アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-1「栄誉の守り」行動後 翻訳

……アラデル、盗み聞きはよくないぞ。お父さんの言う通りにしなさい。
人目のつかぬ暗い隅で他者の死を企てようとするのは、下賤な連中のやることだ。
それでしばらくはいい思いができるかもしれんが、盗み取ってきた勝利みたいなものがそう長く続くことはないのさ。

アラデル
アラデル

(そうよ……こいつらは下賤な連中だわ……)

アラデル
アラデル

(お父様……)

アラデルは捕まりたくはなかった、特にこの悪巧みを働こうとする者たちに。さすれば父を失望させ、カンバーランド家の名に泥を塗りかねない。
そこで彼女は窓からの脱出を試みた……

???
顔が見えない軍人

我々も急がねばな。

???
顔が見えない軍人

軍が下で頭数を数えている。今のうちに戻って紛れ込めばバレはしない。

(物音)

???
顔が見えない商人

……おい、何か聞こえたか?

???
顔が見えない軍人

ただの小動物だろ、考え過ぎだ。こんな狭い部屋に人が隠れているはずがないだろ?

アラデル
アラデル

ふぅ……

アラデルは細心の注意を払いながら影に縮こまっている。彼女の忠実なる友――巨大な蒸気鎧が彼女を匿ってくれているのだ。
ようやく窓の枠にも触れられた。このまま窓から出れば、二人の視線を避けながら水道管に沿って脱出することができる。
スカートもすでに汚れきってしまった、きっとエルシーに知られればカンカンだろう。
だがそれを気にして捕まってしまえば元も子もない……

アラデル
アラデル

ヒッ!

アラデルは自分の身に何が起こったのか理解しきれなかった。
天地が彼女の目の前で真っ逆さまになったのだ。眩暈が激しく、手足も力が出ない。足を踏み外してしまったアラデルは、そのまま二階から落っこちてしまったのだ。
庭園の景色が猛然とアラデルの顔面へと迫ってくる。しかし彼女が固い地面に衝突することはなく、代わりに分厚くふかふかとしたマットのようなものが受け止めてくれた。

(何かの上に落ちる)

マット?なぜこんなところにマットが?
違う、これはマットじゃない。
思考を巡らせながらも、アラデルは優しく地上へ置かれたことを察知した。
そして振り返り、後ろを見やれば――

伝説や伝承にしか存在しえない生き物が、彼女の目の前に佇んでいたのだ。

(ライオンの鳴き声)

その者たちはまるで神話からそのまま現れたかのように、威風堂々と庭園の中に存在している。
金色に靡く鬣はまるで太陽の如く輝き、真ん中に立つ長と思わしきその者は、その深い褐色の瞳を静かにアラデルへ向けていた。
アラデルは以前、父に連れられて幾度も国王陛下に謁見を賜ったことがあり、その際宮殿の壁に掲げられていた歴代アスラン王の肖像画を目にしたことがある。
しかしこれは初めてだ。かような眼力で直視されては堪らず首が垂れさがってしまう――この者たちの目はどの王よりも威厳に満ち溢れていたからだ。
だが、カンバーランドが容易く首を垂れることはない。顎を高く上げて、相手に圧倒されないようにと踏ん張っていたアラデル。ふと、この者たちの真ん中に人ひとりが跨っていることに気が付く。

その人はアラデルよりも幼い子供だった。しかし高貴な礼服を着こなし、ぐったりと金箔が貼られたような背中に座している。
そんな幼子を乗せている者は、とある剣を咥えていた……その幼子よりもはるかに巨大な剣を。
そこへふと、とても重厚で低い声がアラデルの脳内で響いた。

「アラデル・カンバーランド。」
「いつの日か、再びヴィーナと相まみえるだろう。」

それからこの者たちを、アラデルが見ることは二度となかった。

その後の二十年もの間、彼女はよくこの一幕を夢に見る。あの黄金に見える威厳溢れる者たちと、その者たちと共にいた幼き女の子を――
だがその獣の主が予言したように、彼女はやがてそのヴィーナと名が付く者と再び相まみえるのであった。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

見て!あ、あれは……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

アレクサンドリナ王女殿下だ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

はやく陛下へお伝えしろ、王女殿下を見つけたと!今そこの庭園に――

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

待って、見間違いじゃないわよね?あれって……盗まれたはずの……

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

殿下が、アレクサンドリナ王女殿下が――諸王の息吹を所持しておられるぞ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

ヴィクトリア万歳!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

国王陛下万歳!

(大歓声)

歓声が瞬く間に庭園の中で炸裂した。
軍人も、貴族も、はたまた従者も……みなが庭園へと押し寄せ、王権の象徴を抱える王女殿下を見守る。
なんたる奇跡か!
そう思って目頭を熱くした人々は、こぞって熱烈な拍手を送り届ける。

(大きな拍手の音)

侍女のエルシー
侍女のエルシー

アラデルお嬢様!?どうしてここに!?

(エルシーがアラデルに近寄ってくる)

アラデル
アラデル

……エルシー。

アラデル
アラデル

あなた、あの者たちが見えないの?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

あの者たちとは、何を指しておられるのです?王女殿下のことでしょうか?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

王女殿下ならずっとお一人でしてよ?

アラデル
アラデル

違うの。あの者たちがいたのよ、黄金色の……

アラデル
アラデル

さっきだってわたしに話しかけてくれたわ。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

それよりもどうされたんです?スカートをこんなに汚してしまって……何かあったのですか?

アラデル
アラデル

……よく分かんない。

アラデル
アラデル

お星さま……お星さまが上の部屋に落っこちてきたんだわ。

アラデル
アラデル

蒸気騎士が……甲冑が……あの悪者たちを倒すのよ!

侍女のエルシー
侍女のエルシー

一体何を仰っているのですか?

アラデル
アラデル

わたし……頭がクラクラするわ、エルシー。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

きっとお疲れになったのでしょう。あの情景を見てくださいな、眩暈を起こさない者などいるはずもございません。今日はあまりにも出来事が多すぎたんですから。

貴族の女
貴族の女

ご覧になった?アレクサンドリナ王女殿下が諸王の息吹を抱えながら戻ってこられましたわよ!

貴族の男
貴族の男

窓も壁もヒビが入ってしまいそうなほどの歓声だな。きっと誰もが自分の目を疑っているはずだ、なんせあのアレクサンドリナ王女殿下だからな――まだお歳はいくつだね?

貴族の女
貴族の女

“奇跡だわ”、みんなそう言ってる。

貴族の男
貴族の男

ああ奇跡さ、当然奇跡だとも。

貴族の男
貴族の男

奇跡と偶然の最大の違いは、謂われもなく降りてくるかどうかにある。

貴族の男
貴族の男

陛下の生誕日もいよいよ間近だ……これを啓示と扱わずしてなんと扱おうか。

貴族の女
貴族の女

まあまあ。たとえ自作自演の芝居だったとしても、楽しめたものじゃないですの。

貴族の女
貴族の女

はぁ、しかしまた思い出してしまいましたわ。一部の公爵たちはなぜ今の陛下とカンバーランドをあのように……

貴族の男
貴族の男

そう思い悩みなさんな。それは一旦置いておこう、すぐにパーティが始まる。

貴族の女
貴族の女

そうですわね、今は目の前で起こってる出来事を楽しもうじゃありませんの――

???
貴族の男&貴族の女

ヴィクトリア万歳!

???
激昂する声

……どうやらみな、アレクサンドリナの旅路に気付いてしまったようだな。

???
重苦しい声

陛下……まさか最初から殿下が地下へ向かわれたことをご存じだったのですか?

???
激昂する声

これはまたとない機会だ。私が宮殿内にいなければ、衛兵たちも少しは雑談やうたた寝をしてはサボりに出る。そうすれば私の可愛い侵入者がバレることもない。

???
重苦しい声

なるほど、すべては陛下の思し召しだったのですな。

???
激昂する声

半分はあの方の策ではあるがね。たまに人前でささいなジョークを飛ばそうとする、そういう性格の持ち主だ。

???
重苦しい声

彼もが協力してくださったとなれば、彼自身も“やらねばならないこと”だと自認しておいででしょうな。

???
激昂する声

……ロンディニウムもそろそろ夏に入る頃だろう。最近はやたらと雨も多く、何より蒸し暑い。君もアラデルと夫人を市外へ送り出そうとしているようじゃないか?

???
重苦しい声

ここで断っておきますが、断じて他意はございません。ただ……

???
激昂する声

ロバート、君が自分の娘を愛しているのは分かっている、私も同じだ。

???
激昂する声

あの子たちはヴィクトリアの未来だ。であれば、今のヴィクトリアに我々のすべてを賭けてみようじゃないか。万が一失敗した際は……

???
重苦しい声

何を仰いますか、陛下。そのような恐ろしいことなど、我が命を以てして必ずや阻止してみせますぞ。

???
激昂する声

もちろんだ、私もこの先の未来には勇気と自信に満ち溢れていると信じているよ。しかしだ、だとしてもアレクサンドリナのために退路を敷いてやれねばならん。

???
激昂する声

あの子はいずれヴィクトリアの王になる。今から自分の都市をつぶさに知ってもらったほうがいいだろう、善は急げというものさ。

???
激昂する声

それに、重苦しい午後の時間にああいった催し物があったほうが気持ちもいくらかは晴れるだろ?

???
激昂する声

私たちも少しはストレスを発散しないとな。そのためにここへ集まったんじゃないか。

???
激昂する声

……

???
激昂する声

ただまあ……予感はするよ。これからすることもそのためなのだろう?

???
重苦しい声

……

???
激昂する声

では私たちもそろそろ下へ降りるとするか、ロバート。まずはこの茶を飲み干さんとな。

アラデル
アラデル

なんだか音楽が聞こえてきたわ。あれはお父様が陛下のために招いた楽団?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

そうですよお嬢様。そろそろパーティのお時間になります。

アラデル
アラデル

みんな楽しそうにしてるわね。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

お嬢様は楽しくないのですか?

アラデル
アラデル

ずっと続いてほしいわね……今が。エルシー、続くわよね?

アラデル
アラデル

あなたも、お父様もお母様も……ずっと傍にいてくれる?

侍女のエルシー
侍女のエルシー

私ではお答えできかねます、お嬢様……ただ、この世に不変というものはございません、庭園に咲く花と同じように。

アラデル
アラデル

……

アラデル
アラデル

いいえ、エルシー、変わらないものだってあるわ!

アラデル
アラデル

たとえばこのわたし!わたしは必ず大きくなったら蒸気騎士になる、あのリッチ様のように!いいえ、リッチ様をも超えてみせるわ!

アラデル
アラデル

わたしがあなたたちを守って、悪者たちを追い返してあげる!

アラデル
アラデル

ひいひいひいひいお婆様と同じように、カンバーランドの名を永遠のものにしてあげるんだから!

アラデル
アラデル

約束よエルシー、絶対なってあげるからね!

侍女のエルシー
侍女のエルシー

お嬢様……

アラデル
アラデル

……だからずっとわたしの傍にいること!わたしも絶対、ロンディニウムから離れないから!

アラデル
アラデル

お父様にだって伝えてやるわ――

アラデル
アラデル

わたしのホームはここだって!歴代のカンバーランド卿がそうしたように、わたしが家を引き継ぎ、命尽きるまで守り抜いてやるんだって!

アラデル
アラデル

必ずよ、天に誓って!

この記事を書いた人
ゲームのサイハテ

ゲームのサイハテの管理人

ゲームのサイハテをフォローする
スポンサーリンク
ゲームのサイハテをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました