アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-6「死の舞踏」行動前 翻訳

人影が二人、仄暗くも広々とした下水道の中を進む。
騒がしく流れる水の音が、純粋な静寂よりも却って陰鬱な気配を漂わせていた。

ベルク
ベルク

おっと、ここは右に曲がってください。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

道に詳しいんだな。

ベルク
ベルク

そりゃもちろん。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それも密偵で培った基本か?

ベルク
ベルク

基本中の基本ですよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なら貴殿はアーベントロートで何年も密偵を続けてきたのだろうな。

ベルク
ベルク

お近づきになりたくなったんですかい?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いいや、気になってな。

ベルク
ベルク

まっ、機密事項でさ、残念ながらそれは言えません。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フンッ、けち臭い。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ベルク
ベルク

どうしたんです?進んでください?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

何かいる。

ベルク
ベルク

そんな常套な小芝居で逃げようたって無駄ですよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや違うんだ――そこを見ろ、何かが動いている。

ベルクは武器をウルティカ伯の背中に宛がったまま、彼の指さす方向に目を向ける。

ベルク
ベルク

ただのオリジムシじゃないですか、ムシを見たのも初めてで?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あれは本当に……ただのオリジムシか?

ベルク
ベルク

ウルティカ伯たる者が、たかがオリジムシに怯えて足すら動かなくなるとは、御見それしましたよ、まったく。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや、やはり何か様子がおかしいような……

ベルク
ベルク

いいから、さっさと進め!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……わ、分かった。

ベルク
ベルク

おい、ちょっと待て。

ベルク
ベルク

なんだこのムシの数は……

ベルク
ベルク

……普通じゃ絶対ありえない数だ!こりゃ上に吹き出たら一大事だぞ!

ベルク
ベルク

逃げるぞ!はやく!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

おい、何を――

ベルク
ベルク

いいからはやくしろ!

ベルクはエーベンホルツの腕を力いっぱい掴み、二人は下水道の中を逃げていった。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ハァ、ハァ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なんでそんな、スラスラと下水道を走れるんだ……頭に、地図がまるごとインプットでもされているのか……?

ベルク
ベルク

俺を疑ってる暇があるなら、少しでも息を整えておいたほうがいいですよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

う、疑ってるわけじゃ……ただ本当に、どの道もまったく、同じように見えるものだから……

ベルク
ベルク

休憩はもういいですかい?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや、まだ休んで――

ベルク
ベルク

よし行くぞ!遅れるなよ!

(エーベンホルツ達が走り去る)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(激しい息継ぎ)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本当に、もう……ダメだ……

ベルク
ベルク

心配しないでください、ちょうど探す人も見つかったもんですし。

ベルク
ベルク

Guten Abend、ラッヘマンさん。

ラッヘマン
ラッヘマン

やあ、ベルク店長。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

店長?

ラッヘマン
ラッヘマン

まったく、自分は何も憶えちゃいないのに、なんでもかんでも首を突っ込みやがって……ホント面倒を起こしてくれる。

ラッヘマン
ラッヘマン

そっちもそう思いますよね、ベルク店長?

ベルク
ベルク

ごもっともだ。

ベルク
ベルク

だが何よりも面倒を起こしたのはあんたのほうさ。

ベルク
ベルク

ここにいるオリジムシたちがあんたに刺激されて、今地上に向かっている。

ベルク
ベルク

分かってるはずだが、下水道にいるムシたちは有毒のガスを放出する。あんたがやったことはアーベントロートに毒ガステロを起こしたようなもんだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

毒ガステロだと?私たちはなんともなかったじゃないか?

ベルク
ベルク

あのガスはもっぱら感染者に対して強い効果を発揮するんですよ、ウルティカ伯。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

じゃあ、上にいる人たちは……ツェルニー殿も、ハイビスカスも……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まさかクライデも……!?

ベルク
ベルク

理解できて助かります。

ベルク
ベルク

そういうわけだラッヘマン、今すぐムシたちを鎮めろ、元通りにするんだ。さもないと今ここであんたを撃ち殺す、そういうお達しが出てるんでね。

ラッヘマン
ラッヘマン

それは無理な相談だ。

ラッヘマン
ラッヘマン

火災ってのは一人でも簡単に引き起こせるものだろ?だがいくらその人の首元にナイフを突き立てて消すように脅しても、火を消すことは無理な話さ。

ベルク
ベルク

こんなことをしてなんのメリットがあるんだ?

ラッヘマン
ラッヘマン

メリット?おいおい、そんなことも知らないで言ってるのか?

ベルク
ベルク

勿体ぶるな、さっさと教えろ。

ラッヘマン
ラッヘマン

“影から蟲は這い出て、意のままに滅びの前奏を吐き出す。”

ラッヘマン
ラッヘマン

これ以上言わんでも分かるだろ?

ベルク
ベルク

……その予言を叶えたところで、あんたらになんのメリットがあるって聞いてるんだ。

ラッヘマン
ラッヘマン

まあまあ、そういちいち気にしなさ――

(エーベンホルツがラッヘンマンを気絶させる)

ベルク
ベルク

なにやってるんだ!?口封じのつもりか!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ただヤツを気絶させただけだ!いい加減目を見開いたらどうなんだ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それで、あのムシたちをどうにかする方法はあるか?

ベルク
ベルク

あったらコイツと話なんかしていませんよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ならさっさと外に逃げるぞ、逃げ遅れたら一巻の終わりだ!

ベルク
ベルク

(鋭い眼光)

ベルク
ベルク

人ってのは見かけによらないもんですね、ウルティカ伯。

ベルク
ベルク

そうと決まれば、こいつは俺が担いでおくんで、貴方はしっかり俺のケツについてきてくだ――

ベルク
ベルク

待った、あれは――

ベルクが目を向けるその先に、エーベンホルツはそれを見た。
ラッヘマンが倒れた場所、その下水道の壁に、銀色に光るナニかがあった。

ベルク
ベルク

これは……鍵穴だ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

きっと中にオリジムシを操ってる装置なりなんなりがあるはずだ!どけ、私がこの壁を――

ベルク
ベルク

いや、まずは開けられないか試してみよう。

ベルク
ベルク

万が一中にある物まで吹き飛ばしたら、それこそ一巻の終わりですよ。

(ベルクが鍵穴の前に移動する)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どうだ、開けられそうか?

ベルク
ベルク

そこそこの難易度ですが、こんな鍵、俺にかかればどうってことありませんよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なら鍵を開けるついででも構わないから、私に予言の内容を教えてくれないか?

ベルク
ベルク

ありゃ、知らないんですかい?

ベルク
ベルク

……まあいいか、どうせもうそこら中に広まってるもんだし。

ベルク
ベルク

高い山嶺を超えて、悪魔が黄昏に踏み入る。

ベルク
ベルク

血に潜む病は隠れ、徐に死の蔓延を招き入る。

ベルク
ベルク

影から蟲は這い出て、意のままに滅びの前奏を吐き出す。

ベルク
ベルク

そしてフィナーレの合奏は止み、最後の太陽も災いに攫われていくだろう。これが予言の全文です。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……フィナーレ……災い?

ベルク
ベルク

ええ。

ベルク
ベルク

正直言って、今でも最後の一文が何を言ってるのかてんで分からなくてね。

ベルク
ベルク

それ以外の部分ならもう解析はできてるんですよ。

ベルク
ベルク

一段目はロドスのハイビスカスがアーベントロートへやってくること、二段目は鉱石病の潜伏現象が広がること……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんなことが分かってきたのか?

ベルク
ベルク

おいおい、密偵をなんだと思ってるんです?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ベルク
ベルク

そんで知っての通り、三段目もついさっき叶えられた、残すは最後の一段だけ――

ベルク
ベルク

よし、開いた。

ベルク
ベルク

これは……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

実験室!?

(礼儀正しい感染者が部屋に入ってくる)

ツェルニー
ツェルニー

ああ、あなたですか。司会をして頂いて本当に助か――

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

ツェルニーさん、外がとんでもないことになってます!

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

下水道からガスを出すオリジムシたちがわらわらと……!すでに大勢の人がそのガスにやられて、もう町が滅茶苦茶です!

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

これを予言として見ている人たちも大勢います、アーベントロートは今やパニック状態ですよ!

ツェルニー
ツェルニー

一体何があったんだ?

ツェルニー
ツェルニー

パニックはともかく、ガスにやられた人たちは今どうなっていますか?

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

酷い状況ですよ……特に近頃鉱石病の症状が改善した人たちが、急激に発作を起こしまして……

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

すでに各病院方面に連絡を入れたのですが、アーベントロートと聞くや否や、まったく動いてくれそうになくて……

ツェルニー
ツェルニー

動いてくれないだと!?

ツェルニー
ツェルニー

分かりました、今すぐ病院と交渉してきます。

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

でしたら再度電話しましょう、外は危険ですよ!

ツェルニー
ツェルニー

あなた方が電話しても動こうとしてくれなかったんですから、私が電話したところで結果は同じです。こうなった以上、本人があちらに出向くしかありません。

礼儀正しい感染者
礼儀正しい感染者

しかしコンサートはもう明日ですよ、万が一あなたまでガスにやられてしまったら……

ツェルニー
ツェルニー

コンサートを開いたところで、こんな訳の分からない事件で死傷者を出してしまった時に演奏を楽しんでもらえる人がいると思いますか?

ツェルニー
ツェルニー

そんなコンサートなど、こちらからゴメンだ!ましてや何も知らないフリを装って、自分を騙し、無理やり笑顔を引きつりながら音を弾くつもりは毛頭ない!

(悲鳴)

疲弊した感染者
疲弊した感染者

なんなのよこのオリジムシたちの数は!

情熱的な感染者
神経質な感染者

くっさ!なんだこの匂いは……

疲弊した感染者
疲弊した感染者

ほら立って、アタシが支えるから、はやく逃げるわよ!

情熱的な感染者
神経質な感染者

どうやら……予言が当たったようだな……

(神経質な感染者が倒れる)

疲弊した感染者
疲弊した感染者

こんのムシ風情が!近寄るんじゃないよ!

疲弊した感染者
疲弊した感染者

クラウゼ、クラウゼったら!はやく立って――うッ、ゲホゲホッ……

疲弊した感染者
疲弊した感染者

誰か!助けて!誰かァ!

(チェロの音)

疲弊した感染者
疲弊した感染者

チェロの音……ムシたちが音の聞こえてくる方向に向かっていってる?

疲弊した感染者
疲弊した感染者

ともあれ、助かったよ、見知らぬあんた!

疲弊した感染者
疲弊した感染者

ほらクラウゼ、立って、アタシの肩に手を回すんだよ……

疲弊した感染者
疲弊した感染者

……

疲弊した感染者
疲弊した感染者

ほら、アタシが支えてあげるから、はやく逃げるわよ!

(感染者達が走り去る)

クライデ
クライデ

(小声)どういたしまして。

クライデを中心に、チェロの音がアーベントロートの狭い街並みを縫っていく。
チェロの音色が届く場所で、オリジムシたちがこぞって向きを変えた。
毒ガスをまき散らすムシたちはチェロの音色に導かれるまま、あの暗い下水道に帰っていくのだと、半ば包囲された人たちはそう思った。
だがそれは間違っていた。
彼らの目が届く場所に限らず、それ以外の場所にいたオリジムシたちもこぞってクライデのいるところに向かっていったのだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ハァ、ハァ、ハァ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

やっと……外に出られた……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

これから……どうするのだ?アーツでこのムシたちを残らず駆除するのか?

ベルク
ベルク

――何かがおかしい。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

今度は一体なんだ?

ベルク
ベルク

ムシたちが同じ方向に向かっている。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

これは……チェロの音?まさか!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

何をやっているんだ、クライデ!はやく止めないと――ゲホッ、ゲホゲホッ!

ベルク
ベルク

無駄ですよ、いくら叫んだって自分の喉と肺を潰すだけです。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

手を貸せ!音のところに向かう!

ベルク
ベルク

だから叫んでも無駄ですって。

ベルク
ベルク

叫んだところであの音が止まるわけがないじゃないですか。まっ、俺だけ見てるってのも忍びないんでね、手は貸しますよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

二人で道を開ける、クライデのところに行くぞ!

ベルク
ベルク

いや、俺は遠慮させてもらいますよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

カフェに戻るのか?

ベルク
ベルク

ええ、だからここで道をこじ開けたらお別れです。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

カフェに戻って、あの実験室にあったボロ紙を解析するんだな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ならありがたく思うことだな、ヴェルトリッヒ・メロディエンの研究ノートはこの毒ガスにやられた被害者なんかよりもよっぽど興味が湧くものだぞ。

ベルク
ベルク

クライデのことは貴方がやらかしたことなんですから、自分でケツを拭いてくださいな。

ベルク
ベルク

それと、もしあの研究ノートと計画資料に少しでも貴方が書き記した痕跡を見つかった暁には、覚悟してもらいますからね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フッ、それは楽しみだな。

ベルク
ベルク

無駄話はここまでにしましょう。

ベルク
ベルク

三つ数える!合わせるぞ!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました