アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-1「ツリーマウンズ街道」行動前 翻訳

3:56p.m. 天気/曇り
ツリーマウンズ、メイン市街区

Mechanist
Mechanist

これでフィリオプシスの記録を見るのは三度目だぞ、ドクター。

Mechanist
Mechanist

何か新しい発見でも?

ドクター
ドクター

・細かいところまで記録されているんだな
・開拓隊の隊長はいい教育を受けているな。
・エレナのコーヒーはきっと美味しいんだろうなぁ。

細かいところまで記録されているんだな開拓隊の隊長はいい教育を受けているな。エレナのコーヒーはきっと美味しいんだろうなぁ。
Mechanist
Mechanist

フィリオプシスの脳内にはある特殊なチップが埋め込まれているからな。

Mechanist
Mechanist

“九号デバイス”――メイヤーはそう呼んでいる。ライン生命で行われた彼女の実験の内部コードネームなんだろう。

Mechanist
Mechanist

そのチップは彼女の脳と直接繋がれていて、脳の一部として機能している。彼女の脳内で行われているあらゆる神経の活動も逐一記録されているとのことだ。

Mechanist
Mechanist

つまり、あんたがさっき見たのはフィリオプシスの視覚処理器官――彼女の両目が見た記録だ。

Mechanist
Mechanist

クルビアの開拓隊にはどんなヤツだっている。

Mechanist
Mechanist

今の暮らしに不平不満を持つ若者や、借金でまともに暮らせなくなった夫婦、コソ泥を働くも牢屋にぶち込まれたくない犯罪者など――

Mechanist
Mechanist

無論、高額な保険費用を支払えず、でも収容区域に閉じ込められたくない感染者もいる。

Mechanist
Mechanist

私はフランクスが使用した覚醒試薬剤のほうに興味があるな。

Mechanist
Mechanist

仕事終わりのアルコールは絶品だ。だがまあ、仕事してる最中に大量の液体を摂取しても、思考回路がそれでいちいち遮られてしまうのが難点ではあるが。

Mechanist
Mechanist

フィリオプシスがリンクした記録を見るに、彼女を除けば、ロドスの提携オペレーターの面々はライン生命エネルギー課に所属してるエレナだけみたいだな……

Mechanist
Mechanist

おまけにオリジニウムアーツ応用課主任であるドロシー・フランクスまで一緒に、開拓隊の誘拐に遭ってしまった。

Mechanist
Mechanist

またそれとほぼ同時間帯に、サリアから連絡が入った。ライン生命生態課主任であるミュルジスが救助メッセージを送った後に失踪し、目下生死は不明らしい。

ドクター
ドクター

・ライン生命で何か起こったのか?
・……
・研究もハイリスクで危険な仕事なのだろうか?

ライン生命で何か起こったのか?……研究もハイリスクで危険な仕事なのだろうか?
[Mechanist]
Mechanist
Mechanist

今のところはそうらしいな。

Mechanist
Mechanist

Mechanist
Mechanist

それがクルビアだ、ようこそ。

Mechanist
Mechanist

あのサリアでさえロドスに救助を要請してきたんだ、だから恐らくライン生命が危機的状況に陥った可能性は大だろう。

Mechanist
Mechanist

本艦が付近に停泊していて幸いだった、さもないとこうしてすぐに反応してやれなかったからな。

Mechanist
Mechanist

誘拐事件はツリーマウンズから百キロ離れた新しい基地で発生した、だがそれよりも今回の一件が以前中止を迫られたあの実験と関わっているのではないかとケルシーが憂慮している。

ドクター
ドクター

・その基地ではどんなことが行われているんだ?
・源石変異の実験か……
・もう少しツリーマウンズについて紹介してくれ。

その基地ではどんなことが行われているんだ?源石変異の実験か……もう少しツリーマウンズについて紹介してくれ。
Mechanist
Mechanist

対外発表の資料を読むに、そこはまだ建設途中の一般的な実験基地のようだ。

Mechanist
Mechanist

それについてなら、ツリーマウンズに入る前にケルシーが私たちに関連するプロファイルや資料を閲覧できる権限を解放してくれた。

Mechanist
Mechanist

クルビアの科学と技術の中心がここツリーマウンズだ。数百軒もの企業がここに本部を設置している。

 

Mechanist
Mechanist

“炎魔事件”、“ローキャン水槽”、そして“伐採場”。

Mechanist
Mechanist

今挙げたワードはどれもロドスにいる特定のオペレーターたちのことを指している、その背後にはさらに数百もの類似した実験が干渉していた。

Mechanist
Mechanist

こういった実験のほとんどは源石が生物の細胞にどのような変異作用をもたらすのかについて調べている、どれも極めて危険な実験だ。

Mechanist
Mechanist

クルビアじゃ、ライン生命みたいな大企業がこういったハイリスクな実験に関与することはない、表ではな。

Mechanist
Mechanist

よくある手段なんだが、規模が比較的小さい機構に実験を委託し、開拓隊を雇って、都市周辺の荒地で相応の基地を建てて実験作業を全うすることがある。

Mechanist
Mechanist

今回の事件も、フィリオプシスのいる359号基地がそのうちの一つだ。

ドクター
ドクター

・確か君の過去の経歴も……
・君も似たような基地で仕事をしていなかったか?

Mechanist
Mechanist

仕事か?あんなものを“仕事”だなんて呼びたくはないな。

Mechanist
Mechanist

あの大企業連中は私の創作を“盗用”して、使うべきでない場所で応用したんだ。

Mechanist
Mechanist

五十メートル先にあるあの広告看板が見えるか?「ヴォルヴォート・コシンスキーの家庭用自動ポップコーン製造機、速く!甘く!丈夫!」って謳ってるヤツだ。

Mechanist
Mechanist

あれのエネルギーのコアパーツの原型はまだ私の端末に残っているぞ。

Mechanist
Mechanist

当初は荒野で使用される路面自動清掃マシンの部品として使われるはずだったんだが、うちの所長が頑なにこんなものは売れないと断言してきてな。

Mechanist
Mechanist

彼曰く、開拓者たちのために装備を更新してくれる人材派遣会社なんかいると思うか、らしい。

Mechanist
Mechanist

それで私はこのアイデアを携えながらロドスに来たというわけだ。今私たちのルート安保エンジニア隊がそれを応用した最新バージョンの機器を使っている。

Mechanist
Mechanist

私には分かるよ、コシンスキーにしかり、ライン生命にしかり、科学技術を扱う企業ってのは、いずれは自分たちの被造物に滅ぼされる――

Mechanist
Mechanist

なぜなら連中はクリエイトという行為自体を尊重していないからだ。

ドクター
ドクター

・ならミュルジスも自分の実験体に追われているということか?
・フィリオプシスはそんな恐ろしい実験のせいで誘拐されたんじゃないだろうな!?

Mechanist
Mechanist

……

Mechanist
Mechanist

それで笑ってほしいのか、ドクター?

Mechanist
Mechanist

あんたが今言ったのはなにもSFでも、でっちあげの笑い話でもなんでもない。

Mechanist
Mechanist

明日のニュースにでも載るような話だ。

ドクター
ドクター

・どうりであのクロージャが君を恐れたり敬ったりするはずだ……
・……
・さすが、Logosのバディーなだけはあるな。

どうりであのクロージャが君を恐れたり敬ったりするはずだ…………さすが、Logosのバディーなだけはあるな。
Mechanist
Mechanist

それって、彼女が時折私の新しい武器の実験台になってくれてることを言ってるのか?

Mechanist
Mechanist

向こうが下らないアイデアで仕事の邪魔さえしなければ、私を恐れる必要はないさ。

Mechanist
Mechanist

……

Mechanist
Mechanist

バディーを言うなら、Logosも中々のもんだ。

Mechanist
Mechanist

だがドクター、少しあんたからもあいつに言ってやってくれないか?

Mechanist
Mechanist

もう少し口調を正してくれれば、任務で消耗するタイムは少なくとも35%は減らすことができ、こっちはその減ったタイムを本業に費やせられるってな。

 

Mechanist
Mechanist

よし、情報の整理が完了した、ドクター。

Mechanist
Mechanist

今のところ使える情報はこれぐらいだ。一番重要性の高いファイルの閲覧優先度を上げておいたから、見たかったらいつでもPRTSからの閲覧してくれ。

ドクター
ドクター

最新の情報は入ったか?

Mechanist
Mechanist

フィリオプシスの記録なら、あの後から更新はされていない。

Mechanist
Mechanist

九号デバイスに関しても、メイヤーが調整してくれたおかげでデータ転送はだいぶ安定してきている。

Mechanist
Mechanist

フィリオプシスの身体状況に問題が起きなければの話ではあるが……

ドクター
ドクター

・彼女が心配になってきた。
・サイレンスとグレイが早く駆けつけてくれるといいんだが。

Mechanist
Mechanist

サイレンスなら随時、私たちに基地での動向を報告してくれている。

Mechanist
Mechanist

サリアのほうからも連絡は入っている、一時間後に合流するだそうだ。

Mechanist
Mechanist

ドクター、それまでの間になにかプランはあるか?

ドクター
ドクター

ミュルジスの連絡が途絶えた現場に行ってみよう。

Mechanist
Mechanist

私はただのメカニストだ、探偵の助手なんかは務まらんぞ……

ドクター
ドクター

・だが今のところ、これしかすることがない。
・私とてただの源石の研究家じゃないか。

ドクター
ドクター

今は君が頼りなんだ、Mechanist。

Mechanist
Mechanist

はぁ、いいだろう、なら現場に向かうぞ、ドクター。

Mechanist
Mechanist

明日にでも本艦に戻って、私の可愛い作業台と再会できるといいんだがな。

6:47p.m. 天気/曇り
ツリーマウンズ郊外、359号実験基地監視所

マリー
マリー

基地内部からの新しい情報は?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

ありません、部長。

マリー
マリー

あのフェルディなんとかって主任には連絡を入れたんでしょ?いつ頃来るって?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

フェルディナント主任なら……今会議をされております。

マリー
マリー

会議?会議ですって?その会議は部下の命よりも大事だって言いたいの?

マリー
マリー

なんなのよクソ!

マリー
マリー

望遠鏡を貸して。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

あっ……はい。

マリー
マリー

あなた、あの開拓者たちなら手は出さないとでも思ってるんでしょ?

マリー
マリー

あいつらならするよ、言っておくけど。

マリー
マリー

追い詰められたらなんだってしでかすんだから。

(サイレンスとグレイが近寄ってくる)

サイレンス
サイレンス

つまり、うちの基地に在籍してる同僚が命の危機に晒されるということですか?

マリー
マリー

……どちら様で?

サイレンス
サイレンス

オリヴィア・サイレンス、ライン生命の研究員で、ロドス・アイランド製薬会社の提携医療オペレーターです。

サイレンス
サイレンス

こちらは私のロドスでの同僚、エンジニア部に所属してるグレイさんです。

グレイ
グレイ

こ、こんにちは!ロドスの電子工学エンジニアの者です……まだ実習生ですけど。

マリー
マリー

ロドス・アイランド?それってどこの会社?

グレイ
グレイ

えーっと……

マリー
マリー

まあいい、説明は結構よ。ここツリーマウンズでは、毎日知らない名前の新規企業が数十軒もニョキニョキと生えてくるからね。

マリー
マリー

で、あなたはライン生命の者でいいわけ? なら交渉はできる口かしら?

サイレンス
サイレンス

交渉?すみません、一体なにを……

マリー
マリー

そっ、あなたが担当者とか責任者じゃないことだけは分かったわ。

マリー
マリー

あなたは見るからに……本の虫の学者さんってとこね、あそこにいる人質とも大差ないわ。

マリー
マリー

あなたにあの連中との交渉を任せても見込みはなさそうね。

サイレンス
サイレンス

彼らのことなら、基地で働いてる開拓隊の面々と聞いていますが……

マリー
マリー

……開拓者ね、フンッ。

マリー
マリー

そんな人聞きのいい名前なんて、広告にしか載ってないわよ。

マリー
マリー

あいつらがどういう人間なのかは私が一番よく知っている。犯罪者にギャンブラー、治療する金を持たない感染者……荒野に出たその時から、あいつらはもう何もかも失っているのよ。

グレイ
グレイ

その……ボクに彼らとの交渉を任せてもらってもいいでしょうか?

グレイ
グレイ

お気付きかと思いますが、ボクもサイレンスさんも感染者です。彼らの境遇にはある程度理解しておりますので。

マリー
マリー

ライン生命も、そのロドスなんとかってのも、随分と金儲けしてるんでしょ?

マリー
マリー

あなたたちはまだ“良心的な”企業がバックアップとして、あなたたちに保険を支払ってくれているけど――あいつらにそんなものはない。

マリー
マリー

だから自分たちは相互理解できるなんて思い上がらないことね。

グレイ
グレイ

保険?保険ってどの保険のことを……

サイレンス
サイレンス

……クルビアの感染者に対する特別政策のだよ。

サイレンス
サイレンス

あの、ロドスは感染者の問題解決に尽力してる製薬会社なんです――ですので、どうか私たちに任せてくれませんか?

マリー
マリー

問題解決ですって?じゃあクロスボウをやるから、それであの誘拐犯を片付けてくれる?

サイレンス
サイレンス

……それはできません。

サイレンス
サイレンス

私は医者ですから。

マリー
マリー

なら彼のほうは?

グレイ
グレイ

ボク、ですか?いえ、まだそんな戦わないといけない段階にはなっていないはずなので……

マリー
マリー

やっぱり、助っ人の見込みはなしね。

サニー
サニー

……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

……隊長、全然人が来ないぞ。

サニー
サニー

フンッ、中々堪え性があるようだな。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

もしかして会社は……自分の社員がどうなっていいって思ってるんじゃないだろうな?

開拓隊隊員
開拓隊隊員

こいつら二人はどっちも感染者だ、きっとそうに違いない。

サニー
サニー

そんなこと言うな。

サニー
サニー

感染者に貴賤はなし。少なくとも自分で自分を卑下するもんじゃない。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

す、すまない……開拓隊の募集広告にもそう書かれてあるもんな。

サニー
サニー

だから喜べ、あの広告に書かれてることのすべてがウソというわけでもない。

サニー
サニー

というわけで、そこにある通信機から手を離してもらおうか、ドクター・ウビカ。

エレナ
エレナ

……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長が置けと言ってるんだッ!動いたら殺すぞ!

エレナ
エレナ

……分かった。

エレナ
エレナ

お……置いたよ。だから私たちに手を出さないで。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長!この女、外に連絡を入れようとしていたぞ!

サニー
サニー

サム、その通信機を貸してくれ。

サニー
サニー

書いて半分、送信はできず終いか。

エレナ
エレナ

……

サニー
サニー

これは俺たちのいる位置の座標だな。外からドローンを送り込んでもらおうって魂胆か?

サニー
サニー

ならやめておくんだな。その代わりとして、それっぽい救助メッセージをお前の先生なり主任なり……誰でもいいから送っておけ。

サニー
サニー

俺はここで待ってる、そう伝えるんだ。こっちも我慢には限界があるからな。

エレナ
エレナ

……目的はなに?

サニー
サニー

簡単な話だ、ドクター。

サニー
サニー

俺も俺の仲間も、ここから生きて出たいだけだよ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

主任、やっとお戻りですか!あの、少しお時間を頂いても?

フェルディナント
???

君は確か……ベン、構造課のベンか。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

わ、私の名前を憶えてくれていたのですか?

フェルディナント
???

フェルディナントでいい。ライン生命じゃ、主任は九人もいるんでな。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

では……フェルディナントさん。

フェルディナント
フェルディナント

次の会議までまだ10分ある。

フェルディナント
フェルディナント

7分やろう。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

あっ……ありがとうございます。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

その、総括が今どちらにいらっしゃるかご存じですか?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

こちら構造課の設備購入の申請リストでして、本来なら三日前にはすでにお返事を頂く予定だったのですが……未だにまったくお返事が来なくて。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

それで今大変なんです、構造課の多くの実験が止まってしまっていて……

フェルディナント
フェルディナント

申請ファイルを貸してくれ。

フェルディナント
フェルディナント

――

フェルディナント
フェルディナント

よし、これでいい。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

さ……サインしてくださったのですか?しかしマニュアルでは、これほどの大金での設備購入には必ず総括を通さなければいけないと……

フェルディナント
フェルディナント

君はライン生命に入ってどのくらいになるんだ?まだ数か月といったところか?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

あっ、はい、そうです……一か月前に入社したばかりです。

フェルディナント
フェルディナント

そうか。ところで、この目の前にある団地を見てどう思う?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

はい?

フェルディナント
フェルディナント

壮大には思わないか?

フェルディナント
フェルディナント

十五年前、この場所はただの荒地だった、移動区画すらなかったんだ。

フェルディナント
フェルディナント

あの頃はまだ、ツリーマウンズの地図からライン生命を見つけられる人はいなかったものでね。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

えっと……

フェルディナント
フェルディナント

時間があったらパルヴィスとお茶でもしてやってくれ。

フェルディナント
フェルディナント

君にはまだまだ学ばなければならないことが山積みだ、ベン。それに、そういったものがマニュアルに全部載ってるとは限らんぞ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

は、はい……肝に銘じておきます、フェルディナントさん。ありがとうございました。

(研究員が立ち去る)

フェルディナント
フェルディナント

……

フェルディナント
フェルディナント

ふむ、優秀だな、残り四分で切ったか。

(無線音)

???
???

日が暮れる前に連絡を入れるなんて珍しいですね、フェルディナント。

フェルディナント
フェルディナント

……ホルハイヤ。

フェルディナント
フェルディナント

君に任せた仕事だが、片付いたか?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

ええ……今日のライン生命の十課会議で、空席が三つも出ましたよね?

フェルディナント
フェルディナント

それだけではまだ不十分だ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

あら、では次はどの主任を?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

あなたがとうとう嫌気が差してしまったあの生物移植実験を担当するヤギでしょうか?それとも基地にいるあの夢想家ですか?

フェルディナント
フェルディナント

ロドスの者が基地に向かったと聞いている。

フェルディナント
フェルディナント

実験はもうすぐ完成する。だがそれまでの間、誰にも邪魔はされたくない、分かるな?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

それは私に基地に行けと?

フェルディナント
フェルディナント

いや、そこまでする必要はない。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

あら、薄情なんですね。誘拐された人の中にはあなたの助手もいるはずでは?あのエレナって子なら私も見たことがあります、勤勉で可愛らしい子じゃないですか。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

あの子はあなたのお気に入りだと思っていたのに。

フェルディナント
フェルディナント

エネルギー課の人間であれば、開拓者ぐらい自分でどうにかできる。

フェルディナント
フェルディナント

君は引き続き市内の状況に目を張ってくれ。

フェルディナント
フェルディナント

二人のオペレーターを基地に向かわせるだけのロドスではない。忘れるなよ、彼らはあのサリアと長らく関係を築いてるんだからな。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

へぇ、またあなたたちの警備課の主任さんですか。

フェルディナント
フェルディナント

サリアのせいで、我々の実験は随分と遅れを取ってしまった……私も将校も我慢の限界なのだよ。

フェルディナント
フェルディナント

今度ばかりはヤツらに尻尾を掴まれるな、これだけは憶えておけ。

Mechanist
Mechanist

着いたぞ、ドクター。

Mechanist
Mechanist

サリアが受け取った最後の連絡はこの路地裏から発信されたらしい。

ドクター
ドクター

・なにも怪しい箇所は見つからないな。
・ライン生命の本部からそんなに近くはないな。
・商業区のすぐ傍だな。

なにも怪しい箇所は見つからないな。ライン生命の本部からそんなに近くはないな。商業区のすぐ傍だな。
Mechanist
Mechanist

こういった路地裏なら、クルビアじゃ何百とあるからな。

Mechanist
Mechanist

ああ、少なくとも車でここからライン生命本部に行くには30分ほど必要だ。

Mechanist
Mechanist

サリアも当時はここ商業区にいたとのことだ。

Mechanist
Mechanist

ミュルジスとの待ち合わせらしい。

ドクター
ドクター

どうやらミュルジスはここまで追われていたらしいな。

Mechanist
Mechanist

追われていなきゃ、きっとこんな路地裏には入らなかったはずだ。

Mechanist
Mechanist

相手が誰だったかは知らないが、街中で手を出そうものならそれだけでもリスクが高まってしまう。

ドクター
ドクター

・ミュルジスの能力ならサイレンスから聞いている。
・ミュルジスのことならサリアから報告を受けたことがある。

Mechanist
Mechanist

少し待ってくれ……よし、検査完了。

Mechanist
Mechanist

“水分子を操る能力”――エネルギー転換型、あるいは物質再構築型のアーツか?まあ原理はどうであれば、強力なのは間違いなさそうだ。

Mechanist
Mechanist

“水分身”は――肉眼ではまったく本体と差異の見分けがつかないだと?

Mechanist
Mechanist

こりゃますます興味が湧いてきたぞ。実験や研究に携わってる人ってのは、私たちメカニスト同様、一般よりも鋭い観察眼を持っているんだ。

Mechanist
Mechanist

そんなサイレンスやメイヤーすらも見破られなかったとなれば、こりゃただのアーツが作り出した分身なんかじゃないぞ。

ドクター
ドクター

・ミュルジスの戦闘能力も中々だ。
・ミュルジスの自己防衛能力はそう低くはない。
・ミュルジスは逃げるも戦うも長けているんだな。

Mechanist
Mechanist

地面に焼け跡が残っているぞ。

Mechanist
Mechanist

範囲はそんなに広くはない……これをやった人は何かしらの技術装置を使ってミュルジス周辺の空気を一気に加熱した可能性が極めて高いな。

Mechanist
Mechanist

ミュルジスのアーツが水を頼りと考えると、相手は相当ミュルジスのことを理解しているようだ。

ドクター
ドクター

私たちが彼女を理解してるのと同じように。

Mechanist
Mechanist

それはつまり……

Mechanist
Mechanist

相手はライン生命内部の人間ということか?

(パワーアーマーの駆動音)

Mechanist
Mechanist

ドクター、危ない!

(爆発音)

ドクター
ドクター

・あ、当たるところだった……
・こんがり焼けそうなところだったぞ。

Mechanist
Mechanist

ありゃエネルギー兵装だな。

Mechanist
Mechanist

路地の奥から撃ってきた、敵との距離はおおよそ30メートル。

Mechanist
Mechanist

……それにどんどん接近してきてる。

Mechanist
Mechanist

ドクター、私の後ろに隠れていてくれ。

Mechanist
Mechanist

携帯防御システムを作動する。

ドクター
ドクター

・もしかして待ち伏せされていた?
・敵わない敵でもないはずだろう?

パワーアーマー
???

――

Mechanist
Mechanist

……

Mechanist
Mechanist

ドクター、あんなパワーアーマーは見たことがない、おそらくは最新型だろう。

Mechanist
Mechanist

テストしたこともないから、あれに装着されてる武器の威力は今のところ未知数だ。

Mechanist
Mechanist

つまり、計画変更ってことだな。

Mechanist
Mechanist

エスケープシステムを起動――背中に掴まれ、ドクター!

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました