アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-2「開拓者ハウス」行動前 翻訳

……こちら来月の保険料の請求書になります。
こんなに……多いのか?
つい先日、支払ったばかりなんだが……
あれだけでは今月における数日の薬代しかカバーできません。それと規約通り、必ず来月初日に指定された医療機関で身体検査を行ってください。
しかし……まだローンが……
こっちだって頑張ってるんだ、両親が残してくれた惣菜店を抵当に出せば、必ず……
申し訳ありませんが、納入期日は明日でございます。
もし期限通りに費用を納めて頂けないのでしたら、今度継続的に医療サービスの費用を払い続ける能力はないと判断致します。あなたの健康と団地区域の安全を考慮して、来月からは感染者収容区域で生活して頂くことになります。
感染者……収容区域?
はい。
ただご安心を。そこでしたら、さらに割安な公的医療サービスを受けることができますので。
いやだ、そんなとこ行きたくない……
もしそこに入っちまったら……
もう俺の人生に出口がなくなっちまう。

グレイ
グレイ

……隊長さん?あの、隊長さん?

サニー
サニー

……

グレイ
グレイ

体調でも悪いんですか?なんだが呼吸が荒いように聞こえまして。

サニー
サニー

……!

グレイ
グレイ

大丈夫ですよ、こちらに敵意はありません。

グレイ
グレイ

ボクはサイレンス先生と一緒に基地に入らせて頂いた者です。隊長さんの隊員たちにあらかた検査してもらいました、武器は持っていませんよ。

サニー
サニー

すまない、つい癖でな……

グレイ
グレイ

謝らないでください、ボクも理解できますから。

グレイ
グレイ

徐々に広がっていく暗闇はどうしても人を不安にさせてしまいます。

グレイ
グレイ

よかったらボクの近くで寝てはどうでしょう?人が集まってる場所は多少なりとも暖かいですから、そうすれば寝落ちしてしまっても、少なくとも凍える心配はありません。

サニー
サニー

ほかの人はどうしたんだ?

グレイ
グレイ

サイレンス先生の医療ドローンが緊急時用のバッテリーを搭載してまして。

グレイ
グレイ

ですので施設内でフィリオプシスさんの身体検査を終えた後、エレナさんと一緒にいますよ。

サニー
サニー

サムは……

グレイ
グレイ

サムさんなら隊長さんの指示に従って、身体に不調をきたしてる開拓者さんたちを室内に運んでもらっています。

サニー
サニー

……そうか。

サニー
サニー

一つ頼みたいことがあるんだ。サムやほかの人にはこのことを内緒にしてくれ、さっきはつい……

グレイ
グレイ

分かってますよ。

グレイ
グレイ

あなたは隊長さんですから、こういった肝心な時に弱った姿を見せてしまうと、開拓隊から離反が起こっちゃうかもしれないって、心配してるんですよね?

サニー
サニー

……

グレイ
グレイ

開拓隊といっても一枚岩ではない、なんてことが言いたいわけじゃないんです、ただ……暗闇はいつも人を変えてしまいますから。

サニー
サニー

……その口ぶり、経験があるんだな。

グレイ
グレイ

ボクはボリバル人です。昔暮らしてた都市では、停電はしょっちゅうでしたから。

サニー
サニー

ボリバル……じゃあ内戦の地域か?

グレイ
グレイ

ボクの故郷だと、戦火がいつどこで足を止めてくれるかなんて、誰も分かったもんじゃないですからね。

サニー
サニー

あんな場所からの脱出は、さぞ大変だったろ。

グレイ
グレイ

仲間が助けてくれたんです。

グレイ
グレイ

でもボクから見たら、隊長さんやほか開拓隊の皆さんのほうがボクら以上に大したものですよ。

サニー
サニー

俺が……大したものだと?はは……

グレイ
グレイ

わ、笑うところなんかありましたか?

サニー
サニー

あの企業の広告はもうボリバルのほうまで広がっていたのか。

グレイ
グレイ

あっ、いえ、そういうつもりじゃ……

グレイ
グレイ

ともかく、あなたは自分の足でここまで辿り着けたんです。それにあなたの先輩方、ヴィクトリアやガリア、それからボリバルから来た移民たちも……

グレイ
グレイ

この荒野に光を灯すことができたのは、全部皆さんが切り拓いてくれたおかげですよ。

サニー
サニー

フッ……中々甘い言葉を言うじゃないか。

グレイ
グレイ

え?いや、ボクはただ事実を述べただけですけど。

グレイ
グレイ

ここに来る前、実はクルビアで有名な開拓区域がどういう場所なのか、ずっと見たかったんです。

サニー
サニー

だったら失望させてしまっただろう。ここはお前の故郷よりも殊更に荒涼としているからな。

グレイ
グレイ

いえ、それでも色々と学ばせて頂きましたよ、隊長さん。

グレイ
グレイ

例えば、あなたたちの電子回路は簡潔かつ効率的に設計されている、Mechanistさんの言う通りだ。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

巡査部長、車両の準備が整いました。

マリー
マリー

防具を装着しなさい。

マリー
マリー

さきほど確認した、あいつらは手製のクロスボウを所持している。

マリー
マリー

空がもっと暗くなったら、ドローンを何機か開拓者居住区域に接近させて、人質と誘拐犯それぞれの位置を確認するように。

マリー
マリー

私たちはその後をついていくよ、攻撃に出るチャンスを伺おう。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

あの……サイレンス研究員とあのロドスの者はどうします?

マリー
マリー

何が言いたいの?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

あの両者はまだどちら側の立場にいるか不明瞭です。

マリー
マリー

……何をしようが、立場ってものを気にするのがライン生命のやり方なわけ?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

我々はただいち早く問題を解決したいだけです。

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

これは警備課の仕事ですので、巡査部長。

マリー
マリー

なら、私の仕事は人員救助ね。

マリー
マリー

いい?何をしようが勝手だけど、私の邪魔だけはしないように。

サニー
サニー

つまり、ロドスがお前を助けたのか?

グレイ
グレイ

当時危うく事故で死ぬところだったボクを助けただけでなく、学ぶ機会までボクに与えてくださったんです。

グレイ
グレイ

今のボクに成長できたのも、全部ロドスがボクの人生を変えてくれたおかげです。

サニー
サニー

フッ……いい会社じゃないか。

サニー
サニー

こんな状況じゃなければ、てっきりなんかの企業説明会かと思ってしまうな。

グレイ
グレイ

……もしそのようなお考えがあるのでしたら、試しにロドスへ履歴書を送ってはいかがですか、サニーさん?

サニー
サニー

……

サニー
サニー

開拓者にして、今じゃ誘拐犯になりかけの俺が……お前が素晴らしく語る会社に履歴書を?

サニー
サニー

冗談はよしてくれ。

サニー
サニー

お前がどれだけ腰を低くしても俺には分かる、お前は高いポテンシャルを持つ優秀なエンジニアだ。

サニー
サニー

お前のあの三人の仕事仲間なんか尚更だろ……彼女らは感染者でありながらもライン生命に採用された、それがどれだけ難しいことか分かるか?

グレイ
グレイ

うっ……確かに彼女らはボクなんかと比べ物にならないほど優秀ですね……

サニー
サニー

いいや、優秀ってだけじゃない。彼女らは万人に一人の、各分野で突出したエキスパートだ。

サニー
サニー

毎年大勢の感染者が生まれてしまうが、“赦免”を得られるのはそういった極僅かな天才たちだけだ。

グレイ
グレイ

しかしロドスは……

サニー
サニー

「ロドスが人を救う際にそんな厳しい条件は設けない」って言いたいんだろ。

サニー
サニー

でもいくら俺がお前を信用しようと、お前が自分を救ってくれた会社に特別な信頼を置いてることを信じようと、その会社が利益を捨ててまで無差別にどんな感染者も救ってくれると信じても……

サニー
サニー

お前はそれに選ばれたラッキーボーイである事実だけは否定できない。

サニー
サニー

そんで選ばれなかったアンラッキーな連中は、飼われて泥水に顔が溺れてしまうのを待つか、さらなるリスクを冒してまで一歩を踏み出し、片時ばかりの安らぎを得られる狭い土地を探すしかないんだ。

サニー
サニー

そいつらは……みんな俺たちと同じさ、誰も俺たちを助けちゃくれない……自分たちでもな。

エレナ
エレナ

オリヴィア、本当それ通用するの?

サイレンス
サイレンス

ジョイスの脳波が安定してきている、効いてるよ。

サイレンス
サイレンス

昔はよくこうして彼女に神経を抑制する効果のある薬剤を注射してやってたんだ。でも、今回はあまり効果的ではないかもしれない……

サイレンス
サイレンス

まさか、彼女が発症した原因はほかにあるとか?

エレナ
エレナ

じゃあ依然として危険な状態じゃない。

サイレンス
サイレンス

うん、だから発症原因を突き止めるまで、彼女を監視する環境を確保する必要があるね。

エレナ
エレナ

それはちょうどよかった……まあ、最初のあれ、ジョイスの容態を聞いてたわけじゃないんだけどね。

エレナ
エレナ

グレイをあの開拓者の隊長と一緒に電線を巡視させに行かせたのって……

サイレンス
サイレンス

あれは私の命令で行かせたわけじゃないよ、彼なりの考えがあったようだから、自分でね。

エレナ
エレナ

……隊長はサイレンスでしょ。

エレナ
エレナ

私はキミたちと比べてロドス本艦に滞在した時間はそんなに長くないけど、でもロドスがどう動くかぐらいは知ってるよ。ねえオリヴィア、別にキミを責めたいわけじゃないんだけど……

エレナ
エレナ

でもグレイが危険な目に遭ったり、ジョイスの容態に不手際があったら、絶対に許さないんだからね。

サイレンス
サイレンス

エレナ、あのサニーさんはどっちをより信用してくれると思う?私たち?それともグレイ?

エレナ
エレナ

そんなの、違いなんかあるの?

サイレンス
サイレンス

確か君は、ライン生命本部で起こった実験事故で鉱石病をもらってしまったはずだよね。

エレナ
エレナ

そうだけど。

サイレンス
サイレンス

じゃあ……この先もう研究はできないって、考えたことはない?

エレナ
エレナ

そりゃもちろん。

エレナ
エレナ

でもすぐに、上司――フェルディナント主任が私と新しい契約を結んで、三年勤務を十年に延ばしたり、お給料も三割増しにしてくれたからもう心配はないかな。

サイレンス
サイレンス

あの年の君は、ライン生命の年度最優秀スタッフだったっけ。

エレナ
エレナ

それは……慰めてくれてるの?

エレナ
エレナ

あと、私がロドスで治療を受けてたあの時期、こっちは治療を受けながらも主任のために学会で発表する論文を三つも書いてやったんだからね、もう大変だったよ。

サイレンス
サイレンス

君の考えは理解できるよ、私も同じようなことを考えてたから。

サイレンス
サイレンス

私はどうやっても君みたいに楽観的にはなれない、どうしても将来とかこの先のことで心配になってしまうんだ。だからこそパルヴィス先生とライン生命にはとても感謝してる。

サイレンス
サイレンス

でも私は……一度だって自分の才能を、自分の才能ならライン生命に恩返しができるってのを疑ったことはないよ。

サイレンス
サイレンス

鉱石病は私たちにとって克服すべき挑戦ではあるけど、だからと言ってそれが私たちのすべてを蝕むことはない。

サイレンス
サイレンス

だからこそ……グレイにしかできないことがあるんだよ、私たちじゃできないことがね。

グレイ
グレイ

サニーさん、先ほど仰った中に少々摩擦を起こしかねないことがあったので、それを少しだけ指摘させてください。

サニー
サニー

あったか?

グレイ
グレイ

開拓者はリスクを冒して安らげる土地を探してるだけだって、言いましたけど……

グレイ
グレイ

ではなぜボクたちのところは一つの出口じゃないって、そう思えるんですか?

(開拓隊隊員が駆け寄ってくる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、ハウスを見てくれ――電気が戻ったぞ!

サニー
サニー

どういうことだ!?

グレイ
グレイ

あー……

サニー
サニー

ちょっと待て、もしかしてお前――俺とこうして話してる傍らで、電力を復旧させていたのか?

グレイ
グレイ

サニーさん……

グレイ
グレイ

もしあの時、ボクが外に広がる暗闇に突っ走っていなかったら、灯りを携えていたロドスの先輩方とは会えませんでした。

グレイ
グレイ

ですのでどうか信じてください、もう一歩だけ踏み出したほうがいい時もあるんだって。

サニー
サニー

たとえ……もう崖っぷちに立っていたとしてもか?

グレイ
グレイ

――飛び降りたとしても。

グレイ
グレイ

サニーさんたちはボクたちに助けを求めて、ボクたちに手を差し伸べた。

グレイ
グレイ

だったら、ボクたちは何が何でもその手を掴んでみせます。

グレイ
グレイ

どんな境遇に陥っても、まだまだ諦め時じゃありませんよ。

エレナ
エレナ

電気が戻った!

エレナ
エレナ

グレイ……やったの?

ジョイス
フィリオプシス

うぅん……

サイレンス
サイレンス

よかった、ジョイスが光に反応してる。

エレナ
エレナ

さすがはサイレンス、こんな時でも集中力を切らさないなんて。

(サニーが近寄ってくる)

サニー
サニー

……二人とも。

エレナ
エレナ

……

エレナ
エレナ

どうして一人で戻ってきたの?グレイは?

サニー
サニー

今のところ電気が戻ったのはこの区域だけだ、グレイならほかの居住区域に向かった。

エレナ
エレナ

そんなことを言っても……

サニー
サニー

信用できない、だろ?

エレナ
エレナ

来ないで!

サイレンス
サイレンス

エレナ?

エレナ
エレナ

オリヴィア、彼は私たちを信用していないって言ってたでしょ、でもね……

エレナ
エレナ

こっちはなおのことこいつを信用できないよ。

エレナ
エレナ

私とジョイスを誘拐したのは紛れもなくこいつらだ、それにずっと言いそびれてたけど……こいつらが大勢で実験区域を囲ってるところを、私は見たよ。

エレナ
エレナ

しかも全員武器を所持してた!

サニー
サニー

俺たちはお前が想像してるようなことは……

エレナ
エレナ

していないって?自分では恩は忘れてないって言ってるくせに、ドロシーからの恩は忘れるのね!?

エレナ
エレナ

私利私欲のためだけにドロシーまで襲って!

(警報音)

サニー
サニー

警報だと……お前が鳴らしたのか?

エレナ
エレナ

こっちは最初から鳴らすつもりでいたよ。警察と警備課はきっとすでにこっちへ向かっているはず、これでもう向こうがドローンをやってこっちの位置を特定せずに済んだね。

エレナ
エレナ

これもグレイのおかげだよ。

サニー
サニー

そうか、あいつはわざとお前たちのために電力を……

エレナ
エレナ

誤解しないで。

エレナ
エレナ

グレイがキミたちを助けようとしてたのは本心だよ、ドロシーとジョイスみたいに。

エレナ
エレナ

だから彼らに免じて、キミを見逃してあげる。

エレナ
エレナ

どんな企みを抱いていようが、今のうちに投降したほうが身のためだよ、隊長さん。

マリー
マリー

……ちょっと、ドローンを飛ばしたの?

ライン生命警備課員
ライン生命警備課員

いえ、こちらの人間は全員あなたの命令に待機してるので飛ばしてません。

マリー
マリー

じゃあ……あの基地上空で飛んでる光ってるヤツはなんなの!?

グレイ
グレイ

もう少しです、すぐに回復させますから。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

あの光……なんて美しいんだぁ。

グレイ
グレイ

美しいですか?あはは、ありがとうございます……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

はは……あんたと一緒に復旧作業をしてたら、こっちまで身体までポカポカし出してきたよ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

あとは前にある二か所だけだよな?ケッ、大企業の好きにはさせねえよ、俺たちの手がまだ動く限り、電力の遮断なんぞで脅しても屈したりはしねえさ!

グレイ
グレイ

何かがおかしい……

グレイ
グレイ

待ってください!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

どうした?

グレイ
グレイ

これ以上進まないでください、あの光はボクのアーツによるものじゃありません!

サニー
サニー

……サイレンス医師。

サイレンス
サイレンス

なに……

サニー
サニー

もう一度聞く、本当に開拓者を信じるつもりはあるか?

サイレンス
サイレンス

私は医者であると同時に、研究者だ。

サイレンス
サイレンス

私の同僚たちだって同じ――

エレナ
エレナ

……

サイレンス
サイレンス

私たちが信じるのは事実だけだよ。

エレナ
エレナ

外が騒がしいけど、どうしたんだろ?

エレナ
エレナ

なんかみんな逃げ回ってるよ?もしかしてキミ――

サニー
サニー

いや、そんな命令は……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

クソ、こっちに来るな――!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

しまった!

エレナ
エレナ

きっと警察が助けに来たんだよ……

サニー
サニー

よせ、外に出るな!

エレナ
エレナ

何よ!外に出るなだなんて――

サニー
サニー

アレだ、アレが来たんだ……

エレナ
エレナ

アレってなに?

サニー
サニー

最初からお前らに伝えたかった……事実ってやつだよ。

サイレンス
サイレンス

エレナ、ドアから離れて!

(開拓隊隊員が部屋に入ってくる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

た、隊長……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

気を……つけ……ろ……

(開拓隊隊員が倒れる)

サニー
サニー

……

サイレンス
サイレンス

この人のこれは、怪我?それとも……発症?

サニー
サニー

そいつに近づくな。

サイレンス
サイレンス

でも助けないと!

サニー
サニー

そいつの背後を見ろ――

そこには、不規則な形をした物体が空中に浮遊していた。
表面は非常に滑らかで、優しい銀光を放ちながら、今もまるで規則正しく呼吸するかのように、微かに揺れ動いている。
倒れた開拓者の背後からよじ登ったあと、この物体は空中に浮かび上がり、三秒ほど停滞した。
そして、ゆっくりと自身の身体を横に回転させ、興味深そうにその場にいる人間たちを観察する。

サイレンス
サイレンス

こ、これは……

サニー
サニー

逃げろォッ!!!

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました