アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-2「一筋の光」行動前 翻訳

四年前
1094年
3:25p.m. 天気/曇り
ロンディニウム、オークタリッグ区、聖マルソー校

やんちゃな子供
やんちゃな子供

フンッ、議会広場にいる兵士たちを、ここにある火砲と弩弓を見るがいい!もう逃げ場はない!

純粋な子供
純粋な子供

うぅ……

やんちゃな子供
やんちゃな子供

おい泣くなよ!今のお前のは国王役だろ、メソメソすんなって!

純粋な子供
純粋な子供

うん……こ、殺してやる!わ、私にはまだ……楼閣騎士たちが残っているんだ!

やんちゃな子供
やんちゃな子供

いや塔楼騎士な。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

フッ、ヤツらならほとんどこちら側に寝返ったさ。投降を拒否した連中も、すぐにお前と同じような目に遭わせてやる……我々はロンディニウム市民の怒りに代わってお前を裁くのだ!

純粋な子供
純粋な子供

こ、国王を裁ける者などいるものか!

やんちゃな子供
やんちゃな子供

以前ならいなかったとも、だが今後も二度と現れることはないだろうな。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

国王陛下、これはあなた自らが辿った結末なのだ。あなたは自ら前へ突き進もうとするヴィクトリアの道を塞いだ。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

都市はあなたのしょうもない一声だけでその働きを止め、また苦悩する民衆たちからパンを買うために取っておいた最後の一ペンスでさえも奪い去っていった。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

私たちの両手は明日の太陽を迎えるために労働へ勤しむべきものであったのだが、今や陛下の血に染まろうとしてる……これも陛下と陛下の従者たちのせいだ!

やんちゃな子供
やんちゃな子供

さあ立ち上がれ、戦士たちよ!我らがヴィクトリアのために!

純粋な子供
純粋な子供

ヴィクトリアだと……!この私が……この私がヴィクトリアそのものだ!貴様ら狼藉者に廃され、ゆ、ゆう……

やんちゃな子供
やんちゃな子供

幽鬼だ!ゆーうーきー!あとそのセリフ、あっちの台のとこで倒れてから言うもんだろ!

(子供たちが走り回る)

ジャスミン
???

誰なんです?廊下をバタバタと走ってるのは?

ジャスミン
???

ラルフにアンナ!またあなたたちなのですね――

純粋な子供
純粋な子供

ジャスミン姉さんだ……

やんちゃな子供
やんちゃな子供

これからいいとこなんだから邪魔すんな!アンナ、はやく台に上がれ、絞首刑のとこををやんぞ!

ジャスミン
ジャスミン

こ、絞首刑!?

ジャスミン
ジャスミン

コラあなたたち!一体どこでそんな残忍な遊びを覚えたんですか!

やんちゃな子供
やんちゃな子供

街の大人たちみーんなやってるだろ。

ジャスミン
ジャスミン

街にはどんな人だっているものです!もしかして街でやましい劇でも見に行ったんじゃないでしょうね?一体誰に連れて行かれたんです?

やんちゃな子供
やんちゃな子供

靴職人のトムにだよ。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

なんか色んな黄色い飲み物をバカみたいに飲んでたぜ、顔がベタベタするぐらい。それに舞台に向かって「陛下を侮辱するな、あのお方はよい陛下だったんだ」とか叫んでたっけ。

ジャスミン
ジャスミン

まったくあのダメ人間ったら!いや落ち着きなさいジャスミン、子供たちの前では口を慎まないと……いやでも、子供をクラブへ連れて行くなんてありえないわ!

やんちゃな子供
やんちゃな子供

そんじゃ続けようぜ、アンナ。夕飯の前にもういっちょ遊んでいこう。

純粋な子供
純粋な子供

じゃあ今度はそっちが死ぬ役ね!前に約束したでしょ、ウソはなしなんだから!

ジャスミン
ジャスミン

あぁ陛下……どうかこの子たちの不敬をお許しくださいませ。

ジャスミン
ジャスミン

この子たちはあの街に流れる下賤な伝聞でしか陛下を知らないのです。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

ジャスミン姉だって王様を見たことないだろ。いつもそんな知ったかぶりでこっちを叱るのはやめてくれよな。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

ほら走れ、アンナ、オレが追いかけてるやるから――

(子供たちが走り去る)

純粋な子供
純粋な子供

クソ、この……裏切者め!いずれ自分たちの心に潜む醜い獣に食い殺されるがいい!

ジャスミン
ジャスミン

コラあなたたち、いい加減にしなさい!

ジャスミン
ジャスミン

さもないと罰を与えますよ!それにほかの修道士や先生方に見られたら……

???
???

見られたら、どうなるんです?

ジャスミン
ジャスミン

ゴールディング先生!

(ゴールディングが近寄ってくる)

ゴールディング
ゴールディング

ラルフ、顔が真っ赤ですよ?

やんちゃな子供
やんちゃな子供

いや、だって……だって……

純粋な子供
純粋な子供

ごっごをしてたの、すっごく楽しいごっこ。

ゴールディング
ゴールディング

ごっこ?

ゴールディング
ゴールディング

……

ゴールディング
ゴールディング

そうですか。でも今日はもうお部屋へ戻りなさい、宿題がまだ残ってるでしょ。

ゴールディング
ゴールディング

それとラルフ、年上はしっかりと敬うものですよ。ジャスミンはあなたたちより少し年上でしかないとは言え、彼女はあなたたちの先生でもあるのですから。

やんちゃな子供
やんちゃな子供

わかった。ごめんなさい、ジャスミン姉さん――

ジャスミン
ジャスミン

いいのよ。ほら、ゴールディング先生の言うことを聞いて、今日はもう部屋に戻りなさい。

(ジャスミンとゴールディングの足音)

ジャスミン
ジャスミン

この子たち、ゴールディング先生に叱られるとばかり思っていました。

ゴールディング
ゴールディング

ラルフとアンナをですか?そんなことしませんよ。

ゴールディング
ゴールディング

子供はまだ残酷というものを理解できていませんから。

ゴールディング
ゴールディング

あの子たちは学ぼうとしているんです。本や私たちから何かを学ぶことができないのであれば、ほかの物事に目移りしてしまうのは当然でしょう。

ジャスミン
ジャスミン

みんな……あの絞首刑はヴィクトリアそのものを変えてくれたと言っていますが、先生もそう思っているのですか?

ゴールディング
ゴールディング

同じ質問を違う人に問いかければ、それだけ違う答えが返ってくるものです。

ゴールディング
ゴールディング

ハイバリー区の軍需工場は依然として稼働したまま、しかしオークタリッグ区にある大邸宅の多くはすでにその家主を変えていきました。

ゴールディング
ゴールディング

私が知るのは、今でも毎年多くの子供たちがこの学校に送られてくるという事実だけ。あの子たちは二十数年前の私と同じように、助けが必要です。

ゴールディング
ゴールディング

学校には感謝していますよ。私を受け入れてくれなければ、とっくに病に倒れていましたから。

ゴールディング
ゴールディング

ところでジャスミン、また新しいインスピレーションを得ることができましたよ。あの子たちのおかげですね。

ジャスミン
ジャスミン

また劇に関するまとめの、ですか?今手元に持ってるその。

ゴールディング
ゴールディング

はい。

ジャスミン
ジャスミン

その本、子供たちのために用意していたものだったのですね。でもあの子たちはまだ文字を習い始めたばかりです、渡すにはまだ早いのでは?

ゴールディング
ゴールディング

街で歌われてるものよりは幾ばかりかマシでしょう。

ゴールディング
ゴールディング

子供たちからすれば、劇もごっこみたいなものです。その中に含まれてる複雑な意味合いを理解する前に、少なくとも文字にある感情や何かしらのパワーを感じ取ってくれるはずですよ。

ジャスミン
ジャスミン

そうだといいんですがね……

ゴールディング
ゴールディング

それに、いつも私の文学の授業でウトウトしなくて済むようになるというメリットもあるじゃないですか。

ジャスミン
ジャスミン

ふふ、それは確かに。あの子たちが少しでも集中してもらえれば、こちらとしても大分楽になりますよ。

(雑踏の声)

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

すまんねお二人さん、ちょっと早めに本屋を閉めさせてもらうよ。

ゴールディング
ゴールディング

あらアダムスさん、今日はお早いんですね。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ん、知らないのか?今朝カーデン区にある公爵の事務所でちょっとした騒動があったんだよ。

ゴールディング
ゴールディング

騒動ですか?それがどうしてオークタリッグ区にも影響が?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

事務所で働いてた事務員が殺されたんだ。噂じゃスタンフォード公の姪っ子で、一週間前にロンディニウムに入ったばかりだってよ。

ゴールディング
ゴールディング

……可哀そうに。犯人はもう捕まったんですか?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

そこなんだよ。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

目撃者が言うにはその犯人、都市防衛軍の駐屯地に逃げ込んだらしい。

(ヴィクトリア兵達の足音)

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

はやくここのエリアを封鎖しろ!ヤツを逃がすんじゃないぞ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

しらみ潰しに探すんだ――

ジャスミン
ジャスミン

もしかしてその犯人、オークタリッグ区に逃げ込んだんですか?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

どうだろうね、これがそう単純な話でもなさそうなんだ。

ジャスミン
ジャスミン

変ですね、あの兵士さんたちって都市防衛軍の?なんだか着てる制服もいつもとは違うような?私の勘違いかしら?

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

うち、カーデン区に住んでる友人がいるんだが、あいつが言うには近くの街でもああいった軍服を着た兵隊が出たらしい。

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

それとこんな情報も耳に入ってな……

ロンディニウム市民
ロンディニウム市民

ある公爵が昨日、こっそりロンディニウムに入り込んだらしい!

ジャスミン
ジャスミン

そんなバカな!法律で禁止されてるはずでは?

ゴールディング
ゴールディング

……

ゴールディング
ゴールディング

ありがとうございます、アダムスさん。それとこの本、重いので今度また取りに来ますね。

ゴールディング
ゴールディング

ジャスミン、はやく学校に戻りましょう。

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

いない?路地に人影が入って行ったという目撃情報はあっただろ?

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

絶対に公爵殿下の情報を漏らすんじゃないぞ、特にロンディニウムでだ!さもないと、今日の作戦も全部……クソッ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

それにしても男か女かすら見分けられなかったとは、ロンディニウムの諜報員は何をやっているんだ?役立たず共め、公爵領にいる人たちとは雲泥の差だ!

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

だがさっき一発矢を当てられたのは運がよかったぞ――

ヴィクトリア兵
ヴィクトリア兵

このまま追え!そう遠くまで逃げていないはずだ!

ハイディ
ハイディ

……

(ハイディが静かに立ち去る)

ゴールディング
ゴールディング

ッ!待ってください――

ジャスミン
ジャスミン

ゴールディングさん、どうされました?

ゴールディング
ゴールディング

いえ、そう大したことではないのですが。

ゴールディング
ゴールディング

ジャスミン、あなたは先に戻って、子供たちが街に出ないようにしてください。

ジャスミン
ジャスミン

じゃあゴールディング先生は?

ゴールディング
ゴールディング

ちょっと友人に会いに行きます。それと執務室にお湯とキレイなタオルを用意してくれますか?すぐに戻りますので。

ハイディ
ハイディ

うぐッ……ハァハァ……

ゴールディング
ゴールディング

ごめんなさい、でも今は我慢を。日頃から子供が受ける傷と言えばせいぜい擦り傷程度、矢に撃たれた際の用意はこの学校には備わっていませんので。

ハイディ
ハイディ

まさか……縫合処置も習得していたとは思ってもいなかったわ。

ゴールディング
ゴールディング

毎年学校が受ける寄付にも限度がありますから、どうしても人手が足りないんです。だから私がよくこうして学校医も兼ねてるんですよ。

ハイディ
ハイディ

痛ッ……

ゴールディング
ゴールディング

街中を歩いてる時は涼しい顔をしていましたが、ちゃんと痛みは感じるんですね。

ハイディ
ハイディ

からかわないでちょうだい……ロンディニウムじゃあなたの前でしかこうして素は出せないわ。

ゴールディング
ゴールディング

私にできるのはせいぜい傷を縫い合わせるだけです。感染予防のためにも、今すぐ病院へ行ったほうがいいですよ。

ハイディ
ハイディ

それは無理よ。

ゴールディング
ゴールディング

どうして?

ハイディ
ハイディ

……

ゴールディング
ゴールディング

友だちと思っていたのは私だけみたいですね。

ハイディ
ハイディ

やっぱりあなたと一緒にここへ戻るべきじゃなかったんだわ。あなたやここにいる子どもたちを巻き込みたくはないの、ゴールディング。

ゴールディング
ゴールディング

じゃあ、兵士が探していたのはあなただったのですね。あの人たちは本当にスタンフォード公の人たちなの?

ハイディ
ハイディ

……アダムスから聞いたのかしら?結構口は堅い人だと思ってたのに。

ゴールディング
ゴールディング

彼は私とあなたの友人ですからね。私たちが知り合ったのも彼が開いた読書会の時だったじゃないですか、忘れたんです?

ハイディ
ハイディ

ふふ、忘れるわけないじゃない。

ハイディ
ハイディ

あの時のあなたは本当に容赦がなかった。

ハイディ
ハイディ

「流行に釣られてるだけの媚びた駄作」とか、「金持ちの奥方やお嬢様方のお茶会の話題にしかなれない」とか、さんざん酷評して。

ゴールディング
ゴールディング

けどこの作者には才能があるとも言ってあげたじゃないですか。

ハイディ
ハイディ

そんなロンディニウム一の評論家がこんな無名な学校の一教師だったと知った時は驚いたわ。

ゴールディング
ゴールディング

あなたが書き下ろした一言一句も、書き出さなかったその他の百言百句も、私なら読み解くことができるって――そう豪語していたじゃないですか、ハイディ。

ハイディ
ハイディ

お互いよき理解者ってやつね。

ゴールディング
ゴールディング

だったら私にも手伝わせてくださいな。

ゴールディング
ゴールディング

お互いもっと素直になりましょうよ……またいつものように。

ハイディ
ハイディ

……

ハイディ
ハイディ

ねえゴールディング……私言ったかしら?何年も前、サンクタではないラテラーノの修道士と知り合ったって。

ハイディ
ハイディ

彼女もロンディニウムに一時期住んでいたことがあったのよ、もしかしたらこの学校とも少なからず関わったことがあるのかも。

ゴールディング
ゴールディング

どういう方なんです?

ハイディ
ハイディ

あの人は……

(ジャスミンが扉を開けて駆け寄ってくる)

ジャスミン
ジャスミン

ゴールディング先生、大変です!

ジャスミン
ジャスミン

あれ、お客人ですか?えっと、そちらの方は……

ゴールディング
ゴールディング

文学の友人です。

ゴールディング
ゴールディング

それでジャスミン、何かあったのですか?

ジャスミン
ジャスミン

その、外が……まったく聞こえていなかったんですか……?

ゴールディング
ゴールディング

……

(何かが発射されるような音)

外から耳にしたこともない音が聞こえてきた。
ロンディニウム人にとってこういった異音には馴染みが薄い。
最初、誰しもが誤爆してしまった蒸気ボイラーや、あるいは子供たちが好んで遊ぶ羽獣ロボットが空を飛んでいく際の音だと思い込むことだろう。

(何処かに着弾し、着弾場所のものが崩れる音)

だが部屋や地面に伝わる震動が次第に大きくなるにつれ、みなやっと本能的な恐怖を自覚するのである。

(戦闘音)

歴代の王たちの庇護も相まって、ロンディニウムは未だかつて天災に襲われたことはない。であればみなが直面しているのこれは、また別の脅威――多くの年配者で知らぬ者はいないほど、二十年前の悪夢が蘇ったのだ。
戦争の予兆というものが。

(複数の爆発音)

群衆が沈黙していた合間に、轟音はさらにその規模を大きくする。

ジャスミン
ジャスミン

なぜなんです?

ジャスミン
ジャスミン

たかが犯人らを捕らえるだけで、こうも騒ぎを大きくする必要なんてあるんですか

ゴールディング
ゴールディング

万人の思慮を理解できれば、多くの悲劇も避けられたでしょうね。

ゴールディング
ゴールディング

ジャスミン、街にまだ兵士がいるかどうか見に行ってくれますか?

ジャスミン
ジャスミン

分かりました。

ハイディ
ハイディ

私もここを出なきゃ。

ゴールディング
ゴールディング

私が止めてもきっと行ってしまうんでしょうね。どんな砲火に晒されても、あなたは止まらないんですもの。

ハイディ
ハイディ

お察しのように、ロンディニウムは今夜大きな変化を遂げるわ。

ハイディ
ハイディ

スタンフォード公の軍が議会広場に攻撃を仕掛けた。キャヴェンディッシュ公もすでに市外の城壁に到達している。

ハイディ
ハイディ

二十数年前のあの政変、それがもたらした混乱は少なくとも国民たちにとって短いものだった。けど今回は……いつまで続くかは分からないわ。

ハイディ
ハイディ

おそらく今回は公爵同士の戦争に発展してしまうでしょう。そしてその舞台は、ここロンディニウムよ。

ハイディ
ハイディ

私……事前にある情報をキャッチしたの。数万人もの命を救い得る情報よ。私はその情報を明日の朝までに都市の外へ伝える使命があるの。

ゴールディング
ゴールディング

……戦争になる、って言いましたね。

ハイディ
ハイディ

おそらくは。

ハイディ
ハイディ

いつほかの都市にも戦火が広がってもおかしくはないわ。私たちヴィクトリア人はそれに備えなきゃ。

ゴールディング
ゴールディング

陛下が去ってしまわれた後、ヴィクトリアは二十数年もの平和を謳歌してきた。多くの人たちはこれを奇跡と称してしますけど、私はもうとっくに奇跡なんてものは信じていません。

ゴールディング
ゴールディング

利益を捨て去ろうとする者が存在しないのと同じように、今のヴィクトリアはさながら莫大な利益そのもの……誰しもがこの国を簒奪せんと蠢いていることでしょう。

ゴールディング
ゴールディング

歴史の隙間に住まう哀れな群衆たちは、ただ現実逃避のために目を閉じ、その奇跡を“平和”と自身に言い聞かせているのでしょうね。

ハイディ
ハイディ

フッ……急病でスタンフォード公がこんなにも大々的に動き出したり、はたまたそれでほかの公爵も敏感に反応してしまったことなんて、誰も予想することはできないわ。

ゴールディング
ゴールディング

ハイディのような方々が貢献していなければ、今回の戦争はきっと二十二年前にはすでに起こってしまっていたはずです。

ハイディ
ハイディ

それは慰めてくれているのかしら、ゴールディング?

ゴールディング
ゴールディング

事実を述べただけですよ。

ゴールディング
ゴールディング

ですのでハイディ、今回のあなたの目的も、一体今まで何を計画していたかは詮索しないでおきます。

ゴールディング
ゴールディング

ただこれだけは答えてください――平和は、また訪れますか?

ハイディ
ハイディ

……もちろん。

ハイディ
ハイディ

私たちはそれを求めて今日まで頑張ってきたのだから。

ハイディ
ハイディ

私たちのホームを守る、それがヴィクトリア人たる勤めよ。

ゴールディング
ゴールディング

たとえ無数の者たちがその道に斃れようとも、たとえ目指したゴールが次なる戦争を引き起こすための道だったとしても、ですか?

ハイディ
ハイディ

そうよ。

ハイディ
ハイディ

戦争なら必ず終わる。私たち、あるいはその後の世代には必ず。ヴィクトリアを覆う霧も、子供たちの笑顔にかかった翳りもきっと振り払われるわ。

ゴールディング
ゴールディング

そうですか。

ゴールディング
ゴールディング

そこまで言うのなら、あなたを信じましょう。

ハイディ
ハイディ

もし私がまたロンディニウムに戻った際……また再会できた際には、必ず全部打ち明けてあげるからね。

ゴールディング
ゴールディング

約束ですよ。

ゴールディング
ゴールディング

……必ず、生きて帰ってきて。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました