アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】塵影と余韻 LE-ST-3「新世界より」 翻訳

???
???

これで全部か?

そそっかしい貴族
落ち着いた貴族

はい、包み隠さず。

???
???

こういった処分とは……些か予想外だな。

そそっかしい貴族
落ち着いた貴族

これから如何致しましょう。

???
???

如何致すだと?致すもなにもないだろ。

???
???

今回の一件は元より君とはなんら無関係だったのだ、今のヤツも少しだけ問題を起こした領地を処分するだけ、君となんの関係があるというのかね?

そそっかしい貴族
落ち着いた貴族

ごもっともでございます。しかしそれでは、あの感染者たちも引き続きあの区画で暮らすことになります、万が一根も葉もないことを言いふらす恐れも……

???
???

それがどうした?感染者の世迷言を信じるヤツがいるとでも思っているのか?

そそっかしい貴族
落ち着いた貴族

ではこれからは、どう……

???
???

これからだと?

???
???

焦る必要はない、これよりもまだまだやるべきことは山積みだぞ。

???
恭しい従者

……以上が本件の最終報告にございます。

女性
女性

うむ、ご苦労。

女性
女性

あのツェルニーとやらが今回の一件で書き上げた曲だが、手元に収めておるか?

???
恭しい従者

女帝の声が随時譜面に起こして頂けます、お求めになられるのであれば数時間後には御前で演奏して差し上げられるかと。

女性
女性

譜面に起こす必要はない、録音で十分だ。

女性
女性

……

女性
女性

悪くない曲だ、彼奴が曲を書き上げる際の心の奥底から発せられた怒りの叫びすら聞こえてくるぞ。

女性
女性

中々才のある男だが、如何せんまだまだだな。

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

結果はどうだった?

情熱的な感染者
消沈した感染者

まあ、悪くはなってないよ。

情熱的な感染者
消沈した感染者

アンダンテが言うには、あの一件で感染者の容態に非常に奇妙なことが起こったらしい、なにも大勢の人があれから長い安定期に入ったとか、俺も例外じゃないってよ。

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

またこの前みたいに、良くなってから悪化することはないだろうな?

情熱的な感染者
消沈した感染者

アンダンテが言うには、徹底的にこの現象を調べた際、事件で発生した活性源石がほぼ低活性化状態に入ったってよ。

情熱的な感染者
消沈した感染者

だから言い換えると、俺はもう暫くのらりくらりと過ごすことができるってことだ。

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

それはよかった……

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

そうだ、ついでに公爵様がアーベントロートをどうするかについてアンダンテに聞いてみたか?

情熱的な感染者
消沈した感染者

どうやら女帝の声から公爵様にアーベントロートには触れるなとのお達しが来たらしい、まあ彼女も噂に聞いた程度だが。

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

おお、なんてありがたいことか!女帝陛下の寛大なるお慈悲に感謝致します――

情熱的な感染者
消沈した感染者

シーッ!声が大きいって!

情熱的な感染者
消沈した感染者

……

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

はぁ、でもこれからどう過ごせばいいんだろう……

情熱的な感染者
消沈した感染者

少しは口を閉じときな、また事態をしっちゃかめっちゃかにしたいのか?

情熱的な感染者
消沈した感染者

これからどう過ごせばいいかって?そんなの過ごせばいいだけの話じゃないか。

礼儀正しい感染者
緊張しい感染者

でも、こっちはもっと長生きがしたいんだ。

情熱的な感染者
消沈した感染者

だったらなおさら口を閉じとくんだな、そのほうが確実だよ。

アンダンテ
アンダンテ

……

アンダンテ
アンダンテ

ハイビスカスさん、私いまやっと分かりましたよ、知らないほうが幸せなこともあるんだって。

アンダンテ
アンダンテ

この引き継ぎ作業を終えたら、私もほかの場所への異動を申請しよっかな。

アンダンテ
アンダンテ

もしくは本艦に上がるのもいいかも……

ベルク
ベルク

止まれ。

ベルク
ベルク

あんたを探すために、こっちは色々と手間がかかったよ。

お爺さん
お爺さん

……

ベルク
ベルク

何か言いたいことはあるか?

お爺さん
お爺さん

……君たちだろ、クライデをヴィシェハイムへ行くように仕向けたのは?

ベルク
ベルク

……

お爺さん
お爺さん

コンサートの報酬はともかく、色々とあの子に真実を教えてやったな?わしの容態で金稼ぎに焦っていたあの子をあの事件に引きずり込ませるために……

お爺さん
お爺さん

あの子は貴様らとなんら関係はなかったはずだ、なのになぜそんなことをした!?

ベルク
ベルク

内情を知ってるのなら、なおさらあんたを逃すわけにはいかなくなったな。

お爺さん
お爺さん

フンッ、構わんさ。どうせもう日も長くない。

ベルク
ベルク

いいだろう、同じ密偵仲間だったことに免じて、教えてやる。

ベルク
ベルク

シュトレッロ伯がすでにクライデを探し始めていた、見つかるのも時間の問題だったろうな。

お爺さん
お爺さん

それがどうした?クライデはずっとわしの傍にいたんだ、なら貴様の手の内にあるようなものだろ!

ベルク
ベルク

あんたは彼女の研究ノートを見たんだから、分かっているはずだ。彼女のメロディエンに対する研究は確かに目を見張るものだよ。

ベルク
ベルク

あのノートを手に入れない限り、こっちは彼女がどこまで研究を進めているか分からないもんでね、今はその研究に深い造詣を有しているってことしか把握できていない。

ベルク
ベルク

だからあのまま研究させれば、おそらくはメロディエンを利用してもっと恐ろしいことをしでかしていた可能性があった。例えば遠距離から誘発と共鳴を引き起こすとかな、それが起こるのが恐ろしくて堪らなかったさ。

ベルク
ベルク

目を覚ましたら、傍にいた孫がバケモノになっていたことになっても、あんたはそれでよかったのかよ?

ベルク
ベルク

そんなことになるぐらいなら、さっさとクライデを彼女のもとに引き渡して、待ったなしに、技術がまだ成熟していない段階に計画を敢行させたほうがまだマシだったさ。

ベルク
ベルク

どうだ、まだほかに聞きたいことはあるか?

お爺さん
お爺さん

もしエーベンホルツが会場内にあるメガホンに気付かなかったら、どうするつもりだったんだ?

ベルク
ベルク

……どうもこうもないだろ。

ベルク
ベルク

アーベントロートと一緒に、俺も死ぬだけだ。

お爺さん
お爺さん

……そうか、ならもう聞きたいことはない。

ベルク
ベルク

じゃあ、ご同行願おうか。

お爺さん
お爺さん

わしを殺さないのか?

ベルク
ベルク

あんたを殺しても何も出ないさ、むしろこっちも萎えちまう。

ベルク
ベルク

さあ、俺のカフェでコーヒーをご馳走しよう、一緒にあのバカで尊敬に値する若い二人のことを語り合おうじゃないか。

お爺さん
お爺さん

わしに拒否権は?

ベルク
ベルク

あると思うか?

ハイビスカス
ハイビスカス

ラヴァちゃん?

ラヴァ
ラヴァ

なんであんなことをしたんだ?もしアンタに何かあったら、絶対に一生許さなかったんだからな!

ハイビスカス
ハイビスカス

え?

ハイビスカス
ハイビスカス

あぁ、ヴィシェハイムのこと?でもほら、私は無事だったんだし――

ラヴァ
ラヴァ

根も葉もないデマを信じる連中と睨み合って、メロディエンの影響を受けるかもしれないのに逃げないで、まともにアーツも使えないのに死ぬつもりで戦ったのはどこのどいつだよ!

ハイビスカス
ハイビスカス

どうしてそれを知って……

ラヴァ
ラヴァ

ツェルニーさんに会ったんだ!そしたら全部教えてくれた!

ハイビスカス
ハイビスカス

えぇ……知りたかったら、私に直接聞けばよかったじゃない?

ラヴァ
ラヴァ

元々リターニアでアタシにピアノを教えてくれたヨハン先生のことについてツェルニーさんに聞こうとしたんだが、まさかそこからアンタがあんなことを……

ラヴァ
ラヴァ

あんなことを……

ラヴァ
ラヴァ

……

ラヴァ
ラヴァ

――言っておくけどな!金輪際あんな無茶なことをするんじゃないぞ!わ……分かったか!

ハイビスカス
ハイビスカス

もう、泣かないでよ、こうして無事に生きて帰ってきたじゃない。

ラヴァ
ラヴァ

でもアンタの感染度合いが――!

ハイビスカス
ハイビスカス

確かにメロディエンでかなり進んじゃったけど、それでも抑えられたわ、だから……

ラヴァ
ラヴァ

抑えられたからいいって問題じゃないだろ!アンタはいつもいつもアタシに健康には気を付けろと口酸っぱく言ってるくせに、なんで自分のことになったらどうでもよくなるんだよ!

ラヴァ
ラヴァ

もしアンタが……いなくなったら、アタシは……アタシは……

ハイビスカス
ハイビスカス

……

ハイビスカス
ハイビスカス

ごめんねラヴァちゃん、これからは絶対自分を大事にするってお姉ちゃん約束するから、許してくれない?

ラヴァ
ラヴァ

本当だろうな?

ハイビスカス
ハイビスカス

本当よ。

ラヴァ
ラヴァ

ウソつくんじゃないぞ!

ハイビスカス
ハイビスカス

そんなまさか。ドクターから結構長い休暇を頂いたんだし、これからちゃんと休養に回るからさ。

ハイビスカス
ハイビスカス

ほら、そのヨハン先生のことを聞きたかったんじゃなかったの?先生がどうかした?

ラヴァ
ラヴァ

ツェルニーさんが言うには、一年前にある交流会でヨハン先生を見かけたらしい、元気だったってことだ。

ラヴァ
ラヴァ

というか、アーツロッドが笛になってるじゃないか。まさかせっかくのリターニアだから、アンタもそこで音楽を少し習ったのか?

ハイビスカス
ハイビスカス

ああ、これのこと?

ハイビスカス
ハイビスカス

せいぜいアーツロッドとして使ってるだけよ、吹けはしないわ。

ラヴァ
ラヴァ

本当か?

ハイビスカス
ハイビスカス

本当よ。

ラヴァ
ラヴァ

まさか、恥ずかしがってるのか?

ハイビスカス
ハイビスカス

恥ずかしがってるわけないでしょ。

ラヴァ
ラヴァ

だったら吹いてみろ!そしたら信じてやる!

ハイビスカス
ハイビスカス

えっ……じゃあ、本当に吹くよ?

ラヴァ
ラヴァ

吹け!

(ラヴァが部屋から飛び出す)

ラヴァ
ラヴァ

下手くそ過ぎんだろ!!!

ツェルニー
ツェルニー

ご関心を寄せて頂き感謝します、ドクター。お陰様でよくなりました。

ツェルニー
ツェルニー

それに、アーベントロートまでをも保護して頂いて、今一度感謝を申し上げます。

ツェルニー
ツェルニー

あなたがロドスを代表して交渉してくれなければ、女帝の声がたかだだかアーベントロートについて言及してはくれませんでしたから。

 

ドクター
ドクター
[ドクター]然るべきことをしたまでだ。
ツェルニー
ツェルニー

ご謙遜を。

ドクター
ドクター

・感染者を助けることをロドスは旨としているからな。
・エーベンホルツと比べたら、アーベントロートはまだやり易かったよ。

感染者を助けることをロドスは旨としているからな。エーベンホルツと比べたら、アーベントロートはまだやり易かったよ。
ツェルニー
ツェルニー

仰る通り、ここに来てますますそれを実感します。

ツェルニー
ツェルニー

……

ツェルニー
ツェルニー

それで、私に何かご用ですか?

ドクター
ドクター

前線に出たいとの申請だから、本人の意志を確認したくて。

ツェルニー
ツェルニー

私の意志ならすでに申請書に書いているはずですが。

ドクター
ドクター

あなたの容態は目下安定はしているが、それでも感染度合いが深刻だ。

ドクター
ドクター

戦場にはどんな可能性だって潜んでいる。

ツェルニー
ツェルニー

覚悟ならできています。

ツェルニー
ツェルニー

ハイビスカスにコンサート会場まで支えてもらった時から、すでに死への覚悟はできていましたよ、ドクター。

ツェルニー
ツェルニー

様々な紆余曲折があり、私の甘い考えとはまったくことなる結末を辿って、私は……生き延びてしまいましたがね。

ツェルニー
ツェルニー

なんとも不思議な気分です、ただ……言葉だろうと音楽だろうと、それをうまく表現できなくて。

ツェルニー
ツェルニー

それを表現できる方法を前線から見つけたいなんて贅沢は求めません。ただ、まったく異なる方法で感染者のために戦うことが、私にとってもメリットになるのでは、というのが私の今の考えです。

ドクター
ドクター

あなたの気持ちは理解した。

ドクター
ドクター

申請結果が出るには時間を有する、しばしの間待って頂きたい。

ツェルニー
ツェルニー

分かりました。

ツェルニー
ツェルニー

ところで、エーベンホルツもロドスに入ったはずですよね?

ドクター
ドクター

・もちろん。
・どうして急にそれを?

ツェルニー
ツェルニー

ロドスに入った翌日から、まったく彼の姿を見ないものでして。

ツェルニー
ツェルニー

たまに、あの黒装束のウルティカ伯は本当に亡くなってしまったのではないかと思えてしまうほどに。

ドクター
ドクター

・リターニアの公式見解からすれば、確かに彼は死んだな。
・彼なら元気だ、しばらくは一人にさせてやろう。
・皮肉にも、それが却ってリターニアとの協力を得られた。

ツェルニー
ツェルニー

……そうですね。

ツェルニー
ツェルニー

では、ここで失礼させてもらいます、ドクター。

ドクター
ドクター

彼のことだが、ちょうど今から彼に会う仕事があったな。

ドクター
ドクター

会ってみるかい?

ツェルニー
ツェルニー

……

ツェルニー
ツェルニー

いえ、結構です。あの一件で彼はとてつもなく大きなダメージを受けてしまいました、私の口から理解できるなんてことは口が裂けても言えません、想像するほかないぐらいのダメージでしょう。

ツェルニー
ツェルニー

ですので向こうから私やハイビスカスに会いたいと言ってくれた時に、また会いに行きます。

ツェルニー
ツェルニー

では失礼します、ドクター。

ドクター
ドクター

・お大事に。
・……
・平時でも、また素晴らしい音楽を創ってくれることを期待している。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ドクターか?よくここが分かったな。

ドクター
ドクター

・ここはいい風が吹く、ストレス発散にはもってこいだからな。
・……
・あるオペレーターがここで君を見かけたと言っていてね。

ここはいい風が吹く、ストレス発散にはもってこいだからな。……あるオペレーターがここで君を見かけたと言っていてね。
エーベンホルツ
エーベンホルツ

発散したいほどのストレスなら抱えこんではいないが。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

なんだ、話すこともないのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

どなたかな?差し支えなければ話をしてみたいものだ。

ドクター
ドクター

話を戻そう、少しトランスポーターとして充てられてね。君宛ての手紙がある。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

手紙?どこからだ?

ドクター
ドクター

リターニアからだ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

内容は想像できた、渡してくれ。

ドクター
ドクター

読み上げサービスは如何かな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……中々面白い人だな、貴殿は。

ドクター
ドクター

恐縮だ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

貴殿の作戦指揮に際しての姿がまるで想像つかん……その時も今みたいに変人でいるのか?

ドクター
ドクター

・ははは。
・……
・君が任務に出てくれるのならもっと変人になってやらんでもないぞ。

ははは。……君が任務に出てくれるのならもっと変人になってやらんでもないぞ。
エーベンホルツ
エーベンホルツ

困ったらいつもそう笑って誤魔化しているのか?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フルフェイスマスクを被って一言も発さない人は、中々どうしてかおっかないものだな。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それは期待だな。

ドクター
ドクター

邪魔したね、 引き続き一人でいる時間を楽しんでくれ。

(ドクターが立ち去る)

エーベンホルツ
エーベンホルツ

言われなくともそうするさ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

これは……リターニア平民エーベンホルツのパスポートか。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

それとクライデと……ウルティカ伯の……死亡証明書。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

ん?まだ何か入ってるな?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

……手紙?

親愛なるエーベンホルツ様へ。
長らくお求めになられた自由を手に入れられて、心よりお祝いを申し上げます。
私たちの共通の敵であるあのウルティカ伯は、亡くなられました。
彼の貴方や貴方のご友人へ与えた傷を想像すると、誠に心苦しく思います。
そのため、こちらのお手紙、及び付随する書類で、僅かながらでも貴方の心痛を和らげればと思い、送らせて頂きました。
つきましては、ウルティカ伯が死亡されたことをご確認頂きたく存じます。
さもなければ、エーベンホルツ様とご協力頂いて築き上げられた全てが水泡と化してしまいますゆえ。

エーベンホルツ
エーベンホルツ

サインがない……匿名か?

エーベンホルツ
エーベンホルツ

フッ、彼女らしいな。

ロドスのオペレーターであるエーベンホルツはアーツロッドを手紙に宛がうと、すぐさま紙は燃え始めた。
火の苗は徐々にパスポートを始め、ウルティカ伯の死亡証明書と、クライデのそれに移っていった。
紙束の燃える匂いが甲板に広がっていく。
そこでエーベンホルツは、傍に立てていたチェロを抱え込む。
とある友がチェロを弾く情景を思い浮かべながら、彼は目を閉じ、単純だが明快なメロディーを弾き始めた。
双子の女帝が権力を掌握した頃、リターニアには数え切れないほどのその功績を讃える楽曲が生まれた。これもそのうちの一曲である。
今日に至るまで、この歌の後半パートはとうに人々から忘れ去られてしまった。ただ前半パートのみが、その朗らかなメロディーと率直的に人々の愉快な心情を表現した歌詞のおかげで、未だに人々に伝い歌われている。
夕日が眩しく目に差し込んでくる。

(無伴奏チェロ組曲第1番 プレリュードの一節が流れる)

空は青く澄み渡り、
風が優しく囀りゆく。
流れる河は淀みなく、
吾が心に……
吾が心に……
希望を満たしてゆく。

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました