アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】緑野の幻夢 DV-5「ドロシーの約束」行動後 翻訳

「やあ、マリー。最後にお前に手紙を送ったのはいつぶりだろうな?すまなかった、あの件以来、俺はずっとお前と話す勇気を持てなかった。
昨日は一睡もできなかったよ。頭ん中はしっちゃかめっちゃかで、いつも小さい頃の記憶ばかりが思い浮かべる。
お前が15歳になった誕生日のあの日、一緒にセントラル区画にあるあの大法官の彫像の肩の上に登ったことをまだ憶えているよ。
それでお前は、これは違法行為だから、お前が警察になった際はいつでも俺をしょっ引いてやれるって、冗談を交えて話してくれたな。
そんで俺は……なんて言ったっけか?
“誰もが公正なる正義に守られる権利はある”って言ったっけな。
あの頃の俺は、きっと数年後自分がどこにいるのかすら想像していなかっただろう。
文明ってのは脆いものだ。移動都市から出れば、ヒトも獣もあんまり区別がつかなくなる。
今の俺は、もうすでに公正が如何なるものかすら分からなくなってしまった。毎日俺の脳みそを占めてるのはどうやって生きていくかだけ。
そうさ、俺は過去の俺とお前が一番毛嫌いしていた人間になっちまったんだ。
(大量の線を引いて消した跡)
俺には、まだ文明の抱擁に戻れるチャンスはあるのだろうか?過去の自分に戻れるチャンスはあるのだろうか?
そう言えば、あと一週間でお前の誕生日だったな。こっちはどれだけお前にサプライズをしてやりたいものか、そんなことお前には知る由もないだろう。
(大量の空白の後に書き殴られた筆跡が続く)
あいつらは俺たちを使って危険な実験をしようとしているんだ。でも俺にできることはもう、どうにかして生き残ることしかない。

(矢の飛ぶ音)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

た、隊長、俺の撃った矢が――

サニー
サニー

……空中で止まった?

ドロシー
ドロシー

――

ドロシーと各計測機器を狙って撃ち出された矢は、まるで見えない壁に阻まれたかのように飛んではいかなかった。
奇妙なことに、弾かれることもなかったのだ。
まるで無数の見えざる手がこの鋭利な鉄器を優しく掌で包み込んだかのように。
ドロシーが腕を伸ばし、指先で軽くそのうちの一本の矢に触れえる。
矢からはカチンと軽やかな音が奏でられた。

(金属音)

サニー
サニー

伏せろ!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、これは一体どういう……

一様に揃った矢が地面に落ちては甲高い金属音が伝わってくる。
矢は残らず地面へ落ちたが、矢のすべてが地面に落ちたわけではない。どの矢も矢尻だけが消えていて、そこにはキレイな切断面だけが取り残されていた。
いや、矢尻は消えたのではない。

サイレンス
サイレンス

エレナ、さっきの音、あなたも聞こえた?

エレナ
エレナ

あれは……

サイレンス
サイレンス

あれは金属が激しい振動を起こした時に出る音だよ。

サイレンス
サイレンス

つまり、矢尻は振動で砕けてしまったんだ。

サイレンス
サイレンス

あれがフランクス主任のアーツ……なんて強力なの。

エレナ
エレナ

いや、全部がアーツによるものじゃないよ。

エレナ
エレナ

彼女はオリジニウムアーツ応用分野のプロフェッショナルだ、そういうテクノロジーを使ったんだよ。

サイレンス
サイレンス

……あれじゃあ、開拓者たちは彼女に傷を付けられそうにないね。

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

サイレンス
サイレンス

そうだね。彼女を心配するよりも、もっと心配したほうがいいのは……

フィリオプシス
フィリオプシス

痛み……

サイレンス
サイレンス

ジョイスを守ってあげて、まだまだ状態は良くないから。

エレナ
エレナ

サニーたちは……

サニー
サニー

……火炎瓶を使え!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

全部だ、全部使えんだ!

サニー
サニー

一か所に集中して投げるな、辺りにばら撒くんだ!

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

(奇妙な形をした物体が襲いかかる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

がはッ……アがあああ!

(開拓隊隊員が倒れる)

ドロシー
ドロシー

どうして……どうして言うことを聞いてくれないの?

ドロシー
ドロシー

あなたたちが傷付くところなんて見たくないのに……

サニー
サニー

その言葉……お前に騙されたほかの連中にかけてやったらどうなんだ?

ドロシー
ドロシー

騙してなんかないわよ。

ドロシー
ドロシー

彼らなら無事よ……みんな無事だから。

ドロシー
ドロシー

実験が成功すれば、彼らはもう危険な荒野に足を踏み入れなくて済むようになるの。

ドロシー
ドロシー

あなただってそれを願ってるんでしょ、サニーさん?

サニー
サニー

……

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

(奇妙な形をした物体が襲いかかる)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長、危ない!

(開拓隊隊員がサニーを突き飛ばし、奇妙な形をした物体に襲われ倒れる)

サニー
サニー

サム……!

開拓隊隊員
開拓隊隊員

隊長……ハァ……サニー、逃げろ……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

みんなを連れて、ここから逃げろ……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

荒野に……この大企業連中が……追ってこれないところまで……

サニー
サニー

荒野……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

そうさ、俺たちは……開拓者だ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

フッ……へへ!アイツらは荒野を恐れるが、俺たちは……違うだろ!

サニー
サニー

……

逃げるのか?
ここからコイツらに背中を向け、ほかの仲間を見捨てて、答えを諦めるのか?
そうすれば生きていけるだろう。生きることこそが、俺の唯一の望みじゃないか?

(回想)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

おーいサニー、なに書いてるんだ……手紙?はは~、さては市内にお前の手紙を待っている想い人がいるな?へッ、この幸せモンが。

サニー
サニー

この手紙が……証拠になるかもしれないから書いてるんだ。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

証拠って?

サニー
サニー

外にいる人たちに俺たちの境遇を知ってもらうための。

開拓隊隊員
開拓隊隊員

ここに来たのは、ディックたちを助けるためだけかと思ってたよ。

サニー
サニー

万が一失敗したらどうするんだ?

サニー
サニー

それに備えて、俺は何かしらこの世に残しておきたいんだよ。なあサム、俺はな、俺たちが全員くたばってもほかの連中に知っておいてほしいんだよ、俺たちがかつて藻掻いてきた爪痕を。

(回想終了)

生きたいさ。
他にいる全員に俺の叫び声を届けてやりたいさ。

サニー
サニー

なんでいつもいつも……自分らのチャンスなのに、お前らからそれを貰い受けるのを待たされなきゃならねえんだ?

サニー
サニー

そんなの、不公平じゃないか。

俺は地面に落ちてる一本の矢を拾う。
矢尻はとっくに砕けてなくなっていた。だが構わない、俺にはまだ手が残ってる。
鉱石病でどれだけの悪運を浴びせられたことか。だが唯一、おかげで少しは力を取り戻せた。
凄腕の連中からすれば微々たるものにしかならないかもしれないが、この矢を二つに折ることぐらいの力は残ってる。
鋭利な断面だって充分武器になり得るさ。目先にいるコイツらを倒し、俺を縛り付ける桎梏をさらに強くしてくれるからな。

ドロシー
ドロシー

それ以上近づかないで。

サニー
サニー

ッ……

折れた矢が俺の言うことを聞かなくなり、続いてそれは俺の手にも及んだ。
目に見えない巨大な力が俺の腕を押さえつけ、俺の足取りを止めてしまった。

ドロシー
ドロシー

本当は私の研究をあなたたちには向けたくなかった。

ドロシー
ドロシー

最初はあなたたちが荒野にいる獣を対処しやすくするために、険しい地形を乗り越え、迫りくる天災から生存のチャンスを掴むために設計してあげたはずなのに……

ドロシー
ドロシー

あなたたちを守るために作ったはずなのに、どうしてッ!

サニー
サニー

守る……だと……

サニー
サニー

勝手なことを言うな、俺たちの断りは貰ってるのかよ?

一歩一歩、前へ進んでいく。押さえつけられるほど、俺は前へ進んでいく。
矢の断面が掌を掻っ切って、血が絶え間なく流れ出してくる。

ドロシー
ドロシー

もう諦めて、ね?お願いだから。

サニー
サニー

フッ……はは!

サニー
サニー

イヤなこった。

サニー
サニー

それが俺の答えだ。

フェルディナント
フェルディナント

基地のほうはどうなってる?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

警備課から入った最新状況によれば、今のところ誰も基地から出てきていないと。

フェルディナント
フェルディナント

……計画通りであれば、ドロシーの“セントラル”は完成してるはずだな。

フェルディナント
フェルディナント

エレナからは何か届いてるか?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

いえ、何も。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

最後にもらった通信の時点では、彼女はまだ監視所に到達しておらず、警備課の人員とも合流できていません。

フェルディナント
フェルディナント

……

(バイブ音)

フェルディナント
フェルディナント

君は先に下がっていろ、あとで一番新しく生産された伝達物質を用意しておいてくれ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

どれくらい必要で?

フェルディナント
フェルディナント

三分の一だ。

(無線音)

???
大佐の声

ライン生命に残された時間はもうないぞ。

フェルディナント
フェルディナント

計画なら順調ですよ、大佐殿。あと一歩のところです。

???
大佐の声

こっちはもうこれ以上待ってられん。

???
大佐の声

ヴィクトリアの政変の余波は今でも世界中の国家に影響をもたらしている、我々の味方も敵対相手も事態に備えて用意してるところだ。

???
大佐の声

あの兵器のことだが――一部の政治団体が握ってる可能性が極めて高い。

???
大佐の声

もし我々の都市がヤツらに先制攻撃されようものなら、瞬く間にクルビアが100年もかけて積み上げてきた努力が水の泡となる。

???
大佐の声

国は再び暗雲の陰りに遮られ、ほかの国々の抑圧を受けることだろう。

フェルディナント
フェルディナント

ゆえに我々はヤツらよりもさらに進んだテクノロジー……物理的な距離を無視し、精確に我々の兵器を各地へ送り届けるテクノロジーが必要になると。

???
大佐の声

そうだ、だからこそクルビアは“ナビゲーション”が必要なのだ。

???
大佐の声

君は賢い、クルーニー君。それに一般的な賢い人間よりもリアリストだ。

???
大佐の声

今回の取引が完了した暁には、またライン生命の新たな総括とさらなる取引を交わせることを期待しているよ。

フェルディナント
フェルディナント

こちらこそ、大佐殿。あなた以上に期待しておりますとも。

(無線が切れる)

フェルディナント
フェルディナント

もっとラボから試薬を持ってくるように伝えろ。

フェルディナント
フェルディナント

ああそうだ、三分の一じゃない、全部だ。

(エレナがアーツを放つ)

エレナ
エレナ

くっ……中々相手がしづらい連中だね……

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

(エレナがアーツを放つ)

エレナ
エレナ

ここに来るまでずっと見てきたから分かると思うけど、私のアーツはグレイのそれと違って実用的じゃないんだから!

サイレンス
サイレンス

うん、何度も検証してきたから分かるよ。あの液体は非常に破壊しづらい構造をしている。

エレナ
エレナ

それともっと悪いニュースがあるよ。

エレナ
エレナ

私たちの頭上……この実験区域全体に、あれと同じ物質がもっとたくさん貯め込まれている……その総体積は今目の前にあるアレの一万倍以上だって、私言ったっけ?

サイレンス
サイレンス

……できればもっと早くそれを言ってほしかったんだけど。

サイレンス
サイレンス

あれは実験で生まれた副産物だって言ってたよね?じゃあその実験のメインとなる目的はなんなの?

エレナ
エレナ

伝達系アーツユニットに代わるテクノロジーの開発だよ。

エレナ
エレナ

エネルギー課の担当は今見てるようにあの特殊な物質の開発だよ。アレは僅かな振動でも敏感に反応するから……ニューロンの電気信号をキャッチしてコーディングする媒介に充てることができる。

エレナ
エレナ

通称“伝達物質”、私たちはそう呼んでる。

エレナ
エレナ

理想的な状況になれば、アーツ適正が一般的な人でも優秀な術師になることができるんだ……

エレナ
エレナ

だから……副産物であるコイツらも……今みたいに脅威になれるって……わけ!

(エレナがアーツを放つ)

エレナ
エレナ

オリヴィア、戦いながら学術の説明なんてできっこないよ!

エレナ
エレナ

時々私もジョイスの頭ん中に入ったデバイスが羨ましくなるよ。そうすれば、私が頭の中で念じれば、すぐにキミはそれを脳内でキャッチしてくれるでしょ?

サイレンス
サイレンス

……そっか、じゃあ質問を変えるね。

サイレンス
サイレンス

どうすればその実験を止められるの?

エレナ
エレナ

……

サイレンス
サイレンス

あなたがこの実験にたくさんの心血を注いできたのは分かるよ、あなたとドロシーの仲のこともね、でも……

エレナ
エレナ

もう分かった分かった、それ以上言わないで!姉さんを思い出しちゃうじゃん、オリヴィア!

エレナ
エレナ

確かに私にとってこのプロジェクトはとても大事なものだよ、でも今はドロシーの様子が明らかにおかしい……私がそんなことも分別できない人間に見える?

エレナ
エレナ

だからちょっとだけ……その……考えさせて。

エレナ
エレナ

私だってここにはめったに来たことがないんだからね。こんなことが起こるのならもっとドロシーのところに通えばよかった……

サイレンス
サイレンス

……術者だ。

エレナ
エレナ

え?

サイレンス
サイレンス

エレナ、仮に私たちの目の前にあるアレがアーツの被造物だったとすれば、それを作り出した術者はどこにいると思う?

サイレンス
サイレンス

ドロシーがアイツらを作り出したとは思えない、アイツらは彼女の周りを浮いてるだけにしか見えないから。

エレナ
エレナ

じゃあ、もしかしてあの消えていった開拓者たちなんじゃ……

サイレンス
サイレンス

このラボの中で、ドロシーが一番私たちに近づかせたくない場所……

サイレンス
サイレンス

エレナ、ドロシーの後ろを――そこにアーツを撃って!

エレナ
エレナ

最大出力でいいんだね?

(エレナがアーツを放つ)

燦燦と煌めく星の光が枝垂れる。ほんの僅かな間しかなかったが、それでも全員の視線を虜にするには充分だった。
――あの銀色の奇妙な形をした物体たちとて例外ではない。ヤツらに“目”があればの話ではあるが。

奇妙な形をした物体
奇妙な形をした物体

――

ドロシー
ドロシー

ダメ、そっちに行っちゃ!

ドロシー
ドロシー

エレナ、そんなことしないで!

エレナ
エレナ

た、立てない……なにが起こったの?

エレナ
エレナ

手も足も自分のものじゃないような……うわあああ!計測機器がああああ!一体あれだけでいくらすると思ってんの!いや、そんなことより、どこかに掴まないと……

サイレンス
サイレンス

私たちだけじゃないよ、開拓者たちまで……

開拓隊隊員
開拓隊隊員

なんだ、地震か?

サイレンス
サイレンス

踏ん張るんだ!

フィリオプシス
フィリオプシス

星……星々……

エレナ
エレナ

ジョイスが……オリヴィア、私もう……ジョイスを支えてやれない……

エレナ
エレナ

手足の感覚が……もう……!

エレナ
エレナ

そ、そうだ!アーツで……!

(エレナがアーツを放つ)

エレナ
エレナ

自分をビリってさせるのって本当に有効だったんだね、少しは手足の感覚が戻ったかな……

サイレンス
サイレンス

……ビリっと?

サイレンス
サイレンス

そうか、一瞬だけど、電流はアーツの効果を遮る……

サイレンス
サイレンス

さっき……その研究の基礎となる要素は振動だって言ってたよね?

エレナ
エレナ

うん……

サイレンス
サイレンス

砂粒だ。

サイレンス
サイレンス

ラボのそこら辺に砂が撒かれてる、私たちの身体にも……あまりにも小さいから気付けなかったんだ。

エレナ
エレナ

エレナ、あなたはそのまま被験者を探して!

エレナ
エレナ

ドロシーは私が止める!

ライン生命研究員
ライン生命研究員

フェルディナントさん、試薬のパッケージングが完了しました。

フェルディナント
フェルディナント

よし、359号基地に向かうぞ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

フェルディナントさんが行かれるんですか?

フェルディナント
フェルディナント

説明不足だったか?

ライン生命研究員
ライン生命研究員

いえ、ただ……向こうはもう充分人員が充てられていると思うので、必要はないかと……

フェルディナント
フェルディナント

なぜ画期的な研究ほど実験やテストを繰り返す必要があるのか、答えてみろ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

それはミスやエラーを出さないために……

フェルディナント
フェルディナント

肝心な結果を必ず信頼性のあるものにするためだからだ。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

それはつまり、フランクス主任は……信頼に置けないと?

フェルディナント
フェルディナント

ドロシーか?彼女なら感情を糧にして、驚異的な成果を出してくれているさ。

フェルディナント
フェルディナント

だがその豊富な感情は、時として彼女の最大の弱点にもなり得る。

ライン生命研究員
ライン生命研究員

しかしまだエレナがあちらに充てられておりますが……

フェルディナント
フェルディナント

……彼女はまだまだ未熟さ、もっともっと成長してほしいものだよ。

フェルディナント
フェルディナント

エレナの成果への野心は強い、だがまだ何事も経験不足だ。私のアドバイスがなければ、最適な決断すら下せないほどにな。

フェルディナント
フェルディナント

このライン生命の中で、一番頼りになれる人間はこの私だけだよ、残念に思うかもしれないがね。

ドロシー
ドロシー

……

ドロシー
ドロシー

サイレンス先生……

サイレンス
サイレンス

ゴホッ……ゴホゴホッ、こんにちは、フランクス主任。

ドロシー
ドロシー

どうやって私のところまで来れたの?振動の膜があなたの四肢のニューロン信号を断ち切ったはずなのに。

サイレンス
サイレンス

私は医者です、主任よりも人体の構造には少しだけ詳しいので。

ドロシー
ドロシー

ごめんなさい、色々と辛い思いをさせちゃって……

ドロシー
ドロシー

でも、もう少しで終わるから。実験が成功すれば、すぐにこの麻痺状態を解除してあげるからね。

サイレンス
サイレンス

……その後はどうするんですか?

サイレンス
サイレンス

実験が成功した後、この時にできた亀裂を戻すことはできるんですか?

サイレンス
サイレンス

あそこで抗ってる人たちを見てやってください。

サニー
サニー

みんな……諦めるな!

サニー
サニー

俺の手を……掴め!

サイレンス
サイレンス

先のことしか考えていない時、人はどうしても目の前で起こってることを軽視しがちです。

サイレンス
サイレンス

そういう人は、ライン生命でたくさん見てきました。

サイレンス
サイレンス

でもフランクス主任……ドロシーさん、あなたはそんな人たちとは違う。

サイレンス
サイレンス

サニーとほか開拓者たちを見た時、あなたは涙を浮かばせていたから。

ドロシー
ドロシー

……

ドロシー
ドロシー

彼らの苦しみなら理解できるわ。

ドロシー
ドロシー

でもね……一時的な苦痛と、永遠に消えない苦痛、どっちのほうが耐えられないと思う?

ドロシー
ドロシー

サイレンス先生、彼らの人生は沼に嵌ってしまっているのよ。

ドロシー
ドロシー

私はそんな彼らを引っ張り出してあげたい。私やあなたが掴んだように、彼らにもチャンスを掴ませてあげたいの――

ドロシー
ドロシー

人は溺れてしまった時、ナニかに掴まれたと思ったら、余計に藻掻いてしまうことがあるわ。

ドロシー
ドロシー

でもそれって、掴んでくれている人を拒んでいることなのかしら?

ドロシー
ドロシー

水で口が塞がれても、私にはその人たちの助けを求める声が聞こえてくるの。だから自分で手を伸ばした以上、あと少しでその人たちを掴めそうになった時に手を引っ込むことは絶対にしたくない!

サイレンス
サイレンス

でも、もう止めなきゃ。

(サイレンスがドローンを飛ばす)

ドロシー
ドロシー

……それはあなたのドローン?いつの間に……

サイレンス
サイレンス

あなたと話してる間に配置させました。

サイレンス
サイレンス

ライン生命を出た後、私は色んな場所に行ってきました。この砂まみれのラボよりもさらに劣悪な環境にも足を踏み入れたことがあるんです。

サイレンス
サイレンス

常に医療器具を清潔に保つのは軍医にとして基本中の基本ですから。

ドロシー
ドロシー

だとしても……

エレナ
エレナ

ドロシー……やっぱり諦めないかぁ。キミも相当な石頭だね……

エレナ
エレナ

(手の痺れが酷くなってきた。)

エレナ
エレナ

(もう一回ビリっといっとく?いやいや、もう一回ビリってしたら腕の神経が死んじゃうよ……)

フィリオプシス
フィリオプシス

……光。

エレナ
エレナ

光?私のアーツのこと?前まで私の魔術ショーにはそんな興味を示さなかったのにどうしたの、ジョイス?

フィリオプシス
フィリオプシス

星……眩しい……

フィリオプシス
フィリオプシス

彼方に……

エレナ
エレナ

どこ見てるの……ねえジョイス、キミは今一体ナニが見えてるの?

エレナ
エレナ

いや、見えてるとかじゃなくて……

エレナ
エレナ

まさか……私やオリヴィアでも感じ取れないナニかを感じ取れているの?

フィリオプシス
フィリオプシス

家屋が……

フィリオプシス
フィリオプシス

光の中に。

エレナ
エレナ

え?

エレナ
エレナ

ちょっ……動いた?

エレナ
エレナ

いや、キミは最初から意識を失っていたし……振動の膜の影響も受けなかったからそりゃ動けるよね。

エレナ
エレナ

その指を差してる方向って……

エレナ
エレナ

……銀色の物体が集まってる方向だ。

エレナ
エレナ

そうか、消えた人たちの行方が分かっちゃったかも。

(エレナがアーツを放つ)

(扉の開く音)

開拓隊隊員
開拓隊隊員

おい見ろ、あそこだ。扉が開いたぞ――

サニー
サニー

あれは……

ドロシー
ドロシー

そんな……扉が、開いた?

ドロシー
ドロシー

ダメ、気を付けて――

振動がピタリと止んだ。
銀色の物体も一瞬にしてバラバラになり、まったく脅威にもならないただの液体と化した。
ドロシーも動きを止める。サイレンスのドローンに後ろ首を押さえつけられているが、抵抗はしなかった。
彼女はただ、その扉の奥を見つめていた。
あれこそが誓って守り抜こうとした、彼女が背負いし己と大勢の人々の願いそのものであったのだ。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました