アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻LE-7「浄められた夜」行動前 翻訳

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いない?

ウルスラ
ウルスラ

ええ、すでに出かけてからしばらく経ちまして……

ハイビスカス
ハイビスカス

どちらに出かけられたのですか?

ウルスラ
ウルスラ

ガス中毒を起こした感染者のために、アーベントロートの外にある病院と交渉しに行ったんじゃないかしら……

(ツェルニーが戻ってくる)

ウルスラ
ウルスラ

先生!お帰りになったのですね!どうでしたか、病院のほうは――

ツェルニー
ツェルニー

なんとか一番大きい二軒が受け入れてくれるように契約を結んだが、ほかは……まるで話を聞いてくれなかった。

ハイビスカス
ハイビスカス

そんな!ロドスと提携を結んでいるのに!

ツェルニー
ツェルニー

ああ、君もいたのか。

ツェルニー
ツェルニー

無駄だ。ロドスと提携を結んだ契約内容は鉱石病が起こした症状の対応に限る、ガス中毒で倒れた感染者を受け入れない理由など向こうからすれば余りあるほどだ。

ウルスラ
ウルスラ

ともあれ、二軒も交渉できたのですから、収容するには十分のはずですよね?

ツェルニー
ツェルニー

フンッ、ああ十分さ!私が持ってるすべての版権を担保にしたんだからな、ヤツらの背後にいる財団なら当然それで十分だと思うさ!

ハイビスカス
ハイビスカス

まさか――ご自分の版権をあの財団に譲渡したんですか!?

ツェルニー
ツェルニー

そうだ、昔所持していた版権だけはない、明日のコンサートで録音したパブリッシュも一緒にな。

ツェルニー
ツェルニー

これで私はまたゼロから……ゴホッ、ゴホッ。

ツェルニー
ツェルニー

ゴホッ……ゴホッ!

(ツェルニーが倒れる)

ウルスラ
ウルスラ

先生、どうされましたか!?先生!

ハイビスカス
ハイビスカス

目が覚めました?

ツェルニー
ツェルニー

うっ……ああ。

ハイビスカス
ハイビスカス

ツェルニーさん、出かける際に防護措置をしませんでしたね?

ツェルニー
ツェルニー

あのオリジムシが出す臭気の対策のことか?一分一秒でもはやく病院との契約を結ばねばならなかったのだ、そんなこと考える暇もないさ。

ハイビスカス
ハイビスカス

もう今日みたいな無鉄砲な行動は控えてくださいね。

ツェルニー
ツェルニー

それを聞くに、どうやら私はまだこの世に居続けられるみたいだな?

ハイビスカス
ハイビスカス

……私がいますから。

ツェルニー
ツェルニー

ふむ、いざ体調を崩すと、医者も少しは目障りではなくなるものだな。

ツェルニー
ツェルニー

感謝するよ、ハイビスカス殿。

ハイビスカス
ハイビスカス

然るべきことをしたまでですよ。

ツェルニー
ツェルニー

それよりもエーベンホルツ、さっきから黙ってどうしたのだ?まさかアーベントロートにいては身の危険を覚えたから、逃げるつもりでいるのか?

ツェルニー
ツェルニー

言っておくが、ここまで来た以上、コンサートは何があっても開催させてもらうぞ、逃げたら承知しないからな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

逃げたら承知しない……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私は……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(小声)今の容態じゃ受け入れられないんじゃないのか?

ハイビスカス
ハイビスカス

(小声)少しは様子を見ておきましょう……

ツェルニー
ツェルニー

どうやら辞退するつもりはないらしいな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

辞退するつもりはない……

ツェルニー
ツェルニー

エーベンホルツ、君はいざ緊張すると他人の言葉を繰り返してしまう癖がある、まあ最初から分かっていたことだが。

ツェルニー
ツェルニー

言いたいことがあるのなら直に言いたまえ。むしろ見てみたいものだよ、こんな体たらくになってしまった私にまだ受け入れられないものがあるのかどうかをな。

ツェルニー
ツェルニー

ゴホッ――ゴホッゴホッ!

ハイビスカス
ハイビスカス

ツェルニーさん、お水を!

(ハイビスカスがコップに水を入れる)

ツェルニー
ツェルニー

ゴホッゴホッ――ゲルトルートめ!

(ツェルニーがコップを叩き割る)

ツェルニー
ツェルニー

それに君もだ、一体なにを考えている!あんな計画に賛同しただなんて!君に見込みを感じていた私が愚かだったよ、陰謀に加わって、音楽であんなものを表現しようなどと!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんなつもりは――

ツェルニー
ツェルニー

ないとでも言いたいのか?ならなぜ最初からあのイカレた女について行った!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ツェルニー殿、確か以前、たとえ骨に刻み込むほどの深い憎悪を抱いていたとしても、必ず適切な技法でそれを表現できると言っていたはずだが、あれも純粋な音楽の一部だ。

ツェルニー
ツェルニー

確かに言ったが、それがどうした?それを言い出す君は何を表現しようというのだ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……今思うと、あの頃の私は確かにどうかしていた、滑稽にすら思うよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

だが私はただ、がむしゃらに自由を追い求めていただけだ。

ツェルニー
ツェルニー

――自由、自由を望んでいたのだか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだ。

ツェルニー
ツェルニー

ならばそれを音楽で表現しようなどと、君にはまだ十年は早い!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それは自分でも重々承知している、だから貴殿のところにやって来たのだ。

ツェルニー
ツェルニー

……フンッ。

ツェルニー
ツェルニー

ならさっさと向かうぞ。

ハイビスカス
ハイビスカス

向かうって、どこに行くんですか?

ツェルニー
ツェルニー

決まっているだろ、ザールだ。

ツェルニー
ツェルニー

以前ゲルトルートはくだらん言い訳で私を休憩室に入らせないようにしていた、その彼女が中でどんな小細工をしたか見てみようじゃないか。

ハイビスカス
ハイビスカス

しかしお身体のほうはまだ……

ツェルニー
ツェルニー

ここで彼とあの女に憤死するぐらいなら、ヤツらがなにを企んでいるかこの目で見定めてやったほうがまだ身体にいい。

ハイビスカス
ハイビスカス

エーベンホルツさん、ゲルトルートは休憩室になにか小細工をしたと言いますけど、本人から何か教えられていませんか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや――

ツェルニー
ツェルニー

教える必要はない。

ハイビスカス
ハイビスカス

なにか見つかったのですか?

ツェルニー
ツェルニー

これのどこが小細工なんだ……

ツェルニー
ツェルニー

そこにあるスピーカーだが、明らかに中をバラされた痕跡が残っている。それとあそこの蓄音機もそうだ、ネジすら締め戻していない――フッ、ドライバーすら片付けられていないときた。

ツェルニー
ツェルニー

流石は貴族様々だな、こんな後片付けもズボラだとは、思わず笑ってしまうほどだよ。

ツェルニー
ツェルニー

ハイビスカス殿、向こうにある蓄音機を持ってきてくれないか、ヤツがアーム以外に何を仕掛けたか確認したい。

ツェルニー
ツェルニー

……

ツェルニー
ツェルニー

見てみろ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

蓄音機の中にピックアップを仕込んでいる?これでは電子回路同士が邪魔をしてまとも作動できるはずが……

ツェルニー
ツェルニー

針はすでに抜かれている、これはもはやただのメガホンだ。

ツェルニー
ツェルニー

あそこにあるスピーカーもそうだ、中身の回路が丸ごと取り換えられてメガホンに改造されている……休憩室にこんな大量のメガホンを設置して何をしようとしているのだ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それに関してはまったく聞かされていない。

ツェルニー
ツェルニー

なら舞台に上がって適当に吹いてくれないか?このメガホンたちの目的を知るにはそれが一番手っ取り早い。

(フルートが鳴る音)

ハイビスカス
ハイビスカス

何もおかしな点はなさそうですが……?

ツェルニー
ツェルニー

ああ、同感だ。

ツェルニー
ツェルニー

今度は少しだけアーツを展開するようエーベンホルツに伝えてくれ……眠気を覚ます一番簡単なヤツをだ、必ず出力を最弱にするよう注意するんだぞ。

(先程よりも大きなフルートが鳴る音)

ツェルニー
ツェルニー

!!

ツェルニー
ツェルニー

ゴホッ、ゴホッゴホッ――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ツェルニー殿!

ツェルニー
ツェルニー

ゴフッ……

ツェルニー
ツェルニー

心配はいらない……少し、動悸が激しくなっただけだ……

ツェルニー
ツェルニー

エーベンホルツ、ここでもう一度先ほどのアーツを展開してくれ、音量には気を付けるんだぞ。

(フルートの音が反響する)

ハイビスカス
ハイビスカス

今のは……反響音ですか?

ツェルニー
ツェルニー

いや、外からだ。

ハイビスカス
ハイビスカス

しかしエーベンホルツさんが吹いたフルートの音ですよ?

ツェルニーは口を開くも、声は出なかった。
彼は分かってしまったからだ。
そんなハイビスカスは彼の面持ちから、興奮でもなく、怒りでもなく、恐怖を見て取れた。
純粋なる恐怖を。

ツェルニー
ツェルニー

……

ツェルニー
ツェルニー

ゲルトルートはこの休憩室を、いや、このアーベントロートザール全体を、巨大なメガホン兼アーツの増幅装置に改造したんだ。

ツェルニー
ツェルニー

音楽のアーツを検知しない限り、このメガホンたちが稼働することはないが……

ツェルニー
ツェルニー

いざ舞台で音のアーツを出せば、このメガホンたちが自動的にそれを検知し……アーツは指数関数的に増幅され、アーベントロートザールの外まで会場内の音が拡散されていく……

ツェルニー
ツェルニー

それは漏れ出したヴェルトリッヒ・メロディエンとその共鳴とて……例外ではない。

ハイビスカス
ハイビスカス

ッ!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

(呆然とした眼差し)

ハイビスカス
ハイビスカス

つまり、音が届く範囲内の区域全体にある源石が急激に活性化し、ヴィシェハイムにいる全員が、ほぼ例外なく、感染してしまうと……

ハイビスカス
ハイビスカス

すでに感染してしまった人たちは急激に症状が悪化し、遺体も速やかに崩壊してしまい、大量の活性源石の粉塵が辺りにばらまかれ……

ハイビスカス
ハイビスカス

そしてここら一帯は感染地域になってしまい、ヴィシェハイムは完全に外界からシャットアウトされてしまう――

(何者かが近寄ってくる)

???
???

お話をされてる最中にお邪魔してしまい申し訳ございませんが、一点だけ訂正して頂きたい箇所がございまして。

???
???

こんなにも美しい夜に、なぜヴィシェハイム全域に目覚ましのようなアーツを放たなければならないのですか?よく不眠に悩まされる私としては嬉しい話なのですが……

ハイビスカス
ハイビスカス

すみません、こっちはいま大事な話をしてるところですので……

ツェルニー
ツェルニー

ゲルトルート!?

ゲルトルート
ゲルトルート

Guten Abend、ツェルニー殿。

ゲルトルート
ゲルトルート

それとそちらがロドスのオペレーターであるハイビスカス殿でいらっしゃいますね?お会いできて光栄です。

ゲルトルート
ゲルトルート

何やらそちらでショックを受けたような青年もいらっしゃるようですが……差し支えなければ私の拙宅までお越し頂き、お飲み物を飲まれた後に、一晩ぐっすりと眠られてから、翌日にまた心機一転されては如何です?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

げ――ゲルトルート……貴様よくも――

ゲルトルート
ゲルトルート

私が、なんです?まさか私が貴方様を騙し、危うく町の半分の人々を死滅させる殺人鬼に仕立てられそうになった、とでも言いたいのですか?

ゲルトルート
ゲルトルート

そうではないでしょう。

ゲルトルート
ゲルトルート

貴方様が本当に怒るべきことは、私が貴方様を弄び、ご自分ではまったく察知できず、危うく私が貴方様の命を屠っていたかもしれないことにございますよ、違いますか?

ゲルトルート
ゲルトルート

もう少し貴族としての気迫を出してくださいな、ウルティカ伯。さあ、仰りたいことがあれば、何なりと。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

ハイビスカス
ハイビスカス

彼女の挑発にノってはいけません、エーベンホルツさん。

ハイビスカス
ハイビスカス

代わりに私が一つお尋ねします、一体なんの目的でここに現れたのですか?

ゲルトルート
ゲルトルート

あなた方に起こされてしまったからに決まっているではありませんか、ほかに何があると?

ハイビスカス
ハイビスカス

では、先ほどの拡散された音のアーツを聞いて、メガホンを設置するも失敗が露呈してしまったことに気付いたため、ここへやって来たということですね?

ゲルトルート
ゲルトルート

ご名答。

ゲルトルート
ゲルトルート

実に残念です、あと一日経てば、私の計画は円満に終えたはずなのに。

ハイビスカス
ハイビスカス

こういう時は真っ先に逃げるのが上策なのではないのですか?まさか私たちを倒せばまた計画を継続できると?

ハイビスカス
ハイビスカス

もはやエーベンホルツさんがあなたに手を貸すことはなくなりました、いくらコンサートを利用して陰謀を起こそうとしても、もう実現は不可能です!

ゲルトルート
ゲルトルート

そうですか?私はそうは思いませんが。

ゲルトルート
ゲルトルート

エーベンホルツとクライデがいる限り、私の計画に失敗などはありませんよ。

ゲルトルート
ゲルトルート

あなた方を片付ければ、私は引き続きウルティカ伯との直談判ができるようになる。ウルティカ伯は貴族のこういった値引き交渉のことをよくご存じでおられますからね、きっと考えを改めてくれることでしょう。

ゲルトルート
ゲルトルート

なにより、あなた方が私に勝てるとは到底思えませんので。

ゲルトルート
ゲルトルート

二人ともウルティカ伯と同程度の実力があるのでしたら、確かに私だけでは勝ち目はないでしょう、しかしあなた方三人では、フフッ……いや、これは失敬。

ハイビスカス
ハイビスカス

……それはどうでしょうね。

ゲルトルート
ゲルトルート

ウルティカ伯、ここで両者ともに一歩退くのは如何です?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

一歩退くだと?

ゲルトルート
ゲルトルート

ええ、ここにあるメガホンを取り外す代わりに、貴方様には引き続き私に協力して頂きたいかと。そうすればクライデ殿一人の死だけで犠牲は済みます、どうせ彼はもう数日ももたない命ですから。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それに応えてやれると思うか。

ゲルトルート
ゲルトルート

それは残念です、ウルティカ伯。今の貴方様は勢いまかせで、最悪な選択をしてしまったものですよ。

ゲルトルート
ゲルトルート

それが本心だと言うのであれば致し方ありません、本当に残念です――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

黙れ――

ゲルトルート
ゲルトルート

一生後悔するでしょうね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

黙れェッ!!

ゲルトルート
ゲルトルート

となれば、ここで決着をつけましょう。

ゲルトルート
ゲルトルート

もし私が勝ったら、アーベントロートの守護者を自称する者には黙って頂き、ウルティカ伯と談判させてもらいます。

ゲルトルート
ゲルトルート

もしあなた方が勝ったら、もはやこちらに言い分もありません、負けは負けですからね。

ゲルトルート
ゲルトルート

さあ、ロッドを抜いてください、ウルティカ伯。まさかその二人の感染者に代わりをやらせるおつもりではありませんよね?

ハイビスカス
ハイビスカス

言ったはずです、そんな挑発をしても無駄だと。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いいや邪魔するな、ハイビスカス、今日こそは必ずこいつを――

ハイビスカス
ハイビスカス

よく考えてくださいエーベンホルツさん、ここがどこで何を仕掛けられているのか分かってるんですか!

ハイビスカス
ハイビスカス

少しもアーツを使わないのであれば結構ですが、もしそうじゃなかったら感染が広がる前にヴィシェハイム全域にいる住民たちが狂ってしまいますよ!

ゲルトルート
ゲルトルート

やれやれ、ハイビスカス殿はよく頭が冴えてらっしゃる、実に厄介だ。

ゲルトルート
ゲルトルート

仕方ない、見破られてしまったのなら、大人しく外で雌雄を決しましょう。

ゲルトルート
ゲルトルート

先に言っておきますが、逃げれば勝ちだとは思わないように。私個人は無関係な人に危害を加えるつもりはありませんが、部下に関してはその限りではございませんので。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そんな大所帯を連れていることから、さぞ自信がないようだな。

ゲルトルート
ゲルトルート

やっと聞き覚えのある当てこすりを仰ってくださいましたね、感動して涙が零れてしまいそうなほどですよ。

ゲルトルート
ゲルトルート

どうやら本調子に戻ったようですね、ウルティカ伯?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

無論だ、ゲルトルート殿。

ゲルトルート
ゲルトルート

では外へ出ましょう、痛快に一戦交わろうではありませんか。

ゲルトルート
ゲルトルート

ウルティカにいた頃はまったくこういったちゃんばらごっこを遊べなかったものですから、きっと物寂しいことでしょう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ほかに遊び相手がいたら、私だって貴殿のようなおば様とは遊びたくもなかったさ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なにせ貴殿は自分の兄とも爵位を争ったことがないのだろう?兄が死んでようやくその位に就けたとなれば、きっとロクにケンカしても兄に負かされてばかりだったはずだな。

ゲルトルート
ゲルトルート

大変素晴らしい口弁でございます、ますます嫌いになってきましたよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フッ、それはこっちのセリフだ。

 

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました