アークナイツストーリー翻訳

【明日方舟】11章 淬火塵霾 11-7「濁流に巻き込まれて」行動後 翻訳

インドラ
インドラ

さっきの見たか、モーガン?

インドラ
インドラ

あの倉庫番連中、緊張し過ぎて何もできなかった上、最後にはパパッと俺に倒されちまったぜ。

モーガン
モーガン

はいはい、ひけらかすんじゃないよ。このジャーキーなら持っていきな、今日はあんたの勝ちよ。

インドラ
インドラ

ヘッ、負け惜しみってか?今度は一緒に行こうぜダグザ、負けたヤツは見張り番だ。

ダグザ
ダグザ

……あいつらがこっちを見てるぞ。

インドラ
インドラ

誰が?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

……

インドラ
インドラ

なに見てんだテメ……いや、なんか用か?なんもねーならどいてくれ、キッチンで飲みモンを取りにいきてーんだ。しこたま働いて、喉が渇いちまったぜ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

今日のアレ、なぜあんなことをした?

モーガン
モーガン

それは吾輩たちがサルカズの巡回部隊を引き離して、倉庫からあんたたちを逃がしたことかい?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

そうだ。

モーガン
モーガン

なら吾輩の聞き違いかな~?あんたらが言うべきなのは感謝の言葉のほうだと思うんだけど。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

サディアン区にいる仲間たちならとてもお前たちをに感謝していたさ、無論俺たちもな。あの任務なら無事に終えられたはずなのに、倉庫を燃やす必要はなかっただろ?

自救軍の戦士
自救軍の戦士

あの倉庫はな、サルカズのもんじゃなくてヴィクトリアの商人のもんなんだぞ!今はただ、サルカズに奪われたってだけだ!

インドラ
インドラ

ハッ、ああいう金持ち連中ってのはな、欲をかきゃかくほどキモが小さくなるもんなんだよ。あいつらが喜んでサルカズに手を貸すってんなら、俺は喜んであいつらに損をさせてやりてぇな。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

お前たちのその行いは、彼らをさらにサルカズ側へ寝返らせるもんなんだぞ!それを分かっているのか?

インドラ
インドラ

そりゃいい。あの連中が裏切者になりゃ、次会った時は心置きなく倉庫を燃やしてやれるぜ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

……あんなのは自救軍のやり方じゃない、チンピラのやり方だ。

ダグザ
ダグザ

……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

イザベルさん、どうしてそう頑なにこいつらと一緒につるもうとするんだ?

ダグザ
ダグザ

ここではダグザと呼べ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

思いもしなかったよ、イザ……ダグザさん。アラデルさんがお前や例の殿下の身分を明かしてくれた時、俺たちはてっきり……

ダグザ
ダグザ

……シージが最初から伝えてやっただろ、自救軍と一緒に行動するのはグラスゴーギャングだ、アレクサンドリナ殿下と塔楼騎士じゃねえ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

じゃあんた方チンピラが俺たちを導いて、玉座に座らせてやってもいいっていうのかよ?

モーガン
モーガン

おいあんた!この※ヴィクトリアスラング※が!どの口でヴィーナをそんな風に言うんだい?

インドラ
インドラ

よせモーガン、牙を仕舞え。ここは余所ん家だぞ!

自救軍の戦士
自救軍の戦士

みんなお前やカンバーランド家に付き従ってくれているのに……

ダグザ
ダグザ

黙れこのヤロー!あいや、その、言葉を慎んでくれ。今のアタシたちは同じ仲間だ、そんな言葉で同じ仲間を傷つけないでやってくれ。

自救軍の戦士
自救軍の戦士

……

自救軍の戦士
自救軍の戦士

俺の失言だ、すまなかった。

(自救軍の戦士が立ち去る)

モーガン
モーガン

……

インドラ
インドラ

……

モーガン
モーガン

なんで吾輩を止めた?

インドラ
インドラ

止めなきゃまたヴィーナが頭を抱え込むからだろ、それにロドスの子ウサギとドクターだって。次そうやって衝動的になる前に、よぉく自分は誰についてきたのか考えてみるんだ。

モーガン
モーガン

ハッ……あんたが吾輩を宥める日が来るだなんて思いもしなかったわよ。

インドラ
インドラ

環境が変わる以上、俺たちもそれに適応しなきゃなんねえんだ。ダグザを見てみろよ、すげー適応してんじゃねえか。

ダグザ
ダグザ

……褒めるな、慣れない。

インドラ
インドラ

褒める?ハッ、お前と同じ人生なんかゴメンだぜ、息が詰まって死にそうだ。

インドラ
インドラ

でだモーガン、ここ数日で俺はようやく少し道理が分かっていたんだ。俺たちは適応しなきゃ、遅かれ早かれヴィーナの後を追えなくなっちまう。

モーガン
モーガン

……フンッ。

インドラ
インドラ

ほら、ジャーキーをやるから、今日の勝負はドローにしておいてくれ。

モーガン
モーガン

いい、持っていきな。食欲がなくなっちゃったわ。

モーガン
モーガン

ハンナ、ここ数日ずっと考えてたの……今の暮らしは、本当にヴィーナが求めたものなのかしら?彼女がここに来てから、彼女に敬意を払ってくれた貴族や商人どもなんて何人いた?

インドラ
インドラ

勘違いすんなよ、モーガン。

インドラ
インドラ

そいつらならいつかきっと、ヴィーナが素晴らしい導き手だってことに気付いてくれるさ。それにその敬意ってのは、得るべくして得るもんじゃねえ、ヴィーナ自らが勝ち取るものだ。

貴族の男
私利私欲な貴族

おぉアラデル殿、ようやく来てくださったか!

アラデル
アラデル

申し訳ない、最近はちょっと些事で忙しくてね、中々抜け出せられなくて。

貴族の男
私利私欲な貴族

聞いた話によると、あの蒸気鎧のバイヤーを探してるようじゃないか?

アラデル
アラデル

……お耳が早い。

貴族の男
私利私欲な貴族

ただの噂だよ。商売仲間から聞いた話だ、何やら最近蒸気鎧をロンディニウムから運ぶ出そうとしていたようじゃないか。

貴族の男
私利私欲な貴族

でも最後、その取引はなくなったとか。

アラデル
アラデル

……そう?

貴族の男
私利私欲な貴族

私から言わせればね、あんな高価な物を考えなしに売るに出すのはよくないよ。今の相場じゃ、高値では売れないからね。

アラデル
アラデル

助言に感謝するよ、でも家に残された僅かな産業を維持するためにはどうしてもね。

貴族の男
私利私欲な貴族

はぁ、まあ理解はできるよ。私たちが持ってるあんな端金など、サルカズからすりゃ手にしてもなんの意味もないからね。

アラデル
アラデル

ところで、パーティはまだ始まっていないのかしら?私の到着なら待たなくてもよかったのに。

貴族の男
私利私欲な貴族

そうはいかんさ。近頃のアラデル殿は、ここセントラルにいる私らみたいなツいていない連中の大黒柱だ!今日まで持ち堪えられたのも、君の手助けがあってことだよ。

貴族の男
私利私欲な貴族

あんな気狂いどもとの交渉なんてゴメンだね、向こうは金すら受け取ろうとしないんだ!

アラデル
アラデル

ご冗談を、伯爵様。私にはもう栄誉ある身分はないわ、ただ皆様方が今の境遇に対する不平不満に、少しだけ声を張らせてもらっただけよ。

貴族の男
私利私欲な貴族

ご謙遜を、アラデル殿。君の手にかかれば、カンバーランド家もきっとまた往日の輝きを取り戻せるとも!

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

そうですぞ、あの出来事も今やただの過去だ。

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

ロンディニウムが再び安寧を取り戻した暁には――オッホン、いや、今のロンディニウムは安寧ではないと言ってるわけではないぞ!

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

とにかく、この先カンバーランド家ならきっと我々から感謝されること間違いなしだ。

貴族の男
私利私欲な貴族

レイトン中佐がお越しになられたぞ!

???
私利私欲な貴族&抜け目がない貴族

レイトン中佐に乾杯!

(レイトン中佐が姿を表す)

レイトン中佐
レイトン中佐

……

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

レイトン中佐殿、ようこそおいでくださった。こうして私たちのパーティに貴方をお迎えするのは随分と久しぶりになる。

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

きっと我々の平和のために東奔西走してらっしゃることでしょうな!心より感謝を申し上げる!

貴族の男
私利私欲な貴族

ちょうどいい、最近私の友人がいい酒を手に入れてね。

貴族の男
私利私欲な貴族

昔ならどうやっても手に入れられなかった品だよ。だが今の状況下なら、こういった逸品も珍しくなってしまった。後日そちらの邸宅に送らせて頂こう。

レイトン中佐
レイトン中佐

……紳士淑女諸君。

レイトン中佐
レイトン中佐

今日をもって、パーティはお開きだ。

レイトン中佐
レイトン中佐

この後、皆には軍事委員会の審査を受けてもらう。では、幸運を祈っているよ。

(レイトン中佐が立ち去る)

貴族の男
私利私欲な貴族

……なんだって?

貴族の男
私利私欲な貴族

待って、お待ちを!それはどういう意味かな?

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

中佐殿、レイトン中佐殿!

ロンディニウムの商人
抜け目がない貴族

アラデル殿、どうかそちらからも中佐殿に掛け合ってくれないか!今のは冗談にしては分が悪すぎる、私は……クソッ!このままでは死人が出てしまうぞ!

貴族の男
抜け目がない貴族

レイトン中佐殿、どうかお待ちを!

(貴族達がレイトン中佐を追いかける)

侍女のエルシー
侍女のエルシー

お嬢様、これは……

アラデル
アラデル

サルカズたちがこの私利私欲のことしか考えていないクズどもを野放しにしていたのは、大公爵たちに団結するための口実を作らせないためだった。

アラデル
アラデル

ヴィクトリアの主になりたがっている大公爵がいないわけがないじゃない?

アラデル
アラデル

ヴィクトリア貴族のネットワークの中心がここロンディニウムよ。そのロンディニウムの怒りを買えば、即ち国家そのものの怒りを買うようなもの。

アラデル
アラデル

そんなことをすれば、大公爵たちだってやむを得ず互いの争いを一旦放置し、ロンディニウムへの侵攻を開始する。

アラデル
アラデル

でも今となれば、サルカズ側はもはやそれを心配する必要はなくなった。

アラデル
アラデル

ヤツらは成し遂げようとしたことをやり遂げたんだわ。つまりエルシー……

アラデル
アラデル

ロンディニウムの過去数年はあくまで災いを被ってきただけに過ぎなかった。でも今は――

アラデル
アラデル

とうとう戦争がやってきたんだわ。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

ではお嬢様……

侍女のエルシー
侍女のエルシー

あの貴族方が仰っていたように、お嬢様からもレイトン中佐に進言したほうがよろしいのでは?そうすれば少しは……

アラデル
アラデル

彼らは私を“大黒柱”と呼んでいたわね。でもエルシー、サルカズがロンディニウムを掌握する前、あの中でカンバーランド家を訪れに来てくれた方々がいると思う?

アラデル
アラデル

大公爵の真の友人とも呼べる人たちも、いつこんな気取ったパーティに参加したことがあったのかしら?

アラデル
アラデル

今の私は、あの実力もなく保身に走るだけの貴族たちに推されたネームプレートに過ぎないわ。ヤツらはカンバーランドの名の下に団結した、であれば……

アラデル
アラデル

狙われるのは必然的にカンバーランドになるわ。

侍女のエルシー
侍女のエルシー

それはつまり……

アラデル
アラデル

屋敷に戻って、自救軍とロドスに直ちに公爵邸を離れるように伝えてちょうだい、エルシー。あそこはもう安全ではなくなったわ。

アラデル
アラデル

その際、最後に一目見ておきましょう……我らがご先祖のものであったガーデンを。

貴族の女
貴族?

アラデルさん。

アラデル
アラデル

あなたは……

貴族の女
貴族?

公爵様から貴女宛てのお手紙を預かっているわ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

オークタリッグ区に数日待機したと思えば、すぐにまたハイバリー区へとんぼ返りだ。ここに密集してる工場と家々を見てみろよ、こんなとこよりも息が詰まる場所はねえぜ。

パプリカ
パプリカ

じゃあ隊長、ウチらが今の任務を終えたら、またセントラルに戻れるってことすか?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

戻ったところでお前に何ができるってんだ?ったくマンフレッドの野郎、なんでお前みてぇな殺しもしたことがねえようなガキまでロンディニウムに呼びつけたのやら……

パプリカ
パプリカ

ウチはガキじゃないっす!グリムがまだいた頃、ウチらはクルビアで色んな任務に行ったことがあるんすからね!

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

グリムの野郎、ね……フッ、自分の命をサディアン区に投げ捨てやがったせいで、こっちはお守だぜ。そうと知ってりゃ、さっさとアイツの首を換金しておきゃよかったぜ。

パプリカ
パプリカ

えっ……隊長と二人は友だちじゃないんすか?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

……言っておくが、俺はお前を傭兵に育てる義務はねえからな、ガキんちょ。しっかり地図案内の任務をこなせよ。んで、こっからどう向かうんだ?

パプリカ
パプリカ

十一番軍需工場なら、すぐ目の前っすよ。

パプリカ
パプリカ

それにしてもマンフレッド将軍、どんだけ長いネームリストを寄越してきたんすか……ここに載ってるのって、全員何か知ってる労働者たちっすよね?人目のつかないところで殺せばいいんすか?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

俺からすりゃ、工場にいる全員を丸っとぶっ殺しゃいいのに。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

な~にが生産ラインの稼働維持のため「正確に事情を知る者のみを殺せ、みだりな殺戮は禁止する”」だ……チッ、面倒ごとばっか増やしやがって。

パプリカ
パプリカ

彼が雇い主なんだから仕方ないじゃないっすか。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

はぁ、ここで文句を垂れても仕方がねえ。リストを仕舞ってささっと向かうぞ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

フェイスト!

フェイスト
フェイスト

パット!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

丸一年ぶりだな、会いたかったぜ~!

フェイスト
フェイスト

すまなかったな、もっとはやくみんなに連絡しておくべきだったよ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

何言ってんだ、こうして会えただけでもこっちは嬉しすぎて死んじまいそうだ。お前ならきっと生きて帰ってくれるって信じてたよ、ここ一年ずーっとみんなに言い聞かせてきた甲斐があったぜ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あそこにある通気口、まだ憶えてるか?そこを潜って出ていけば、外に小っちゃいプラットフォームがあるんだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

数年前、お前はそこからジャンプして隣の工場の屋上まで飛び越えてやるって、俺たちに言い張ってたよなぁ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あん時はド肝を抜かされちまったぜ。何十メートルもの高さがあるプラットフォームだからな!落っこちたら一巻の終わりだぜ!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

でも、お前は飛び越えてみせた。俺たちの中で、最初からそう云い張ってたのはお前だけだったな。それから……はは、トムもダンも俺も、みーんな後に続いて飛び越えていったな。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

毎回あいつらがよ、お前はもう死んだんじゃないかって聞いてくるんだ。でもその都度、俺はその通気口を見ろって言い返してやったんだ。

フェイスト
フェイスト

あはは……あの頃のオレたちはマジで怖いもの知らずだったよな?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

んで、この人がお前の所属してる自救軍の仲間か?

ドクター
ドクター

どうも。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

なあフェイスト、このお友だちなんだか博識そうだな。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

自救軍にはどんな人もいるって聞くが、ありゃ本当だったんだな。

フェイスト
フェイスト

ドクターなら、確かに博識な人だよ。

ドクター
ドクター

自救軍と協力しているんだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

なんだ、お前ら協力者まで見つけたのか?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

ますます真実味が増してきたぜ。

フェイスト
フェイスト

あはは。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

それで、今回は何しに戻って来たんだ?なんか俺にも手伝えることはないか?

フェイスト
フェイスト

実は――

キャサリン
キャサリン

パット!

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

へ、へい!か、頭……

キャサリン
キャサリン

仕事に戻りな。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

へい。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

ところでキャサリンさん、こうしてフェイストが戻ってきたのなら、もう追い出したりは……しないっすよね?

キャサリン
キャサリン

そう急いで庇う必要はないよ。あんたも、それとあんたの友だちも、話があるから場所を変えてもらうわ。

(キャサリンが立ち去る)

フェイスト
フェイスト

……

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

あんま婆さんを悪く思わないでくれ、フェイスト。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

お前がいないこの一年間、キャサリンさんがサルカズを取り持ってくれたおかげで、ここの工場は一人も消されずに済んだんだ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

一回大事が出て、危うく都市防衛軍の司令官を相手にするハメにもなったんだぜ?

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

でも最近、サルカズ側も急かしてくるもんだから、キャサリンさんも中々やり辛くなってきているんだ。

フェイスト
フェイスト

……分かっているさ、パット。

フェイスト
フェイスト

オレが婆ちゃんを悪く言うはずがないだろ。

フェイスト
フェイスト

オレが自救軍に入って、この先自分は何と直面するのかをようやく理解した時、オレも分かったんだ……

フェイスト
フェイスト

あの時婆ちゃんがしてくれた決断が、どれだけ難しいものだったかを。

キャサリン
キャサリン

よし。それで、今回は何しに戻ってきたんだい?

フェイスト
フェイスト

探し物があるんだ。

キャサリン
キャサリン

探し物?

フェイスト
フェイスト

ああ、サルカズ側はこの狂った戦争を維持するための、隠された補給線を持っている。

フェイスト
フェイスト

そんでその補給線のゴールが、この工場地帯であることが分かった。

フェイスト
フェイスト

だからその補給線を探しに戻って来たんだ。

ドクター
ドクター

あなたが一番この工場地帯に詳しいと、フェイストから聞いた。

フェイスト
フェイスト

婆ちゃんはこの工場地帯に一番詳しい人だ。きっと何かしらの手掛かりも知ってるんじゃねえかって。

フェイスト
フェイスト

だから婆ちゃんにも、手を貸してもらいたい。

キャサリン
キャサリン

あたしを褒めても何も出やしないよ。

ドクター
ドクター

手掛かりだけでも教えてくれればいいんだ。

フェイスト
フェイスト

そうそう、工場に迷惑はかけないからさ。

キャサリン
キャサリン

どうしてあたしが手を貸すと思えるんだい?

キャサリン
キャサリン

もしかしたらサルカズの傭兵たちにパットを送り付けて、密告させた可能性もあるだろ。

フェイスト
フェイスト

……

フェイスト
フェイスト

もしそうなら……こっちはほかの連中を連れて逃げるしかねえだろうな。

キャサリン
キャサリン

四日前、あんたらがサディアン区でやらかした騒ぎで一体何人死んだんだい?はっきり答えな。

フェイスト
フェイスト

……

キャサリン
キャサリン

全員の名前は憶えてやっているのか?顔はどうなんだ?全員が死ぬ直前にどういう顔をしていたのか、最後に何を喋ってたのかは憶えているのかい?

フェイスト
フェイスト

それは……

キャサリン
キャサリン

今はまだ答えなくていい、フェイスト。パッと思いついただけの答えで誤魔化そうとするんじゃないよ。

キャサリン
キャサリン

そちらの“ドクター”も、あんたが何を考えているかは知らないが、あんたみたいな人はよぉく知っている。あんたは自分のことを賢いと思っているようだが、小賢しいだけじゃ死は欺けられないよ。

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

キャサリンさん!大変だ、入口に大勢のサルカズたちが……

フェイスト
フェイスト

……!?

フェイスト
フェイスト

ドクター、今すぐここから――

ロンディニウム労働者
ロンディニウム労働者

都市防衛軍の司令官、レイトン中佐が会いたいって、迎えに来たって言ってました。

フェイスト
フェイスト

……なんだって?

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

ジョージ、このよそ者二人をしっかりと見ておきな。

キャサリン
キャサリン

タバコ、いるかい?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

馴れ馴れしくすんじゃねえよ。

キャサリン
キャサリン

レイトン中佐があたしに会いたいって?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

ああそうだ。

キャサリン
キャサリン

あたしらの工場は予定通りノルマを達成してるはずだ、中佐殿に気を遣わせるようことはしていないと思うがね。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

無駄口はいい、中佐が会いたいって言ってるんだ、ついて来てもらうぞ。

キャサリン
キャサリン

……

キャサリン
キャサリン

ならちょいと待ってくれ、まだ片付けなきゃならないことがあるんだ。

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

おいババア、勘違いすんなよ、お前に選択肢はねえんだ。

キャサリン
キャサリン

だとしてもいきなりすぎる、せめてあたしの仕事をほかの者に引き継がせてからにしておくれよ。

(パプリカがサルカズ傭兵に近寄る)

パプリカ
パプリカ

……ちょっとぐらい待ってあげようよ。

パプリカ
パプリカ

(小声)将軍だって、事を荒立てるなって言ってたはずじゃないっすか?

サルカズ傭兵B
サルカズ傭兵の隊長

……チッ、10分だけやる。

キャサリン
キャサリン

十分さ。

フェイスト
フェイスト

婆ちゃん、あいつら何しにここへ来たんだよ!?

キャサリン
キャサリン

あんたには関係ない。

フェイスト
フェイスト

でも――

キャサリン
キャサリン

黙ってな、いいからついて来んさい。

この記事を書いた人
おーちゃん

フロストノヴァ推し

Pixiv Fanbox
https://oochan0803.fanbox.cc/

おーちゃんをフォローする
スポンサーリンク
おーちゃんをフォローする
ゲームのサイハテ
タイトルとURLをコピーしました