アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-8「運命」行動後 翻訳

お爺さん
お爺さん

バカな子だ、本当にバカな子だ……

お爺さん
お爺さん

君がそんなことをしなくたっていいのに……

お爺さん
お爺さん

この大地はまだ君にたくさんの借りを返しきれていないのに、なぜそんなことを……

ハイビスカス
ハイビスカス

お爺さん!?

ハイビスカス
ハイビスカス

はやくここから離れてください!ここにある源石の活性度がどんどん上昇してますよ!

お爺さん
お爺さん

最後ぐらい孫の顔を見させてやってくれ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あともう少しだ!ハイビスカス、彼の注意を逸らして――

お爺さん
お爺さん

クライデ、お爺ちゃんならここだよ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なにを!?

お爺さん
お爺さん

クライデ、わしのかわいい孫よ。

お爺さん
お爺さん

もしこの世を恨んでいるのなら、その恨みをわしにぶつけなさい。

お爺さん
お爺さん

何もかもを破壊してやりたいのであれば、その衝動をわしにぶつけるといいさ!

お爺さん
お爺さん

わしはずっと君にウソをついてきた、何年も何年も……君のために死のうとは思っていたが、まさか君をこんな目に遭わせてしまったとは!

お爺さん
お爺さん

君がほかの人たちを活かすと選んだのなら、先の長くないわしが君と連れ添おう。

お爺さん
お爺さん

さあ、一緒に逝こう、わしの可愛いクライデよ!

源石結晶に覆われたバケモノはもはや老人の言葉を理解できていない。
先ほどの目覚めだけでも奇跡中の奇跡だったのだ。今のバケモノはただチェロの音色を伴い、周りを永劫なる虚無へと引きずり込もうとしているだけ。
そしてバケモノは、声が伝わってくるほうを向き、勢いよく死の旋律を奏でた。

(アーツ音と爆発音)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

爺さん!?

(ハイビスカスが膝をつく)

お爺さん
お爺さん

お嬢さん、なぜそんなことを――

ハイビスカス
ハイビスカス

――エーベンホルツさん、ここは私が防ぎますから、今のうちに!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

はあああああああ!!!

ゲルトルート
ゲルトルート

そんなバカな!?

ゲルトルート
ゲルトルート

友情も犠牲も献身も――そんな幼稚な信念など、現実の中でズタズタに砕け散って当然なのに、なぜ、なぜだ!?

ゲルトルート
ゲルトルート

いや、まだ終わってはいない!

ゲルトルート
ゲルトルート

確かにクライデは二つのメロディエンを無理やり自分の内側に閉じ込めたが、それでもメロディエンたちが重なった際の狂気と無秩序に耐えられまい!

ゲルトルート
ゲルトルート

私の耳には届いているぞ、クライデの旋律は消えたが、それでもエーベンホルツのメロディエンはまだ存在している、私にはまだ――

(ベルクがゲルトルートに切り裂く)

ゲルトルート
ゲルトルート

がはッ!

ベルク
ベルク

もういい、シュトレッロ伯。

ゲルトルートのハープの弦に携えられた腕がガクリと枝垂れる。
ベルクは匕首をゲルトルートの背後から抜き取り、血が彼の衣装を染めた。

源石の外殻が次々と剥がれ落ちていく。
広場にはなんら声はなかった、ただ活性した源石の外殻が地面に落ちた際のくぐもった音だけが木霊する。
そして外殻がすべて剥がれ落ちた後、その場に倒れていたのは、息絶え絶えなクライデと、彼のチェロだけであった。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ!待ってろ……待っていろ!!

ハイビスカス
ハイビスカス

待ってください!今の彼は危険です、まずは末期感染者対処センターを呼んで……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

まだそんなことを言ってるのか!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデが死ぬはずがないだろ!

(エーベンホルツがクライデに駆け寄る)

クライデ
クライデ

がはッ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ、しっかりしろ!

エーベンホルツ
エーベンホルツ

見たか!クライデは助かったんだ!

ハイビスカス
ハイビスカス

……

クライデ
クライデ

エーベン……?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ここだ、私ならここにいるぞ!

クライデ
クライデ

そんなこと……しなくていいのに、もうボクは……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

クライデ
クライデ

(深く息を吸いこむ)

クライデ
クライデ

なんだか……身体が軽いや……

クライデ
クライデ

ずっとあった痛みも、今はもうすっかり……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ、治るさ、きっと治るさ……

クライデ
クライデ

ねえ、エーベン、よく聞いてね……これが最後の会話だから。

クライデ
クライデ

ボクの話を……しっかり聞いてね。

クライデ
クライデ

生きて、エーベン……君はこの長い夜を、走り抜けるんだ。

クライデ
クライデ

この理不尽な運命に抗って、ほかの人のためになることをするんだ。

クライデ
クライデ

そうすれば、君が休んだ時に、ボクを思い出すことができるからね。

クライデ
クライデ

それでボクは君にこう訊ねるんだ、今日はどうだったって。

クライデ
クライデ

そして、君は胸を張ってボクにこう答えるんだよ、今日も充実な一日を過ごせたって。

クライデ
クライデ

その時はきっとボクに、それまでに遭った障碍や、いつまでも自分に振り向いてくれない運命に対して色々と文句を言うかもしれないけど……

クライデ
クライデ

でもいいんだよ、ボクは全部聞いてあげるから。

クライデ
クライデ

だって君は、こんなにも頑張ってきたじゃないか……文句の一言や二言吐いたってバチは当たらないよ。

クライデ
クライデ

そうしないと、君はこの大地にある苦痛に埋もれてしまうんだ、自分の暮らしから安寧が消え去ってしまうんだ。

クライデ
クライデ

いいかい、憶えておくんだよ、エーベン……かつてボクたちは一緒に理不尽な運命に抗った、そして勝ったってことを!

クライデ
クライデ

だから、ボクを思い出す時は、笑ってね、泣いちゃダメだよ?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ……ああ!

クライデ
クライデ

それと、ごめんね、エーベン。

クライデ
クライデ

まだ君に……何を贈ればいいか……思いつか……な……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なんだっていい!だから頼む、死なないでくれ……頼む……

クライデ
クライデ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデ?おいクライデ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデェェェェェェェ!!!!!!

ベルク
ベルク

彼らならきっといつかはズタズタに砕け散るさ、だが今じゃない。

ベルク
ベルク

友情と犠牲と献身か……

ベルク
ベルク

確かに、彼らはまだ幼稚かもしれない、だが少なくとも誰かが彼らに対して同情の涙を流してくれる。

ベルク
ベルク

それに比べてあんたはどうだ、シュトレッロ伯。

ベルク
ベルク

あんたは自らの手で自分とツェルニーとの間に芽生えた友情を摘み取ってしまった。

ベルク
ベルク

あんたは自分の兄を殺しただけでなく、その兄を無能だと嘲った。

ベルク
ベルク

それに他者を自分のために献身させようとしたが、あんたは他者のために何をしてやった?

もはやゲルトルートは動かなくなかったが、唇だけが微かに震えていた。
「呪ってやる」と。
ベルクがゲルトルートの唇を読む。
「死の淵まで呪ってやる。」
「エーベンホルツよ、永遠に血筋の狂気に囚われ続けるがいい。」
「アーベントロートよ、汝は滅びに向かうがよい。」
「リターニアよ、永遠に巫王の陰に怯え震えるがいい。」
「そして巫王よ、永久に死しても安らぐことなかれ。」

ベルク
ベルク

……醜いな。

ベルク
ベルク

さっきの自分は些か衝動的だったことは認めよう、だが大衆の安全を脅かす要素を速やかに排除するのも、俺の仕事のうちなんでね。

ベルク
ベルク

あんたには詳細な報告を書いておいてやるよ、シュトレッロ伯。

ベルク
ベルク

Gute Nacht、他者を呪わずに済む夢を。

ハイビスカス
ハイビスカス

手から血が流れていますよ、エーベンホルツさん!まさか源石に刺されたんですか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

あぁ、そうみたいだな……血が出てる。

ハイビスカス
ハイビスカス

ならすぐに相応の治療を――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

治療か?なら真っ先にクライデのほうを治療しろ!

ハイビスカス
ハイビスカス

エーベンホルツさん、彼はもう……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

やめろ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それを言うな、ハイビスカス、頼む……

ハイビスカス
ハイビスカス

……はい。

ハイビスカス
ハイビスカス

しかしクライデさんは……感染者です、もし末期感染者対処センターに連れて行きたくなくとも、せめて密閉性が高い部屋を探してあげてください、彼のためにも……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ああ、分かった……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

じゃあ……ザールの休憩室にしよう。

ハイビスカス
ハイビスカス

分かりました、ではクライデさんを送りますね。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私も行く。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

さあ、クライデ、一緒にいこう。

丁寧にクライデを抱え上げるエーベンホルツだが、源石に何度傷を付けられても、彼はまったく意に介さなかった。
彼は徐々に暖かさを失っていく友の身体を抱えていく、まるで短くも美しかった夢を抱くように。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

もうすぐだ、クライデ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

もうすぐ、もうすぐだからな。

???
クライデ?

ありがとう。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なっ――まだ生きてたのか!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なら今すぐハイビスカスのところに――

???
クライデ?

ううん、ここでいい。ボクをこの建物に安置させてくれ。

???
クライデ?

もし君がまたアーベントロートに戻ってきたら、きっとすごくすごく仲が良かった友人を思い出すはずだ。ここで喧嘩したことも、一緒に笑ってやったことも……

???
クライデ?

そして、一緒に見事なまでの合奏を仕上げたことも。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

いや違う、貴様はクライデじゃない、貴様は――

???
クライデ?

どうした、これを求めていたのではないのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

黙れクソジジイ、クライデを汚すことは断じて許さんぞ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

クライデは命を投げ打ってまでメロディエンを取り除いてくれたのに、なぜ……まだ私の脳内にいるんだ!?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

警告だ、これ以上クライデの真似事などをしようものなら、ここで自分の頭をかち割ってやらんでもないぞ?

???
脳裏の声

(ため息の声)

???
脳裏の声

余の血脈はなんと愚かなものだろうか。

それからして、再びエーベンホルツの耳に声が伝わってくることはなかった。
そしてますます重くなっていくクライデの身体を抱えながら、一歩一歩アーベントロートザールの休憩室へと向かっていく。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ついたぞ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

私は部屋をしっかり密閉しておくから、貴殿はソファーでしばらく横になってくれ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ここのソファーはふかふかだからな、きっと気持ちがいいはず――

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ふかふかな、ソファーか……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿は我が家にいても、ベッドで寝たことさえ……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……きっと、私もすでに感染してしまっているのだろうな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

以前までは少し力まないとアーツを出せなかったのだが、今はもうそれすら必要なくなった。感染することも、悪くはないのかもしれないな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

よし、こんなものだろう。あとは私が外に出てドアを閉めれば……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ほかに……何かやり残したことは……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

そうだ……贈り物。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

このチェロ、貰っていくぞ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿のために買ってやったというのに、今や私が貰うことになるとは、まったく……

それから唇を微かに震わせただけで、エーベンホルツは口を噤んだ。
そして静かに佇んでしばらくして、腰を曲げ、静かに自分の使い慣れたフルートをクライデの傍に置く。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

以前穴を開けたコインを欲しいと言っていたが、すまない、今はこのフルートしか手元になくてな……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

本当に、すまない……

エーベンホルツ
エーベンホルツ

すまなかった……

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました