アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-3「立ち込める蒸気」行動前 翻訳

一年前
1097年
4:56p.m. 天気/曇り
ロンディニウム、ハイバリー区、軍需工場第十一番

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

おーい、急げよ!最後の融合剤はもう届いたか?なにぃ――まだだって!?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

まいったねこりゃ……

キャサリン
キャサリン

資材運搬の責任者は誰なんだい?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あっ、頭……それが……

キャサリン
キャサリン

誰なんだい?はっきりしなさい。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

……フェイストです。

キャサリン
キャサリン

まったくあのやんちゃめ……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

今朝ぴゅーっとどっか行っちまいまして、本当ならもう戻ってくる頃合いなんですけどね。

キャサリン
キャサリン

ほかについていった人は?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

トミー、パットにダンです。

キャサリン
キャサリン

全員違う組み立てラインの担当でしょ、どうしてそれが一緒にいるわけ?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あいつらは、いつもよくつるんでるぐらいの大の仲良しなんですよ。特にフェイストはその小頭みたいなもんでさ。

キャサリン
キャサリン

……

(サルカズ傭兵が近寄ってくる)

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

なんかお困りみたいだな。

キャサリン
キャサリン

どうってことないわよ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

どうってことない、ねぇ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

今日がどういう日なのかは分かっているんだろな、キャサリン?

キャサリン
キャサリン

忘れるわけがない。

キャサリン
キャサリン

そのためにあたしは十日前からひたすらサインを練習してきた。上の者から字が汚いとお叱りをを貰わないためにもね。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

なら必死に練習するもんだな。将軍は明後日開かれる譲渡式をとても重視しておられる、噂じゃ都市防衛軍の総司令も出席するそうだ。

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

タバコ、吸うかい?

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

……フッ、一本もらおう。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

なぜこの工場の連中はまだ生かされてるか、知らないわけなだろ?

キャサリン
キャサリン

あたしらなら頑張ってるわよ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

んなもんは当然だ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前らはいい仕事っぷりをしてくれる。生活のために働いて金貰う、俺たちと同じだ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

だが雇う側からしちゃ、仕事のできるヤツはそれだけ信用ならねえもんなのさ

キャサリン
キャサリン

そりゃあね。

キャサリン
キャサリン

あんたらに捕らえられる前、この工場を管理していたハンフリー卿も一度だってあたしらを信用しちゃくれなかったさ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

だから面倒事はくれぐれも起こさないでくれよ、キャサリン。

傭兵の口調はとても落ち着いたものだった、何度もキャサリンのところへタバコを吸いに来る時と同じように。
これが言わば彼の仕事なのである。自分たちに従わない労働者たちを処分することは、キャサリンが日頃からボルトを締める作業となんら変わりはない。
そう思いながらキャサリンは自分のポケットにタバコの灰を落とす。機械に灰を吸い込ませるわけには万に一つもあってはならない。

キャサリン
キャサリン

何度も言ってるでしょ。

キャサリン
キャサリン

人が一人でも減ったらこっちは効率が落ちてしまうって。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

今の立場でもそんな堂々と物言いができるたぁ正直感服してるぜ、キャサリン。普通の傭兵はお前ほどキモが据わっちゃいねえ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

物怖じしないのは結構だが、何事も控えめにおしとやかに頼むぜ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

お前らみたいな軍需工場はロンディニウムじゃまだゴマンとある。ここが空になったところで誰も気にやしねえよ、もちろん摂政王からしてもな。

キャサリン
キャサリン

すべて滞りなく進んでいるから心配しなさんな。納期は必ず明後日の式典には間に合わせる、工場で働いてる者たちも一人残らず出席させるさ。

キャサリン
キャサリン

何も心配する必要はないよ。

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

そういうことにしといてやろう。

キャサリン
キャサリン

そりゃ助かる。ところであんた、火は持ってないのかい?まだ吸っちゃいないようだが……

サルカズ傭兵
サルカズ傭兵

ああ、貰って悪いがやっぱ返すよ。オイルの匂いが染みついたタバコはどうしても吸い慣れねえんでな。

(サルカズ傭兵が立ち去る)

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリンさん、どうすりゃいいんです?

キャサリン
キャサリン

(タバコの火を揉み消す)

キャサリン
キャサリン

……荷下ろしのとこに行くわよ。

フェイスト
フェイスト

そっちはどうだ、パット!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

……おう、あとはこのボルトを締めるだけだ!

フェイスト
フェイスト

ならちゃっちゃとやってくれ。そうすりゃあいつらがたんまりと融合剤を欲しがっても、もう一週間は待つハメになるからな。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

しっかしよ、こんな大量の融合剤を次から次へと仕入れやがって、サルカズたちは一体なにを企んでるんだ?

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんに止められってから、オレはまだ融合剤を運び込んでるとこを見ちゃいねえんだ。婆ちゃんが信頼してるベテランたちでしか搬入に立ち会うことは許されてねえんでな。

フェイスト
フェイスト

だがつまり、それだけサルカズにとっちゃ融合剤は重要な物資だってことは分かるだろ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

となれば、使い道は武器か?ウチんとこのラインも、数日前からずっと自動ボウガンを作ってばっかりだぜ。

フェイスト
フェイスト

ああ、武器以外考えられねえ。外にゃあんな大量の公爵軍が睨みを利かせてるからな……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

そりゃサルカズたちに調子乗ってもらわれちゃ困るからな、ああやって睨み合って牽制してるんだろ……

フェイスト
フェイスト

だからこそあいつらを止めなきゃならねえのさ、パット。サルカズなんかに手を貸して、オレたちと同じヴィクトリア人を殺すわけにはいかねえんだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

しかしよ、本当に融合剤をぶっ壊しゃなんとかなるのか?その際、処罰は免れねえだろ?

フェイスト
フェイスト

そん時はオレが全責任を負う。連れたきゃ連れていくがいいさ。

(キャサリンが近寄ってくる)

キャサリン
キャサリン

そんなこと、あたしが許さないよ。

フェイスト
フェイスト

……げっ、婆ちゃん。

キャサリン
キャサリン

捕らえろ。

フェイスト
フェイスト

パット――やれ!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あ――?

キャサリン
キャサリン

――

その場に置いてあったヤスリを、キャサリンは手当たり次第それを投げつける。
そしてガチンと小気味よい音がなり、ヤスリが当たったパッチの腕からレンチが落とされた。

フェイスト
フェイスト

クソッ……

キャサリン
キャサリン

あんた自分が何をやってるのか分かっているのかい?

フェイスト
フェイスト

サルカズを阻止してやってるんだよ!

キャサリン
キャサリン

いいや、あんたはただふざけてるだけだ。

フェイスト
フェイスト

計画はちゃんと練った、婆ちゃんたちは巻き込まねえって!やったことの責任も全部オレが背負う!そしたら――

キャサリン
キャサリン

――そしたらサルカズに殺されて、自分はヒーロー気取りってわけかい?

フェイスト
フェイスト

そこはあいつらから逃げてみせるよ!シミュレーションだって何度も――

キャサリン
キャサリン

自分で改造したクローラーに乗って、貨物列車に隠れながらハイバリー区から脱出するって算段でしょ。

フェイスト
フェイスト

全部知ってたのかよ……

キャサリン
キャサリン

あたしはここで五十何年も生きてきたのよ、あんたがどんなバカなことをしようが全部お見通しよ。

フェイスト
フェイスト

でも婆ちゃん、これだけは聞いてくれ。

フェイスト
フェイスト

サディアン区で活躍してるレジスタンス組織がいるって情報を耳にしたんだ。サルカズから大勢の民間人を救出したり、区画だって奪還したことがあるらしいんだぜ!

フェイスト
フェイスト

ロンディニウム市民自救軍って名前だ――オレはそこに加わりてえんだよ!

キャサリン
キャサリン

……加わる、か。

キャサリン
キャサリン

加わって、その後はどうするんだい?

フェイスト
フェイスト

はっ……えっ?

キャサリン
キャサリン

そこに行って何をするんだと聞いているんだ。自動化された生産レーンの組み立てか?それとも新しいクローラーでも作りに行くのかい?

フェイスト
フェイスト

それは……

キャサリン
キャサリン

武器もロクに作れないクセにしゃしゃり出るんじゃないよ。まさかその自救軍とかいう連中に、レンチでサルカズたちの脳天をかち割ろうと言ってやるつもりかい?

フェイスト
フェイスト

武器造りなら勉強してるだろッ!

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんから聞いた話ならまだ憶えているさ。どうやって蒸気鎧を作ってきたのか、毎日一つ一つ丁寧に動力チューブを磨いてきた話とかな。

フェイスト
フェイスト

でも分からねえんだ……小さいころから婆ちゃんは、どうやってこの工場たちが今のヴィクトリアを築き上げてきたのかをオレに教えてくれたけどよ――

フェイスト
フェイスト

そんなオレたちロンディニウム人が、なんで明後日の譲渡式でサルカズに工場を引き渡さなきゃならねえんだ!

フェイスト
フェイスト

そんなことしたら、オレたちはサルカズのために武器を作って、その武器で自分たちの人を撃ち殺すことになるんだぞ!

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんはそんな日が来てもいいって言うのかよ!

キャサリン
キャサリン

……そんな日が来てもいい、だと?

キャサリン
キャサリン

言っておくが、それがあたしらの日常さ。あたしもあんたの両親も、ずっとそういった日々を過ごしてきたのさ。

キャサリン
キャサリン

今あんたの前にある工場を見てやりな。

キャサリン
キャサリン

名前よりも長ったらしい肩書きを持った貴族も、貿易で成り上がった商売人も、それからサルカズも……みんな突然ここにやって来ては勝手に自らを主だと称して、それから姿を晦ましていった。

キャサリン
キャサリン

だが工場は、工場だけは何も文句を言わずにせっせと働き続けてきた。あたしらはそんな工場がいつまで稼働し続けられるようにと、毎日毎日こいつのネジを締めてやってきた。

キャサリン
キャサリン

ロンディニウムのあの宮殿にどんな輩が居座ろうとね、あたしらが気付き上げて来たこの都市はそれでも明日を迎えなきゃならないのさ。

フェイスト
フェイスト

そんな明日はイヤだって言ってんだよッ!

フェイスト
フェイスト

自由を失った生活はもはや生活じゃねえ!家畜として飼育されてるようなもんだ!

フェイスト
フェイスト

もしこの工場が……ロンディニウムがオレたちのモンじゃなくなったら、オレたちが今まで築き上げてきたモノも全部台無しになっちまうだろうが!?

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

知ってるかい、フェイスト……

キャサリン
キャサリン

二十五年前の、あの火に照らされた夜、あんたの父ちゃんもあたしに同じようなことを喚いていたさ。

フェイスト
フェイスト

……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

頭、サルカズがもう来ちまいますよ――

キャサリン
キャサリン

いいかいフェイスト、あんたがどこに行こうがそれはあんたの勝手だ。

キャサリン
キャサリン

だがここを出ていったら、もう二度と工場には入れさせないよ。

キャサリン
キャサリン

仕事を全うしない技師なんざ、この工場には必要ない。

フェイスト
フェイスト

……

キャサリン
キャサリン

彼について行きたい人がいるのなら好きにしな、あたしは止めないわよ。

キャサリン
キャサリン

けどこれだけは憶えておきなさい――この敷地を出れば、あんたらを勘当する。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました