アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-5「月光」行動後 翻訳

エーベンホルツ
エーベンホルツ

誰だ!?

(ラッへマンが走り去る)

ベルク
???

だから振り向かないでって言ったじゃないですか、逃げられちまいましたよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

質問に答えろ!

ベルク
???

どうどう、まあまあ落ち着いて。

ベルク
???

身を明かしちゃあちと厄介でしてね、だから密偵とでも思ってくださいな。ベルクです、よろしく。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なぜ……こんなタイミングで現れたんだ?貴殿のせいで逃げられてしまったではないか!

ベルク
ベルク

下水道から別の出口に出るにはそれなりに時間がかかります、放っておいても問題はないですよ。

ベルク
ベルク

それに分かったもんじゃないですよ?俺に芝居を打ってる可能性だってあるんだ。状況が不利と見て、下水道に入る前にあいつを呼び止めたんじゃないんです?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私とヤツが芝居をするはずがないだろ!

ベルク
ベルク

この前ゲルトルートんとこに行ったのは脅されてたからって言いたいんですかい?そんな冗談通じませんよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ベルク
ベルク

あいつなんかより貴方のほうが価値はぐんと上なんです、ウルティカ伯。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私を止めようたって無駄だぞ。

ベルク
ベルク

確かに荒事になったら貴方には敵わないでしょうね、けどオススメはしませんよ?

ベルク
ベルク

ほらこれ、女帝陛下からの勅旨、疑ってんなら見てくれても構いません。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……フッ、こんなもの、六歳の頃からもうすでに見慣れているさ。

ベルク
ベルク

俺をとやかく言うのは結構ですが、くれぐれも女帝陛下に対してだけは言葉を慎んでくださいね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

慎めだと?誰に口を利いているのだ?密偵であるにも関わらず、捕まえる人を間違えた貴様には責任とやらを取ってもらわねばならないな。

ベルク
ベルク

はぁ……まだご自分の立場が分かっていないようですね、我らが親愛なるウルティカ伯。

ベルク
ベルク

まあいいや、ここで時間を費やしても埒が明かない、ひとまず俺について来て下さい。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どこに行くんだ?

ベルク
ベルク

貴方が向かうべき場所ですよ。まあ心配しないでください、容疑者には各ご身分に沿った留置所を設けてられていますから、貴方には最上級のおもてなしでお迎えしますよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ベルク殿、と言ったな。

ベルク
ベルク

なんです、命乞いですかい?それとも賄賂かな?後者だったら喜んでお受け取りしますけど。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿に金をやれば逃がしてくれるとは甚だ信じがたい。金をやってもどの道捕えられてしまう感じがするのは錯覚だろうか?

ベルク
ベルク

ご明察。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿とこうして話していると愉快にすら思い始めてきたよ、ベルク殿。貴殿は私のよく知るあのウルティカの地を思い起こさせる、そこにいる連中はどいつもこいつも貴殿と同じように“高尚な人間”でな。

ベルク
ベルク

それは光栄の至れり。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だが、あの人が下水道で何を企んでいるのかがどうして気になってしまうものだ。

ベルク
ベルク

けど貴方は俺が見てる間にあいつを呼び止めたじゃありませんか。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだな、本当なら地上でこの件を片付けてやりたかったのだが、まったく悔やむばかりだよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私のとある伯爵代理は悪趣味な話を集めるのが好きでな。飯が喉も通らないほどの話の中で、下水道での話が大のお気に入りなんだ。

ベルク
ベルク

喉にメシが通らないってんなら、コーヒーでも飲んで箸休めするのは如何です?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私もできれば貴殿について行きたいものなのだが、生憎ヤツのほうに興味があってな、不本意だが私も下水道に潜らせてもらうよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

悪く思わないでくれ、これも全部貴殿のせいだからな、ベルク殿。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ずっと私にアーツロッドを向けて貰っても構わない、逃げはしないさ。だから行かせてくれないか?

ベルク
ベルク

……

ベルク
ベルク

先に言っておくが、俺の目から消えれば、どんな言い訳をしたってきつ~いお仕置きが待っていますからね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どういうお仕置きだ?私の首でも刎ねるのか?

ベルク
ベルク

一番優しいやつでも陞爵ですかね。どれだけ清廉潔白だったとしても、金輪際ウルティカの塔に足を踏み入ることができなくなってしまいますよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それはいい、却って足が軽くなった気がしてきたぞ。

ベルク
ベルク

やれやれ……

ベルク
ベルク

ともかく、下水道に潜りたいのならお好きにどうぞ。

ベルク
ベルク

俺もご同伴させて頂きますけどね。

ウルスラ
ウルスラ

ハイビスカスちゃん、気持ちは分かるけどね、先生にあんな口を利いちゃダメだよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

でもツェルニーさんは……

ウルスラ
ウルスラ

先生だって色々と言いたいことがあるさ、自分じゃ口が裂けても言わないけどね。だからあたしが教えてあげるよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

……お願いします。

ウルスラ
ウルスラ

アーベントロートって名前の由来は知ってるかい?

ハイビスカス
ハイビスカス

いえ。

ウルスラ
ウルスラ

昔先生がこんなことを言っていたさ。

ウルスラ
ウルスラ

「日が暮れるからこそ、夕焼けは尊いものなのだ。もし夜に終わりがなければ、一体日暮れの暖かさよりも目と心が奪われるものはあるのだろうか?」ってね。

ハイビスカス
ハイビスカス

確かに聞こえは素晴らしいですけど、でも……

露店の店主
露店の店主

おーい、そこのお二人さーん――ありゃ、ウルスラの姐さんじゃないか、それにハイビスカスまで。

露店の店主
露店の店主

立て込む話かい?だったらこっちの席に座りなよ、ほらほら、こっちおいで!

露店の店主
露店の店主

なんだいハイビスカス、まだそんなしかめっ面をしてるのかい?何があったのか教えてくれないか?

露店の店主
露店の店主

うちの料理が健康じゃないって言うんなら、ほれ!炭酸飲料でも飲んでリラックスしな!

ハイビスカス
ハイビスカス

いえそんな、お邪魔するわけには――

ウルスラ
ウルスラ

じゃ、お言葉に甘えさせてもらうよ。

露店の店主
露店の店主

姐さん、ハイビスカスが悲しそうな顔をしてるけどどうしたんだい?誰かと喧嘩しちまったとか?

ウルスラ
ウルスラ

いや~ね~、喧嘩なんかじゃないわよ。

ウルスラ
ウルスラ

ちょっとアーベントロートの昔話を教えてた最中さ。

露店の店主
露店の店主

アーベントロートの昔話だって?ヘッ、それなら誰よりもアーベントロートを知り尽くしてるこのわしに任せろ。

露店の店主
露店の店主

ホラなんか吹いちゃいないぞ?姐さんの知らないことだって知っているからな。

露店の店主
露店の店主

元々ここアーベントロートは、感染者の居住区域なんかじゃなかったのさ、本来はヴィシェハイムの工業区画の一つでな――

露店の店主
露店の店主

今はこんな小さな露店を構えてるジジイでしかないわしだが、当時は何百人もの労働者のメシを作ってやっていたものさ。

ハイビスカス
ハイビスカス

工業区画……じゃあ、ここが感染者居住区域になったのは、その工業汚染による鉱石病が伝播したからなんですか?

露店の店主
露店の店主

確かに感染者はたくさん出たよ。でも昔のリターニアは、こんな感染者専用の居住区域なんてものはなかったよ……まあいいや、この際全部教えてやろう。

露店の店主
露店の店主

ある年のことだった、先の陛下のツルの一声で、ヴィシェハイムにはそれはそれは大層立派なザールが建てられた……それがアーベントロートザールなんだが、当時はそんな名前じゃなかったんだよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

先の陛下って……どの陛下のことなんですか?

ウルスラ
ウルスラ

そこは察してもらえないかい?あたしらもそう気安く口に出せないもんでね……

ウルスラ
ウルスラ

“先の”って言うぐらいだから、それで分かってもらえると助かるんだけど……

ハイビスカス
ハイビスカス

……分かりました。

露店の店主
露店の店主

あのザールが出来た頃は、まだ先の陛下はご存命でな、だから誰も口出しできなかったさ。

露店の店主
露店の店主

けどその後すぐにお隠れになられてしまったんだが、ヴィシェハイムを受け継いだシュトレッロ伯はそのザールが大嫌いでね。

ハイビスカス
ハイビスカス

それはもしかして、嫌っていたのではなく……女帝陛下に忠誠心を示そうと焦っていたからなんじゃないでしょうか?

露店の店主
露店の店主

シーッ!その冗談はシャレにならんぞ!

露店の店主
露店の店主

とまあ、その数年後にまた上から指示が出てな、感染者への待遇を大幅に改善するってヤツだ。そんで当時の伯爵が勢いでザールを工業区画に組み込んで、感染者居住区域が区画整理されたってわけさ。

露店の店主
露店の店主

それより前は、リターニアのどこを探しても“感染者居住区域”なんてもんはなかったよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

当時の伯爵って……今のゲルトルート伯じゃないのですか?

露店の店主
露店の店主

彼女の父親――いや兄だったかな……まあ忘れちまったが、とにかく彼女じゃない。

露店の店主
露店の店主

当時の伯爵はここの区画を丸ごと感染者の区域として整理してくれたんだが、わしらの生死は眼中になかったみたいでさ、区画にあった工場なりなんなりの施設を尽くバラしちまってね……

露店の店主
露店の店主

ありゃ明らか生きるも死ぬも勝手にしろって言ってるようなもんだったよ。

露店の店主
露店の店主

まあそんなこんなで、貴族たちがここを“アーベントロート”って言うからここは“アーベントロート”になったし、あのザールも“アーベントロートザール”って呼ばれるようになったわけだ。

露店の店主
露店の店主

夕焼けのように、もう今すぐにでも沈んでしまいそうな連中であるわしらを指す言葉、それが“アーベントロート”さ。

ハイビスカス
ハイビスカス

そんなの――あまりにも酷すぎます。

露店の店主
露店の店主

酷いよなぁ。

露店の店主
露店の店主

でもあの頃を思い返すと、なかなかお似合いな名前だったよ。

露店の店主
露店の店主

生きるために、みんな必死に藻掻いていたさ。少しでも太陽を地平線に留まらせるためにな。

露店の店主
露店の店主

店を開いたり、使い走りにされたり、ほかの区画にいる金持ち連中のヒットマンをやったり……いや~、あの頃は本当に滅茶苦茶だったよ。

露店の店主
露店の店主

それからして、あのツェルニーさんが立ち上がったってわけさ。

ハイビスカス
ハイビスカス

立ち上がった、ですか?

露店の店主
露店の店主

ああそうさ。最初の頃のツェルニーさんは、まったく無名の音楽家だったんだよ。

露店の店主
露店の店主

何個も曲を出すも、感染者だからって理由だけで、匿名で出さざるを得なかったのさ。

露店の店主
露店の店主

あの頃からいい曲を作っていたよ、それで塔にいる貴族連中の注目を引いていたんだが、ツェルニーさんがアーベントロートの人間と知るや否や、すぐ掌返して態度を変えたもんだ。

露店の店主
露店の店主

まあ、彼が『朝と夕暮れ』って曲を作るまではな。

露店の店主
露店の店主

『朝と夕暮れ』なら姐さんのほうが詳しいから、彼女に聞きな。

ハイビスカス
ハイビスカス

そうなんですか、ウルスラさん?

ウルスラ
ウルスラ

フフッ、そんな難しい話でもないさね。

ウルスラ
ウルスラ

むかし先生にピアノを教えていた教師に娘さんがいてね、先生とは大の仲良しだったのよ。

ウルスラ
ウルスラ

仲はいいし、実力も互角だし、互いが互いを目指すいいライバルでもあったさ。

ウルスラ
ウルスラ

けど、先生が二十歳になった年、その娘さんが亡くなってしまってね……

ハイビスカス
ハイビスカス

……

ウルスラ
ウルスラ

すごいショックを受けていたわ、あの頃の先生は。まったく喋らないし、日に日に痩せてっていくしで。

ウルスラ
ウルスラ

そんで突然ある日、あたしらにある楽譜を見せて、自分で作った曲だがこればかりは実名で発表するって言い出したのさ。

ウルスラ
ウルスラ

あの頃はもうすでに――ゲルトルートが伯爵様になっていた時期だったよ。

ウルスラ
ウルスラ

なぜだか知らないけど、伯爵様が先生のところに行ってね。

ウルスラ
ウルスラ

先生のスポンサーになっただけでなく、先生の考えまで全力で支持し出したのよ。そしてあちこちに金を渡したおかげで、『朝と夕暮れ』には先生の名前が載るようになり、アーベントロートから世に出られたってわけ。

ハイビスカス
ハイビスカス

そんな裏話があったんですね。

ハイビスカス
ハイビスカス

ようやく理解した気がします、ツェルニーさんの言っていた“意味”を……

ウルスラ
ウルスラ

『朝と夕暮れ』の出来があまりにも素晴らしかったからね、塔にいる貴族たちも流石にこれ以上ないもの扱いするわけにもいかず、渋々先生の才能を認め始めたのよ。

ハイビスカス
ハイビスカス

それでツェルニーさんはアーベントロートにいる音楽の才能を持つ人たちへの支援を始めたってわけですか?

露店の店主
露店の店主

ああそうさ、なにせここはリターニアだからな、音楽家だけは欠かせないよ!まあわしに音楽をやれる才能はないが……

ウルスラ
ウルスラ

何を言ってるのよ、あんただって十分すごいわよ。

ウルスラ
ウルスラ

数年前までアコーディオンを弾きながら、露店で売り文句を歌っていたじゃない。

露店の店主
露店の店主

ははは、昔工場で連中にメシの時間を知らせるためにアコーディオンを弾いてたおかげさ、声を出すよりも色々と便利なんだよ。

ウルスラ
ウルスラ

まあともあれ、音楽がアーベントロートで欠かせないものになってから、ここも危機から抜け出せたわ。

ウルスラ
ウルスラ

作曲に演奏、教育に楽器製造……

ウルスラ
ウルスラ

まだまだ匿名で曲を出してる人もいるし、アーベントロートから出られない音楽家がたくさんいるけど、音楽がもたらしてくれたお金で、ようやくアーベントロートも地に足をつくことができたってわけよ。

ウルスラ
ウルスラ

でもそれから暫くしないうちに、先生と伯爵様が大喧嘩しちゃってねぇ。

ハイビスカス
ハイビスカス

大喧嘩?

ウルスラ
ウルスラ

思想が異なるからとかなんとかで……とにかくあたしには分からないね。

ウルスラ
ウルスラ

スポンサーは続けられたけど、あれから二人の交流はめっきり減ってしまったよ。

(無線音)

ハイビスカス
ハイビスカス

アンダンテさん?急にどうしたんですか?

ハイビスカス
ハイビスカス

えっ、クライデさんのお爺様が――いなくなった?

ハイビスカス
ハイビスカス

はい、今すぐ戻りますね!

(ハイビスカスが無線を切り、走り去る)

(ドアベルが鳴る音)

クライデ
クライデ

ありがとうございました!

???
仕立て屋さん

はいよ!どこから合わないところがあったらまた持ってきてね、すぐ合わせるから!

クライデ
クライデ

(もうこんな夜遅くになっちゃった……エーベンもお家に帰ってるかな?)

クライデ
クライデ

あれ、なんだろあれ……

クライデ
クライデ
この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました