿も、きっと大丈夫だ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

少し出かける、貴殿は家に残ってくれ。

クライデ
クライデ

さっきまで具合が悪かったのに、どこに行くのさ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……やることがある。

クライデ
クライデ

やることがあっても、治ってからにしなよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

心配はいらない。

クライデ
クライデ

目が覚めてもまたすぐに容態が急変するかもしれないから、少しは休憩したほうがいいって、ハイビスカスさんも言ってたけど……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

急用なんだ、それも大至急の。だから行かせてくれないか?

クライデ
クライデ

でも、もうすぐコンサートだよ?だからやっぱり今は身体を休めたほうが……練習もしないといけないじゃん?君だってコンサートを台無しにはしたくないでしょ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

コンサートを持ち出して私を煩わせないでくれるか?

クライデ
クライデ

煩わせるって……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……すまない、そんなつもりで言ったわけじゃないんだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だが本当にどうしても行かないとダメなんだ、だから止めないでくれ。すぐに戻るよ。

クライデ
クライデ

じゃあせめて……どこに行くのかだけ教えてくれない?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……上手くいったらな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだ、服。

クライデ
クライデ

服?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

今日午後にコンサート用の服が仕上がるだろ。一緒に行ってやれないから、すまないが一人で受け取りに行ってくれ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

受け取りに行く際はチェロも持って行くんだぞ。弾く時に合うかどうか確認しておくんだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

じゃあ、行ってくる

(エーベンホルツが立ち去る)

ツェルニー
ツェルニー

またあなたですか。

ハイビスカス
ハイビスカス

……はい。

ハイビスカス
ハイビスカス

コンサートの中止をお願いしに来ました、少なくともエーベンホルツさんとクライデさんを舞台に上がらせてはダメです。

ツェルニー
ツェルニー

なんだと?

ハイビスカス
ハイビスカス

もしエーベンホルツさんとクライデさんに演奏させてしまえば、アーベントロートが大変なことになってしまいます!

ツェルニー
ツェルニー

つまり、私が最近調子よくなったのも、エーベンホルツとクライデが引き起こしてるその“潜伏期間”によるものということですか?その潜伏期間が過ぎれば、私はすぐさま急性患者になってしまい、命を落とすかもしれないと。

ハイビスカス
ハイビスカス

そうです、ツェルニーさんはあの二人とかなり接触していますから、発症した際の症状もそれに応じて重篤になるかと。

ツェルニー
ツェルニー

彼らとあまり接触していない人たちにもなんらかの影響が及ぶため、もし彼らに演奏をさせてしまえば、命を落としてしまう人も出てくると……

ハイビスカス
ハイビスカス

はい。原因はまだ突き止めていませんが、あの二人に演奏させてしまえば、きっと周囲に対する影響を増幅してしまうかもしれません。

ツェルニー
ツェルニー

それが起こる可能性は?

ハイビスカス
ハイビスカス

今はまだ明確な数字は……

ツェルニー
ツェルニー

私を除いて、ほかにも危機に晒されてしまう人がいるのですか?

ハイビスカス
ハイビスカス

……アーベントロートにいた十数人がすでにホッホガルテン区の病院に搬送されています。

ツェルニー
ツェルニー

ホッホガルテン区か……ではその者たちは、エーベンホルツさんとクライデの影響が及ぶ範囲から出た、ということに?

ハイビスカス
ハイビスカス

ではないかと。

ツェルニー
ツェルニー

そうですか、仰りたいことは分かりました。

ハイビスカス
ハイビスカス

ではコンサートは……

ツェルニー
ツェルニー

それはできません。

ハイビスカス
ハイビスカス

どうしてですか!?

ハイビスカス
ハイビスカス

コンサートそのものを中止してくださいとまでは言いません!でもせめてエーベンホルツさんとクライデさんの曲をプログラムから下ろすなり、あるいは代役に行かせたりしないと大惨事になってしまうんですよ!

ツェルニー
ツェルニー

もし彼らの演奏が必ず私を除く他者にも危害を加えてしまう確証があるのでしたら、今すぐにでもコンサートを中止しましょう。

ツェルニー
ツェルニー

だが今のあなたは、演奏した際に起こることすら把握されていないではありませんか。ですので私はそんな“憶測”で、アーベントロートの努力と希望を無駄にしたくはありません。

ハイビスカス
ハイビスカス

アーベントロートの努力と希望って……

ハイビスカス
ハイビスカス

お気持ちは大変理解できますが、しかし……

ツェルニー
ツェルニー

いいや、あなたは何も分かってはいない。

ツェルニー
ツェルニー

もし本当に理解しているのなら、そんな軽々しく“しかし”など口にすることはないはずです。

ツェルニー
ツェルニー

申し訳ありませんが、確証がない限りコンサートを中止することはできません。

ハイビスカス
ハイビスカス

では教えてくださいツェルニーさん、今回のコンサートと感染者たちの命、どちらを重く見てらっしゃるのですか?

ツェルニー
ツェルニー

……それはどういう意味だ?

ツェルニー
ツェルニー

私が他者の命を蔑ろにしていると言いたいのか?

ハイビスカス
ハイビスカス

ちがっ、そんなつもりじゃ――

(ウルスラが近寄ってくる)

ウルスラ
ウルスラ

ハイビスカスちゃん、ハイビスカスちゃん!

ハイビスカス
ハイビスカス

ウルスラさん?

ハイビスカス
ハイビスカス

ささ、ちょっと風にでも当たりに行きましょうか、ね?

ハイビスカス
ハイビスカス

でも――

ウルスラ
ウルスラ

いいからいいから、ほら行きましょう。

ウルスラ
ウルスラ

風に当たれば頭も冷えてきます、話はそれからでもいいじゃないですか。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(もしゲルトルートの言ってたことが全部本当だとしたら、クライデは死んでしまう……)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(いいや、きっとほかに何かあるはずだ……両者ともに上手くいく方法が……)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(そうだツェルニー、ツェルニー殿なら何か分かるかもしれない……)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(いやいや、何を考えているんだ。彼はただの音楽家だぞ、役に立つはずがない。)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(いっそのことクライデにこのことを教えるのは――)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(いや、教えたところで何になる……)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(あるいはロドスなら……)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(いやそれもダメだ、ハイビスカスの言うことに従えば、私はまたあのウルティカに戻って閉じ込められるだけだ!)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(女帝の声に頼むのは?)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(バカかエーベンホルツ!自分の首を絞めてどうするんだ!?)

(住民たちがエーボンホルツをチラチラ見ながら通り過ぎる)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(ダメだ、ずっとここでぐるぐる回っても埒が明かない、それに何だか周りから怪しまれているし、場所を変えないと……)

(エーボンホルツが立ち去る)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(ん?あの人……どこかで会ったような……)

あれこれ心配する貴族
軽はずみな貴族

……慎重に……

怪しい感染者
怪しい感染者

……人が集まっ……問題ない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(そうだ、噂!噂があったじゃないか!)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(あの噂を明らかにすれば、きっと何か手がかりが手に入るかもしれない、あるいは噂の正体も突き止められるはずだ!)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(だが私一人でできるものだろうか……)

あれこれ心配する貴族
軽はずみな貴族

それは本当か?

怪しい感染者
怪しい感染者

ええ、今が絶好のチャンスです。

怪しい感染者
怪しい感染者

このまま引き摺っても時間を無駄にしてるだけです、その時は面倒になりますよ。

あれこれ心配する貴族
軽はずみな貴族

そうか、ならお前に任せる、私は上に報告しよう。もうひと踏ん張りだ、頑張ってくれたまえ、ラッヘマン殿。

(貴族が立ち去る)

怪しい感染者
ラッヘマン

はぁ、手間もかかるし、気苦労する仕事だなぁ。

怪しい感染者
ラッヘマン

デマを流すだけならまだしも、なんであんな場所にも行かなきゃならないんだ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(なんだあいつ?下水道に入るつもりか?)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(下水道に入るなんてまっぴらごめんだ……やるなら今しかない。)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

おい貴様、止まれ。

ラッヘマン
ラッヘマン

誰だ!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

振り向くんじゃない。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

言え、アーベントロートにデマをまき散らしたのは誰の指示だ?

ラッヘマン
ラッヘマン

そんなの知るわけがないだろ!俺だってそこら辺で耳にしただけなんだ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんなウソをついても無駄だぞ、ラッヘマン殿、ずっと尾行していたからな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それについさっき分かったんだが、以前ハイビスカスのデマを流した時、貴様がその場にいた人たちを煽動していたな?

ラッヘマン
ラッヘマン

フンッ、よく憶えているじゃないか。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

さあ言え、誰の指図だ?下水道に入ってなにをするつもりだ?

???
???

ちょうどいい、俺も気になってたところなんだ。どうして下水道なんかに入ろうとしているんだい、ラッヘマンさんよ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

誰だ!?

???
???

おっと、振り向かないでくださいよ、さもないと……

???
???

逃がしちまいますからね。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました