アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-5「ドロシーの約束」行動前 翻訳

 

サリア
サリア

……ミュルジス!

???
ミュルジス

うっ……うぅ……

サリア
サリア

お前があの中に入っていたとは思いもしなかった。

サリア
サリア

すまない。

???
ミュルジス

すまないって……何が?

サリア
サリア

ドクターに気付かされていなかったら、危うくお前を殺してしまうところだった。

Mechanist
Mechanist

それが敵の策略だったんじゃないのか?あんたを同僚殺しの殺人犯に仕立てようと。

サリア
サリア

いや、そうとは限らない。

サリア
サリア

私が手を収められたのは、ドクターが咄嗟に気付かせてくれおかげでもあるが、あの女が言っていたおかげでもある。

サリア
サリア

「誰とも敵に回すな」――あれはわざとミュルジスが現れることを示唆していたんだ。

ドクター
ドクター

・これで彼女の一連の動きの説明がつくな。
・ミュルジスのところまで私たちを誘き寄せていたんだな。

Mechanist
Mechanist

ミュルジスをこちらに返したということか?

Mechanist
Mechanist

だがさっきの状況は明らかに危なかったぞ、あれでミュルジスが死なない保証なんて……

Mechanist
Mechanist

そうか、あの女からすればミュルジスの生死はどうでもよかったんだな。

ドクター
ドクター

・彼女からすればこれはテストなんだろう。
・彼女はもっとサリアに早く動いてもらいたかった。

彼女からすればこれはテストなんだろう。彼女はもっとサリアに早く動いてもらいたかった。
サリア
サリア

……パワーアーマーの技術と、私とロドスの反応を窺うテストか。

サリア
サリア

つまり、バーで私に話しかけてきたのは探りを入れるためだったのだな。

サリア
サリア

依然として自分が有利になる方向に私たちを誘き寄せているということか。

 

???
ミュルジス

うううッ……!

サリア
サリア

ミュルジス、気分はどうだ?

サリア
サリア

ヤツらは数時間も前にお前に鎮静剤を注射したが、パワーアーマーに閉じ込められていた時にはすでに、お前はほぼ意識を回復していた。

サリア
サリア

今起こってる眩暈と身体の麻痺症状は、主に酸素不足と精神的な恐怖から来る後遺症だ。

サリア
サリア

すでに応急処置は済ませてあるが、全快するにはもう30分ほどかかるだろう、辛抱してくれ。

???
ミュルジス

止め……て……

サリア
サリア

止める?

サリア
サリア

止める……人のことか?

サリア
サリア

お前をパワーアーマーに閉じ込めた人たちを止めろという意味なのか?

サリア
サリア

あのリーベリか?

ミュルジス
ミュルジス

違う……

焦るがあまり、ミュルジスの額と手の甲から小粒な汗が湧いてきた。
突如と彼女はあなたの腕を掴む。その動作に伴い、水滴が浮かび上がってはあなたの衣服に勢いよく被さった。
そして水は深い色味の布地に素早く染み込んでは広がっていき、あるメッセージを浮かび上がらせる。
それはリーベリでも、フェルディナントの名前でもない、それは……

サリア
サリア

……359。

サリア
サリア

359号基地か。

フェルディナント
フェルディナント

君がここに来るとは珍しいな。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

ゲスト用IDカードを作って頂きましたからね。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

“文献学顧問”――本当にそんな役職、ライン生命みたいな科学技術を扱う企業には必要なんですか?

ホルハイヤ
ホルハイヤ

それに結構ご機嫌なご様子で……実験が上手く進んだとか?

フェルディナント
フェルディナント

今は実験の話はやめろ。

フェルディナント
フェルディナント

10分だ。私みたいな人にもなれば、自分に与えられる時間は一日でもせいぜい10分間しかない。

フェルディナント
フェルディナント

子供とテレビ電話をしたり、あるいは短い時間ながらもエレナたちと一緒にディナーに興じたり、好きに使える。

フェルディナント
フェルディナント

だが何もしないで、ここに立って外の景色を眺めるのが一番いい。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

街の景色しか広がっていませんよ?

(路地を歩く人々をフェルディナントが見下ろす)

フェルディナント
フェルディナント

そうだな、だがそれでいいんだ。

フェルディナント
フェルディナント

一日も仕事に勤しめば、彼らも疲れ果てていることだろう。だがなぜ下にいる人たちはまったくやつれた顔をせずに、足取りもあんなに軽快なのだろうか?

フェルディナント
フェルディナント

それは“チャンス”があるからだよ。

フェルディナント
フェルディナント

自分が苦労をすれば、いつかは一家により良い暮らしをもたらしてくれるチャンスが降りてくると、彼らは信じて止まないからだよ。

フェルディナント
フェルディナント

……都市の外にいる開拓者たちのようにな。

フェルディナント
フェルディナント

そう、開拓者のように。

フェルディナント
フェルディナント

ツリーマウンズ、スリーバーデン町。

フェルディナント
フェルディナント

かつて三匹の駄獣を侍らせていた七人の開拓者たちは、見ずぼらしくもこの土地に最初の拠点を築き上げた。

フェルディナント
フェルディナント

それから今はどうなった?足元にある街並みを見てみろ。

フェルディナント
フェルディナント

ここには一番活力のある開拓者とその末裔たちが集まってきている。このクルビア以上の開拓精神を持つ国家など、どこにもいないさ。

フェルディナント
フェルディナント

クルビアは人々に自信を付けさせ、その人々は日々歩みを進めてはクルビアに活力をもたらしてくれている。

フェルディナント
フェルディナント

クルビアが今のまま突き進めば、そこに住まう人々の暮らしもまた上へ上へと突き進んでいく。

フェルディナント
フェルディナント

クリステン、それにサリア、君たちが私をどういう風に見ているかは分かっているさ…… “スペキュレイター”、そう呼ばれている時点で察するよ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

チャンスを掴める人というのは、総じて賢い人です。

フェルディナント
フェルディナント

フッ、どうも。

フェルディナント
フェルディナント

正直に言って、私は下じゃなくて高い位置に立ってるほうが好きでね、そこは否定できない。

フェルディナント
フェルディナント

だからこそ、私は得られるチャンスに相応しいのだよ。

フェルディナント
フェルディナント

私のプロジェクトは富をもたらし、富はまた次のプロジェクトを動かし、そしてそこで生まれたテクノロジーは次々と進歩していく――

フェルディナント
フェルディナント

やがて我々はほかの国々を背にして、このテラを新時代へと導いていく。

フェルディナント
フェルディナント

その時になれば、後代の人々は不朽の石碑を立て、そこに我々の名前を刻んでいくことだろう。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

我々?

フェルディナント
フェルディナント

勝利は開拓者一人ひとりのものだからな。

フェルディナント
フェルディナント

――

フェルディナント
フェルディナント

そろそろ10分だ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

私の話す時間がまったくなかったんですけれど。

フェルディナント
フェルディナント

君がここに来た理由ならもう分かっているさ、ホルハイヤ。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

あら、そうですか?

フェルディナント
フェルディナント

許そう。

ホルハイヤ
ホルハイヤ

……

フェルディナント
フェルディナント

クリステンも、ミュルジスも、サリアもパルヴィスも……それと君もだ。君たち一人ひとりに割ける時間なんて私にはない。

フェルディナント
フェルディナント

ドロシーの実験もあと一歩で成功するところまで来た――

フェルディナント
フェルディナント

その最終結果だけを持ってこい。

エレナ
エレナ

さ、サニー……

エレナ
エレナ

何してるの?ここは危なくないって、ドロシー言ってたじゃん……なんでクロスボウなんか取り出したの?

サニー
サニー

危なくないだと?

サニー
サニー

それは違うな、ウビカ博士。

サニー
サニー

今俺たちの目の前にいるこいつが一番危ない存在だ。

エレナ
エレナ

それって……ドロシーのこと?

エレナ
エレナ

なんでそんなこと……納得してくれたんじゃ……

サニー
サニー

……すまない。

サニー
サニー

お前も先生方も下がっていてくれ、巻き込みたくはない。

エレナ
エレナ

でも……

サイレンス
サイレンス

エレナ、私たちハメられたんだ、あの隊長に。

サイレンス
サイレンス

あのジョイスの襲撃を止めたのは、ただの演技だった。

サイレンス
サイレンス

彼が私たちに自分の怒りと、迷いと弱みを見せたのは、全部これを隠すためだったんだ――

サイレンス
サイレンス

最初から彼は、罪を犯すつもりでいたんだよ。

サニー
サニー

……

サニー
サニー

マイヤーが動くのは予想外だったよ。お前らの……特にウビカ博士の信頼を得るために、サムにはあれよりももっと過激なやり方を用意させていたんだがな。

サニー
サニー

だが今となってはもうどうだっていい。

サニー
サニー

長らく求めていたこの場所に、すべての元凶のもとに辿りついたんだからな――

ドロシー
ドロシー

……それが私?

ドロシー
ドロシー

あの誘拐を画策してまでここにやって来たのは、すべて私を殺そうとしていたからなの?

ドロシー
ドロシー

なら、一つだけ聞いてもいいかしら……どうして?

相変わらず、閉ざされた心にすら染み渡るようなとても優しい声のままだった。
それとあの目。うるうると、微かに見開いた目。
無実で、訝しく、僅かな悲しみを含んだ目。
これではまるで、武器を取り出して自衛する彼らのほうに非があるようではないか。

サニー
サニー

どうして……どうしてだと?

サニー
サニー

俺は見たからだよ。

サニー
サニー

あのバケモノを作り出して俺たちを追わせて、俺の仲間たちの血をあのバケモノの餌にしているお前の姿が……

サニー
サニー

この……血も涙のないような……

エレナ
エレナ

バケモノなんていないよ!

エレナ
エレナ

あれはただの実験の副産物なの、神経シグナルを敏感にキャッチする特殊な物質で構成された……

サニー
サニー

……いや、サニーは間違っていないかも、エレナ。

サニー
サニー

きっと彼はこう言いたいはず、この物体のことは見たことがあるって……

サイレンス
サイレンス

たくさん見たことがあるってね。

サニー
サニー

……そうだ。

サニー
サニー

三日前、俺はお前に会いに……こっそりこの実験区域に潜り込んだ。

サニー
サニー

俺も、その……被験者になれないか、聞きたかったから。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、被験者になったらリスクがあるって、大企業に騙されてるだけかもしれないって、あんたそう言ってたじゃないか?

サニー
サニー

リスクか……フッ……ははは!

サニー
サニー

すまないな、サム。俺はとんだ言動不一致なバカ野郎だよ……

サニー
サニー

俺は昔に犯した過ちを正したかっただけなのさ。

サニー
サニー

いいか、よく聞けみんな――

サニー
サニー

あの夜、俺は見たんだ。銀色のバケモノがこの女の周りで形を変えているところを、この女がまるでペットのように銀色のバケモノに話しかけていたところを。

サニー
サニー

この災難を作り上げた張本人は、そこにいるドロシー・フランクスだ。

グレイ
グレイ

マリーさん、ボクが伝えたことですけど、受け入れづらいですよね?

マリー
マリー

……SFは好きじゃないの。

グレイ
グレイ

だったらこの手紙を読んでみてください。

マリー
マリー

手紙?

グレイ
グレイ

サニーさんがボクと一緒に電線のチェックを済ませた後、今度危険な目に遭うかもしれなからと、この手紙をボクに渡してくれたんです。

グレイ
グレイ

――「万が一俺に何かあったら、この手紙をマリー・バナーに渡してくれ」って。

グレイ
グレイ

先に手紙を読まれても大丈夫ですよね……サニーさん、気にしないですよね?

マリー
マリー

……貸して。

マリー
マリー

…………

グレイ
グレイ

あの、なんて書かれてましたか……?

マリー
マリー

あいつ、一体どこをほっつき歩いてるのよ!?

グレイ
グレイ

えっ……

マリー
マリー

グレイ、あなたはまったくサニー・ロマーノっていう男のことを理解していないわ。

マリー
マリー

あいつはもう内心憎しみまみれよ、あのクソッタレの保険のせいでね……

グレイ
グレイ

保険ですか……

マリー
マリー

そう、クルビアじゃその言葉が脳裏に刻まれていない感染者はまずいないわ。

マリー
マリー

多くのよそ者たちからすれば……クルビアはもう十二分に感染者に対して優しいとか、きっとそう思ってるでしょうね。

マリー
マリー

「充分な医療保険料を支払えれば、その分だけ真っ当な暮らしが保障される」って――聞いただけならまだ公正に思うでしょ?

マリー
マリー

病気をもらったばっかりだったあいつも、そうやって私に言い聞かせてきたわ。

マリー
マリー

でも、その結果どうなったと思う?

グレイ
グレイ

やっぱり、アレですよね……巨額な費用が?

マリー
マリー

私が一生警察として働いて、飲まず食わずだった場合でも払いきれない額だった。

マリー
マリー

アレは感染者の暮らしを保障してくれるもんじゃない……巨額な費用の代わりに得られる薬品がまったく釣り合わないもの。

マリー
マリー

あれはただの罰金よ。敷かれた道を感染者に歩かせるために作られた卑劣な手口、暗黙の規則ってもんよ。

マリー
マリー

サニーは……ロマーノはいつまでも現実を見ないヤツだった。

マリー
マリー

だからあいつを止めないと、本当に取り返しのつかない罪を犯してしまうわ。

ドロシー
ドロシー

サニーさん、あなたが見たのはバケモノでも、私のペットでもないわ。

ドロシー
ドロシー

私の実験と関わってるのは事実だけれど。

サニー
サニー

……認めたな。

ドロシー
ドロシー

でもこの事実は、あなたたちにとってなんのメリットもないの。

ドロシー
ドロシー

知れば知るほど、あなたたちを危険に陥れてしまうものだから。

サニー
サニー

……お前ら上に座ってる連中ってのは、どいつもこいつも勝手に決めつけることが好きなのか?

ドロシー
ドロシー

とりあえず、武器を下ろしてくれない?ここにある測定器はどれも壊れやすいから。

ドロシー
ドロシー

もし狙うのだったら、私を狙ってちょうだい。

ドロシー
ドロシー

私のことは……好きにしていいから。

ドロシーが開拓者たちに歩み寄る。クロスボウが彼女の身体に触れるほどの間合いだ。
サニーの手が僅かに震えている。彼は無理やり自分の視線をあの優しい目つきから離そうとしていた。
これも邪な小芝居だ、俺たちを屈服させるためのアーツに違いない。

サニー
サニー

死ぬぞ、怖くないのか?

ドロシー
ドロシー

怖い。

ドロシー
ドロシー

でも、あなたたちを傷つけてしまうことのほうがもっと怖い。

ドロシー
ドロシー

サニーさん、あなたもあなたの仲間たちも、みんな何も悪くはないわ。あなたたちだってただ普通の暮らしを過ごしたい一般人なだけなんだもの。

ドロシー
ドロシー

それに、私の実験にも参加したいって言ってたでしょ?

ドロシー
ドロシー

今ならまだチャンスはあるわ。私たちに加われば、きっとあなたたちが一番望んでいたモノが手に入る。

ドロシー
ドロシー

絶対よ、約束するわ。

開拓者たちに握ってもらいたそうに、ドロシーは手を差し伸べる。
俺たちはお前を殺しに来たんだぞ、この女はそれを分かっていないのか?
見るな。こいつの目も、手も、全部だ。優しすぎる。
荒野に入らざるを得なくなってしまった時から、都市も都市に住まう者たちも、全員から冷ややかに拒まれ続けてきた。
この女だって今こうして俺たちをコントロールしようとしてるに違いない。この女はこうやって意志の弱い仲間たちをコントロールしてきたんだ。
でも“チャンス”が……
もうどれぐらい、そいつを耳にしてこなかった?

サニー
サニー

……

ドロシー
ドロシー

ひッ……

(サニーがクロスボウを放ち奇妙な形をした物体に当たる)

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

エレナ
エレナ

あの銀色の物体だ!

エレナ
エレナ

いつからここに……?全然気付かなかった……

サイレンス
サイレンス

……サニーの言ってたことは間違っていない。

サイレンス
サイレンス

ここのラボがあの物体の産まれた場所なんだ……それに、変だとは思わない?

サイレンス
サイレンス

あの物体たち……まるでドロシーを守ってるみたい。

ドロシー
ドロシー

待って!お互いを傷つけるようなことは……

(奇妙な形をした物体が反応を示す)

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

来るぞ!

(奇妙な形をした物体が大量に部屋に入ってくる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、向こうにもっとヤバイぐらいの数が!

サニー
サニー

避けるんだ!

サニー
サニー

ドロシー・フランクを捕まえ――いや、まずはこのラボを破壊しろ!

サニー
サニー

この忌々しい温床を潰さない限り、いくらでもあのバケモノが産まれちまう!

(サニーがクロスボウでラボを破壊し始める)

ドロシー
ドロシー

ダメ!やめてェ!

ドロシー
ドロシー

サニーさん、それだけはやめて……お願い……

ドロシー
ドロシー

実験は必ずやり遂げなければならないの――

ドロシー
ドロシー

それが私からあなたたちへの……彼らへの約束なんだから。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました